インプラントはMRIも問題なしです-いわき市(中央台)の歯医者なら酒井歯科医院 │ラパークいわき最寄り

いわき市(中央台)の歯医者なら酒井歯科医院におまかせください

0246-31-1000

診療時間:9:00~12:00/13:30~18:30 休診日:木曜、日曜、祝日

0246-31-1000

診療時間:9:00~12:00/13:30~18:30 休診日:木曜、日曜、祝日

インプラントはMRIも問題なしです

インプラントはMRIも問題なしです

最近、患者さんや医療従事者の方々から頻繁に尋ねられることがあります。 「インプラントが入っている人はMRI(核磁気共鳴画像法)がダメって聞いたんですけど…」
おそらくインプラントそのものの素材や意味合いがハッキリしない為に案じていると思われますがご安心ください。一部の例外を除いて、問題ありません。

一部の例外って何でしょう?

世の中にはいろいろなことを考える方がいらっしゃって、外れやすい入れ歯を何とか磁石で外れにくくできないかな…と考えた方がいらっしゃいます。
「磁性アタッチメント」と呼ばれるものがそれで、下図のように根っこだけが残った歯や埋め込んだインプラントにキーパーと呼ばれる磁石を装着し、着脱する入れ歯の方にもう一個の磁石を埋め込み、その磁力で安定を図ろうとするのがそれです。

理に適った手法ですが、この状態でMRI検査を行った場合は磁力の影響が及ぶエリアは何も写らないのでマズいのです。(泣)
上図の「歯根」が「インプラント」である場合は「インプラントはMRI検査に適さない」と思われます。

つまりダメなのはインプラントではなく「磁性アタッチメント」になりましょうか。

こんな入れ歯が入っている方はご確認ください

何を隠そう、私の父親が実際その状態でした。鼻の病気があってMRIの検査をする際に、歯根の内部に上図のようにしっかりと接着してあったキーパーを外すことを余儀なくされました。もちろん二度と取れないように接着してあるのでやむを得ず壊して外すしかなかったのです。(泣)
次のような特殊な入れ歯をお使いの方はご注意ください。もちろんこのイラスト動画の状態なら磁石は使ってないので大丈夫です。