« 2019年4月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
2008年8月31日

文化祭に感激・・・

本日、娘の通う高校の文化祭。
昔から地名になぞらえて「高月祭」という呼称を用いることが多い その文化祭に出掛けて参りました。

いやぁ~今どきの高校生は凄い!

私の時代には、男子校だったこともあり、今ひとつ盛り上がりに欠けた印象が強いのですが、共学になったせいなんでしょうか、男子・女子が和気藹々となって楽しんでる姿が非常に眩しかったです。
大学の学園祭のイメージに随分と近かったように感じました。

娘も、自宅での姿と異なり(!?)、入学後の数ヶ月で完全に新たな居場所を確立できていたようで嬉しく感じた次第です。
加えて、こんな機会でもないとお話しできないと思ってご挨拶させていただいた担任の先生(モチロン、私より年下)が実に感じの良い先生で、昔の高校の先生のイメージとは大きな隔たりを感じるほどでありました。

高校は、活気に溢れ、大勢の人が訪れておりました。
今頃は、参加した全校生徒が校庭に特設されたステージ上の歌に聞き惚れ、組まれたキャンプファイヤーの炎に酔いしれてることでしょう。

皆が通り過ぎて来たその高校生時代。
その真っ最中には なかなか理解できないこともありましたが、「若い!」って やはりそれだけで素晴らしいのかもしれませんね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

「早朝の風景」に思う

昨日・今日と 娘の通う高校で文化祭(学園祭? 高月祭?)が行われております。夏休み中からのめり込み、準備に明け暮れていた娘は メインとなる本日も早朝6時に学校に集合。
日曜日だからという理由ではなく、早朝過ぎて通学のバスも無かったし、雨もパラパラ降っていたので送っていってあげました。

モチロン、我が家の娘だけでなく大勢の高校生が既に登校してまして、ナンだか自分の記憶にある文化祭とは趣が異なる?・・・と感じるほどの雰囲気でありました。この後、家族で出掛けてみるつもりですが、校内もどう変わっているか 見学してみるつもりです。(^^)

さてさて、ふだんそんな時間(6時前)には出掛けたりしないので、途中で通る歓楽街(飲み屋さんが並ぶ通り)の風景は珍しかったです。
まだ、運転代行のクルマなんかが走っていたり、バビッとしたスーツを着たホステスさんが歩いてたり・・・。

通常の人々の朝の始まりが、彼・彼女達の仕事終わりの時間となるんですねぇ・・・。
当たり前に生活していると忘れたりしがちですが、考えてみると宅急便にしてもコンビニにしても、商品管理はすべて深夜の仕事と聞いたことがあります。コンビニのお弁当作りは深夜12時からのスタートらしいです。

暗い時間に働いて、明るい時間に寝る逆転の生活って結構 きついですよねぇ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月29日

同学年の芸能人

何となく同級生って言うか、同じ年齢(学年)の芸能人って気になりません? 深浦さんは若干私より上でしたが、同学年の芸能人は・・・

居ます、居ます・・・・IKKOさん。(笑)
この方って男性ですけどメイクアップアーティストとして大活躍ですよね。中途半端でなくあそこまで行けば男性冥利(!?)に尽きるんではないでしょうか?

とんねるずのお二人もそうですし、松田聖子さん・藤井フミヤさんなんかもそうだと思います。最近で思い付くのはドラマ「古畑任三郎」やNHKの大河ドラマの「新撰組」の脚本家三谷幸喜さんなんかも同学年です。
三谷幸喜さんは、チョイとあれこれやり過ぎ(!?)かとも思いますが、才能豊かな方です。今後も活躍されることでしょう。

そうそう最近で大活躍されて嬉しかったのは、 VOCALIST(3部作)が大ヒットした徳永英明さんです。彼も同学年です。

考えてみると、三谷幸喜さんと徳永英明さんが同年齢っていうのも不思議な気もいたします。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

女優、深浦加奈子さんの死

深浦加奈子さん訃報がありましたね。左の写真の深浦加奈子さん(女優さん)が今週48歳という若さで亡くなられました。
5年ほど前から大腸癌、最後はS状結腸癌とのことですが、残念ですねぇ。またお一人、貴重なバイ・プレイヤー(脇役)が居なくなっちゃいました。(泣)

特別、大ファンだったわけではないのですが、どうしても同年代の頑張ってる芸能人は応援したくなります。何故か知りませんが、私にとっては「救命病棟24時」の町医者に勤める看護婦さん役の深浦さんがとても印象に残っています。

この年齢だと、まだご両親がご健在とのこと。
順番が狂っちゃって、心痛はいかばかりか・・・。
断腸の想いでいらっしゃることでしょう。
独身だったそうですが、悲しい訃報でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月28日

「秋休み」のお知らせ

まだ8月なのに涼しい毎日が続いています。雨模様も多く、自転車通勤も途切れがち・・・。太りそうであります。(笑)

さて、お盆にお休みしたばかりではあるのですが、9月の中旬に秋休みを計画しています。院内のプチ改装と いつも頑張ってくれているスタッフの慰労が目的であります。

開院して15年。改装って言うか院内のイメチェン(死語?)を試みます。より地域の皆さんが利用しやすい空間にできれば嬉しく思います。
また、スタッフにはその間にここに出掛けて貰う予定であります。束の間ではありますが「夢の国」でのひとときを味わって貰いたいと考えました。

先月オープンのこの「東京ディズニーランドホテル」。

結構 人気が高いようであります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

トータルケア情報のスタート

こんなサイトをスタートさせます。

● 「いわき市 歯のトータルケア情報」

「歯」って、生えてきたその日から使わない日は無い、非常に身近な存在でありながら意外に知らない部分が多くありませんか?

