« 2019年3月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2014年5月30日

これぞSNSの醍醐味かと思う

「縁」ってものが偶然にもたらされるモノなのか、はてまた必然なのかは解りませんが、そこにはやはり引き寄せるアクションが存在し、真心と表現して良いような「想いの丈」がある様に思えてなりません。

私の日々の生活を「線」に例えるとするなら、時に紆余曲折を経ながらも途切れる事なくその「線」は続いています。家族&友人達のその同様の「線」は黙って居ても私の「線」に絡まったり結び目まで作ってたりもしますが、引き寄せなければ関わり合うことがない「線」がほとんどなのかも知れません。

その多くの見知らぬ「線」の一本を手繰り寄せ交わる瞬間・・・・ナニもしなければ絶対に繋がるはずのない「線」同士が重なるのって嬉しいことなんですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日のサイクリング時に、ある92歳の御老人の健闘ぶりに感激したことはその日のブログに纏めてみました。
そうしたところ、まったくそのサイクリングには関わってらっしゃらなかった方が「この人でしょうか?」って感じで福島民報さんの記事をアップして下さって、その92歳の方も「酒井さん」と仰ることを知ることが出来ました。(笑)

本日、嬉しいことにその伴走なさってらしたお孫さんが私にSNS(facebook)を通じて連絡を下さり、ナンと二本の線は交わることが出来ました。(笑)

キッカケはサイクリング中の「お幾つでらっしゃるんですか?」の私のひと言。
ゴールをして、その方が最高齢者として表彰されたのが更に嬉しく感じられ、閉会後の帰り際にも「お疲れ様でした」のお声掛けをして帰って来たのを心に留めて置いて下さったんでしょうね。

ナンだか、とても嬉しく感じると同時に、これこそが私がブログを継続したりSNSに実名(顔出し)で登録して得られる醍醐味のように思えてなりませんでした。

また止められない理由が増えてしまいました。(笑)

変速機(笑)

さて、話は変わりますが、30kmも自転車を漕いでいれば本当なら当然の様にお尻が痛くもなりましょう。
でもね、サイクルパンツなるズボンを穿いていると、ちょうど股間に厚さ2センチのクッションが来るようになっていて大して痛くはならないのです。

同様に、手もまた一緒。
下の写真(右)のように掌側にクッションがあるので長時間の走行時にも手はそんなに痺れたりしないのです。

グローブ(表) グローブ(裏)

便利っちゃぁ~便利であります。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういった装備で身を守りつつ(!?)親子で参加した大会です。

その折にせっかく紡ぐことが出来た御縁・・・。

今回の「酒井さん」に限りませんが、ささやかなる出会いを今後も大切にして行けたらいいな・・・そんな感を新たに致しました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月29日

キーワードは「希望の共有」か・・・

「未来」とか「希望」って単語を語る時に 何故かそこはかとない「照れ臭さ」のようなモノを感じてしまうのは私だけではないでしょう。
本当はとても大切な事なんですが、語りにくいって側面を感じてしまいます。(汗)
それでも、ある方が真摯に真っ向からぶつけて下さればその限りでは無く、その場合には一生懸命に答えを出そうとする自分が居るのも事実であります。

人の心持ちって不思議なモノですね。(笑)

自然体が宜しいとは思ってみるモノの、なかなかその通りにはなれずに藻掻く日々(!?)を送っております。
そんな中、昨夜はある方が応援なさっている映画「ふるさとがえり」の上映会を当院二階で開催してみました。題名通りに主題となるテーマはチト重いところはある映画でしたが、読後感的な意味合いでの感想は明日への希望を得られるような心地良いモノがありました。

集まってくれたメンバーは、「いわきワクワクプロジェクト」の面々。(感謝!)

二階での試写会

映画という作品のみならず、この映画の鑑賞会を主宰なさってる方のお考えを聴かせていただき、まだ見ぬ明日への「希望の共有」と言う感覚を皆で得られた気がしてなりませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「希望」には「将来への期待感」という側面がありましょう。

日々、少しずつでも前向きに上を向きながら前進することで やがて思ってもみなかった高みに到達することが出来て歩んで来た長き道のりを振り返る事が出来る様になるのかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日曜日のサイクリング。

今回の収穫のひとつに我が家のミニバンには3台の大人用自転車を載せることが出来るという点が上げられます。
檜原湖の会場にて、クルマからやおら降ろした際に付近の方が声を掛けて下さいました。
その方は、我が家より大型のクルマでお出でになったのにも関わらず、あるパーツが無くて紐で縛ったりして大変だったそうです。

このパーツが重宝したんですよ。(笑)

便利なツール

これが無い場合には、皆さん次のようなツールをご使用になっていたようなんですが、高速走行時の不安とかがちょっと有るようには感じられてなりません。

自転車の輸送手段2

自転車の輸送手段1

だけど、ナンだかカッコ良いですよね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月27日

知らなかった世界を垣間見た気分

ここ数年、自転車好きの友人に良き刺激を受け、最初は単なる折り畳み式のミニサイクルだったのが今ではロードバイク(ドロップハンドル仕様)とまではいかないまでも軽量のクロスバイクなどに乗るように変わって来ちゃいました。(笑)

自転車専門店に足を運び、それこそ目が飛び出そうに「たまげる」程の高額のロードバイクを見たりもし、何となく気になって そこかしこで見かけるサイクルツアラーの方々の派手な格好(スタイル)を見たりしてある程度の知識は持つようにはなっていたんですよ。それでも・・・

日曜日に出掛けた檜原湖のファミリーサイクリング大会。

まずはイベント規模に驚きました。(参加者数約1500名)
お好きな方っていっぱいいらっしゃるんですねぇ。下の写真のように積んでくる方がたくさんいらっしゃったんですよ。

自転車の輸送手段3

このクルマはツーリングワゴンでしたから屋根の上には載せやすそうでしたけど、いわゆるワンボックスカーのような車高の高いクルマには載せるのが相当に大変そうでもありました。

これだってそこそこ珍しい光景かもしれませんが、会場に置かれた様々な自転車を見てビックリもしたんですよ。だって・・・・

檜原湖一周ファミリーサイクリング・びっくり

これはもう、自転車じゃないでしょう。

オートバイ並のタイヤの太さじゃなかろうかと。(笑)
そして、それ以上に驚いたのがこちら・・・・

檜原湖一周ファミリーサイクリング・これにもビックリ

同じユニフォームの御夫婦です。で、手前のお父さんと思しき男性の自転車には幌付のリヤカーのようなモノがくっついてまして・・・・(笑)

これナンだと思います?

