« 2019年4月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
2018年3月21日

各種のサポート・ツールを充実させる

hunai-m.JPG月に一度 お出でいただくこの方(船井総研さんの担当のM氏)を囲んで、皆で知恵を出し合い意見交換しながら写真手前のような配布物を仕上げるひとときを過ごしました。

日進月歩の歯科医療界・・・取り分け"素材"の進化は目を瞠るモノがあります。
それらを皆さんに情報提供するには「百聞は一見に如かず」ですから写真が載ってる解説用紙を持ち帰っていただき、かつ医院サイトの同じ解説ページに目を通していただくのが一番でありましょう。

お役立ていただけるようなこういった文書類の充実を今年は目指します。
既にこんな文書類は揃えてお渡ししておりますが、多岐に渡るサポート・ツールを今後も充実させて行きたいと考えて居ります。御期待下さいませ!

診療を休んでのチーム・ミーティング時の"ひとコマ"でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2017年1月26日

夜間に「入れ歯」は外しましょう

よく「面倒だから」とか災害等の緊急時に「忘れないように」ってことで夜間も入れ歯を入れっ放しでお休み(就寝)になる方がいらっしゃいます。解らなくもないのですが、やはりそれは避けるべきでしょう。

例えば指輪がそうかと思いますが、外した後には指のその部分が真っ赤になってるイメージがありませんでしょうか。クルクル回るような緩いリングなら大丈夫でしょうけれど、一般的にはピタッとしてるはずなのでそうもなりましょう。

入れ歯」もまた然り。ピタッとしてればしてるほど物言わぬ歯ぐきは真っ赤に炎症を起こし、トラブルを惹起する原因にもなります

百聞は一見に如かず。下の写真の方は半身を麻痺なさっていて感覚が無くなってるようではあるのですが、常時入れっ放しだとこんな風に真っ赤っかです。やはり口腔内もルーズなのはヨロシクないですね。(泣)

Denture-trouble1_R.jpg Denture-trouble2_R.jpg

Google +1
2016年6月17日

義歯修理にアロンアルファは大敵

入れ歯(義歯)のイメージ・・・ お使いでない方には理解し難かろうかとは思いますが、アクリリックレジンという歯科用の樹脂で作られています。

説明時には場合によっては単に「プラスチック」と称されることも多かろうかと思いますが、その材質故に何らかの原因で割れるトラブルは頻発いたします。

大概の方は「硬いモノを噛んだ覚えはない」と仰いますが、案外と普通の咀嚼時にもモノを噛みきるために無意識に相当に強い力は入ってるモノです。
また、洗面台でお掃除をしてる際に落下などさせてしまった場合には「ヒビ・亀裂」も入り易くなりましょう。それがキッカケになって破折に繋がったりもいたします。

医院外周サツキ.jpg加えて、口腔内での装用時の違和感・異物感の軽減のためにそのプラスチックを薄く仕上げようモノなら尚更に強度不足となり、容易に割れるトラブルが生じたりします。薄いのは喜んではいただけるのですが、強度的には圧倒的に不安を残します。
子供達が使う下敷きだって10枚も重ねれば凄い強度ですけど、一枚だったらぱりんと割れちゃいますモンね。

さて、割れてしまった時には・・・・なるべくそのまま破片をお持ちになって受診していただけると大変助かります。

先日も入れ歯の破損でお出でになった方がいらっしゃいましたが、お気持ちは解りますが御自身で接着しようと思われてアロンアルファだらけで復元不能になっておりました。

出来れば割れた状態のままでお持ちいただけると、我々としては非常に直しやすいのです。それが3回も4回も破折断面にアロンアルファを重ね塗りしてしまうと・・・直し難くて困難を極めるケースとなり非常に辛いです。(泣)

そのままでお持ちいただけると容易に即日修理が可能ですので、出来るだけそうしてはいただけないでしょうか?

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年6月16日

入れ歯は何かに包むと・・・紛失?

一昨日のことでした。お付き合いの長い60代の御婦人が診療後ご帰宅なさってから電話を下さいました。
現在ご使用の義歯(入れ歯)が見当たらないけど、診療時にハンカチにくるんで何処かその辺に置いて来ちゃったような・・・・って訴えでありました。

実はこういったハンカチやティッシュにくるんでの紛失騒ぎは枚挙に暇がありません。
御自宅ではそんな事はないんでしょうけれど、旅行先とかでそっと仕舞い込んだら無くしちゃった・・・ような事例を良く伺います。御注意願えれば宜しいかと存じます。

医院西側通路.JPG当院ではお帰りいただく際にスタッフがお忘れ物が無いことを確認してますが、再度 捜索範囲(!?)を拡大して探しても見当たらず・・・・結局は御自宅にあったように恐縮して連絡をいただき事無きを得ましたが、認知症等に無縁のシャキっとした方であったが故に特に我々の印象にも残った次第です。