本来、お出で頂いた際に詳しくお話しすれば宜しいんでしょうけれど、なかなか時間が取れないという現実もあります。
まだまだ未完成の「情報伝達サイト」ではありますが、知らなかったことを解りやすい言葉に替えて情報提供して参ります。今後の充実にもご期待下さい。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月26日

ためしてガッテン

明日(27日)の夜8時に、NHKの「ためしてガッテン」で歯に関するテーマが紹介されるようであります。詳しくはこのページを御覧になってみて下さい。

私も内容はよく把握しておりませんが、番組中の内容で不明点などありましたらこちらから遠慮無くご質問下さい。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

電話交換手を知らない世代

昨夜になっちゃいましたが、日本テレビ開局?周年とかのドラマで、ヒロインは戦時中の樺太の電話交換手さんだった・・・・そんな番組がありました。
実は見てはいないのですが、新聞のテレビ欄に広告が出ておりました。

その新聞を食卓で読んでいた娘が私に訊くんです。

「電話交換手ってナ~ニ?」・・・と。

無理もない・・・。
これからは知らない世代がどんどん増えてくるんですねぇ。白黒テレビもフィルムカメラも、ちびまる子ちゃんに出てくるダイヤル式の黒電話もカセットテープも、枚挙に暇がありませんが 近い将来 確実に「ナニそれ?」になっていくんでしょうねぇ。(哀)

そう言えば、先日 私の机に眠っていたパーカーの万年筆を発見した中2の息子が、そのレトロぶりに感動してましたっけ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

「宴」の終焉

アッと言う間の2週間でした。ちょうど時差もなく、お盆休みと重なったこともあり様々な感動のドラマを見ることができました。

大活躍した選手もモチロン偉かろうとは思いますが、残念ながら思った以上に結果を出せなかったアスリート(選手)も大勢居たことでしょう。いや、メダルだの入賞はホンの一握りでしょうから 大多数の方は脚光を浴びることもなく「宴」を去って行ったはずであります。

その中で、最終日の男子マラソンの佐藤選手。

同じ福島県人で、応援をしてましたが残念ながら最下位。2時間7分台という記録も出したことのある選手ではありましたが、マラソン本番当日に心身共にコンディションをピークに持っていくことの難しさを教えてくれたようにも感じました。

最下位ではありましたが、最後まで完走。

ゴールとなる「鳥の巣」では、観客の中国の方々からもひたすらゴールを目指した佐藤選手への労いの大声援があったりして なかなか良いシーンでした。

ゴールした後の彼も偉かった。

いつもそのようですが、ゴール後に振り返って一礼。その後に観客席に一礼。42㎞も走ってからなかなかできることではありませんよね。持てる全力を出し切ったんでしょうから胸を張って帰ってきて貰いたいモノです。

ベストコンディションで臨むことの大変さの中で、周囲の喧噪にも惑わされずに2冠を達成する選手も素敵でしたし、その感動を伝える松岡修造さんもなかなか良かったし、秀逸だったのは悲喜こもごものシーンをハイライトで伝えてくれていたNHKの番組です。「感動を切り取る」という映像の原点を垣間見たようで気持ちが良かったです。

4年後がまた楽しみです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月24日

言うは易く行うは難し・・・

残念ではありましたが、笛吹けど踊ってくれないような状況だったんではないでしょうか。オリンピックの「野球」は最終戦でもアメリカに負けてしまい、メダルに手が届きませんでした。

ナニが良くなかったんでしょうか?

チームプレーで臨む種目の中で、野球のみならずバレーボールも然り、サッカーも然り。男子チームはことごとく惨敗だった気がいたします。逆に女性チームの活躍(ソフト&なでしこサッカー)ばかりが目立ったこの数日ではありました。

指揮官として臨んだ星野監督の今後の去就に注目が行くんでしょうけれど、彼以外に強力なインパクトを放てる方も見当たらないように思いますし、日本野球界において事態はかなり深刻でしょう。

優勝した韓国は、結果的に全勝だったと報じられてました。金メダルは偶然ではなく必然だったんですねぇ。
一方で、メジャーリーガーを要しないアメリカチーム(言わば二軍)に2戦とも勝てなかった日本。イチローとか松坂・松井等、個人の力は突出していたりすることもあるようですが、チームとなると思うような結果を残せなかったようです。

顧みて、あまりに規模は小さくはありますが、我々歯科医院の仕事も紛れもないチームプレーであります。
恵まれたスタッフではありますが、更に最大のパフォーマンス・最大のパワーが発揮できるように采配をふるっていきたいと考えています。それもまた歯科医のとても大切な仕事のウチだと考えています。

言うは易く行うは難し・・・であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月23日

間垣親方・・・?

各界の不祥事が続きます。

大相撲のロシア出身力士である「若ノ鵬」(間垣部屋)が大麻取締法違反容疑で逮捕され、解雇処分となってしまいました。

大麻なんて 見たことも吸ったこともない(笑)ですが、国によっては別に不思議なモノではなかったりするんでしょうかねぇ。朝青龍もそうでしょうけれど、日本では認められないモノが他国ではOKだったりして、民族意識の根本的な相違っていうのがあるようにも感じます。(世界は広い・・・)

この報道でナニが驚いたっていったって、間垣親方です。

間垣親方という名前は聞いたことがありましたが、現役力士時の四股名とか顔とかが一致しなかったのですが、新聞に元横綱二代目若乃花って書いてあってビックリいたしました。

あの若乃花だったんですねぇ・・・。
現役時代の面影はまるでなく、車椅子に乗っての移動。歩く姿もありましたが、やっとの事で歩を進める状況でありました。その後にニュースをよくよく見たら確かに面影がありました。

現役時の太り過ぎの悪影響でしょうか。
どうも、力士の方って寿命が短いという気の毒なイメージがあるのですが、それとの関連性っていうか連関性ってあるようにも感じます。

現役終了時には、速やかに健康的に痩せるような指導ってなされないんでしょうかねぇ。ひとたび胃袋が拡張しちゃうと制限は容易ではないでしょうけれど・・・。
テレビ番組で人気のある大食いタレントのギャル曽根ちゃんなんか、実は非常に危ないですよねぇ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

当院駐車場から見る花火!

