« 2018年10月
2012年10月12日

顔パスが本当に可能になる時代

最近のニュースの中で、遠隔操作ウイルスが話題になってます。
考えてみるとこれはとても恐ろしい話で、知らぬ間に自分を語られて犯罪に手を染められてしまう・・・・動かぬ証拠として個人が所有するパソコンのIPアドレスを辿られての逮捕劇。まったく身に覚えのない容疑者(本来は被害者)は突然に身柄を拘束され、犯罪者に仕立て上げられてしまってましたよね。

ネット社会に潜む「暗部」というのか「闇」が浮き彫りにされたような気がします。

で、そのニュース報道に接し、先日 クルマの運転中に何気なくラジオを聴いてた時の ちょっと興味深い話を思い起こしました。

個人認証の話です。

【 指紋認証 】

個人の識別として、我々一般人が連想するのは まずは指紋ですよね。
昔と違ってコンピューターでの管理でしょうから相当に精度が高いのかと思いきや、そうでもないらしいです。いや精度が高いのは間違いないんでしょうけれど、昨今の印刷技術、すなわちはプリント技術の向上で指先にシール状のフィルムを貼られてしまうとダメらしいのです。

【 虹彩認証 】

で、その後に開発されたのが目の虹彩。
アイリスと呼ばれ、黒目の内側、瞳孔よりは外側のドーナツ状の部分での認証。
1000億分の1の誤差だそうで 注目を浴びたらしいのですが、コンタクト装用でダメだったそうです。

【 掌(静脈)認証 】

次は、確か手のひらだったような・・・静脈を透かし見ることで個人識別をするんだそうです。これは装置が大変でダメだったって言ってたような・・・。

【 顔認証 】

で、いま現在 注目を浴びているのが顔認証だとのことでした。
ナンでも、骨格で識別していくので、同一人物であれば年齢が高じても大丈夫だし、仮に表面的な整形手術を施されても大丈夫なんだそうです。
換言すれば骨格を弄るような整形をされてしまえばダメって事なんでしょうね。歯科でも顎骨の形態修正は口腔外科レベルでは頻度高くなされる手術かと思うので、どうなんでしょうか。
目下のところは99.7%の認証率だそうで、今後の精度アップが期待されるとのことでありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

顔認証だと、手を翳したりする事なく、ナニかを覗き込むこともなく、単に映像から判別されるんでしょうけれど、と言うことはその辺を歩き回っていても監視カメラで追尾されることにもなりかねませんね。
満員電車でもその車両に乗り合わせた人物特定なんかがなされる時代が来るんでしょうか。

実に恐ろしい時代が近々やって来そうです。

ま、悪い事しないからそうなってもナニも問題はないのですが。(笑)

夏井の翁杉、媼杉

写真は、夏井駅そばの諏訪神社の「夏井の翁杉、媼杉」です。
花粉症の私は、春先には絶対に訪れたくない空間です。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年9月22日

自然の猛威に晒された一日でした

子供の頃から、何度こういった暴風雨の恐怖を経験したことか・・・(泣)。
九州・沖縄エリアを始め、今回被害が大きかった中部地方の方々ほどではないにしても、今日一日は恐いぐらいの風雨でありました。

やっと通り過ぎてくれたようです。

それにしても 虫 っていうのは凄いですねぇ。
強い雨が降り続いてる時には泣き止み、それがやっと通り過ぎたかと思った頃からは常なる秋の夜を思わせるように喧しく鳴いておりましたっけ。

ホッとしたのも束の間、今度は10時半過ぎに久方振りの地震。
携帯の緊急地震速報アラームを聴いたのは、ここしばらく無かった気がします。
ドキッとしましたねぇ。雨で地盤が緩んでるところに揺れが来ては穏やかではありません。原発周辺も含めて被害が無いと宜しいのですが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨のピークは午後から夕方だったんでしょうか。
予約の患者さんには気の毒ではありましたが、当院スタッフにも気の毒しちゃいました。帰宅する際には おそらくはびしょ濡れだったんじゃなかろうかと思います。(泣)

台風通過1

スタッフを送り出し、医院に一人になってから駐車場方面を撮影してみました。

私が自宅へ戻る8時頃には、ちょうど台風の目に入ってたんでしょうか、時折横殴りの雨にも見舞われはしましたけど、院内から屋外を見てた時ほどでは無かった気がします。

それでも風で木々が飛んで来たり、車体が揺れようモンならその瞬間には自然の怖さを感じましたねぇ・・・。

台風通過2

こちらは中央台鹿島。

台風通過3

こちらは中央台飯野。ドンキの交差点です。
ここは高台なんですが、横断歩道上にも相当の雨量が・・・。

本来、写真なんか撮ってる場合ではないのですが、悲しい条件反射のようなモノでありまして・・・(泣)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我々は、自然に対し畏怖の念を抱きつつも、時に忘れて過ごしてる日々も多いんではないかと感じます。
猛烈な雨。 立っていられないような風。 そして恐ろしい地震。
しばらくの間 忘れていたモノを思い起こさせてくれたような一日でした。

明日は晴れると良いですねぇ。

息子が通う小学校の6年生は、明日は修学旅行と伺いました。
この春から運動会をはじめとして小学校時代最後の様々な行事が無くなったり、転出した同級生が居たりと、随分と辛く淋しい想いをして来たんですから、せめて明日は爽やかなる秋空の下、羽を伸ばさせてあげたいモノです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年4月 6日

祝、やっと水が出始めました!

