歯の欠損後の治療法-いわき市(中央台)の歯医者なら酒井歯科医院 │ラパークいわき最寄り

いわき市(中央台)の歯医者なら酒井歯科医院におまかせください

0246-31-1000

診療時間:9:00~12:00/13:30~18:30 休診日:木曜、日曜、祝日

0246-31-1000

診療時間:9:00~12:00/13:30~18:30 休診日:木曜、日曜、祝日

歯の欠損後の治療法

歯を抜歯した後の3つの治療法

むし歯や歯周病が悪化して保存が難しくなると、止むを得ず抜歯をすることになります。経験のある方がいらっしゃるでしょうが、実際は抜歯を宣告されてから初めて真剣にその後の治療法を考える方が多いのではないでしょうか。
歯をなくした時の治療は、入れ歯・ブリッジ・インプラントの3つの方法があります。それぞれ特徴がありますが、その違いがわからないとどの治療が適しているのかなかなか判断できません。納得できる治療を選ぶためにも、各治療法の違いを知った上で比較・検討する必要があります。それぞれの違いを見てみましょう。

●歯を欠損した後の3つの治療

インプラント

欠損した歯の顎の骨にチタン製のインプラント体(人工歯根)を埋入して人工歯を装着する治療法です。

インプラントのメリット

インプラントを入れて歯の根から回復するので、自分の歯のような安定した噛み心地があります。人工歯は審美性が高いセラミックなので、見た目がとても美しく自然です。健康な歯を一切削らずにでき、お手入れは普段と同じように歯磨きできるので、お口全体の健康を保てます。

インプラントのデメリット

インプラント体を埋入するには外科的な手術が必要で、治療期間は3~6ヶ月かかります。場合によっては1年近くかかります。
費用は保険が適用されず全額自己負担で高額です。治療後のメインテナンスを怠ると天然の歯と同様に歯肉炎や脱落などのトラブルが起きやすくなます。

「インプラント」の詳細はこちらへ

ブリッジ

欠損した歯の両隣の歯を削って土台にし、その上から数本の連結した人工歯を被せる方法です。土台に橋をかけた状態になることから「ブリッジ(橋)」と呼んでいます。

ブリッジのメリット

両隣の歯を土台にして固定するので、安定性が高くズレたり外れることがありません。セラミックの被せ物を入れると見た目が美しくなります。保険・自費いずれも対応でき、前歯でしたら保険でも白い歯(素材はプラスチック)ができます。各種材質の一長一短はこちらにまとめてあります。

ブリッジのデメリット

両隣が健康な歯の場合は削らなければなりません。また少ない歯で多くの歯を支えるため、土台の歯に対する負担が大きくなります。被せ物と歯肉の間に汚れが溜まりやすく、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。欠損歯が3~4本以上になると適応できません。

入れ歯

金属の金具で歯に固定させて使う取り外し式の人工の歯です。比較的短期間で治療でき、多数歯を失った後の治療法としてもっとも多い方法です。

入れ歯のメリット

留め具をかけるため僅かに歯を削る必要がありますが、ダメージが残るほどではありません。失った歯が1本から全部(総入れ歯)まで全ての症例に適用できます、取り外して歯磨きできるので、ブリッジよりお口の中を清潔に保てます。保険・自費のいずれも適応でき各種のニーズに合わせて選べます。

入れ歯のデメリット

安定性に欠けるため噛み応えが悪くなり、固い物が食べにくかったり、噛んだ時に歯ぐきに痛みが出ることがあります。慣れないうちは異物感・違和感がかなりあります。
またお餅のように粘り気のある食べ物が入れ歯にくっついたり、味がわかりにくく、部分入れ歯の場合は金属バネが目立ち審美性に欠けます。

デメリットを克服する新たな入れ歯

バネが目立たない入れ歯があります。詳細は下記に纏めてあります。

バネの目立たない「入れ歯治療」はこちらへ

それぞれの治療の比較

下記の表を参考になさってください。細かい点に不明点がありましたらこちらからお問い合わせください。

「より詳しい比較表」はこちらへ

各治療の比較
治療法 インプラント ブリッジ 入れ歯
審美性 ×
咀嚼力 ×
口内衛生 × ×
耐久性 ×
健康な歯を削る 削らない 削る ごくわずか
違和感 ほとんどない ほとんどない 大きい
顎骨がやせる やせない 少しやせる やせる
外科処置 必要 不要 不要
保険・自費診療 自費診療 保険・自費診療 保険・自費診療