« 2018年10月
2014年9月 3日

「男の背中」は何かを語る・・・?

最近、クラウド・コンピューティングとかオンライン・ストレージ・サービスって言葉をよく耳にするようになりました。
ネット上のデータ保管サービスって解釈してますが、間違っては居ないと思います。
従来でしたら、いわゆるバックアップは外付けHDD(ハードディスク・ドライブ)に・・・だったでしょうけれど、それを高速データ通信のインフラ整備の向上に伴ってネット上に大容量データをアップロード&ダウンロードして保管出来るようになったってのは実に手軽で便利ですよね。

私のように自宅で作成した文書類を医院の別なパソコン(ネット接続済みの)で見ようとする機会が多い立場にとってはとても有り難いサービス。
中でも、私が数年前から利用しているDropboxは意識せずとも常に各パソコンと同期してくれるので有効活用中ですが、ここ暫くで突然10倍の容量に無償変更してくれたので更に便利になりました。

従来の100GBから1TBへの容量アップ!

これなら写真も遠慮なく保管出来ます。
もっともAppleのiCloudへの写真アップをハッキングされ暴露されたアメリカの女優さんがいらっしゃったようですから、ホントに大事なデータの保管は難しいかもしれませんけど。

過信せず、有効に活用したいモノですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

閑話休題。

北海道での写真を整理していたらチョイと素敵な男性の背中写真がありました。
札幌市内の時計台付近の交差点、ある男性がスケートに乗って颯爽と現れたんです。じりじりと刺すような熱い陽射しのなか 一陣の風が吹き抜けるかの如くに実にカッコ良かったです。(笑)

男の背中1

こちらの写真は支笏湖の観光船の係の男性。
職務に忠実でらして、この随分と前の船がはるか彼方にいる時から入念に安全確認をなさってました。

男の背中2

よく「男の背中」とか「オヤジの背中」とかって表現が使われますよね。
さり気ない仕草であり職務中の姿であっても その「生き様」とか「ひたむきさ」が何かを物語ってくれるような背中の持ち主になりたいかと思ってます。

Dropboxの容量10倍サービスぐらいで喜んでるようではまだまだ修行が足りなかったですね。(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年5月26日

今しか出来ない事にトライする

自分自身を顧みるに、いや上の子達とのやり取りを振り返ってみても親と子とが共に過ごす日々の短さを痛感せずには居られません。
彼等が物心付いてから一緒の行動をする期間は・・・数年でしかないような気がします。
中学生になれば、小学生時代より行動範囲も広がり友人達と過ごす時間も増えて参りましょう。高校生になれば塾通いだの日曜日の部活等でそもそも顔を合わせる時間の確保も難しくなります。

大学生となれば、もう完全に大人扱い。

全てを信頼して任せる以外に親のすべきことは無くなるようにも思います。
となると、子供が幼稚園や小学校に通う数年間はモノ凄く貴重な時間に思えてなりません。
正直言うと、休日であっても仕事上の雑務をこなしたり、新たなスキルの研鑽に時間を費やしたい時もあるにはあるのですが、二度と戻れない親子の情愛を育む事が出来るこの時期は生涯でモノ凄く貴重な時間に思えてならないのです。

私自身がそうなのですが、親という存在は万能選手な訳ではありません。
出来ない事・思うようにいかない事もたくさん有りますが、それでもそこに共にトライする姿勢は大切な気がしてなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな想いに背中を押されたこともあって、日曜日に檜原湖一周サイクリングにトライして参りました。(笑)

檜原湖一周ファミリーサイクリング・疾走中

私ひとりなら30kmぐらいはナニも問題はありません。ただ、子供が一緒となれば話は別です。完走できれば大いなる自信に繋がることも転倒等のアクシデントに伴う怪我でもして途中棄権となればマイナス効果に繋がりかねません。

時折、先んじて数百メートル先でカメラを構えることもありましたが、基本は上の写真のポジションで伴走に徹してみた次第です。

檜原湖一周ファミリーサイクリング・御褒美

心配は杞憂に終わり、無事になんなく完走。(笑)

大会主催者サイドの方の手による「豚汁」サービスは最高でした。
完走直後にペロリと頂ける我が身の健康に感謝しつつ、またこれ以外に記念のTシャツや家族で参加した親子チ-ム向けの「ファミリー賞(お米)」などを頂いて笑顔で帰って来ることができました。

我が家では、もう既に来季の第34回の参加を目論んでおります。
そのぐらい嬉しく楽しいイベントでありました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月13日

この経験は得難く貴重なモノかと

俄には信じ難いし信じたくはないのですが、どうも天気予報では今週末も関東圏にまで降雪の可能性が取り沙汰されているようです。
SNSの書き込みとかを拝見すると、その再度の大雪の備えとしてどうも雪掻きツール(雪掻きやスコップ等)の売れ行き好調らしく、なかなか入手も出来なくなってるようですねぇ。

ニュースでも「長靴」の売れ行きが好調だとか。

無理も無いですよね。あれだけ降ったら長靴に勝るモノは有りませんでしょう。
その長靴にも底にスパイクピンまで付いてるのがあるんだそうですね。
舗道の凍結時にも間違いの無い威力を発揮してくれる事でしょう。
そう言えば、月曜日の朝、ガッチガチに道路も舗道も凍結していた時に、ヒールを履いた女性を見かけましたが、大いなる違和感を覚えました。長靴でも歩きにくかったのに転倒などなさらずに通勤できたんだろうかと案じちゃいました。

さて、今回の大雪。

誰よりも喜んだのは子供達だったに違いありません。

大人だって経験が無いほどの大雪、ちょっとワクワクしたんですから子供達は尚更でしょう。我が家も同様で4年生の息子がこんな雪だるまを作ったんですよ。(笑)

我が家の雪だるま

転倒や車両・車庫等の損壊に見舞われた方には申し訳ないですけど、いわきでは常なる冬には なかなか見ることの出来ない真っ白な雪だるま。

少量の降雪では泥だらけが常でしたからねぇ。

雪は見ただけではその冷たさが解りません。掬ってみなければ重さも硬さも解りはしません。丸めて そして重ねてみて意味が理解出来ましょう。その意味でも多くの子供達、そして大人達にとってもなかなか得難い経験だったのかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな10歳の息子とここしばらく嵌まってるのがオセロ。

父親が・・・「黒」であります(泣)

因みに父親の私が「黒」でして、手加減せずに本気出してるのですが・・・・

恥ずかしながら 3連敗中であります。(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2013年9月25日

「花嫁の父」の背中を見てました

天気予報をナニ気に見ていたら、明日はグッと気温が下がり、仙台などでは今日より9度も下がるとかって話でした。

この時期の体調管理は難しいですねぇ。

それでいて、今夜の雨のせいでしょうか、この時間になっても窓を開けておかないと蒸し暑さが気になる長月の下旬25日であります。

JR北海道の安全神話崩壊のニュース。

クルマや飛行機と異なり、乗車中の事故を想像しにくい鉄道ではありましたけど、保線関係者の安全意識の欠落は致命傷でしょう。この会社は北海道では一部の私鉄路線を除いては独占企業なんでしょうけれど、多くの方々の「足」が奪われかねませんね。

あれから2年になりますか・・・・

JR北海道の中島社長がトンネルでの特急列車の火災事故の責任を取るように自殺なさったのも ちょうど9月の出来事でありました。トップの命懸けの苦悩が管理職や現場職員の士気向上に繋がらなかったとなれば社長の死はナンだったんだろうってことになりかねませんよね。

あらゆるトラブルの背景には、人の意識の欠落が存在するように思えてなりません。
これは巨大な企業である「JR北海道」だけでなく「東京電力」にも相通じるモノがありましょう。組織の腐敗は易々と一掃できるモノではない・・・その好例に思えてなりませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、日曜日には「自転車イベント」だけではなく、縁あって「結婚式」にも伺ってました。
細かい事情は日を改め おいおい語らせていただきますが、リハーサルから入らせていただく事ができ、ナンだか新鮮な想いを抱くことができました。

結婚式リハーサル1

いつ見ても思いますが、幸福の絶頂を彩るスペースは素敵ですよね。
私的には磨き込まれたバージンロードが印象に残りました。

結婚式リハーサル2

本番で新婦(お嬢さん)をエスコートする大役を無事に果たすために ずっと歩くスピードとか歩幅とかを練習なさっていたお父さんもまた・・・とても印象的でした。

私にも娘が居ります。

お父さんの胸中や如何に・・・・と思ったら、思わずファインダーが・・・・

ナ~ンて事はなかったですけどね。(笑)

男性は、かつて花嫁の父にそんな想いをさせてしまった分、今度は逆に耐えねばならぬ時が来るんですね。我が娘も首尾良くそんな日が迎えられるようであれば それはそれで十分に喜ばしいに違いありませんね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2013年7月29日

道東の街は北緯43~44度らしい

何処の御家庭でもそうかもしれませんが、家族内に受験生とかが居ると家族行動に制限が生じませんでしょか。
高校受験、大学受験・・・・兄弟が居れば思いがけずに毎年のように「受験」が巡り来て、そうそう旅行に割く時間は取りにくくもありましょう。

我が家も御多分に漏れず、そんなふう・・・。

上の子がまだ幼い頃には毎年 夏の旅行を楽しみに一年を過ごしていたのに、気が付けばそんな事もままならず、一番下の子には可哀想な思いをさせ続けてました。(泣)
気の毒だった彼にも「夏の想い出」をと考えての北海道旅行。
それは女満別空港に降り立った瞬間からスタートでした・・・・いや、既に飛行機内でこんな冊子に目を通してた時点からだったのかもしれません。(笑)

女満別空港~屈斜路湖~網走湖1

「あっ、ここは北海道なんだ!」と感じたのはレンタカーを借りて動き出した直後。

道路脇の標識が今まで見たことも無かったような形状だったんですよ。
そりゃぁ~裏磐梯などに出向けば赤白のポールはありますが、上からぶら下がっていたのにはチョイとビックリ。

女満別空港~屈斜路湖~網走湖2

いわきでは絶対に必要の無い標識であります。
冬の厳しさ、積雪量の多さに想像を馳せます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後、まず最初に向かったのは「屈斜路湖」。

女満別空港~屈斜路湖~網走湖4

いやぁ~強烈な風に体感温度は相当に低く感じました。
実際に標高1000mのエリアではクルマの温度計は14度ぐらいを指し示してたんですよ。(泣)

女満別空港~屈斜路湖~網走湖

上の写真の背景に見えるのが屈斜路湖。
そこから北緯44度の街「網走湖」に向かいました。

お泊まりは「北天の丘 鶴雅(つるが)」。
久し振りの家族旅行。チョイと贅沢してみました。

女満別空港~屈斜路湖~網走湖5

女満別空港~屈斜路湖~網走湖6

女満別空港~屈斜路湖~網走湖7

実に素敵な空間でした。

日頃、自宅に戻っても仕事を休んでは居ても、医院のことは頭から離れることは無いです。それがこの空間に身を置くことによってスイッチはOFF。
その代わり。完全に夫であり父のスイッチはONだったんですよ。(笑)

ここは北緯44度の世界。いわき市が北緯37度であることを思えば、気候風土の違いは大きく隔たりましょうね。
この夜、私が一番に驚いたことはと言えば・・・

アジア系の外国人の方が多いこと多いこと。

異国の方々に失礼ではあるのですが、中国の方・台湾の方・韓国の方・香港の方、そして最近急増してると伺ったタイの方。一見では国籍の識別すら私にはできません。当然、旅行者の皆さんも言語も通じずにさぞかし難儀だったことでしょう。

周囲に大勢いらっしゃったんですけど、残念ながら私自身は日本語以外の言語を操れず、耳をダンボのようにしちゃってましたが意味は解らず・・・・(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2013年7月28日

家族でチョイと早めの「北海道」

時折、家庭における父親の役割なるモノを考える事があります。
各御家庭で相違はありましょうが、我が家ではやはり私がリーダー。長たる者、家族をあちこちに引っ張って行く義務もありましょう。(笑)
今年は父が亡くなり初めてのお盆・・・地域によって呼称は異なりましょうが、新盆(にいぼん)を迎えます。その為 お盆期間は旅行等に出掛けられませんので、皆さんよりは一足早く夏休みをいただき、家族・・・といっても上の子(大学生二人)はスケジュールが合わず、いつもの親子三人で北海道に出掛けて参りました。

ブログもFacebook上もその事を事前告知しなかったのは防犯上の問題であります。
欺くかのようで後ろめたい感覚はあったのですが、警備保障のセコムに守られてると言え 多くの方々が目にされるネット上に「留守」・「不在」を出す訳にも行きませんでした。(汗)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

羽田から、道東の女満別~網走周辺に向かい、その後は道央の旭川・大雪山・美瑛と移動した三泊四日。どうもいわき市は雷雨等に見舞われたようでしたが、北海道は夜間の雨。出掛ける頃には天候にも恵まれ存分に満喫して参りましたよ。(笑)

ここ数日、撮りためた写真アップをして参ります。
お付き合い願えれば幸いです。(笑)

女満別空港付近

北海道・・・一番に印象に残ったのはその綺麗さです。
国立公園等は綺麗なのは当たり前なのですが、その綺麗さという意味とは異なり、ゴミが異様に少なく家内と感心した次第です。観光地としての自覚とでも申しましょうか、その点が残念ながら「いわき市」の観光地のそれとの大きな相違と感じた次第です。

大雪山(旭岳)

見習うべき点を多々感じましたよ。
機会があったら、いや、機会をまた作って再訪したいと思います。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2013年4月 7日

気持ちだけは間違いなくあった・・・

昨夜は、何とはなしに見始めたYouTubeにハマってしまい深夜まで起きていたのですが、2時半頃に鳴ったスマホには驚きました。
「すわ、緊急地震速報か?」・・・冷静になって考えてみたら まったく音は違ったのですが、いわき市からの「土砂災害警戒情報」なるモノでありました。それほどの大雨って事だったんですね。
いわき市内では随分と被害もあったようですが、幸いに我が家周辺は雨量はありましたけど暴風雨って感じではなかったようでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一夜明けての本日、我が家は「断捨離の日」でありました。気が付けば家の中には要らないモノ、取っておく意味の無いモノが増えてた気がします。

それらを一気に断捨離。(笑)

長女に続き長男の受験も終わったので、こんなモノを処分してみましたよ。

気持ちはあった・・・

これ、子供のモノではなく、私のモノでした。

それぞれの家庭に「教育方針」ってあろうかと思いますが、もし私がそれを問われれば、「勉強しなさい!」ではなく「お父さんも一緒に頑張るから!」でありました。

ただし通用したのは中学校まで・・・(泣)

子供達が高校に入学しても、その私なりの基本姿勢を貫くために取り敢えずは各教科の教科書と参考書を揃えてみたって訳です。(笑)

モチロン、トライはしたんです。(汗)

ただ、悲しいかな、かつては理系に身を置き「数学」を得意としていたはずなのに、どうしてもサイン(sin)・コサイン(cos)・タンジェント(tan)が理解出来なくって・・・(泣)

大きな壁に阻まれ挫折したって訳です。(泣)

幸い、親の協力など無くとも二人とも頑張ってくれたので今では「笑い話」ではありますが、その気持ちだけは間違いなくあった事実は記録に残しておきます。
そうでもしないと、これら書籍に投資した甲斐がありませんでして・・・(笑)

安らぎの時間

結局は親の取り越し苦労だったのかもしれませんが、衰え行く自分自身の脳内にカンフル剤として・・・って気持ちもありました。
その意味ではしっかり保管して子供に関係なくチャレンジすれば良いのですが、取り敢えずは場所塞ぎって事で・・・

躊躇無く古紙回収に出すことに致しました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2013年4月 4日

父から子へ、「時計」のストーリー

確か、彼が幼稚園の頃でしたから今から13~14年前の事だったと記憶してます。
歯科医院の仕事が軌道に乗り、少しだけ余裕が出来た時に欲しくなった時計がありました。
どう表現すれば良いのか・・・・。
女性で言えば「宝石」の類でしょうか、男性ではそれが「時計」だったりしましょうか。

オメガの「SEA-MASTER」

5メートルですら潜れないのに、300メートルまで潜れる時計が活躍する機会は有り得ないのですが、デザインに憧れてました。購入を迷う背中を押してくれたのは家内のひと言。

「将来、子供に譲れるんじゃないの・・・?」

男の子が居た訳ですから、「そうだよね!」で決定。
以来、遠い将来に彼が成長し大きくなり そんな日が来る事を夢見ていたりしたモノです。

青葉城址からのパノラマビュー

時は流れ、まだまだ先の話とばかり思っていたのですが・・・。

2013年4月4日。今日は彼にとっての「晴れの日」でありました。
ネクタイを締め、スーツに身を固め、慣れない革靴に足を通したら手首がチョイと淋しくなります。

本来、遊び用の時計ですからスーツにはそぐわないかもしれないけれど、そこはそれ18歳ですから こんなスポーティーな時計も宜しいのでは・・・と思いました。

息子へ

最近では、私自身も携帯で時間チェックをしてしまう関係上、なかなか時計をしないモノですからカレンダーは遅れたままの「2日」になってるのは御愛敬。(笑)

ちょっと誇らしげに、嫌がらずに身に付けてくれたのが嬉しかったですね。
世代を越えて、彼の左腕で輝き続けることを願いつつ、仙台に置いて参りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だけど、父には誤算がありました。(汗)

この時計を買った後に、第三子に恵まれました!・・・・しかも男の子。
父と息子の時計にまつわるストーリーを完結させるには、

もう一本、時計を準備せねばなりません!(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2013年3月 8日

あっちで仲良くやっている・・・(涙)

自分だったらどう振る舞っただろうかと自問してみます。
答えなんかは出やしませんが、おそらくはあの日の石巻市立大川小学校の先生方と同じだったに違いありません。
誰が自分の命や親御さんから預かるお子さんの命を軽んじましょうか・・・。
必死に闘った結果は、10名の先生方と74人の児童の命を奪ってしまったんですね。
今夜もNHKスペシャル、

「わが子へ・・・大川小学校 遺族たちの2年」

淡々としたナレーション、ノンフィクションのあまりの重さにたじろぐ想いが致しました。

奥さんと3人のお子さんをいっぺんに失った男性がいらっしゃった・・・。
4年生の担任の先生の母親は、御子息が教師として児童を守れなかったことから、犠牲になったお子さんの家を回ってひたすらに頭を下げ続けたそうです。
やはりお子さんを失った御自身も中学校の教師をなさってる男性は、未来へ繋ぐ「学校の安全神話」を求めて起ち上がったとのこと。

顧みて、自分だったらどうだったろうかと自問してはみますが、そういった方々との人間としての格の違いに愕然とするばかりであります。
誰が憎いとか、避難誘導を怠った先生を恨むとか、そんなレベルを超越して、お孫さんを失った男性が仰った台詞が心に染みました。

「きっとあっちでみんな仲良くやってる・・・」と。

子を持つ親として、大いに考えさせられる秀逸な震災の記録でありました。

梅の季節1

平凡とか日常とか、そんな単語にはパッとしないようなイメージを持っちゃいますが、それが如何に貴重な時間であるかを思い知らせてくれます。
命を絶たれた方々の事を思えば、大概のことはなんちゃないのかもしれません。
解っては居るのですが、日頃 些細なことに拘り一喜一憂する自分が情けなくも思えた今夜の番組でした。(泣)

梅の季節2

明日の夜は、息子が友人達と医院二階に集まるそうです。
既に浪人を決めた友も居たり、国立大学の合格発表当日の友も居るようですが、高校を卒業しあちこちに分散することになっても 3年間同じ学舎で培った絆は生涯に渡って大事にして行って貰いたいと願います。