ま、まだチョロチョロなんですけどね。(笑)

それでも、出たことは出た!

8日からの工事と発表されてましたから 期待はしてなかったのですが、何度も水道のレバーは弄ってたんですよ。(恥)

たぶん、ニュースにも上らないけれど、水道局・水道工事の方々・自衛隊の方々の協力・・・・皆さんの大変な御苦労があったんでしょうね。
伺えば、中央台地区はほぼ茨城県との県境に近い浄水場からの給水だったそうです。何十kmもの道のりには、老朽化した本管(直径70~80センチ)の断裂箇所が相当あったことでしょう。復旧に手間取ったのも無理はありません。

御尽力下さった皆さんには、心より感謝せねばなりませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思わず、家内に電話して報告しちゃいました。(笑)

それでも、この水圧ではまだ難しいので、スタートは明後日からでしょう。
さぁ、スタッフに連絡して、御協力いただかないとなりません。
みんなで ちょっと長目の春休みを頂戴しておりましたが、今後は総力を挙げて医院復興をしていかねばなりません。

起承転結の「転」。

酒井歯科医院の第二幕は もうまもなくです!(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年3月30日

エッ、第二原発 廃炉じゃないの?

公的なデータに基づく判断ではありませんが、私個人の感覚からすれば、震災後のいわき市民の人口は一時的に大幅に減少したように感じています。

震災後に生じた長期の断水のため、生活(炊事・洗濯・入浴・トイレ)に支障を来し 遠方の親戚・知人を頼ったという理由もありましょうが、ナニより原発トラブルに因る被曝不安が最大の理由だろうかと思います。

私の自宅や医院周辺も、震災一週間後には大人の私が不安を思えるほどのゴーストタウンと化してました。(泣)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな中、震災後3週間近く経過して初めて会見に臨んだ東電の最高責任者である勝俣会長の発言に耳を疑いました。

福島第一原発・1~4号機の廃炉に言及したのは、言わば当たり前ですよね。
それが、第5・6号機や福島第二原発の廃炉に関しては言及しなかったのには驚きました。

震災後、楢葉町・大熊町・双葉町等の半径20キロ以内に居住されていた住民の方々は避難所を転々とさせられて命を縮めるほどに疲弊しきっていることでしょう。(泣)
身内が行方不明になりながらも それを捜索することすら出来ない、仮に捜索できて発見できたとしても放射能数値があまりに高くって除染してからでないと遺体収容もままならぬという現実があります。(泣)

周辺地域でも農家・酪農家の皆さんが涙し、我がいわき市内でも屋内待機・県外退避を真剣に考え、また職を失ってる方も大勢出て来ていたり本気で転出(引っ越し)を考えてる方々も大勢いらっしゃるという現状があります。

それでもなお、第二原発を稼働させますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我々は、地震・津波は天災ですから甘んじて受け入れます。
水道局・水道工事の方々も被曝を恐れながらも屋外での作業に昼夜を問わずに従事して下さってます。これには本当に頭が下がります。
だもの、断水なんて我慢できます、しちゃいます。

ただ、私には原発トラブルは人災としか思えません。

人として、して良いことと いけないことがありましょう。

確かに、計画停電等の不便さを首都圏の方々に強いることになるんでしょう。
ただ、本当に電力不足が逼迫した状況にあるんであれば、ゴールデンタイムのテレビ放送を休止するぐらいの我慢はして然るべきではないでしょうか?
そうすれば恐ろしく節電効果があるんではないでしょうか。

今回の原発トラブルに起因する電力不足・・・福島県民は一切使用していない電力かと認識して居ます。
首都圏の方々は、辛いかもしれないけれど、原発周辺住民の大いなる苦痛・苦悩の上に電化生活が今成り立っていることを どうぞ御理解下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、今まで政治的な運動に参加したことはありません。
ただ、今後 第一原発5・6号機と福島第二原発の稼働反対運動のうねりには積極的に参加します。我々の次世代・次次世代に同じ苦痛を二度と繰り返し経験させてはなりません。

・・・・いかん、震災後のストレスなんだろうか。
どうしても東電の方々の会見を見ていると血圧が上がってしまう・・・(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年3月28日

語り継がねばならぬ悲惨な現実

その行動が、やがて自分自身にどんな想いとして跳ね返ってくるのかは見当もつきませんが、昨日 津波が押し寄せたいわき市の海岸沿いに出向いて参りました。
中には自衛隊の方々による行方不明者の捜索が始まったばかりのエリアもありましたので心中は穏やかにはなれません。

モチロン、皆さんのブログ写真とか報道では ある程度の惨状を見知っては居ましたが、現実の姿はやはり想像を絶しますね。(泣)

