« 2019年4月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
2016年11月30日

人の手では・・・こうはいきません

毎日、使わない日はないぐらいにフル活動状態が続く当院のCAD/CAM冠作製マシン・セレックですが、その精度の高さには目を瞠るモノを感じずには居られません。
下の写真で、左側の1㎝角程度のセラミック・ブロックから歯(歯冠修復物)を削り出していき、残った残骸が右側のモノになります。
如何でしょうか、どんなに上手な技工士さんだってここまで薄いプレートには出来ない様に思います。初めて目にした時にはちょっとしたカルチャーショックを覚えたモノでありました。

当時は夢の機器だったのですが、今では手元にあって使い倒すことが出来るようになるとは・・・・日々の臨床が楽しくなりました。
仕事ですから辛い時もあるのですが、我々歯科医にもこんな細やかな喜びがあるんですよ。(^^)

cerec.JPG

Google +1

「自然」は間もなくモノトーンの季節を迎える

もう既に写真の様な紅葉は散ってしまってますが、「人工」のモノではない「自然」の発色って・・・・凄いですよねぇ。

石川さゆりさんの「天城越え」の歌詞に「山が燃えるぅ~♫」がありますね。これは男女に関わる隠喩ではないかと様々な憶測があるようですけど、まともに解釈すればちょうどこんな感じの季語のようなモノかもしれない・・・そう感じたりしました。

一斉に燃えた後は「自然」は間もなくモノトーンの季節を迎えます。逆にテレビの中や街角を彩るクリスマスには、賑やかにそして喧しく「人工」色が散見されるようになりましょうか。

それはそれで素敵なんですけどね!(^^)

20161130-1.jpg 20161130-2.jpg

20161130-3.jpg 20161130-4.jpg 20161130-5.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月29日

大丈夫ですか? 成人の約8割は歯周病

今日来院下さった新規の患者さん。むし歯の治療が主訴だったのですが、それよりもナニよりも歯周病の徴候が随所に見られたために まずはその件に関してお伝えをしてみました。

実は他院での治療説明に納得が行かずにウチにお出でになったのですが、驚いたことにそこでも更にその前に通っていた歯科医院でも歯周病を指摘されたことは無かったそうです。既に中等度の罹患状況で、今すぐでは無いけれど、5年先・10年先の残存歯数が危ぶまれるような状況・・・・(泣)

私は思うのです。我々が住まう建物に準えて考えてみると、むし歯ってやつは窓ガラスが割れたり瓦屋根の数枚が飛んでしまったようなトラブルでありましょう。
透明だったガラスが曇りガラスに変わったり、赤い屋根の中に青い瓦が交ざったとしても住むのに問題は無かろうかと思うのです。

それが歯周病となると・・・・基礎がシロアリに食われてしまうことに匹敵いたします。(泣)
基礎がグズグズになってしまうと、その建物は存続が危ぶまれるようにもなりましょう。

そう思うと成人であれば80%の方が罹患している歯周病は放置は出来ませんね。
早期に対策を講じられることを是非にオススメ致します。

写真は11月8日『いい歯の日』の新聞掲載記事のモノであります。

perio.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

「博識」に近付くことはなかなか難しい

20161129.jpg学生時代にアルバイト先(学習塾)に恐ろしく知識豊富な方がいらっしゃいました。博識に憧れていた私がその秘訣を伺ったところ・・・

『ジャンルを問わずに毎月出版される岩波新書を3冊読むこと』

との返答。最近の赤表紙はそうでもないようですが、当時の岩波新書(青版・黄版)と言えば睡眠薬(!?)レベル・・・・倣って買ってはみたモノの何度もの挫折を繰り返した苦い経験がありました。(^^)

似たような状況で「新聞ならなんとか読めるんじゃないだろうか」と毎朝目を通すようになり、気が付けばあれから35年・・・それはそれで人間らしくて良いんじゃないかと慰めつつ なかなか描き望んだ「博識」に近付くことは難しいようであります。(汗)

早朝に新聞を眺めていて、唐突にそんな事が脳裏を過ぎった日本全国「ニク(肉)の日」の朝でありました。(^^)

※ 写真は一昨日の阿弥陀堂。雨は雨で木肌が良い感じに写るモノですね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月28日

「いい歯医者」を見分ける5つの条件

waiting-room3.JPG東洋経済オンラインさんに、本当に「いい歯医者」を見分ける5つの条件という記事が発表され話題になっていたそうです。

その「5つの条件」とは・・・・・?