合宿所のような当院二階・・・。

実家から古い布団も貰って来ましたので、少しは居心地が良くなったかもしれません。(笑)
集える場はいつでも快く提供しますから、集える喜びを皆で共有して貰えたら・・・父親としては望外の喜びでありましょう。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2013年2月13日

「努力は人を裏切らない」と思う

例えば、甲子園に出場決定となった野球部員の高校生、合唱・合奏で全国大会に出場する高校生、様々な分野で若人が日々の努力を積み重ねて栄冠を勝ち取る姿は見ていて清々しさを覚えます。
お正月の大学対抗駅伝などもそうですが、明日の日本を担うであろう若者達の活躍は眩しく感じますよね。

と同時に、スポーツとかに限らず勉学もまた一緒。

生まれつきの希有な才能に恵まれた方ならいざ知らず、ほとんどの凡人は努力せずして栄冠を勝ち取ることなんかは出来ないと私は考えています。
脳に汗して血の滲むような努力はやはり必須でありましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10日・11日、いわき市でサンシャインマラソンというイベントが開催されました。多くの友人達がエントリーしてたので本当はカメラ片手に「追っかけ」をしたかったんです。
ただ、長男が国立大学のAO入試なるモノにチャレンジすることを決めており、その場所が私がかつて学生時代に過ごした馴染みのある仙台だったので、連休でもあり同行して「いわき」を離れておりました。

今どきのホテル(程度の良いビジネスホテル)は便利ですねぇ。
館内至る所で無線LANの使用可能。御陰で受験勉強中の息子の邪魔をせずにロビーでネット三昧が出来ました。(笑)

ライブラリーホテル東二番丁1

ライブラリーホテル東二番丁2

ライブラリーホテル東二番丁3

ライブラリーホテル東二番丁4

2月の半ば。
これから国立大学の前期試験があったりしますし、更に3月には敗者復活戦とも言うべき後期試験も控えてます。
おそらくは息子の友人達が死に物狂いで必死になって努力している真っ最中に違いありませんから 浮かれるのは私の本意ではありません。
ただ、今回の息子の受験に際し、その動向を案じて下さっていた多くの方々がいらしたので、御報告だけはさせて下さい。

御陰様で、我が家の長男は私の出た大学の同じ学部に行く事になりました。

生まれてこの方、彼に歯科医師になれと伝えたことは一度もありません。
未来・将来は自分で選択するモノであって親であってもそれを左右する権利は無いと考えていたからであります。
ただ、結果として彼が私の歩んだ道を評価してくれ、目差してくれ、結果を出したことには感無量であります。父親冥利に尽きる話かとは思っています。
本日夕方の合格発表に際しては恥ずかしながら身体が震えました。

願わくば、彼の友人達にも朗報が届くことを心より祈ります。
そうしたら当院二階でまた彼等の合宿も出来ましょう。
喜んで場所は提供させていただきたいです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2013年1月28日

ひと学年毎にその「成長」を感じる

考えてみれば父親としては恥ずかしいことなのかもれませんが、息子の学級担任の先生のお名前を存じ上げません。(泣)
3年生なのは知っては居りますが、クラスは・・・たぶん1組。(汗)
出席番号となると・・・(大汗)

それどころか、いま現在の身長も「?」だし、たまに抱きかかえると重くなったナァ~とは思うモノの、体重だって「?」であります。

毎日 一緒に生活し見慣れてる我が子って、成長を感じる瞬間ってそんなにありませんよね。逆に、2年ぶりぐらいに来て下さったお子さんの患者さんなんか、ビックリするほどに成長していて時の移ろいを色濃く感じたりもします。

ここ「いわき市」に限った話ではないでしょうけれど、美術館では毎年小中学生の版画展が開催されます。昨夕、親子三人で出掛けてきたんですが、ナンか良い感じなんですよ。
自分の作品が美術館に飾られるなんてのは生涯でそうそう無いんですから、良い経験かとも思います。

小学生の版画展1

各小学校、各学年毎に展示されてるのですが、1年生には1年生の幼さがあり、6年生には6年生のテクニックを感じたりします。
小学生の図工・・・義務教育下では、どちらかというと才能を育むというよりかは画一的な指導に終始してしまうような勝手なイメージは有るのですが、どうしてどうして・・・。
図工が得意な子も不得意な子も 確実にひと学年毎に成長の足跡が感じられます。
こういった場所に親が足を運ぶメリットってのがあるとすれば、それは そんなところにあるのかもしれませんね。

小学生の版画展2

気が付けばあどけなさが残る幼子の顔から、お兄ちゃんがそうであったように大人っぽい顔付きに変化しつつある昨今、親である私の衰えに反比例するような快進撃成長が始まるんでしょうねぇ。

明日になったら、身長・体重のついでに足のサイズぐらいは訊いておこうかと思います。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年12月15日

「子供向け」とかも時にためになる

いわゆる「学術書」ってモノがありますが、その専門分野・専門分野で 門外漢には理解しがたい内容の本とかってありますよね。
歯科もそうでして、でなくとも難解なことを写真・イラスト無しで記述されれば そりゃぁ~読んでて頭も痛くなります。(泣)
もっと解りやすく、馴染みやすい構成で簡潔に表現してくれれば・・・と思うことがしばしばあるのですが、そこ行くと例えば若き「歯科衛生士さん向け」に書かれた同内容の書籍は、我々歯科医向けの本よりも若干砕けた感じで、しかもとても解りやすい表現で書かれていて役立つことが多々あります。

考えてみたら、術者である我々歯科医だけの理解に止まらず、スタッフや患者さんにも理解して貰おうと思えば要点を絞った平易な書き方はホントは大切なんですよね。

殊更に自分達がやってる専門分野を高い位置に置かんとするようなスタイルを、私はあまり好ましいモノだとは思いません。「一般の人には解らなくて良い」なんて事があるはずも無く、できる限りは理解しやすい方が宜しいのではないかと思えてなりません。

ナンでそんな事を思うかって言うと・・・

朝日新聞の一面に「しつもん! ドラえもん」って小欄があります。
内容的には小学生低学年にも理解可能な「子供向け」なんですが、こんな感じです。
大人にも解りやすくって、ためになるんですよ。(笑)

しつもん!ドラえもん1

でね、こんな「しつもん!」に対しての答えが、最後のテレビ番組欄までの何処かに潜んでいるって趣向なんです。毎日見てる訳ではないのでナンとも言いにくいところもありますが、2面の時もあれば相当に後ろの時もあり、子供達に探す楽しさのような遊び感覚で新聞を見開いていく事に馴染ませようって考えの様です。

しつもん!ドラえもん2

答えはこんなふうです。(笑)

私自身は見て「ふ~ん、そうなのか・・・」程度でしかありませんが、小学生の我が子が見れば もしかすると生涯脳裏に刻み込まれるんではないかという期待感も持ちます。(笑)

ナンでもそうですけど、小さな事にも興味を抱き、「ナンでなんだろう?」と意識する姿勢を持たせれば後は勝手に自分で疑問を見つけ出すことでしょう。
キッカケとしては、新聞のこういった「遊び」は有効なんではないかと思いました。

自宅の庭にて

慌ただしい師走も早いモノで半ばを迎えました。
今年もあと2週間で終わりなんですね。労働日数的には10日を切ったでしょうか。
気持ちの良い年末年始を迎えるためにも・・・・

もうひと頑張りってところでしょうか。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年10月16日

こんな経験は生涯出来ないと思う

もし、有り余るほどの時間的余裕と潤沢なる資金があったら、「陶芸」とか「木工」なんかにチャレンジしたい気持ちは常々あります。「ぐい吞み」とか「湯飲み」、それを置く手の込んだ「サイドテーブル」なんかを自分で作れたらきっと楽しいですよねぇ。
もっとも、残念ながら土や木に触れる機会すら少なくなってるのが現実ではありますが・・・。(泣)

仏教用語でいう所の「身土不二」の真の意味は、「地元の旬の食品を食べることは身体に良いことで、他の地域の食品を食べることは宜しくない」ということなんでしょうけれど、含まれる「土」という文字から連想して「土や自然に親しむ」という意図も付加したい気が昔からしてました。

日本人だからとか特定民族とかに限った話ではないでしょうけれど、プラスチック等の化学製品がどれだけ進化しようとも、木であるとか土であるとかの伝統的原材料が廃れる日はまず来ないようにも思います。
日常、私にとっては木や土に親しむ機会は少なくなりはしましたが、それ故に尚のこと「土いじり」や「日曜大工」といった本質的作業への欲求は増して来るようにも感じられます。

自分の手で、土を弄る、木を加工する・・・。

世の中には便利な製品が溢れていて、お金を出せば大概のモノは手に入る時代になりました。それはそれで文明の恩恵でもあり有り難くは感じますが、人間って天の邪鬼ですよねぇ、そうであればそうであるほどに手間の掛かる不便なモノに対する憧れはなかなか消えないようにも思います。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久しく・・・・いやおそらく今までに竹を縄で編む、土を捏ねるといった経験はした事がなかったかもしれません。日曜日に息子と中之作「清航館」で経験した出来事は、息子にとって・・・だけではなく父親である私にとっても実に新鮮でありました。

土壁の修復工事。

まずは土を付着させる為の芯になるように、縦横の竹を縄で固定していきます。

清航館での泥捏ね&壁塗り1

アップにするとこんな感じです。

清航館での泥捏ね&壁塗り2

息子も一生懸命に参加してましたよ。(笑)
竹の向こう側に居る優しいお兄ちゃんとの共同作業中、
邪魔してるのは・・・・父親である私でした。(反省!)

清航館での泥捏ね&壁塗り3

さぁ~ここに、泥を存分に塗ったくれるように、こんな風に藁を練り込んで、その泥を捏ねて捏ねて準備します。

清航館での泥捏ね&壁塗り4

左官の作業は専門の親方が担当。
当たり前ですけど手際は見事でした。(笑)

清航館での泥捏ね&壁塗り5

外側から土を塗って、内側から見るとこんな感じなんですよ。

清航館での泥捏ね&壁塗り6

この土が二週間ほどの乾燥期間で固まったら、今度は内側から返し塗りをするんですが、それは今までも息子と泥だらけになりながら この清航館イベントにおいて経験済みでありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがたい機会に恵まれてると感じて居ます。

息子はモチロンのこと、父である私にとってもこんな経験はそうそう出来るモノではありません。

泥は跳ね、手足はモチロン、衣類のあちこちに泥汚れは付きます。
それで居て快適に感じる心理ってナンなんでしょうか。
我等人間が、等しくやがて帰るであろう「土」に対しての郷愁に似た懐かしさのようなモノが、そう思わせてくれるように思えてならない秋のイベントでありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年10月 9日

理解ある温かな視線に見守られ

我々大人にとっては、200年も前に立派な建物を残した方々への畏敬の念もありましょう。それを今後に繋げていきたい、残していかねば・・・という崇高な想いがこみ上げてくる様な気もします。
実際の問題としては 残念ながら私だってその歴史的価値や古い建物を残していくという街並みの景観保持の真の意義を、頭では理解してはいても完全に・・・ではないでしょうね。

昨日、サイクリングから戻り、すぐに今度は中之作「清航館」へと向かいました。

天候にも左右され、「清航館」復旧への歩みは決してスピーディーとは言えませんが、着実に前進中の「古民家再生」を目的のひとつに据えた中之作プロジェクト。
親しくさせて貰ってる設計士の豊田御夫妻に誘われて関わり始めましたが、そこに最近では9歳の息子も参加させていただいてます。彼にはたぶん・・・

真の意味は理解出来てないでしょう。(笑)

父親の私ですら「?」ナンですから無理もないですよね。ただ、普通では絶対に経験出来ないような事、大人だって楽しくなるようなことが満載ですから 楽しくって仕方がないんだと思います。

昨日の課題は「外壁板の塗装」でありました。

塗料を兼ねてるんでしょうか、防腐処置的な意味合いが強いのかと理解してました。こんな風にして塗っていきましたよ。(笑)

中之作の古民家「清航館」の外壁板に塗装1

また隣の親方が上手でして・・・・(笑)

御指導を受けながら、教えた訳でも無いのに自ら頭に手拭いを巻いて・・・

中之作の古民家「清航館」の外壁板に塗装2

外壁板の表・裏にどんどん塗料を塗っていく作業でした。

そのうち調子が出て来て こんなところも・・・・(笑)

中之作の古民家「清航館」の外壁板に塗装3

ナンとも頼もしく感じられましたよ。(笑)

しかも塗るだけでは無く、あらかた屋外で乾かした塗装後の板を屋内に整理(積み上げ)するのも しっかり最後までお手伝いしました。

中之作の古民家「清航館」の外壁板に塗装4

この子達には昨年 不幸な一時期がありました。(泣)
屋外の活動が憚られたその時期、運動会は見送られ、屋外で健康的に遊ぶ子供達の姿は消えてました。
おそらく今でも震災前の状態に戻ったなどとは思ってませんけど、こうして理解ある大人達の温かい視線に見守られて楽しく過ごすひとときは、少年の精神衛生上欠かせない時間なんではないかと私は考えます。

案じたらキリはありません。

ただ、大人達の責任として こんな子供達の笑顔が曇らないような社会作りは意識していかないとなりませんね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年10月 8日

爽やかな秋空の下、「風」を感じる

その業績は、常々 高い評価に値するんだろうなぁ~とは感じてました。
京都大学の山中伸弥教授。
iPS細胞作製による再生医療の充実が人類へもたらす恩恵は計り知れないモノがありましょう。

「感謝」と「責任」

多くの人々への「感謝」と、「更にこれから研究を続け、一日でも早く医学に応用しなければ」という待たれる臨床応用への「責任」を盛んに強調されていたのが印象に残りました。
氏のどちらかというとクールな風貌が頼もしくさえ感じられたのが自分的には不思議でした。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、昨日とはうって変わっての秋晴れ模様。
こんな日は屋外で楽しまなければ損と思い、午前中は昨日果たせなかったサイクリングに下の息子と興じ、午後からは中之作・清航館の塗装作業に親子3人で参加して参りましたよ。

で、本日はサイクリングの御報告。(笑)

IMG_9874

4月末、ゴールデンウィーク前あたりでしたら このエリアはピンク一色に染まる磐越東線の夏井駅周辺。農道を周回してウォーミングアップ中のスナップです。(笑)

昨日だったら10人チョイのメンバーでの団体行動だったのですが、仕事の関係上もあり翌日へのスライドは急には無理・・・。それ故にミニバンに2台の自転車を載せて、親子3人だけで出掛けてみました。
(家内はクルマの移動とサポート担当に徹してくれました)

この「夏井駅」を起点に、一駅隣の「川前駅」までの10kmチョイの・・・

ほぼ下り一辺倒のサイクリング!

ルートラボ表示ではこんな風でしたよ。

交通量が異様に少ないエリアですから危ないこともまったく無く、ただし思っていた以上に既に「寒かった」事だけが印象に残りました。
市街地では今日もまだ半袖姿の方をお見かけしましたが、標高差に伴うヒンヤリ感と 坂道を下る際の風による身体冷却効果は想像以上でした。同じルートは紅葉のピークを迎えるであろう今月末以降では 特に軽装の方々にとってはチョイと辛くなってくるのかもしれないなぁ・・・と感じましたよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

父子でのサイクリング。

心地良い疲労感と共に、我が子の成長を感じられて充足感も味わうことが出来ました。さぁ、明日からも頑張って参りましょう!(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年10月 6日

明日はサイクリング日和だろうか

体操とかフィギュアスケートとかには「美」的評価があります。華道・書道を始めとする芸術全般にも「勢い」って言うのか人を惹き付けて止まないナニかが存在しますよね。
私は文章にもそんな「華」があるような気がしてなりません。
綺麗な文章、素敵な表現、時に人をホッとさせたり感動させたりするような文面に憧れを覚えます。

常日頃からそんな風な文章に触れる度にささやかなる喜びを感じて居たのですが、そんな中 本日の朝日新聞・天声人語の文章はいつにも増して秀逸でありました。
秋の連休。ルールを守った上での爽やかなサイクリング礼賛のようなお話しでしたよ。最後の6行ほどの引用ですけど・・・

「あまりにも落葉の美しき歩道にて路肩を選(え)りて
自転車を漕ぐ」後藤正樹。
まずまずの日和に恵まれそうなこの連休、
ペダルを踏み込み、しばし秋風と遊ぶのもいい。
きらめく季節を頬に、はずむ命を靴底に感じながら。

さぁ、明日は久々に「まるとみ自転車部」の活動です。(笑)
8月に自転車探検部で下調べをしておいた夏井駅からいわき駅までの下りっ放しのサイクリング。仲間を誘ってのトライを予定して居ます。20,131,006

夏井川沿いを駆け抜ける

(写真は8月23日の模様)

今回は9歳の息子も一緒にトライ。

40kmもは無理ですから途中リタイアにはなりましょうが、行けるところまでは頑張らせようかと考えて居ます。
本人の成長に合わせて、9歳ではここまで、10歳ならもうちょっと、11歳なら完走・・・といったように距離が伸びれば励みにもなりましょう。

上のYouTubeの動画は、ハンドルに固定したコンデジによる動画撮影です。初めて知ったのですが、舗装道路とは言え路面って結構凸凹なんですね。
クルマだとサスペンションの御陰か、ロードノイズってそんなには拾いませんが、自転車はダイレクトに拾ってしまいます。お見苦しい点があることを御容赦下さい。

明日は、ところどころに秋の気配を感じつつ、

みんなと楽しい時間を共有出来ることを願いつつ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年9月26日

全身全霊で頂点を目指す男達の姿

9月も今週で終わり。たぶん、ここから年末までは瞬く間に過ぎ行きます。
例年がそうでして、どうしてでしょう、年齢が高じれば高じるほどその傾向に拍車が掛かるように思えてなりません。それは決して悪いことではなく、充実の日々を送ってるからだと考えれば納得も行きましょう。

そんな彼岸明けの秋たけなわ。世間では様々な動きもあるようでして・・・。

自民党・安部新総裁。

再登板に夢も膨らむでしょうけれど、諸事情で降板する谷垣現総裁がちょっと気の毒な気がします。すべてはタイミングが悪かったんでしょう。野党転落後に自民党総裁になり、日の目を見そうになる前に苦渋の決断・・・。
奥様を亡くされたのも最近でしたモンね。悔しさは随分とお有りでしょう。
そういった様々な想いを乗せての安部さん再登板。注目されますね。

大リーグ・ヤンキースのイチロー。

朝日新聞の編集委員・西村欣也氏のコラムが良かったです。「新たな頂を、彼は目指している」で始まる文章に朝からテンションが上がりましたよ。(笑)
ヤンキース移籍で今まで封印せざるを得なかった勝利への飢餓感が満たされるようになり、ワールドシリーズのチャンピオンになれるのかどうか・・・・。
ナニかを持ってるイチローなら実現しそうな気もしますね。

新横綱・日馬富士。

挨拶で「全身全霊」の精進を誓ってました。133kgの体重は幕内力士中最軽量だそうです。心技体すべて揃えて相撲界再興のために頑張って貰いたいですね。

筑波山神社

そして我が家の息子(長男)。

今日は帰宅が11時半。中学時代から御世話になっていた塾の先生が転勤されるとかで、今晩は数人でその先生を囲んで過ごしていたとのこと。その別れは彼や彼の友人には辛い出来事に違いなかったでしょうけれど、そんな惜別の情を持てたことは とても良いことだと私は思います。

将来の進路に悩む時期ではありますが、世の中には勉強なんかよりもはるかに大事なモノが有ります。辛く悲しい成長へのステップに違いないでしょうけれど、「良い出会い」が出来たようで父親としても嬉しく感じました。

医院待合室!(笑)