道路の真ん中を塞ぐ流された家。
埠頭の上に載っかってしまった小型のタンカー。
小名浜港の産業道路(片側4車線?)に鎮座した大型の作業船。
そして、風に舞う砂塵・・・。

たぶん、地震のその直前まで お客さんとのやりとりに威勢の良い掛け声がこだましていたであろう魚介類の直売店。それらがかき消されて二週間も経つのに、まだ全くの手付かずの所も多々あったように思います。
思えば昨年の12月。仲間達と風光明媚なそのエリアを 楽しくサイクリングなんぞしていたその日から3ヶ月ほどしか経っては居ないのですね。(泣)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は写真を一切撮りませんでした。
写真撮影を否定してるのではありませんで、その気になれなかった・・・が正直なところです。「報道」という視点に立ち、後世に対して広くあまねくこの悲惨な現状を知らせ伝えていくのは決して間違った行為だとは思いません。
ただ、私には「恐怖」が先に立ってしまって撮影することが出来ませんでした。

その点、自問自答しながらも「報道する」姿勢を持ち、正確な現実を描写し伝えようとなさった貝泊写真倶楽部の館長さんのブログを御覧いただけば、上辺だけではない被災地の真の姿に近づけるかもしれません。

医院の鉢植え1

断水が続く中央台では、大事にしていた医院外周の鉢植えにさえも水遣りが出来ませんでした。それでも葉ボタンは困るぐらいの成長を見せてましたね。

医院の鉢植え2

太陽の光は目映いのですが、視線を地面に下ろすと現実が見えて来ます。

恐怖を感じてもその事実から目を逸らしてはいけないかとは思うのですが、不安も感じた昨日でした。

おそらく、私は生涯これ以上の恐怖を覚えるような悲惨な現実に直面することはないと思います。
記録こそ一切残しませんでしたが、悲惨な光景はしっかりと脳裏に焼き付けました。

ゼロからのスタートではなく、海岸エリアはマイナスからのスタートです。
いつの日にか津波の恐怖が風化し、風光明媚な環境を取り戻した暁には、例により「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」的発想で風景を撮影していくことにします。

ここしばらく 「がんばっぺ、いわき!」 の声を方々で耳にしますが、我々いわき人には「頑張りましょう!」より訛ったこっちの方がはるかにしっくり来ちゃいます。
微力ながら復興の気運に協力を惜しまないつもりで居ます。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年3月24日

集英社の粋な計らい「ジャンプ」

こんな時に、こんな時だからこそ・・・・・でしょうか。

子供達に人気のある「週刊少年ジャンプ」。
14日発売号は当たり前でしたが、被災地には届きませんでした。
(因みに新聞も郵便も未だに届きません)
被災地だけではありませんね。おそらく東日本の広域に渡って道路事情は壊滅的ダメージを受けてますから広いエリアに届くことはなかったんでしょう。

連載マンガですもん、出来れば抜かすことなく読みたくなりますよねぇ。(笑)

で、今日 ある方のtwitterのタイムラインを追ってたら、週刊の「少年ジャンプ」(14日発売)の第15号が、集英社の粋な計らいで無料でパソコン上で読めることを知りました。

やってみましたけど、比較的容易に全部が読めるようですよ。

少年ジャンプ

被災地の避難所に居る少年達には届かないかもしれないけれど、いわき市のように特に屋内待機圏内でなくとも屋内に居たくなるようなエリアの少年達にとっては朗報かもしれませんね。

阪神淡路大震災の時には、考えもしなかったようなことが出来るようになった進化したこの時代。ネットによるマンガの配信・・・・凄いことですよねぇ。

ま、それでも「水」はまだ出ないんですが・・・・・・。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年3月13日

想像を絶する「未曾有の大震災」

続く余震、鳴り響くサイレン、低空飛行のヘリコプター音、そして「災害復旧」目的の自衛隊のメガクルーザー数台・・・・。
まるで映画のシーンを見てるような気になります。(泣)

多くの方々に御心配をお掛けしましたが、私は取り敢えず無事であります。

ただ、いわき市も甚大なる被害(現在で64人死亡)に見舞われたことは間違いありません。
宮城・岩手、そして福島県浜通りの北部・相馬市の被害が想像を絶するほどだったがために映像にこそ出ませんが、当市でも相当数の方が津波やその後の火災にやられたようです。(泣)

津波に見舞われたエリアが、復旧にどれだけの歳月を要するのか私には見当もつきません。
当院は、本日も家族総出で院内の整理をしまして明日以降に備えることができました。断水が続いている間は不自由ですしモチロン仕事にはなりませんが、家や家族を失った方に比べれば食事もどうにかなり、自宅の暖かい布団で普通に寝られるので贅沢なんてとてもじゃありませんが言える状況ではありません。

残念ながら当院スタッフの御自宅が津波に完全に流されました。
被災直後はみんなと一緒に医院に居りましたが、帰宅させたら その後になかなか連絡が繋がらなくなり、本日になって避難所でやっと会うことができました。
また、自宅に危険性が生じて車中生活を余儀なくされているスタッフも居ります。