驚いたことに幌の中には二人の幼子が座ってました。まさか、こんなのを引っ張って坂道を登る方がいらっしゃるなんて・・・・。

大袈裟に言えばカルチャーショック!(笑)

通常の発想では「可能な限り荷物を少なく」でしょうけれど、ここまで頑張るお父さんが居ることに脱帽でありました。
お子さん達は、まさに「父親の背中」を見て大きくなるんでしょうね。
微笑ましくて幸せそうにも見えましたが、このお父さん、ここからの登り坂は大丈夫だったんでしょうか。

いや、健脚に自信があるからこそ きっとこうなさったんでしょうね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月26日

今しか出来ない事にトライする

自分自身を顧みるに、いや上の子達とのやり取りを振り返ってみても親と子とが共に過ごす日々の短さを痛感せずには居られません。
彼等が物心付いてから一緒の行動をする期間は・・・数年でしかないような気がします。
中学生になれば、小学生時代より行動範囲も広がり友人達と過ごす時間も増えて参りましょう。高校生になれば塾通いだの日曜日の部活等でそもそも顔を合わせる時間の確保も難しくなります。

大学生となれば、もう完全に大人扱い。

全てを信頼して任せる以外に親のすべきことは無くなるようにも思います。
となると、子供が幼稚園や小学校に通う数年間はモノ凄く貴重な時間に思えてなりません。
正直言うと、休日であっても仕事上の雑務をこなしたり、新たなスキルの研鑽に時間を費やしたい時もあるにはあるのですが、二度と戻れない親子の情愛を育む事が出来るこの時期は生涯でモノ凄く貴重な時間に思えてならないのです。

私自身がそうなのですが、親という存在は万能選手な訳ではありません。
出来ない事・思うようにいかない事もたくさん有りますが、それでもそこに共にトライする姿勢は大切な気がしてなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな想いに背中を押されたこともあって、日曜日に檜原湖一周サイクリングにトライして参りました。(笑)

檜原湖一周ファミリーサイクリング・疾走中

私ひとりなら30kmぐらいはナニも問題はありません。ただ、子供が一緒となれば話は別です。完走できれば大いなる自信に繋がることも転倒等のアクシデントに伴う怪我でもして途中棄権となればマイナス効果に繋がりかねません。

時折、先んじて数百メートル先でカメラを構えることもありましたが、基本は上の写真のポジションで伴走に徹してみた次第です。

檜原湖一周ファミリーサイクリング・御褒美

心配は杞憂に終わり、無事になんなく完走。(笑)

大会主催者サイドの方の手による「豚汁」サービスは最高でした。
完走直後にペロリと頂ける我が身の健康に感謝しつつ、またこれ以外に記念のTシャツや家族で参加した親子チ-ム向けの「ファミリー賞(お米)」などを頂いて笑顔で帰って来ることができました。

我が家では、もう既に来季の第34回の参加を目論んでおります。
そのぐらい嬉しく楽しいイベントでありました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月25日

桧原湖一周、一番に感動したこと

五色沼や桧原湖など裏磐梯エリアに出向いた際にいつも同じ事を思います。

我が家から片道1時間45分ほどの距離。

思った以上に近くて素敵な場所なんだから「もっと足繁く来よう!」って毎回考えながらなかなか実現が出来ずにおりました。
それでも今年の春先に何かで見た「第33回桧原湖一周ファミリーサイクリング大会」の記事が目に止まり、本日5月25日親子三人で参加して参りました。

早朝6時半には出発。ミニバンに3台の自転車が上手く載せられたんですよ。(笑)

檜原湖一周ファミリーサイクリングに挑戦

桧原湖一周・・・・登りあり下りありのコースです。

大人はモチロン問題は無いのですが、ロングサイクリングに馴染みの無い小学生にはどうだろうかという危惧は当然ありました。もっともすぐに杞憂に終わったんですけどね。(笑)

結果は無事に制限時間内に完走。

そんな写真を今後アップしたいとは思うのですが、本日私が一番に感動したのは家族とのそれではありませんでした。
走り始めて数km経過・・・・後ろ姿が間違いなく年輩(後期高齢者)の方で長靴を履いて漕いでる方を発見したのです。こんな感じでした。

ナンと、年齢92歳!(@_@)

思わず、坂道前でスピードが落ちた際に「お幾つでらっしゃるんですか?」とお声掛けをしたら・・・

ナンと、92歳とのこと!!!

まぁ~ビックリいたしました。どうしても80歳前後にしか見えなかったからです。
傍らで伴走なさっていた方(聴けば感じの良いイケメンのお孫さんでした)にあれこれお話を伺ったところ・・・

「今回が初挑戦。自転車が好きで毎日一時間は乗ってて、今回も本人が強く参加したがってた」んだそうです。
県南の石川郡からの参加で、普通の自転車(変速機無し?)で無事に制限時間内に完走。最高齢の参加者って事で表彰もされてました。

檜原湖一周ファミリーサイクリング

タカが30km、されど30kmでありましょう。

卒寿を越え、更に新たなことにトライなさろうとするその姿勢に敬服すると共に、「年齢」や「老い」をいい訳にして何かを断念するような消極的な生き方をしてはならないな・・・と強く感じた一日でありました。
省みて、私自身はまずその年齢に辿り着けるかどうかの問題がありますし、仮に辿り着けたとして果たしてこんな風に意欲的で居られるだろうかと自問してしまったって訳であります。(汗)

ん~ん、容易なことではありませんでしょう。

親子三人無事完走よりも むしろそっちに感動した薫風かおる檜原湖でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月23日

今宵も楽しいひとときを過ごす

仕事をしていれば楽しいことばかりではありません。時に辛い時も無い訳ではありませんが、一番良くないのはそれを翌日以降も引きずってしまうことではないでしょうか。
そんなワケで、こじつけるようでナンですけど その日の「心の整理整頓」は即日に・・・ってのが理想的ではないでしょうか。
楽しい方々と、笑顔を交わすことで気持ちもスッキリ。

明日への新たな意欲も湧いて来ようってモンです。(笑)

今宵、東邦銀行平支店の近くにある「くいものやTaWaRa」さんで開催された・・・

「いわきプチ交流会 ~Emerald Party~ 」

なる集まりに参加して参りました。とても美味しい料理で良い感じのお店なんですよ。(笑)

IMG_5476_R

IMG_5483_R

数日前に誕生日を迎えられた女性には店長さんからサプライズが。(笑)

IMG_5480_R

IMG_5489_R

残念ながらこういった賑やかな時間は過ぎるのが速いんですよねぇ。
それでも上の写真の左端に写ってらっしゃるS氏の御協力もありまして、大勢の皆さんに「バンディッツいわき」の情報PRも出来ましたし、ナニよりのひとときでありました。(笑)

◆ バンディッツいわき ◆

次回のバンディッツの試合(ホーム)は・・・

● 6月1日 11時キックオフ

● 場所は「グリーンフィールドの多目的グラウンド」

● 対戦相手は「FCプリメーロ」であります!