私は男女に別に分け隔てはないかと考えてます。女性でも頑張ってる方が大勢いらっしゃることも知ってます。ただ、この初秋には女性への敬意以上に 息子も含めてナニかを成し遂げようと全身全霊で立ち向かってる男達を眩しく感じられてなりませんでした。

私も頂点目指して頑張らねばなりません。(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年9月22日

縁もゆかりも無かった土地なのに

デジャブ(既視感)・・・というのとはまた違ったモノのように思います。
初めて経験した事柄なのに、あたかも一度体験していたような、夢で見たことがあるような、そんな不思議な感覚は誰しも一度や二度は経験したことがあろうかとは思いますが、ちょっとそれとは異なるような気もするのです。

今日、チョイとロングドライブして筑波山に出掛けてみました。
この春、進学した娘の住む場所から程近いこの山に登ったのは今回が初めてだったのですが、ナンと申しましょう、例えば学生時代に過ごした仙台に久し振りに出向くと懐かしさを覚えるような そんな感覚にも似たモノを感じて来ました。
この春までは縁もゆかりも無い土地だったんですけどねぇ。(笑)

筑波山・雨のち晴れ3

そもそも午前中は雨。車内からフロントウィンドウの雨滴を撮ってみました。
「こりゃ筑波山は無理だね・・・」と家内・次男と残念がっていたのですが、お昼過ぎ頃から西の空が明るくなって来たので、ダメ元で山の麓まで行ってみることにしました。

筑波山は、関東平野を一望できる つくば市北端にある標高877メートルの山。
西の男体山と東の女体山からなる日本百名山中、もっとも標高が低く、山頂には筑波山神社の本殿が・・・のようであります。(笑)

本来なら登山・・・と行きたいところですけど便利なロープウェイもありまして、今回は女体山の山頂付近まであっと言う間に到着。(笑)

天候回復、見晴らし最高でありましたよ。

筑波山・雨のち晴れ1

おそらくは娘がその界隈に住んで居なければ、ここに出向く「キッカケ」は生涯無かったことでしょう。
人の繋がりに似て、ひょんな事からその地に縁を持ち、それがやがて自分の内部で育まれるようにして強い繋がりに変化していくモノなんですねぇ。

ここは、実際に私自身が住まう場所ではありませんし仕事にも絡みません。この地で生活したりすることは生涯無いはずなのに、ニュースに取り上げられれば気にもなり、日々の天気予報も気にする土地になって行く・・・不思議なモンですねぇ。

筑波山・雨のち晴れ2

私は3人の子持ちであります。

今後、こんな場所が何処と何処に出来て行くのか・・・。
進学が、子を放す寂しさと捉えるよりも、新たな土地との出会いの可能性とポジティブに捉えた方が私には健康的に感じられてなりません。

『 次なる機会には男体山に挑む! 』

・・・と言いたいところですが、女体山のロープウェイに対して 男体山にはケーブルカーがある様なのでその方が楽ちんかと・・・・(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年9月10日

素敵なおじちゃん達に囲まれて

つい先程まで、NHKの「プロフェッショナル~仕事の流儀」を見てました。
映画俳優・高倉健さんの頑なな一面に触れ、心地良い感覚に浸っています。(笑)

81歳にして輝きを失わない、過去の栄光にすがらない、孤高のスターは実に魅力的なんですねぇ。
残念ながらと言うか情けないことに、私は視聴後にも「よいしょ」だの「どっこいしょ」だのの掛け声がつい出てしまいますが、表には決して出さないプライベートでも御自身を律するという彼の「俳優魂」や、周囲に配慮が行き届いてる姿に学ぶべき点を多々感じてしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の中之作プロジェクト「土塗り壁左官仕事」では、大人の持つ少年の様な無邪気さと子供達へ向けてくれる優しい眼差しにも触れて来ましたよ。(笑)
どこか映画の撮影現場にも似た異空間におけるそれは、見ていて気持ち良いし、心地良くもあり、そして親として とてもありがたかったです。

ま、健さんとは レベルは違いますけど・・・(笑)

昨今では学童期のイジメや不登校の問題報道に触れない日は無いですけど、御近所や仲間内での大人の支えが心の糧になり成長への足掛かりにもなりそうに私には感じられました。

土塗り壁左官教室第二弾7

写真は、率先して泥んこコネコネのお手本を見せて下さる豊田代表。
小学校2年生の女児と3年生のウチの息子と精神年齢はさほど変わらなくも思えます。(笑)

また、それを優しく見つめる小名浜在住の私の大事な友人達。
子供達にとっては素敵なおじちゃん(正確には「おんちゃん」)でしょう。(笑)

土塗り壁左官教室第二弾8

楽しい時間を共有できたことに感謝いたします。

実は、このコネコネ軍団にはウチの家内も参加してまして・・・
本人の名誉のために写真掲載は見合わせることにいたしました。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

悲しいことに、人は必ず歳を取るし、老化は万人に襲っても来ましょう。
かつての任侠モノに出演されてた頃の迫力は影を潜め、実に味わい深い演技俳優になられたんですねぇ。
難しいけれど、私自身の晩年もそうでありたいし、老いることの意味や老年者の役割を少しだけ垣間見た気にさせていただけました。

Google +1
2012年9月 7日

「微分・積分」ってナンだったの?

例えば自転車であり、水泳。
若き頃に自分の身体に覚え込ませてしまった事って 少々の戸惑いはあったとしても一生モンだと思います。勉学で言えば、英単語とか英文読解力、国語や古文・漢文は長じて学ぶ事は無かったので、いま英単語を見ても理解できたり 漢字なんかにも それなりに苦労せずに居られるのは その当時の努力の賜かと自己認識してます。

我が家の高三の息子は理系。

目下のところ、数学では「微分」だの「積分」と格闘中かと思いますが、実は私自身も理系で入試科目にあったが故に「数Ⅲ」は選択しておりました。
ところが、浅学が拙かったんでしょうか、そこそこ苦手では無かったし どちらかというと得意科目だった記憶まであるのですが・・・・

どうにもこうにも思い出すことができません。(泣)

たぶん、数学ですから論理的思考に通じる意味合いはあったかとは思うのですが、残念ながら社会に出ては それらを思い出すことは一度も無かったですね。

ホバーリング

何かで読んだ事がありますが、義務教育っていうのは素晴らしいモノで、それさえしっかり学んでおけば生きて行くには何ら困らない・・・って書いてありました。そう記憶しています。
本当にそうで、逆に高校で学ぶ勉強、とりわけ理系独特の分野の勉強(非常にマニアックな数学等)は長じてあまり役立たないようにすら感じます。(泣)

ワクワクしながら解いていた自分が懐かしいです。

息子には、「君も悪戦苦闘で大変かもしれないけれど、卒後は記憶にすら残らないよ!」って的確なるアドバイス(!?)をし、父のその言葉に彼も苦笑。

叶うことなら、将来的にもっと生活に役立つ「学問」を身につけさせてあげたいなぁ。
役に立たないことが解っていながら ひたむきにチャレンジ。
そこからナニか、一つでも引き出してくれたら嬉しいです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月31日

「娘がいつも御世話になってます」

8月も今日で終わりの31日に、当院二階に嬉しいお客様をお迎えすることが出来ました。

それにしても人と人の出会いっていうのは摩訶不思議なモノで、全国の各地(熊本、広島、東京、etc・・・)から大学進学した大勢の学生さん達の中で、偶然にも娘と同じ学部・学科を選び、ひょんな事から言葉を交わし親しくなるなんて、考えようによっては奇跡のような確率に思えなくもありません。
その出会いの第一歩から歩調を合わせ、まったく生活圏が違っていた者同士が理解し合い、そして仲良くなる・・・。

・・・・で、迎えた娘達の夏休み終盤。

いわき市においては、震災後の「フラガール」の皆さんの活躍や高校生達の「フラガール甲子園」といったイベントにも触発されたんでしょう。その発祥元でもある「スパリゾート・ハワイアンズ」は結構有名だったりするんでしょうね。

娘が出会った学友達が、ありがたきことに遊びに来てくれました。(笑)

ただ、学生さんですから宿泊してお金を落とす・・・いわゆる地元に還元してくれる観光客という訳にもいかず、家内による送迎付きの「酒井歯科医院・御一泊ツアー」と相成ったようであります。(笑)
医院の診療終了時刻を見計らって泊まりに来てくれましたよ。

そこで・・・です。

こんな時には父親としてナンと言って良いのか迷うじゃありませんか。(笑)
で、表題の「皆さん、娘がいつも御世話になっております(笑)」というありきたりの御挨拶となってしまったってワケです。(恥)

想い出が溢れる空間

さすがに初対面の娘のお友達にレンズを向けてしまうほど無粋ではありませんから、写真は今朝の光景です。
昨日、自宅でだったら滅多にやることもないような「布団干し・風呂掃除・トイレ掃除・掃除機掛け」までして準備に余念はありませんでした。(笑)

思えばこの空間は、32歳で私が医院を開業した際に、サラリーマン家庭に育った私が分不相応な借り入れをして得た空間でした。
手前のテーブルは所帯を持った時の懐かしいモノ、奥は医院発足当初のスタッフ用のテーブルです。思い入れがあってなかなか捨てることは出来ませんし、この空間そのものが当時必死に頑張った自分の証でもあり、感慨深いです。

やっと歩けるようになったぐらいだった娘が、遠方から友人連れで「合宿」に来るっていうんですから、歳月の重みも感じざるを得ません。
来年になれば今度は息子がまた友人達を連れて合宿しに来ることでしょう。(笑)
子供達にとっては幼過ぎて住んで居た記憶すら曖昧かもしれませんが、この空間を長じた彼等が利用してくれるのは親としては無上の喜びでもあります。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ、明日の夜は、入れ替わるように「いわき自転車探検部」のメンバーがここで反省会という名の合宿を行います。前夜とのあまりのギャップの大きさに・・・

実は胸中複雑であります。(笑)

探検部の連中は・・・・

きっと汗臭いんだろうなぁ~(泣 → 笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月27日

高校生活最後の夏が過ぎ行く・・・

何処の高校も一緒なんだろうか・・・・高校の文化祭って毎年開催ではなく二年に一度ですよね。少なくとも息子の通う高校は二年に一度で、今年はその開催年でありました。
と同時に、このイベントを期に彼等・彼女達の高校三年の暑い夏は終わりを告げ、二学期の始まりと共に受験モードが日に日に色濃くなっていくんでしょうね。

端から見ていて、受験っていうモノは ちょっと気の毒なようにも思えなくはないのですが、多くの方々が通る道ですから致し方ないでしょう。
本人は自分を客観的には見られないだろうけれど、文化祭準備に尽力し、束の間 来春のことなんかを忘れて完全燃焼できたようであれば・・・なんて思ってたところです。

その文化祭(高月祭)に行って参りました。

私の母校でもあるワケですから、久し振りの訪問であれこれ懐かしくも感じます。中でもこの水道の蛇口とネットに入った石鹸は、久し振りに見て懐かしかったですね。いい感じでした。(笑)

磐城高校の文化祭・高月祭1

文化祭って、やってる本人達は一生懸命でしょうけれど・・・・

見所満載・・・ってほどでもなく。(笑)

あちこち、暑い校舎を巡りましたけど、私の在学当時と違って冷房が入ってる事に驚いたり、カラフルな仮装に現代風を感じた程度でしたでしょうか。

磐城高校の文化祭・高月祭2

体育館のバスケットのリング。どの角度で撮れば良いのか解らなくって真下からコンデジで撮ってみました。(笑)

思えば当時は写真部なんかその存在すら考えたこともありませんでした。
今は充実してるんでしょうね。
素敵な試みを発見し、自分には無い感性に羨ましさを覚えたりしてました。

下の写真・・・壁に貼ってありました。

磐城高校の文化祭・高月祭3

地球、日本、ユーラシア大陸、オーストラリア、そして手と手・・・。
細かい写真で構成されてて、見ていて嬉しさを感じましたね。

左下から・・・こんな細かい写真の集合体でした。

磐城高校の文化祭・高月祭4

右側から・・・素敵ですよね。

磐城高校の文化祭・高月祭5

若き感性に学ぶべき点を感じて参りました。
その一点だけでも暑い中、足を運んで良かったと思いましたよ。

磐城高校の文化祭・高月祭6

中庭。記憶が定かでなかったりもするのですが、この光景は変わってないはずです。
それにしても暑い一日でした。間違いなく「かき氷」日和でありましたよ。(笑)

磐城高校の文化祭・高月祭7

間もなく迎える九月。
秋の日は釣瓶落としですから、瞬く間に初冬を迎えるのかもしれません。

無事に終了を迎えた高校生のビッグイベント・文化祭。
来年、受験を控えた少年少女達の気持ちをリセットし、リスタートさせるキッカケになれば大成功ではなかったかと思います。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月17日

タイムカプセルに10年前を見る

お盆の休診期間も終わりを告げようとしています。
さぁ~、明日からはいよいよ後半戦に突入であります。(笑)
気持ちも新たに、年末に向けてまた頑張って行くといたしましょう!

それにしても暑い一日でしたねぇ。(泣)
猛々しいと表現(猛暑)したり、炎のようだと表現(炎暑)する気持ちが理解出来るような夏の日。お盆休みの終了に合わせるかのように大学生の我が子も無事に自分のフィールドに戻って行きました。

不思議ですねぇ。
つい半年前には我が家が「ホーム(本拠地)」であって帰る場所だったはずなのに、今では泊まりに来る場所に変わってしまいました。
モチロン、正常なる進化ですからまったく問題は無いのですが、「巣立つ」ということの意義を噛み締めざるを得ない気もします。

よく「寂しくなりますねぇ・・・」とかって言われますが、私も家内も鈍感なんでしょうか、まったくそんな事は無いですね。
生活の拠点は異なれど、今どきは双方向のテレビ電話だって手軽に出来ますし・・・そりゃぁ~無事息災を祈りはしますけど、良く耳にする「悲しくて涙が・・・」なんて事は一切無いです。

花と蝶(笑)

このお盆に、我が子達が卒業した小学校からタイムカプセルに入った11年前の「過去」が届きました。本当は10年後の昨年に開ける予定だったのが震災で1年延期になったようです。
その中には小学校低学年の本人達の残したモノだけではなく、当時の私から10年後の彼女と彼に宛てた手紙も入ってまして・・・(笑)

文章の内容どうこうよりも、一生懸命だったであろう自分がナンだか妙に懐かしく思えた次第です。

「お父さんとお母さんは、ずっと味方ですよ」

と書いていたのは、今でも間違っては居りませんです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月 8日

血は争えない・・・父は嬉しく思う

先日もお伝えしましたが、9月にいわき市のソーシャルネットワークのオフ会(名刺交換会)が「パレスいわや」さんで開催されます。

バーチャルな出会いからリアルな交流へ。

そんな一夜を素敵に演出するために、「木楽館」さんの社長・鈴木聖洋氏を中心に準備委員会(!?)が発足して、そのメンバー達が今週10日に当院二階に集まり、会合が開かれます。
モチロン、打ち合わせが主たる目的ではあるのですが・・・

また、楽しい時間が過ごせそうです。(笑)

人と人が出会い、気の合う連中同士で温めるひとときの時間。
ここ一年近く 毎月のように集まりを持ち、異業種の関係ではあるけれど お互いに良き刺激を受け合って来た仲間達です。
ネット好きの個人がやがて数人の集まりとなり、気が付いたら10名以上の集団に変わり、その輪を更に拡大していかんとす・・・。
嬉しいことに、その中心となる輪の中に入れて貰えたことが嬉しくてなりません。

ちょうど医院の二階というフリースペースが存在してくれた幸運。
そこは人と人のリアルな出会いの場であり、交流の場になりつつあるようでありがたいです。

海上保安庁の巡視艇1

このフリースペースは、高校生の息子にとっても部活仲間との合宿の場ともなりました。いま現在、受験生となってはそうも行かず今年一年は「封印」を余儀なくされてますけど、来春にはまた活用してくれることでしょう。(笑)

嬉しいことに、大学に進学した娘も数名の友人を誘って宿泊しに来ます。
娘にとっても また彼女の友人達にとっても、我が家に泊まるとなればハードルが高いでしょうけれど、無料の合宿所(!?)ならばたいして気兼ねもいらないでしょう。

季節的にも雑魚寝で問題は無いでしょうから、父親としては布団を干して、アイロンこそ掛けませんがシーツを洗って、お風呂掃除もして準備をしておいてあげるつもりです。(笑)
私の年齢になっても集う喜びがあるんだもの、子供達の年代では楽しさも一入に違いありません。

「血は争えない」ことを感じる昨今です。(笑)

海上保安庁の巡視艇2

日曜日にアクアマリン周辺で開催された海遊祭。
普段は乗船できない海上保安庁の巡視艇に乗り込むことが出来ました。船内は当然の様に撮影禁止でしたけどデッキ等はOK。了解を得て撮ってみましたよ。

船内のドアにも例の邦画の大ヒット「海猿」のポスターが貼られていたのが印象的でした。屋外ではあれこれの展示もあり、そこにも伊藤英明さんとかの出演者の写真が貼られてまして・・・。(笑)

海上保安庁の巡視艇3

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年4月 5日

快適なロングドライブもまた楽し

様々な事が始まる「春」の季節。
我が子も新たなる良きスタートを切る為に お引っ越し。(笑)

本日、ちょうど休診日と重なったがために 身の周りの荷物を積んで茨城県の南部まで、私としてはちょっとしたロングドライブをして参りました。
幸いに、数日前と比べて非常に穏やかな天候にも恵まれ、気温も日中には車内で20度を超えて暑いほど。目映いばかりの陽光が歓迎の意のようにも感じられ、心地良い時間を過ごして来ちゃいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなドライブの帰り道。驚いたのは高速の電光掲示板に「磐梯熱海」と「磐梯河東」間でチェーン規制が出されていたことでしょうか。
「目を疑う」瞬間っていうのはまさにこのことか・・・と思いました。
かたや冷房を入れたくなるような陽気であり、かたや同じ日で隣県同士でありながら降雪模様。

いわきから離れること同じ百数十キロの距離であっても、南に向かうのと北西に向かうのとでは こうも気候が違うんですねぇ。

同日における気候の違い・・・だけではありませんね。
思えば昨年の同時期には原発問題が我々を襲い、家族を柏の身内に預ける為に移動した方向でもあった「南下」・・・高速が使えず一般道での移動ではありましたが同じ方向でしたっけ。

一年の隔たりを挟んで同時期の同じ方向への移動、心持ちは全く異なります。
一年の歳月が癒してくれた・・・と思えてなりませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本来、出掛けたりすると コンデジとかiPhone等で写真を撮ったりするのを常としてますけど、今日は主目的が引っ越しですから一枚も撮らず・・・でした。(笑)

下の写真は、先月の工場夜景撮影ツアー参加時の写真です。
上部のライトは、巣立つ我が子に対しての「父の愛」、「母の愛」の象徴とでもしておきましょうか。(笑)

画面右隅上に「弟の愛」もチラッと見えております。(笑)

夜景ツアー時の写真、結構雨が降ってました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年4月 4日

増えた時の喜びと減る時の寂しさ

預金通帳だの髪の毛の話ではありません。(笑)
我が家の家族構成の話であります。

家族というモノは、夫婦という二人の男女から始まり、若き日にはそれが3人になり、4人、5人と増えていったんですね。
それがいつの間にやら子供達も成長し、今度は巣立つ日を迎える・・・。
逆に5人から4人へ、また3人に戻り、最終的には夫婦二人に戻るんでしょう。
「栄枯盛衰」、「盛者必衰」、「一栄一落」とかの四字熟語が浮かんで来ますが、それもまた人間の「営み」なんだろうと考えます。

