口腔がんとは?

口腔がん検診口腔がんとは口腔領域内にできる「がん」のことで、出来る部位により舌癌・歯肉癌・口底癌・頬粘膜癌などと呼ばれます。
他の癌と同様、原因は飲酒喫煙などの生活習慣であったり、大きな鋭縁を伴うようなむし歯の放置による口腔粘膜への持続的な刺激や、口の不衛生なども原因になったりするのです。
実は日本での口腔がんの死亡率は、なんと46.1%にもなり、これは、胃がんや乳がんを大きく上回っていて、日本は先進国の中でも口腔癌による死亡者数が年々増加しているのです。

その原因は...残念ながら認知度の低さにあります。
口腔がんはがん全体の数%であるため、日本ではがん検診をやっていても口腔癌まで確認することは少ないのです。また初期の症状は・・・・
・ただの口内炎だと思っていた
・痛みがないので放っておいた

などの理由から発見が遅れ、手遅れになるケースが非常に多くなっています。
口腔癌の種類等は、こちらのコラム『あって欲しくない「口腔癌」の見分け方』でも取り上げておりました。御覧下さい。
 

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス