« 2019年4月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
2009年5月23日

SLマニア達の一喜一憂

奥会津では、大勢の同好のアマチュアカメラマンの方々にお会いしました。伺えば随分と遠方よりお出でになってる方々もいらっしゃって・・・。
全員が、SLが鉄橋を渡る その一瞬だけの為に、ひたすら待ってるってワケです。(笑)

時間経過的にお伝えすると、まず同じ鉄橋を9時半頃に気動車が通過。

第3鉄橋(1)

その後、風が収まり段々に水面が「凪ぎ」の状態になってきて「いいね、いいね」とあちこちで声が上がります。

第3鉄橋(2)

上の写真のように完全なる水鏡状態にはなったけど、肝心のSLが来るにはまだまだ間があり・・・。
やっと汽笛が聞こえてきた11時頃には・・・

第3鉄橋(3)

残念ながら水面が揺れてしまっていて、なかなか思うようには行かないものなのです。(泣)

このポイントは非常に楽な場所でして、交通量が異様に少ない県道沿いです。一喜一憂していたアマチュアカメラマン達は こんな風に三脚を立ててひたすらにSL通過を待ち構えていたのです。

第3鉄橋(アマチュアカメラマン)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年5月22日

口呼吸が口臭に繋がる

新型インフルエンザ絡みのマスク不足が起こっておりますが、当院も例外ではありません。多くの医療機関で深刻な問題になっているとの報道がありました。
特に患者さんの受け入れを要請されている一般医療機関(内科)は大問題でしょう。自身を防御する最低限の備えが満たされないのは困りモノです。

残念なことに、必ずしも供給量不足だけが問題なのではなく、一部の方々の大量買い占めが原因とも言われてます。
ヤフオクでは、買ったマスクに30倍近い価格が付いたような報道も・・・・。人の弱みに付け込むようなのはチョイと残念な気も致しますがいかがでしょう?

さて、そのインフルエンザとは異なりますが、ここ暫く鼻炎で鼻づまりの酷い患者さんがいらっしゃいました。

主訴は「口臭」。

以前からのお付き合いですが、口腔内はすこぶる良好な方で、セルフケアがなされ、喫煙・歯ぎしりといった不良因子も無い方です。
どうもお話ししてみると、鼻炎 → 口呼吸 → 口腔内乾燥 → 唾液分泌量低下 → 自浄作用低下 に繋がったように感じました。

当たり前ではありますが、鼻と口は密接なる関係があります。鼻炎のトラブルが解決されればアッと言う間に治りそうに感じました。

新緑の第一鉄橋(1)

写真は、先日と同じポイントでの縦位置です。
モチロン同時に撮った訳ではありません。都合が良いことに、このポイントは「上り」と「下り」が10分前後の違いでこの鉄橋に差し掛かってくれるのです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年5月21日

新緑の奥会津紀行

ここ数日、好天に恵まれてまして何よりです。
明日以降は下り坂になりそうと聞いて、休診日の本日、新緑の美しい福島県西部の奥会津に出向いて参りました。

目的は風景撮影。

実は、今週末の23日・24日に只見線という路線で「SL会津只見新緑号」が走る予定になっていたのですが、生憎 日曜日には東京での講習会があって断念か・・・と思っておりました。
ところが、行ってみたら本日 試運転があるとのこと。
SL撮影などしたのは初めての経験だったのですが、マニアは東日本全域から訪れると言われる理由が解るほどに魅力的な被写体でありました。(笑)

本日は、一般の列車(気動車)をアップいたしますが、数日うちにはSLもアップしてみるつもりです。

新緑の第一鉄橋(2)

冬にも訪れた場所です。以前の積雪状態と異なり 足下が宜しかったので更に高いところまで登ってみました。
タイミング良く無風状態で、自分では絵葉書のように撮れたと満足しています。(笑)

ただ・・・

情けないことに、結構の高さまで登った後は息切れがし、足がガクガクするという「ていたらく」でありました。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年5月20日

マスクが手に入りません・・・

新型インフルエンザへの警戒感が益々強まって来ているようです。
大阪・神戸では本来 人で溢れるような行楽地も閑散としているとか・・・。ニュースに映る方々は一様にマスクで感染予防に努めているようです。

ドラッグストアにも長蛇の列。
マスクを買い求める大勢の人達が行列を作っておりました。

そこで困るのが歯科医療従事者です。

既にマスクは手に入り難くなってしまっています。無理もないですよね。全国民が一斉にマスク購入に向かえば我々への供給もストップしてしまいます。
幸い、在庫があるからナンとか間に合いますが、数ヶ月・半年と長期化すれば当然困ります。
ナンとか増産体制が確立されれば良いのですが・・・。

この新型インフルエンザ。

どうも感染症の専門家の舛添厚労相への提言を聴くと、感染症法上の扱いを季節性インフルエンザと同じにすることや、機内検疫の即時中止など、根本的な方針転換を迫っているようです。

「軽症であれば、インフルエンザは自然に治る病気なので、現行の大騒ぎは異常である」という専門家のスタンス。

これは解らないでもありませんね。
確かに警戒したり、予防に努めることは必要でしょうけれど、マスコミ報道にあまりに振り回されてるように感じないでもありません。

国家レベルでの解りやすいマニュアルが作製され、過度に恐れることなく冷静に対処すべき・・・となれば宜しいかとは思います。

高校生の修学旅行も軒並みキャンセルとのこと。確かに高校生の感染が突出して多いのですから心配は無理もないことでしょうけれど、あまりに過剰な反応にならなければ良いのに・・・と思わなくもありません。