● すぐに歯を削ろうとしない
● 治療前に歯科衛生士がクリーニングをする
● 歯の写真撮影を行う
● 不得意な治療は断る
● 初回の診療時間が多い

解る気がします。確かにそうかもしれませんよね。自院のセルフチェックにも活かして行きたいと考えました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

週末は師走・・・・心なしか世間も忙しくなる

20161128.jpg今週半ばには はや師走・・・・心なしか世間も忙(せわ)しくなった気がするから不思議であります。(^^)

いつもは別段「終わり」のタイミングを決められてないのに、年末だけは「年内に済ませよう!」の気運が持ち上がってくるから・・・でしょうね。治療にお出で下さる方もそうで、「年内に・・・」となるのでちょっとだけ我々も大変であります。(汗)

大掃除とか洗車とかもそうでしょう。「無理に年内にしなくとも良い」って達観の域に入れば焦らなくて良いのかもしれませんね。

あれこれ些末なことに囚われずに年末年始のお休みだけを楽しく心待ちにさえしていれば忙しさからも解消されるかも・・・・・まぁ~なかなか難しいでしょうけれど。(^^)

※ 写真は医院駐車場にて。隣家の隙間から差し込む夕日がとても綺麗でした。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月27日

改めて写真撮影の大切さを思う

apical-lesion1.jpg今どきですから口腔内を記録に残す右のような写真撮影は常識となりました。当院でも、10年以上前から初診時には撮影困難な乳幼児を除いて枚数に制限無く撮影するようにしています。
それをパソコンにデータとして保管し、iPadで指先操作で拡大してお目にかけてたりするのですが、先日 改めて写真撮影の重要性を再認識する状況がありました。

我々歯科医の良くないところでしょうか、どうしても歯を診て歯ぐきをチェックはしていても、口唇を引っ張って口腔内の隅々までつぶさに見渡すことを怠る時があります。それが上記写真の様にアングルワイダーという器具で口唇を押し広げ排除して撮影する写真の場合には全部が見えてくることになり確認や説明が容易となります。

apical-lesion2.jpg写真の方(20代前半の女性)の主訴は「歯ぎしり」との事でありました。摩耗状態等を鑑みるとそれほどではないかと思うことを伝えようと例により写真でお話ししようとしたところ、右上前歯の上部にピンと来るモノを感じました。
「違和感をお感じになりませんか?」と伺ったところ「これは口内炎です」と仰る・・・・。今まで数軒の歯医者に行ったけど指摘されたことは無いとの返答。
「体調が思わしくない時(風邪だの疲労)に一旦出来てもすぐに治る、けどいつも同じところに出来る」とのことでありました。

私自身も口腔内に触れると痛む口内炎が出来て悩まされることがありますが、場所は不定・・・様々なところに出来ますよね。特定箇所に出来る事はないです。(泣)

apical-lesion.jpg念のためレントゲンを撮らせていただくと上顎骨内部に巨大な根尖病巣(膿の袋)が認められました。これは口内炎では無く、深在性の顎骨内からの排膿経路であって手術(最悪は抜歯)が必要かと思われます。

私自身も直接口腔内を覗く視診だけに頼るとどうしても見落とすことがあります。御本人が仰って下されば解りもしますが、情報をいただけないと場所によっては見落としちゃうんですよねぇ。
右のレントゲンの根の先の真っ黒部分は既に右隣の歯を巻き込んでおりました。もっと早期に発見で来てれば良かったんですが、この日が初対面だったのでそれが叶いませんでした。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

「大統領」の語源、実は「大工の棟梁」?

ちと残念な曇天模様の日曜の朝となりました。その分 冷え込みが緩んでくれるのは嬉しいんですけどね。(^^)

さて、昨夜の番組でビートたけしさんが仰っていた「大統領」の語源というのか由来が印象に残りました。
はじめ冗談なのかと思って調べてみたら・・・・ホントなんですってね。

皆さんは「大工の棟梁」から来てるって御存知でした?(^^)

確かに「棟梁」は「むねのはり」と書いて「大工のかしら」を意味しましょう。家を一軒建てることができるから偉いという意味で尊敬される身分の棟梁・・・加えて日本の将軍と釣り合うように「大」の文字を冠したんだとか。

どうして「大統領」って表現するようになったのかなんて考えたことも無かったですけど、勉強になっちゃいました。(^^)

20161127-1.jpg 20161127-2.jpg 20161127-3.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月26日

新たなスタッフが来春我々の仲間に

autumn.JPG先日、来春高校を卒業なさる歯科助手希望の方が面接に来て下さいました。お目にかかってみて即に採用決定・・・・そんなお嬢さんでありました。(^^)

出会いなんてモノはそんなモノですよね。昨今は「フィーリング」なる単語は死語かもしれませんが、その点では100点満点だったように感じました。

逆に納得の行かない方とはどれだけ努力をしても相容れないモノを感じたりもいたします。
これはナニも「院長とスタッフ」の関係だけでなく、「医院と患者さん」にも通じるモノが有るのかもしれません。残念だけど、どれだけスタッフ一同で一生懸命に努力をしようとも好意を抱けない患者さんは・・・いらっしゃったり致します。モチロン歯科医院に限った話ではなく様々な人間関係で起こり得ることかとは思いますが・・・・。

雇用は増員が目的であります。どうしても20代の既存スタッフにはおめでたい「寿」が有りますからねぇ。報告は受けてはおりませんが、素敵な女性ばかりですからこればかりは避けられませんでしょう。
「寿」は私にとっても嬉しいことではあるのですが、そんな時にもスタッフワークに支障を来さないように「備えあれば憂い無し作戦」で行こうと考えております。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

