院長のプライベート話

我が家にも『春』が訪れました!

アッと言う間に3月も10日、震災時には小学一年生だった愚息が御陰様で精勤賞などもらいながら無事に高校卒業を果たしました。

私は解ったような顔をして『努力は人を裏切らない』なんて話をよく子供達に言い聞かせ背中を見せて来たつもりでおります。
口にしたは良いモノの、現実にそれなりの人生のハードルが迫って来る度に・・・言ってしまったことを後悔したりもしたもんです。(汗)

スポーツに秀でていたり、吹奏楽等で楽器に堪能なこともとても羨ましく素晴らしいことだと思います。インターハイだの全国大会出場を果たせば親としては感慨深いでしょうし夢のようですもんね。私は、学業もまた同様なように思うのです。
時に悔し涙を流し、自分を律して奮い立たせ、直向きに挑む・・・・特に年末辺りからの二ヶ月、一心不乱にいわゆる難関大学を目指す我が子を見れば心から応援したくもなりました。

御陰様で我が家にも『春』がやって参りました。
学校の諸先生方の御指導の御陰もあり、また仙台の地と縁が繋がりました。今度は青葉山の上・・・第一志望突破という彼本人の、いや家族の願いが叶いました。学部の特性として大学院も必須となりましょう。
今しばらくはお父ちゃんも頑張らないとならないようであります。

関連記事