ノンクラスプデンチャー

歯科における素材の「進化」ってヤツも目を瞠るようなモノがあるんですよ。これはナニもセラミックばかりではなく、プラスチック素材も然りと言えましょう。
中でも、弾力性を活かしたノンクラスプデンチャーは、特に少数歯欠損の「部分入れ歯」のケースで威力を発揮してくれます。
イメージが湧きにくかろうかとは思いますが、当院にはサンプルもありますので、まずは触れてみてご確認いただければ・・・と思います。


カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス