チーム酒井歯科医院

チームワーク良く分担して成り立つ歯科治療

2月の節分と言えば『豆まき』以上に定着した感のある『恵方巻き』、スタッフと彼女達のご家族の分をプレゼントしてみました。
日頃 彼女達が仕事に従事していただくに際し、ご家族の理解は必要不可欠でしょう。年に1~2度は『娘の職場』に想いを馳せていただければ・・・なんて考えて毎年そうしています。

昨日も、私のスキルを超えるインプラント難症例施術に際し、非常勤でお願いしている奥羽大学の口腔外科の教授と歯科麻酔担当専門医を招聘し無事に処置を終えたのですが、毎度の事ながら教授にもその間のスタッフワークや手際の良さを盛んに褒めていただきました。
スタッフ各人が各自のパートを上手くこなさないと成立しないのが歯科治療です。
モチロン私には私の役割がありますが、すべてをチームワーク良く分担していかないと上手くは回らないのです。(汗)

受付さん、歯科助手さん、歯科衛生士さん、そして歯科医師が協力し合い緊張感を持って我々は医院という小さな空間にて日々臨んでいます。
時折にはこんな事があってもいいんじゃないか・・・そう思う当院の節分恒例行事でありました。

関連記事