身近なところからの支え合い・・・・。

幸いにして我が家は大丈夫だったので、せめてスタッフのみんなを全面的に支えてあげようと考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

季節は春。
空を見上げると心地良い風が吹き渡って良い陽気なのに、地表は大惨事に見舞われてるなんて・・・。
まるで夢を見てるような錯覚を覚えます。


下の写真は当院院長室・兼カルテの保管庫です。
ラックが傾いておりますが、実はこれでも壁に固定はされていたのです。アンカーが壁ごと抜けたような状況でした。
当初、この部屋があまりの散乱状態でドアが開かず、机上のパソコンに辿り着けませんでした。数十分の格闘の後、ドアが開いてここまで辿り着けた際、パソコンが奇跡的に無事だったのをみて その場にへたり込みそうでした。

それでも、建物が水に流されるでなく、家族総出で容易に元通りに出来ました。
この程度は決して大変ではないのですね。
恥ずかしながら、実際に経験してみて初めて「被災」の実態が理解できた気がします。(泣)

未曾有の大震災・・・・本当に恐ろしい話でした。(泣)

当院の被害はこの程度で済みました

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年3月11日

どうにか無事であります(泣)

地震で多大なる被害を被った方も大勢いらっしゃるでしょう。
お見舞い申し上げます。
当院、外壁に亀裂が入ったりもしましたが、ライフラインは大丈夫。
ただ、院長室(作戦司令室)の本棚が倒れ、壊滅状態。
ただ今、やっと命の次に大事(!?)なパソコンに辿り着くことができました。
書類が散乱してるだけですから、大きな被害に遭われた方からすればたいしたことはありません。

幸いに、クライアントPCは何台か落下しましたが、メインはOK。
プライベートなPC関連・データ関連・カメラにダメージがなく安堵いたしました。
携帯が繋がらない気はしますが・・・・。

皆さんの無事をお祈りします。
当方、家族のいる自宅は停電が続いては居りますが、結構 楽しむぐらいの余裕があり、ホッとしてます。

明日は、個人的都合で休診予定でしたので、幸いだったとプラスに考えることにしています。

Google +1
2010年12月27日

同じ福島県なのにこうも違うかと

今でこそ、磐越自動車道なる高速道路が完成して、ここいわき市(磐)と新潟市(越)を東西に繋ぐルートの代名詞になりました。
でも、十数年前には国道49号線という道路がその代表格の座にあり、モチロン今でも人々の交流に欠かせない道路ではあります。

その国道49号線。

子供の頃のイメージとしては、峠を越え、谷を渡るように日本海と太平洋を結んでる唯一の国道って感じだったでしょうか。

クリスマス明けの週末。

同じ福島県下でありながら 新潟県との県境に程近い、西会津と会津坂下の中間地点辺りで、大雪のため300台ものクルマが立ち往生。一夜を明かしたそうです。
24時間で 1メートル近くも積もったって言うんですから、スキー場関係者には朗報かもしれませんが、尋常ではない降り様だったんじゃないでしょうか。

驚きますね。だって本日のいわき市は日射しが強く、車内だったら暖房も要らないぐらいの陽気だったのに・・・・です。

夕刻のジム帰りに、カーラジオが告げるニュース。

自衛隊派遣だの災害派遣だのといった単語が出てましたから、相当の状況なんでしょうね。巻き込まれた人達が、大事に至ることなく「おぉー寒かったぁ!」、「ビックリした!」ぐらいで救出されると良いですね。

「越の華」さんの「にごり酒」

こういった人々の生活に欠かすことができない道路の御陰で、新潟からのお酒なんかが運ばれてくるんでしょうねぇ。
写真は、ある方がまるとみ酒店さんで購入し私に下さった「にごり酒」。
ありがたく、美味しく頂いております。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年9月28日

「調べる側」が「調べられる側」に

郵便不正事件。この事件の詳細はよく解らない部分があるのだけれど、どうも厚労省の村木局長っていう女性が身柄を拘束されたようだ・・・ってことは解ってました。

検察・マスコミのターゲットにされてた時には 申し訳ないけど彼女をいかにも「悪そうな女性」って目で見ちゃってませんでしたか?
私は報道を見ていてそう思えてなりませんでした。(反省!)

厚労省の村木局長の穏やかそうなお顔

それが無罪確定となってからは、いかにも善良そうな女性に見えてくるって言うんだから不思議であります。
善良そう・・・どころでなく、人柄の滲み出てるような発現からも良識のある方って思えますよね。
それなのにが、大阪地検特捜部による「でっちあげ」だの「証拠隠滅」の被害に遭っちゃって、お気の毒にこの事件の最大の被害者だったことでしょう。

それでも、記者会見時に、「これ以上、私の時間を奪わないで欲しい・・・」と穏やかなる口調で語られたのが彼女の有する品格の高さだったんではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

検察(大阪地検特捜部)が揺れてますね。

今まで、マスコミを操作するように悪者を作り出し(冤罪事件)て来た側が、逆にフラッシュの砲列に晒されて、自分達が狙われるという事態にきっと眠れぬ夜を過ごしていることでしょう。

