治療に関すること

セラミックにメタルタトゥーは起こらない

左側の写真は相当に酷い例でなかなかここまでの方には遭遇はしませんが、いわゆる『メタルタトゥー』は珍しいモノではありません。
歯は白いんだけど歯ぐきが経年的に黒ずんで来ちゃう・・・そんなトラブルは、被せてある修復冠や土台として使われてる金属が歯茎に溶出して染み付いたことに起因します。いわゆる表向きには白く見える差し歯だって中味はすべて金属であることを御存知でしたでしょうか?

かつては素材がそれしか無かったので仕方がない面もあったのですが、昨今では土台にも修復物にも一切の金属を使わない手法がスタンダードになって参りました。土台もハイブリッドセラミックス冠(CAD/CAM冠)もすべて前歯部での保険適用となりましたのでこういった歯ぐきの悲劇は有り得ない状況になっております。

歯ぐきにメタルタトゥーが生じてしまった方の場合には、レーザー照射で消し去ることは可能です。この写真のように酷い方は私も経験が無いので困難かも知れませんが、軽度の方であれば2~3回のレーザー照射で消えてくれます。
奥歯の見えないところならいざ知らず、前歯の目立つところは気になりますもんね。

もっともレーザーで消せても原因(金属)があれば再度のトラブルにもなりかねません。原因除去が求められますが、場合によっては土台を外すリスクが高いケースも少なからずありますので、歯科医師と良く相談なさってみて下さい。

関連記事