治療に関すること

歯を失う原因と対策

私たちの生命活動は論じるまでもなく『食』によって支えらます。その『食べる』のに必要不可欠なのが『歯』であることは間違いないでしょう。近年、日本人の平均寿命が高まってるのは喜ばしいことではありますが、健康寿命・・・とりわけ皆さんの歯の健康状態は如何でしたでしょうか?

我々が歯を失う理由は・・・

  1. 歯周病(37.1%)
  2. むし歯(29.2%)
  3. 歯の破折(17.8%)

と原因調査の数字はそのようになっておりました。
①は、糖尿病や心臓病と同じ仲間の生活習慣病に位置づけられピンと来にくいかとは思いますが、③は事故や怪我だけで無く、歯ぎしりで御自身の歯を噛み砕く方が増えてたりもするんですよ。(汗)

2016年厚生労働省の歯科疾患実態調査では、50歳で実に6割の方に喪失歯(親知らずを除く)があるんだそうです。中でも最初に生えてくる奥から二番目の永久歯『第一大臼歯』を失うことが多いと言われます。この歯を失った際の対応によってその後の咬合の崩壊状態意を回避できるか否かの分かれ目にもなります。
比較検討をしっかりなさることを是非オススメ致します。

関連記事