本日、曇天(時折雨降り)模様で気温も低く、あいにくの天候ではありましたが、当院のある「いわきニュータウン・中央台」で毎年恒例の「盆踊り」がありました。
おそらく、実行委員会の方々は相当に気を揉んだことでしょうねぇ。日中から巡回車で「開始時間を早めま~す」のアナウンスがありました。

その開始時間が早まったこともあり、その分 終了時間も早まりまして・・・。
例年、私もスタッフも帰宅してしまって見ることができないハイライトである「打ち上げ花火」をスタッフと見ることができました。

「お疲れ様ぁ~」で裏口のドアを開けたら「ドォ~ン!」。

目の前・・・って言うと大袈裟ですが、さながら特等席で見る花火のようでありました。悪天候に感謝(!?)であります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月21日

ひたむきなプレー

女子ソフトボールの決勝戦。
LIVEで見てしまいました。まぁ~見応えがありました。前日からのピッチャー上野さんの連投。(2日で3試合・409球)
いったいナニが彼女を駆り立てるのかは解りませんが、「プロ」とかではない高校球児にも相通じる「ひたむきさ」が、見て応援してる我々を「感動」へと誘うんでしょうね。昨日からの熱戦・・・・手に汗にぎりましたがホントに良かったと思います。

解説なさっていた前監督の宇津木さんも、NHKのアナウンサーの方も試合終了後には声も出ないような感じでありましたが、いくら仕事でその場所に居たっていっても興奮しないではいられなかった気持ちは良ぉ~く理解できました。

明日の「野球」はどうでしょうか?
明日、宿敵韓国とのメダルをかけた大一番がありますが、「アマ」だの「プロ」だのに関係のないチーム一丸となったプレーを見てみたいモノだと思います。
「テクニック」云々よりも「ハート」で戦って欲しいですねぇ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

2学期のスタート

学生時代からの親しい友人達4人で、私が管理人になってクローズド(非公開)のメーリングリスト(ML)を作っています。
北は酒田市(山形県)から仙台市(宮城県)・宇都宮市(栃木県)でそれぞれ歯科開業医をしてますが、仕事のことやプライベートなこと、あれこれと距離があるのでなかなか顔は合わせられませんが、やり取りをしています。

その中で・・・

子供達の2学期の開始時期の話題になりまして、訊いてみると随分と地域によって差があることが解ります。
北海道と沖縄とかなら解る気もしますが、県境を接している隣県でも違いはあるんですねぇ。本日21日がスタートという小学校もあるようです。

いわき市の公立の小中学校は来週からでしょう。高校は本日からだったようですが、長い長い2学期のスタートであります。

大人もそうですが、休んだ後の 社会復帰 には少々時間がかかります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

オレオレ詐欺の防止対策

自営で仕事をしていれば、郵便局での振り込みによる支払い依頼なんかも当然のようにあります。
昨日、家内に頼んで郵便局窓口での振り込みをして貰おうと思ったのですが、「待った!」がかかってしまいました。

家内に聞くところによれば、どうやら10万円を超える振り込み時には、本人確認ができないと通用しないらしいのです。免許証と私と家族であることの証明ができる保険証等の提示を求められたそうです。以前はそんなじゃなかったように記憶してるんですが・・・。

初めて訪れた郵便局ならいざ知らず、住宅地ということで私とも家内とも面識があって、我々が夫婦であることも解ってらっしゃる簡易郵便局(!?)でそうでありました。
いつも良くして下さる窓口担当の御婦人も さぞかしお困りのことでしょうね。おそらくは確認しないと「振り込み厳禁!」という通達がなされてるんでしょう。

それほどに「振り込め詐欺」って横行してるんでしょうか。
案外、ニュースに出ないまでも少額のトラブルは多発してるのかもしれませんね。嫌な世相を反映した郵便局での出来事でした。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月20日

パセリの効能

「雑学」に関するテレビ番組で、パセリの効能が出題されてました。そもそもパセリの役割は料理の彩りだけかと思ってたのですが違うんですねぇ。非常に栄養価の高い食材と解説されてました。(知らなかった・・・)

加えて、口臭抑制にかなり効果があるとのこと。
お寿司やお弁当なんかの緑色のギザギザの「ばらん(葉欄)」も今では飾りになってますが、本来の文字通りの植物の「欄」で防腐効果があるとの事。
同様に先人の知恵って言うモノは奥が深く、パセリを食材に用いたのにはワケがあったんですねぇ。(納得!)

我が家でも、家内が庭の鉢植えにちょこっと栽培していて、何かの折には摘んで来て活用してますが、私は苦手なんです。
今後は、認識を改めなくてはなりませんね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月18日

コンビニのATMは便利

私の診療所がある「いわきニュータウン」という新興住宅地の真ん中に、コンビニ(セブン・イレブン)が間もなくオープンします。
地域の住民の方々にとっては、近所にスーパーも銀行もなく、住環境的には不自由極まりない場所だったので朗報かと思います。

思えば、私も最近 イーバンクを利用するようになって初めてコンビニのATMを利用し始めたのですが、今までの既存の銀行と違って時間的な制約(夜7時とか8時までとか)も無いですし、とても便利です。各種の手数料も安いですし、近い将来 従来の銀行さえ淘汰されてしまうのではないか・・・という危惧さえ抱かせるほどであります。
モチロン、大手の銀行は対策を講じてようかと思われますが、中小の信金・信組なんかはどうなんでしょうか。

それにしても・・・

コンビニってありがたいですよねぇ。

キャッシュカードの使用に止まらず、公共料金の支払いもOK、宅急便の荷物も出せて、TDLのチケットも野球の公式戦のチケットも買えます。モチロン、牛乳も御握りも買えちゃいます。(笑)

まさに、その昔のCMで流れていた「開いてて良かった!」のコピー通りの存在に成長しましたねぇ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月17日

明日から後半戦!

