口腔がん検診について

口腔がん検診

酒井歯科医院では口腔がん検診を始めました。

日本では毎年約7,000人が口腔がん(咽頭含む)で亡くなられています。

口腔がんをご存知ですか?
舌や頬の粘膜など主に口の中にできるがんのことです。

舌にできる舌がん、歯ぐきにできる歯肉がん、頬の内側にできる頬粘膜がんなどがあります。喫煙や尖った歯などの刺激により発症するといわれることもあります。

初期の口腔がんは痛みや出血などがなく、口内炎や歯周病と思って放置してしまうケースも少なくありません。

口腔がんも虫歯と同じ早期発見と早期治療が大切です。

当院は現在、福島県内で唯一口腔がん検診が実施できる施設となっています。

口腔がんとは?

口腔がん検診 口腔がんとは、口腔領域内にできる「がん」のことで、できる部位により、舌がん、歯肉がん、口底がん、頬粘膜がんなどと呼ばれます。

他のがんと同様、原因は飲酒や喫煙などの生活習慣であったり、虫歯の放置や、口の不衛生なども原因になったりするのです。

実は日本での口腔がんの死亡率は、なんと46.1%にもなり、これは、胃がんや乳がんを大きく上回っていて、日本は先進国の中でも、死亡者数が年々増加しているのです。

その原因は...認知度の低さにあります。
口腔がんはがん全体の数%であるため、日本ではがん検診をやっていても口腔がんまで確認することは少ないのです。

また初期の症状は
・ただの口内炎だと思っていた
・痛みがないので放っておいた

などの理由から発見が遅れ、手遅れになるケースが非常に多くなっています。

口腔がん検診とは?

口腔がん検診口腔がん検診では、患者さんのお口の中を隅々までチェックします。
お口の中をすべてチェックする事で、患者さんが自覚できない病変等を見つける事が可能です。

また、口腔がんは、発見が遅れると患部を大幅に切除しなくてはならなくなり、発声や発音に障害が残ってしまう可能性が高まります。

しかし、早期発見・治療できれば切除範囲はごくわずかになる為、障害は残らない場合が多くなっています。定期的に検査をし、口腔がんの早期発見と治療を実現します。

口腔がんは早期発見・治療ができれば命を落とすケースは少ないのです。

年に1回は口腔がん検診を受ける様にしましょう。

口腔内蛍光観察装置とは?

口腔がん検診 口腔内蛍光観察装置は、特殊な光を照射することによって病変組織を発見することができる装置です。

検診時は、光を当てるだけで痛みは全くありません。

口腔内蛍光観察装置独自の青色スペクトラムとは口腔内軟組織の自然な蛍光発光に反応します。
健康な組織には特定な蛍光発光パターンがあります。病気や傷などがあるとこのパターンは見た目で判断できるほどに変化します。

口腔内蛍光観察装置を使うことで、肉眼による目視では見逃しがちな変化などに対応した幅広い口腔内の異変が発見できます。

※異常の疑いがあるような場合には、遠隔で専門医のサポートが受けれる口腔健診ナビシステムへ画像を送信し、専門医のサポートを受けることができます。



口腔がん撲滅委員会Webサイトはこちら

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス