« 2019年9月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2016年7月16日

意識されにくい「ドライマウス」

日々の診療時にも、口腔内を拝見しただけではすぐにはその症状に気が付きにくいことがあります。一般的にドライアイなる単語はポピュラーですけど、実は唾液が少なくなることで口腔乾燥症・・・ドライマウスなる症状に悩まされてる方が多くいらっしゃいます。

下記の点、気になる方はいらっしゃいませんでしょうか?

● 最近、口臭が気になる
● 朝、お口の中がネバネバする
● 乾いた食品が食べづらくなった
● 何故か舌がヒリヒリする
● 以前に比べて入れ歯が擦れて痛い

この様な症状は、薬や病気などが原因になって起こるドライマウスの症状です。唾液が減りドライマウスになると、食べにくい、話しにくい、口の中が痛く感じられ、同時に唾液が減ることによって唾液による免疫機能が失われ虫歯が増えたりし易くなります。
原因は様々・・・・

● 薬による副作用
● 口呼吸
● 噛む回数が少ない
● 心理的要因
● 放射線治療

それらに対しての対策はなかなか難しいと言わざるを得ないのが現状ではないでしょうか。下記の点が挙げられますでしょうか?

● 水分補給を心掛ける
● よく噛む
● 適度に硬いモノも摂取する
● 唾液腺をマッサージしてみる
● 薬の副作用を意識してみる

drymouse.jpg私自身が薬の副作用でドライマウスになった経験があります。
痛くて説明時に会話することすら辛かった記憶があります。
実際に高齢の方で、夜間に口腔内が乾燥しすぎて痛みを覚え目を覚ましてしまうと仰る方もいらっしゃるほどなんです。

よく噛み、しっかり口腔を使うって大事な事なんですよね。
そうそう、ハミガキすると唾液が溢れてくるってのは何方も経験がお有りですよね?
ドライマウスを防ぎ、口腔内の湿潤状態を適度に保つという観点からしてもブラッシングは大事なように思えます。
ドライマウス・・・是非意識なさってみて下さい。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.sakai-dent.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/655

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩

Google +1