院長メッセージ

2022年3月16日、震度5強に見舞われる

御陰様で一昨日深夜の地震に際してはバックヤードの書類や備品が散乱した程度で済みました。皆さんの被害は如何でしたでしょうか?

明けて昨日はちょうど休診日、早朝より院内の片付けをし、その後に所用で仙台に向かいました。
常磐道は『富岡~山元町』間が通行止め、6号国道を北上して行ったのですが進むにつれて・・・・被害は相馬から県境の新地辺りで酷かった(震度6強)ように感じました。
まず、信号が停電中、6号国道ですら陥没のため一部迂回もさせられました。加えて目立ったのが沿線周辺家屋の瓦屋根の被害・・・早速に今日の雨模様が気の毒でなりませんでした。(泣)

想像するに昨年2月の大きな地震からやっと立ち直られたところだったでしょうに・・・『備えあれば憂い無し』、『天災は忘れた頃にやって来る』・・・改めて痛感しました。

普段なら2時間で行ける距離が思いがけず倍もかかってはしまいましたが、被害甚大な方からしたら取るに足りません。過去の教訓もあります。ここ数日は、常に警戒を怠らず備えるようにしておかないとなりませんね!

関連記事