治療に関すること

口唇閉鎖不全症、いわゆる『おくちポカ~ン』を回避

聞き慣れない単語かと思いますが、口唇閉鎖不全症ってのがあるんです。いわゆる『おくちポカ~ン』のことですが、厚労省が表現するといささか堅苦しくなります。

『口呼吸』に連動する症状でもあろうかと思いますが、現代の幼小児には高確率で認められるトラブル故に保険診療でも取り上げられるようになりました。
口唇閉鎖力測定は多くの歯科医院で保険診療として可能ですので、一度測定なさってみては如何でしょうか。

この『おくちポカ~ン』、単なる口元の緩み・・・・ではなく、集中力の低下・睡眠時無呼吸症候群・むし歯・アレルギー疾患・歯列不正・お顔付きにまで悪影響を及ぼすことが知られています。それ故に厄介なんですよねぇ。(泣)

幼少期から積極的に鍛える(!?)ことで回避出来るならそれに越したことはありませんでしょう。
お子さまの未来が『口元に締まりがない』状況では可哀想です。当院では『口腔機能トレーニング』のページを準備し多くの親御さんにオススメしております。

酒井直樹

酒井直樹

医療法人SDC 酒井歯科医院 理事長 / 院長

関連記事