« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2018年3月31日

人生は「自分が自分で決めた限界で決まる」

20150331.jpg様々な出来事が去来する年度の締め括りですね。御陰様でとても充実した一年間を過ごすことが出来ました。多くの皆さんに感謝申し上げます。

そんな折に、日頃から御指導いただいてるある方より小説家のアイン・ランド(Ayn Rand)って女史のこんな言葉をいただきました。

『誰もが自分の意志によって向上することができる。
 しかし、
 どこまで向上できるかは、
 「自分がどこまで行けると思うか」によって決まるのだ』

当たり前っちゃ当たり前なんですが、結局、自分の人生がどうなるか・どうするかは・・・・

●『自分が自分で決めた限界で決まる』

そう諭していただきました。
明日から始まる新たな平成31年度にも、そしてこれから10年の先までも"新たな目標"を設定して邁進すると致しましょう。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月30日

「Leader」が時に「Teacher」に変身する

20160330.jpgおそらく私だけではなく、この時期の医療機関は保険改定に伴う事務関連の変更で右往左往状態ではないでしょうか。
細部に渡っての変更点の理解はモチロン、それをスタッフに浸透させていかねば混乱を来しますので・・・結構 容易ではないのです。(泣)

普段はチームリーダーの役割を担う「院」の「長」。より良き方向に導く為に先頭に立って推進係を務めるのが私の職責です。

そのLeader(リーダー)と、似て非なるTeacher(ティーチャー)の違いについてレクチャーを受けた事があるのですが、前者のLeaderはチームを引っ張る存在で同じ方向を向く人、後者のTeacherは教えるために向き合う(対面)存在であると伺いました。

常日頃はLeaderポジションを務めますが、ここ暫くはTeacherとなり懇切丁寧に難解な保険制度解釈をスタッフに浸透させて行かねばなりません。(汗)

もっとも昨今は数週間もすると立場が逆になり、アッと言う間に「あれ? 先生こう仰ってましたよ ♫」って私の方がStudentになっちゃうんですけどね!

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月29日

「箸を左手で使ってみる」の後日談

20160329.jpgおはようございます。
どうでも良い話で恐縮ですが、元旦から始めている「箸を左手で使ってみる」の後日談です。(^^)

これがですね、3ヶ月経過し意識せずに持てるようにまでなり、仕事で多用するピンセットを左手で操りやすくなると言うメリットももたらしてくれたんですよ。

同時に考えさせられたのは、利き腕である右手の"意外な状況"でありました。

●『お茶碗が持ちにくい』
・・・左手を添えないと持ち上げる際に落としそうになります。

●『新聞が捲りにくい』
・・・御行儀が悪いのですが、朝食を摂りながら新聞を読んじゃってます。左手はお箸ですから右手で捲るのですが、意外と上手く行きません。(汗)

「万能選手の右手」かと思ってましたし、「左手に勝る右手」だとばかり思ってたのに意外とそうでもなかったという「どうでも良い話」で・・・・朝っぱらからスイマセン。<(_ _)>

今度は右手君(!?)にも試練を与えてみようかと考えている昨今であります。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月28日

我が国の「政」はすっかり停滞状態

20160328.jpg春らしい朝を迎えました。春眠暁を覚えず・・・の筈なのに目覚まし時計をかけたことがない昨今であります。(^^;)
今日は昨日よりも気温が上がるんだとか・・・室温管理が難しい季節の到来です。

昨日の予算委員会における佐川氏の証人喚問。
様々な憶測ばかりで私には是非もありませんし、こんなSNSで言及するつもりも毛頭ありませんが、彼の官僚としての矜持に対しナンだか集団で個人を虐めてるようで観ていてあまり気持ちの良いモノには映りませんでした。

そりゃぁ~忖度のし過ぎとか政治家の指示は有ったんでしょうけれど、「言いたいけど言えねぇ~んだよ!」って立場の気の毒さばかり感じました。
彼にも御家族がいらっしゃいましょうに、ああやって吊し上げないと国民は納得しないんでしょうねぇ・・・。

その間、我が国の「政(まつりごと)」はすっかり停滞状態。想像するに不利益は数千億から「兆」の単位になってるんじゃないでしょうか・・・?
国会議員さんのお仕事ってナンだったっけ・・・って不思議に思えちゃう年度末であります。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月27日

昨今の人手不足は異様に深刻・・・

20180327.jpg新聞を取りに屋外に出てみました。「暖かい」・・・とまでは申しませんが、「寒い」ってこともなく実に「爽やか」な季節になってたんですねぇ。
そう言えば昨日は日中エアコンをOFFにしてたほど。来週が4月なんですから頷ける話ではあるんですけどね。(^^)

さて、昨今の人手不足・・・昨日のある方の投稿で、飲食店が数日に渡ってお休みせざるを得ないほどであることを知りました。
深刻なんですねぇ・・・。

我々の仕事もそうですが、"商"は「人」の助けなくして成り立ちません。トップがどれだけ頑張っても「手」は2本しか無いので限界がありますしね。(泣)

今後、夏前には大型のショッピングセンターが出来る「いわき市」。黒船が席巻するような悪影響(売り上げ減・人手不足)が益々多くの小売業の方に波及しちゃうことが懸念されます。

個人の努力だけではどうしようもない・・・戦々恐々とされてる方々の中に無力感が漂わないと宜しいのですが。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月26日

「デジタル」も「アナログ」も大事

「ペーパーレス」という言葉が叫ばれて久しいですけど、我々の業界で言うと加えて「模型レス」ってのと相俟って随分と日々の仕事内容が変わって来た感があります。

グニュッとした型取りをしない、つまりは石膏模型が存在しない、技工士さんへの指示もネット上のやり取りのみ・・・そんな時代にいつの間にやらなっちゃいました。(^^)

昨日は仙台でそんな「次世代デジタル歯科」の最先端チームの皆さんとの集まり。目から鱗の情報あり、最新の情報も多々ありで充実の時間を過ごして参りました。

今まで「つまらなかった・・・」とは申しませんが、いやぁ~日々の仕事が益々楽しくなって参りました。(^^)
デジタル化の最前線。今年は足繁く仙台に通うことになりそうです。

夕方には今度は中之作プロジェクト・清航館での総会に直行。
最近 忙しさにかまけて御無沙汰しちゃってましたけど、こっちはこっちで大事な集まり。美味しい(!?)時間を過ごして参りました。

さぁ~今週で3月は終了ですね。心して日々を過ごして参りましょう!

20180326-1.JPG 20180326-2.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月24日

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよくぞ言ったモノ

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよくぞ言ったモノで、一昨日の寒さが"底"だったんでしょうか、布団から抜け出る朝もそれほど辛さを感じなくなって来ましたよね。
春分の日を過ぎ日中時間が長くもなったせいでしょう、気が付けば昨夕も6時でもまだ暗闇にはなっておりませんでした。

いつにも増して合掌する機会が多かった今月。
彼岸には先祖に感謝し、その前後6日間には悟りの境地に達するに必要な徳目「六波羅蜜」を修めるとされるんだそうですが、掌を合わせるだけで・・・大丈夫だったんでしょうか。(汗)

秋川雅史さんのあの「千の風になって」ではありませんが、お墓に納骨はされども霊魂がそこに存在するといった感覚は私にもありません。
でも何故か・・・線香を焚き、掌を合わせることで落ち着いた心持ちになれるっていうんだから考えてみたら不思議ですよねぇ。

さぁ~明日は仙台に遠征して参ります!(^^)

20170324.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月23日

「彼岸」と逆のこちらの世界を「此岸」と称す

お彼岸の「明け」ってのは明日24日だそうですが、今日から普通の日々に戻ります。
折しも御世話になってた方の訃報なども届き、煩悩多き生活をしてる私なんぞは更に混迷を深めてしまいそうでもあります。

「彼岸」とは逆で欲や煩悩にまみれたこっちの世界を「此岸(しがん)」と称するんだそうですが・・・・これがですね、私の中ではなかなか定着しない単語のひとつでもあります。(汗)

思慮の足りない"此岸"の日々を送っておりますが、父が亡くなった5年前の3月に、自分のブログにこんな風に書いてあり改めて鼓舞されるような気が致しました。

『先祖に導かれ、此岸から彼岸への道程の軽やかなることを願いつつ、合わせた手と手に祈りを込めながら願う行為は、死者へのどうこうではなく現世の自分自身へにエールを送る瞬間でもあろうと常に感じます』

父の葬儀を終えてひと息ついたその折に、様々な事が一気に去来しナニやら畏敬の念に駆られたり敬虔な気持ちが湧いて来たんでしょうね。
毎年3月はそんなことを思い出します・・・・。

写真は明後日向かうことになる仙台での一枚でした。

20150323.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月22日

チームリーダーの決断はとても大事

20160322.jpg昨日・今日と荒れ模様の日本列島ですね。昨日の郡山往復・・・帰路は予報通りの霙模様。スタッドレス装着車じゃないとリスキーでありました。

さて、本日も当院はお休み(木曜休診日)です。
以前は祝日が入る週には半日診療してたりしましたが、それだとスタッフのメリット(お休み)が無くなっちゃうんですよね。院長としては配慮が足りませんでした。(汗)

患者さんサイドからの利便性を考えるとマイナスなんですが、だからと言ってスタッフに負担ばかりを掛ければ良質なサービス提供は覚束なくもなりましょう。日々の笑顔のためにはbetterな選択かと考えます。

折しも昨日の「奥多摩 13人の山岳遭難事故」を鑑みると、これだけメディアが喧しく悪天候を教えてくれていたのですからリーダーの方の判断・決断は・・・なんて思っちゃいます。(泣)
私自身がチームリーダーなので、今後も迷いなく・・・をモットーにせねばなりません。

そんなワケ(!?)で、今朝はお母さんに全幅の信頼を寄せるお子さんの写真に致しました。(^^;)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月21日

「診療報酬改定」に備えての集団指導に参加

関東北部では季節外れ(!?)の降雪の予報なんだとか・・・それが午後には福島県にも押し寄せてくるんでしょうか?

