« 2019年3月
2019年3月26日

動画での『診察券アプリ』の御紹介

ナンと申しましょうか、「動画」に関するテクニックで「ひとつの山を越えた」って言いますか「ワンランク上にレベルアップ」した気がしております。(^^)

やってはみるモンですねぇ~、写真だけでなく「動画の中に動画を差し込む」ことが出来る様になりました!
これにより今回の様に見にくいiPad画面とかも別枠で表示が可能ですし、可能性は無限大に広がりました。
このテクニックを用いればインフォームドコンセントの一助として役立つでしょうし、スタッフとの企画時・撮影時のやり取り時にも更に楽しく取り組めますでしょう。

今回は、新たに導入した『診察券アプリ』なるモノの機能紹介なのですが、アプリをダウンロードした後に御登録いただく事で、下記の様に言葉で説明出来ないような相談事を"写真"や"動画"を介して御相談いただく事が可能になりました。

● 「お子さんの生え替わり時の問題」
● 「なかなか治らない口内炎」
● 「前歯部等、審美修復エリアの治療法」
● 「歯の欠損部への対処方法」
● 「歯ぐきの相談事」・・・・・etc.

当院では、スタッフ全員で今後も様々な事に取り組んで参ります。御期待下さいませ!

いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2019年3月23日

口腔がんは「早期発見・治療」が肝心

私も所属している「日本歯科医師会」、会員でありながらほとんどサイト視聴すらしたことがなかったのですが、ちゃんと公器らしく啓蒙活動もしてくれてたようです。(汗)

解りやすく纏めてある5分あまりの動画・・・・口腔がんは「早期発見」と「早期治療」が叶えば恐れずとも大丈夫な疾患です。不安をお感じの方やその御家族の方に是非 御覧願えれば幸いです。

いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2019年3月21日

咬合と認知症の密接なる関連

20190321-1.jpg先日も私と数歳しか違わない認知症加療中の60代男性が当院にいらっしゃいました。咬合崩壊状態・・・一切のモノを噛めない方でした。(泣)

写真は、バッシングって言うのか「歯科」に関してはダークな内容で取り上げられることが多い週刊誌の記事ですが、こういった事も取り上げてもらえると一般の方々の意識も変わって参りますでしょう。日頃から注意することで健康寿命が長くなればそれに越したことはありません・・・もんね。

人間は「ここ一番」って時に歯を食いしばって頑張るものだと思います。それにより脳内麻薬のβエンドルフィンが分泌され力が湧いて来るんだと認識して居ますが、それが出来なくなると・・・・生きる力さえ湧いて来ず厳しくなりませんでしょうか?

「備えあれば憂い無し」・・・家族のことが解らなくなるような日だけは迎えたくないですよねぇ。(涙)

20190321-2.jpg 20190321-3.jpg 20190321-4.jpg

いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2019年3月20日

慢性的な刺激が発がんに関与

我々の歯っていうのは大したモノで、食物を噛み切ったり、砕いたり、磨り潰すことをしながら自分自身の口腔内粘膜は傷付けないような独特な形状をして居ます。気が遠くなるような歳月を掛けてそうなって来たんでしょうね。動物の躰の仕組みってのは・・・いやはや素晴らしいモノであります。

ですが、私自身も"おっちょこちょい"な人間ですので、うっかり「唇」や「舌」を噛んで傷付けてしまうことは度々あります。
困ったモノではありますが、その場所は一定はせずに「先日はあっち、今回はこっち」って事になりましょうか。

皆さんの口腔内に、歯が欠けたり、大きなむし歯で残存部分がギザギザになってるような歯がお有りにはなりませんでしょうか?
もしくは入れ歯の針金(バネ)がよく引っ掛かる・・・なんて事は有りませんでしょうか?
実は、時々噛んじゃうのは避けられませんでしょうけれど、「同じ部位を傷付け続ける」ことは癌化という観点から非常にヨロシクないとされます。文中にもありますが「慢性的な刺激が発がんに関与する」からであります。(汗)

