チーム酒井歯科医院

非常勤口腔外科医によるインプラント難症例オペ

多岐に渡る歯科医の治療

我々歯科医の治療は多岐に渡ります。その全てに最高のパフォーマンスを発揮出来るようであればそれに越したことはありませんが、少なくとも私には出来ません。
モチロン各分野で及第点をいただくことが可能なレベルにはありはしますが、あらゆるジャンルに100点満点は・・・有り得ませんでしょう。
その至らぬ部分は、その分野に突出した専門医に委ねる事が大事かと考えてサポートのシステムを構築し始めて早十数年が経ちました。

口腔外科教授のサポートシステム

写真の男性・・・奥羽大学の歯科口腔外科のT教授もそのお一人で、私の手に余るインプラント難症例をこれまで100症例単位でお願いをしております。
全国レベルで御活躍中の教授となれば一般的には威厳ある雲の上の存在ではあるのですが、この教授はスタッフに対してより良きアシスト・ワークを優しく伝授して下さったり、スタッフの写真撮影リクエストにも二つ返事で気さくに応じて下さる実にありがたい存在であります。

奥が深い『歯科学』の世界

私自身、大いに口腔外科の勉強にもなります。
インプラント施術時の次元の高いテクニックに関してはモチロン、日常臨床で迷う口腔外科症例に出会った際の良き相談相手にもなって下さいます。
本来なら全てのジャンルで大学レベルの診断が出来るに越したことはないのですが、勉強すれども勉強すれども果てしなく奥が深い『歯科学』の世界。日進月歩の治療技術や知識を極めて完璧に満足出来るレベルに達する日は・・・リタイアするまで来ないような気すらしています。(汗)
到達点が見えて来なくとも学びを諦めることはしませんが、歯科医は診療時間を終えた夜はモチロン、休診日返上で学習を怠ることなく努力していることも合わせて御理解願えると嬉しく存じます。

写真は教授差し入れのケーキ。スタッフ大喜びの先日のオペ日でありました。

酒井直樹

酒井直樹

医療法人SDC 酒井歯科医院 理事長 / 院長

関連記事