ま、それは冤罪ではなく、歴とした犯罪なのですから仕方がないんでしょうけれど・・・です。
フロッピーを改竄したのは地検のエースと呼ばれていた方らしいけど、エースがチームそのものを壊しちゃったってところでしょうか。

その彼が犯した罪は、あまりにも「重い十字架」を検察という組織に課すことになりましょう。

大地にしっかりと根を張る

ナニを信じれば良いのかが解らなくなる世の中ではあるけれど、市井に根を張り実直に日々を送る人々も大勢居ることは間違いないでしょう・・・。そう願いたいモノです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年8月 4日

100歳以上の行方不明・・・って

100歳を越える長寿となれば、「お目出度いことこの上ない」ことだとばかり思ってましたけど・・・・。(泣)

現実はそうでもなかったんですねぇ・・・・。

113歳の東京の方を筆頭に、全国各地で醜聞が吹き出してきてるようです。
どうなんでしょう、役所で正確なる安否を把握してなかったと言うことは、正式な死亡届を出してないと言うことでしょうし、つまりは然るべきところ(火葬場)で荼毘には付してないということになるんでしょうか。

それって・・・・・どういうこと?

行方不明ということは、亡くなられている可能性が大きいって事でしょうけれど、その場合に御遺体の扱いは・・・・。(泣)

そうまでして不正の年金とかを受けたいのでしょうか。

朝露に濡れる

低年齢化する凶悪犯罪もモチロン問題でしょう。
それが・・・・100歳超の長寿者の係累となれば既に確実に高齢者の域に達してる方ばかりでしょうに、善悪の判断は付かなかったのでしょうか。

実に「情けない」ニュースじゃありませんか・・・・。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年8月 2日

人気の「ポケットドルツ」を注文

朝日新聞の土曜版にも取り上げられてました、ポケットドルツ。

女性のランチタイムのお供にピッタリなんでしょう、この春の電動歯ブラシの市場規模が、このポケットドルツの御陰で前年比2.5倍になったというほどの売れ行きなんだそうです。
私も宿泊時のお供として購入(ネット注文)してみました。(笑)

ポケットドルツ

約7割の20代女性が、外出時(昼食後)にはブラッシングをなさってるそう。
通常用いられるであろう普通の歯ブラシを オシャレな電動歯ブラシに持ち替えて貰おうというのが狙い目での企画が出発点とのこと。
その特長は・・・

● 高さ16cm&グリップ径2cmのコンパクトでスリムな形
● 本体一体型のキャップ付き
● 充電不要の乾電池式
● そのままポーチに入れて、どこにでも持ち運びが可能
● 周りが気にならないよう、電動ハブラシ特有の音も軽減
● 一見、電動ハブラシには見えない、コスメのようなデザイン
● 化粧ポーチになじみ、ファッションアイテムのように携帯可能
● 好みにあわせて選べるよう、5色のカラーバリエーションを用意

ネットで約3500円。

当院での安価な販売は難しいですけど、Amazonとかでも送料無料で買えますからいかがですか?(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月18日

表彰、久し振りに頂いた「賞状」

昨晩、Webアワード2010の表彰式・懇親会に出席して参りました。
嬉しいことに、当院のオフィシャルサイトが部門賞の「デザイン賞」なるモノをいただきました。\(^_^)/

Webアワード。デザイン賞受賞

他人様の前で表彰状(with 金一封)なんかを頂くのは、記憶に無いほどに実に久方ぶりだったように思います。
Web上であれこれ自院をアピールしている立場としては、恥ずかしくもありましたが本当に嬉しかったデス。
ご褒美を頂いたようで、関係各位・選考委員の方々には心より感謝申しあげます。

当院オフィシャルサイト①

このサイトは、モチロン私が作った(作れた?)ワケではなく、石川デザインさんという専門家にお願いをしています。
思えば、石川さん(女性)とのお付き合いは長くなりました。
当院の院内デザイン等も全て信頼してお願いしてる方なのですが、残念ながら私には欠落してしまってるセンスが抜群な方です。

当院オフィシャルサイト②

当院オフィシャルサイト③

綺麗でしょ?(笑)

私のお気に入りのオフィシャルサイトでもあります。

受賞の挨拶でマイクを渡された際に、

「来年はブログでの受賞を目差します!」

などとは言っては見たモノの、並み居る強敵(!?)って言うかブログ仲間が大勢居るので、「ブログ賞」での受賞は難しいと思います。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表彰式後に行われた懇親会。
実はこっちも楽しみだったのですが、大盛り上がりで大勢の方々と来年の再会を誓った一夜でありました。

付き合ってくれた湯本の歯科医・H先生。
下の写真の右の男性ですが、私はこの先生に一生付いて行きたくなるほどに弾けた歯医者さんです。(笑)
歯科医師会の要職に就いていながら なかなかこの「青いアフロづら」は被れるモノではありません。(笑)

普段は勉強家。お酒が入ると実にポップ。
楽しい席にピッタリの性格であります。(笑)

H先生、一生付いて参ります。(笑)

綺麗でしょ?(笑)

私のお気に入りのオフィシャルサイトでもあります。

受賞の挨拶でマイクを渡された際に、

「来年はブログでの受賞を目差します!」

などとは言っては見たモノの、並み居る強敵(!?)って言うかブログ仲間が大勢居るので、「ブログ賞」での受賞は難しいと思います。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表彰式後に行われた懇親会。
実はこっちも楽しみだったのですが、大盛り上がりで大勢の方々と来年の再会を誓った一夜でありました。

付き合ってくれた湯本の歯科医・H先生。
下の写真の右の男性ですが、私はこの先生に一生付いて行きたくなるほどに弾けた歯医者さんです。(笑)
歯科医師会の要職に就いていながら なかなかこの「青いアフロづら」は被れるモノではありません。(笑)

普段は勉強家。お酒が入ると実にポップ。
楽しい席にピッタリの性格であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月 7日

世の中 ナニが流行るか解らない

つい最近まで知らなかったのですが、

ブームなんですってね、食べるラー油。

品薄状態が続く中、家内に勧められて豆腐(冷や奴)に載せたり御飯に載せたりして口にしてみましたが、これがなかなかいけるじゃないですか。(笑)

「食べるラー油」「桃屋 vs ヱスビー食品」の熱い闘いが繰り広げられてるようですけど、ホント ナニがヒットするか解りませんねぇ。

因みに我が家では両方食してみました。(笑)

どっちも「いける」ので、私にはどちらかに軍配を上げることはできなかったです。

難があるとするなら、もう少し瓶は大きくても良かったような気がします。
(アッと言う間に無くなっちゃう!)

「食べるラー油」の御陰で、暑い夏を元気に乗り切れそうです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年6月30日

常識を覆す、羽根のない扇風機

現在、ワールドカップ決勝トーナメント「日本 対 パラグアイ」戦。
0対0のまま ハーフタイムとなりました。

いやぁ~手に汗握ります。

この後の後半戦がどうなることやら、楽しみであります。(笑)

さて、本日 何かのメルマガで読んだのですが、掃除機で有名なダイソンの驚くべき発想に触れてしまいました。

ナンと、「羽根のない扇風機」ですと。(驚!)

Dyson、羽根のない扇風機ですって!(@_@)

私は、会社勤めというモノをしたことがないので まったく解らないのですが、よくもまぁ「新製品企画会議」のようなモノで却下されなかったように思います。(笑)

常識を度外視した発想は、残念ながら私にはなかなか出ないモノです。
この扇風機なら誰も怪我をしないし、お掃除もラクそう・・・。

奇抜な発想、歯科の業界で言うと・・・

● 注射じゃない麻酔(しかも100%効くヤツ)
● 全く音の無いタービン(歯の切削器具)
● 型取りしないでできる修復物(これは実際にある)
● 磨かないで済む簡単・完璧なブラッシング
● サメのように何度でも生えてくる歯の種(タネ)、しかも施術時無痛
● 塗るだけで治っちゃう虫歯とか歯周病の薬

・・・・とかでしょうか。
歯科界でも、少し頭を柔らかくしてあれこれ考えるのも必要ですよね。

みんなでダイソンを見習わなくっちゃ!(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年5月28日

鉄道ルーム・クハネ1304

来月の12・13日には東京国際フォーラムで顎咬合学会が開催されます。例年のように土曜日を休診にして衛生士さんと一緒に参加するつもりなのですが、その際の宿泊場所探しの折に 新装なった秋葉原ワシントンホテルにチョイとマニアックなお部屋を見つけてしまいました。(笑)

1ヶ月前ほどに、club willbe代表の残間さんのブログにちょこっとだけ書かれていて、その頃にはまだホテルのサイトにはアップされては居なかったのですが、ここ暫くで詳細が載るようになったようです。

マニアックな鉄道ファンのお部屋でしょうか?(笑)
その名も「鉄道ルーム・クハネ1304」だとか。

秋葉原ワシントンホテルの特等室

読んでみると、本格的鉄道ジオラマなどを備えたその特別なる客室の窓からは秋葉原~神田間のレールビューが望めるそうで、ベッドでくつろぎながら鉄道の旅気分を満喫することができるんだとか・・・。

私自身が泊まりたい訳ではない(!?)のですが、そりゃぁ鉄っちゃんにはたまらない特等室でありましょう。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年4月15日

4月15日、小名浜に雪マーク

4月も後半に差し掛かる本日15日。
確かに寒暖の差が激しいとお天気ニュースでも報じられてはおりましたが、この温暖ないわき市でもまさか雪マークが出るとは・・・・(驚!)。

4月の15日だというのに・・・昨日の北海道での暴風雪模様は見てましたが、今年の気候変動の激しさはいったいどうしちゃったんでしょう?