ナニを隠そう私が把握していたのは日付だけでありまして、他は全てS氏が確認して下さいました。(恥)
感謝であります。お一人でも応援に足を運んで下さったら幸甚に存じます。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月22日

小学生、学習の方法も変わりゆく

私自身の脳内の最大記憶容量が何メガなのか、何ギガなのか、はてまた何テラなのは解りませんが、少しでも多くの知識を溜め込んでおけるに越したことはないように思います。
ありがたい事に、人間の記憶は容量オーバーって事態にはなかなかなりませんし、場所を取る訳でもないそんな抽斗のようなモノは多いに越したことはないように思います。

ただ、長じてからの知識吸収は、余程 興味のある分野は別としても一般教養的な知識は残念ながらなかなか増やすことが出来ませんでしょう。
鉄は熱いうちに打てではありませんが、やはり幼少期の知識吸収能力に勝るモノは無いように感じています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が家では「朝日小学生新聞」なるモノをとってますが、これが実に秀逸であります。
8面までしかない簡易なモノではありますが、マンガのみならずカラフルな紙面はそこそこの興味を引く構成になってるように思います。

眺めてみると・・・・これが勉強になるのです。(笑)

当然内容は小学生向けですから読み易いし、現在のトピックスに限る事もないですし、毎日隈無く読んでれば相当な秀才になれるのでは・・・・と思わせるところがあります。(笑)
問題点があるとすれば、大人からすればそう思えるけれど、息子からしたら「面倒臭い文字ばかり」に思えてしまう点でしょうか。(苦笑)

折しも数年後からは教科書にもiPad等のタブレット端末を導入し、より理解しやすい学習が可能になるとかって言う報道がありました。理解を促しやすいという点でとっても宜しい学習環境になろうかとは思いますが、文字列から脳内に連想し想像力を働かせる日々の積み重ね学習も捨てがたいように思うので、並行して二次元&三次元の学習がなされていくと宜しいようには感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「写真」という静止画像は動物の動きを伝えることが出来はしませんが、iPad等での動画学習が可能になればこれに動きが加わって動物の生態が理解し易くなるのかも知れませんね。

水槽2

水槽1

皆が皆、こういった学習施設(アクアマリンふくしま)を訪れることが出来る訳ではありませんでしょう。遠隔地の児童であっても手に取るように解る可能性を秘めたタブレット端末教科書での学習スタイルの確立はもう目前に迫ってるんでしょうね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月21日

PCトラブルに翻弄される(泣)

長いことパソコンに接して日々を過ごしていれば、ちょっとやそっとのトラブルでは驚かなくなります。画面が固まったとしても、はてまた変なエラーが表示されたとしても「取り敢えず再起動すれば・・・か?」程度にしか思わなくなった自分に苦笑いの感が拭えません。(笑)

もっともそういったトラブルも軽微なモノであれば・・・の話であって、PCがまったく起動しない(画面真っ黒)とかネットワーク(LAN)が繋がらないとなると俄に穏やかでは居られなくなります。(泣)

何処の歯科医院もそうでしょうけれど、今どきですから全ての管理をPCに依存してますでしょう。と言うことは、いったんトラブると診察カードをお忘れになった方のカルテをお名前とか生年月日とかで呼び出すことも出来ませんし、仮にカルテがあったとしても診療内容&会計とかの処理がまったく出来なくなりパニックとなります。

長く医院運営をやっていればシステムダウンなんて経験もありますが、そうなるとナニも出来ませんし、メーカーサポート(カルテ管理会社)って言ったって東京からですからすぐに駆け付けて下さる訳ではありませんし頭を抱えなくてはならなくなります。
復旧対策の電話での指示を仰いだりもしますが、PCに慣れてる当院スタッフも流石にシステムとか管理画面を知る由もなく、私が電話片手に右往左往した事もかつてはありました。(泣)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は昨朝もそうでして、朝から5~6台のPCでLANを組んでるそのサーバー機(親機)が始業時から不調。大いに焦りました。
今までトラブル時に教えて貰った様な"うろ覚え"の知識でF2ボタンとかを押してセーブモード(!?)とかで起ち上げ何とか復旧させはしましたが動作不安定は否めません。午前中はどうにかそれで誤魔化しました。(泣)

で、お昼には一時的にサーバー機能をクライアント機(子機)にデータ移動、電話でサポートを受けながらコマンドって言うんだか全ての機器の指示命令機能を急遽書き換える作業に翻弄され、お昼休みどころではありませんでした。(泣)

まぁ、日々いろんな事に遭遇いたします。

嘆き悲しんでいては一歩も進めないので、そこそこの知識があったればこそ電話指示だけでナンとかなって良かった・・・と良い方に解釈することにし、「またスキルアップしちゃったよ」程度に受け止めておくことに致します。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、あれからもう1ヶ月にもなりますか、自宅の庭先でチューリップが咲き誇っていた折の写真がありました。アップ致します。

朝日

植物は、逆光の広角も宜しいかと思って・・・(笑)

チューリップ

中望遠レンズでの背景ぼかしも宜しいかと思って・・・(笑)

チューリップ・・・・その名を聞けば、「青春の影」だの「虹とスニーカーの頃」、「心の旅」で有名なバンド・TULIPも思い出しはしますが、私はその世代ではないのですが岡林信康さんの「チューリップのアップリケ」もいつも思い出してしまいます。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月20日

今日は少し淋しいOFFの瞬間

昨夜は「いわきワクワクプロジェクト」の第一回の打ち合わせを当院二階で開催。
7月26日(土)の午後から開催される全国一斉イベント中村文昭氏監修の映画「何のために」上映会の主催準備が目的の集まり。
参加者からの活発な意見交換を耳にし、今までトライしたことのない何かに一生懸命に取り組むことの昂揚感(ワクワク感)に満たされとても嬉しい時間でした。

打ち合わせ終了からは、気取ることもなく気兼ねすることもない皆さん達と深夜まで楽しいひととき。

私は医院二階にそのまま宿泊。ぐっすりでした。(笑)

さて、本日5月20日は結婚なさる当院スタッフの退職日。
新しい命を育みながら(妊娠中)も今日まで頑張ってくれました。ありがたかったですね。

最後に記念品の贈呈と全員で記念撮影。

敢えてその集合写真はアップしませんが、いつも御世話になってるプリザーブドフラワーのカレンスタイルさんに素敵な写真立てを作っていただきプレゼントいたしました。

御祝い

ナンだかこういった写真フレームって永遠ですよね。

どれだけデジタルフォトフレームが優れてるって言ったって、やはりこういう奴には敵わない気がします。
当院で過ごした日々を時折思い出しながら、御主人と仲良く元気に頑張っていただきたいです。

一日の終わり

上の写真は、全てを終えた瞬間の医院内。
私は、用事さえ無ければ誰よりも早く出勤し、誰よりも遅く帰途に着きますが、診療終了後にある程度の照明を落として一人っきりで自分自身のスイッチもOFFにする・・・そんな瞬間が好きです。

見慣れたいつもの習慣的光景なのですが、今宵は新たなスタートをするスタッフを送り出した後だっただけに、いつもホッとするこの瞬間が今日だけは少しだけ淋しく感じられた様に思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ~気が付けば5月もアッと言う間に下旬であります。
新たな気持ちで明日の朝にはスイッチをONにすると致しましょう。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月18日

杜の都、30回目の「青葉まつり」

今日は仙台にて最新のインプラント・テクニックの講習会出席。
本来ならそこそこ天候が宜しかったのでカメラ片手に歩き回りたいところでしたけど、より良き明日に活かす為には これも仕事のウチ・・・と我慢いたしました。(泣)

いろいろと学び、またハイレベルな知識を仕入れて来てみました。
それを自分の臨床の中にどう落とし込んで行くか・・・それが大切。ただ私のスキルのみならず医院スタッフのレベルもアップして総合力で取り組んで行かないとならない様な技術でしたので、近々院内の勉強会も持つことに致しましょう。

こういった時には昨夜のうちに仙台入りし長男のところに泊まることも可能だったのですが、週末の診療終了後のロングドライブよりは早朝の爽やかな陽光に包まれるドライブを選んでしまいました。
次回には体力を温存させておいて夕暮れに疾走することも検討してみようかと。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高速を降り、仙台西道路を抜け西公園へ。
クルマを停め朝の舗道に降り立ってみました。

杜の都・仙台の「青葉まつり」1

そして欅並木が見事な定禅寺通り。

杜の都・仙台の「青葉まつり」2

住んで居た頃にはたいして意識もしてなかったのに 今では懐かしさも覚える・・・不思議な感覚ですねぇ。

ちょうど今日は仙台市民のお祭り「青葉まつり」の開催日に重なりました。
30回目とのことでしたから私が在学中からこのお祭りはあったようですが、当時はまったく興味なし。そんなモンですよね。
ちょうど昼休みの僅かな時間に繁華街へ歩を進めてみると・・・・一眼レフカメラを持って来なかったことが大いに悔やまれるシーンが展開されていたのです。(泣)

杜の都・仙台の「青葉まつり」3

ナンかいい感じでしょ?