現在の我が家は、「成長の喜び」と「巣立つ寂しさ」が ない交ぜになった感じでしょうか。

物事には、ナンにでも起承転結があって、我が家としては「承」から「転」への差し掛かる時期なのかもしれないと理解しています。そりゃぁ~最終段階の「結」が来るのはまだまだ困りますが年代的には何ら不思議なことはないですね。
結婚の時期が早かった同級生などは既にお孫さんが居たりもしますから、当たり前の進化過程でむしろ喜ぶべきナンでしょう。
幸い、我が子は比較的に近い場所への転出ですからどうってことは無いんですけどね。(笑)

かもめはかもめ

先日、カモメを撮影してみました。これからの我が家の人数と一緒であります。

この写真、案外 難しかったんですよ。ピントを合わせたりするのはカメラがやってくれますが、カメラは背景やら構図を決めてはくれません。せめて雲があってくれたら良かったのですが、背景がブルーの空だけでは絵になりにくかったです。

酒井英治氏、着陸後1

空撮家の酒井英治さん。飛んでる時は重さを感じることのない背中のプロペラモーター。実は総重量は30キロを超えるんだそうです。特に離陸前はポリタンクにガソリンも10リットル程度入ってるそうですから いくら比重が軽かろうとも9キロにはなることでしょう。

飛んでる時には、それらはパラシュートが支えてくれるんでしょうけれど、着陸した途端に一気に彼の双肩に掛かってくることになります。
宇宙飛行士が、地上に降りた途端に地上の重力のあまりの重さに立ち上がることさえできなくなる事実を思い出しました。

その肩の荷を下ろす時・・・・

酒井英治氏、着陸後2

私自身は、まだまだ肩の荷を下ろすわけには行きませんが、がむしゃらに仕事をしてきた時期とは一線を画す「転」の時期に入ってる事も、年齢的には自覚する昨今です。

「老いる」ということとは異なりますが、諸行無常は感じずには居られません。
ありがたいことに、周囲にはその諸行無常を大いに味わってらっしゃる先輩諸氏が大勢居てくれます。
アドバイスなど受けながら、一献傾けたい心境であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年3月31日

そして明日から新たなスタートへ

年度末・・・さすがに大晦日のような気分の高揚はありませんが、何方にとっても区切りの一日ですし、実際に「新たな旅立ち」をなさる方も大勢いらっしゃることでしょう。

それにしても今日の日中の大風・大雨には泣かされた方も多かったんではないでしょうか?
Facebook仲間の投稿を拝見していたら、東京に向かう電車が風で立ち往生だったとか・・・。明日からの新たなスタートの為に旅立つ若者も大変だったことでしょうけれど、仕事絡みでの時間に制約のある方々の移動も大混雑したようでした。(泣)

そんな3月から4月への転換期。

我が子も進学に伴い、めでたくあと数日で家族構成が変わる運びとなりました。
今生の別れ・・・とは申しませんが、感慨深いモノを否定できません。

考えてみると、親子っていうのも不思議なモノですねぇ。

意外と「付き合いは短い」と感じます。ちょうど親であるこちらも仕事に熱中していた働き盛りの時期でもありましたから、瞬く間に過ぎて行った気がしてなりません。
それに比べると・・・・

「夫婦の付き合いは長い」ですねぇ。(笑)

我が家なんてまだまだ道半ばでありますが、健康でさえあればまだまだ数十年も生活を共にするのかと思ったら・・・・不思議でなりません。(笑)

受験期の子供が居てからは、今年に入っての日々は大袈裟に言うと共に闘う日々を過ごして来た気さえします。(笑)
夫婦っていう関係は、過ごす日々が長くなれば長くなるほど仲間意識がどんどん膨らんで、子供が巣立つ頃には「戦友」になっちゃうような気がしてなりません。
半世紀も時間が過ぎて、金婚式とかを迎えてるような御夫婦の方には笑われそうですが、「事業」に関しても「子育て」に関しても共に闘って来たような感覚が芽生えて来て自分でも可笑しくてなりません。

我が家は、来年もまた同様の「戦闘態勢」で臨まないとなりません。(笑)
人生で、一番長く暮らす家内と また仲良く、そしてしっかり協力しながら闘っていくつもりです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

5555続きを読む

Google +1
2012年1月11日

「いいか男は大きな夢を持てぇ♪」

最近、年末にライブで歌声を聴かせていただいた後に親しくやりとりをさせて貰うようになったFAiCOさんを応援したくって、休診日や診療終了後に医院で雑事をこなしながら USENにリクエストなんかしちゃってます。(笑)
この楽曲なんですけどね。最近のお気に入りになってますよ。

恥ずかしながら、USENってリクエストが出来ることを久し振りに思い出しちゃいましたよ・・・・って言うか知らなかったって言うか。

「ナ~ンだ、思った以上に便利なツールじゃないかぁ」

そう再認識してるここ数日です。(笑)

でね、リクエストセンターに電話して、指定されたチャンネルに設定して待つこと数曲。その間に余所の方がリクエストした曲が流れるんですが、これがまた珠玉の名曲のオンパレード。(笑)

一昨日の休診日には、河島英五さんの名曲「野風増」が流れていてジーンと来ちゃいました。


いいかぁ~男は 生意気ぐらいがちょうどいい♪
いいかぁ~男は 大きな夢を持てぇ~♪

ちょうどその前の晩から 息子と彼の仲間達8人が医院の二階に合宿(!?)してたモンだからナイスな感じだったんですね、きっと。

バラの花束

考えてみれば、鳶が鷹を生むワケは無いので、子供に大きな期待を寄せるなんて事は私は無いのですが、ただせっかく男子で生まれて来た以上はせめて大きな夢ぐらいは持って貰いたいなぁ~と思う次第でして・・・(笑)

受験勉強を否定することはないですけど、決して長くはないけど、おそらくは生涯の記憶に残るであろう高校生生活を 仲良き仲間達と満喫だけはして貰いたい、ちょっと古い言い方だけど青春を謳歌して貰いたいと私は彼等に対して願っています。

ま、50歳になっても結構 仲間遊びは出来るみたいなんですけどね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年1月 7日

「のぞみ」・・・今は幸せだろうか?

30年も前のテレビ番組の話になります・・・。

この年末年始の民報並びにNHKの放送、特番が目白押しでしたね。
その中で、テレビ朝日が放送した萩本欽一さんの特集・・・伝説的高視聴率番組でもあった「欽ちゃんのどこまでやるの(欽どこ)」特集を思わず見てしまいました。

年代的に御存知ない方も多かろうかとは思いますが、この番組からは子役の「のぞみ・かなえ・たまえ」という3人組が誕生し、「わらべ」というお茶の間アイドルグループとして世に出され、そりゃぁ~間違いなく一世を風靡したモノでした。

その人気絶頂期に15~16歳の「のぞみ」ちゃんがしでかした不祥事。
写真週刊誌フォーカスに出された写真・・・・それを生放送の番組中にどう視聴者に伝えるかを思案した萩本氏の心中を追ってた内容でありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼女達3人は、ちょっと年下の妹的アイドルでしたけど、その不祥事で「のぞみ」ちゃんは番組降板、CMからドラマ出演まで、すべての予定を失ったと聞きました。
学校も追われ、世間からは不祥事に対してのバッシング。
アイドルとしてもて囃されてた状況から一転、奈落の底に突き落とされたに違いありません。

一番悪いのは本人に決まってるんでしょうけれど、分別の無い幼気な少女を弄んだ周囲の大人達に責任はないのか・・・そう思えてならなかった怒りの記憶があります。

その後の彼女の人生。

もしアイドルになんかならなかったらまた違っていたんでしょうね。
自分で選択したアイドルへの道なんでしょうから、躓いても自己責任かとは思うのですが、我が子が同年代に居ることを思うと もっと周りがしっかりしてあげてさえ居れば・・・と思えてなりません。(泣)

女性ピアニスト

その16歳の息子ですが、医院二階の自称「男の隠れ家(!?)」に部活仲間と明日は宿泊です。
3組しか布団は無いのですが、確か8人で泊まる・・・・・?(笑)

彼等に、スポットライトは誰も当ててはくれないけれど、そんな仲間達との地味な合宿が地に足の付いた生き方のように思えて、思わず応援したくなっちゃう親バカ状態の父であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年12月25日

豊かな時代に育つ子供達の未来

もう40年以上も前の話ですから 今の時代と比べる方が可笑しいんでしょう。
日本も随分と豊かになったモンだ・・・と思える昨夜のサンタさんからの贈り物でありました。

振り返るに「仮面ライダー」は私達小学生のヒーローでした。
子供心に、ウルトラマンの巨大さは有り得ないことを理解してましたけど、仮面ラーダーは等身大で身近な存在だった気がします。
「1号・本郷猛」、「2号・一文字隼人」・・・・でしたっけ?
強烈に刷り込まれた記憶は生涯 消すことができないかもしれません。(笑)

で、私も欲しかったんですよ、変身ベルト。

学校帰りに「仮面ライダースナック」を買い食いし、夢中だったように記憶してますけど、変身ベルトは高嶺の花でした。

サンタさんのプレゼント1

昨晩、サンタさんが届けてくれたのは最新の変身ベルト。
8歳ですから、たぶん 今年が最後でしょうけれど、最近の変身ベルトは中央の風車のようなモノが回るレベルではありません。とにかく凄いんです。(笑)

サンタさんのプレゼント2

ナンだか、ベルトに差し込む部品が多いんです。
おそらく そういった数百円相当の付随品でも販売収益を上げてるんだと思いますが、メーカーさんの戦略(術中?)に嵌まる親バカでありました。(泣)

サンタさんのプレゼント3

日本は、紛れもなく豊かになったんでしょうね。
考えてみれば、スイッチひとつでお風呂は沸かせるし、トイレの蓋だって勝手に開くし、洗濯機も二槽式は少なくなってるでしょうし・・・。

今朝の新聞には1000兆円を超えそうと言われる日本国の「国の借金」について書かれており、国債の格付けの低下を憂う記事も載っては居たのですが、「トイザらス」の賑わいとかを見るにつけ、この子達の将来の国の有り様が懸念される気がしました。

上のの写真の奥の方に懐かしのルービック・キューブがあります。
高校生の長男が友人に借りたらしいのですが、今では百均で売ってるんだそうですね。
私は昔もクリアできなかったのですが、いとも容易くクリアする長男がチョイと羨ましかったりもしました。(笑)

そんな子供達を見ていて思うのは・・・・・
未来永劫に「豊かで平和」なこの国であって欲しいと願います。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年10月31日

「LEGO」って廃れませんねぇ(笑)

何方もが一度は触れたことがあるんではないでしょうか。
時代を超えて受け継がれるブロックオおもちゃ『 LEGO(レゴ) 』。
昨日の日曜日に、近所の「トイザらス」に息子と購入しに行ってきましたよ。
10時の開店直後に・・・・です。(笑)

トイザらスのLEGO売り場

確か、昔はパーツ(ブロック)だけの販売だったんじゃないでしょうか?
今では、こちらを御覧いただいてもお解りなように、シリーズ充実です。
まぁ、とにかく上手くできてますよね。

こういったシリーズものには「お手本」があって、プラモデルと同じようにそれは「作り方」でもあります。
どうなんでしょうか、本来ならゼロからナニかを生み出すクリエイティブなセンスを育むのが理想なんでしょうけれど、やっぱり最初は「模倣」から入って良いんでしょうね。
模倣することに飽きてきたら、自分なりのオリジナルにトライすれば良いんじゃないかと私は考えて居ます。

LEGOって廃れない

あのパーツとこのパーツを使ってみたらこんな感じになった・・・・。
だったら今度はこれとこれを合体させようか・・・・そうやって試行錯誤しながら想像力を養い、ついでに手先の器用さもマスターしちゃえれば一石二鳥かと考えて居ます。

ホントは、パパさんも遊びたかったりしています。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年10月 9日

親子揃って同じ「隠れ家」を使う

最近でこそ ティーンエイジャーの引き起こす事件は少なくなったように感じますが、一時期はだいぶ世間を騒がせたようなこともありましたよね。
いったいナニが若者を犯罪に駆り立て、越えてはならぬラインを踏みにじってしまうのかは解りませんが、ふと気が付くと我が子もそんな年齢に達していることに驚かされます。

どんな親であっても「うちの子だけは違う」と思っていて、それが幻想に過ぎなかったと思うモノなんでしょうか、どうなんでしょうか・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私自身がそうであるように、気の合う仲間達と戯れることは男性のみならず女性にとっても楽しいことですよね。
特に10代の高校生達にとっては、受験勉強、震災後のストレス、放射能を気にしながらの気詰まりなる日常生活、部活の新人戦での敗退・・・・それらを共に味わった仲間達と「ちょっと楽しい時間」なんか過ごしたいと思うに違いありません。

・・・ってなワケで、今晩 16歳の息子と彼の6人だか7人の部活仲間は下の写真の当院二階に合宿中(!?)であります。(笑)

キンモクセイの芳香

16歳・・・・彼は「男の隠れ家」の味をしめてしまったかもしれません。(笑)

父親としては思うのです。

私の生活の糧を得る聖域とも言うべき場所で、羽目を外し過ぎて御近所の方々の迷惑になるようなことを平気でするようだったら、残念ながらそれはそれで仕方がありません・・・。
その程度の 思慮が足りない高校生に育ててしまった親としての私の至らなさの裏返しであろうかと考えます。

私は彼に、「君に任せる」とだけ言ってあります。

細かく指図するより、それがどれだけプレッシャーになるかを知ってるからそうしてるのですが、彼の判断能力を試す絶好の機会なのかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「隠れ家」なんて言ったって、そもそも 3組 ぐらいしか布団は無いのです。
「大丈夫だぁ、ナンとかなる」って息子が言うモンだから彼に任せましたけど、ちょっと大人数は気の毒かと・・・(笑)。
若いから雑魚寝でも風邪は引かないだろうし大丈夫な季節ではありますが、仲間達の親御さんはそれを知っていたのか・・・・ちょっと申し訳ないようにも感じて居ます。

ちょっと憂鬱な点があるとすれば・・・

明日の夕方には、家内ではなく医院の管理責任者である私自身がその大勢の男子高校生が泊まった「隠れ家」のお掃除に出向くのですが、ナンだか今から汗臭さって言うのか 男の子数名のちょっとおぞましいようなニオイが充満してそうで・・・・・(笑)。

10日には、今度はお父ちゃんが仲間内の集まりで その「隠れ家」を使うことになっているので、明日はしっかり窓を開けて空気を入れ換えないとならないかなぁ~っと考えております。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年10月 4日

親の顔が見てみたいなぁ~(笑)

お馴染みの「ケチャップ」

考えてみたら「マヨネーズ」もそうですけど、いわゆる日本の「さ・し・す・せ・そ」とは異なり、よくよく考えると外来種故にちょっとヘンな名前かもしれませんね。

その「ケチャップ」

カゴメ製のヤツのパッケージには、「魔法の調味料」と書かれてるそうですけど頷けるような気がします。
あれこれの料理に役立つんでしょう。調べてみたらアメリカでの消費量がダントツで、世界中の生産量の半分を消費してる計算になるそうですよ。
彼の国ではもっぱら卓上調味料として使われることが多いそうですが、日本ではどちらかって言うとオムライスとかナポリタンといった料理の味付けに添加される加熱調味料としてのイメージも強いですよね。

で、なんでケチャップかって言うと・・・

子供の頃って、オムレツとかにケチャップをかける時に字なんぞを書いたりされませんでしたか?
私で言えば、覚えたての平仮名で「な お き」なんて名前を一生懸命に書いたりとか・・・上手に書けるとナンか得したような嬉しい気持ちになって。(笑)

先日、我が家のアイドルでもある次男が、オムレツの時に父親である私の子供の頃とまったく同じ事をやってましてねぇ。上手く書けたからでしょう、ちょっと得意気に家内のスマホで写真にまで撮ってました。

これなんですけどね・・・(笑)

親の顔が見てみたい(笑)

ま、その姿は子供らしくて可愛らしいと言えば可愛らしいのですが・・・。

逆さまでちょっと見難いんですけど、書いた文字はと言いますと・・・

思わず、親の顔が見てみたいかと・・・(笑)

Google +1
2011年9月21日

たかがサイコロ、されどサイコロ

その昔、数学なんかでも図形問題(3次元の立体問題)なんかが好きでしたし、ルービックキューブにはハマりませんでしたけど 赤とか白のサイコロキャラメルも好き(!?)でしたので、立体を見る目は自分では結構 持ってるつもりで居ました。

それも、勝手な思い込み・・・だったんでしょうね。
昨日、8歳の息子と二人で遊んでる時に、新たな発見をしてしまいました。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

事の顛末はこんな感じです。

二人で iPadアプリとかではない普通のゲームで遊ぼうとした際に、我が家のサイコロが無くなってることに気が付いたのです。
探せばたぶん有ったんでしょうけどね。家内がちょうど買い物に出掛けて留守だったこともあり探すのは面倒でした。(笑)

「無いとできな~い!(泣)」

泣きはしませんでしたけど、無いからと諦めてしまっては、父親としての威厳の問題がありますから、そこはそれ、ちょっと格好を付けて・・・

「無いなら、作れば良いんじゃないか?」

と提案してみたってワケです。
簡単には諦めない精神・・・これも大切な教育ではないかと考えたのです。
で、その辺のいらなくなった台紙に定規で図面のようなモノを描いて、一辺が3センチの立方体を二人で作ってみたのです。

「いいかぁ、1の裏側は6だぞぉ~。足して7になるようになぁ~」

なんて言いながら、息子に丸を描かせてセロテープ工作で作り上げました。
こんなふうに・・・・・(笑)

たかがサイコロなんですけど・・・(笑)

で、

「よーし、遊ぶぞぉ~♪」

・・・とここまでは良かったのです。(泣)

ところがナンと・・・

試しに振ってみたのですが、実はまったく転がらないのです。(泣)
いわゆるサイコロは、コロコロッと実に上手く転がりますよね。
それなのに、ナンとも転がらない・・・。

あぁ~父の威厳は何処へやら。(泣)

しばし、何故に転がらないのか自作のサイコロを見つめてしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

気が付きました。(笑)

角が丸くなかったんですね。そう言えばサイコロって立方体ではなく、エッジは転がり易く適度に丸まっていて、特に3面の角が集まる頂点は転がる際の抵抗にならないように丸まってましたよね。

たかがサイコロ、されどサイコロ

人間と同じでした。"四角四面の人間"より、角の取れたちょっとだけ"くだけた人物"の方が魅力的ですモンね。

ナンでもそうなんでしょうけれど、サイコロひとつ取っても奥が深いんだという事実に親子で気が付いてしまいました。
人って、目の前のモノを「見つめてる」とか「見慣れてる」んだけど、案外注視はしてないんですね。サイコロでチョイと勉強になってしまいました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年8月14日

男に生まれたことを無駄にしない

表題は、トヨタのマークXなる車種のCMで流れていたコピーです。
そうです、佐藤浩市さんが出演されてるコマーシャルでして、ナンか気に入っちゃってパクってみました。(笑)

何故かって言うと・・・

昨日、高2の息子と所用で首都圏方面に往復550kmのロングドライブをして来たからです。そりゃぁ毎日 一緒に生活はしてますが、考えてみると二人っきりで長時間を過ごすって意外と無かったですね。
あれこれ話をし合う中で、ナンつーか、やはり「男」であることを意識せずには居られませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

男性は女性を思いやることはあっても、女性の生活、もしくは心理を体感・実感することは有り得ません。
逆もまた真なりですが、どっちが良い・悪いではなく 私は女性には女性の役割、男性には男性の役割があろうかと思えてなりません。

せっかく「男」という性に生まれたのですから、その役割を果たしつつ徹底して男を「満喫する」って言うか、そう、表題のように「無駄にしない」生き方が出来れば・・・と願います。
そんな話を最近 休息に大人の男性になりつつある息子にチョイと伝えたかったですね。

