治療に関すること

進行止めのおクスリを御存知ですか?

初期むし歯の進行を止めるサホライド

小さなお子さんがいらっしゃる御家庭ですと耳にした事があるかもしれませんね。
進行止めのお薬『フッ化ジアンミン銀(商品名:サホライド)』ってのがあるんです。
低年齢の子さんのむし歯・・・親御さんもお困りになりますでしょうけれど、我々も治療困難だったりして加療が難しく感じられる時が多々あります。
そんな時には、初期むし歯部分へ塗布するだけで進行を抑制してくれるこのお薬が実に重宝します。

むし歯だけ黒変するというのが欠点

思えば私が学生の頃には存在していたように記憶してるのですが、調べてみましたら50年以上も前に販売開始されたロングセラーの製品だそうです。
むし歯の部分だけ黒変するというのが欠点ではあるのですが、2000年代に入って世界中で注目され始めたんだとか・・・。
そこには、いわゆる発展途上国の経済が発展して砂糖の量や摂取頻度が増したことで乳歯のむし歯が急激に増加したような背景があったり、先進国であっても各家庭の経済格差により低所得者層での乳歯崩壊が進んだという背景もあったようです。

対処の前に得たい保護者の方の了解

日本国内では小児の乳歯のむし歯が激減している事実と、黒変を嫌がるお母さん方も多くいらして使用頻度は大きく減りました。
塗布前に必ず了解を得るように心掛けては居るのですが『黒くなるのはイヤ』と保護者の方に拒否されることも少なくありません。(汗)

崩壊が早い乳歯にとっての時間稼ぎ

確かにその通りなんですが、一方で乳歯は永久歯と異なり歯質そのモノが軟らかいので崩壊(むし歯の進行)も早いんです。(泣)
治療が可能になる年齢までの時間稼ぎとしては非常に有効な薬剤のようにも思うのですが、審美性重視も理解出来ますし・・・術者である我々も胸中複雑であります。
奥歯であればそれほどでもないかと思います。御理解願えれば幸いですが、無理に塗布はしませんので御安心下さい。

関連記事