杜の都・仙台の「青葉まつり」4

杜の都・仙台の「青葉まつり」5

ホントはこのお店に行きたかったんですけどね。(笑)

杜の都・仙台の「青葉まつり」6

ここはクルマが入れない歩行者道路の一番町通り。

杜の都・仙台の「青葉まつり」7

実は、この法被の背中を見た時には「愛姫」を「愛媛」と読み間違えてしまい、「ナンで四国から参加なんだろう?」って思ってたのですが、今こうして写真を見て初めて間違いに気が付きました。(恥)

返す返すもこの女性達に訊いたりしなくて良かったです。(笑)

写真はiPhoneではなく、常にバックに入って居るコンパクトのデジカメでの撮影だったのですが、今度はこんな瞬間のために一眼レフを持参しようと誓った爽やかな日曜日でした。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月17日

栄光よりもささやかな幸福を望む

そう言えば先日の朝刊の下部の「週刊誌見出し」に「チャゲ&飛鳥」のASKAの薬物に関する手記の様な見出しが掲載されており、「嘘だろ・・・」のような想いを抱いたばかりでした。

非凡な方の精神状況は想像もできません。

頂点を極めた人物の心のヒダを凡人の私が読み取ることなど出来やしませんが、才能豊かな方だけに残念ですねぇ。

転落とかの表現よりも、30代で極めてしまった彼が、自分自身をコントロール出来ない制御不能の心理状況に陥ったのではあるまいかと想像しちゃいます。
50代後半・・・若き日の栄光という幻影に蝕まれ忍び寄る肉体の老化に抗いたかったのか、たぶん、我々大衆は年相応に老いて行く様も含めて「スター」と認識するモノかと思いますが、御本人は違ったんでしょうねぇ。
もうちょっと自然体で枯れてってくれたら良かったのに・・・って思っちゃいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わりますが、本日の朝日新聞・土曜版。

フロントランナーとして取り上げられていた人物は水族館プロデューサー中村 元(はじめ)さん。別名、水族館再生人の方でした。

若き日に就職に失敗し挫折を味わった氏は、「常識」を信用しない様な水族館業界の異端児だったそうで、

「逆境こそ強み。弱点は武器になる」が信条

・・・だそうです。
私もまったく同感でして、順風満帆よりももしかすると自分自身を成長させてくれる「逆境」に魅力を感じます。

氏は、年代がASKA容疑者と変わらない58歳。

写真を拝見する限りちょっと何処にでも居そうな男性ですけど、とても魅力的に見えました。
知名度とか社会貢献度とか人を測る尺度には様々なモノがありますが、人間としての器の大きさで判断すれば中村氏に軍配が上がるのでは・・・そんな風に感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ピンクの絨毯の写真もそろそろ終わりとなります。(笑)
せっかくですので、御覧願えれば幸いであります。

「ジュピアランドひらた」の芝桜8

下のお子さんの年齢は2歳半前後でしょうか。

「ジュピアランドひらた」の芝桜9

私にも子供が居て、親ですから その将来的幸福を願わないなんて事はないのですが、大いなる栄光を掴む人生よりも 余りダメージの大きくない挫折から立ち直り やがてささやかな幸せを掴むような人生を望んでしまいます。
そんな感を強く持った「今日の報道」と「新聞記事」でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月16日

自転車通勤に最適なこの時季

クルマで通り過ぎてしまえば7~8分の距離も、自転車で行くとその倍の時間を要します。だけどその分、爽やかな風を感じる事ができたり、鳥のさえずりが心地良かったり、クルマでの通勤時とはまた異なる光景にも出逢うことができ・・・・

ちょっと新鮮な感覚を覚えたりしています。

季節が良くなりました。これから梅雨の時季を迎えたり、真夏の暑い盛りには難しいかとは思うのですが、夜の集まりとかがない限り自転車で通勤するようになったここ数日です。(笑)

5月も半ばを過ぎもう間もなく衣替えの季節。

自転車で通う時間帯には反対方向に向かう多くの男子高校生達とスレ違います。
今朝などは黒い学生服を着た高校生を見れば「暑いんじゃないか?」と思うし、逆に半袖のYシャツ一枚の子を見れば「流石にまだ寒いんじゃないか?」と思ったり様々でありました。

私も朝は薄い上着を着てると汗ばんだりはするのですが、夜の帰り道は肌寒いですし、ちょっと温度調節は難しいですねぇ。
朝に半袖だった高校生・・・・帰りは大丈夫だったろうかと案じた一日でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕暮れ時のサツキツツジの写真など。(笑)

夕暮れのサツキツツジ1

撮影日時は連休最終日だったように思います。

夕暮れのサツキツツジ2

この時は、その後迎えることになる本年中盤戦のスタート(7日)に向けて気持ちを切り替えようとする夕刻だったように思います。

写真に写るのはお兄ちゃんと妹さんでしたでしょうか。

子供さんの姿を見ていると、「社会の中堅選手として俺もまだまだ頑張らねばならんな」・・・な~んて自然と気持ちがリフレッシュされた そんなひとときでした。
ここは「21世紀の森公園」って言うのか「グリーンフィールド」って言うのか解りませんが、今度は自転車で行ってみようかと考えております。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月15日

名言、「昨日の自分を毎日越えろ」

人は悲しいことにどうしても他者と自分自身を比較して一喜一憂してしまうところがありますよね。少しでも秀でた自分で居ようとする事は悪いことではないかとは思いますが、上には上が居ることを考えるとそういった競争には終わりがなく、ややもすると自分自身が疲弊しきってしまうという問題点も孕むような気がしています。

確かに成長には比較の相手は必要だとは思いますが、果たしてそれが他者でなければならないのかとなると・・・

最近 クルマの中とかで聴いてる自己啓発的なCDに「けだし名言!」と思えるようなフレーズがあり とても印象に残りました。

「昨日の自分を毎日越えろ!」

比較の相手が日頃良ぉ~~く知ってる自分自身なら問題はないし、日々の小さな積み重ねとなればそう困難なことではありませんでしょう。1は100回かけても1に過ぎませんが・・・

それが1.01は10回も乗ずれば1.1になります。

気が付いた時には「平凡な自分が非凡な輩に変身」もできるのかもしれないと思ったら 自分にもできそうに思えたしそうハードルの高い事でもないように思えて参りました。
小さな事からコツコツと、今日の自分が昨日の自分を高きポジションから俯瞰できるように精進して行けると宜しいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今宵は小名浜の「酒蔵 鮭」さんで、サッカーチーム「バンディッツいわき」のサポーターの集まり(作戦会議?)があったんですよ。
今後、試合時に用いられることになりそうな選手応援横断幕の披露もあって濃密にして良い時間を過ごして参りました。