マリンタワー1

写真は、いわきの観光名所の「マリンタワー」です。地震・震災に見舞われても些かも揺るがない、言うなれば復興する「いわき市」の象徴的存在でありましょう。

男子たるもの・・・・・

すっくと立ってこんなふうにありたいですね。

ま、息子にあれこれ諭す前に、まずは父親である私がそうでないとならないんですけどね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年8月 6日

パパさんとは待遇が違う?(笑)

ここ数ヶ月の報道を見るにつけ 福島県下で過ごす子供達、とりわけ乳幼児や小学生の子供達は、みんな実に忍びない生活を送ってるように思われてるに違いありません。
警戒区域始め30キロ圏内外の避難勧告を受けてらっしゃる御家庭の子供達は、モチロンのことその通りでしょうけれど、広大な面積を有する福島県ですから そうでないエリアもまた たくさんあります。

私の住む「いわき市」の乳幼児・小学生も、確かに屋外での活動には著しい制約があり、遠足・運動会行事もパス、音楽祭等の楽しみな行事も 開催場所が避難所になってる事情もあってか延期されたように伺ってます。

でも、子供達は全国の皆さんが思ってらっしゃるほど不幸ではないですよ。

残念ながらいわき市内でも、決して非難する訳では無いのですが、親御さんが情報に振り回され右往左往してしまってるようだと辛いかもしれません。
これは無理もありませんね。東京電力の「情報隠蔽」の疑いは未だに消えてないのですから、いったい福島第一原発で何が起こってるのかを正確に把握できてない以上、落ち着かない気分なのも無理はありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、我が家ではどうかというと、私の仕事故に移転等は考えようも無いので、夫婦ともにブレようが無いというのが現実です。
案じない訳では決してありませんが、現状では今の生活を捨てての避難は一切考えておりません。家内とは、その点で意見が100%一致してますから震災当初より 我が家は大きくブレることは無かったです。

モチロン、原発トラブルは困ったことだと思ってますよ。
事態が収束に向かうことを、間違いなく期待してはいます。

そんな両親ですから、息子は結構 伸び伸びと過ごしております。
本日、無事に嬉しい誕生日も迎えることが出来ました。(笑)

8歳の誕生日

ん? ナンだかパパさんの時とは ケーキの大きさ的に待遇が随分と違うのではないでしょうか?(笑)

毎日ちゃんと両親・姉兄・祖父母に大事にされてますから、彼もちょっとだけ不自由は感じてるでしょうけれど、まったくもって不幸なことはないと思います。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年8月 5日

16歳、「男の隠れ家」の味を知る

阪神大震災の直後の出産でしたから もう16年は過ぎてしまってます。
と言うことは、息子(長男)も必然的に16歳になった訳で、ここのところ心身共に成長著しく、頼もしい限りです。(笑)

私自身もそうでしたけど、一般的に 男の子って中学生時代にはチョイと間延びしたって言うのか精神と肉体のアンバランス期を迎えるじゃないですか。
顔つきも幼さ半分・大人びた側面半分・・・。
その時期を越え、だんだんとそのギャップが埋まり始め、一致してくるのが高校生ではないかと「分析」しています。

そんな彼に、お父さん愛用の「男の隠れ家」を提供してみました。

夏休み、彼の仲間達(親友)に歯科医院二階を一晩預けてみました。
彼等のプライバシーの問題もあるので詳細は書きませんが、ナンか我が長男にそんな場を提供出来るなんて・・・・

男親としては、ちょっと嬉しいじゃないですか。(笑)

部活の遠征でもない、修学旅行でもない、自由気ままな合宿状態がもたらす楽しい"ひととき"。共に励まし合って震災をも乗り越えた彼等の絆を更に深めてくれたらそれで良いと考えました。

案じなくはないですけど、細かく うるさいことはナニも言いません。
ただ、16歳となれば父親が屋号を背負ってる場であることの意味は重々承知してるはずでしょう。
必然的に、その場でどう振る舞えば御近所の皆さんに迷惑が掛からないか・・・そんな事は理解できる年齢ですから任せてみました。

高校生の愛車

高校生の「足」と言えば、そうです、チャリンコ。(笑)

今後も、例え大学生になっても、社会人になっても、時間を気にせずに仲間と過ごせる場として彼には提供してみましょう。
優先順位的にはお父ちゃんの都合が最優先となりますが、これからも時折 当院駐車場に上のような光景が見られるようになるかもしれません。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年7月25日

三崎公園、街の復興を実感する

被写体としての「海」は、午前(早朝)と午後(夕刻)では光の状態がまったく違って、別の光景のように見えるように思います。
特に高台から見下ろすような俯瞰ポイントからだとそれが顕著でして、その意味で最近 小名浜の三崎公園に足繁く出向いてしまっています。

今まではカメラ片手の単独行動ばかりでしたが、昨日は土曜日の「尾瀬ツアー」の反動としての家族サービス。(笑)
再開なったマリンタワーに上り、その後 公園にて息子と戯れて来ました。

この公園には、恐竜を模した長いローラーの滑り台があるんです。
一緒に滑ってみましたよ。(笑)

三崎公園の滑り台①

これ、結構キツイですね。
二回ほど滑りましたけど、とにかくお尻が痛い・・・。(泣)

・・・で、あとは待ち構える作戦に変更いたしました。(笑)

三崎公園の滑り台②

広角(ワイド)最大にして、なるべくピントが合うように絞り込んで・・・。

三崎公園の滑り台③

いわき市民なら知らぬ者が居ないであろう三崎公園。

放射線の測定値等を気にされて、まだまだ人の姿は「まばら」でしたけど、先々週よりかは先週、先週よりは今週のように少しずつではありますが、人の姿、特にお子さんの姿を見かけるようになっています。

「街」の復興には、道路や建物といった設備(ハード)的な復旧はモチロン必須でしょうけれど、そこに集い憩う人々といったソフトの復活が無ければ以前の姿を取り戻すことにはなりませんね。

人間って勝手なモノでして・・・・

数年前に、「写真を写したいけど大勢の人が居て写しにくいなぁ~、邪魔だなぁ~」と思ったことが しばしばありました。
不思議ですね、今では逆にそうなれば良いと感じてる自分が居ます。

毎週の様に定点観測のように出向いてると、少しずつ人が増えて来て、アクアマリン・マリンタワーといった観光の拠点も復活して来て、街が蘇り始めてることを実感できます。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年1月30日

聴いた事がない「トイレの神様」

たぶん、随分とトボけた話になるんだと思います。(恥)
聴いた事がないんですよ、植村花菜さんの「トイレの神様」・・・。

タイミングを逃したって言うか、キッカケがなかったんでしょうね。
昔はベストテンのようなヒットチャート番組で、それとはなしに耳に入って来たかもしれませんが、昨今 パソコンにばかり向かってるとテレビもあまり見ないし・・・。
でも、泣かせる一曲なんですよね。気にはなってるんです。(笑)

先日本屋さんで、その植村花菜さん御本人がお書きになった「トイレの神様」って著書を偶然 見かけましてねぇ。何故か買ってしまいました。(笑)

歌を聴く前に、本を読んじゃったってワケです。

トイレの神様

生い立ち、そしてストリートからメジャーへのデビュー、大ヒットに至るまでの折々の葛藤を関西弁トークに載せるようにして書かれていて、読み易かったしナンか温かい感じがして良かったです。
そのうち歌も耳にするでしょうけれど、背景すべてを知った上で聴くと また違った感慨を得られそうかと思っています。

Birthday2

29日は我が息子の誕生日。上の数字になりました。(笑)
家族みんなが大好きな「菓子工房Kamata」さんのデコレートされてない普通のケーキを多目に買って来て、「Happy Birthday to ・・・♪」でありました。

これから散々に悩み、揉まれて行くことでしょう。それでも挫けずに、そして優しい性格に磨きを掛けてくれたら嬉しいですね。でも・・・

トイレに神様が居るっては教えなかったな・・・っと。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年1月13日

小学校の先生方の大変さを思う

最近、記憶の片隅にひっそりと眠っていたはずの名前が随分とメディアを賑わすようになりましたね。
私が子供の頃の漫画のヒーロー。後にテレビアニメにも登場するんですが、私的には「少年マガジン」連載の漫画の方のタッチが好きでした。

伊達直人・・・・そう、タイガーマスクです。

自分がプロレスラーであることを隠して、育った孤児院へチョイと情けないお兄さんの"ふり"をしながらプレゼントを贈り続けた伊達直人。

全国各地に広がる善意の「輪」・・・なんでしょうね。
こんな時代に、こんな時代だからこその温かいニュースでしょうか。
願わくば、一過性のブームで終わらないように、マスコミの格好の餌食として弄くり回されないことだけを祈りたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて、
先日の連休に、いわき市の美術館に市内の小中学生の版画展を見て参りました。モチロン、息子も参加してるが故に・・・ですが、まぁ所狭しと飾られた版画の数々に、これまたちょっと温かい気持ちになりましたよ。
(写真は、全作品のホンの一部です)

いわき市・小中学生版画展1

なんでかって言うと、例えばこれを自宅で一枚仕上げることを思えば、お正月の書き初めなんかと一緒で もう家中大騒ぎだと思うのです。
(あっちが真っ黒、こっちが真っ黒・・・)

それが ひとクラスに何十人って児童が居るんですから、まぁ教室内でこの版画を仕上げさせるまでの学校の先生方の大変さ(苦労)は想像に難くないですよね。(泣)

いわき市・小中学生版画展2

息子は小学校一年生。個人の作品ではなく、三畳間ぐらいの大きな紙にクラスメートと共同での作品でしたけど、それはそれで またきっと大騒ぎだったことでしょう。

息子や彼のお友達は、孤児院とか児童養護施設といったモノとは縁がありませんので「"伊達直人"を名乗る方の善意」との直接的繋がりはありませんが、考えてみれば担任の先生方の愛情というのか善意というのか、そういった熱意・情熱に包まれて学校生活を送ってるんだろうな・・・ということだけでも このたくさんの作品群を見て感じられました。
子供が好きじゃないとできませんよね。

ありがたいことであります。(感謝!)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2011年1月 9日

「願い」が叶うと良いけれど・・・

父親としては「願い」、「祈り」。
本人からすれば「努力が実る」か否か・・・って感じでしょうか。

自分自身の時には大して気を揉んだりって感じではなかったような記憶がありますが、子供の受験となればそうも行きません。
元旦の佐麻久嶺神社でも黒田の不動堂でも 願うことは「ひとつ」でありました。

ま、結局は本人次第なんですけどね。(笑)

田人・黒田不動堂7

願いが叶うんであれば、思わず連打したくなるほどでありました。(笑)
(・・・・・モチロン、鳴らしませんでしたけど)

田人・黒田不動堂5

歴史の重さを感じる、趣がある、・・・・様々な形容詞が付けられそうな雰囲気でしたよ、黒田の不動堂。

田人・黒田不動堂6

空気は澄み、空は適度な雲をちりばめつつ快晴。
晴れやかに淀みない気持ちで試験に臨んで欲しいと願うのが、受験生を抱える各家庭の親御さん共通の親心でありましょうか。

せめて体調だけは万全にして臨ませてあげたいモノです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年9月26日

もう一つの「お宝」はこちらです!

先日もお伝えしましたが、貝泊写真倶楽部第三弾企画、"宝の山、貝泊・勝手に宝探し"に先立って、我が子(7歳)と親子3人で参加したイベントが有りました。 

第一回こどもフォレストクラブ in 貝泊

第一回フォレストクラブ(in貝泊)

こっちも楽しかったナァ~(笑)

初秋らしい晴天の下、久し振りに屋外で息子と充実の時間を過ごせたのも私にとっては「お宝」に違いありません。
主宰して下さった「いわき家ナビ」の大平さんには心より感謝申しあげます。

その時の模様をやはりYouTubeにアップしてみました。
プライバシーには十分配慮したつもりですが、映っちゃった方には御了解いただけるとありがたいです。
近々、これ以外の顔まで出ちゃってる写真や動画は大平さんに差し上げておくと致しましょう。我が家は、万難を排して第二回も参加するつもりです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年9月19日

第1回こどもフォレストクラブ参加

昨日、本来の診療日である土曜日を休診にして、家内・息子(7歳)と共にあるイベントに参加して参りました。

こどもフォレストクラブ

山や木々や自然を大事にしようと活動してるブログ仲間の方が主宰。
どんな内容であれ、自然の中で我が子と過ごすのも宜しかろう・・・程度に考えての参加だったのですが、経験したことのないような充実感を覚える内容でした。実に楽しいイベントでありました。

準備して下さった方々、御協力いただいた貝泊コイコイ倶楽部の皆さんには感謝ですねぇ。

私は最近、「貝泊写真倶楽部」なるモノに入会したばかりなのですが、今回のイベント地が貝泊だったのは偶然の一致。
それだけ自然豊かで、自然をこよなく愛する方々には注目のポイントって事でしょう。

今後、今回経験させて貰った「自然」のありのままを写真で紹介したいと思いますが、子供達だけでなく大人達も童心に帰ったようで、雰囲気がモノ凄く良いイベントでありました。

単身赴任をなさっているのに、昨夜静岡から6時間もかけて戻って来られた やはりこういったイベントに初参加のお父さんと、次回の第2回「こどもフォレストクラブ」にも参加しましょうね・・・などと言いながらの嬉しい初秋の週末でありました。

第一回フォレストクラブ(in貝泊)・ロープだけのブランコ

この写真はお子さんだったけど、ロープだけのブランコの順番を待ってる中には大人の姿も・・・。(笑)

第一回フォレストクラブ(in貝泊)・火おこし

これは原始的手法で火を熾す体験。
最初はお子さんが頑張り、後半は大人が汗だくになって本当の火種を熾して自慢気でありましたっけ。(笑)

当院のスタッフは、一般の会社勤めの方々と違って、明日月曜日の祝日をも含めた3連休というお休みがなかなか無いのですが、その意味でも昨日を休診にしたメリットが有ったように思います。

秋休みを取って、また来週からはリフレッシュした酒井歯科医院チームのスタートであります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年9月 6日

漢検一級に挑む芸能人の皆さん

月曜日の夜と言えば、帰宅後にビールを飲みながら見るテレビ朝日系列の「Qさま!!」が楽しみです。
見てると、芸能人の皆さんの実力(能力)って凄いですよね。
いつも見ていて驚いてしまいます。

特に 漢字の実力 には目を瞠るモノがありましょう。

今日は出演者の芸能人の皆さんが実際に漢検の各級を受験してみての結果発表の日。仕事の合間を縫っての猛勉強、如何に実力があっても それはそれは大変な努力だろうと思います。

実は恥ずかしながら・・・

我が家でも、上の子達はそれなりに年齢相応の「級」をクリアしてたので、私も「父の威厳」を見せつけようと思って 安易な気持ちで「漢検1級」の問題集を買ったことが数年前にありました。
途中の級を端折って一気にゴールを目指そうとした浅はかさ・・・。(泣)

当時、今ほどはテレビでやってなかったので、その難関ぶりを良く知らないで問題集を購入。大袈裟に言うと、内容のあまりの難しさ・レベルの高さに腰を抜かすほどに驚きました。

情けない事に、どう頑張っても10問に1問ぐらい(しかも勘で・・・)しか答えられないのです。(泣)
そのぐらいの難しさ。正直愕然としました。

受験料は4000円。200点満点中160点の合格ラインは逆立ちしても無理と解ってしまい、躊躇なく受験そのものを断念。

あぁ~、父の威厳は何処へやら・・・。
まぁ、4000円をドブに捨てなくて良かったと思うしかありませんでした。

玄関、このエリアは午後は西日地獄・・・(泣)

いつの日にか、時間的余裕が出来たらトライはしてみたいと思います。
それまで、漢字検定協会にはある親子に頼らない健全運営をお願いしたいところであります。(笑)

でも、再度のトライをする際には、キチンと中学生レベル(3級ぐらい?)から始めて、準2級・2級(高校卒レベル?)と階段を上って行かねばなりませんね。

くれぐれも「無理」は良くない。(笑)

写真は、当院の玄関付近。朝のウチは日は当たらないエリアなのですが、午後からは西日の灼熱地獄に これら鉢植えは晒されます。
人間と同じように、水分補給は十分にしてあげてます。

枯れちゃぁ~淋しいですモンね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年8月25日

ラッキー、我が家の長男のクジ運

そのうちに御紹介しようと思って忘れちゃってました。(笑)
8月に入ったある日、我が家の長男にあるモノが届きました。

コカコーラ1

御存知、コカコーラのペットボトル?

パッと見にはそうなんですが、裏を見てみると・・・

コカコーラ2

ワールドカップマークが見えて来て、読んでみると「Tシャツ」の文字が・・・。

そうなんです。これ中身は液体ではなくTシャツ。(笑)

コカコーラ3

広げてみると胸にはこんなマークが。
どうも息子が携帯からの懸賞に応募した結果だったようです。

クジ運が良いのは喜ばしいことですが、息子も高校生です。
こういったヤツで・・・

「運」を使い果たさないようにしないとなりません。(笑)

ニュースでは、円高が加速していよいよ83円台後半に突入とのこと。
我々の業種には大きな影響は生じませんが、輸出を生業にする方々にとっては辛く厳しい日々が続きますね。

やれ軽井沢に小沢さんが出没だとか、民主党代表選挙があーだこーだと喧しいですけど、そんなことやってる場合じゃないんじゃないでしょうかねぇ。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年8月14日

そろそろ難しくなる「家族旅行」

我が家は5人家族。
子供の成長は嬉しくはありますが、学校の行事・部活動等でなかなか5人で行動することが難しくなったように思われる昨今・・・。

私の実姉一家も5人家族なのですが、甥・姪が社会に出てしまってからは5人が揃うことさえ困難になってる現状を見るに付け、せっかくのチャンスは見過ごせません。(笑)

お盆期間中の12日夕方から13日にかけて、ちょうど子供達も都合が付いたので、昨年末に私が泊まって気に入った秋保温泉「伝承千年の宿・佐勘」に全員で出掛けて温泉を満喫して来ました。

報道では、高速は13日(金)の夜から混み出したようですね。
意図的に高速を降りるタイミングを深夜の零時を回った14日(土)にズレ込ませ、土・日1000円の恩恵に・・・・と目論む方が多かったとのこと。
ウチでは都合があり そうはしませんでしたが、御陰で13日だと言うのに渋滞もなくノンストレスでありました。

私も参加するために白熱灯の傘に映しこむ(笑)

こういう時の写真は、決まって「父親不在(!?)」が多いですよね。
ナンとかしようと金属製の白熱灯の傘に自分を映しこんだのですが、今思うとシャッターを切る瞬間に私が顔をズラせば良かったかと・・・。(笑)

モチロン、三脚も持参しましたからセルフタイマーでも記念撮影はしましたが・・・。

秋保の「佐勘」は家族にも好評で、機会があればまた行きたくなる感じでしたよ。ちょっと嬉しい一泊でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年8月12日

意外と知らなかった都道府県・・・

iPadのアプリの充実ぶりには驚かされてばかりですが、一昨日の夜だったか 小一の次男があれこれ弄っていて見つけ出して来たのが
「知育プラス」さんの「都道府県を覚えよう」。

「知育プラス、都道府県を覚えよう!」

いや ホントに便利なソフトで、例えば東北のブロックの拡大画像があって、パズルを当て嵌めていくが如くに漢字で書かれた「県名」を所定の場所に指先で引っ張っていくのです。

正解すればモチロン「○」、ダメなら「ブッブー」。

同時に、平仮名表記もあって、かつ正解すると音声でも県名を読み上げてくれるという優れモノ。
モチロン、東北に限らず日本全国各ブロックで可能だし、全国地図で ひと都道府県ずつ出題されるような形式も可能なようです。
(正答率も出て来る!)