「daigo cafe」って喫茶店がオススメ

もう二週間は経ち既に「茨城県北芸術祭」は20日で終了しちゃってますけどその折の大子(だいご)でのティータイムです。

オススメなのは「daigo cafe」って喫茶店(表現的に古い?)。
歩き疲れナニ気なく入ったお店だったのですが、築100年以上の町屋をオーナー自らが改修なさったという雰囲気の良いお店でした。
実に居心地良く、オーナーの男性と交わした会話も大子の印象をとても良くするモノでありました。

了解を得て店内の写真を数枚。本来なら何枚も撮りたかったですけど他のお客さんの迷惑にならない程度に・・・・これでも自重いたしました。(^^)

ちょっと距離はあるけれど、県北祭に関係無くドライブがてら足を運んでも良いかな・・・って思えましたよ。
その際にはもっと撮らせて貰いたいかな・・・っと。(^^)

20161126-1.jpg 20161126-2.jpg 20161126-3.jpg

20161126-6.jpg 20161126-4.jpg 20161126-5.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月25日

まだ晩秋なのに峠付近は雪山の様相

霜月らしく一面に霜が降りてます。相当に冷え込む寒い朝を迎えました。(泣)

それにしてもまだ11月だというのに昨日の降雪には驚きましたねぇ。所用で家内と出掛けた郡山市街はそうでもなかったのですが峠付近は雪山の様相・・・まだ落葉してない木々だったからなのか、厳冬期に見る雪付着の落葉樹よりもとても綺麗に見えました。

写真はちょうど一週間前の白水阿弥陀堂。
カップルが年輩の御夫婦だったりすればタイトルを「晩秋」とでもしたかったような。(^^)
ここに降雪が加わったのであれば・・・・見事だったろうなぁ。後ろ髪引かれる想いで西に向かった昨日でありました。(泣)

20161125.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。


Google +1
2016年11月24日

「備えあれば憂い無し」を再認識する

おはようございます。
先日に比べればそれほどではなかったですけど、地球の不穏な動きを感じさせる様な振動に今朝も思わず身構えてしまいましたね。(泣)

一昨日の地震で感じたこと・・・「備えあれば憂い無し」でありました。
デジタルで入力してるとは言え医療機関にカルテを初めとする各種文書類は付き物。そういったファイルは普段はお目にかけない二階のバックヤードに取り出し易いように保管してるのですが・・・・こういった背丈のあるスチール家具の転倒防止の為に発泡スチロールのケース(写真)を利用しておりました。(恥)

って言うか、サイズ的に捨てにくいモノ故に「ナニかに使えないだろうか?」と考え、ちょうどキツキツでピッタリだったので押し込んでおいたら役立った・・・だけなんですけどね。(^^)
たぶん小名浜の「さすいち」さんからの配達時にいただいたモノかと思うのですが、転倒防止に大いに役立ってくれたようです。

それでも奥までギッチリ押し込んでいたモノがここまではみ出したんですから・・・さぞかし揺れたんだろうなぁと思います。昨日も更に院内の随所に工夫を重ねておいたのですが、いつ来るか解らない地震に常なる備えは必要ですね。(^^)

20161124-1.jpg 20161124-2.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月23日

同窓の小田和正さん作詞・作曲の校友歌「緑の丘」

会津地方の天気予報に雪マークが見られるようになったんですね。浜通りも寒い朝を迎えております。

本日は日本全国「勤労感謝の日」でしたね。日頃 スタッフや家族に支えられて無事に仕事に従事出来ることに改めて感謝すると致しましょう。
モチロンゆっくりは休めず・・・・まずは昨日の地震のダメージから完全に復旧させねばなりません。自宅は大丈夫でしたけど医院&「Art Gallery - 彩 -」はそれなりのダメージ(散乱程度)を被ってましたから・・・ね。(泣)

昨夜参加した大学同窓会で、同じく同窓の小田和正さん作詞・作曲の校友歌「緑の丘」が映像で披露されておりました。
歌詞の中の『すべてのことが そこから 始まって行った♫』にいたく感激した次第です。

身の周りのあらゆる事象に対し、初心に戻りたくなっちゃいました。素敵な校友歌でありました。(^^)

20161123-1.jpg 20161123-2.jpg 20161123-3.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月22日

すわっ、緊急事態に肝を冷やす・・・

報道が喧しい朝となりました。映像の引き波や沿岸部のサイレン音・・・緊急事態は理解出来ますよね。

ウチは大丈夫ですけど久し振りに肝を冷やしました。
大きな被害が出ないことを願います。(泣)

20161122.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月21日

セレックなら歯の形状コピーが容易

パソコンの普及に伴い我々が容易に出来るようになった事のひとつに「コピー」があろうかと思います。マウス操作だけでちょちょいと弄るだけで同じモノを容易に再現・・・便利になったモノであります。

この「コピー」、歯科でも簡単応用出来るようになったんですよ。

例えば、前歯の変色歯。プラスチック素材だった修復物が黄ばんで来てしまったり、歯と歯ぐきの境目が気になってきた際、もしくは表面だけが僅かに欠けたようなケースなどお有りになりませんか?
「形は気に入ってたんだけど色がなぁ・・・・」ってケースには特に朗報であります
歯に手を加える前に、既存の形状をスキャンしておけばその後にその形態をまるっきり再現するだけなので我々もこんなに楽なことはありませんし、御本人にとっても違和感なくチェンジが可能となりましょう。

