考えてみますと、歯を『抜かない日』はあっても歯を『削らない日』は記憶にありません。その治療に際し、我々が取り組む最良の歯科治療を安心して受けていただくには治療中の痛みやストレスを可能な限り取り除くことが求められますでしょう。
当院はなるべく痛みやストレスの少ない低侵襲な治療(MI治療)に取り組んでいます。

あらゆる治療における基本方針

安心・安全に配慮し、信頼してもらえるように

良い治療というものはお互いの信頼関係の上にしか成り立ちません。院長の私のみならず、歯科衛生士やスタッフ一同が皆さんとの信頼関係を築けるように心掛けて参ります。
「言いたいけれど言いにくい」が無いように、あらゆるご要望・ご質問でもスタッフにご遠慮なくお話しください。

不必要に削らず、
可能な限り歯を残す治療を行います。

歯に与えるダメージを最小限に抑え、本当に悪い部分だけを取り除いて修復する「ミニマムインターベンション」に基づき、できるだけ歯を残すための治療に取り組んでいます。どうしても保存不能な時も多々ありますが、御納得いただけるように十分な説明を心掛けます。

当院における治療について

不用意に削ったりせずに、十分な麻酔と侵襲の少ないレーザー等も用いながら『痛みの少ない治療』を心掛けます。

適切な治療を行うため、診断の精度を高める設備を整えています。口腔内の状態はわかりやすく正確にお伝えいたします。なるべく『歯を削らない治療』を心掛けます。

我々にとっても歯の本数が少なくなると治療が厄介になってしまうのです。『なるべく歯を残す治療』を心掛け、歯を美しく長持ちさせるための治療に取り組みます。

一般歯科 詳細はこちら

執筆・監修歯科医、経歴

医療法人SDC 酒井歯科医院 
院長 酒井直樹

1980年 福島県立磐城高等学校卒業
1988年 東北大学歯学部卒業
1993年 酒井歯科医院開院
2020年 医療法人SDC 設立