本日「春分の日」、朝のウチに墓参を済ませ、お昼には郡山に向かいます。4月からの「診療報酬改定」に備えてのいわゆる集団指導ってヤツに参加せねばなりません。(泣)

実際には「降雪」より「降水」予報の確率なのかもしれませんが、午後からは80%なんだとか・・・阿武隈山系の峠越えは平地との違いもありましょう。
心配なので、こんな日は冬タイヤの四駆で出掛けてみると致します。(^^)

写真の横顔・・・・齢を重ね亡父に似て来てしまってる我が身ですけど、そんなことも墓前で報告して参ると致しましょう。

20180321.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月20日

まだまだ知らない言葉ばかりなり

20180320.jpg私はたぶん今まで目にし耳にした事が無かったと思うのですが、ある書面で「おだつ」という表現に接しました。

解らない事はすぐにGoogle先生に教えて貰うのが我が家のモットー。どうやら方言のようですが、漢字だと「尾立つ」とか「煽つ」と書くのが有力なようです。

意味合いとしては『おだつ=ふざける・はしゃぐ・調子に乗る』のようですが、ってことは使用法としては「おだってんじゃねぇ~ゾ!」って感じなんでしょうか?(^^;)

世の中には知らないことばかり・・・知らない方が良いことも多々あろうかとは思いますが、皆さんは「おだつ」を御存知でしたでしょうか?(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月19日

枕草子でいう「春は曙」からスタート

調べてみたら平安時代中期って書いてありましたから西暦1000年前後に活躍・・・ってことになるんでしょうか。
学校教育の賜かと思いますが、清少納言と聞けば「枕草子」ってぐらいの知識は古典が苦手だった私ですら出て来ます。(^^;)

興味は無くとも、多くの方にとって次の一節は脳裏に刻まれて生涯消えることはないんじゃないでしょうか。

●『春は曙、やうやう白くなり行く、山ぎわ少しあかりて、
紫だちたる雲の細くたなびきたる・・・』

幼少時の教育というモノはホントにありがたいモノですねぇ。
ただ、このあとに続く『夏は夜・・・』、『秋は夕暮れ・・・』、『冬はつとめて・・・』ってのが私は調べないと出て来ませんでした。(泣)

覚えなかったのがチョイと悔やまれますが、「曙」に目を覚ますサマータイム(!?)に移行しようかと思案中の今日この頃であります。(^^)

20180319.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月18日

桜前線が山々を染めて行くこの季節に

今日は彼岸の入りですね。青空が広がる好日となりました。

写真はたぶん"梅"ですけど、"桜"の開花のニュースが届くようになりましたよね。
南から北へ・・・前線が時間を掛けて山々を染めて行くこの季節に、以前 天声人語に書かれていて記憶に残った四字熟語があります。

●『柳暗花明』(りゅうあんかめい)

そもそもは春の美しい景観の形容に用いられたようですが、転じて・・・

●『行き詰まったかと思った途端、新しい展開が開ける』

意味でも使うんだそうです。ナンか良くないですか?(^^)

これを英訳すると「beautiful scenery of spring」だそうですが、英語の表現より日本語の奥深さを垣間見るようで私にとっては変な優越感(!?)に浸れる瞬間でもあるのです。(^^)

20180318.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月17日

「Spring has come」と「Spring came」の違い

季節故にナンとなく浮かんで来たのだが・・・

 『 Spring has come. 』・・・①

そう、「春が来た」んですよね。同時に子供の頃からの疑念が湧いて参りました。面倒臭いことを言うようですけど、昔からどうして・・・

 『 Spring came. 』・・・②

じゃないんだろうってずっと不思議に思ってました。(^^;)

インターネットってのはありがたいモンですねぇ、調べてみたら「過去形と現在完了形」の相違を学んでしまいました。

②だと「過去に春が来た」という現在とは切り離された昔の出来事として語っている感じがし、①だと空気が暖かくなり花が咲き始め、まさに「今、春がここに来ている」という状態を感じることが出来る・・・って表現の相違だったようです。(汗)

「春が来た」のは、過去の出来事ではなく春の訪れを喜ぶ「今の感じ」を伝えるための"現在完了形"ってヤツだったんですね!・・・って解ったような解らないような。(^^;)

この辺からだったっけかなぁ・・・英語に苦手意識を抱き始めたのは・・・・(泣)

20180317.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月16日

子供叱るな来た道じゃ、年寄り笑うな行く道じゃ

20180316.jpg今日は雨後にグッと冷え込むんだとか・・・予報では10度ぐらい下がるようです。昨日はクルマでエアコン入れるほどでしたけど、ここ数日の気温のアップダウンは激しいモノがあり容易で無いですねぇ。(汗)

さて、最近意識するのは下記の文言です。

●『子供叱るな来た道じゃ、年寄り笑うな行く道じゃ』

「子」を見ればそれは「来た道」であり、「親」を見ればこれから辿る「往く道」なんですよねぇ・・・。
成長期・円熟期・衰退期とでも表現すれば良いんでしょうか、時間は止まらないので"生物"としてはそれから逃れることが出来やしないんでしょうね。

なかなか「お手本」になどなれやしませんが、子にとってやがて辿る道に微かな希望の火を点せるような存在でありたいものです。(汗)

5年前に他界した亡父の誕生日にナンとなくそんなことを考える朝であります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月15日

コミュニケーション能力を磨く

古いブログ等を整理していたら、我が子がまだ幼稚園に通ってた頃の写真に目が止まりました。

せがまれて当時の戦隊ヒーローものを雑誌から模写(手書き)し、そこに本人が色付けしたお面・・・・との記載。
結構 私自身も忙しい日々を送って居たようには記憶してるんですが、そこそこ父親業も頑張ってたことを懐かしく思い起こしました。(^^)

こんなささやかなコミュニケーションが、幼児にプラスになっていたかどうかは「?」なところもありますが、私が自己啓発に利用してる「SMIプログラム」の創始者Paul J. Meyerが下記の様な事を仰ってたと目にし改めて自分の来し方を振り返る事が出来ました。

『コミュニケーションとは、
 生きることであり、
 働くことであり、
 分かち合うことであり、
 そして成長することである。』

彼の成長に役立ってくれてると宜しいのですが・・・・(汗)

20180315-1.JPG 20180315-2.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月14日

最新の「電子辞書」は素晴らしい!

10年ほど前、当時の高校生の必需品の中に「電子辞書」ってのがあったと思うんです。それが昨今はスマホの台頭で廃れちゃっただろうなぁ~なんて思ってたら・・・違うんですね。(^^;)

昨夜 受験期に入る我が子にどうだろうかと思ってチェックしてみたら凄まじく進化して居て ちょっとビックリでした!
ここまで来れば完璧にミニPCだと思います。

●最新の高校生向け『電子辞書』

これ一台マスターしたら、つまりは辞書だの百科事典だの何百冊も覚えたら・・・・もう恐いモノ無しかと。(^^)
我が家はゲームとかに興じないので知識が無いのですが、そっちの方面もさぞかし凄い事になってるんでしょうねぇ。

これらすべて関係各位の御努力・御尽力の賜かと思いますが、更なる10年・20年後には人工知能(AI)隆盛期という「驚愕の時代」を迎える事になるんでしょうか。それを見極めることを楽しみにしたいと思った昨夜でありました。

※ 結局 今年は一度もスキーには行けませんでした。(泣)

20150225.jpg 20150226.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月13日

高齢者・毒蝮 三太夫さんの至言

子供の頃に夢中になって観ていた「ウルトラマン」・「ウルトラセブン」の両方に出演なさっていた毒蝮 三太夫さん。

氏は毒舌で有名ですよね。時に物議を醸すような発言もあるようで・・・それでいて実は眼差しが優しい方でもあります。御本人も結構の御高齢かと思っていたら・・・やはりそうでした。今月で82歳になられるようです。

●『俺、20年ぐらい前から2ヶ月に一回ぐらい妻に手紙を書いている。ちゃんとポストに入れて、家に着くワケね。
素直な年寄りになるってことは、「お前が大事だよ」とか、「お前が居ないと困るよ」ということを口でいう事が大事。
反っくり返ってるジジイ・ババアは今、ウケない。』

・・・・だそうです。

●『若い時に友達をたくさん作っておくこと、趣味を持つこと、何事も好奇心を持つこと、これが大事だよ。』

まさに至言で、患者さんで奥様に先立たれた男性高齢者の方は総じて元気がありません。逆は・・・そうでもないようですが。(^^)

