チーム酒井歯科医院

スタッフが積極的に医院運営に関われる環境・体制作り

当院毎月恒例のスタッフ・ミーティング、左端のコンサルタントの方にファシリテーターをお願いしてスタッフ全員での受講であります。
『学び』あり『笑い』あり、自分達でプロジェクト・チーム毎に分かれて『考えたり』もするひととき、今月もまた充実のミーティングが出来たように思います。

歯科医院というこの職場で、スタッフ全員が積極的に医院運営に関われる環境・体制作り・・・主体的かつ能動的に動いてくれるスタッフ育成を当院では重要視しておりますが、こういったミーティングはその為には欠かせない時間かと考えて居ります。

今月は、産休前の有休消化期間に入ってる写真中央のスタッフが、わざわざこのミーティングだけには参加をしてくれました。ありがたいことに彼女からしばしの留守を預かる仲間達にエールを送ってくれた・・・って感じでしょうか。

抱える花束は終わり間際に私の妻が医院二階に届けてくれたもの。日頃は医院運営に一切口出しをしない妻ではありますが、こちらのスタッフの当院への貢献度の大きさを院長の私以上に理解してくれていて、ささやかではありますが出産への励ましとして、加えて日頃の感謝の気持ちを表するために贈ってくれました。

偶然ではあったのですが、同日に目下のところ育休取得中の2名のスタッフも顔を出してくれ、来春からの職場復帰の報告をしてくれました。
若き女性スタッフ特有の事情(妊娠・出産)があってなかなかメンバー全員が揃うことすら難しくなりましたが、産休育休制度という国の手厚いサポートを享受するに際して、お互いに密に情報交換してくれているのが嬉しく思えた一日でもありました。

関連記事