どんなに上手な技工士さんだって寸分の違いなく再現するのは容易なことではありません。それでいて歯冠形態が少しでも変化すれば発音始め舌感に違和感をもたらすこともしばしばあるのです。

便利な世の中になったモノであります。歯科業界にもデジタル化の計り知れない恩恵がもたらされるようになりました。\(^_^)/

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

歯科医としては円熟の紅葉期(!?)を迎える

ビールの銘柄に「秋味」なんてのがありましたけど、「秋色」ってナンだろうと考えれば燃えるような紅葉がイメージされましょう。
17日に白水阿弥陀堂で撮って参りました。
ここ数日、私なりの「秋色」にお付き合い下さいませ。(^^)

先日、来春からのスタッフ増員のためとても素敵なお嬢さんの採用決定を致しました。現在まだ高校生の彼女は・・・・ナンとまだ17歳!
思わず南沙織さんを連想しちゃった方は間違いなく私と同世代かと思われます。(^^)

開業時には我が子よりも年少のスタッフと一緒に働く日が来るなんて想像もして居りませんでした。ってことは私自身も歯科医としては円熟の紅葉期(!?)って事かと思われます。
燃えるように精力的に仕事をせねばなりますまい!・・・いろいろと皆に助けて貰いながら頑張りたいと思います。(^^)

20161121-1.jpg 20161121-2.jpg

20161121-3.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月20日

久し振りに集合写真を撮りたくなった朝

今朝ほどは暖房要らずの暖かさ・・・ですね。そのせいで雨後の濃霧に覆われちゃってるんでしょうか。視界不良の朝でもあります。(^^)

ちょうど一週間前の街角スナップ写真です。
撮った後でナニやらちょっとした寂寥感を覚えた一枚でありました。

私も半世紀ほど前には右端の男児でありました。20年ほど前には左端のお父さんの役割も果たしてましたっけ・・・・。
でも、その時点では考えもしませんでしたけど、ふと思うと二度と家族でこういった姿には・・・・至れないんですよねぇ。(泣)

一緒に巡った若き皆さんはこれからこんな風な日々を得て行かれることでしょう。その無限の可能性を眩しくも思えた早朝のひとときでありました。

年末には家族が揃います。街を歩かずとも久し振りに集合写真を撮りたくなりました。(^^)

20161120-1.jpg 20161120-2.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月19日

街中散策がリフレッシュのひととき

今日は雨降り(降水確率80%)の一日になりそうです。明日は小春日和の予報でしたから紅葉の写真撮影には打って付けかもしれませんね。(^^)
あれこれ課題も山積しておりなかなか自由時間は取れませんけど、私にとってはこんな街中散策がリフレッシュのひとときでもあります。

写真の湯本地区に限りませんでしょうけれど、芸術祭等のイベントに関わりなく平時でも街を歩き目を凝らせばアーティスティックな光景に出会えたりするんですよね。
傍から見たら「変なオッサン」にしか見えないかとは思いつつも、立ったり座ったりしながらこんな写真を撮ってる瞬間が・・・いいんですよねぇ~。(^^)

「皆で一緒に!」が特に良いんですが、気が付くと皆さんから遅れを取っちゃって一人きりになったりしてましたっけ。(汗)

20161119-1.jpg 20161119-2.jpg 20161119-3.jpg

20161119-4.jpg 20161119-5.jpg 20161119-6.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月18日

七五三で御世話になった湯本の温泉神社

朝の冷え込みが辛い季節になって参りました。11月もまもなく下旬・・・無理もないですねぇ。(汗)

私は湯本生まれ。6歳で離れたが故にその時代の記憶は残ってないのですがナニやら親しみは覚えますよね。写真は温泉神社の境内での写真(13日撮影)です。

昨日、「温泉神社ってトコに初めて行ったよ」と母に伝えたところ、「あら、そこで七五三やったじゃないの・・・」との反応。
国会の証人喚問ではありませんが、5歳ですからねぇ~まったく記憶にございませんでした。(^^)

最初の写真・・・・銀杏の葉がちょうどたゆとう訳もなく、のっけて(ヤラセ?)しまいました。(^^;)

20161118-1.jpg 20161118-2.jpg 20161118-3.jpg

20161118-4.jpg 20161118-5.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月17日

横田御夫妻が御存命のウチに・・・

日曜日の「湯撮 -Yutori-」と銘打った早朝写真散策のイベント。写真はやはり朝夕の斜光ですねぇ~、被写体がスポットライトを浴びて輝いておりました。(^^)
写真はいわき市湯本の「勝行院」での撮影です。いわき市民でも御存知ない方は多くいらっしゃるんじゃないでしょうか?

一昨日だったか、私と同世代の横田めぐみさんが拉致されてから39年と報じられてました。御両親は84歳と80歳だとか・・・私の親と同世代なんですよねぇ。(泣)
お二人が御存命のウチに朗報が・・・なんて思っちゃいました。

彼の国でも、写真の様な紅葉を愛でる人心の余裕はあるんでしょうか・・・・再会できずとも御両親にもお嬢さんにも季節の折々に心癒やされる瞬間が少しでもある事を願いたいです。(涙)

20161117-1.jpg 20161117-2.jpg

20161117-3.jpg 20161117-4.jpg 20161117-5.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月16日

ナンと「レンズレスカメラ」が開発中とのこと!