他人事ではありません。来たるその世代に備えての日々を送ろうと思う今日この頃であります。(汗)

20180313-1.jpg 20180313-2.JPG

あれ? 記事が横になっちゃいました。拡大すると普通のようです。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月12日

人生の収支決算を「+」に終わらせたい

様々な想いが交錯した「節目」の日は過ぎました。今日は一週間の始まりであると同時に、また新たな一年の始まり・・・ですね。

週末の新聞にほぼ出生年が一緒の「皆川おさむ」さんの記事が掲載されておりました。そう、あの「黒ネコのタンゴ」の・・・です。

氏は芸能界に興味はなく声変わりを機に歌から卒業、工業デザイナーをなさり、同時に自らを世に送り出した合唱団を伯母さんの跡を継いで今では運営者をなさってるんだそうです。

若き日にスポットライトを浴びてしまったが故に数奇な運命を辿った時期もあったようですけど、人生の収支決算ってそんな感じ・・・ってイメージが私にはあります。

なかなか「+++」とは行かず、「+-+-」でトータルはほぼゼロ。「+」への振り幅が大きければ「-」の反動も大きい・・・。
少しでも「+」を多く残すためには功徳を積むことが求められ・・・ってことなのかと。

震災で大きな「-」を被ってしまった方にはこれから「+」がもたらされることを願います。
ちょっとそんなことを思わせてくれる氏の記事でありました。

20180312.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月11日

「マイナス」ではなく「プラス」だった7年間

20160311.jpgおはようございます。
雲ひとつ無い空に春の柔らかな陽射しが注ぐ朝です。
ここ数日、メディアであれこれ取り上げられてましたけど、明日になったらまた静かになることでしょう。
・・・それで良いんだと思うんですけどね。(^^;)

私自身は穏やかな心持ちで「7年前」と同じ忙しさ・慌ただしさでいられることがナニよりもありがたいです。
変わらぬ日常が送れる毎日に感謝すると致しましょう。

思えばまだ40代だったんだなぁ・・・・。
ウチの家族各自も成長に合わせてステップアップして行けた7年間でしたけど、皆さんにとってはどんな日々だったでしょうか?

鎮魂・慰霊の日ですから不謹慎の誹りを免れないかもしれませんが、被害少なかった私にとってはあの日からの「水も出なかった一ヶ月」は自分を試されたような とても良き経験でありました。

災いは無いに越したことはないですが、どう受け止めるかで随分と変わりもしましょう。
私としては、人の温もりも存分に感じ取れたし、今となってはマイナスではなくプラスとしか思えないほどであります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月10日

ジェネレーション・ギャップを感じる瞬間?

20160310.jpg昨日の悪天候、風雨の強さから思わず長靴で通勤してしまいました。(^^)
そう言えば最近のお子さんはカッコ悪いからでしょうか、長靴を履きませんよね?
少々の雨なら傘さえ差さないとも聞きますが、確かに御近所の中学校に通学するお子さん達とスレ違う時に濡れるに任せてる子も居たりします。ちょっと不思議な感覚を抱いておりました。

さて、話変わりますが今朝の写真は2年前にスタッフと一緒に学んだ「Disneyアカデミー」の時の撮影でした。
私自身スタッフと共に学ぶのは嫌いじゃないのですが、移動に要する時間と全員の交通費等を考えると講師の方を医院にお招きしちゃった方が実際には安上がり・・・なんですよねぇ。(汗)

もっとも・・・スタッフ的には「ミラコスタ」での「Disney研修」を選ぶかとは思うのですが。(^^;)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 9日

今朝の雨は「春雨」には思えない・・・

おはようございます。
まだ学校サイドから連絡は無いようですが、今日は・・・休校でもおかしくないんじゃないでしょうか?
低学年の小学生なんか飛ばされちゃいそうな荒れ模様であります。(泣)

「春に三日の晴れ無し」だの、「春北風に冬南いつも東は常降りの雨」だのって春先の雨に因んだ諺がありますが、「春」の「雨」と書く「はるさめ」は半透明の糸のような形をしていて春に"しとしと"降る雨に似ているのが語源の筈です。

・・・ってことは今日の雨は「春雨」ではなく「暴風春雨」となりましょうか。(^^;)
どなた様もくれぐれも足元にお気を付け下さいね!

20180309.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 8日

歳月を経てやっと理解する親心

20180308.jpg今日8日は福島県の県立高校の入試ですね。該当する子が居りませんので他所事ですけど、家庭における大きなイベントには違いありませんので親御さんも落ち着かない一日を過ごすことになりましょう。

40年以上も前の話で恐縮ですが、私自身の高校入試の受験番号は48番でありました。ひとつズレて「49番にならなくて良かった!」と強烈に意識したことで未だに記憶しております。(^^;)

今となれば笑い話ですが、当時冷えるとお腹に来る事が多かった私を案じて母がストッキングを私に穿かせて送り出してくれたことを覚えています。
後にも先にもストッキング経験はそれだけですけど・・・(爆)

私は息子にストッキングを穿かせやしませんけど、そんな親心も自分がその立場になって初めて理解出来るモノですね。(^^;)
そんなエピソードを昨夕の診療終了後に披露してみました・・・・

『いやぁ~受験の時にオフクロに"パンスト"穿かせられちゃって・・・』

それに対して20代のスタッフ達の反応は・・・

『"パンスト"ってナンですか???』

でありました。「パンスト」って死語だったんですね。「ストッキング」じゃないと通じませんでした。(^^;)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 7日

「三寒四温」・・・気温差激しい今日この頃

20170307.jpg本来は冬季に用いるのが正解な様ですが、「三寒四温」ってのはやはり春先のこの時期にピッタリな表現・・・ですよね。気温差激しい今日この頃であります。
加えて昨夕の強風はちょっと浴びただけでも・・・・花粉症炸裂でありました。(泣)

さてこのFacebookは過去の投稿等がアップして来て"懐旧の情"ってのが芽生えて来て良いですよね。昨年同日の私の投稿はっていうと、セミナーで「目的と信念を持つ」ことの重要性を示唆されたあとだったんでしょうか・・・・

『慌ただしい最中にも、自分の座標軸の原点はナンだったんだろうかとセルフチェックする姿勢は常に維持せねばならないんでしょうね。原点がブレると全部が曖昧模糊となってしまう危惧を抱きます。
・・・・・早いとこ原点を落ち着かせねばなりません!』

と記載されておりました。
残念ながら一年経過しても・・・・まだまだであります。(^^;)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 6日

原寮の最新作が長き沈黙を破って刊行

デビュー作「そして夜は甦る」、第102回直木賞受賞作「私が殺した少女」と聞いてピンと来る方は随分と少ないんじゃないでしょうか。

ミステリ界の"生ける伝説"とまで揶揄され、14年ぶりの新作っていうんだから・・・・まぁ~寡作な作家さんですよね。
そんな原寮(はらりょう)さんの最新作が長き沈黙を破って刊行されるんだそうです。
それまでの明日」・・・ファンとしては読まずには居られないのですが、まずは過去の作品を思い出さねばなりません。(汗)

生まれた子が中学生になるぐらいの歳月ですからねぇ。
主人公が「沢崎」ってのは記憶していてワクワクしながら読んだ秀作だったのは間違いないのですが、ん~ん・・・・詳細は思い出せません。(泣)

でも、間違いなく楽しみがひとつ増えました。(^^)

20180306.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 5日

「ひだまりの詩」の大ヒットは1997年

異様に温かな一日だった昨日、明けて今日はお天気下り坂・・・午後は雨になりましょうか。

朝日新聞の土曜版だったかと思うのですが、そこに「ル・クプル」のボーカルの女性が取り上げられてました。
「ひだまりの詩」の大ヒットは1997年だったんだとか・・・。

存じませんでしたけど、その後 御夫婦は離婚なさってたんですねぇ。フランス語でカップルや夫婦を意味するお二人にナニがあったのかは解りませんが、果たして紅白出場にまでなったあの大ヒットは彼等にとって良かったのかどうか・・・。

週末に見た ちょっと残念な記事でありました。

20160305.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 4日

加賀百万石前田家に語り継がれる「文武二道」

昨夜はチョイとした集まりで遅めの帰宅。写真はドングリを食べて育ったという「イベリコ豚」・・・美味しく頂戴致しました。

自宅でメールチェック等をし、入浴後に半分ウトウトしながらTVを観て居りましたところ、何の番組かは記憶に残ってないのですが加賀百万石前田家に語り継がれる「文武二道」が取り上げられておりました。

中でも・・・『"文"は橘 "武"は桜』

「"桜"はさっと散ってしまうけれど、"橘"はすぐには散らず息長く人々に実をもたらす」意だそうです。橘って小高木にはそんな特徴が有ったんですね。

夢現の中で、妙にそこだけ記憶に残りました・・・ただ、前後は全く覚えておりませんです。(^^;)

20180304.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 3日

最先端の歯科に精通した同時通訳者

日曜日の汐留のイベントホールでのセミナー、講師を務めて下さったのは日本人だけではなくオーストラリアやドイツの方もいらっしゃいました。
ドイツの方は現地時間・早朝8時って仰ってましたがインターネットを使ったLIVEのWebセミナー・・・そんな時代なんでしょうね、TV電話同様に違和感はまったく無かったです。

