« 2019年4月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
2013年11月25日

御存知ですか? PLフィルター

最近、よく「バイアスが掛かる」という報道を耳にします。
biasはそもそもは「偏った」とか「斜めの」、もしくは名詞としては「先入観」の意味かと思いますが、どうも本来の事実がねじ曲げられ伝えられるイメージがありますよね。
あまり好ましい表現のようには思えないのですが、もうひとつ「フィルターが掛かる」ってのも対・情報や対・インターネットを考えた時にどちらかって言うとマイナスのイメージが有りませんでしょうか。

実は、カメラ用語って言うか撮影機材にも実に有効な「フィルター」が存在しまして、レンズの前面に装着するモノですけど被写体によっては欠かせないモノでもあるんですよ。

偏光フィルターってのがそれで、水面やガラスなどの光の反射が取り除かれたり、空気中の塵による反射が除かれて空が青く見える見えるようになるメリットがあります。

英語で言うと「Poralized Light」だそうで、一般的にはPLフィルターって呼ばれます。
実はこれを使うと写真が上手になったような錯覚に陥ることが出来ます。(笑)

例を挙げますね。(笑)

PLフィルター1

当院の写真なんですが、なんかキリリと凜々しく感じられませんか?
実はこの写真、PLフィルターを掛けないとこんな感じなんです。

PLフィルター2

なんかいま一歩に見えませんでしょうか?
同じく角度を変えても・・・

PLフィルター3

欅の黄葉がコバルトの空に映えて良い感じに見えちゃいます。(笑)
それが実際には・・・

PLフィルター4

決して嘘をついてる訳ではありませんが、フィルターを通すと真実が隠されたり誇張されたりもしちゃうんですよね。

ここ暫くの私がアップし続けている紅葉の写真は、曇天とか雨天の場合は別ですけど、晴天時にはほとんどがこのフィルターによっての光の調整をしてるんですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我々が本来は手にしたいと願う事実にバイアスだのフィルターが掛かるようなのは良しとしません。それと似た意味で、特定秘密保護法案に対しての漠たる不安は否めませんね。
でも、こういった写真のPLフィルターはプラスに繋がるテクニックと言うことで許されて然るべきかと思います。

今後もフル活用して参ります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.sakai-dent.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/6151

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩

Google +1