バンディッツいわきのサポーターの集まり

こんな横断幕がグラウンドの周辺を彩ってくれたら・・・更に応援に力が入りそうです。

庭先のオオデマリ

庭先のオオデマリ。
色の無いような存在に見えてはしまいますが、庭先では圧倒的な存在感を放っている存在だったりするんですよ。自然が様々なカラフルな彩りに溢れるこの時期だからこそ、逆に色が無いって言うのもそこそこ目立つ事ができるモノなんだと妙に納得した朝のひとときに撮影した一枚でした。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月14日

晩節を汚すことになりはすまいか

マンガは日本の文化って言っても大袈裟ではない様な気がします。
我々の世代で言えば、「パーマン」だの「オバQ」、「鉄腕アトム」、「タイガーマスク」もありましたし、そもそも「仮面ライダー」だって石ノ森章太郎さんのマンガがスタートだったはずです。
皆、様々なマンガに育てられた・・・って言っても過言では無いのかもしれませんね。

我が子も「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」に御世話になりましたし、最近ではそれこそ話題の出版社・小学館の「マンガ日本の歴史」にも教えられることが多々あるようでもあります。
最近では諸外国からも高い評価を得られてるようにも伺いますしね。

私だって、大人になっても「ゴルゴ13」や弘兼憲史さんの「島耕作シリーズ」等は今でも大好きですし、自分では直接経験することができない様な世界を勉強する為の有意義な教材にもなってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多くの読者に長きに渡り影響を与え続けるマンガ。

連休前から「美味しんぼ」が波紋を広げ続けてますよね。
正直、私自身には真実なのか虚偽なのか、正確に判断する基準がありません。
多くの識者と呼ばれる方々でも定説が定まらないようですから、残念ながら一般人が判断するのは難しいことのようにも思います。

ただ、福島県いわき市在住の私の周囲には誰も鼻血を出した方がいらっしゃらないし、そりゃぁ~疲れた中年ではありますが疲労感が訳もなく襲ってくる(!?)ようでもありません。
小学館は話題になり部数を伸ばせて良かったんだろうな程度の感想しか無いです。
そもそも鼻血が出るくらいなら目から耳から、もしくは口腔内の歯ぐきからなんてドバドバ出そうな話の様には思うのですが違うんでしょうか?

・・・・ナンだか釈然としない気は致します。

私も「美味しんぼ」を一時期読んでいたことがあります。
良くは存じ上げませんが、72歳になった作者の雁屋哲氏がくれぐれも晩節を汚すことなき様だと宜しいかとは思うのですが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、暗い話題は好きではありません。(笑)

ちょっと綺麗な写真で画面を彩ってみます。

水仙

これって「水仙」でいいんですよね?
我が家の庭にもあったかと思うのですが、花の名前が苦手な私としては今ひとつ自信がありません。(汗)

微笑ましいカップル

福島には人が住めないとかって言われる・・・。
上の写真はその福島県の光景に他なりません。たぶん福島原発からは直線距離にして50kmぐらいしか離れては居ないでしょう。

私には真実は何かは解らないけれど、上の光景に微笑ましさは感じるけれど違和感はまったく覚えませんでした。
早朝から仲が良さそうな素敵な御夫婦で・・・・

単独行動の私としては羨ましいぐらいでした。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月13日

いわきワクワクプロジェクト!

人の縁の不思議さをつくづく感じる昨今であります。

この3月に開催されたある講演会をキッカケに、その時の講師を務められた中村文昭さんが提唱なさる主張を拝聴して その後に意気投合した方々がいらっしゃいました。

それほど日を置かないその後に、今年から応援することになったは良いモノのどんな応援(サポート)を展開して行けば良いのか途方に暮れ(!?)ていたサッカーチーム「バンディッツいわき」にも積極的に関わって下さって、彼等には想像を遙かに超える程の手助けをしていただきました。
恥ずかしながら私自身はそんな崇高な理念を抱いている訳ではないのですが、困ってる人を黙って見てられない方って居て下さるんですよね。ありがたい限りであります。

そんな彼等が起ち上げた・・・

「いわきワクワクプロジェクト」なるチーム。

そこにこれまた縁ありまして参加させていただくことになりました。(笑)

サッカーチームの応援ひとつ取っても、一人の力はタカが知れてましょう。
そこに快く賛同して下さる皆が居てくれれば勇気も得られるし、勢いも付いて参ります。

そんな惜しみない協力のキャッチボール。

与え与えられるその繋がりが嬉しく感じられますし、それこそが彼等と出会うキッカケとなった講演会の中村文昭氏が提唱されていた「人の御縁ででっかく生きろ」の真髄では無かろうかとさえ思う今日この頃です。

ナニができるのかは未知数ではありますが、取り敢えず8名の精鋭(!?)が集うことになりました。今後 ここでも経過報告して参ります。
ご期待・・・・いただけるかどうかは解りませんが、また楽しく関わって参ります。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日曜日の芝桜の写真などをまたアップ致します。(笑)

「ジュピアランドひらた」の芝桜7

「ジュピアランドひらた」の最大の欠点かもしれません。あれこれワイドに撮ろうとすると送電線がどうしても写っちゃうのです。だったら・・・と考えて敢えて入れてみました。(笑)

「ジュピアランドひらた」の芝桜6

このお嬢ちゃんには目隠しの画像処理はしておりません。
ちょうどスマホを眼前に構えた瞬間を撮らせていただきました。

御覧頂ければお解り頂ける様に、ここまで密生させるのは容易ではないでしょう。
当院にも毎年勝手に咲く「芝桜」はあるのですが、こんな風にはなりゃしません。
地域の方々の御苦労に感謝ですね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月12日

目の前の課題を淡々とこなす

唐突な話で恐縮です。(笑)

その昔は音源は懐かしきカセットテープに録音したモノでした。それがPCの普及に伴いCDに焼いて聴くようになったり、更にそれが進化した形でiTunesで管理しながら携行用の音楽プレーヤーiPodとかiPhoneでまで聴くようになったっていうのは・・・・

考えてみたら凄いことですよね。

それが更に進化形って言うのか、今ではクルマのオーディオもそれなりに進化し、昔の6連奏CDチェンジャーなんかは無くなって、ややもすれば無くしそうな程に小さいマイクロSDカードのスロットまで装備され、そこに録音ができたりPCから詰め込めるだけ詰め込んだカードを入れれば その小さなカードに・・・

何千曲モノ音楽が入る時代になりました。

ついでに、Bluetoothで携帯電話(iPhone)を認識させておけば無線で携帯に入ってる音楽を拾って再生しちゃうというんですから恐れ入っちゃいます。(笑)
考えてみたら、マッチングさえ済ませておけば運転中のハンズフリーの電話も容易に出来るっていうんですからかつての自動車電話っていうのはナンだったんだろうっても思っちゃいます。

あれこれの進化になるべく付いて行こうかとは思いますが、次から次へと出て来るわ出て来るわ・・・・

なかなか容易ではありませんよね。(汗)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日も「芝桜」を撮影しに「ジュピアランドひらた」に向かう片道小一時間の車中、miniSDカードに録音された音楽を聴いたり、最近 iPhoneに入れて頻繁に聴いてる「中村文昭」氏の目から鱗のような内容の話を聴いたりしてました。