結構、この目まぐるしい温度差はカラダに応えますよね。
早く暖かくなると良いのですが。(願)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月18日

どうしちゃったんだろう、この雪

粉雪が舞った程度でも珍しいと感じちゃう このいわき市に育って四十数余年。一度の降雪でも驚くのに、一冬の起床時に2度も銀世界を拝むとは・・・。(笑)

どうしちゃったんでしょう、この雪・・・1

本日は偶然にも休診日(木曜日)でホントに良かったです。
スタッフにとって渋滞の酷い通勤が無くて済んだし、患者さんにも迷惑が掛かりませんでした。

私は、どっちみち子供達の通学(送迎の「送」)の問題がありましたし、技工士さんとのお約束があったために医院に出向きましたが、ナンだか駐車場が綺麗で・・・。(笑)

どうしちゃったんでしょう、この雪・・・2

ただ、そこが東北の湘南(!?)と呼ばれる基本的に温暖ないわき市。

お昼過ぎ頃には晴れ間も見え始めて、午後に雪掻きチェックに再度出向いた折にはすっかり溶けちゃってました。(安堵!)

雪国の方々はこれがエンドレスなのですね。
雪はどけておこうにも場所が必要だし、勝手に流れてくれないから厄介ですよね。
スキー場は、逆に降り過ぎてコントロールが大変だとも聞きます。

「ちょうど良い」って難しいですね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月 6日

夢の「歯の再生」、マウスで成功

東京理科大・東北大・東京医科歯科大の研究チームが、食物をかめるレベルの硬さで、痛みなどの感覚もあるほぼ完全な歯をマウスで再生させることに世界で初めて成功したそうです。

これって、凄いことです!(驚)

将来的には、「人工多能性幹(iPS)細胞」などの幹細胞を歯のもとに変えて、その組織を失った歯の跡の歯茎に移植して再生させられれば、入れ歯不要の生活が実現すると期待されるんだとか・・・。
入れ歯やインプラント(人工歯根)に代わる治療につながる成果で、他の臓器や器官に応用できる可能性もあるとか・・・。

神経や血管を含め、歯をまるごと再生させることに成功っていうんだから驚きであります。機能も従来のホントの歯と一緒で、再生した神経が痛みや圧迫の刺激を脳に伝えていることも確認・・・。

良いことずくめのように思われますが、そこはそれ欠点も・・・。

マウスは系統が同じなら、違う個体同士でも組織や器官を移植することが可能ナンだそうですが、人の場合、余所の人の細胞では臓器移植時のような拒絶反応が起きてしまう・・・。

チームは今後、拒絶反応の心配がない患者自身の歯や口腔内の細胞を使って歯胚(歯の種)を再生する研究に取り掛かるそうですが、それにはやはり相当な時間を要しましょう。

季節外れ?(2)

こういった報道があると、治療時に「新聞で読んだけど、出来ませんか?」って仰る方が結構 いらっしゃいます。

早期の実現が待たれますが、我々の個人診療所に再生医療が浸透するには相当なる時間は必要ではないでしょうか。

考えてみれば、そう簡単なことではなく、御本人の細胞から「歯胚(歯の種)」を作り出さねばならぬハードルの高さがあり、かつ、それをクリアしたとしてもその歯胚を顎骨内に埋め戻さねばなりません。

インプラント埋入ですら、全歯科医師が出来る処置ではないですから、しかもそれを完全無菌下で施術するとなると・・・・。

私が歯科医師であるウチに、そんな夢のような治療法が確立すれば非常に嬉しいです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年6月 4日

「歯の衛生週間」がスタート!

本日6月4日より一週間、語呂合わせの『むし歯の日』ということから10日までが歯の衛生週間となっています。
そう言えば、今朝の朝刊にはライオンとかサンスターといった大きなメーカーの一面広告があったように思いますし、また息子の通う幼稚園でも歯科検診があったようです。

全身の健康も歯の健康も、一時期だけの注意で済むようなモノではありませんが、普段忘れがちな口腔内の健康をこういった機会に思い出す、見つめ直すのも大切かもしれませんね。

以前、「芸能人は歯が命」というコマーシャル・コピーが一世を風靡して印象に残りましたが、当たり前ですけど芸能人に限らず我々み~んな歯は大事です。

おそらく歯科医院という存在の敷居の高さは数多ある職種の中でも相当なんだろうと想像しますが、常日頃 歯医者さんに行く機会のない皆さんも、こういった機会に是非一度お口の中のチェックをなさってみてはいかがでしょうか?

数年ぶりの方は特にそうかと思いますが、今どきの歯科医院では何処でもデジカメで口腔内の写真を撮影しその場で拡大して見せてくれます。
ブラッシングの得手・不得手も一目瞭然ですから まずは確認なさってみることをオススメいたします。

医院外周風景

本日、午前中は曇天模様でありましたが当院の前庭のサツキツツジの見事さをお伝えしたく、シャッターを切りました。(笑)

当院は、ここ暫くピンクに染まります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年11月27日

我が家の珍客

我が家はいわき市でも決して山奥に位置しているわけではないのですが、一昨日 「珍客」を発見いたしました。私が発見したわけではなく、家内が見つけて携帯の写真で珍客を教えてくれたのですが、通常「珍しいねぇ~」で終わる話なのに一晩経過しても同じ場所に佇んでいたので私のカメラにも収めてみました。(笑)

自宅にコウモリ現る!