そんな時の必需品になるのがモバイルPCの手前の同時通訳用のレシーバー。これを耳に装着しての受講です。正直これが無ければ・・・ナニをしに行ったか解りませんです。(汗)

会場片隅に設置された同時通訳のブース内、お二人の女性が交互に務めて下さいました。講演内容は専門用語も含む通訳故に最先端の歯科の事情に存分に精通してないと・・・・まぁ~無理なはず。(汗)

どういった方なのか私は存じませんが、近い将来は「同時通訳ソフト&アプリ」なんかにそのポジションを奪われる職種になっちゃうんでしょうか。
そんなことを案じながらのひとときでありました。(^^;)

20180303-1.JPG 20180303-2.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 2日

逆境を乗り越えたアスリート達に学ぶ

20180302.jpg春の嵐が過ぎ去って、昨日はナンだか変な天気でしたね。花粉症は発症しちゃうし「悩ましい春」の始まりでもありました。

一昨夜、深夜にNHKスペシャルの「金メダルへの道-逆境を乗り越えて」は見応え十分でした。
華やかなる"表"の姿だけでなく選手たちの知られざる心の葛藤を丁寧に描いていて目が離せなくなりました。

四年前のソチ五輪で結果を出せなかった高梨沙羅さんがこんな風に仰ってたんですよ。

『仲間の存在が無ければどうにかなってしまいそうでした』

4年に一回しか応援しないのは申し訳ないような気にさせられました。スケートの高木美帆さんなんてもう既に次の大会に向けて出国なさったんだとか・・・考えてみたら彼女にとってはオリンピックだってひとつの大会に過ぎないのかもしれませんしね。

オンシーズンですもん、ゆっくり休んでる場合じゃないんでしょう。私達も頑張りましょう!(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 1日

春の嵐が通り過ぎ「1歳6カ月児歯科健診」

本日、内郷の「いわき市総合保健福祉センター」にて 1歳6カ月児歯科健診の当番を務めて参りました。

久し振りに聴く元気な乳幼児の泣き声・・・無理もありませんよね、マスクにメガネ&拡大鏡の見慣れぬ中年男性が目の前に居るんですもの。
それでも数名は泣かなかったりしたかなぁ。もっとも一様に口は開けて貰えませんでしたけどね。(^^)

今日の午前中は「春の嵐」のような天候。めでたく卒業式を迎えた皆さん・親御さんは大丈夫だった(間に合った?)んでしょうか。

午後からは低気圧の通過に伴い汗ばむ陽気・・・18~19度までは上がったんじゃないでしょうか?
時折吹く風も相俟って、花粉前線も来てしまったようです。
クシャミだの目の痒みだの・・・暫く辛い日々の始まりですね!


20180301.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月28日

「知恵」や「教養」を深めたり高めたり

アッと言う間に2月の晦日・・・明日はもう3月なんですねぇ。
高校の卒業式かと思いますが、本日夜半からは雨の予報・・・早めに雨雲が通過してくれると良いですね。

さて、昨日の朝日新聞の「折々のことば」が印象に残りました。

●『深いつもりで 浅いのが知恵
 浅いつもりで 深いのが欲』

●『高いつもりで 低いのが教養
 低いつもりで 高いのが気位』

高校を卒業してからは随分の歳月が流れましたけど、今後も学習を怠らずに「知恵」や「教養」を深めたり高めたりしたいモノであります。(汗)

※ 菜の花って・・・・鳥もついばむぐらいですから美味しいんですよねぇ。

20180228.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月27日

自宅用の"卓上墓石"・・・宅墓の事情

先日クルマのラジオで聴いた話ですが、どうも「宅墓(たくぼ)」ってのが有るんですってね。
私は知りませんでしたけど、自宅用の"卓上墓石"・・・言われてみれば確かに便利なのかもしれません。

遺骨の扱いとして法的には問題ないようです。
庭に埋骨するのは認められないようですが、卓上だと問題ないんだとか・・・。

聴いてて「時代なんだナァ」と考えさせられたのは・・・・
1人用・2人用は理解出来たのですが、その2人用には「二人一緒」と「別々」のスタイルがあるってことでした。
どうも宅墓でさえ夫婦で別々のお墓に入りたがる依頼が多いから・・・なんだそうですよ。
気を付けなくてはなりません・・・(汗)

※ 写真は親子でしょうか。お子さんにカメラを預けて なんとも微笑ましい光景でありました。

20180227.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月26日

浜離宮庭園内はもうすっかり"春"

20180226.JPG昨夜は震度4・・・・だったんですね、気が付きませんでした。
ナンだか時期も時期なので大地の"不穏な動き"は不安を増大させてしまいますね。(汗)

さて、昨日は時間に余裕があったので近くの「浜離宮恩賜庭園」に初めて足を運んでみました。
歴史に疎くその意味が解っておりませんでしたが、『1654年に甲府藩主の徳川綱重がこの地を拝領し、海を埋め立てて別邸を建てた』んだそうです。私は存じませんでした。

かつての栄華に想いを馳せつつも、驚いたことに庭園内は写真の様に・・・・もうすっかり"春"でした。
今週後半は3月なんですから無理もないですね。

季節の変わり目です。体調留意で「弥生」を迎えると致しましょう!

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月25日

「デジタル歯科」の先の「ネット活用歯科」

上空を舞うヘリコプターの騒音が喧しいです。
そうなんです、今日は「東京マラソン」の開催日でありました。

いつものようにクルマで汐留まで来たのですが、念の為 交通規制が掛かってしまう時刻前に駐車場にインしたところであります。(^^)

本日のセミナー・テーマは次世代歯科のキーワードでもある「デジタル歯科」の更に先を行く「ネット活用」に関して・・・であります。
自院でも歯科技工物をマシーンで削り出すことは可能だけれど、進化著しいジルコニア・セラミックスに関しては現状では「データ発注」がbetterではないかというのが自分なりの判断。

その為には最新情報を常に仕入れておかないとなりませんので、今日もしっかりと学習して参ります。
もっとも・・・・嫌いな分野じゃないので、ワクワクしながらなんですけどね。(^^)

20180225.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月24日

高田明氏が語る事業承継のポイント

先日、ジャパネットたかたの高田明氏の事業承継のポイントに関する新聞記事に目が止まりました。
氏の見事なまでの"引き際"は存じてましたが、その決断に至る「ポイントは?」と問われ・・・・

●『事業承継には継ぐ人の覚悟も必要だが、継がせる人が決断と覚悟を持たないと』

●『期待が不安を超えていたら任せたらいい』

そう考えられずに事業承継時に親子の関係がギクシャクするケースって・・・枚挙に暇が無いですよね。
縛る気もサラサラ無いのですが、まずは我が子が承継したいと願うほど弊院に魅力があるかどうか・・・そこが大いに問題であります。(汗)

だからってワケじゃ無いんですが、こんなカラフルなモノを受付でお配りすることに致しました。(^^)

20180224.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。


Google +1
2018年2月23日

束の間 従姉と二人で"苦笑い"

20180223.jpg昨日、従姉のお姑さんの告別式があり焼香に伺って参りました。従姉と顔を合わせるのも数年ぶり、少しだけ言葉を交わすことが出来ました。

従姉曰く・・・・
『直樹くんは叔父さんにソックリになって来たわねぇ・・・』

認めたくない部分も多分にありはしますが、こればかりはもう血縁ならではの会話でありましょう。

『〇〇ちゃんだって、伯母さんに似てきたような・・・』と私が返し束の間二人で"苦笑い"って感じでした。(^^)

仲の良かった伯母と父でしたから、あの世にてクシャミでもしてたんじゃないかと思ったひとときでありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月22日

「漣(さざなみ)」とは寄せては返すもの

20170222.JPG上の子がまだ小さかった頃に、その当時の5人組の戦隊モノはモチロンのこと、更に過去に遡って「ナンとかマン」だの「ナンとかレンジャー」といったビデオを随分と見た(見せられた?)記憶があります。

怪人・怪獣に交ざってチョイ役の悪の手先(!?)を演じていたのは、今となれば考え難いけど遠藤憲一さんであり・・・・そして売れる前の大杉漣さんでありました。

そんな売れない日々からチャンスを掴み這い上がって来たイメージが私には強くあります。晩年の活躍が期待されていたのに・・・残念ですねぇ。(泣)

芸名の「漣(れん)」は、訓読みで「さざなみ」・・・だそうです。
御本人の弁が今となっては涙を誘いますね。

●『"さざなみ"とも読むんですが、波とは寄せては返すものです。人生も失敗があって少し成長する、その繰り返し。それをお見せするのが、僕らの仕事だと思います』

これからだったろうに、66歳じゃ無念だったろうなぁ・・・・(涙)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月21日

家訓を守り続けるダンディ坂野さん

気が付いていなかったのですが、今度の日曜日(25日)って「東京マラソン」開催日だったんですね。
当日参加予定のセミナー開催が「汐留」なんですが、調べてみたら交通規制対象エリア・・・どうなるのかなぁ。(汗)

さて、過日の新聞のコラム。
50歳になられたダンディ坂野さんの「おやじの背中」での"家訓"に関わる文章が印象に残りました。

●『「世間様に迷惑さえかけなければいい」・・・そんな父の言葉が今も自分の中で生きています。
私は自虐ネタのスベリ笑いだけど、人をなるべく傷つけないように心掛けて来ました。』