肌寒い「お盆」の最終日が過ぎました。医療機関にとっては5連休ってそうそう無いのですが、過ぎてしまえばアッと言う間でありました。(泣)

明日からはいよいよ後半戦。

スタッフも私も十分(!?)に鋭気を養いました(養ったはず?)ので、気持ちも新たにスタートしてみます。
思えば15年前に開院した折に、「地域医療に貢献できる存在でありたい」と所信表明を何かに記した記憶があります。それを思い出し、再度 肝に銘じなくてはなりません。

また、この仕事に携わる歯科医師としての生活も円熟期とも呼べる中盤戦を迎えています。
物事の起承転結の「承」からやがてくる「転」に向けて、何事もポジティブシンキングでチャレンジしていってみようと考えています。

今後の当院にご期待下さい。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

卓球って凄いなぁ・・・

昨晩勝利した卓球女子「日本 対 香港」の一戦は見応えがありました。男子もドイツ戦で惜敗でしたが、ともにフルセットまで持ち込み、試合前半の劣勢を挽回していて手に汗握りました。
このサイトに福原愛さんをはじめとするナイスな写真が紹介されています。カメラマンの力量に感心するスペシャル・ショットという意味でも感動する写真です。

実は、娘が中学で卓球部にいたのですが、父親としては恥ずかしながらルールすら知りませんでした。ダブルスは、必ず交互に打たねばならぬ事すら知りませんでしたから・・・。(反省!)

それにしてもカラフルで激しいスポーツでした。真上からの映像を見てると狭いテーブル・エリアの何倍もの広さで戦ってることが良ぉ~く理解できました。

オリンピックを見ていると、その是非の問題もあるのかもしれませんが、うら若き女性達が日の丸というモノを背負って懸命に戦っている姿に胸を打たれます。
最終セットを一人で戦っていた平野早矢香選手の試合中の挑むような鋭い眼力と試合終了後のあまりに優しい目元のギャップが印象的でありました。

本日は予選で負けた韓国戦。
銅メダルをかけて善戦できると良いですけどねぇ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

東京オリンピック以来・・・

このお盆、今までになくオリンピックのLIVE中継を見たように思ってましたが、この時差のない、しかも「お盆休み」と重なるオリンピック開催って1964年(昭和39年)の東京オリンピック以来だそうですね。

なるほど、納得が行きました。

こういったテレビ観戦派が今年のお盆には多いそうです。ガソリン高騰で旅行等を控える人も多いらしく、ピザの宅配とかテイクアウトの売れ行きが絶好調だそうです。

疲れてる時の宅配はありがたいですよねぇ。
そりゃぁ~結構 高いですけど、出掛ける気力もない時には「ピザ&ビール」は我が家の二重丸の定番であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月16日

IEのバージョン

IEは御存知 Internet Explorer の事であります。インターネット上の情報および Web サイトを検索して表示する役割をしてくれています。

そのInternet Explorer。

本日、古いパソコンでネット接続をしてみましたらナニやらこのブログのレイアウトが変なんです。左右の細かい窓がはるかに下の方にちょこっと出てくる感じ・・・でありました。
「???」だったのですが、「待てよ・・・」と思ってIEのバージョンを調べたら「5」の段階でした。このサイトからダウンロードしてバージョンを「7」に上げたら見慣れた普通のレイアウトに変わりました。(たぶん「6」なら大丈夫)

解ってるようで解らない点が私には多々あって、ブログはモチロンのこと、毎日 使わない日が無いIEも案外 難しいモノであることを学んだ次第です。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

縁起物?

水泳で2冠の北島選手の御実家って「きたじま商店」っていうお肉屋さんだそうですね。そのお店で売ってるメンチカツが縁起が良いということで売れに売れてるんだそうです。 みんな「あやかりたい」という一心でしょうけれど、なかなかあれだけの幸運を引き寄せるだけのたゆまぬ努力なんてできるモノではありませんよね。 限界まで自分を追い込むなんて・・・・私にはできませんし、できたとしてもそもそもの限界のレベルが私の場合は異様に低いです。(笑) ※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。
Google +1

夏の風物詩

昨日は猛暑の一日でありました。夕方になりそこそこ涼しくなったのとほぼ無風という「うってつけ」の状況でしたので花火などやってみました。(^^)
火って 人をワクワクさせたりするじゃないですか。それは子供も一緒なようで我が子も魅惑的なモノを感じてたようです。(笑)

花火

一応、ネット上に素顔は良くないと考えて顔の上半分はカットしましたが、満面の笑みが溢れておりました。

どうなんですかねぇ、以前 知り合いの方が自作HPに家庭のあれこれをすべてアップして公開してるから「見てよ!」と言われて拝見したことがありましたが、クローズドのHPならいざ知らず オープンなHPに個人情報を御披露しちゃうのは抵抗を感じます。

自分の顔写真は構いませんが、家族の結納の詳細な模様とか結婚式の動画、相手の方の履歴(!?)とかまでオープンにされていてビックリしたことがありましたっけ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

摂食・嚥下障害とは・・・?

私達がふだん、って言うか毎日 無意識に行っている食物の咀嚼(そしゃく)、その後の嚥下(ごっくん)って 実はモノ凄ぉ~く絶妙なバランスの上に成り立っているということを御存知でしたでしょうか?