おそらく写真好きの方は皆さんそうかと思うのですが、常に新しいレンズに食指が動くモノかと思います。(レンズ沼?)

そんな中での今朝のニュース・・・ナンと「レンズレスカメラ」が開発中とのこと!
スマホ搭載の極小レンズは5㎜ぐらいらしいのですが、レンズレスとなると厚みは0.5㎜なんだとか。あらゆる分野での応用が可能だそうで、もしかすると十数年後には今の一眼レフ・カメラレンズも前世紀の遺物になっちゃう日が来たり・・・はしませんよね?(汗)

ちょうど、あのレンズとこのレンズが欲しいと思っていたのに・・・・ナンとも悩ましいモノであります。(^^)

http://www.asahi.com/articles/ASJCH55DCJCHULFA01B.html

さて、写真は茨城県北芸術祭の「巨大足湯」です。
湯面に、風景や空といった周辺自然が融合して醸し出される不思議な世界・・・・実にArtisticな光景でありました。(^^)

https://kenpoku-art.jp/artworks/f07/

20161116-1.jpg 20161116-2.jpg

Google +1
2016年11月15日

大子町の「旧き良き遺産」保全体制に感心する

シンプルなのに訴えて来るモノを多く感じる事ってありますよね。
そんな写真を2点ほど・・・・。

こちらの大子町は「旧き良き遺産」の保全体制がしっかりしてるなぁ~と感じたのは、古い建物はモチロンのこと、こんな郵便ポストがあちこちに残っていたからであります。
やはり、四角いヤツよりこの直立した人間っぽいポストは愛嬌があっていいですよね。(^^)

もう一枚は、「沈黙の教会、あるいは沈黙の境界」というタイトルの芸術作品です。解説に・・・・

『《漆黒の沼》・・・自然豊かな大子の地であらためて人間と文明について考えさせる』

とあるのですが、この作品が古い小学校の講堂に鎮座してるマッチングの妙が実に素敵でした。
静謐の表現なのに、そこに我々二人の影を写し込もうとする・・・芸術をまったく理解してないのを露呈する所業と言えますでしょうか。(汗)

https://kenpoku-art.jp/artworks/f04/

20161115-1.jpg 20161115-2.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月14日

ノスタルジック感満載の「旧上岡小学校」

深まり行く秋・・・11月も半ばに差し掛かっております。(汗)

ノスタルジック感満載の大子北部の「旧上岡小学校」。
今朝の写真(モノクロ&カラー)はそこの職員室であります。(^^)
そう言えばこんな石油ストーブ、ヤカン、黒電話、そして「キンコンカンコーン♫」を奏でるチャイム・・・・懐かしくお感じになりませんか?

私的には「叱られた記憶」や今なら考えられないような「モクモクの煙草の煙」のイメージが蘇りました。
私がカメラ片手にウロコラしてる間に家内がボランティアの方と言葉を交わしていたようなんですが、こちらの廃校は常に管理されこの状態を保ってるんだそうです。

入室するのに思わず「失礼します!」って口にしちゃったのは、とても手入れが行き届いていたからでありました。

思うに、今どきの子はこの電話の使い方・・・知らないだろうなぁ~(^^)

20161114-1.jpg 20161114-2.jpg 20161114-3.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月13日

結婚式に間に合った前歯部の変色

一般的に神経を失った歯は変色を来しやすいことが知られております。無理もありませんね、「生きてる木」と「枯れ木」とは色がまったく違うことからもお解りいただけましょう。

20代の女性・・・・伺えば間近に挙式を控えてるとのことで前歯部の変色を気にされて来院されました。確かに変色は確認出来ましたが、急いでらっしゃるとは言え全部被せてしまうには勿体ないような歯だったが為に表向きだけ改変する「ラミネートベニア」の手法で改善を図ってみた次第です。

laminate-veneer1.jpg 右 laminate-veneer2.jpg

セレックを用いて最小限の形成(歯牙切削)から接着完了まで所要時間は約1時間半
先日、チェックにお出でいただきましたがナンら問題なし。御満足いただけました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

歩いてみると景色が変わって見える

本日、チョイとワケあって楽しみにしていた東京での講習会を欠席。それでも写欲だけはあって『撮×撮 ToriDori 主催ワークショップ 「湯撮 -Yutori-」』なるイベントに早朝6時から参加して参りました。

最近、縁あって親しくさせて貰ってるカメラマンの中村 幸稚君が主宰者。
若き皆さんと十数名で湯本の駅前周辺を散策したのですが、いやぁ~天気にも恵まれ最高のひとときを過ごせました。\(^_^)/

クルマで通り過ぎれば気にも止めないような街中の風景。
散策すると随分と違って見えるモノなんですねぇ~。
遠い行楽地の風景にも魅力を感じますけど、身近な「発見」もまた実にオモシロいものでありました。

写真は湯本の「勝行院」・・・・奥まったところにある三重塔。
水面に反射させて撮ってみました。(^^)