息子は7歳ですから当然解らないヤツばっかりでありました。
無理もないですね。「パパ教えて!」のリクエストにお答えして・・・

(父)     「いいか、この県はここで、こっちはここだぞ・・・・・」

(iPad)   「ブッブー」

(父)    「あれ?・・・・・・エッ?」

(息子)   「パパぁ~」

案外知らないモノですねぇ。
幼児向け知育ソフトで勉強になっちゃいました。(笑)

具体的に言うと、流石に北海道だの東北の6県は間違えませんでしたけど、北陸(福井・石川)、山陰(鳥取・島根)、近畿(三重・奈良)辺りがダメでした。
四国・九州はクリアは出来ましたけど危うかったような・・・・。

こんなでも 昔の大学入試の共通一次の社会科選択科目は「地理」だったんだけどナァ・・・・。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月28日

育てられ方が間違いだったの?

秋葉原の無差別殺傷事件、公判での加藤被告の供述。
ネット依存で、現実とバーチャルの世界が交錯してしまったのか・・・としか思えないような思考。

その被告曰く・・・

「育てられ方が間違っていた」と母親を非難。

全てを親のせいにしてしまえれば こんなに楽な事はないでしょうけれど、報道に触れると考えが幼稚過ぎやしませんか・・・って気がしました。
こんなヤツに我が子や最愛の人を奪われた遺族は、あまりにやりきれないでしょうに・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

父母の夫婦仲の悪さ、母親からの数々の仕打ちの披露。
加害者の親なんだから仕方がないんでしょうけれど、この加藤被告の母親はこれからの人生・・・

どうやって生きて行けばいいんでしょう?(泣)

私も3人の子の親ですので、よーく考えないとなりませんね。

モチロン、我が家では夫婦仲は悪くありませんし、子を二階から突き落とそうとしたりしたこともありませんけど。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月19日

高校生の勢いを感じた夏の日

おそらく高校生の我が子二人はラッキーだったんだと思います。
何故なら、二年に一回の高校の文化祭・高月(たかつき)祭。
ウチの子は1年と3年に在籍中ですから、今の2年生は高校生生活で一度きりの文化祭なのにそれを2回も経験できます。(笑)

記憶を遡るに私もそうでした。

今日は、朝から日射しの強い暑い一日となりましたが、子供達の通う高校のその文化祭(高月祭)の一般公開当日。
家内と次男と3人で行って参りました。

日頃、空調の効いた診療室での生活が多い私には、かつて私自身も学んだ高校の古い校舎や体育館は蒸し風呂のような感じで結構しんどかったです。(泣)

高月祭

広角レンズ一本であれこれ写して来ましたが、上の写真にもチラッと写ってる着ぐるみの子(ペンギン?)が居たりして

   「若いって凄いナァ~」

と変なところで感心してしまいました。

不思議だったのは、この暑いのにハイソックスの女子高生(他校生も)が大勢居たこと。
暑さに弱いオジさんには全く理解不能の状況でありましたっけ。(笑)

娘も息子も、嫌がられると思って(逆だったらNG!)遠くからしか接しませんでしたが、ここ数日 精一杯取り組んでましたから完全燃焼だったことでしょう。

高校の文化祭は・・・
若さを眩しく感じる瞬間の連続 でありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一番印象に残ったのは、私も好きな写真部の方々の作品だったでしょうか。娘の親友が部長さんをされてるとかで、娘も協力していたらしい大きな作品が印象に残りました。

単なる膨大な枚数のモノクロ写真を貼り合わせただけなのですが、遠くから見るとあのマイケル・ジャクソンが浮かんで見えます。
(そのセンスに脱帽!)

写真好きとしては、ナ~ンか驚きました。

この巨大パズルのような写真に限りませんが、効率重視の大人社会にドップリと浸かってしまってる私には、一見無駄と思えるようなこういったことができる高校生の情熱・勢いに圧倒されるような感覚を覚えました。

この場所は体育館だったのですが、ステージではチアリーディングっていうんでしょうか、全員が想いをひとつにして懸命に踊ってました。
非常識な人間(!?)と勘違いされない様にレンズは向けませんでしたが、どれだけの練習を積んでここまでシンクロさせたかと思ったら 高校生活は案外偉大かと思っちゃいました。

高校の文化祭を経験してから30年。

どれだけお金を積んでも、その時代には絶対に戻れないことに深い感慨を覚えた暑い夏の日でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月 6日

ナンかちょっと・・・「いい歯医者」

いつだったか お会いしたことはないけど敬愛する西新宿歯科クリニック院長・武末先生もお書きになっていたし、私もこのブログに書いたりした事がありましたが・・・

「いい歯医者」なる雑誌への掲載について・・・です。

否定してる訳ではないのですが、あまりの掲載費用の高額さに驚いたりした事実がありました。
でも、世の中には「選ばれた いい歯医者さん」と勘違いなさってる方が結構いらっしゃるようで・・・。(泣)

広告なんですからそれで良いのかもしれませんが、私だったら自ら

「選ばれました!」

なんてはちょっと書けないかナァ・・・と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は話が矛盾するかもしれませんが、私も昨年に引き続き今月末発売のいわき市のタウン情報・「タウンマガジンいわき」に広告を掲載します。

広告ですから当然 費用が掛かります。

でも、この会社は地元企業ですし、担当の方(Kさん)も編集長の方も親切で非常に好意的だったこともあり、お付き合いしたくなったし、応援もしたくなっちゃう感じだったのです。(事実、友人を紹介したりしました)
価格もリーズナブルでしたしね。

今月の25日の発売だったような・・・。

当院、ローカルなこの雑誌(タウンマガジンいわき)には出ますけど、残念ながら決して「いい歯医者」だから載る訳ではありません。(笑)

タウンマガジンいわきのサイト

こういったメディアによる広告と本当の評価の相違に関しては、我が子(高校生の2人)にも社会勉強の一環として伝えていかねばなりません。
・・・と同時に世の中の絡繰りとして教えていくつもりです。

我々大人も、うっかりメディアに誘導(!?)されないように真実を見抜く目を養わねばなりません。特に参議院選挙直前の昨今、メディアの報道通りに受け止めるのは「?」かもしれませんね。

もっとも 父の威厳 の問題もあるので・・・

お父さんは「いい歯医者」に載ってはいないけど、そこそこ良い歯医者かもしれないよ・・・って家内にフォローはしておいて貰うつもりです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年6月17日

高校の教室で今何が起きてる?

横浜に続いて山口でも、高校生による教室内での刺傷事件が・・・。
二人の高校生の父親としては、ニュースを見て複雑な気持ちを覚えます。

今の高校でナニが起きてるんでしょう?

そりゃぁ偶然の席替えで、隣席に好きになれないような子が来ることもあるでしょう。そこで どれだけ折り合いが悪かったとしても「刺し殺す」発想は常識的には持たないのではないか・・・。(泣)

うちの子が加害者になるとは思いませんが、気が付かぬうちに誰かを傷つけてしまい被害者に・・・なんて事が無いことを祈ります。

早朝の逆光、まどろみからの目覚め

昔はさすがにそんな教室での事件はなかったんじゃないかなぁ・・・。

こういった事件が起きるとすぐに全校生徒による集会、カウンセラーによるケアの話が出ますけど、それを否定はしないけれど そこはそれ本当は家庭(家族)の出番なんではないでしょうか。

今も息子(高1)とその話をしていたところです。

たいしたアドバイスも出来やしませんが、まず話をすること・・・が大事ではないかと考えます。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年6月 1日

今年前半のマイ・ベスト・フォト

今日で5月も終了。

明日からは衣替えだって言うのに 先週末の仙台ではセーターを着込んでる方はモチロン、マフラーをしてる方もチラホラと。
(気温11~12度!)
その一方で半袖の若者も見かけましたが、暦的には間違っては居ないようにも思いますし・・・。

こう寒い日が続くと、当院外周の植栽のサツキツツジの開花も遅れそうです。昨年の自分のブログを振り返って読んでみると、6月の初旬にはピンク色に染まっていたのに、いまだその気配すら感じられずの5月の晦日でありました。

さて、今年の春、3・4・5月を振り返ってみると、例により何千枚ものシャッターをあちこちで切りました。
残念ながら納得の行く写真なんかは数枚しか撮れませんでしたが、その中の自選ベストはこれかなぁ~と。(笑)

私は、自然でもナンでもジャンルに囚われずに撮影しますが、ヒューマンフォトとでも言うんでしょうか、

人の表情に優る被写体は無いように感じています。

モザイクは掛けましたけど、お子さんを見つめるお母さんの表情がとても素敵でした。

5月連休の夕暮れ時のスナップ。

大して期待せずに撮っていただけに、ナンか嬉しい写真でありました。

私にとっては、この春のベストショットでした(笑)

※ 本日、突然の訃報が・・・。
叔母が62歳という若さで急逝。我が一族に激震が走りました。

淋しいですねぇ、叔母は私が幾つになっても会う度に

「あら、なおちゃん!」

と声を掛けてくれたモノですが、また一人 幼少時より変わることなく私を「なおちゃん」と呼ぶ方が居なくなってしまいました。
冥福を祈らずに居られません。(合掌)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年5月21日

こうなると麻酔は要りません

小さなお子さんの口の中には、全部で20本の乳歯が存在します。
個人差はありますけど、6歳の前後より小学校の高学年までに順次永久歯に交代して行きます。

この永久歯への交換、自然に脱落してくれればナニも問題はありませんが、なかなか思うようにいかないケースも結構ありましょう。

ぐらぐらの乳歯左の写真はウチの次男(6歳)の下顎前歯であります。
当然グラグラになっていて気にはなるようですが、なかなか自分では思い切りよく抜けるモノではないようです。

でも、このぐらいになると・・・

案外 麻酔なんかは要らないモノですよ。

息子のこの歯もそうで、写真撮影の後、麻酔もせずピッと抜いちゃいました。
ポイントは・・・

● わざと引っ張る口角(ホッペタのところ)をつねって注意をそらす
● 滑らないようにガーゼかティッシュなんかでつまむ
● ためらわずに一気に行く(途中で止めては可哀想)
● 無麻酔だと少し出血は多いけど、驚かない

息子も簡単に抜けちゃって、拍子抜けだったようです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年4月10日

「自転車」は価格の優等生!

昨日の往診のそのあとに、かねてより息子と約束していた新車(!?)を購入しに自転車屋さんに行って参りました。

考えてみれば、三輪車も壊れかかった上の子のお下がり、最初の補助輪付きの自転車も姉・兄のお下がりで、タイヤの空気がすぐに抜けてしまうような代物でしたから、小学校入学に合わせて彼に好きな車種(!?)を選ばせてあげることにしたのです。

「ジャジャ~ン!」って感じでしょうか。(笑)

価格優良商品

ボディカラーは、男の子らしくブルー。
6段変速のギア、グリップシフト、ナンだかのメーターのようなモノからライトも付いていてのブリジストンの男児用自転車・・・・2万円ちょっとでありました。

40年近くも前の話で恐縮ですが、私が小学生で初めて買って貰った時のフラッシャー付きのサイクリング車が少しマケて貰って36500円だった(ナンだか鮮明に記憶してる)ことを考えると、

卵と同じく価格の優等生ではないかと・・・。

息子の嬉しそうな顔。しばらくは物置なんかに入れずに、玄関内にしまっておくこととなりました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年4月 8日

まもなく桜も咲くことでしょう

6日の次男の入学式の日は異様に春めいていたのに、昨日・今日辺りは各地で霜が降りたところもあるとか・・・・。
そう言えば、昨晩は常勤スタッフ全員と会食したのですが、夜も更けた頃には上着の襟を立てたくなるほどの寒さ・・・・。
明けて今日も真冬に逆戻りのようにも感じた寒い一日でありました。

例年であれば、小学校の入学式には「桜」の開花が間に合うぐらいのタイミングだったように記憶していますが、今年は一向に・・・(泣)。

新たなスタートを迎えた日写真の右後方の樹木が「桜」です。
明日も寒さは続くようですが、それでも着実に蕾は花開いて行くことでしょう。
日本人であることを再認識させられる良き季節の始まりですね。

久々の小学校への訪問。

教室の狭さっていうか、昔抱いていたサイズ・イメージとのギャップっていうのか、それが自らの成長の証なのかなぁ~などと、しばし心地の良い感傷に浸ることもできました。

それにしても、当たり前かもしれませんが・・・・

小学校の先生は字が上手ですよねぇ~。

黒板に書かれた一字一字がとても丁寧で、綺麗でありました。
中学校の先生もそこそこ上手だったように記憶してますが、高校の先生とかは「オリジナル?(笑)」のように感じるような乱筆の方もいらっしゃったように記憶しています。

写真には写ってませんが、ギャラリー(両親だけでなく、祖父母の方の帯同)の多さにも驚いたかなぁ・・・。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月16日

息子に「十五の春」が訪れた日

春・・・四季のひとつとしての季節的な意味合いだけでなく、春には苦しくて辛い試練のあとに来る喜びの時って意味もありますよね。

特に、15歳で迎える義務教育が終了したこの春は、誰でもが おそらくは一生の記憶に残るに違いないでしょう。

桜咲く・・・我が家にも春がやって参りました。(笑)

桜咲く・・・・2009年の桜

こういう時は、「15の春」ではなく どうも漢数字で書く「十五の春」の方が相応しいように思いますが、息子が無事に高校合格となりました。

私と同窓の後輩になりました。

私は磐城高校の32回卒(昭和55年卒)ですが、30歳ぐらい下の後輩になるようです。
私が在学した頃は男子校でしたので、娘の時には今の共学制という状況に大いに違和感を覚えたモノですが、さすがに息子にはそんなこともなくイメージ通りでありました。

私自身もそうだったし、どこの御家庭のお子さんもそうだろうかと思いますが、ここ半年あまり、思春期の子供ですからあれこれ葛藤したに違いありません。努力の過程も間近に見ていただけに、本日の彼の晴れやかな笑顔が実に眩しくも感じたモノです。

卒業・入学と彼を取り巻く環境は大きく変わりますが、自分を見失うようなことなく成長して行って欲しいモノであります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月15日

続く地震に不安を感じました

そう言えば、昨晩・今夕と続いた震度4の地震には不安を感じました。
特に今日の夕方の地震は、いわき市より30キロぐらい北に位置する楢葉(ならは、JリーグのJヴィレッジのあるところ)では、震度5弱だったとか・・・。

3月14日の地震

震度1
震度2
震度3
震度4
震度5弱
震度5強

特に、昨晩のように家族が離れて居る時(私だけ仙台)には、即座には震源位置も解らないし全く状況が掴めないだけに不安は増すように思いました。

私は数秒後には家内にメールを打って自宅にも被害が無いことを確認したのですが、すぐ隣にいらした私より年長の先生は数分後に自宅に電話した際には繋がりにくかったようでもありました。

殺到して回線が混み合ったんでしょうか。

実際の理由は解りかねますが、考えようによっては電気・水道・ガスの一般的に言われるライフラインよりも、連絡時の生命線となる携帯が繋がらないのには不安を感じますよね。

各地でも、今回の地震で特別な被害がなくて本当に良かったです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月10日

昨日は長ぁ~い一日でした

いやはや昨日は長ぁ~い一日となりました。

息子が高校受験だったから・・・ではありません。そういうのは仕事が始まり集中してしまえば すぐに忘れてしまうモノです。(笑)

昨朝は、4時20分起床。外は真っ暗でありました。

ナンでそんなに早起きだったかって言うと、「高校受験の日=在校生休校=部活も休み」。それを利用して上の娘が友達と3人で東京ディズニーシー(TDS)に出掛けたからであります。

いわきからだと直行バスの出発は午前5時ジャスト。
遅れてはなりませんから 父親としては早起きして間に合うように送ってあげることにしたのです。(偉い!)

早起きは三文の得はホントですねぇ。
御陰で帰宅後、仕事までの数時間を有意義に過ごすことが出来ました。

問題は深夜の帰宅。

予定では午前零時を過ぎて間もなくの筈だったのですが、折しも全国的に大荒れの天気でしたので TDSもいわき市も降雪模様。
バスも安全運行第一だったのでしょう。遅れることしばし。娘を迎えに行って帰宅した頃には1時半を回った頃だったでしょうか。(それから入浴)

そんな訳で、実に長ぁ~い一日でありました。

驚いたのは、深夜にバスから降り立った高校生が大勢居たこと。

みんな考えることは一緒なんですねぇ。(笑)

3月に入ったというのに・・・・。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月 9日

本日、スタートラインに立つ

本日、3月9日は中学3年生の息子の高校受験の日であります。

その朝を迎えております。(笑)

いわき市では、私立高校進学と言うよりも公立高校進学が一般的でありますので、多くの中学3年生が あと数時間でスタートラインに立つことになりましょう。
これから迎えるであろう長き(短き?)受験生生活の最初のハードルってところでしょうか。

受験の時って、隣に座る見知らぬライバルが凄く優秀に見えるから不思議ですよね。入学後には親しくなって自分と五十歩百歩で笑っちゃった経験も少なからずあります。(笑)

私自身の高校受験は30年以上も前の話になるので記憶も「?」なところがありますが、変なことだけ覚えているモノですね。
当時 同じクラスだったN君が興奮したんでしょうか、その前の晩から発熱(38度ぐらい)しちゃって真っ赤な顔をしていたことだけ鮮明に覚えています。(それでも彼は無事クリアしましたけど)

息子には、適度な高揚感といつもと変わらぬ平常心で臨んで貰いたいと願います。

おそらく想像するに、いわき市内の受験生を抱える多くのご家庭では、昨晩は「勝つ!」に因んで トンカツとかが食卓に並んだことでしょう。

我が家もモチロンそうでした。(笑)

家内の祈りが通じるのは15日のお昼過ぎの予定であります。(笑)

昨朝にも若干の雪が降り、山々は白く染まってました。
今日も天気予報は午後から雪マーク。(泣)
寒さに負けずに、息子だけでなく受験生全員がベストを尽くして貰えると宜しいかと思います。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月 6日

英単語にも世相が反映される?

本来、高校生の娘はバス通学なのですが、バスの便が悪かったり 長期の道路工事とかの関係でバスが学校まで行けないこともあり、私が出勤前にクルマで学校まで送ったりしています。
(チョイと遠回り!)

それはそれで苦になるようなことではありませんから宜しいのですが、我々親子にとってはどうせ退屈な朝の十数分、英単語の勉強にもなろうかとクルマのオーディオでリスニング練習用のCDを聴いてみることにしたのです。
(小さな事からコツコツと・・・・笑)

日本語 → 英単語 → 日本語 → 英単語・・・と次から次へと矢継ぎ早にどんどん出てくるCDで、手元の本と照らし合わせながらの学習になるのですが、隣で何とはなしに聴いてると結構オモシロいです。

その昔、必死に覚えた単語って覚えてるモノですねぇ~。(驚)

「鉄は熱いうちに打て《 Strike while the iron is hot. 》」とはよくぞ言ったモノで、若き日々に脳に刻まれた記憶は褪せないばかりか瞬時に蘇ったりして 楽しめます。(笑)

そんな中で、英単語というのも世相を反映するんだなぁ~と感じたのは、次のような単語が出て来たからです。

「年金」、「環境問題」、「失業率」・・・・etc。

昔、こんな単語に触れた記憶がなかったので、ちょっと新鮮な驚きを感じました。
因みに、それぞれに呼応する英単語は・・・

あまりに早くて聴き取れませんでした。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月25日

旺盛な食欲に成長を感じる

どんな仕事もそうだと思いますが、我々歯科医院スタッフの仕事に従事する勤務時間は診療終了時間と一緒ではありません。
患者さんがお帰りになった後に、その日の後始末はモチロン、翌日の準備もせねばなりません。

更に院長は、スタッフが帰った後もその日の診療内容記録(カルテ)のチェックをしなくてはならないので、医院の消灯後にすぐに帰れる訳ではありません。

となると、なかなか家族と一緒に食卓を囲むことが難しくなります。
子供が成長すればするほど、各人の都合(部活等)も生じてきますから、家族揃っての外食もままなりません。

そんな中、休診日の本日の夕方、久し振りに家族5人で和風のファミレスで食事をして参りました。

安価でボリュームのあるお店なのですが、美味しそうで思わず頼み過ぎてしまい、以前だったら少々持て余し気味にもなったことも・・・・。

それがですねぇ、本日は・・・

目の前の3人のよく食べること食べること。

旺盛な食欲・・・つまりは「食いっぷり」が良いのは見ていて爽快感すら覚えるモノですね。(笑)

頼もしいことであります。

実は、その直前に私自身が身長測定の検査を受けたのですが、悲しいかな7ミリ減少しておりました。(泣)

縮んだ訳ではなく、身長測定の直前に散髪して来たりしたせいか・・・とは思いましたが、伸びゆく世代と後半に差し掛かった世代の違いを感じた瞬間でもありました。

さてさて、下の写真は、今から一週間前のモノです。
気温差で15度ぐらいじゃないでしょうか。(驚!)