その中で、氏の教えになるんでしょうか、『できない理由をつべこべ言わずに、今できることをやる』という言葉に納得の行く想いをしたりしてました。

人は弱い生き物ですから、あれこれの理由(言い訳)を考えて困難から回避したがるけれど、そうでは無く淡々と出来る事を確実にクリアして行く必要性に言及され、運転しながら妙に頷いたりしてました。

何でもプラスに考えることに欠けてる凡夫の身としては、ハッとさせられるような内容で新鮮な刺激を得たように感じた早朝でした。

「ジュピアランドひらた」の芝桜5

いつもそう思うのですが、こういったピンク(上の写真)もブルーやグリーン(下の写真)も自然界のモノで無ければどぎつい色にしか感じられませんよね。

「ジュピアランドひらた」の芝桜4

風景で簡単に癒やされるってほどでもないかもしれませんが、こういった爽やかな早朝に自然に身を置きリフレッシュした状態で耳から入ってくる「教え」って心地の良いモノですよね。

昨日、充実した一日を送れたようにブログアップ致しましたが、それも早朝から『今できることをやる』と諭されたからかもしれないのです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月11日

充実の一日を過ごせて嬉しい

当たり前ですが どんな人にとっても「1日」は「24時間」でしかなくって、そのうち睡眠に当てる数時間を差し引けば実質的には18時間ぐらいしかありませんよね。
その残った4分の3を有意義に過ごすもよし、逆に寝転がってダラダラとした一日を送っても良し、各人の時間の使い方ですからそれで良いと思います。

私的には性格なんでしょうか、どうも怠惰な一日を送ってしまうと「勿体なかったかな・・・」と後悔してしまうタイプでもあります。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、5月も半ばに入って11日は日曜日でありました。今日はナンだか時間を有効に活かし、充実した一日にできたようにも思えナンだかニンマリしております。(笑)

● 早朝5時起床

昨夜遅かったのに、出掛けようと思ってたので目覚ましとか無くとも気持ち良く目覚めました。

● 6時。芝桜で有名な「ジュピアランドひらた」到着

この時間帯はさすがに・・・・ガラガラでした。(笑)

「ジュピアランドひらた」の芝桜3

● 8時に撮影終了。帰宅の途につく。

この時間になって少しずつ人が出て来ました。

● 10時。今度は自転車に乗って自転車屋さんへ。

メインテナンスを受ける。偶然に中学・高校の友人と数年ぶりに再会。

● 11時。賑わいを見せるアリオスの「パークフェス」へ

自転車屋さんからそのまま直行。こちらでは多くのfacebook友と写真なんか撮って興じる。

● 2時。母の日なので実家に親子三人自転車で

しばし歓談。(笑)

「ジュピアランドひらた」の芝桜2

● 3時。今度はそのまま歯科医院へ

鉢植えに水遣りして医院外周の草のチェックも。

● 3時半。今度は県立いわき公園へ3人でサイクリング。

こんなに良いところだとは思ってもみなかった。考えてみたら奥まで入ったことなし。(恥)

「ジュピアランドひらた」の芝桜1

● 4時半帰宅。思い立って洗車

たまには・・・・ですね。(笑)

● 5時。庭の芝刈り

久し振りに電動の芝刈り機を扱う。(笑)

● 6時。明るい時間帯に入浴してみた

至福の時を過ごす。(笑)

● 7時。アルコールを嗜み始めるのにちょうど良い時間

良い気分になる。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、芸能人の方並のスケジュールでありました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月 9日

気が付けば「繋がり」が益々広がる

人と人との出会いってモノは不思議なモノで、今宵 楽しい時間を過ごした4人の男性とは考えてみたら一年前には交わったことがない、しかも一回り以上年下の連中だっていうんだから驚きます。

ただ、普段からSNSで繋がってるせいか、旧知の間柄のようにも思えなくもないのです。

各人が各人のスタイルや距離感を持ってひとつの目標達成に尽力する・・・。
その過程でお互いの「繋がり」を強固なモノにして行ければ私にとってこれ以上の喜びはないですね。

性別に関係なく、どんな年代であってもポジティブな方々から学ぶ点が多々あることを痛感した時間でもありました。ややもすると日々の忙しさに紛れて疎かにしてしまいがちな自分の「怠惰」な部分を鼓舞していただけた気がします。

「いわき市を元気な街にしたい」

その為には各人が「ナンだか最近 楽しいよねぇ」って笑顔になれる繋がりが必要に思います。昨日と違う今日の自分が居て、明日はまた未来が開けていくような・・・そんな感覚を大事にしたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何かで読んだ事があるのですが、ポジティブな「プラスのオーラ」を放ってる人物には半径2メートル以内まで近付くとそのオーラが伝搬して来るんだそうですね。

今宵は4つのオーラを吸収して参りました。(笑)

是非ともより良き明日に活かして行きたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

連休中の4日だったでしょうか。各地でお祭りが行われてましたが海岸沿いの「江名」って街にカメラを携えて立ち寄ってみました。

江名のお祭り1

3世代・・・・だと思います。

江名のお祭り2

津波の被害から立ち上がらんとしてる江名港。

江名のお祭り3

この子達が、より良き未来を享受出来るようにしてあげるのが我々大人の役割でしょうね。様々なことを考えさせていただいた濃密な時間を過ごした5月9日の夜でした。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月 8日

クルマの運転は何歳までだろう?

新興住宅地の同じ場所で20年間も歯科医院を営んでいれば、私自身も歳を重ねることはモチロンですけど、50歳だった方は70歳へ、65歳だったリタイアなさったばかりの精力的な男性は85歳のお爺ちゃんへと変わって行かれます。(泣)
中には事故等ではなく寿命を全うなさって鬼籍に入られた方も・・・そりゃぁ~大勢いらっしゃいます。

20年と言えば「ふた昔」ですから無理もありません。

この流れに抗うことは何方にも叶わない訳だから致し方は無い事ですけれど、その20年の歳月がもたらす身体的変化は やがては私自身も向かうことを知っているので考えさせられもします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も、以前は矍鑠(「かくしゃく」ってこんな漢字なんですね!)となさっていた84歳の男性が転倒骨折が契機となり歩行が覚束なくなられたのか杖をついてお出で下さいました。
それはそれで遠方よりお出でいただけるのは嬉しいことではあるのですが、果たしてクルマの運転は大丈夫なんだろうかと少々案じてしまいました。

考えてみたら、小型の乗用車だって1トンは越えましょう。

大型の乗用車は事故を起こした際に運転なさってる御本人を助けることには繋がりましょうけれど、下手すると車重は2トンを越え・・・・

場合によっては恐ろしい凶器になり得ましょう。(泣)

お出でいただける感謝と、それと対極にある心配。
クルマの運転は何歳までと考えるのが妥当なのか・・・・個人差はありましょうけれど、判断力の低下や即座な身体運動能力の衰えを考えた際にある程度の線引きが必要なのでは無いかと考えた昼下がりでありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

似たようなケースではあるのですが、80歳間近のパーキンソン病の男性。
待合室からユニット(診療用の椅子)に辿り着くまでに相当に時間を要することがありますが、やはり2トン近いクルマを御自身で運転なさってお出でになります。(汗)