20161113-1.jpg 20161113-2.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月12日

郷愁へと誘(いざな)うレトロ空間

昨日の続きです。そう言えば「旧上岡小学校」ってトコは映画の撮影なんかにも良く使われると家内も申しておりました。(汗)

それ故に今回の芸術祭に関係無く、スタンバイ状態って言うのか「つい今し方まで使っていた」雰囲気漂う空間になっていたのかもしれません。

写真を御覧頂くと・・・・ナンだか懐かしくないですか?(^^)

我々大人は、ややもするとひとりで勝手に大きくなった様な顔をしちゃうけど、こんな空間(地域)に育まれていたんだナァ~って感を新たにしちゃいました。

私は、ユーミンじゃないですけど「あの日に帰りたい」とかはあまり考えたりはしないです。それでも一生懸命育ててくれたであろう30代の父や母の顔がナンだか浮かんで来ましたし、二学年上の姉と廊下なんかでスレ違うとヤケに恥ずかしかったことなどを思い出したり致しました。(涙)

郷愁への誘(いざな)い・・・・なんでしょうかねぇ。
見知らぬ同世代の方と「いやぁ~懐かしいですねぇ」なんて話も出来てとても心地良い空間でありました。(^^)

20161112-1.jpg 20161112-2.jpg 20161112-4.jpg 20161112-5.jpg 20161112-6.jpg 20161112-3.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月11日

家内と二人、しばしのタイムスリップ

20161111.jpg昨日、「茨城県県北芸術祭」観賞のために今度は「袋田の滝」で有名な山間部の大子(だいご)町を訪れてみました。

実際には何度も足を運んでる滝はパスして、あまりにも昔懐かしい「旧上岡小学校」と「旧初原小学校」へ。
最初の建築は明治時代と伺いました。何度も手を加え平成13年頃に廃校になったとか・・・・。

平日にもかかわらず思った以上に訪れる方が多かったです。
「うわぁ~、懐かしいわぁ~」の声がそこかしこで聴かれるような実に温かい気持ちになれるひとときを過ごして参りました。

不思議ですねぇ~、若かりし頃は近代的な建物に憧れました。
それが長じてからは郷愁漂う旧い建築に魅力を感じます。
家内と二人、しばしのタイムスリップを楽しむ事が出来ました。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月10日

智恵を巡らせ、より良き明日を模索する

立冬を過ぎたんですから無理もありませんが、「晩秋」を通り越して「初冬」の雰囲気漂う冷え込む朝となりました。
寒いの苦手なんです・・・・暑いのも苦手なんですけど。(^^)

もっとも「四季があってこその日本」ですから ちょうど頃合いの良い季節ばかりではなく良いんでしょうけれど。

昨日の大統領選の過熱気味の報道・・・自国の選挙戦の開票速報のようでした。それだけ我が国へも影響力が波及するからに他ならないんでしょうけれど、実際の今後はどうなんでしょうか? 指導者ひとりの意志で国政を自由自在に出来るようには思えないのですが。
様々な意見が飛び交いますが、どうあれ米国民の大いなる期待が失望に変わらぬようであって欲しいですね。

我々も智恵を巡らせ、より良き明日を模索して参りましょう!(^^)

20171101.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月 9日

インプラントは3年でダメになる?

昨日は11月8日・・・新聞で知ったのですが、「いい歯」の日だったようです。
その日にNHKのニュース等で何度か流れたんでしょうか、「インプラントの周りの骨が溶ける」、つまりはインプラント周囲炎への注意喚起の報道でありました。(泣)

ちょうど、ある患者さんに2本埋入(インプラントを埋め込む処置)を終えた直後に来週埋入を予定していた患者さんからキャンセルの電話をいただきました。仰るには「顎が溶けるなんて怖くなってしまった」と・・・・。

これは事実でしょうか?

実は確かに実際に起こり得ることであります。ただしニュースの最後にも報じられていたように「キチンとした定期的メインテナンスをする事」を心掛けていて下さればその限りではありません。これは実は御自身の歯における「歯周病」とまったく同じなんですね。

● 歯周病・・・・・周り病気

● インプラント周囲炎・・・・・インプラント周り炎症

waiting-room2.JPGいずれにしても口腔内の清潔管理を保つことは大事ということに間違いはないようです。
インプラントを始めてから十数年の歳月が流れました。13年経ってまったく骨レベルに変化が無い(まったく溶けてない)方もいらっしゃれば、実際に歯周病同様に糖尿病が酷い方などはぐらついて来てしまい撤去した方もいらっしゃいます。

報道っていうのは怖いモノですね。「3年でダメになる」と来週予定していたの患者さんは受け止めてしまったようでした。同時にやはりメインテナンスは大事だと感じた報道でもありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

一寸先は闇・・・ナニが起こるか解らない

福岡での大規模陥没事故・・・現代日本の映像とは思えないような驚く光景でしたけど、犠牲者はいらっしゃらなかったようですから不幸中の幸いでしたね。

ホントにナニが起こるか解らないモノですねぇ。
神宮外苑のジャングルジム・アートの不幸な火災だって、休日の親子の微笑ましい憩いのひとときが突如・・・ですもんね。(泣)
一寸先は闇・・・普通にしては居てもナニが起こるか解らないモノだと再認識した次第です。