でも、万が一の事態を考えるとリーダーたる校長先生の判断は難しいですよね。

KAWASAKIの黄緑、YAMAHAの赤

KAWASAKIの黄緑、YAMAHAの赤。
モチロン、私のバイクではありません。コントラストが綺麗でした。

私の場合、中型のバイク免許は所有はしてますが、学生時代に乗っていたのは原付(50cc)のスクーター(ホンダのリード?)でありました。(笑)

思えば若かったデス。その原付バイクで「いわき~仙台」を片道5時間も掛けて往復したこともありました。(泣)

まぁ、一度で懲りて 二度と原付バイクでは帰省しませんでしたけど。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年5月19日

新型インフルエンザと歯科治療

新型インフルエンザが神戸で流行の兆しを見せています。
罹患しないに超したことはありませんが、弱毒性とかリレンザ・タミフルが効くとかの情報に触れると少しだけ安心します。

今後の感染爆発(パンデミック)に際して油断してはならないのかもしれませんが、既に専門家の方々も押さえ込むことは不可能と言ってるぐらいですから こうなったら少しでも軽く済むような対策を講じた方がむしろ良いのかもしれませんね。
若年者・高齢者、または他の疾病罹患者は体力低下に伴う重篤化の危惧はありますので十分に感染予防しないとならないでしょう。

一番怖いのは、マスコミ報道に踊らされるような過剰反応ではないでしょうか。

学校の休校始め、あらゆる公共機関・交通機関がストップすれば国民の経済活動が停止してしまいます。
神戸では「家から出ないのが一番!」と言われてるそうで、きっと歯科医院も機能を麻痺させられてることでしょう。

人々が安心して日常生活に回帰できる日が早く来ると良いですね。

我々の職業も、人との近距離での濃厚接触が仕事の中心であります。
こちらも罹患せぬよう、患者さんにも罹患させぬように細心の注意を払って行こうと考えています。

今日、話題のハイブリッド車・プリウスがデビューです。
空力特性の相似性なんでしょうか、先行のホンダ・インサイトとシルエットなんかはそっくりに見えます。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年5月18日

コーヒーに口腔癌の予防作用

我々が日頃 食後や一息つきたい時に飲むコーヒー。
私的には お茶を飲まない日もないですけどコーヒーを飲まない日も珍しい気がします。

その嗜好品として愛され続けるコーヒー。

精神的なリラックス効果・・・だけでなく、我々の身体にも有益となる効能があるそうですよ。

含まれているクロロゲン酸だかカフェー酸ってヤツは、ガン細胞の発生を抑制する作用が大きいと言われてますが、このほど胃ガン・肝臓ガン・大腸ガンだけでなく口腔癌にも効果があることが解ったそうです。

飲まない方に比べると、口腔・咽頭・食道ガンの発症リスクが5割程度低いとか・・・。飲酒や喫煙とは大きな違いがあるようです。
もっともカフェインだとかタンニンのことを考えるとやはり飲みすぎはいかがなモノかと思われますけど。

実は私の叔父が、喫茶店等にコーヒーを販売する仕事をしていて、仕事柄 当然毎日コーヒーを多飲しているはずですが、70歳を超える年齢になっても確かに叔父も叔母も驚くほど健康であります。

コーヒーが身体に良いらしいということは、叔父・叔母を見ていて薄々気が付いていたほどであります。(笑)

桜を愛でる

上の写真のタイトルを 「桜を愛でる」 としてみました。
「愛でる」という動詞はこの場合にパーフェクトに相応しいのかどうかは定かではありません。(笑)
男性の赤いセーターが彩り的に良かった気がしています。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年5月17日

異業種の方との写真サークル

かれこれ20年近いお付き合いになるのですが、私は異業種の方との少人数の写真サークルに所属しています。
時に、会費だけ払ってお休みモードになる不良会員であったり、積極的に参加する時ありで、サークルにはこれと言っての特別な制約やら強制があるワケで無し、とても居心地の良い「場(仲間)」であります。
昨晩は、年に一度のそのサークルの総会があり、仕事の後に常磐湯本温泉(フラガールのハワイアンズの近く)に一泊でありました。

同業者の仲間は勿論大事ですけど、まったく仕事から離れ 全然話題が重ならない仲間との写真談義は、私にはとても心地良い時間でもあります。
私は、みんなに教えて貰うことばかりなのですが、どうせ好きで撮るんだったら少しでも魅力的な一枚にすべく、アドバイスを貰いながらそれを明日の糧にしたいと考えたりしています。

我が家にも勿論ありますけど、ビデオカメラがどれだけ普及しようとこの「一瞬を切り取る」写真はまた永遠に別物でしょう。
年齢に限りなく楽しめるので、今後もサークル仲間と切磋琢磨して行ければと思った昨夜でありました。

イビキの凄い方には参りましたが・・・。(笑)

ふたりのツーリング

特別に珍しい風景ではないですけど、なんだか絵になるナァ~と思い、シャッターを切ったのは先月のこと。
桜の季節は終わってしまったけれど、こうやってファインダーを覗くと日本の四季折々の風景の良さが少しだけ解る気がするのです。

懲りずにトライし、どんどんアップします。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩

Google +1