●『「ゲッツの彼、最近見ないけど頑張ってるみたいね」って言われた方がいい。家訓があったからこそ今があると思っています。』

お笑い芸人さんの日頃は見えない内に秘めた信念・・・・ナンだか応援したくなって来ちゃいました。(^^)

20180221.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月20日

「誰かを次の五輪へと駆り立てたい」

極寒のオリンピックの開会式、上半身裸でトンガの旗手を務めた選手が話題になりましたよね。
どうしても「色モノ?」的な目で見てしまってましたが・・・違うんですってね。

彼には自国の恵まれない子供達に対して「出場権を得ることでポリネシアの子に新たな扉を開きたかった。誰かを次の五輪へと駆り立てたい」との強い想いがあるんだそうです。民族衣装での登場はその意気込みの現れでもあったんだとか。

「それぞれの内に秘めたオリンピックで、ベストを尽くそう」という熱いメッセージが込められていたと聞くと、冷めた視線で見ていたこちらが恥ずかしくなるような想いがしました。

彼が雪を初めて見たのが2年ほど前だとか・・・それでも出場した「クロスカントリー」では見事に完走なさったそうですよ。
最後まで諦めない姿は多くの少年少女の目に焼き付いたことでしょうね。

20170220.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月19日

「誤差」・「刹那」のような0.39秒の違い

20180219.jpgおそらくは殆どの方にとって「誤差」の範囲であり「刹那」でしかない0.39秒の違い・・・それが勝敗を分けるんですねぇ。

小平奈緒さん・・・とかく批判されがちな韓国人の銀メダリスト李相花選手との戦い終わっての抱擁が良かったですよね。
「ライバルが居たからこの場に立てた」と語る彼女は韓国の"氷速女帝"。五輪3連覇を賭けて挑んだ自国開催・・・彼女も怪我からの復帰と聴けば流す涙は悔しさだけではなかったことでしょう。

お互いをリスペクトしてる存在だと語る彼女達、拝見していてとても心地良い戦いの一コマでありました。

さぁ~2月も終盤戦に向かいます。一週間、頑張って参りましょう!

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月18日

「求道者」ならぬ「究道者」に拍手を

20170218.JPG昨日のフィギュアスケート、仕事中ではあったのですが、思わず手を止め患者さんの了解を得て一緒に画面に見入ってしまいました。(^^)

我が子と同世代の方の偉業・・・どうしても見守り続けたであろう親御さんや御健在であれば案じ続けたであろう祖父母の眼差しを感じずには居られませんでした。
ファンのみならず国民の大きな期待を背負って戦っていた"子"であり"お孫さん"です。祈りが通じて さぞかし安堵なさったことでしょうね、ナニよりでありました。

彼等を見るにつけ、「求道者」ならぬ「究道者」という単語が浮かんで来てなりません。道を究めて結実させていく若者にエールを送りたいモノですね。

さて、本日は「口腔癌健診支援システム」の導入に向けて学んで参ります。天気は大丈夫そうなので気持ちの良いドライブって感じでしょうか。行って参ります!

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月17日

遠慮の要らない関係はありがたい

20180217.JPG「笑う門には福来たる」と申しますが、昨夜は気心知れた地元の歯科医師達との飲み会。そのメンバーを結び付けてくれた歯科医(故人)の奥様を交えて縁の場所で大いに笑って参りました。(^^)

日頃から様々な集まりに身を置きますが、遠慮の要らない関係ってのはありがたいですね。
各人、出身大学も違い趣味・性格も異なるってのが更に宜しくて、「笑う」ことで存分に鋭気を養って参りました。
気持ち良く仕事が出来そうな気概が漲る"土曜日の朝"であります!

それにしてもフィギュアスケートの羽生結弦選手は凄いなぁ~、今日のフリーが楽しみになりましたね。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月16日

嫌がおうにも受け継いでしまう所作・仕草

普段のナニ気ない仕草・所作の中で、ふと親からの遺伝って言うか「似てるな・同じ事をしてるな・・・」って思う瞬間など有りませんでしょうか。

子供の頃、電気工事業に従事していた父の手伝いなどさせられれば見様見真似にある程度の事は覚えてしまいます・・・よね。
先日の連休中、院内のコンセントを変更する為に電気配線処理と木工ドリルでチョイとした穴開けをしてた際にほぼ無意識に父と同じ事をしていて気付いた瞬間に思わず苦笑してしまいました。(^^;)

親と子であっても別の個体ですけど、嫌がおうにも連綿と受け継がれてしまう仕草・所作があるんですよね。
齢を重ね、風貌まで似てくる昨今・・・そんな感じが増して来ましょうか。

子は親を越えていくモノと常々思ってますけど、ベースには案外 共通項は多いモノですね。(^^)

20180216.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月15日

「アンガーマネージメント」を教えて貰う

おはようございます。
常日頃 若きスタッフ達から良き刺激を受けてる身、それに加えてオリンピックのアスリート達を見ていると「最近の若いヤツは・・・」なんて絶対に言えませんよね。とてつもなくハイレベルでの戦いはもう立派としか言えませんです。

「地域一番」だって大変なのに、「県」で一番、「東北」で一番、「日本」で一番、「世界」で・・・・なんて考えたらどれほど長き道のりだったんだろうって想像しちゃいました。そう指導されてる部分もあるのかもしれませんが、インタビュー時に一様に「感謝」の言葉を口になさってたのが私には印象に残りました。

「木下グループ」・「北野建設」・「相沢病院」・「日体大助手」・・・これらは昨日のメダリストの皆さんの所属先であります。
間違ってるかもしれませんが、決して恵まれ潤沢なるサポート体制には思えませんよね。
そんな中で彼等アスリート達は世界で闘ってるのかと思うと・・・・不平だの不満ばかりの我が身を省みて反省しきりであります。(汗)

そんな中、昨日は医院二階に伊藤 ゆきえさんをお招きして「アンガーマネージメント」の勉強をさせていただきました。
「アンガー=怒り」ですね。とても勉強になりました。仕事でも家庭でも今日からすぐに公私に渡っての活用が出来そうであります。
まずはそんな基本的なところから・・・・・が、頑張ってみます。(汗)

20180214-1.JPG 20180214-2.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月14日

今年の目標は「左手で箸を使えるように」

20150121-1.jpg今年の元旦に「年間目標」として掲げたのが「左手で箸を使えるようになること」・・・仕事上も有益なので心掛けてそうしてました。

結構、この年齢からでも行けるモンですねぇ。(^^;)
最近ではあまり意識せずに左手が出るようになりましたし、御飯粒はモチロン、胡麻とかまで掴めるようになりました。
それにしても今まで全く意識は無かったけど、右手(利き手)って素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれてたんですね。

さすがに字まで書けるようにはなりませんでしょうけれど、ピンセットで細かいモノを掴めるようになると仕事柄 非常に楽なんです。(^^)

さぁ~今宵は医院二階で「アンガーマネージメント・セミナー」開催であります。
心身共に鍛えて初めて"精進"・・・・「怒り」のコントロール、しっかり教わると致しましょう。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月13日

女性二人のメダル獲得はナニよりでした!

20150213.JPG娘を案じる父親のような気持ちで見てましたけど、幼い頃から注目を浴びていた女性のメダル獲得はナニよりでしたね。(^^)
彼女達は数多くの挫折も味わって来たことでしょう。結果が出て安堵なさった方も大勢いらっしゃったに違いありません。

さぁ~連休終わってまた「いつもの日常」に戻ると致しましょう。私は「世界」という名の壁に挑む訳ではないので大丈夫ですけど、また多くの皆さんに助けて貰いながら頑張ると致します。(^^)

山積していた「事務処理」という名の課題は、少しだけ低くなりました。予定では平地(更地?)に出来るはずだったんですが、なかなか難敵でして。
それでもリストに上げた項目数は着実に減って来ましたのでこの調子で・・・・行けると宜しいのですが、ややもするとまた更に積み上げたがる性格なモンですから・・・・(^^;)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月12日

城山三郎氏の遺作「そうか、もう君はいないのか」

連休2日目、今日もまた穏やかな日和となりましょうか。

昨今では「デジタル遺産」なる言葉が取り上げられることが増えましたよね。考えてみたらあれこれの登録があったり こういった投稿なんかもずっと残って行く事など考えると常日頃からの「整理・断捨離」は必須かと考えたり致します。

夜更かし出来る連休は格好のタイミングかと考え以前のブログ等を纏めたりしていたら・・・・2009年の本日の投稿に辿り着きました。

今でも記憶に残る城山三郎氏の遺作『そうか、もう君はいないのか』の話題・・・。
 http://www.sakai-dent.com/diaryblog/2009/02/20090212.html

奥様への鎮魂の想いが綴られていて感動したことを懐かしく思い出しました。下記に児玉清さんの書評がありますが、読書家だった氏の姿が甦るようであります。その彼も城山氏の四年後に鬼籍へ・・・。
 http://www.shinchosha.co.jp/book/310817/

私自身は伴侶を失うような世代ではありませんが、いつ何時そんな事があるやもしれず・・・・。
「そうか、もう君はいないのか」と独り言ちる日が来ないことを願うばかりであります。(涙)