水墨画のような世界

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月22日

園児をまとめる、私には無理デス

先週の木曜日のこと、雪の降った休診日に保育参観に出向いてみました。振り返ってみると、3人の我が子が皆同じ幼稚園に御世話になったというのに、保育参観なるモノに出席したのは初めての経験でありました。(笑)

雪の日の園庭

ホントに小さな椅子・・・・大袈裟に言うと、お風呂場で用いるようなサイズの園児用の椅子に親達も腰掛けさせていただきました。
授業開始の鐘があるで無し、ちょこまかと動き回る子供達十数人。

これを統率するのは一苦労

これをまとめるのは容易ではないだろうなぁと思っていたのですが、それがですねぇ・・・・

ナニやら担任の保母さんがウクレレじゃないんだけどウクレレのようなモノで心地良い音色を奏で始めると・・・
「座って下さい!」なんて一言も仰らないのに・・・・

保母さんを中心に輪になって

自然と先生を囲むように みんなで輪になって先生のお話に聞き入るのです。
ナンかとても不思議な光景を見ているようで、嬉しくなりました。

子供達にとっては ごく自然なことなんでしょうね。
残念ながらもう少しでお別れを迎えてしまうけど、お友達みんなの健やかなる成長を祈りたいモノであります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年1月17日

直木賞を受賞した佐々木譲氏

確か学生だった1980年代からですから二十数余年のお付き合いであります作家の佐々木譲氏が、一昨日目出度く直木賞を受賞されました。

ファンとしては、嬉しい限りであります。

最近では、ドラマ化もされた「警官の血」とかの警察小説の旗手のイメージが強い氏ではありますが、本来は冒険小説作家であります。

中でも、下記の3部作には昭和初期の歴史を学ばせて貰ったような感覚も未だに残っており、印象深い3冊となりました。

ベルリン飛行指令 エトロフ発緊急電 ストックホルムの密使

北海道出身である氏故に、「エトロフ発緊急電」という作品には特に力が入っていたかもしれません。
まだ30代後半だった氏が、この作品で受賞したのは日本冒険小説協会大賞と山本周五郎賞でありました。

思い起こせば、佐々木譲氏だけでなく、知る人ぞ知る船戸与一氏や志水辰夫氏等の冒険小説には随分と楽しませていただきました。(笑)

もう数年すると、息子がこういった著作を理解できる年齢になりますが、歯科医院の2階の書棚に今でも眠っているこれらの本を 是非勧めてみようと思う今日この頃であります。

さすがに中学生では読解困難でしょう。(笑)

教科書は捨てられても、こういった本だけはどうあっても捨てられない父であります。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年1月 5日

FUNKY MONKEY BABYS

年末に、私の写真が紅白の背景に出てしまった笑い話(!?)を書いてみました。事前にはスタッフにしか教えていなかったので、ほとんど誰も気が付かなくって・・・。(笑)

それはそれでまったく問題はないのですが、実は後で録画しておいた   「FUNKY MONKEY BABYS」のステージを見た際に、何故か彼等の応援に他局である日本テレビの羽鳥アナウンサーが出演していて、意味が解らなかったのです。本日その意味がやっと理解できました。

数分かかりますが、YouTubeの彼等のプロモーションビデオを見ていただけると解ります。ここです。
羽鳥アナは、彼等のプロモに出演していたんですね。

FUNKY MONKEY BABYS 「ヒーロー」

私は根が単純なんでしょう、このプロモを見たら・・・

一発で羽鳥アナが大好きになりました。(笑)

明日から私も本年のスタートであります。
暫くはこの歌がリフレインして頭から離れないと思われます。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年1月 4日

今どきのカラフルなランドセル

昨日、初売りとかを狙って出向いたワケではないのですが、まもなく小学生になる息子にランドセルを買いに出掛けてみました。

たぶん、上の子達の時なんかには無かったと思うのですが、カラフルなランドセルが並んでまして、ちょっとビックリでありました。(笑)

小学生の必需品・・・・ランドセル

これも また驚いたことに、プーマだったかナイキだったかの刻印が押されて高価になってるヤツがあったり、細部に凝ったデザインが施されてるヤツまであったりしました。(大人のバッグ並み!)
ランドセルも想像以上に実に進化しておりました。(笑)

上記のサイトのヤツは、最高傑作で 6万円 だそうです。(驚)

我が子に買い求めた物は、男の子ですから普及価格帯の真っ黒ランドセルでしたが、常日頃私が愛用して持ち歩いているパソコンバッグが
3000円チョイぐらいのモノであることを考えると・・・・

ちょっと複雑な心境でもありました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年12月19日

クリスマスプレゼント狂想曲?

母の執念は凄かった・・・。(笑)

ここ暫く我が家の懸案事項であった「クリスマスプレゼント大作戦」が無事に解決いたしました。
例の息子が欲しがっていた仮面ライダー変身ベルト、トイザらスさんが「48セット、緊急入荷!」をしてくれて、本日朝の開店前から家内が並んでゲットして来てくれました。
結構早めには並んだようではあるのですが、それでも31番目だったとのこと。さぞかし根性のあるお母さん方が多かったんでしょうね。(笑)

いやぁ~助かりました。(^^ゞ

嬉しかったのは、昨日の私のブログを読んで下さった大阪在住の方(ケイズクリーンさん)が、「買ってお送りしましょうか?」と申し出て下さったことです。
3歳の男児がいらっしゃる方ですので、きっと「父親サンタ」の気持ちが良く解って下さったんでしょう。

幸いに、お手数を掛けずに済みましたが、「寒い一日」ではありましたが、ネットでの繋がりが しかもこういった御厚意が嬉しく感じられたとっても「暖かい一日」でありました。


※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年12月15日

そりゃぁ~あんまりだぁ・・・(泣)

確かに息子へのクリスマスプレゼントの購入に際して、忙しさにかまけてモタモタしてしまっていたのは良くなかったんでしょう。(泣)

この時期になってしまっては・・・
お店ではモチロン、ネット上の何処を探しても息子がサンタさんにお願いしてるプレゼントは入手困難・・・。(号泣!)

6歳の息子がクリスマスに届くと思っているのは・・・・

仮面ライダーW 変身ベルト DXダブルドライバー

こいつであります。↓ ↓ ↓

仮面ライダーW 変身ベルト DXダブルドライバー

これが見当たらないのです。実際のお店やネット上のショップを見ても在庫無しばっかりであります。

定価6825円、トイザらスの広告を見ると4797円・・・。

実はネット上を見ると売ってないわけではないのです。
それがナンと・・・
買い占めた業者さんが最高額21000円まで価格を吊り上げて売ってるのです。

あんまりじゃないの・・・。(泣)

かくなる上は、ひたすら息子を説得して 何か他のモノを欲しがるようにし向けなければ・・・・。(泣)
幼稚園児が、果たして そう簡単に誤魔化されてくれるかどうか・・・。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年11月29日

昨今の高校生の修学旅行事情

娘が28日から沖縄に修学旅行に出掛けました。それはそれで、生涯の想い出になるでしょうから全く問題はないのですが・・・

気の毒に、新型インフルエンザが学年内に蔓延しようモノなら中止。
本人が罹患してしまえばモチロン行けず・・・。(泣)
そんなギリギリの状況での出発でありましたので、少々安堵いたしました。

気になったのは、現地(沖縄)で発症した場合には父兄が現地まで迎えに行くことになってるってコトです。
なかなか、俄に仕事は休めないので発症しないことを祈るのみであります。
(近隣の高校では、実際に大阪まで父兄が迎えに行った事例有り)

日の出

空港でのロスタイムを無くすために、事前に手荷物以外の荷物(スーツケース)は宅急便で送るっていうのにも ちょっと驚きでした。

家族で沖縄に出向いたりした際には、そんなテクニックも使いはしましたが、まさか修学旅行生もとは・・・・。
行き先が皆一緒ですから、集団の割引とかがあるのかもしれませんが。

とりあえず、ここ数日の間 沖縄地方が天候に恵まれるのを祈るのみであります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年11月13日

歯科医の子に生まれた宿命(!?)

一般的に、子供の歯(乳歯)は生後7ヶ月目ぐらいに まず下の前歯から生え始めます。
個人差はありますが、その乳歯は6歳の誕生日前後から やはり下の前歯から抜け始めます。

我が家の次男、6歳3ヶ月。

順調に生え替わりが始まりまして、先日ブラッシング中に1本目が自然脱落。その後、2本目がグラグラし始め 今晩になってそれに拍車が掛かり始めました。

そこにお父さんの登場。(笑)

触れてみると「もうちょっとかなぁ・・・」とは思ったのですが、食事に支障も来し始めてましたから躊躇無く抜歯決定。
自宅ですから普通の麻酔はモチロン、表面麻酔もありません。

ティッシュでつまんで 「エイッ」っと。

気の毒ではありますが、歯科医の子として産まれて来ると、普通のお子さんの場合のような配慮は案外 受けられないモノであります。(笑)

モチロン、奥歯(乳臼歯)はそう簡単にいかないこともありますが・・・。

水面に映る紅葉

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年10月23日

大事にしたい、休診日の過ごし方

本日、医院は休診日。
午後から、奥羽大学・歯科口腔外科の先生に個人的にあれこれ伺うために郡山まで出向いて参りました。
日頃の口腔内手術の疑問を払拭して下さるアドバイスを伺え、大変に勉強になって帰って参りました。

歯科医師に限らないかとは思いますが、常に学ぶ姿勢を持っているということは大事なことですねぇ。
歯科医師としての成長がストップしないように、常に進化・発展途上で居られるようにするために、努力を惜しんではいけないことを肝に銘じて帰って参りました。やっぱり・・・

人間、いくつになっても勉強ですねぇ。(笑)

「紅葉」と「コバルトの空」のベストマッチ

さて、郡山まで出向くにあたっては腹ごしらえというのが必要でありました。以前、このブログでもお伝えした「ぐるっぺ」さんで、家内とランチして来ました。
なかなか時間が取れずに伺えなかったのですが、美味しいハンバーグを食して参りました。(笑)

「ぐるっぺ」さんでランチ1

新しくて綺麗な店内、落ち着いた内装色・ダークブラウンで纏められておりました。

十分なボリュームで宜しかったと思います。

「ぐるっぺ」さんで食事2 「ぐるっぺ」さんで食事3

写真はゴボウ(牛蒡)のスープとのこと。これも美味でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年10月11日

本来の「体育の日」は晴天なり

本日10月10日は、本来の「体育の日」。
記憶に間違いがなければ、特異的に晴天の確率の高い日という理由で東京オリンピック(昭和39年)の開会式の日だったのではないでしょうか。

そんな今日、息子の通う幼稚園で運動会が行われ、家内や両親と共に参加して参りました。

秋の運動会1

どう表現すれば良いんでしょう、決して新しい近代的な幼稚園ではないですし、園には失礼ですけど施設が特別に立派だったり豪華だったりするわけでもありません。
でも、比較的に規模が小さいながらも流れる空気はとても心地良い幼稚園であります。

秋の運動会2

我が子は3人おりますが、3人ともこちらにお世話になりました。
それでも今日の年長の息子の運動会がこの園庭で参加できる最後の運動会。

一抹の寂しさを感じながらも 息子と手を繋いで走ったり、もしかすると生まれて初めての父兄によるパン食い競争にもトライ。

充実した秋の一日でありました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月 1日

手を組んだ瞬間に「負け」の予感

今週の水曜日にローマの世界水泳で背泳ぎの金メダルを取った古賀選手や入江選手、それから御存知の二大会連続のゴールドメダリスト北島康介選手達もそうなんでしょうけれど、スイマーって握力・腕力は相当に鍛えられてますねぇ。

デッドヒート!

上の写真は息子(中3)ではありませんが、水泳大会に参加されてた中学・高校の水泳部員とかの選手全員が異様に発達した逆三角形の体型をしており、胸筋・背筋がしっかりしていて、息子もそうですが、日頃のトレーニングの賜なんでしょう、腹筋もしっかり割れていて・・・・。(笑)

そんな成長著しい我が子と、久し振りに 腕相撲 に興じてみました。

まだまだ中学生なんぞに負けるわけがない・・・と思って手を握りあった瞬間、あまりのしっかりさに不安が過ぎり、案の定、父親である私の方があっけなく負けてしまいました。(泣)

腕相撲に限りませんが、やはり、日頃から鍛錬しているヤツには適いませんねぇ。
ジャンルは違いますが、こういったネットの世界も学校の勉強も、日頃からコツコツとやってるヤツには適わないモノです。

最近では、毎日ナニかしら書き込まないと落ち着かなくなってるので、せめてこちらでは父親に軍配が上がるようにはするつもりですが、ティーンエイジャーの吸収力の早さには、好きなこの分野でも そのうちシャッポを脱ぐようになるんでしょうね、きっと・・・。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月27日

逞しく成長した少年の「夏」の雄姿

本日、天気予報では天候が危ぶまれていたのにもかかわらず、梅雨明けでもしたかのような夏の空が終日広がってました。

そんな中、いわき市民参加型の「水泳大会」が市民プールで開催され、息子や彼の仲間達が中学最後の闘いに臨んだ日でもありました。

思えば、正気の沙汰とは思えないほどの肌寒い頃から 学校の屋外プールで練習に励み、彼がいつの間にか大いに逞しく成長していて不思議な感覚でありました。

少年の夏の日

親バカではありますが、肉体が鍛えられたのは言うに及ばず、仲の良い大勢の仲間達にも恵まれ、充実の「夏」だったに違いありません。チームリーダーの辛さや孤独感を経験したことは、これから生きて行く上で掛け替えのない財産になるようにも思えます。

日焼けした逞しい背中

息子は奥ですが、恐ろしく日焼けをしたこういった少年が大勢 闊歩してるプールサイドは壮観でさえありました。

我が身を省みて・・・鍛えなくてはなりません。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年4月 1日

ネットは何でも売っている?

息子にせがまれて 紙に描いたお面作りに勤しん(!?)でおりますが、だんだんにネタが無くなってきて 今では相当にマニアックなモノまで書かされてます。(笑)

ただ、流石に情報のないモノ、例えば真っ正面からの写真とかが無ければなかなか描けるモノではありません。

そんな時もネットはありがたい。

例えば今年のテレビ朝日の戦隊モノは「シンケンジャー」って言うのですが、その中の主役である「シンケンレッド おめん」と検索エンジンに入力するとちゃぁ~んと真っ正面から見たお面そのものが出て来てくれるのです。

「ライダー、変身!」驚いちゃうのは、お祭りの屋台で売ってるようなお面もネット販売されてる事実です。
当たり前なのかもしれませんが、テキ屋のお兄ちゃんもこんなネットで仕入れてるのかと思ったら 不思議な気がいたしました。

因みに、現行の戦隊モノだからでしょうか、一枚あたり280円程度ですが、数年前のヒーローだと100円を切ってるお面もあったりするようです。

上の写真は、数年前の「仮面ライダーアギト」なので、既にバーゲンセールになってました。

販売サイトには、夜店で売る際の参考価格まで表示されていて、「参考上代は、1枚500~800円位」だそうです。
希望小売販売価格のことを上代(じょうだい)って言うんですね。反対に卸価格は下代(げだい)だそうです。

初めて知っちゃいました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月15日

我が家のちびっ子仮面ライダー

最近、息子が仮面ライダーにハマっています。

キッカケは「テレビくん」とかって言う付録の付いた雑誌の中にあった紙のお面とかベルトだったように記憶してますが、それをお兄ちゃんに作ってもらって鏡やガラスに映し、ポーズをとってその気になってます。

ただ、紙は破けやすい・・・のが欠点です。(泣)


そこで お父ちゃんの登場 です。(笑)
画用紙を買って来て、雑誌とかサイトの画面を見ながらとにかく描くのです。マジックでしっかり描いて、息子が色鉛筆で塗る・・・・。塗ったら丁寧にハサミで切らせてゴムを掛けてあげるだけ・・・・であります。
ゴムは、所謂「パンツのゴム」のような単純なモノです。(笑)

ちびっこライダー

こんな感じなのですが、そこで問題が・・・。
今どきの仮面ライダーって驚くほどウヨウヨ居るんです。

クウガ・アギト・電王・キバ・カブト・ディケイド・555・・・・・etc。
それだけなら大したことがないのですが、更に変形フォームとかって言うのがあって、同じカブトでも何種類もあったりするのです。

どうやら息子は全制覇を目論んでるようで・・・。(泣)

仮面ライダーの手製のお面

まぁ、費用的には画用紙代だけですから経済的ではあるのですが、そろそろ辛さを感じるお父ちゃんの日課であります。
(既に17日連続で描いてます・・・)

何処まで描かせる気だろうか・・・・。

息子は喜ぶけど、父はそろそろ限界かと・・・。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年2月21日

5歳児でも綺麗に撮れる!

何処の御家庭でも同じかと思いますが、買った時には最新型の製品だったのに その後数年もすると次から次へと新しい機種が出て来て、しかもどんどん安くなるという悲しい現実との遭遇・・・。(泣)

4~5年前の コンパクトデジカメ なんてまさにそうですよね。

当時は、200万画素もあれば十分なんて思っていた時代ですが、我が家にもアッと言う間に陳腐化してしまったそんなカメラが数台あったりします。(仕事用も含め)

そのまま保管していても決して日の目を見ることはあり得ないので、そんなカメラを昨日初めて5歳の息子(幼稚園児)にオモチャ代わりに預けてみたのです。
どうせフィルムが無駄になる訳でなし、後でパソコンに取り込んで見せてあげようってなぐらいにしか考えてなかったのですが・・・

Clover melody

すると どうでしょう・・・・・?