御存知ない方もいらっしゃろうかと思いますが、保険で製作した義歯はその後6ヶ月間 再製作が認められません。(保険のルール)
しかも型取りに始まり完成ししっかりと馴染むまで即日にナンとか出来るほど簡単なモノでもありませんので、長期の不自由を強いられることにもなります。

くれぐれも所在を明確化する為にもナニかに包む行為にはご注意下さいませ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。


Google +1
2016年5月 9日

バネが目立たない入れ歯の実例紹介

様々な商品名がありますが、「スマートデンチャー」とか「スマイルデンチャー」といった審美的に優れた「入れ歯」を紹介して参りましょう。

我々も良くないのですが、思わず「バネが無い入れ歯」と称してしまいますが、正確には「金属バネが無い入れ歯」であり「バネ様のモノが目立たない入れ歯」と表現するのが本当は正しいようです。

下の写真の様に通常のバネ有り義歯とは違いが有ります。

比較.JPG

お解りいただけるようにバネの働きをする部分が無いワケではありません。
実際のお口の中ではこんな風に目立たないだけなのです。

装着中.JPG

この方の実際のお口の中は・・・・こんな感じです。

外した状態.JPG

この「入れ歯」には当然の様に審美的なメリットだけではないマイナス要素のデメリットもあります。それらを良く理解なさった上でチョイスされてはいかがでしょうか。
こちらのページでも詳述致しております。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年5月 2日

1本分から14本分までの「入れ歯」

昨日、「治療法の紹介(ブリッジ編)」をアップしてみました。

こういった何方でも御存知なワケでもないし一般的ではない口腔内独特の治療(欠損補綴法)に関しては、おそらく百聞は一見に如かず・・・がまさにその通りなのかと思います。あれこれ言葉による説明を重ねるよりも動画的に見ていただくのが一番理解が早いかと思います。

今日は「部分入れ歯編」を紹介してみますね。

皆さんの「入れ歯」なるモノへのイメージはどんなモノになりますでしょうか?
よく、「面倒だから全部抜いて総入れ歯にしてしまえばラクなんじゃ・・・」なんて仰る方がいらっしゃいますが、モチロン、そんな生易しいモノではありませんでして大袈裟に言うと「地獄のような日々」(患者さんが仰ってました)を覚悟していただく事になりましょう。(泣)

そうならないようにするには予防が一番かと考えて居ります。


万が一、そのような状況になってしまわれた方は、早期に馴染んでいただく為の「血の滲むような努力」をやむを得ず強いられます。なんとか受け入れていただけるように我々歯科医療従事者も協力を致しますが、どうしても暫くの違和感は避け得ないようには思います。

メリットとデメリットを纏めてみますね。今後の歯科治療時の参考になさって下さい。

【 メリット 】

 ● 歯を削る量は、ホンのわずかで済む
 ● 歯が多く喪失した場合でも適用可能 (全部無くなっても可能)
 ● あらゆるモノが保険診療でもできる

【 デメリット 】
 
 ● 噛みごたえが悪い
 ● 食べ物が入れ歯の下に入ったりする
 ● 固い物は咀嚼しにくい場合がある
 ● 噛むと歯ぐきが痛むことがある
 ● 味が解りにくくなる
 ● バネなどが見えると審美的に劣る

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月17日

震災後の治療を振り返り思い出すこと

皆さん御存知のように火の国九州・熊本が未曾有の激震に見舞われています。
多くの犠牲者の方はモチロン、今後 住居を失い長期に渡る避難生活を余儀なくされる方々が大勢いらっしゃいましょうねぇ。(泣)

私が住まう福島県の浜通りでは、5年前の震災に見舞われた折に原発からの避難者の方々を大勢受け入れた実績が有り、当然当院にもそういった方々がお出でになりました。
その際に、一歯科医として「あぁ~、これは切ないなぁ」と感じたことも多々ありました。

ナンてったって御自宅に義歯(入れ歯、しかも多数歯の大型のやつ)の置き忘れをしてしまった方が実に大勢いらっしゃいました。(泣)

今回も度重なる震度6以上の激震は夜間に集中しているようですもんね。
就寝中に義歯をお外しだった方は、家屋の倒壊を恐れて慌てて屋外に逃げ出す際は そのまま着の身着のままだった事でしょう。
気が付けば口腔内は寂しい状況になってる方が今回も大勢いらっしゃるはずです。(泣)

メガネなら他所の方から借りることも可能ですが、義歯はそうはいきません。
せっかく避難所で食糧の配給を受けても、「義歯が無かったから噛めなかった」と仰った方が大勢いらっしゃいました。

中には各地を転々とする避難生活中、14歯中13歯欠損のまま7ヶ月を過ごされた方もいらっしゃったんですよ。(泣)
本来ならお粥しか食せなかろうその方は・・・ナニをいただいてらしたんでしょうねぇ。(泣)

災害避難時には、義歯をお忘れになると酷い目に遭うという事実と、それなら義歯の生活にならない様に普段から心掛ける事を意識願えればと感じた次第です。

備えあれば憂い無しの方々はモチロン、問題は無かったんですけどね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩

Google +1