むし歯治療の基本は、歯を削って薬を詰めて元の状態に修復することですが、再感染を防ぐために歯を大きく削らなければなりません。削る量が増えるほど本来の歯の部分は失われ、比例するように歯の寿命も短くなります。

当院は本来の歯を大切に考え、なるべく削らない治療に取り組んでいます。小さなむし歯はレーザーを照射して悪くなった部分だけピンポイントで削ります。神経に近いむし歯でも薬剤で削る量を最小限に抑えた治療をします。本来の歯を大切にすることは、自分の歯で食事を食べられることであり、健康な身体を作ることにつながります。当院のなるべく削らない治療で、大切な歯を残して健やかな毎日を過ごしましょう。

そうは申しましても、我慢に我慢を重ね痛みで眠れなかったようなむし歯に関してはその限りではありません。『削らない方がいいって聞いた事があるので削らないで下さい!』って仰る方もいらっしゃいますが、痛みが出始めてからは・・・・無理です。(泣)
出来る限り早期に対処するのがむし歯治療の基本でもあります。その点は御了解下さいませ。

レーザー治療でむし歯の削り過ぎを防ぐ!

一般的なむし歯治療は、削り残しがあると再発リスクが高まるのでやむを得ずに歯を大きく削ります。しかし当たり前ですが歯を長持ちさせるにはなるべく削る量を減らすことが肝心です。当院のむし歯治療は、比較的小さなむし歯であればレーザーを使った「なるべく削らない」治療が可能です。

レーザー治療とは、レーザー装置から発生したレーザー光線を使った治療です。たくさんのレーザー装置がありますが、当院で導入しているのは唯一むし歯が削れる「Er:YAGレーザー」と呼ばれる種類です。
レーザーを照射すると水分が蒸発するため、水分を多く含んだむし歯部分を分解(除去)できます。悪い部分だけをピンポイントで削れるので、削り残しや削り過ぎがありません。

適応症は小さなむし歯に限られますが、不快な麻酔をかけずできるので楽なケースが殆どです。ドリルで削るような音や振動もないので小さなお子さんも怖がらず治療できます。ただし通常のタービンと呼ばれる切削器具に比べると異様に切削効率が悪いので、小さなむし歯に限るのと時間が掛かることだけは御了解下さい。

当院には上記のEr:YAGレーザー以外にも、軟組織に強い半導体レーザーもあります。用途に分けて使い分けを致します。

初期のむし歯にはフッ素塗布で経過観察

当院は『かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所』の認定を受けておりますので、むし歯の重症化予防目的の『エナメル質初期う蝕管理』を行っております。
これは、エナメル質に限局した表面が粗造な白濁等の脱灰病変である「CO(ごく初期のむし歯)」の悪化を予防することを目的として、指導であったり十分な説明をし口腔内写真を記録として残した上でフッ化物歯面塗布を行うモノです。
この際に使用するフッ化物溶液のフッ化物濃度は、9,000ppmで市販されているフッ素入り歯磨きの6倍ほどの高濃度ですので効果が高いと考えられます。

薬剤を用いてなるべく削らずに神経を残す!

むし歯が深くなって神経付近に達すると、痛みを取り除いたり、神経を取って(抜髄)根管内(神経の通っている管)への感染を避けます。やむを得ず神経を取るために歯を大きく削らなければならず、その分どうしても歯がもろくなりがちです。
こうした深いむし歯でも、3Mix法や他の薬剤を使うことで歯を大きく削らずにしかも神経を残せる可能性があります。当院は、歯の状態や症状を見ながら、神経の保存が可能と判断した場合はそういった方法でなるべく削らず神経を残す努力をします。

3Mix法は、名前の通りに3種類の抗菌剤を使い最小限の削る量でむし歯が治る治療法です。むし歯を残したまま深部に薬を詰めますが、抗菌剤の働きで無菌状態になり むし歯菌が死滅してむし歯がなくなります。理想的な治療法ですが、神経の炎症が強い場合(痛みが出てるケース)は3Mix法を使っても治療が無理な場合があります。
万能の治療ではないことを予めご理解ください。

執筆・監修歯科医

医療法人SDC 酒井歯科医院の院長 酒井直樹

医療法人SDC 酒井歯科医院
  院長 酒井直樹

1980年 福島県立磐城高等学校卒業
1988年 東北大学歯学部卒業
1993年 酒井歯科医院開院
2020年 医療法人SDC 設立