モチロン、私自身も毎日の食事で、噛む・舌がまとめる・喉に送り込む、な~んてことを意識してたりは致しません。
無意識に手を動かしたり立ち上がる動作時に 今この部分の筋肉に指令が飛んでここが収縮し次にはこの筋肉が・・・・なんて意識しないのと一緒です。

ところが・・・高齢になるとその絶妙なるバランスが上手く行かなくなることがあるようなんです。

誤嚥という言葉があります。

嚥下の失敗とでも言いましょうか、本来ならお腹に入っていくはずの食物が肺に入って行ってしまい、肺炎(誤嚥性肺炎)を引き起こしてしまうことを総称しての単語でしょう。
私もある講習会でバリウム入りの食物を飲み込むときのX線映像を見たことがあるのですが、高齢の方で食物が平気で肺に入って行ってしまい「むせる」状況を学んだことがありますが、そりゃぁ~酷いモノです。

「老いる」ということはそういった事が生じてくるという事でもあるんですねぇ。この日本人の死因の第4位でもある肺炎の、それまた95%を占める65歳以上の方の3分の1から半分近くがこの誤嚥性肺炎だっていうんだから厄介であります。

口腔・咽頭・喉頭って人間が生きていく上では欠かすことのできない部分であります。もちろん身体に欠けて良い部分なんてありませんが、年老いた方々の最大の楽しみは「食事」だそうですから その生命維持のみならず「美味しさ」を感じる情動刺激確保の為にも上手な咀嚼ができるようでありたいモノです。

健康・長寿。
しかも寝たきりとかでなく生き生きと健康に老いていくために必要な摂食嚥下。
ファーストフード化した食材を良く噛まずに飲み込んじゃう現代。
恐ろしいことに戦前の時代に較べると 咀嚼回数は激減(3分の1)してるというデータがあります。噛まなくなった人間は飲み込む嚥下も不得手にしてしまうという恐ろしい事実。

介護の世界では、「摂食嚥下リハビリテーション」という言葉すら頻繁に出てくるようです。今のウチから良く噛んで 健康増進の為に身体を鍛えるが如くにしっかりと咀嚼・咬合を意識する・・・。

その為には健康な歯の存在は欠かせませんね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月15日

残暑御見舞い申し上げます

猛暑の「お盆」となりました。

残暑御見舞い申し上げます。

我が家は比較的 高台に位置していて、涼やかなる風に恵まれてはいるのですが、今日は「暑いっ!」です。熱風とは言いませんがモワッとした風で心地良くありません。(辛)

こんな休みには毎度のことではあるのですが、パソコンのデータの整理整頓に勤しみます。特に撮りっ放しの家族の写真なんかは本体だけでなく何処のHDDにバックアップ(しかも複数)したかも定かではなくなってたので、キッチリと整理です。当然DVD化もして永久保存(!?)も・・・・です。

また、便利なオンライン・アルバム作製サイトにも依頼して、万が一のための紙媒体にも残します。今までも利用したことがあるのですが、オンラインで印画紙に写真化するのとかインクジェット用紙にプリントするのと違って 色合いも忠実に再現されて納得がいきます。作り込みも丁寧ですし、ナニより我が家だけのスペシャルアルバム(写真集)のできあがりですから嬉しかったりします。

写真のカスタマイズとかが苦にならない方は御利用なさってみてはいかがですか?

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月14日

「お盆」の休診中です。

昨日より17日まで お盆の休診期間中です。私も家内も地元の出身ですから我が家に帰省という文字はなく、のんびりとした時間を過ごすことができます。

それでも本日、午前中は新盆のお線香をあげに、午後からは息子を連れて流れるプールに行って参りました。
思った以上に空いてまして 泳げはしないけれどもビート板で浮かびながら流されるのを満喫できたようです。

プール  安・近・短。

子供にとっては 疲れて遠くに赴かなくとも近くで安いプールでチョイと遊ぶだけでも ご機嫌になれるようです。
水に入るって結構の疲労を伴いますよね? 今頃はぐっすりの夢の中であります。(笑)

お父さんは、連日のオリンピックで完全に寝不足状態です。アレって大会スポンサーが多いアメリカとかのゴールデンタイムに合わせてるんでしょうか?
現地時間(日本と1時間の時差)でも午前0時過ぎに試合してるなんて、選手も気の毒になっちゃいます。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月13日

売れ残った扇風機

私が学生時代から使っていた扇風機(今では寝室で使用)が、さすがに25年ほど経って壊れました。基本的には機能が単純な機械ですから簡単には壊れないんでしょうけれど、4半世紀ですから無理もありません。

扇風機。

気持ちよく寝入るためには必需品かと考えて家電量販店に買いに行ってみました。

ところが・・・・

売ってないワケではないのですが、「ナショナル」とか「東芝」とか「サンヨー」とかが無くって、耳慣れないメーカー(中国製)ばかりだったんです。担当の方に伺ってみたところ、例のギョウザの事件以来、「中国製だけが売れ残っちゃうんです・・・」とのこと。ナンとなく納得でした。

実際には問題はないんでしょうけれど、食品に農薬とか オリンピック開会式の「足跡CG合成」とか「口パクの天使の歌声」とかを聞くと、購入意欲が湧きませんでした。

来年まで団扇で我慢します。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

Amazonの心憎いシステム

最近では、本を購入するのは決まってAmazonでネット注文となってしまいました。
お世話になってる本屋さんもあるにはあるのですが、そこまで出掛ける面倒・探す手間を考えると、どうしてもAmazonとかの検索を頼ってしまいます。

以前から、Amazonのシステムには感心してました。経験のお有りの方もいらっしゃろうかと思いますが、ひとたび購入した履歴を残すと最新刊が発表された場合には「いかがですか?」と言う新たな本の紹介メールが来ます。
因みに、娘の誕生日に小栗旬クンの写真集を買ってあげたら、その後どしどし小栗旬クン絡みの通知が来ます。(笑)

今回、更に感心したのは、お盆期間中に読もうと思って佐々木譲さんの「警官の血(上巻)」を買っておいたのですが、ちょうど購入後10日ほどして「下巻はいかがですか?」のメールが来ました。

ナンともタイムリーなメールであります。

商魂の逞しさには驚かされます。(笑)

警官の血(下巻)この佐々木譲さんとの付き合い(!?)は非常に長いです。
『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞長篇部門・日本冒険小説協会大賞・山本周五郎賞を総ナメにした時には 我が事のように嬉しかった記憶があります。

歴史に絡む著作が多い方なので、それで歴史の裏側を学んだことも多々あります。教科書には書かれていない時代背景を子供にも学ばせちゃおうかと目論んでいたりします。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

悲劇、あれから23年。

8月12日は1985年に起きた御巣鷹山の日航機墜落事故の日でした。早いモノで23年。520人もが亡くなった史上最大、空前の航空機事故でしたよね。

その当時に、群馬・長野の県境付近の上毛新聞という新聞社で実際に取材記者をなさっていたのが、硬派の警察小説や社会派ミステリーの分野で活躍してる横山秀夫さんであります。
以前からこの横山秀夫さんは大好きで、映画化された「半落ち(寺尾聰さん・柴田恭兵さん)」からナニからすべて読破するほどでありました。

クライマーズ・ハイその彼が当時、実際に現場を取材した人間の視点で書かれた本がこれまた映画化された「クライマーズ・ハイ」であります。様々な人間模様を盛り込んでの長編小説。読むモノを魅了する内容でありました。

著者曰わく、「記録でも記憶でもないものを書くために、18年の歳月が必要だった・・・」そうです。

軽々に扱える内容ではないですし、それでいて物書きとしては自らが遭遇した未曾有の大惨事を書き記したいという欲望には抗うことができなかったのでしょう。

今朝のワイドショーなんかでも、昨日行われた御巣鷹山の慰霊登山の模様が紹介されてました。
「オギャー」と生まれた赤ちゃんが社会人になっちゃう23年という歳月。先日の松本サリン事件から14年目で亡くなられた河野澄子さんもそうですが、遺族にとってはどれだけ月日が流れても癒される事のない悲しみが残る・・・そう感じました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月12日

オグシオとスエマエの物語

いやぁ~昨晩・本日の女子バドミントンの試合には熱くなりました。残念ながらオグシオのお二人は準々決勝で完膚無きまでにやられちゃいましたが、午前中のスエマエのお二人は完全アウエーの会場で中国選手(第1シード)を準々決勝で破る快挙でありました。(驚)
一番驚いたのは御両人だったでしょうから、勝った瞬間に立ってられなかったのもよ~く理解できました。
(スイマセン、仕事中にテレビ見ちゃってました・・・)

スエマエ1どうしてもマスコミはオグシオのお二人に注目しちゃってましたけど、スエマエのお二人も今後 大活躍できると良いですね。
北京の地に立つまでの選手達の苦労は、語り尽くせぬモノがあることでしょう。「筆舌に尽くしがたい」、「血のにじむような」努力が報われた瞬間は 単に応援しかできない我々に大きな感動をもたらしてくれます。

学生時代の一時期に バドミントンをやっていたことがあるので解るのですが、前後・左右の動きはそれはそれは大変なスポーツです。しかも風の影響を受けないようにするために、暑い中 閉め切った会場でやってるっていうのが非常にキツいスポーツであります。

スエマエ2お二人の信頼関係が引き寄せた快挙に拍手喝采であります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月10日

夏の風物詩、「盆踊り」

本日、むしろ 風が冷たく感じられるような陽気でありましたが、地区の盆踊りがありました。住宅地の規模の小さいお祭りですが毎年の恒例行事であります。
そこに家内が息子にせがまれて出掛けたのですが、戦利品として誇らしげにテレビ朝日の子供向け番組である戦隊モノのお面をかぶって帰って参りました。(笑)

ゴーオンジャーのお面

単なるペニャペニャのプラスチックですが、

ナンと700円だったそうです。(驚!)

もっとも この時期にしか売れないモノですし、テキ屋さんにとっては稼ぎ時ですからやむを得ないでしょうね。
きっと綿アメだって400円ぐらいはするんでしょうねぇ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

フォークソング大集合

例年、この夏休みの時期にNHKのBS放送で懐かしのフォークソング大全集のような番組をやってます。
考えてみると70年代とかのリアルタイムの時代には、テレビになんかは出てなかったシンガーソングライターの方々ばかりです。
NHKに至っては、「フォーク」の存在すら認めてなかったような時代ですから隔世の感は拭えませんねぇ。私より一回り上の「団塊の世代」の方にとっては不満も多かろうかとは思いますが、こうやってオープンになってホントに良き時代になったモノです。

出演されていた武田鉄矢さんが「ギターを持ってなかったら警察に通報されてもおかしくない変なオヤジ達」と仰ってましたが、そんなことのない 羨ましいような初老のオジさん連中でした。もっとも「五つの赤い風船」の方なんかは完全にお爺ちゃんではありましたが・・・。(笑)

個人的には、ハイファイセットのボーカルの方の透明感のある声が良かったし、秋田出身の因幡晃さんが懐かしかったかなぁ・・・。
教科書にまで載ってたりするそうですが、名曲はやはり永く歌い継がれるんですねぇ。

今、神様と称された岡林信康さんが歌ってらっしゃいますが、NHKホールに響き渡る「山谷ブルース」に「チューリップのアップリケ」・・・・。
昔は発売禁止になるような曲だったんでしょうから、それはそれは信じがたい光景ではあります。

※ 因みに私自身ははるかに世代は「下」であります。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

感動の実話

先日、フジテレビの「ザ・ベストハウス123」という番組で、感動の実話を3作品取り上げてました。「1リットルの涙」とか読んだことのある本もあったのですが、その中で第一位に取り上げられていた「ゆりちかへ(ママからの伝言)」という本を読んでみました。良書でありました。

ゆりちかへ35歳という若さで脊髄悪性腫瘍(脊髄のがん)のため、余命わずかと宣告された女性が書いた左の本です。
妊娠中に発病。出産を優先し、放射線・抗ガン剤等の治療を出産後にされたテレニン晃子さん(夫がロシア人)が著者。
その一人娘の「ゆりあちゃん(2歳)」が成長するまで待てない彼女が 病魔と闘いながら一人娘への伝言として著した一冊です。

お母さんの娘への渾身の想いが伝わって来ました。

仮に、私が余命数ヶ月とかの厳しい現実と向き合うことになったとして、ましてや幼稚園児の我が子を残しての余命宣告は耐えられませんね。想いを書籍で残すという彼女の行動力を「凄い」と感じました。私にはできないと思います。

