ホワイトニング編

ホワイトニングに関して「Q&A」を纏めてみました。

種類とそれぞれの特徴は?
ホワイトニングにはどんな種類があるのでしょうか?
オフィス or ホーム、それぞれ詳しく教えていただけますか?
オフィス or ホーム、それぞれの利点・欠点を教えてください。

仕組み、費用、期間、そして効果のほどは?
ホワイトニングは歯を削ることや、表面を溶かすことで白くなるの?
費用はどのくらい掛かりますか?
ホワイトニングはどれくらいで治療が終わりますか?
どのくらい白くなるのですか?
白さはどうやって判定するのですか?
ホワイトニング効果は永久ですか?

こんな時はどうしましょ?
知覚過敏の様なしみる痛みが出たときはどうすれば・・・・?
白い詰め物や被せ物、神経の無い歯も白くなりますか?
歯のクリーニング(PMTC)だけで歯を白くすることはできますか?
ホワイトニングは痛みがあると聞いたのですが・・・
ホワイトニングをしても白くならないことはありますか?

出来なかったり上手くないケースは?
ホワイトニングが出来ない人はいますか?
妊娠中や授乳期の場合にはホワイトニング出来ますか?
子供にホワイトニングをさせたいのですが出来ますか?
ホワイトニング中の食べ物の制限はありますか?
寝ている間にホワイトニングは可能ですか?
2時間以上の使用は出来ますか?

Q.ホワイトニングにはどんな種類があるのでしょうか?

A.
ホワイトニングには歯科医院内で行うオフィス・ホワイトニング、御自宅で行うホーム・ホワイトニングの2種類があります。

Q.オフィス or ホーム、それぞれ詳しく教えていただけますか?

A.
whitening-guard.jpgオフィス・ホワイトニングは高濃度の薬剤を使用します。
従って歯科医院内での処置が必要となります。この薬剤は歯肉に触れるとやけどのような症状が出ますので、写真のように歯肉の保護を行ってから処置します。
薬剤を歯面に塗布し、こちらのような機械を用いて光を当てることで活性化させホワイトニングを行います。1回の処置で15分×2~3回行い、個人差もありますが1~2時間程度で白さを実感することができます。

一方のホーム・ホワイトニングは低濃度の薬剤をジェル状にした物を皆さまの歯列に合わせたカスタムトレーに入れ作用させます。ご自宅で行っていただきますので好きな時間に自分のペースでホワイトニングを行うことができます。通勤時間や仕事中、家事をやりながら行う方もいらっしゃいます。こちらも個人差はありますが、1日2時間の装用をしたとして約2週間程度で白さを実感することができます。
メーカーさんが提供して下さってる実際の手順をYouTubeで御覧になってみて下さい。

Q.オフィス or ホーム、それぞれの利点・欠点を教えてください。

A.
オフィス・ホワイトニングは高濃度の薬剤で作用させますので即効性がありますが、知覚過敏のような痛みが出る可能性が高くなります。また、色戻りも比較的に早いと言われてます。
一方で、ホーム・ホワイトニング時間が掛かりますが、痛みが出る可能性が少なく安全性も高いです。こちらはじっくり作用させることで色戻りもゆっくりだと言われてます。
御自身の必要性に応じて、例えば週末に控えたイベントの前に・・・といったような使用法が可能なのでホーム・ホワイトニングを私はオススメしています。

Q.ホワイトニングは歯を削ることや、表面を溶かすことで白くなるの?

A.
ホワイトニングは歯を削ったり溶かしているのではなく、薬剤の成分(過酸化尿素10%)が歯の内部に浸透し、歯の中にある着色物を分解することによって歯の色を明るく見せます。
例えばマグカップに茶渋が付いていたとします。その茶渋を除去する行為が歯科医院で行われる歯面清掃(クリーニング)、マグカップ自体の色を明るくするのがホワイトニングと考えていただければわかりやすいのではないでしょうか。

Q.費用はどのくらい掛かりますか?

A.
残念ながら保険適用外なので自費治療となります。歯科医院で施術するオフィス・ホワイトニングと御自身が家庭でなさるホーム・ホワイトニングでも金額は異なります。本数や上の歯だけか上下なのかでも異なりますので、詳しくはこちらを御覧下さい。不明点があればこちらからお尋ねいただければと思います。
私が通常オススメする御自身でなさる上下のホーム・ホワイトニングの場合、消費税込みで3万円ぐらいとなります。

Q.ホワイトニングはどれくらいで治療が終わりますか?

A.
症例にも因りますが、ホーム・ホワイトニング(御自宅で行う方法)で約1か月、オフィス・ホワイトニング(歯科医院で行う方法)なら3~4回ほどで効果を感じる方が多いようです。ただし、個人差が大きいのも事実です。お急ぎであれば、歯の状態に応じたできるだけ早い方法をご提案させていただきますのでまずはこちらからご相談ください。

Q.どのくらい白くなるのですか?

A.
shade-guide-advance.jpgどなたでも現在よりは白くはなりますが、日焼けのようにはどのくらい色の変化があるかの事前予想は正直難しいです。
こればかりはナンとも言い難いのですが、ご希望の白さと一致しない場合もモチロンあります。(元野球選手のような真っ白さはホワイトニングでは難しいです)
右の様な測定機械で術前・術後の色は計測致しますが、自然な明るさになる程度・・・とお考えください。
特に毎日のように御覧になってると色の変化といった曖昧なモノは比較が難しく実感を得にくいという欠点もあります。口腔内写真も撮影はし比較できるようには致しますが、条件の違いでハッキリしないところがあるので機械で測定するのが一番かと思われます。

Q.白さはどうやって判定するのですか?

