インプラントの治療では、埋め込むことで歯根まで再現し、見た目と機能の両面において限りなく元の自然な状態に近づけます。咬合の大切さが叫ばれて久しい現在、多くの方の注目を集めている治療法です。

インプラント治療における基本方針

失った歯を取り戻し、
可能な限り自然な状態へ

インプラント治療は、「入れ歯」や「ブリッジ」、「差し歯」にかわる治療法として開発されました。歯がなくなった部分にチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋入して、その上に上部構造と呼ばれるセラミックの人工歯を被せて固定(ネジ止め、または接着)します。噛む力・審美性・耐久性に大きな優位性を持つ治療法です。
歯が失われてしまってお困りの方は、インプラント治療をご検討なさってみてはいかがでしょうか? ご自分の歯で噛む感覚を取り戻すことができ、条件さえ良ければ見分けが付かないくらい自然な見た目になります。

違和感も少なく
隣在歯に負担が掛かりません

入れ歯やブリッジに比べて違和感が少なく圧倒的に安定感があり、尚且つしっかり噛めて咬合力を回復させることが可能になります。
これまでのブリッジなどの治療法と違い隣接する隣の歯を削ることなく、また隣接歯にバネ等で負担をかけずに新しい歯を入れることができ、審美的・機能的に優れていることからここ20数余年ほど前より急速に増加した治療法です。

熟練の歯科医師の技術と知識で
安心安全な治療をご提供します

当院は、2003年以降 インプラント治療経験・実績を重ねて多くの皆さんにお喜びいただいております。また、いわゆる難症例手術時には奥羽大学歯科口腔外科教室の高田教授を招聘しハイレベルな埋入オペが受けられます。クリーンで万全の手術体制の下、場合によっては静脈内鎮静法でストレスのないインプラント手術をご提供します。
スタッフにご相談ください。全身状況を鑑み最適な治療法をご提案いたします。
不安を感じる方がいらっしゃるでしょうが、私は3人の親(母・義父母)に複数本数の施術をし全て良好な状態を維持しています。安心してお任せいただいて問題ないと感じて居ります。

インプラント治療について

インプラントは、顎骨内にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に上部構造と呼ばれるセラミックの歯を被せることで成り立つ治療法です。昨今では数本までのインプラントであればIOS(口腔内光学スキャナー)の「セレック」を用いてフルデジタルでのセラミック修復も可能な時代になりました。

インプラント埋入手術の成否は、事前準備としてのCTによる診断と施術時の感染予防対策に尽きます。昨今のSDGsの概念とは逆行することにはなりますが、可能な限りに滅菌済みディスポーザブル(使い捨て)製品を多用して安心・安全な施術を心掛けて参ります。

施術に際しては、医院の総合力が問われます。キチンと御納得いただける術前の情報提供(インフォームドコンセント)はモチロンのこと、術後は上部構造の製作のみならず、末永い安定を維持するためのメインテナンス体制が必須となります。当院ではスタッフ全員がそのスキルを有しておりますので御安心下さい。

安心・安全なインプラント治療

CTによる、より正確な診断

インプラント治療にCT診断は欠かせなくなりました。
当院は歯や骨の状態を正確に把握するために、精密なCT撮影&診断を欠かしません。CTで骨の形や厚み・深さ・量(ボリューム)、そして噛み合わせの状態などを詳しく調べ手術に対応できるか診断します。その上で、上部構造(被せ物)を含めた詳細な治療計画を立案します。

カウンセリングで解消される不安感

手術前に入念なカウンセリングを実施して納得いくまでご説明します。パソコン(iPad)やモニターを使い、図や絵、歯科用CT&レントゲン画像をお見せしながら可能な限り解りやすく説明します。治療方法や長期に渡る治療期間、手術のリスクや失敗率(一般的に上顎が失敗しやすい等)もお伝えします。また、治療費用は見積もりを作成しお渡しします。

術前に口腔内の衛生環境を整える

歯周病があったり口腔内に汚れが残っていると、インプラント施術時に悪い影響を与え成功率が減じてしまいます。歯周病がある方は歯周病治療やお口のクリーニングを徹底的に行い、口腔内環境を整えてから手術を行います。

スタッフ全員が意味合いを理解

インプラント手術の成否は滅菌環境作りにより大きな差が生じると言われます。外部からの雑菌の侵入を水際で防がねばなりません。理解を深めたスタッフ達が事前準備をし、滅菌済みの使い捨て(ディスポーザブル)器具を多用することで診察エリアの滅菌環境を整えてインプラント治療を進めます。こうしたクリーンで万全な環境を整えた上で、平成14年にインプラントを臨床導入して以来、長期に渡り提供が可能になりました。

難症例時に口腔外科の教授を招聘

難症例の場合は口腔外科の大学教授に来ていただき当院でインプラント埋入手術を行います。手術は生体監視モニターで全身を管理しながら進めたりいたします。難症例に限りますが、静脈内鎮静法下におけるインプラント手術も実施可能です。静脈内鎮静法は、静脈内に鎮静剤を点滴で入れて麻酔をかける麻酔法です。鎮静効果があるのでほぼ眠っている状態で手術ができ、意識はありますが手術中の記憶が残らず術中の痛みや恐怖がなくなりリラックスした状態での手術が可能です。

医療法人SDC 酒井歯科医院のインプラント治療の詳細

価格表

インプラント治療の料金表

CT撮影・診断料
¥22,000
埋入手術並びに上部構造費用(1本)
¥352,000
サイナスリフト・ソケットリフト等の骨造成料(1ヶ所)
¥110,000

執筆・監修歯科医、経歴

医療法人SDC 酒井歯科医院 
院長 酒井直樹

1980年 福島県立磐城高等学校卒業
1988年 東北大学歯学部卒業
1993年 酒井歯科医院開院
2020年 医療法人SDC 設立