現代では、自ら命を絶ってしまう自殺者が、交通事故の犠牲者(死亡者)数よりも多い3万人も居るっていうじゃないですか。
中にはネットで連絡を取り合っただけの言わば見ず知らずの者同士で一酸化炭素中毒死(心中)という道を選んでしまうような方も居ます。

生きたくっても生きることができない、子供の成長を見届けたくても願いが叶わない方が居ることも忘れてはなりませんねぇ。
残念ながら「生きたい」という彼女の願いは叶わず、「ゆりあちゃん」が2歳になって間もなく亡くなられたそうです。(涙)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月 8日

国威発揚の「宴」

本日より、国の威信をかけた熱い闘いが始まります。昭和39年だったか、東京オリンピックの時がそうだったんでしょうけれど、我が国だって東海道新幹線とか高速道路まで準備しての初の「オリンピック開幕」だったんですモンね。中国だって「力」が入りますよねぇ。

北京オリンピック午後8時。日本のゴールデンタイムに合わせたかのように4年に一度のオリンピック開会式がスタート。
フィールドに白く光る五輪のシンボル、開催国中国の方々の まぁ~見事なパフォーマンスでありました。

全世界に配信されるこの最大規模のイベントをプロデュースしてる方って、やっぱりいらっしゃるんでしょうね。凄い才能かと思いました。モチロン、何年もかけての準備をなさったことでしょうが。

過去最多の204カ国・地域が参加だそうです。娘の社会科(地理)の教科書には192カ国って書いてあったんですが・・・・増えたんでしょうか?(^^ゞ

時差がないのでラクではありますが、内なるテロへの不安もあります。ここ数年 驚異的な成長を続けてきた中国の真価が問われる日々となることでしょう。

オリンピックは平和の祭典。

無事に閉幕することを願いたいですね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

次世代のリーダー、渡邊美樹

暑い盛りではありますが、暦の上では「残暑御見舞い申し上げます」となってしまったようです。

こんな本を読んでみました。あちこちで絶賛されているワタミの社長・渡邊美樹さんの本です。この人はホントに凄い人です。間違いなく次世代を担うリーダーのお一人でしょう。

4つの方程式この本は、氏の経験に基づく運を引き寄せる方法が公開されてます。曰わく、「運とは自分で引き寄せる」ものだそうです。社長の経験では、運を引き寄せるには4つの方程式があるといいます。

【第一の方程式】
神様が応援したくなるような努力をすること。120%の努力が人を成長させる。

【第二の方程式】
原理原則を外さない。運は確率論の中から原理原則を身につけることで長持ちできる。

【第三の方程式】
明るくしていると、人との出会いがある。

【第四の方程式】
心に一点の曇りもない。

やはり日本の第一線で活躍され成功されている方の言葉というのは、とても重みがあります。こういった経営関連の本で、子供にも読ませようかと思ったのは初めてかもしれません。それを意識してたりするのかもしれませんが、非常に平易な文章で書かれており読みやすかったです。是非、ご一読下さい。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月 7日

たまげたGoogleのサービス

恐るべしGoogleの世界戦略。

それにしてもGoogleには驚かされます。 Google Earthにも驚きましたが、今回のGoogle Mapにはビックリ仰天です。こちらをクリックしてみて下さい。自宅に居ながらにして東京のレインボーブリッジからの眺めが堪能できます。

しかもこの画像。左上の矢印とかを弄ると360度のパノラマビューを楽しめるって言うんですから驚きます。また、拡大までできちゃいます。
残念ながら当院とかの「地方」は未収載のようですが、近い将来 全国何処でも見ることができるようになるんでしょうね。(驚)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月 6日

目に悪い?

治療中の姿私は、診療の際に左の写真のような拡大鏡を用いています。本日、ある患者さんが「先生、目に悪いんじゃないの?」って心配して下さったんですが、確かに良くはないでしょうねぇ。細かいところを見る時には下げ、写真のように上げてる時もあります。

交互に使い分けてるんですから、視力も落ちるかもしれません。それでも拡大して細かいところを見ることができる・・・というのは大いなる魅力です。
今では、私の臨床に絶対に欠かせないツールであります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

「昭和」も遠くになりにけり

明治・大正はモチロンのこと、「昭和」も遠くなった感があります。本日、8月6日は「原爆の日」でありましたが、63年という歳月がそうさせてるのでしょう、メディアの取り上げ方も穏やかだった気がします。
例年、悲しいかな「あぁ~、今年もその日か・・・」程度の感慨しか持ち合わせてはおりませんでしたが、今年は新聞の社説を見て初めて気が付いたような次第でありました。

原爆に被爆された方々が高齢化し、やがて語り継ぐ者の無い歴史の彼方に追いやられてしまうんでしょうね。
私の母は横浜育ちなのですが、昭和20年3月10日の「東京大空襲」のその夜、東の夜空が異様に赤かった記憶を繰り返し私に語ってくれました。私もなるべく子供達に「おばあちゃんの記憶」として伝えてはいますが、実体験の伴わない「原爆」も「大空襲」も 人々の記憶には残りにくいことでしょう。いつかは消えて行ってしまうんでしょうね。

「原爆」に関しては、私は大きな失敗というか失礼を犯したことがあります。当院に その後何年もお出で下さる患者さんで70代の女性がいらっしゃるんですが、初めての来院の折りに、保険証の分類が「原爆公費」という状況になっていたので「広島で大変だったんですねぇ」と言葉をかけたところ、「いえ、長崎です」との返答。

すぐに非礼を詫びてニコッと笑ってはいただけたのですが、「広島」と「長崎」・・・それぞれの地で様々な想いが交錯していることも学んだ瞬間でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月 5日

ドイツ語・・・・苦手です。

よく・・・・ってほどでもないのですが、患者さんから「このドイツ語の文章、読んでいただけませんか?」とかの依頼を受けることがあります。
本日も、「ドイツ語で "井戸端会議"って何て言うの?」と訊かれたのですが、大変に申し訳ないのですが歯科医師はドイツ語は習得してはおりません。