いま一度「クルマは凶器」という考えに立ち返って、御家族は心を鬼にして年長者の便利さを奪うことも検討していただけないかと考えてしまいました。

GWのアクアマリン8

我が父も、81歳まで運転をしておりました。
幸いに人を傷つける様なことはありませんでしたけれど、判断能力低下は否めずに助手席には安心して乗れなかった記憶も有ります。

省みて私自身。

大きな事故を起こしたこともなく、ゴールド免許でしたっけ、そんな感じですが、ある年齢に達した時にキチンと免許の返納が出来るかどうか・・・・。
少なくとも夜間の運転をしないとか、遠出はしないとか、子供が戯れるような細かい路地には入り込まないとかって判断は出来るようでありたいと考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真。
上の一枚は、アクアマリンの入り口にできた「クウェート・ふくしま友好記念日本庭園」の大きな窓ガラスに映る御家族です。

GWのアクアマリン7

これは、息子と参加した「釣り体験」のコーナー。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高齢になっても運転に支障を来すような身体的なトラブルに見舞われないようにと考えて、本日より季候も良くなったので自転車で通勤することに致しました。継続したいのですが・・・・

早速明日は、夜に飲み会があるのでクルマ通勤です。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月 7日

「人間力」を養いたいと思う

GWも無事に終了。今日からは今年の中盤戦のスタートとなりました。
この4日間、写真撮影の為にクルマで移動したりする際に聴いていたCDがありまして、3月のアリオスでの講演会にも息子と参加した中村文昭氏の自己啓発用のそれですが、改めて目から鱗的な教訓に感銘を覚えました。

私とて学業成績が全てではない・・・事は理解しています。

それでも、この仕事に就く為には、サラリーマン家庭で育った環境であったが為に国立大学進学が必須でしたから成績を伸ばすことに力を注いだ少年期であったことは否定ができません。
ただ、その「学び」と生きて行く為に必要な「力」・・・表現するとすれば「人間力」なるモノは根本的に異なるモノであることを理解する昨今であります。

私の周囲には、いわゆる高学歴とかではなくとも私などよりはるかに優れた人物が大勢いらっしゃいます。年齢・年代に関わらずに20代であっても30代であっても人間力に優れた方から学ぶ点が多々あります。

混迷を続ける現代社会。
言葉を羅列しただけの理想論とか机上の空論を翳してもバイタリティー溢れる人間力には敵いませんでしょう。
難しいことはナニも必要としない、ナニ事にも全力で対応し、素直な心であらゆる事を吸収し自分の血であり肉として活かしていける気概を持ち合わせたい、身に付けたい・・・そう思った4日間でもありました。

そう簡単なことではないんですけどね。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中村氏曰く、「かの松下幸之助さんにしたって学歴は高くない、彼の時代には教えてくれるハウツウ本など一冊もない、ただ素直さと"人生皆師"の精神に溢れていたのではないか」と。

要は本人の謙虚さを兼ね備えた意志の強さで人間力を高めることは可能ってことでしょうから、私のような凡夫も人間力アップの為に頑張って参らねばと思った次第です。(汗)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もアクアマリンの写真をアップします。
結局はナニをしに水族館に行ったんだと笑われそうですが、写真ばかりを撮っておったことは認めます。(笑)

水槽

広角レンズを100ミリマクロに交換して水槽内のニモ(カクレクマノミ)にチャレンジであります。

素早く動き回る魚類の撮影は難しいです。(泣)

ほとんどでピントが合いませんでした。

カクレクマノミ

こういった写真撮影・・・・嫌いなことではないので夢中になります。(笑)

人間力アップも、勉強とか学習分野と捉えればハードルが高そうに感じてしまいますが、明るく楽しく他の方々との多くの出会いの中で磨いて行けば良いだけと聴いて、ちょっと気がラクになってます。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月 6日

魅力はいつまでも色褪せない・・・

もう30年も前の話ですけど、学生時代にその後の私に大いに影響を与えて下さった作家の方がおりました。大袈裟な表現かもしれませんが学生時代の特権でしょう、「夜が白む」まで貪るようにして呼んだ著作の数々・・・・今でも忘れることができません。

「ダブルハート」、「光と影」、「リラ冷えの街」、「パリ行き最終便」、「無影燈」、「阿寒に果たつ」、「氷紋」、「廃礦にて」、「神々の夕映え」、「遠き落日」・・・・etc。

枚挙に暇がないとはまさにこのことで、本棚に並ぶ文庫本を眺めて悦に入ってた時期もありましたっけ。
晩年の氏は、いわゆる性愛小説の旗手のような扱いになってしまい、彼の晩年の作品には触れることはなくなってしまいましたが、それでも彼が札幌医大時代に日本初の心臓移植に対しての疑義を内部告発的に描いた「ダブルハート」は私には衝撃的であり、彼のデビュー時の作品群の魅力が色褪せることはありませんでした。

北海道の地に名を刻んだ・・・渡辺淳一氏。

人によっては「失楽園」とか「鈍感力」しか御存知ない方もいらっしゃいましょうが、彼の気骨溢れる初期の著作は・・・もう感動モノでありました。
機会があったら読み返してみたいようにも思ってるほどであります。

私だけではないでしょうね。大勢の方々に多大なる影響を与えたに違いありません。亡くなられたという報道に触れました。残念でなりませんね。(涙)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GW・・・4日間の連休。

後半は天候が今ひとつでしたけど、子供と自転車に乗ったりして楽しい休日でありました。

鯉のぼり

数日前の中之作・清航館の鯉のぼり。

夕暮れ時

夕暮れ時の道端の草と水が張られた田んぼの畦道。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日からまた始まる仕事の日々は本年の中盤戦でもありましょう。

養った鋭気をベースにまた頑張ってみます。

次なる目標は・・・・・・・・・お盆休みでしょうか。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月 5日

連休中、行動パターンが変わると

今日は一日がヤケに長く感じます。

それもそのはず 早朝4時過ぎから起きてますから無理もありません。(笑)
いつもの平日ならそんな事はないのですが、こういった連休中は生活のパターンが常なる時と変わったりしますよね。休みだと思うと目が覚めてしまうのです。
昨日もそうだったのですが、やはり5時頃に起きてしまい、天気も良かったことから自転車で医院に向かい事務処理仕事をこなしておりました。

到着し、いつものようにセコムを解除して入室。

数分後、ピンポ~ンと鳴らされて出てみたらセコムの警備員の方が裏玄関に。
ナンだろうかと思ったらあまりに早朝過ぎて不法侵入の疑いが持たれちゃったようです。(汗)
丁重にお詫びしてお引き取り願おうとしたらその方も職務に忠実でして、私に対して身分証の提示を求めてこられました。

宜なるかな、それで間違ってないんですよね。

むしろ確認していただけて警備を御願いしてる立場としては安心を感じましたよ。
ところがですね、私は自転車だったので免許証等を持ってなくって「酒井直樹」と証明するモノが無かったのです。(大汗)

ちょっと焦りましたよ。

幸いにスマホは持ってましたから、スマホ自体の登録電話番号をその方に表示。
セコム本部に届け出してある緊急時連絡用の電話番号と照会していただいて私が医院関係者(院長)である事を認識していただけました。