彼の記念すべき初めてのシャッター。

息子の撮影

驚いた事にそこそこ撮れてるではないですか!(驚)

実は、雪のような白い被写体、かつ前景と背景で光の当たり具合が違ったりした場合には露出とかがかなり難しいはずなのですが、このコンパクトデジカメ、数年前の古い機種にも関わらずそこそこ綺麗に写し撮ってくれました。

ピントも露出も全てオートって、ありがたいモノですねぇ。

「5歳じゃ まだ無理だろう・・・」ではなく、
「壊しても良いからトライさせてみっか・・・」が大事であることを学んだ昨日でもありました。

これからもまた 父子でチャレンジ してみるつもりです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年1月 4日

綺麗な青空に舞い上がる

本日晴天なり・・・であります。(笑)

凧揚げ①

お休みの最終日、最近少なくなる一方の御近所の空き地で、適度な風に乗せて凧揚げに興じてみました。

昨日、ほぼ在庫一掃セール中(!?)ではないかと思えるほどに商品が減っていたトイザらスで699円で買い求めたアンパンマンの絵柄の凧。気持ち良さそうに舞い上がってくれました。

凧揚げ⑤

モチロ~ン、一人ではありません。(笑)

5歳の息子と一緒です。
この凧揚げも結構 上空の強風に引っ張られて凄い力を要します。
幼稚園児の力では、どんどん引っ張られて案外難しかったりも致します。

凧揚げ③

加えて眩しいモンだから上を見上げることもままならず、手元ばっかり見つめておりました。

凧揚げ④

雲が綺麗でしてねぇ。

ナニ雲なのかは知りませんが、青と白の絶妙のバランスが気持ちを和ませてくれます。

凧揚げ②

私はモチロン お休みは大好きですが、休んだ後には社会復帰が必要となります。

それが辛い・・・。(笑)

全国の大勢のお父さん達がそうでしょうけれど、今晩は気持ちを切り替えて 明日からの新しいスタートを無事に切れるようにしなくてはなりません。

・・・1月4日の午後。

年末のお休みを楽しみにしていた年末のワクワク感から一転して、少々気持ちは重くなってます。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年12月31日

パウダースノーを満喫

大晦日の箕輪スキー場

年末年始のお休みを利用して、今まで数回訪れている「箕輪スキー場」に行って参りました。つい十日前ぐらいには暖冬による「雪不足」も懸念されていたのですが、どうしてどうして・・・。(^^)

適度な降雪にゲレンデは最良の状態。
むしろ一晩中 降り続いたことでパウダースノーの新雪に足を取られてしまうほどでありました。

ライティングされた積雪

真っ白の雪面にライティングの灯りが織りなす微妙な文様が印象に残りました。私の住む同じ県内の「いわき」ではまず見られない光景です。

もっともそこに生活する皆さんにとっては「綺麗」だけで済まされるモノではないでしょうね。厄介物・・・なのかもしれませんが。

雪だるま

子供達が作った雪だるま。

考えてみると、物心ついてから自分で雪だるまなんかは作った記憶がありません。
大人になると、そういった他愛も無いことに熱中することがまず無くなりますが、そんな気持ちは大切にして貰いたいと願います。

楽しかったのは息子二人と露天風呂に入ったことでしょうか。
ほぼ貸し切り状態。のぼせるほどに遊んでしまいました。(笑)
中学生の息子とは久し振りの「裸の付き合い」でありましたが、水泳部に所属しているせいでしょう、いつの間にやら背中が完全に逆三角形になっていて、それが非常に頼もしかった次第です。

慣れない雪道の運転で、思わず肩に力が入ってそれなりに疲れましたが、心地良い休日を満喫できました。(^^ゞ

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年12月25日

我が家のクリスマスケーキ

今日・明日は各家庭でクリスマスのケーキが振る舞われることでしょう。我が家では手作りのケーキでありました。

クリスマスケーキ

家内が中身となるスポンジ部分を準備、そして中2の息子がデコレーション部分を担当いたしました。
モチロン、男の子ですからケーキ作りが趣味だったりするワケではなく、何かを作るという学校の宿題(家庭科?)だったらしいです。(笑)

ホイップクリームを作って、ぐにゅぐにゅ絞り出すやつに入れてデコレーション。
イチゴとアポロチョコを載っけてアレンジ、最後には庭からヒイラギ(!?)なのかどうか葉を一枚調達して来て

「ハイ、できあがり!」

見た目にもそこそこ美しい、美味なるケーキとなりました。買ってくれば2000円ぐらいはしそうでありました。(^^ゞ

せっかくですからローソクを立て、火を灯してみました。

5本のローソク

5人家族ですから立てるローソクも5本。
子供達が一気に吹き消して、ついでに一気に食べ切ってしまいました。(笑)

イブの夜も深まってまいりまして、間もなく我が家にもサンタクロースがやって来そうな気配であります。おそらく5歳の息子が普段は近寄らない和室の押し入れの奥の方からプレゼントはやって来ると思われます。(^^ゞ

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年12月24日

気分はすっかりスキーヤー

スキーに出掛ける準備をしています。

板にワックスを塗ったり、靴のサイズを確認したり・・・。成長著しい子供達は履けなくなったり着れなくなったりしてるので、これが結構 大変であります。(泣)

その気になった息子

そこで、久し振りにスポーツ用品店に出向いてあれこれの不足品を購入して来たのですが、スキー人口減少は明らかですねぇ。

明らかに店内に占めるスキー用品のエリアは狭くなってました。家内と二人でチョイと驚くほどでありました・・・。

そんな中、5歳の息子に写真のような手袋・ヘルメットを買ってあげたのですが、結構その気になりましてねぇ。
帰るや否や、その気になって早速身に纏っておりました。(笑)

写真に写ってるゴーグルやウェアはお兄ちゃんのお下がりですが、その気になった息子はいっぱしのスキーヤー気分であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年12月21日

「トイザらス」は不況知らず?

穏やかなる好天の日曜日を迎えております。
朝一番(・・・と言っても10時)に、「トイザらス」にクリスマスのプレゼントを買いに行ったのですが、あそこは100年に一度の不況というのが信じられないほどの賑わいを見せておりました。(笑)

時期的なモノかもしれませんけどねぇ。特に目立ったのはお爺ちゃん・お婆ちゃん世代の方々です。どれだけ堅実な方であっても さすがに孫の喜ぶ顔見たさに財布のヒモは緩んでしまうんでしょうか。

何かと物入りな年末年始であります。

今朝の新聞に、今の日本の現状が解りやすく載っていたのですが、年収600万円のサラリーマン家庭になぞらえると、国債という更なる借金を重ねながらも生活するのが精一杯。
わずかながらの借金返済は出来てはいるようですが、金利分ぐらいにしかならず、残高が8000万円にも膨らんでしまい益々増え続け・・・・。
まさに借金で首が回らないのが現状のようです。

普通の個人でいえば返済不能ですから自己破産が妥当な状況なんでしょうけれど、この美しき国・日本国はいったいどうなっちゃうんでしょうか。(泣)

トイザらスのような状況(好況)が降って沸いてこないと返済は不可能なんでしょうねぇ。それなのに消費税のアップも3年後なんて言ってますけど、借金が更に膨らむ前に早期導入をすべきナンではないでしょうか。

それにしても臨時収入に当たる埋蔵金ってどういうことでしょう?
いよいよそこに手を付けないと危機的な状況になってきたって言うことかもしれませんが、出来れば表に出したくはなかったんでしょうねぇ。

ウチにもないかなぁ~埋蔵金!(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

白銀は招くよ!

誰でもそうかと思いますが、人間は目の前にニンジンをぶら下げて貰わないとなかなか頑張れませんよねぇ。(笑)
例年、年末前後に こんなところに出掛けることを楽しみに、師走の後半戦の日々を是仕事に励む毎日であります。

箕輪スキー場

福島県の裏磐梯は「箕輪スキー場」です。ここは、プライベートゲレンデがあって、ホテルからすぐにゲレンデに出られるのがとても魅力です。食事も美味しいし、規模が小さくて雑然としていないところが心地よいホテルです。

● プルミエール箕輪


ほぼ毎年、カメラを持参し樹氷状の木々を撮影したり、子供の上達ぶりを記録するために 並走しながらビデオを回したりしています。

寒風吹きすさぶ中、グローブを外してかじかむ手でカメラを構えます。

不思議ですねぇ、好きなことは苦になりません。

でも、そんなことをしてるウチに 子供達に置いていって先に滑っていかれてしまう「父」であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年11月14日

娘の高校の不祥事

娘の高校の3年生(男子生徒)が盗撮事件を起こしたらしいです。受験生にとって「これからが本番!」でしょうに何を血迷ったか・・・。

盗撮した携帯動画には今回だけでない「余罪」が保存されていたそうですから学校はパニックでありましょう。撮影されてしまった被害者の女子生徒はショックで登校できなくなってるようですし、明日の晩には保護者への説明会も開かれる・・・。
他の生徒さん達の動揺が早いこと収まると良いんですが・・・。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年10月18日

君は何を祈る?

七五三先日の連休中に、我が家では一足早く「七五三」の行事を済ませてしまいました。神社にて神妙にお参りをする息子です。(奥がお兄ちゃん)

真似事で手を合わせてますが、お父さんは君が何を祈ってるかを知っているのですよ。(笑)

テレビ朝日系の日曜朝の戦隊シリーズ「ゴーオンジャー」の 新しく出た合体ロボを買ってもらえますように・・・・・でしょ?

これ、当たってると思います。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年10月17日

女子高校生のお化粧

ウチの娘にはそんな素振りがなかったので気が付いてませんでしたが、最近の女子高生にとって「お化粧」は半ば常識なんだそうですね。
そう言えば、当院に来てくれる女子高生にはそんな雰囲気も多分にありましたっけ。

中学校を卒業して半年余り。

人によっては「変貌」を遂げる女子高生も居るようで、家内も御近所のお嬢さんの変化に驚いてたり致しました。

どうなんですかねぇ?
10代の頃って自分を飾りたがるのは理解できますが、いくら価格が安くなったからといって「お化粧」は早いようにも感じますけど・・・。

かく言う私自身も 初めてのパーマをかけたりしたのは高2ぐらいだったような記憶があります。
あの頃、頭皮や毛根を苛めすぎた弊害が今になって・・・・。(笑)
「後悔先に立たず」であります。(号泣!)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年10月12日

幼稚園児の応援団

昨日、曇天ではありましたが風もなく良き日和でありました。
息子の運動会。規模の小さな幼稚園だったこともあり、とっても雰囲気の良い運動会となりました。我が子も見つけやすかったですしね。(笑)

幼稚園の運動会

むしろ、上の写真のように父兄・祖父母といった応援団の方がはるかに人数が多くて・・・・。子供達を見つめる優しく温かい眼差しばかりでありました。
(お子さん一人に対して、応援団は5人ぐらい!)

幼稚園ですから園庭もそこそこの広さしかありませんでしたが、ゆったりとした時間が流れており、気楽な一日を過ごすことができました。(準備なさった先生方は大変だったでしょうけれど)

話は変わりますが、私が学校歯科医を務めてる中央台南小学校という最寄りの小学校は、新興住宅地にはありがちな話かとも思いますが、児童数が最大時に1100人前後であったように記憶しています。
通常、運動会と言えば「紅組・白組」の2チームに分かれますが、児童数が多い時は「紅組・白組」では足りず、「青組・緑組」にも分けて4チーム対抗だったと聞いたことがあります。加えて数千人に膨らむご父兄の応援団・・・。

まず、我が子を見つけるのがひと仕事だったことでしょう。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年10月10日

明日は晴れるといいなぁ・・・

申し訳ありませんが、明日は当院 休診いたします。
仕事の都合で、土曜日にしか来られない方がいらっしゃるのにスイマセン。

実は、幼稚園に通う息子の運動会であります。(笑)

日頃、仕事第一で生活してる父親ですので、せめてこんな時には役割を果たしてあげたいと考えています。御容赦下さい。
心地良い秋の一日を満喫して、鋭気を養いたいと考えています。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年9月12日

工事現場と化す・・・

常日頃は、BGMなどをバックに穏やかにお待ちいただいたりする当院の「待合室」が完全に改装工事の「現場」と化しております。(笑)
突貫工事・・・とまでは行きませんが、昨夜もそれこそ深夜と呼べる時間(11時)まで騒音を撒き散らしてしまってました。御近所の皆さんに大変に御迷惑をお掛けしちゃってる状況です。
申し訳なく思います。

本来、予定・計画ではそんなことはなかったのですが・・・

そこはそれ日程に限りのある現場。

予期せぬトラブルは付き物なんですね。7年ほど前にも大掛かりな改装(ユニット増設)を実施したのですが、その時も狭い院内に職人さんがごったがえしてた記憶があります。
建具屋さん、ガラス屋さん、左官屋さん、クロス屋さん、電気工事屋さん。加えて更なるパソコン増設のため ここにパソコン業者さんが加わり、まぁ~とにかく大変です。(汗)

こういう時にはよく感じるのですが、世間には様々なる職種があることに気が付かされます。大多数の方が10代の後半から20代前半に生涯の方向性を決めますが、それまでに大きな視野を持ち、かつ見聞を広めることが大切かと痛感する瞬間です。

私自身はそうできませんでしたが、「14歳のハローワーク」という村上龍さんの著作ではありませんが、我が子には知りうる限りの「世間」を伝授というか情報提供してあげ、そこから自分で進路を見出して貰いたいと願ったり致します。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年9月 7日

「花様滑氷」と「花様遊泳」

本日のフジ系「平成教育学院」の出題です。中国語だそうですが、カタカナで表すと何のスポーツになるか・・・が問題です。

「花様滑氷」・・・フィギュアスケートだそうです。

「花様遊泳」・・・これはシンクロナイズド・スイミング。

確かに、そんな雰囲気のある字句ですよね?
漢字は、一文字一文字にも「奥の深さ」を感じますが、組み合わせて単語になって更にその感は増します。

この他にも、「羽毛球」「指甲油」とかの出題がありまして、それぞれ「バドミントン」であり「マニキュア」が正解だそうです。「インターネット」「国際××網」だったんですが、聞いた時には納得したんですが早速に忘れちゃいました。(笑)

我が家では、こういうのって子供達や家内には敵わなくって、思考の柔軟性に感心も致しました。負けじと、お父ちゃんも常に頭を柔らかくしておくよう努力しないとなりません。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年8月31日

文化祭に感激・・・

本日、娘の通う高校の文化祭。
昔から地名になぞらえて「高月祭」という呼称を用いることが多い その文化祭に出掛けて参りました。

いやぁ~今どきの高校生は凄い!

私の時代には、男子校だったこともあり、今ひとつ盛り上がりに欠けた印象が強いのですが、共学になったせいなんでしょうか、男子・女子が和気藹々となって楽しんでる姿が非常に眩しかったです。
大学の学園祭のイメージに随分と近かったように感じました。

娘も、自宅での姿と異なり(!?)、入学後の数ヶ月で完全に新たな居場所を確立できていたようで嬉しく感じた次第です。
加えて、こんな機会でもないとお話しできないと思ってご挨拶させていただいた担任の先生(モチロン、私より年下)が実に感じの良い先生で、昔の高校の先生のイメージとは大きな隔たりを感じるほどでありました。

高校は、活気に溢れ、大勢の人が訪れておりました。
今頃は、参加した全校生徒が校庭に特設されたステージ上の歌に聞き惚れ、組まれたキャンプファイヤーの炎に酔いしれてることでしょう。

皆が通り過ぎて来たその高校生時代。
その真っ最中には なかなか理解できないこともありましたが、「若い!」って やはりそれだけで素晴らしいのかもしれませんね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年7月17日

14歳のバスジャック

「親に怒られ、嫌がらせでやった」。
愛知県岡崎市の高速バスジャック事件で逮捕されたのは我が家の息子と一緒の中学2年の少年(14歳)でした。
ナンともまぁ~嫌なニュースですが、最近 親への反発が引き金となった中学生の事件は各地で起きてるんだそうです。
専門家曰く、「普段から叱られ慣れていない子供たちが増加している結果だ」との指摘も出ているそうで、ん~ん 考えさせられるところであります。

こういった事件の後、当然 バス会社からの損害賠償請求がこの子の親に行くはずですが、「嫌がらせ」程度のチョイとした反発心が生涯の致命的な傷になる意識が彼にはあったんでしょうか?

ここはひとつ、ウチの息子ともよく話し合わなければなりません。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年5月30日

震えるどころか、痛かった・・・

本日はまた急に寒かったです。
先週、当院のマルチ・エアコン(!?)を冷房系の「ドライ」に全台切り替えたばかりだったのに、今朝は逆戻り・・・。暖房に戻してしまいました。

そんな4月上旬並みの寒さの中、我が息子(中学・水泳部)は果敢にプールに入ったそうです。水温16.5度だったらしいのですが、鳥肌は立つ、震えは来る、それを通り越して全身が痛かったそうです。(寒中水泳みたい!)

若いっていうのは凄いことですねぇ。

当然、みんなでプールに入ったそうですが、全員、根性のあるチャレンジャーであります。(^^ゞ
いつの日にか、彼等もこんな出来事を懐かしく思い出す日が来るでしょうが、シーズン・スポーツ故の楽しい思い出にきっとなることでしょう。

・・・・・風邪引かなきゃいいけど。(心配!)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年5月25日

息子は見逃さない・・・

ゴーオンジャー御菓子そのスーパーへのお買い物は、家内と4歳の息子が一緒です。4歳児が一緒の時にはなるべくそっち方面には行かないようにして避けては居るんですけどねぇ・・・。
子供ってこういうのは恐ろしく目敏く見つけてしまうんです。

テレビ朝日の人気番組「ゴーオンジャー」のビスケット。そうです、4つぐらい繋がったひとつが葉書サイズぐらいのスナック菓子です。
たいして美味しくもないんですけどねぇ。製造会社の術中に嵌るようでナンなんですけどついつい買っちゃうなぁ・・・。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年5月24日

親子で散歩中のスナップ

天気の良い日には、ご近所を散歩したりいたします。幼稚園児と一緒の歩調ですから運動にはなりもしませんが、心穏やかなるひとときであります。

モッコウバラ

余所のお宅のモノですが、この黄色い花って木香薔薇(モッコウバラ)って言うそうです。写真の右側の母子が家内と息子であります。
私の場合、恥ずかしながら花の名前は"ちんぷんかんぷん"です。母の名誉のために言いますが、幼少時に教えてもらわなかった・・・のではなく、本人にまったく覚える気が無かったから・・・が理由であります。(恥)

モッコウバラ

アップにしてみたら 後ろの青空とのコントラストが宜しかったようです。
モッコウバラって言うんだから薔薇なんでしょうけれど、棘は無かったような・・・。
(気が付かなかっただけかも)

蒲公英(タンポポ)。
最近のクイズ番組に読み方が良く出題されてます。英語ではダンデライオン・・・でしょうか。
年代によりますが、ユーミンの歌にあったはずです。
子供はふぅ~っと吹き散らして遊んでますが、後ろに見えてる我が家に飛んでくると困る存在でもあります。(笑)

蒲公英

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年1月16日

受験生に欠かせない「お菓子」

受験生の居る我が家に 欠かせないお菓子がやってきました。
今後、「キットカット」なんかも常備される事かと思います。(^^)

コアラのマーチ とっぽ

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年1月 4日

お正月と言えば・・・凧揚げ

おそらく、小さな子が居なければまずやらない事かとは思いますが・・・。

快晴続きのこのお正月。御近所の空き地で凧揚げ(カイト?)なんぞしてみました。トイザらスで500円ぐらいだったと思いますが、結構楽しめます。

凧揚げの凧 凧揚げ

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2008年1月 2日

4歳の息子がハマってます。

男の子なら誰もが通る道って言ったらミニカー遊びでしょう。
我が家の4歳の次男も昨夏よりハマってます。彼にとっては宝物なんでしょうね、時には部屋中、足の踏み場もないほどに広げて彼なりの空想の世界に入り込んでいるようです。

その昔、1台のミニカーは結構高額でした。40年ほど前の話ですので定かではないけれど、600~700円ぐらいはしたような・・・。
今では最新作でも300円でお釣りが来ます。もっとも小さな奴だけでは飽き足らず、合体もできるようなシリーズがあって、さすがにそれはクリスマスとか誕生日を待たねばなりませんが・・・。

任天堂の大躍進に危機感を抱いたんでしょうか、合併して「タカラトミー」になっちゃいましたが、男の子がいる限り「トミカ」は永遠に不滅な気もします。
だって、我々の世代も欲しくなるようなプレミアム・シリーズもあるんですよ。「恐るべしトミカ」であります。

トミカ

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク酒井歯科医院 医院サイト
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩

Google +1