誰でも転びたくて転ぶわけではないのです

高齢の方にとっては、転倒して骨折でもしようものならそれを契機に「寝たきり」になってしまう話をよく耳にします。事実、私の祖母がそうでした。それが歯がなくなることでその確率が一気に増すとなると穏やかではいられません。

厚労省の調査によれば・・・

『歯を失って義歯を使わなければ転倒のリスクが2.5倍に!』なるのだそうです。
65歳以上で19本以下の方(本来は28本)は2.5倍になってしまうらしいのですが、やはり歯を喪失してはなりませんし、仮にそうなったとしても咬合の維持安定の為にはどうあっても「入れ歯」や「インプラント」の必要性が生じてくるということです。
理由としては『臼歯の咬合の喪失に伴い脚力やバランス機能の低下につながることが報告されていて、歯や咀嚼筋から中枢に向かう神経が体のバランス機能と関連することが示唆されているから』だそうです。(※ 詳細はこちら

その19本以下ってのはどんな感じでしょうか?

単純に考えれば「28本-19本=9本」欠損ですが、例えば次の写真の方は何本欠損でしょうか?

「どう見ても4本欠損」と思われがちですが、この方は上下で14組(上14本+下14本)あるはずの咬合が10組(上10本+下10本)しかないことを考えると、都合4組欠損ですから8本なくなっている20本の方と一緒になるのです。
それを考えると歯科医が日常臨床でお目にかかる頻度は随分多いケースということになります。

たかが1本、されど1本

やはり生まれ持って備わっている天然歯は大事にしないとなりません。
ご高齢でも咬合がしっかり維持されている方は「かくしゃく」となさっています。歯科医が感じているその事を多くの方に知っていただき、転倒防止のみならず健康維持に役立てていただきたいと考えます。

執筆・監修歯科医

医療法人SDC 酒井歯科医院の院長 酒井直樹

医療法人SDC 酒井歯科医院
  院長 酒井直樹

1980年 福島県立磐城高等学校卒業
1988年 東北大学歯学部卒業
1993年 酒井歯科医院開院
2020年 医療法人SDC 設立