確かに、大学の教養課程で単位は取りましたが、そこはそれ「単位を取った」にすぎず、思い起こせばお金が無くてドイツ語の辞書を買ったのでさえ試験の前日だったぐらいですから しっかり覚えてるはずもなく・・・。(笑)

その後の専門課程でもドイツ語は出て来ませんので、私だけでなく皆 理解はしてないと思います。考えてみれば、ドイツ語・英語はおろか、日本語だって満足に熟知してるわけではないのですから外国語にまで手は回りませんです、ハイ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月 4日

クルマのパンク魔

今朝ほど、いわき市内でいやぁ~な事件が起こりました。広域的な市内各所のあちこちで、クルマのタイヤを連続してパンクさせるという卑劣な犯罪がありました。被害台数は100台を超え、どうも千枚通しで次々と・・・だったようです。

当院の衛生士さんも被害に遭われ、気の毒でした。(泣)

ニュースで流れてくる国内外の遠い地域だけでなく、すぐ近くにもニヤニヤしながらタイヤに穴を開けていく輩がいるかと思うと 不気味な気がいたします。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

エスカレーター逆走

昨日、東京ビッグサイトのエスカレーター事故がありました。どうもフィギュア(フィギュアそのものを理解してませんけど・・・)の展示・販売のフェスティバルが開催されてたらしいんですが、愛好家にとっては殺到するほどに魅力的なモノなのでしょうね。

エスカレーター事故たまたま撮影されていた映像を見ていると、逆走はするわ、将棋倒しになるわのトンでもないトラブルなのにも関わらず、エスカレーターが使えないとみるや、すぐさま階段の方に脱兎の如く走っていく青年(オタク?)の姿は凄かったです。(驚)

確かに、このエスカレーターは「すし詰め状態」だったんですが、エスカレーターって そもそも全部の段に大人の男性が二人並んで乗ってしまうことを想定してないっていうのには驚きました。
2人、1人、2人、1人・・・・のように、交互に隙間を空けて乗るモノなんだそうです。

映像でもそうでしたが、1段に3~4人も乗ってたそうですから、逆走は当然ですよねぇ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月 3日

女性サーファーの悲劇

本日の休日当番医、無事に務めて参りました。

「暑い」毎日というのは、我々の体力を相当に奪うんでしょうねぇ。歯ぐきのトラブルなんかが出易くなります。
例えば、常日頃は症状の無い中途半端に頭を覗かせてる下の親知らず。周囲の歯ぐきが炎症を来し、その方にとっては今までに無かったような痛みを引き起こすことがあります。「今まではナンでもなかったんですけど昨日から急に・・・」となりますが、昨日と今日の基本的体力(まさに、カラダのチカラ)は同じではないんでしょう。そんな方の来院が続きました。

気の毒だったのは、東京から遊びに来ていたサーファーの女性です。

ボードが顔面を直撃。

唇とかの軟組織に当たらず、ダイレクトに上の前歯に当たったようで、折れてる歯あり、プラプラの歯あり、同時に内側に倒れ込んでしまっていてお口を閉じることすらできない状況の方がいらっしゃいました。
歯にも脱臼っていうのがあって、強烈な外力によって抜けてしまう状況です。少なくとも2本は確実に抜けちゃってました・・・。

明日以降も仕事どころではないでしょうけれど、いわきの海に対するイメージは相当に悪くなったことでしょう。サーフィンをなさる方は十分に注意なさって下さい。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

本日、休日当番医。

8月3日は日曜日ですが、歯科医師会の休日当番医制度っていうのがあって、いわき市内郷の「いわき市総合保健福祉センター」の「休日救急歯科診療所」にて当番を務める日となってます。

「歯科医師会ってナニやってんの?」の方も多かろうかと思いますが、少しでも市民の方々に貢献できるようにこんな事もやってるんです。
当然、「休日救急歯科診療所」って言ったって行政の方々が準備して下さるのはスペースだけですから、先輩の諸先生方が骨折って手弁当で開設に漕ぎ着けたという歴史があります。普通は自院の事でも結構いっぱいいっぱいなのに ホントに頭が下がります。

残念なのは、いわき歯科医師会には180名も会員が居るのに、休日当番に協力する歯科医師が80名程度しか居ないことであります。年長の先生方(60代後半以降の先生方)は免除されて然るべきかとも思いますが、若手(と言っても30~40代)の参加者が少ない・・・。
どんな業界もそうなのかもしれませんが、若い人達の組織離れの傾向は歯科業界も一緒であります。

そういう時代なんでしょうねぇ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月 1日

8月、暑い一日でした

8月に入り、まぁ~暑い一日でした。暑中御見舞い申し上げます。
早いモノで、今年も12分の7が終わってしまいました。ここからお盆休みが来て、子供達の二学期が始まって、9月・10月には連休なんかが結構あって、あれよあれよと言う間に年末に・・・のイメージがあります。

子供の頃には、9~12月の二学期っていうのは異様に長く感じられ、冬休みだのクリスマスだのお正月が待ち遠しかったのですが、年齢が高じてからは待ってなくともアッと言う間に近付いて来る・・・そんな感じになっちゃいました。(笑)

子供達にとっては嬉しい夏休み。

ご近所の公園では、小学生達が集う子供会主催の「ラジオ体操」が執り行われておりましたが、今の時代は7月中だけなんですよね。私の頃は首からぶら下げたカードいっぱいにハンコが押してあった記憶がありますから、8月もお盆とかは除いて連日やってたように記憶しています。

我が家の子供達も当然 夏休みですが、今の子は部活とかに結構 忙しいんですよね。もっとも息子(中2)は水泳部ですから、「いま泳がないで、いつ泳ぐの?」状態ですから無理もないのですが・・・。

先日、風呂上がりの息子を見たら、知らぬ間に逆三角形の体型で、腹筋割れの状態になり、しかも真っ黒・・・でありました。(驚)
半端でなく真っ黒で、耳の穴の中まで真っ黒でありましたっけ。非常に健康的であります。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩

Google +1