さて、写真は日曜日に訪れた「秤屋苑子とその仲間達展」でのおもてなし。日頃お世話になってる写真のお二人に日本茶を振る舞っていただきました。
今までもお茶をいただく度に丁寧に解説して下さるのですが、何度伺っても新鮮な想いで聴いてしまうのは・・・・宜しくありませんね。(汗)
今度こそは教えていただいたことをしっかりと覚えておくと致しましょう!(^^)

20161109-1.jpg 20161109-2.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月 8日

最近は書道・工作の時間を愛おしく感じる

20161108.jpg今年の暑い盛りでしたか、皆さんにお集まりいただいた医院二階に陶芸家の秤屋先生をお招きして「陶芸教室」を開催したことがありました。
その折の作品(!?)を小名浜のギャラリーで開催されました「秤屋苑子とその仲間達展」に一緒に展示していただき一昨日 観て参りました。

単なる粘土の塊を形にし、それを焼成することで命を吹き込む陶芸・・・・写真は私の作品ではありませんが、ナンだか素敵でしょ?

厳しい(!?)先生ではありますが、また機会があったらこんな催しを企画し小物なんか作れると嬉しいかと思っております。

幼い頃はこういった事を面倒にしか思ってなかったのに、ナンだか最近は図画工作の時間を愛おしく感じるのは何故なんでしょう?
自分でもちょっと不思議なのですが、今後もあれこれにトライしてみたいと考えて居ります。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月 7日

地域に根ざした恒例行事になることを願う

20161107.jpg昨日の「ツール・ド・いわき」、無事終了だったようでナニよりであります。大会関係者の皆さんは終了後も後片付けとか大変だった事でしょうけれど、天候にも恵まれホッとなさったことでしょう。(^^)

写真・・・お解りになる方は少ないだろうかとは思うのですが、海星高校側からマリンタワーへの坂道(地獄の?)を登り切った地点でのスナップです。

120km近くを端っての最後の試練(!?)を見事にクリアなさった皆さんを「あともう少しですよぉ~!」って激励なさってる姿がとても印象に残りました。
この大会が地域に根ざした継続行事になってくれることを願いたいですね。

さぁ~11月も第2週。しっかりと頑張って参りましょう!

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月 6日

待合室を動画で紹介してみました!

待合室が綺麗になり新たな写真放映用モニターも設置したので、せっかくですから動画に撮ってみました。(^^)
センターテーブルの上に低い三脚を立てて、一眼レフの動画機能で撮影。なかなか難しいモノがありまして、結局6~7回はトライ。
それでもこんな風に自分のオフィス(医院)を愛するって言うのか慈しむ感覚は大事にしたいと考えております。


圧倒されるサイズのモニターに10秒間隔で映し出される写真は数百枚。
下記の皆さんの御協力を得て・・・であります。ありがたいことであります。<(_ _)>
スライドショーでも時折表示されるカメラマンの紹介スライドをそのままアップしてみますね。

waiting-room.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

数年前の写真・・・そろそろ年貢の納め時?

諸事情で私自身は参加出来なくなったのですが、本日は「ツール・ド・いわき」の開催日。
多くの仲間の皆さんが「疾走」&「エイドステーションで飲食」を満喫出来る快晴に恵まれナニよりでありました。\(^_^)/

関係者の皆さんもホッとなさってるだろうなぁ~、皆さんの事故無い無事の完走を願っております。

さて、最近 こんなポップアップが良く表示されます。
薄々解っては居たし、身内からも指摘はされていたのですが、諸事情ありましてなかなかチェンジも出来ず・・・・そろそろ現実を受け容れ年貢は納めねばと思っております。(汗)

いずれチェンジした暁には優しい心で受け止めていただければ幸いに存じます。(^^)

20161106.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月 5日

日本茶ソムリエによるウェルカム・ティー

20161105.jpgだんだんと早起きが辛くなって参りました。お目覚め直後からスッキリな私的には「朝」の時間って誰にも邪魔されないし宜しいんですが、寒くて暗いとなぁ・・・・軟弱な私は挫折しそうです。(汗)

さて、7月に「Art Gallery - 彩 -」にて皆さんと作った陶芸作品が小名浜の「ギャラリー数茶」さんで開催中の「秤屋苑子とその仲間達展」で展示がされて居るようであります。(^^)

明日まででして終了時間は3時ですけど、11時から2時までは梶塚さんと髙原さんによる「日本茶ソムリエによるウェルカム・ティーのサービス」もあるようですよ。
私の作品(!?)や御一緒した皆さんの作品も複数展示されております。お時間のある方はお出掛けいただき我々の力作を御笑覧下さいませ。<(_ _)>

※ 写真・・・これはポーセラーツですが、ディスプレイの妙って言うのか実に素敵でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月 4日

歯科以外の方々との関わりも大事!