うっかりいつもの行動パターンを変化させると周囲に御迷惑をお掛けすることを知ってしまいました。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は天気が悪く行楽日和とは言えませんでしたけど、下の写真は3日の「アクアマリン」であります。
いわゆる海獣のコーナー。賑わっていて結構の混みようでありました。(笑)

GWのアクアマリン4

順路通りに巡っていくと、水面&水中の様子を見られる丸窓がありまして、可愛らしい女の子がそこからもう一つの丸窓の弟さんを覗いてまして・・・

GWのアクアマリン6

このアクアマリンは震災時に壊滅的と言っても大袈裟ではないようなダメージを被った施設であります。
数ヶ月後に復旧し再開直後に出向いた時には もうホントに「痛々しい」姿だったのですが、それから3年弱。もう完全に元通りになったばかりでなく、以前以上に活気に溢れとても良い感じでした。

復興の象徴には様々なモノがありましょうけれど、津波被害にへこたれることがないような復活劇は市民に大いなる勇気をもたらすようで嬉しくも感じられました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月 3日

初夏の陽気満開のアクアマリン

そんなにしっかりニュースを聴いてた訳では無いので間違いって事も有り得ますが、福島市では最高気温が29度だったとか・・・・。
初夏を通り越したような陽気に恵まれた今年のGWの初日。
久し振りに小名浜にある「アクアマリンふくしま」なる海洋学習施設に出掛けて参りました。

震災後、確か半年ほどで再開したこの水族館。

その時には正直 痛々しい想いばかりが溢れ、施設的にもどうにか再開に漕ぎ着けた・・・レベルでしか無かったのですが、もう完全復旧ではないでしょうか。
大勢の観客に恵まれ、とても混雑していた連休初日でした。

GWのアクアマリン1

エントランスヤードに泳ぐ鯉のぼり。

いつも御世話になってるトライアートさんが設営なさったと伺ってました。
気持ちよさそうに見事に泳いでおりました。(笑)

GWのアクアマリン2

印象的な吹き抜け部。以前はこんな風にナニかを咥えてましたっけ?

GWのアクアマリン3

群れ泳ぐ魚を見る少女。彼女はナニを感じナニを学んだでしょう・・・。
少なくとも私なんかよりは記憶に、脳裏に刻まれたことでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽しい経験をした一日だったのですが、昨夜の睡眠不足が祟って睡魔が・・・

今夜はこの辺で失礼いたします。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月 2日

IE・・・「使わないで」と言われても

IE・・・なんて書くと「?」的なところがありますが、Microsoftの閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー」の事ですよね。Windowsマシンを使ってる限り、おそらく一度は耳にし これでネットの世界を覗いたことがある筈ですが、ここに来てその脆弱性が指摘され ナニやら「使わないで」となったのには驚きました。

私自身は数年前からGoogle Chromeなるブラウザ(閲覧ソフト)にチェンジしてましたから問題は無いのですが、ナンだか影響は全世界的に甚大ですよね。
ウィルス感染、情報流出の危険性・・・・専門家に言わせると、「攻撃者がパソコンに侵入しやすい大きな『穴』が開いたイメージ」ナンだそうですが、そりゃ大変ですよね。

一般大衆が保存する写真だの文書レベルなら問題は無いでしょうけれど、それでも細かい個人情報だの秘匿しておきたいモノは困りましょう。
ましてや国家レベルの機密情報を管理してるような部署にいわゆるサイバー攻撃と呼ばれるアタックをされようモノなら大変な事態が惹起されちゃいます。

早期の解決が望まれますが、と同時に栄華を極めた巨人Microsoft社の苦悩や苦境が垣間見られた出来事でもあったように思います。

大したことないと良いですけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日から当院も4連休であります。(笑)

大企業さんの様に11連休とかにはなりようがありませんが、それでも束の間の休息に充てられるように・・・まぁ~ナニもしないで過ごすことはないでしょうけれど充実した時間を送りたいとは思います。

連休も後半となればさすがの「夏井千本桜」も終焉を迎えてることでしょう。
ほぼ一週間前はこんなだったんですけどね。

夏井千本桜7

下の写真は土筆越しに鯉のぼり・・・と思ったのですが、暈かし過ぎたのと無風状態だったこともあって洗濯物のようにしか見えませんね。(苦笑)

夏井千本桜8

夏井川沿いの土手。
轍は農作業用の軽トラックとかで付けられたモノでしょうか。

約5kmも続くとされる千本もの桜並木。

来年も、再来年も、もっとずっとずっと この時期の私にとっての風物詩であって欲しいと願います。
IEだのウィルスだの脆弱性といった大勢の人々を悩ますようなトラブルに関係なく、自然は時季が来れば淡々と繰り返してくれて裏切ることは無いんですよね。

過ちや嘘の無い自然はホントにありがたいですね。

夏井千本桜9

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月 1日

高い意識・熱い想いが求められる

1年を3分割して「序盤・中盤・終盤」に分けるとすれば、今日5月1日は中盤のスタートだったんですね。気が付けば瞬く間に4ヶ月が過ぎ去り「お正月」も遠くになりにけり・・・・ってトコでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2週間前には、韓国で未曾有の不幸な沈没事故がありましたよね。(泣)
俄には信じ難いような避難誘導意識の欠落、その船の最高責任者であるはずの船長が早々に逃げ出したとあっては道半ばで未来を絶たれた高校生達はあまりに浮かばれないように思えてなりません。

傾きはじめた船内で動画を撮っていた若人達も、最終的には映画「タイタニック」のように上へ上へと必死に逃げ回った痕跡が残っているんだとか・・・(泣)
的確にして素早い避難誘導さえあれば場合によっては船は失っても人命を失わずに済んだでしょうにやりきれませんね。
船体の違法改修とか貨物の過積載、船を安定させるバラスト水を減らしていたと聞いては、厳しく言えば先進国の体をなしてさえいないと評価せざるを得ません。
もっとも原発再稼働で揺れる我が国も他国から見れば批判は免れないかとは思いますが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、連休後半には散ってしまって もう見ることは叶わないでしょうけれど、夏井の千本桜の写真を追加します。(笑)
私は早朝に訪れてみたのですが、毎回感心することがありまして、それはこのエリアのゴミの少なさであります。

写真を撮るということは、周囲に対し被写体探しという厳しい眼差しによるチェックをし続けることに他ならないかと思うのですが、それでも気にならずに済んでいるのはこの時期にかける地元の皆さんの熱い想いの表れのように思えてなりません。

訪れる大勢の花見客への配慮はありがたい限りです。

夏井千本桜4

夏井千本桜5

上の写真も下の写真にも、遊歩道の雑然とした様は一切見当たらないと思うのですが如何でしょう?
100%は有り得ませんでしょうけれど、美しき桜を際立たせてるのは、ナニも青空だのピンクの花びらだけでは無く、地元の方々の高い意識レベルに下支えされてるのかもしれませんね。

夏井千本桜6

この韓国の沈没事故報道の陰で、マレーシア航空機の失踪騒ぎはあまり報じられなくなっちゃいましたが、船の事故で命を失った方々の遺族とまったく同じ心境で日夜案じてる大勢の方がいらっしゃることに想いを馳せてしまう本年中盤の初日でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩

Google +1