院内設備等の充実

iPadを駆使した詳しい治療内容説明

今どきは小学生でも学校で駆使すると言われるiPadを代表とするタブレット端末。 このiPadは、歯科におけるインフォームドコンセント(治療内容説明と同意)にも欠かせないツールになりました。

よく百聞は一見に如かずと申します。
御自身の身体の一部であり毎日使わない日は無い口腔であり歯ではありますが、意外に御存知ない・・・なんてことはありませんでしょうか? 『予防が大事』とは申せども、御自身の口腔内を知らないと対策の立てようがないのが現実でありましょう。当院ではしっかりと現状を御理解いただくためにもiPadを駆使した写真等による治療内容説明に努めております。

中には御自身の口腔内を見ることを嫌がる方もいらっしゃるので無理にはお目に掛けませんが、現状を理解せずに対策の立てようが無いのも紛れもない事実です。 初診時には必ずこんな風にお伝えするように心掛けて居ます。

酒井直樹

酒井直樹

医療法人SDC 酒井歯科医院 理事長 / 院長

関連記事