よく異業種交流なるフレーズに触れたり勧められる機会があります。私達の仕事は人と接する仕事ではありますが、仮に物理的には50センチ以内の触れ合いであっても実際の心の距離と言うのか心的交流はその距離ではありませんでしょう。

「地域貢献」とか「地元に根ざす」と口にするのは容易ですが、実際にはなかなか難しいモノがあります。逆に「歯科」という垣根が障壁になっていることも想像に難くありません。

そこで・・・であります。(^^)

歯科に全く関係のない空間創出が叶いさえすれば垣根を低くすることに繋がり異業種交流が活発に出来るのではないかと考えるに至りました。
そんな目的の下、通常はスタッフルームや研修施設として使用している医院二階を皆さんに開放。スタッフの癒やしの空間でありながら、かつそういった文化的な取り組みを地域の方にも見ていただく場にもしてみた次第です。

昨日は、「ポーセラーツサロン Ko Olina 〜コオリナ〜」さんの生徒さん達の作品発表会を実施。多くの皆さんに足を運んでいただく事が出来ました。
今後も折りに触れ、こういった心豊かになるような活動を展開していければ・・・などと考えて居ります。一日限りではありましたが歯科以外の多くの方々と触れ合うことが出来、心地の良い充実した時間を過ごすことが出来ました。


Google +1

感謝の一日となった「文化の日」

昨日来、お騒がせしてスイマセン。<(_ _)>
想像していた以上の来廊者の多さに驚かされると同時に感謝の一日となった「文化の日」でありました。

私は頭の中で否定して実行に移さないことが多い性格でありました。今でも根本のところは変わらないのかもしれませんが・・・「やってはみるモノ」なんですねぇ~(^^)
私にとっては実に「学び」の多い、刺激的な一日となりました。
足を運んで下さった皆さんや主宰の「ポーセラーツサロン Ko Olina 〜コオリナ〜」さんに感謝でありました。

クリエイティブな試み(創作活動)ってのは十人十色、百人百様なんですねぇ。作品の完成が待たれます。(^^)

20161104-1.jpg 20161104-2.jpg 20161104-3.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月 3日

「Art Gallery - 彩 -」での発表展示会

本日の「Art Gallery - 彩 -」での発表展示会。
何でもやってはみるモンですねぇ~、多くの皆さんにお出でいただき実に良い一日を過ごすことが出来ました。貴重な経験が出来ました。(^^)

そのギャラリー部を動画で撮ったのが下記のリンク。
あたかもバーチャルリアリティー(VR)のように見えようかと思いますが、実際は部屋の中央部に三脚を立てて固定したカメラをゆっくりと手動で360度回転させているだけであります。(^^)

傍から見れば・・・・ヘンな姿に見えただろうなぁ~(汗)


※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月 2日

「知識豊か」には憧れます・・・

おはようございます。
昨夜 数日遅れのNHK「ブラタモリ」を録画で視聴。私はタモリさんがまだイグアナの物真似なんかをしていた頃から存じておりますが、氏のジャンルを問わない「博識ぶり」には毎度の事ながら驚かされます。

自分が今後どんな人になりたいか・・・と問われれば、あんな風な70歳になりたいと願います。「知識豊か」には憧れますねぇ~(^^)
氏は仕事でありながら番組で御自身の知的好奇心を満たしてるんでしょう。精神衛生上頗(すこぶ)る宜しかろうとも思います。学びを怠らない常なる姿が今回も印象に残った良質な番組でした。

写真はArt Gallery 「彩」の作品展示のスナップ。
ワンポイントとして置かれた女性の細やかさを垣間見た気がいたしました。素敵であります。(^^)
因みに作品群には生徒としてお世話になってる母の作品もあります。まずは身近なところで母の「学び」の姿勢を見習わねばなりません。(汗)

20161102-1.jpg 20161102-3.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

「文化」や「趣味」に彩られた空間を思い描く日々

ナンと申しましょうか・・・・夢見てたってほど大袈裟なことではないのですが、Facebook等のオンライン上のみならずリアルに大勢の方と触れ合える機会を窺っていた自分が居ります。

「お酒」とか「会話」だけってのもモチロン嫌いではありません。
でもそこに「アート」だの「知的好奇心」といったモノが加味されればもっと自分らしいように感じており、「文化」や「趣味」的要素を鏤(ちりば)めた空間を思い描く日々を送っておりました。

歩みはゆっくりなんですが、御陰様でちょっとそんな感じに近付けた気がしております。(^^)

明日のポーセラーツの作品発表会。
私もほぼ終日居りますのでお時間ある方は是非お出掛け下さいませ。普段は夜ばかりでしたけど、今回の開催は珍しく(初めて?)日中です。
皆様とリアルにお目にかかれることを心待ちにしております。<(_ _)>

20161102-2.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年11月 1日

山積する課題に追われつつ日々を送る

久し振りの雨・・・な気がします。その分 暖かい朝でもありますね。

昨日と今日、ナニも変わるわけではないけれど、11月になっちゃったんですね。(汗)
また今月も瞬く間に過ぎ去ってしまうことでありましょう。
時間だけは万人に平等です。どなた様も無駄にすることなく・・・なんて自戒の意味を込めて思ったりするワケであります。(^^)

山積する課題に追われながらも写真の様な空間演出にホッとする今日この頃であります。今月もまた充実の日々を送れると嬉しく存じます。

20161101.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩

Google +1