20180212.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月11日

恐怖心の克服は弛まぬ練習の賜

20180211.jpg空を見上げればまさに「サンシャインいわき」・・・今日のマラソン大会は最高のコンディションに恵まれてナニよりでした。
今年は当院のスタッフも参加してますが、たぶんオデコに「必勝! 酒井歯科医院」と書かれた鉢巻きをしてるに違いありません!(爆)

テレビでは「スノーボード・スロープスタイル」の決勝が放映。
信じられないような"技"の数々に圧倒されます。
恥ずかしながら・・・私なんてボードで雪面に立つことさえままならないんじゃないでしょうか。
なのに空中高く飛び出て縦にも横にも何回転もして着地・・・ん~ん、同じ人間の成す"技"とは思えませんです。(汗)

恐怖心の克服は弛まぬ練習の賜なんでしょうけれど、それでもメダルには容易に届かない厳しい競技の世界。
目指さなくてホントに良かった・・・って言うか、ティーンエイジャーの頃にはスノーボードなんて無かったような・・・(爆)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月10日

「動かし」、「育て」、「実らす」ために

昨夜の五輪開会式を何とはなしに拝見し、「国威発揚」なる四字熟語が浮かんで参りました。放映権等の諸事情あるんでしょうけれど日本にとってはゴールデンタイムの放送になるんでしょうか。

さて、久し振りに山本五十六連合艦隊司令長官の下記の名言を目にしました。ちょうど「リーダー論」に関わるCDを拝聴してたところでもあり改めて考えさせられました。小さな組織の"長"として私も下記の様にありたいモノだと感じた次第です。

『やってみせ、言って聞かせて、させてみて、
 ほめてやらねば、人は動かじ』

『話し合い、耳を傾け、承認し、
 任せてやらねば、人は育たず』

『やっている、姿を感謝で、見守って、
 信頼せねば、人は実らず』

果てしない道のりですが、とにかく前進あるのみ・・・でしょうか。(汗)

※ 写真は昨年の昨日のモノです。

20170210.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 9日

17日間の熱き戦い・・・平昌五輪開幕

今日から平昌五輪開幕。17日間の熱き戦い・・・俄ウィンタースポーツ・ファンになりそうですね。(^^)
そんな中、一昨夜の深夜番組のNHK「アスリートの魂」は見応え十分でありました。

私の年齢からすれば少年(!?)のようにも思えるソチ五輪・ハーフパイプ競技の銀メダリスト・平野歩夢選手。
若干15歳での偉業達成始め、とかく華やかな一面しか我々は見やしませんが、彼が昨年3月に左足の大怪我(膝靱帯損傷)を負い「平野のオリンピックは終わった」と囁かれてたことなど全く知りませんでした。

番組では不屈の闘志でまさに"這い上がった"彼のこの一年を特集。
恐怖を越えて「人が辿り着けないことを自分の夢に出来れば・・・」と静かに語るその逞しさに感嘆致しました。

対する絶対的王者ショーン・ホワイト選手。
彼も昨年10月に顔面を62針も縫う大怪我から復活してると聴けば・・・そんな背景を知っちゃうともう目が離せませんね。
彼等に限らず、どの選手にもドラマがあるに違いありません。極限レベルの競技に魅了されると致しましょう。

20180208.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 7日

知識とは知っていること、 能力とはそれができること

北陸地方の豪雪。市街地でもアッと言う間に腰高まで積もる雪の映像を見ていると、「街中での遭難」も強ち誇張ではないなと思った次第です。「雨」も・・・ですけど「雪」は更に厄介ですよね。(泣)

さて、今朝も自戒の念を込めて、私を叱咤激励して下さる方が送って下さった下記の一文をコピペ致します。

『知識とは、「知っている」こと。
能力とは、それが「できる」こと。
知識を広めるのも大事ですが、能力を高めることの方がもっと重要です。
両者の間には大きな違いがあります。
野球の「ルールを知っている」ことと、実際に「プレーができる」ことは、全く別の事柄です。』

まずは実行したり体現したりするべきなんですよね。
「決心」して歩を進めて参ろうかと思う週の半ばの水曜日であります。(^^)

20170207.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 6日

捨て難いけど実際は必要が無かった書籍類

20180206.jpg間もなく開催される「平昌オリンピック」・・・しばらくは画面に釘付けの日々となりましょうか。

その開会式会場って・・・随分と寒いんですってねぇ。(泣)
氷点下15度にも達することがあるそうで、そもそもがスケトウダラを干す施設があった場所で風が強い・・・・しかも屋外会場だそうですからウィンタースポーツの選手であってもさぞかし寒かろうかと。

考えてみたら鍛え抜かれたアスリートの躰ですもの、体脂肪も少ないでしょうしねぇ。画面からは「寒さ」は解りにくいけれど、彼等が"過酷な地"で闘ってることを意識して拝見したいと思います。

さて、ここしばらくで過去の写真やブログへの投稿等の整理をしてるのですが、3年ぐらい前に処分した本棚の写真が出て参りました。
「保管しておけば良かったなぁ・・・」と悔やんだことが一度も無かったので断捨離は間違いではなかったんでしょう。
捨て難いけど実際は必要の無い物、身の周りに・・・・たくさんありそうですね。(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 5日

冬来りなば春遠からじ・・・・

「冬来りなば春遠からじ」・・・立春を過ぎた今週も寒さ厳しいようです。花粉症問題は置いておくとして、それでも春の訪れが待たれますねぇ。

さて、この「冬来りなば・・・」には「辛い時期を耐え抜けば、幸せな時期は必ず来る」という本意が込められてようかと思います。

「心構えがすべてだ!」と叱咤激励されながらのここ一年間の研鑽、「辛い」とか「苦しい」ってことはなくむしろ楽しくって仕方が無かったのですが、終わりは来るモノで昨日で一区切り・・・。

師と仰げる方々にも、そして良き学友達にも出会えたのは、これからの日々にとっての大きな収穫でもありました。

さぁ~これからはその学びを、さながら春の到来時のように次々に開花させていくと致しましょう。
今週も宜しくお付き合い下さい。<(_ _)>

20180205.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 4日

「歯科学」や「人体」を究めることはとても困難

この一年で日曜日を何度潰して「東京通い」をしましたでしょうか。
本日でいったん終止符を打つ毎月の定例セミナーだけで12回・・・それに付随する講習を加えれば この「吉野塾」だけでも20回弱は通ったように思います。加えてそれ以外のセミナーや仙台にも度々通いましたので、まぁ~我ながら自分の勤勉さ(!?)を褒めてあげようかと思っちゃったじゃありませんか。(^^)

よく「働かざる者食うべからず」などと申しますが、「学ばざる者 歯科医業をするべからず」も真理なのかもしれません。
そのあまりの奥の深さは日本海溝レベル・・・時にミクロの世界ではありますが果てしないその深さに圧倒されます。(泣)

冗談じゃ無く生涯かけても「歯科学」や「人体」を究めることは困難なのかとは思いますが、そちらに向けての歩みを止めることはプロとしては許されはしませんでしょう。
自分なりに精一杯頑張ろうと誓う「立春」の朝であります。

今日も銀座にて終日のお勉強。その前に・・・・なんて親バカなんでしょう、家内の手作り御総菜を娘に配達するという重要ミッションをこなして参ります。(爆)

20180204.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 3日

明日は「立春」となり暦の上では「春」・・・

今日が季節を分ける日、ってことは明日は二十四節気の「立春」となり暦の上では「春」・・・。
来週は更にまた冷え込みが厳しくなるようには伺ってますが、着実に春の足音が・・・なんでしょうか。

そんな季節の変わり目には、風物詩となる恒例の「恵方巻き」でありました。(^^)
待合室にフェルト地で「福」だの「鬼」を飾ってくれたスタッフは、「恵方巻き」を手に帰宅の途に・・・。

御家族の分もお渡ししたので、小名浜の株式会社サスイチ小野水産さんの海鮮巻物をささやかながらも堪能していただけたことでしょう。
加えてラトリエ グランブルー 小名浜店さんの「恵方巻きロール」は食後のデザートになりましたでしょうか。(^^)

若いってスゴいですよねぇ。食欲旺盛なのは元気な証拠でもありましょう。その元気を仕事で発揮していただければ・・・私の狙い通り(!?)であります!(爆)

20180203-1.JPG 20180203-3.JPG 20180203-2.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 2日

さっぱり解らない「仮想通貨」・・・

なるべく世の中の事情に疎くならないように・・・と日々心掛けはしますが、「仮想通貨」なるモノはさっぱり解りません。

「コインチェック」と「ビットコイン」の違いさえ「?」状態なんですが、更に「5分間で580億円流出」と来たら・・・思わず目が点になり、加えて「460億円を自社資金で返金」と聞いたらもうワケが解りません。(汗)

半世紀前の3億円事件も確かに誰にも危害を加えなかったお見事(!?)な犯罪でしたけど、今回はもしかすると指先ひとつで・・・だったりするんでしょうねぇ。(^^;)

ん~ん、現代では「汗水垂らして食い扶持を得る」ことが"是"ではないんでしょうねぇ。
4桁ほど下げた金額であってもドキドキしてるようでは「仮想通貨」には馴染めないかナァ~・・・・と思った次第です。

さぁ~頑張って雪掻きでもするとしますか!

