レーザー治療編

Q.レーザー治療ってどんなモノ?

A.
レーザーによる治療は、強いエネルギーを持った特殊な光を患部に照射して行う治療です。患部組織に吸収された光が熱エネルギーに変化して治療効果をもたらすようです。
メリットとしては、キーンという音がせず痛みも少なく、副作用的な要素がなく、鎮痛効果等の即効性があってすぐにその場で従来の治療法との違いを実感していただける点などが挙げられます。
むし歯治療で歯を削る際だけでなく、化膿して腫脹した歯ぐきを無麻酔で切開(実際には粘膜を蒸発させる)も出来るようになりました。

「レーザー治療が可能な治療」はこちらへ

 

Q.痛みを抑えるだけなの?

A.
レーザーならではの効果は、痛みの抑制だけには止まりません。例を挙げると、歯ぐきを切開する時などにレーザーを用いると出血量を抑制でき、術後の疼痛を格段に減らすことが可能、しかも傷口の治りは格段に宜しいと言われます。
これらは、レーザー治療の持つ「止血効果・殺菌効果・細胞活性化効果」の現れと言えるかもしれません。レーザーは切開した傷口を熱効果で処理して塞ぐと同時に止血をし、かつまた殺菌消毒もしてくれます。それだけでも傷の回復は宜しいのですが、傷口周辺への適度なる刺激は細胞を活性化して新陳代謝を促す効果があります。

Q.治療は痛くないの?

A.
ゼロではありませんが、痛みはほとんど感じません。
レーザー治療は、ほとんどの治療を無麻酔(麻酔無し)でできるほどに痛みを最小限に抑えられます。麻酔による痛みや不快な思い・恐怖を感じることが少ないだけでなく、殺菌効果があり処置後の早い治癒も期待できます。

Q.以前のレーザー治療は痛みが出たようですが?

A.
その原因はレーザーから発生する熱が原因だったと言われます。
当院のEr:YAG(エルビウムヤグ)レーザーは先端から水をスプレー状に噴きつけて患部を冷却しながら治療していくので痛みが少ないと言われています。(さらにレーザー麻酔効果もあるといわれています)
Er:YAGレーザーは、生体の持っている水分に反応し、その水分にレーザーが当たると一瞬にして蒸発していきます。そのため、痛みを感じることなく素早く治療することができます。

『むし歯治療で認可のある「Er:YAGレーザー」』はこちらへ

Q.治療時の独特なあの不快音はしませんか?

A.
キィーンと歯を削る音は何方にとっても苦手なモノで敬遠してしまいますね。恥ずかしながら私自身もあの音は苦手であります。レーザー治療は不快音が極めて少ない治療方法です。

Q.振動はどうでしょうか?

A.
今でも通常の切削はそうですが、歯をいわゆるドリルなどで物理的・器械的に削る際には不快な振動などは必ず伴いました。
当院のEr:YAGレーザーによる治療は、レーザー光で組織を蒸発(蒸散)していくので基本的には振動はありません。ドリルが回転するあの「キィーン」や「ガリガリ」と歯を削る振動音もなく、ストレスの少ない治療が可能となりました。

Q.どんな歯の治療が可能なんでしょうか?

A.
レーザーのみならず医療器具には厚生労働省によって使っていい治療が決められています。
レーザー治療には特に副作用と指摘されるようなモノがありません。口内炎治療にも歯周病治療にも、入れ歯や傷の治療にも、抜歯後の止血や歯ぐきの手術にも使えますし、むし歯やインプラントのメインテナンスにもあらゆる治療への応用が可能であります。
具体的にどんな治療に使用可能なのかはこちらの『レーザー治療が可能な治療』を御覧下さい。
因みに現在、歯を削ってよいと認可されているのは当院にあるEr:YAGレーザーだけです。

Q.保険は適用になりますか?

A.
モチロンです。小さなむし歯を切削する治療にも使うことが出来るようになっております。ただし、レーザーも万能選手ではありません、欠点もあります。残念ながら通常の削る機械に比べると切削に恐ろしく時間が掛かるのです。よって、小さなむし歯ならOKなのですが、大きなむし歯や痛みの出てるむし歯には効率が悪過ぎて用いられません。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

プライベートなBLOGはこちら