静脈内鎮静法編

Q.「静脈内鎮静法」って眠っちゃうことなの?

A.
基本的には全身麻酔ではありませんので眠っちゃうのとは異なります。寝惚けてるようなボーっとした感覚でしょうか。リラックス状態になると人によっては実際に寝てしまう方もいらっしゃいますが、意識があっても治療中の記憶がところどころない場合もあります。その点が全身麻酔と大きく異なる点です。
治療終了後は、当日帰宅も可能です。手術中に会話が可能だったりも致します。

Q.「静脈内鎮静法」をすると痛くなくなるの?

A.
そうではありません。痛みを和らげはしますが、静脈内鎮静法だけで無痛になる訳ではないので通常の治療同様の麻酔(抜歯と同じ量)は必要です。
静脈内鎮静法は、あくまでも不安解消策とお考え下さい。
局所麻酔で「痛み」を取り除き、静脈内鎮静法では恐怖や不安を軽減することになります。通常の麻酔もしますので、手術は全くの無痛です。

Q.「静脈内鎮静法」はどんな人におすすめですか?

A.
基本的にはどなたでもご利用いただけます。特に、歯科治療に対して苦手意識や恐怖心が強い方や高血圧や不整脈などの既往がある方にはおすすめです。
心身ともにリラックスした状態でスムースに治療を受けていただくことができます。

Q.「静脈内鎮静法」って余計に時間が掛かるの?

A.
そんなに長い時間は掛かりません。
点滴のセット(術前)と覚醒(術後)に若干の時間を要するだけです。(合計30分前後)
点滴のための血管の確保が上手くいかない場合には、その分少々時間を要するようです。

Q.「静脈内鎮静法」の手順とその安全性は?

A.
血圧・脈拍・動脈血酸素飽和度などをモニターで監視しながら点滴で鎮静薬を使用します。
しばらくすると緊張や不安感がとれてリラックスした状態になってきますのでその間に治療を行います。1回の鎮静で行う処置時間は1時間半から2時間が目安になりますでしょうか。
専門知識を有し経験豊かな口腔外科の教授に静脈内鎮静法の管理をお願いしておりますのでご安心下さい。
また、生体監視モニターで血圧・心拍数・血中酸素濃度などを常にチェックし、場合によっては抗生剤も添加しますので、術後の回復という観点からも優れています。
当院では各種モニターで常に状況を監視しながら専門知識を有する口腔外科教授が静脈内鎮静法を管理しておりますので、今までトラブルは一切ございません。

Q.「静脈内鎮静法」に要する費用は?

A.
当院では、現在、複数歯以上の埋入の方の場合には特別な費用は頂戴しておりません。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

プライベートなBLOGはこちら