« 2019年4月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
2011年2月 9日

湯本・成田山勝行院で建築を学ぶ

私がまだ高校生の頃の話ですが、漠然とではありますが「建築」の仕事に携わりたいと考えていた頃がありました。
諸事情によって最終的な進路は変わりましたが、今でも「設計士」さんの仕事には憧れを感じます。

その憧れていた職業のプロ(一級建築士)の方から直接に様々なことを伺えるんですから、実に幸せな時間でありました。
豊田部長には、「その割に写真ばっかり撮ってて聴いてなかったじゃん ♪」と突っ込まれそうではありますけど・・・。(笑)

成田山勝行院の散策3

普段はナニ気なく見過ごしてしまうモノの中にも、あれこれの意味合いが隠されてるモノなんですね。それを教えて下さいました。(三重の塔の階段)

成田山勝行院の散策6

「鬼瓦(おにがわら)」 と 「懸魚(げぎょ)」 です。

鬼瓦は和風建築の棟の端っこに装飾だけでなく厄除け的意味合いで設置するモノ。ホントに鬼が描かれてるモノを拝見したのは初めてだったような気がします。
懸魚は、その更に下の方にぶら下がってるモノとのこと。
耐火性に劣る木造建造物においては、火を嫌うが故に水とか魚を模した装飾を施す事が多いそうですよ。屋根に引っかけたからでしょう、懸魚の懸は「懸ける」ですもんね。この他にも「蛙股(かえるまた)」っていうのも教わりましたが、どれのことやら・・・・(笑)。

ナンにでも、意味合いはあるモンですねぇ。
因みにこの写真だけは先日の節分祭の時の写真です。

成田山勝行院の散策4

こういった石の配置とかにも意味合いはある・・・と伺った事があります。

古き建築建造物といったモノは、そういった古くからの伝統やら文化の総集編とでも申しましょうか、隠れた歴史の総決算的な雰囲気があるんですね。

成田山勝行院の散策5

暖かいんでしょうね、既に梅がこんなに咲いておりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勝行院での番外編です。(笑)

成田山勝行院の散策1

このモデルさん(!?)の後ろ姿の写真を撮ってる私の姿は、コウシンさんのブログに載ってました。(笑)

成田山勝行院の散策2

haruさんに撮影法をレクチャーする「いわき百景」のしゅうさん。

「このアングルから撮ると、良い写真が撮れるんですよぉ ♪」・・・と若くって綺麗な女性には実に優しく親切にアドバイス。(笑)

次回は、私やまるとみさんにもお願いしますね!(爆)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.sakai-dent.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/5128

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩

Google +1