20180202.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 1日

「エンディングノート」は大事な必需品

タレントの秋川リサさん。世代によっては「誰?」って感じもあろうかとは思いますが、昨日の新聞に「母親の介護経験」談が掲載されてました。

認知症の母親の介護、その苦悩、今後の秋川さん御自身の有り様・・・「親」が居て「子」が居る限り、避け得ない「未来の姿」を垣間見た気にさせられました。(泣)

言葉は悪いですが、私自身が将来「壊れてしまう」というイメージを想像することはなかなか出来やしません。
モチロンなりたくはないですけど、もしそうなった場合にも「まともな自分」の記録・希望は残しておくに越したことはないのかも・・・などと考えさせられる講座企画を昨夜 開催してみました。

日頃から御世話になってる飯田 教郎さんをお招きしての「エンディングノート講座」・・・御参加下さった皆さんからも様々な実例が紹介され有意義なひとときとなりました。

親を送り、いつの日にかは私自身も送られる立場になりましょう。壊れてしまう前の終活・身辺整理の重要性を痛感させられました。

その折の集合写真を添付致します。さすがに今回は・・・・平均年齢が高かったです。(^^;)

20180201.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月31日

自宅に居ながらにして医院PCを操る!

多くの方がそうであるように、仕事でPCを使っていると時にトラブルに見舞われ、ソフト業者さんの「遠隔操作」に画面を委ねることって・・・ありますよね。

そういった操作は特別な知識のある方のテクニックとばかり思っていたのですが、先週日曜日にネットを介した「リモート操作」を教えていただき、早速自分で設定してみたら想像以上に簡単でビックリいたしました。(^^;)

●『Chrome リモート デスクトップ

例えば仕事を終えた「夜の時間」だったり「お休みの日」などに、PC絡みの事務処理やPCを用いた技工品作製の為にやむなく居残ったり出向いたりすることが今まではありました。
特にこの時期には冷え込みも厳しく"億劫"に感じて居たのですが、この「リモート操作テクニック」を応用すれば自宅に居ながらにして無人の院内のPCに接続して遠隔操作(残業)が可能だったんですね!

これで、いつもは自宅で「楽しそうね!♫」などと家族に揶揄されるPC操作を、「あくまでもこれは仕事!」と言い張れる大義名分が整いました。(爆)

※ 写真はスタッフがフェルト生地で作ってくれた「恵方巻き」です。期間限定品なのが・・・とても残念なんです。(泣)

20180131.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月30日

「人工呼吸・心臓マッサージ・AED」を学ぶ

月末・・・明後日はもう2月なんですね。凍てつくような朝はいつまで続くんでしょうか。

昨日は消防署の方に当方へお越し頂き、スタッフ一同で3時間の「救急講習」を受講いたしました。「人工呼吸・心臓マッサージ・AED」の実習を全員で何度も繰り返しました。

診療中のみならず、万が一にもそのスキルが役立つ日があってはならないのですが、医療従事者として各自が備えておくべきと考えました。
私自身も実習経験は何度もありますし知識では知っておりますがホントの緊急時にどれだけ冷静で居られるか・・・正直、自信がありませんでした。(汗)

それでもチームで役割分担を明確化し、総力で対応出来れば「最善の処置」が出来るのではないかと考えた次第です。

役立つ日が来ないことを願いながらも、いつ何時でも遭遇した際には"勇気"を持って的確な行動を心掛けたい・・・そんな想いを新たにしてみました。

20180130.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月29日

浦島太郎にならぬように常なる「学び」を

おはようございます。
冷え込み厳しい朝、今夜には雪マークが出てるようで・・・(泣)

昨日の仙台でのセミナー。実り多い一日でありました。
恥ずかしながら私自身は「仕事に活かすデジタル化」って意味では・・・「結構イケてる方かな?」なんて思ってたのですが、いやぁ~まだまだでありました。上には上の方がたくさんいらっしゃって・・・(^^;)
良き刺激を受けました。早速本日より応用して参ります。

この業界も"進化"が著しいんですよ。くれぐれも浦島太郎にならぬように気を付けねばなりません。(汗)

前夜や早朝に家内が調理し準備した御総菜等を長男に届けるミッションも無事に終了。
時間も無く遭遇時間は渡す為の10秒ぐらいでしたけど、父子なんてそんなモンですよね。
父親としては福沢諭吉さんをそっと手渡すことも忘れませんでした!

それが主たる目的では無いのですが、来週は東京の娘にまったく同じミッションを・・・・(^^;)

IMG_4728.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月28日

有能な幹部に最も必要な資質は「整合性」

あるメルマガに載ってました。1300人の企業重役を対象に行ったアンケートで、「有能な幹部に最も必要な資質は何か」というアンケート調査の結果だそうです。

1位:整合性
2位:結果へのこだわり
3位:責任感

がベスト3だったとのこと。
この中の【整合性】の意味するモノは・・・

1.価値観
2.考え方
3.感情
4.行動

が一致していることを指すんだとか。
ググってみますと【無矛盾性(むむじゅんせい)】に同じで『ある公理系において、どの論理式についても、それとその否定とが同時には証明できないこと』などとワケが解らない(!?)表記でしたけど、要は【健全性】ってことのようでありました。(汗)

さぁ~今日はその「整合性」が合致する同士達と一緒に仙台で"お勉強"して参ります。
その前に息子に「食材の配達」という重要ミッションがあるんですけどね!(^^;)

20170128.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月27日

考えたことも無かった「水道の凍結」

20150127.jpgこの冬・・・とりわけここ数日の寒さはホントに厳しく感じてましたけど、休診日を挟んだ医院でも「かつて無いこと」が起こってしまいました。(泣)

水道の凍結・・・・仙台に住んでた学生時代には毎日の日課でしたけど、いわきに戻ってからは考えたこともなかった「水抜き」。そもそもそれ用の装置すら付いては居りませんが、皆さんのところでは問題なかったでしょうか?
幸いに始業前にはクリア出来たのですが、寒さの本番はこれから・・・対策を講じ備えねばなりませんね。

ちょうどハウスメーカーからのメルマガに「凍結時の対処法」が載ってましたので、コピペ致します。

1)給湯器のリモコンをOFFにする
2)キッチンの給湯栓を少し開ける
3)給湯器のガス栓を閉める
4)給湯器の給水元栓を閉めてみる(動かない=凍結)
5)給湯器の給水元栓にタオルをかけてぬるま湯をかける

だそうです。凍結予防に関してはノーリツさんのHPにも掲載があるようですよ。参考になさってみて下さい。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月26日

最高の"褒め言葉"を頂戴する

私は教育者ではないので人を育て世に送り出したという経験がありません。
それでも、その立場の方であれば、送り出した卒業生が社会で活躍するのを願うであろう心境は十分に理解出来ます。

昨日は粉雪舞う寒さ厳しい郡山にて、そんな衛生士学校の先生方とかつての教え子達の楽しげなひとときを見ておりました。
爆笑のやり取りの最後に先生が仰った「二人とも楽しそうねぇ~♫」は私への最高の"褒め言葉"でありました。

頼りない院長、それを支えるスタッフ陣・・・親子以上の年齢差があるので情けないような想いを抱かなくもありませんが、まぁ~良しと致しましょう。(^^;)

これからもあれこれの院内新規事業の取り組みを若きスタッフ達に任せてみたいと思います。私がたぶん失ってしまった彼女達の"柔軟な思考"に大いに期待したいと思っております。

20180126.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月25日

そうありたいと願う方向にチームが向かう

昨夜の帰宅時、あまりの冷え込み具合に冷蔵庫の中の食品の気持ち(!?)が解るほどでありました。記録的な大寒波のようですが、ほどほどにして欲しいですよね。(泣)

さて、「思うは招く」って書籍を著したのは確か植松 努さんでありました。氏が描く大きなビジョンとはスケールが全く異なりますが、私が予てより願い目標としていた医院スタイルが具現化されるに至りました。実に幸せな事であります。

当院に勤務して下さる歯科衛生士さんの中で出身衛生士学校が同じお二人がいらっしゃいます。彼女達が母校にわざわざ出向いて、旧知の先生方に新人歯科衛生士さんの紹介をお願いしに行って来ると言い出したのは昨年末のこと。
とてもありがたい申し出であり、「だったら俺も一緒に行くよ!」ってなワケで本日一緒に御挨拶に出掛けて参ります。(^^;)

自分達で思案を巡らせ、私の依頼に基づかずとも行動してくれる20代前半のスタッフ。自分の職場環境を"是"とし、過去に御世話になった学校に勧誘をしに行ってくれる・・・そんな風に医院のことを考え動いてくれるってのは とても嬉しいことですね。
私は御陰様で人財に恵まれました。常々そうありたいと思っていた方向にチームが向かって行くことを実感する昨今です。

目指していた「院長主導型」ではない「スタッフ主導型」の医院運営へのチェンジ・・・改めて「思うは招く」の大切さを噛み締めています。寒いけど、心温まる一日になりそうです。(^^)

20180125.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月24日

雪国の方に笑われそうな「積雪狂騒曲」

今朝の"冷え込み"が昨日でなくて良かったですね。昨日だったら路面凍結が酷かったに違いないですもんね。

雪国の方からすれば笑われてしまうような積雪狂騒曲(!?)。
今回は、数年前の大雪時に見舞われた屋根からの大量落雪での樹木が折れたりフェンスが破損したりといったダメージは見られず助かりました。
この冬の積雪はこれで終わり・・・だと良いんですが。(汗)

数年に一度の寒気・・・いつも思うのは「零下10度」と「零下20度」の違いです。プラスの気温なら違いが解りますが、マイナスの時にはどんな違いなのかが想像つきません。(^^;)

今日は寒さ厳しく電力需要が増すそうですよ。電力の需給に「?マーク」が点るんだとか・・・・エアコンの電力消費が集中しがちな夕方から夜に掛けての停電なんて勘弁して欲しいですもんね。
暖かくはしたいけれど、節度ある温度設定を心掛ける一日になりそうです。

20170121.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月23日

「お天道様」はホントにありがたい!