珍客

・・・珍しくありません?
記憶に間違いがなければ、本物を目の当たりにしたのは初めてではないかなぁ・・・。
生態状況すら全く知りませんが、建物の基礎部分にへばりついてビクともしません。

居座られるのもナンとな~くではあるのですが・・・。

どうしたモンでしょう・・・。

因みにパソコンですから「蝙蝠」と漢字でも出せますが、まず読めないですよねぇ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月28日

トータルケア情報のスタート

こんなサイトをスタートさせます。

● 「いわき市 歯のトータルケア情報」

「歯」って、生えてきたその日から使わない日は無い、非常に身近な存在でありながら意外に知らない部分が多くありませんか?

本来、お出で頂いた際に詳しくお話しすれば宜しいんでしょうけれど、なかなか時間が取れないという現実もあります。
まだまだ未完成の「情報伝達サイト」ではありますが、知らなかったことを解りやすい言葉に替えて情報提供して参ります。今後の充実にもご期待下さい。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月 8日

国威発揚の「宴」

本日より、国の威信をかけた熱い闘いが始まります。昭和39年だったか、東京オリンピックの時がそうだったんでしょうけれど、我が国だって東海道新幹線とか高速道路まで準備しての初の「オリンピック開幕」だったんですモンね。中国だって「力」が入りますよねぇ。

北京オリンピック午後8時。日本のゴールデンタイムに合わせたかのように4年に一度のオリンピック開会式がスタート。
フィールドに白く光る五輪のシンボル、開催国中国の方々の まぁ~見事なパフォーマンスでありました。

全世界に配信されるこの最大規模のイベントをプロデュースしてる方って、やっぱりいらっしゃるんでしょうね。凄い才能かと思いました。モチロン、何年もかけての準備をなさったことでしょうが。

過去最多の204カ国・地域が参加だそうです。娘の社会科(地理)の教科書には192カ国って書いてあったんですが・・・・増えたんでしょうか?(^^ゞ

時差がないのでラクではありますが、内なるテロへの不安もあります。ここ数年 驚異的な成長を続けてきた中国の真価が問われる日々となることでしょう。

オリンピックは平和の祭典。

無事に閉幕することを願いたいですね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年6月14日

岩手内陸の地震

今朝ほど、スタッフとの朝礼の際にグラグラっと来ました。それほどではなかったですけれど、震度4ぐらい、比較的長~い時間揺れてました。
震源地となった岩手・宮城北部の被害は甚大ですね。自然災害の恐ろしさを痛感いたします。

毎度の事ながら、大きな地震の報道がある度に 「天災は忘れた頃にやってくるんだから対策を・・・」などと家内と話し合いますが、そのうちうやむやに・・・・。
今度こそは、「備えあれば憂い無し」と対策を講じていきたいモノであります。

その瞬間(8時43分?)、自宅に居た家内が言うには、NHKはちゃんと緊急地震速報が流れたそうです。

まだ揺れてないのに・・・・デス。

事前に設定してあった携帯電話も急に大きな音で鳴り出し、緊急地震速報の画面が勝手に流れ、「震度5の地震が来ます」と表示されたりしたそうです。
土曜日ですから自宅に居た子供達と一緒に、「揺れるよぉ~」って構えたそうですが、思ったほどではなく、幸いだったようです。

地震には初期微動(P波)だの主要動(S波)だのがあったような記憶がありますが、その波より電子的な連絡網の方が遙かに早い・・・・。
さすがに1秒間に地球7回り半(秒速30万㎞)の事はありますねぇ。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年2月11日

カード決済導入

昨年の5月ぐらいからだったか、医院にカード決済を導入いたしました。
保険だとか自由診療とかに関係なくお使いいただけるようにしたのですが、最近ではほぼ毎日に近く どなたかに御利用いただけるようになりました。さらに御利用し易くする為に、今年から「DC・UFJ・NicoS」にも加入してみました。

どうでしょうかねぇ、我が家では「お楽しみ」のポイント集めにあちこちで利用するんですが、現金を持ち歩かないで済むという利便性はとても便利です。
ただ、カードはネット通販の決済時にも非常に役に立ちますが、リスクが高いということで敬遠される向きもあるように聞きます。
私自身はかなり以前からネット通販に利用してますが、トラブルは皆無ではあるのですが。

もっとも同時に導入した「お財布ケータイ(iD)」は、時期尚早でありました。半年経っても誰もお使いにならず埃をかぶるだけなので、やむなく撤去いたしました。(^^)

カード決済

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2007年12月18日

ブログ始めました

いわき市にある「酒井歯科医院」院長の酒井直樹です。

日々のいろいろなことや趣味、オススメなど書き綴りたいと思います。ブログに馴染みがなかったのですが、そこそこのパソコン好きを活かして新たなる「トライ」です。

ロゴ

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク酒井歯科医院 医院サイト
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩

Google +1