口腔内に心当たりがある方がいらっしゃいましたら、早急に対処なさることをお勧め致します。

BIGLOBEの記事・・・堀ちえみの「舌がん発覚」から得られる教訓

20190320.jpg

いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2019年3月18日

家族の願いが叶った2019年の春

まだまだこれからが本番なのかもしれませんが、私的には今年の花粉症は・・・殊の外「楽」であります。
毎夜 35分ほど歩いて帰宅してますが、多少の目の痒みぐらいの軽微な症状で済んでおり助かっちゃってます。(汗)

彼岸の入りだった本日、途中 安否確認を兼ねて母が住む家に立ち寄りました。
仏様にこの春 二つほどお願いしていたこともあり、その報告と感謝を伝えに・・・でもありました。
なかなか日中は時間を作ることが出来ませんが、彼岸の中日には義父のお墓にも参ると致しましょう。

故人に「守り支えられている」感を強く抱いたここ数日。
本人達の弛まぬ努力は欠かせやしませんが、やがては私自身も同様に守る存在になりたい・・・・そう願いつつ足取り軽く帰路につきました。(^^;)

20180319.jpg

いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2019年3月17日

不良習癖が引き起こす顎口腔系の不調

おはようございます。
こんなに天気が良いのに東京・銀座の地下室にて夕方までお勉強であります。
好きで来てるんですから誰にも文句は言えないんですけどねぇ。(^^;)

歯科疾患と全身との関わり・・・いや、不良習癖が引き起こす顎口腔系の不調は学びに終わりがありませんです。
たぶん、今でも大学歯学部では学問として習わない項目だと思うのですが、ってことは学び続けない限り理解出来る日は来ないってことなんです。
知的好奇心充足のためにも頑張ると致します!(^^)

そう言えば明日は歯科医師国家試験の合格発表の日であります。
・・・・長男が挑んでいるのですが、そっとしておいていただけると助かります!(爆)

20180318.jpg

いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2019年3月14日

「パイ」→「π」→「円周率」→「3.14」→「3月14日」

20170222.JPG挙動不審なFacebookでスタートした本日3月14日。
今日はナンの日かと申しますと・・・・日本では「ホワイトデー」、アメリカでは「パイの日」だそうで店頭にアップルパイが並ぶんだそうですよ。御存知でしたか?

「パイ」→「π」→「円周率」→「3.14」→「3月14日」

ってことなんだそうです。あらゆる事が丸く収まるって意味ではとても「縁起の良い日」なのかもしれませんね!

そう言えば、私は昔からフリーハンドで円(マル)を描くのが得意でした。数学の図形問題なんかの時に「俺にはコンパスなんて要らねぇ~!」って思ってたほどでした。

「✕」じゃなく「〇」が得意でホントに良かったです。\(^_^)/

いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2019年3月11日

二歳のお子さんへの加療は無理です

二歳の子に麻酔はモチロンのこと歯を削った記憶ってのも・・・・ないですねぇ。(泣)
この報道が正しければ、16本中14本も・・・しかも一気に5本も削ったなんて有り得ない話にしか思えませんし、理解に苦しみます。

確かに前歯にちょこちょこっと「進行止め」を塗ったり、無理なく出来る範囲内での「フッ素塗布」なら解りますけど、「自分の子に対して出来ないことは他所のお子さんには出来ないなぁ・・・」って感じが致します。

今から15年ほど前になりますが、私も自分の手には負えない事態と判断して救急車を要請したことがあります。
その時に、「評判が落ちる」なんて考えもしませんでしたけどねぇ。

そう言えば一昨年だったか、歯のお掃除だけの診療を終えにこやかに退室なさった御婦人がその後のお手洗いで持病の発作に見舞われ、同行されてた御主人の判断で救急車に来ていただいた事もありましたっけ。

幸いに大事には至りませんでしたが、「自分の手に負えない」時や「判断に迷って口腔外科専門医に相談」なんてのはフライング気味で宜しいんだ・・・と臆病な私は考えるようにして居ります。

20190311.jpg

いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2019年3月10日

我ながら上達したんじゃないか・・・と(^^)

ここ半年ほどで、動画を撮影する機会が格段に増えました。
「文章」よりも「写真」、「写真」よりも「動画」の方が情報伝達量が多いからに他ならないのですが、スマホで撮影、iCloudでPCと同期、ちょこっと編集してYouTubeにアップってのが異様に簡単なのと、Wi-Fi環境下であればiCloudのデータ増量分の月額130円しか費用が掛からないのも実にありがたく感じられます。

手前味噌ではありますが、我ながら随分と上達したんじゃないか・・・と思ってるんです。(^^)
「好きこそモノの上手なれ」を励みに今後もコンテンツを増やして行ければと考えております。

今回のテーマは「2019年・春の章」・・・・スタッフが細工してくれた院内を撮影してみました。

いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

「文章」・「写真」も「動画」情報量には敵わない

おはようございます。
今回のヨガ教室・・・さすがにスタッフの正面から撮る勇気(!?)もなく、最後方に陣取ったそのポイントからの定点観測・備忘録的記録になってしまいました。画面切り替えもセンス良くまとめられなかったのですが、ナンだかこういった動画編集は今後の楽しみになりそうです。(^^)

先日、ある方に「酒井さんトコはスタッフが協力的で羨ましい」って仰っていただきました。
私もそう思います。中にはストーカー的に執拗に絡んで来る男性もいらっしゃるのでHP上にも名前を出すことはしないのですが、サイトに顔を載せることを快く了承してくれる"ノリ"の良いスタッフには感謝せねばなりません。

職場の雰囲気ってヤツは、どれだけの「文章」を刻んでも何百枚の「写真」で表現しようとしても一編の「動画」には敵いやしません。マスクをして笑顔無しだったら・・・台無しですもんね。(汗)
このスタッフ達は私の財産とも言うべき方々ですので、今後も益々福利厚生向上に注力していかねば・・・なんて考えて居ります。

折しも秋の社員旅行・・・・絶賛企画中でありました!(爆)

いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2019年3月 8日

ヨガの目標到達点は各人で違って構わない

昨日、『Re.yoga Lotus (リ ヨガ ロータス)』を主宰なさってる藁谷 弘子さんをお招きして【ヨガ教室 in 酒井歯科医院】を開催してみました。

最初に「目標到達点は各人で違って構わない」と仰っていただき一気に気持ちが楽になりました。私がここ暫く学ぶ機会の多い東洋医学とリンクする点も多々あり、心身共にとても良き刺激を受けることが出来たように思います。

自らの「心」と「躰」を繋ぎ、やがて「他者」との繋がりを強めることで盤石な存在としての「チーム」に繋げていけるのかもしれませんね。

あれこれお話も伺い、それこそ「腑に落ちる」感覚を味わうことが出来ました。「腑」の意味する「心の底」を見つめ直すキッカケにしたいと思います。
一同 充実のひとときを過ごすことが出来ました。(^^)

いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2019年3月 7日

医院二階で「ヨガ教室」を企画

20190307.jpg日頃 我が子にもスタッフにも「失敗を恐れずナニ事にもチャレンジしてみよう!」などと申しておりますが、休診日の今日、そのスタッフ達と初めてのことにトライいたします。(汗)

スタッフから「やってみたいこと」のひとつとしてリクエストがありましたので、FBを通じ懇意にしてる藁谷 弘子さんに御願いして医院二階で「ヨガ教室」を企画してみた次第。

ナンでもそうだと思うのですが、悠久の歴史を刻むモノには大きな意義があると思うのです。「ココロが晴れやかにガラダがスッキリし、姿勢が整い、呼吸が穏やかに」だそうですが・・・・躰の硬い私もそうなれますでしょうか?(汗)
いや、頭の中だけで考えて否定するのではなくこの身を彼女に委ねてみたいと思います。

今後もこういった市内で活躍する素敵な女性と触れ合う機会を設けて、無限の可能性を秘めている若きスタッフ達へ"良き刺激"をもたらすキッカケになればと考えます。

それは間違ってないとは思うのですが・・・
20代のスタッフ達に交じって50代の男性・・・・つ、ついていけるかしら?
いつにも増して・・・・ふ、不安でなりません。(汗)

いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩

Google +1