治療に関すること

インプラント治療の優位性

多くの皆さんが御指摘なさるように、『治療費用が高額』だったり『埋入手術が気になる』のも無理はありません。
それでも現段階ではインプラントの優位性は紛れもない事実のように感じられます。

一般的に、歯が欠損してしまった場合には両隣の歯に橋渡しをする『ブリッジ』だったり取り外し式の『入れ歯』があったりしますが、前者は健全な歯を犠牲にした上で成り立つことやそもそも多数歯欠損の場合には不可能という欠点があり、後者には大いなる違和感・異物感を伴うというマイナス面が生じます。
私自身、どちらも口腔内に装用した経験が無いのでナンとも言えませんが、特に後者は不快感や不自由さは否めませんでしょう。あまり喜んで貰えるような治療法でないことは間違いありません。

そんな折に、他の歯を犠牲にせずに異物感が少なくて済むのがインプラント治療となりますでしょうか。
咬合力の回復は天然歯に近いと皆さんが仰います。咀嚼が全身の健康管理に有用なことは論を待ちません。『しっかり噛める』ことをもたらしてこそ本来の治療と考えれば計り知れないプラスがあろうかとも思われます。

もっとも・・・残念ながらトラブルが無いわけではありません。
『歯周病』ならぬ『インプラント周囲炎』に罹患すれば失うことにもなりかねませんでしょう。
私が初めてインプラントをやり出して20年間、先日もメインテナンスにお越しいただきナニも問題無いことを確認させていただいた方もいらっしゃれば、残念ながらロスト状態になってしまわれた方も実際にいらっしゃいます。

生きている限り使わない日は無い『口腔』、末永く健全に保つにはメインテナンスが欠かせません。
当院でもそうですが、歯科衛生士さんが非常に大事な役割を担う時代に入って来てるのが歯科界の現状でも有ります。ケアの仕方とかはスペシャリストの歯科衛生士さんに御相談いただくのが宜しいように思います。

関連記事