A.
従来と異なり、ありがたいことに今では機械のような物(上の写真や左端)が色を明確に判定してくれるようになりました。詳しくはこちらを御覧下さい。

ホワイトニング

機械で色を測ると裏側の小さなウィンドウに歯の「色」の番号のようなモノが表示され確認出来ます。こいつは優れモノで、晴れの日でであろうが曇天&雨天であろうが、または太陽光であれ蛍光灯下であれ主観的なモノに惑わされることなく正確に色調を判定してくれます。

Q.ホワイトニング効果は永久ですか?

A.
残念ながら、ホワイトニングの効果は持続しません。コーヒーを多飲なさる方、カレーやミートソースを好まれる方等、個々人の食生活環境に大きく左右されることは御理解願います。
それらの個人差(生活習慣や歯の質による)はありますが、半年位で色戻りを感じる方もいらっしゃれば2~3年経過しても効果が持続する方もいらっしゃるようです。
少し色戻りを感じた時点で繰り返しのホーム・ホワイトニングを何度も行えば白さは維持できます。

Q.知覚過敏の様なしみる痛みが出たときはどうすれば・・・・?

A.
しみるのが酷い場合にはご連絡下さい。ホワイトニングと並行して知覚過敏抑制剤を含んだ歯磨剤(シュミテクト)などをご使用いただく事で緩和を図ります。

Q.白い詰め物や被せ物、神経の無い歯も白くなりますか?

A.
詰め物や被せモノにはホワイトニング剤は反応致しません。かといってモチロン悪くする事もありません。金属については酸化により黒くなることがあるようです。面倒ではありますが、金属のある歯にはホワイトニング剤を接触させないように注意しながらカスタムトレイにホワイトニング剤を注入願います。
神経の無い歯(無髄歯)は神経の有る歯(有髄歯)と比較すると時間は掛かるようですが、ホワイトニング効果を得ることは出来ます。

Q.歯のクリーニング(PMTC)だけで歯を白くすることはできますか?

A.
歯の表面の着色の場合は、クリーニング(PMTC)だけできれいになります。
歯の内部的変色や本来の歯の色以上に白くしたい場合は、ホワイトニングやセラミックなどの方法を用いないと白くすることは出来ません。まずはクリーニングをなさって、それで納得が得られない場合にホワイトニングをチョイスされることをお勧めしております。

Q.ホワイトニングは痛みがあると聞いたのですが・・・

A.
痛みの感覚は個人差が大きく、同じ薬剤でも痛みがある方とない方がいらっしゃいます。当院ではホワイトニングの方法を調節するアドバイスをしたり、場合によっては知覚過敏抑制ジェルを併用する事をお勧めしたりしながら、多くの方がそれほどの苦痛なくホワイトニングを行っています。
私自身の経験としては、同じように歯に薬剤を触れさせているのにまったくナニも感じない時もあれば、時にはジーンとした感覚を覚える時も有ります。

Q.ホワイトニングをしても白くならないことはありますか?

A.
詰め物や差し歯などの人工の歯や極端にグレーに変色している歯はホワイトニングをしても白くなりません。このような歯を白くすることをご希望であればセラミックなどの審美歯科治療をおすすめしています。
また、変色の度合いが強い場合、歯に茶色の縞模様が存在している場合はなかなか白くなりません。とは言えホワイトニング方法の調節で目立たなく改善は出来ますし、患者さんにも御満足いただく結果を得ています。あきらめずに一度御相談下さい。

Q.ホワイトニングが出来ない人はいますか?

A.
むし歯の酷い方、知覚過敏が強い方、歯周病の症状がある方はすぐにホワイトニングをする事が出来ません。まずはそれらの治療を優先させましょう。またホワイトニング剤の成分に対しアレルギー反応を生じてしまう方は残念ながら出来ません。

Q.妊娠中や授乳期の場合にはホワイトニング出来ますか?

A.
残念ながら出来ません。胎児や赤ちゃんへの安全性が確立されておりません。授乳期を終えた後でのホワイトニングを行って下さい。

Q.子供にホワイトニングをさせたいのですが出来ますか?

A.
出来ません。二十歳未満の方への安全性は確立されていない為に、ホワイトニングは原則として禁止されています。

Q.ホワイトニング中の食べ物の制限はありますか?

A.
食事制限は特にありませんが、ホワイトニングをなさった直後に色の濃い食べ物(カレー、ワイン等)を摂取すると色が付きやすくなります

Q.寝ている間にホワイトニングは可能ですか?

A.
厚労省の認可がされておりません。カスタムトレイ、ホワイトニング剤の誤嚥・誤飲の可能性もあることから就寝中のホワイトニングはご遠慮願います。
もっとも・・・・諸外国におけるホワイトニングは、同じ薬剤を用いての「ナイト・ホワイトニング」が主流と漏れ聞きます。それだけ日本国内では厳しい制限が掛けられてるって事かと思いますが、国が保証する使用法をしていただくのが正解かと思われます。

Q.2時間以上の使用は出来ますか?

A.
諸外国では大丈夫なようですが、日本国内での使用は薬事法上認められておりません。一日最大で2時間までと決められております

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら