院長のコラム

『加熱式たばこ』に関する歯科医師会の見解

私も所属している『公益社団法人 日本歯科医師会』では、ここしばらくで『紙巻きたばこと比較して加熱式たばこは健康被害が少ない』との一部報道(広告)があったことに対して、歯科医師会宛に多数のお問い合わせをいただいていることから会長名で本件に関する声明を発表するに至りました。

『加熱式たばこ』に関する現状認識

加熱式たばこにも有害物質が含まれており、受動喫煙の影響を含め一部の広告などにある「紙巻きたばこと比較して健康リスクが低い」との内容に関するエビデンスは示されていない。
したがって、加熱式たばこは安心との偏った宣伝効果により、喫煙者およびその周辺に対して更なる健康被害を来たすことが大いに懸念される。
喫煙は歯周病をはじめ口腔領域にも悪影響を及ぼすことから、日本歯科医師会は関係する学会などとの連携を強化し、国民の口腔及び全身の健康と歯科治療の効果を確保するため、引き続き禁煙対策を推進していく。

・・・んだそうです。

残念ながら歯科医師の間にもスモーカーの方は少なからずいらっしゃるので説得力は薄い感じも致します。(汗)
私は勿論吸ったりしませんが、歯科医師会会長名でこういった団体としてのアピール表明をしてくれると助かりはするのですが、まずは隗より始めよと批判を浴びないように会員への周知徹底が急がれます。

関連記事