昨夜から降り続き懸念されていた積雪・・・何㎝積もりましたでしょうか?
今朝はさぞかし路面凍結だの渋滞等で通勤の"足"は大変でしょうねぇ。(泣)

数年前の大雪の際に、全く動かぬ道路状況に業を煮やし途中から長靴装用の徒歩でやっと医院に辿り着いたという教訓を活かし、私は昨夜いったん帰宅したあとに医院二階に戻り朝を迎えました。
医院二階は、開業時にここに住んでおりました関係上、お風呂も台所も布団までも完備、宿泊するのに何らの支障もありませんので問題なし・・・(^^;)

さぁ~、仕事開始の時間までは駐車場の雪掻きに邁進すると致しましょう!
スタッフには「遅刻OK!」のメッセージを流しておいたので慌てることはないかと思いますが、無事に医院に辿り着いてくれることを願うばかりです。

皆さんも足元にくれぐれもご注意下さいませ!<(_ _)>

・・・・・・・・・・・・・・・・
4時間後・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・

雪掻き、ここまで頑張りました!

・・・・・・・ウソです、「お天道様」はホントにありがたい!(^^;)

20180123-1.jpg 20180123-2.jpg

Google +1
2018年1月22日

脳科学者・中野信子氏の「サイコパス」

おはようございます。
本日午後からは降雪模様の予報。
備えあれば憂い無し・・・大したことなければ宜しいのですが、私も長靴・合羽といった「雪掻きルック」で臨むと致します。そうそう、スコップもすぐに出せるようにしておかないとなりませんね。(汗)

最近、遅ればせながら脳科学者・中野信子氏の「サイコパス」を読んでおります。
『最新脳科学が解き明かす「あの人」の裏の顔』ってサブタイトルにちょっとドキッとさせられます。(^^;)

イメージ的に精神病質として捉えられがちな「サイコパス」を、「道徳心や良心のブレーキがかかりにくい脳である」と脳科学的に丁寧に紐解いてくれていて読み進めると納得が得られます。

連続殺人犯などの反社会的な人格を説明するために定義された診断上の概念「サイコパス」・・・100人に1人はそうなんだそうですから頻繁に遭遇してるってことにもなりましょう。
様々な方を理解する一助になりそうなこの本、もう少しで読み終えます。(^^;)

20180122.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月21日

「恵方巻き」と言えば小名浜の"さすいち"さん

庭先に霜が降りてましたけど好天模様、日射しはありがたいですね。今日は雑務をこなすため 暖かいウチに歩いて医院まで往復1時間ちょいのウォーキングなどしてこようかと・・・(^^;)

昨夜は、「いわきソーシャルメディア交流会」主催の2018年【新年会&交流会】に参加。
心優しき皆さんと触れ合う時間はとても心地良いひとときでもありました。

開催場所となった小名浜「さすいち」さんも久し振りだったかなぁ・・・。
その「さすいち」さんと言えば添付の「恵方巻き」の季節。
当院でもスタッフに例年のようにプレゼントしてるんですが、「家族の分もOKよ!」と伝えたところ・・・・
希望本数46本にグランブルーさんの「恵方巻きロール・ケーキ」も6本とのこと。(爆)

遠慮なくリクエストが来る関係に安堵しつつ、「お店」にも「スタッフ」にも大いに喜んで貰えるのが"私の喜び"なんですから良しと致しましょう!
その分、スタッフにも頑張って貰えれば「オールOK!」であります。

それにしても家内がお店に取りに行ってくれるんですけど、我が家の分もありますから・・・・も、持てるかなぁ~(大汗!)

2018-121-1.jpg 20180121-2.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月20日

二十四節気の「大寒」なのに暖かい朝

20150120.jpg二十四節気の「大寒」・・・比較的に暖かい朝を迎えております。

SNSと異なりブログ形式の良き点は瞬時に過去の一点を探せることでしょうか。私の日課でもあるのですが、今朝は9年前の拙文に触れてみました。思わず背筋がシャンとしちゃいました。取り上げていたのは・・・・

● 門田隆将:著『なぜ君は絶望と闘えたのか』

副題が「本村洋の3300日」となるタイトルの本の話題でした。
記憶にありますでしょうか? 1999年に起きた光市母子殺害事件の本村さん(被害者の御主人・父親)を克明に追った本でした。

「絶望」とか「理不尽」・・・・言葉を知っては居りますが、彼ほど「厚い壁」に阻まれた経験は私にはありません。(泣)

拙文から引用しますが、

『驚いたのは本村さん御本人が変わり果てた姿になった奥様の第一発見者であったが為に、捜査のの鉄則なんでしょう、当初は容疑者扱いだったということであります。

妻子を殺害され、奈落の底へ突き落とされたようなショックを受けただろう彼が、あろう事か夜を徹して尋問され、一昼夜に渡って部外者との接触(駆けつけた御両親とかとも)は認められなかったそうです。

その理不尽さに声も出ません・・・』

犯罪被害者遺族とならなければ単なる市井の真っ当な一市民に過ぎなかったであろう彼、今は心穏やかに御供養が出来ていることを改めて願わずには居られませんでした。

朝っぱらから重い話題でスイマセン・・・・<(_ _)>

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月19日

可能性・・・何処まで開花するんでしょう?

昨日は温かい一日でした。14度・・・ダウンの上着を思わず脱いじゃうほどでありました。(^^)
もっとも春はまだ遠からじ・・・・来週には最強の寒波だの雪マークも散見するようですからまだまだ気は抜けませんね。
加えて花粉の飛散量は東北では昨年の2倍なんだとか。「寒さの次は花粉症かよ・・・」であります。(泣)

さて、体操競技の世界では「ウルトラC」が進化して「D・E・F・G難度」なるモノが出て来ましたけど、間もなく開催の韓国催地・平昌冬季五輪のフィギュアスケートでは「4回転を何度跳べるか」がポイントなんだそうですね。
はてまた計算上夢物語ではないとされる「5回転」はいつ?・・・なんて話題もあるようです。

スケート靴を履こうが履くまいが、「1回転」すら覚束ない凡人には信じられませんけど日夜練習を重ねてる方がいらっしゃって
いつの日にか実現することでしょう。

人間の可能性・・・何処まで開花するんでしょうか?
切り拓くのが私じゃないことだけは・・・確かなようですが。(^^;)

20180119.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月18日

芥川賞受賞者・若竹千佐子さんの哲学

20150117.jpgそう言えば頻度が多いように感じて居た「芥川賞・直木賞」って・・・・半年に一回だったんですね。年に一度とばかり思ってました。(^^;)

今回 芥川賞史上2番目の高齢受賞者となった若竹千佐子さんは63歳なんだとか・・・・55歳で御主人を亡くし、御子息に勧められて通うようになった小説講座で開花。長らく封印してきた岩手訛りの方言こそが御自身の「本来の声」と悟られたそうです。

『テーマを掴むのに、私には63年という時間が必要だった。
 小説の神様は待っていてくれた。
 何かを始めるのに遅いということはない。実感です。』

その言葉に凝縮された"想い"が後進である我々の背中を押してくれるんですよね。
彼女のテーマは一貫していて「晩年を生きる哲学」なんだそうですが、その先達の文章に大いに期待すると共に楽しみがまたひとつ増えた気が致します。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

2歳児の歯科治療後の死亡事故に思う

まさか我が子が歯科治療で帰らぬ人になるとは思いもよらぬことでしたでしょうね。(泣)
福岡県内の小児歯科医院において、治療後に2歳の女の子が低酸素脳症に陥り2日後に死亡・・・・現場の詳細は解りようがありませんが、とてもとても不幸な事故でありました。

●『小児歯科医院で虫歯治療、2歳女児が2日後に死亡

かつて私も若かりし頃の勤務医時代には幼児・・・と言っても3~4歳児に対し、スタッフの皆さんと一緒になって頭や手足を抑え付けるような「拘束をしての治療」をして居たこともありました。当然その子の口腔内に麻酔もして居りました。
モチロン、それが「患児のため」だと思い正しい処置と確信して・・・でしたが。

ただ、現在は害の無いフッ素塗布等はしますけど、まず削ったりする処置は・・・少なくとも2歳児にはまったくしなくなりました。

善し悪しを論じるつもりはまったく無いのですが、「我が子が出来てからは出来なくなってしまった」ってのが正直なところであります。
今でも麻酔や切削をしない予防処置はモチロンしますけど、抑え付けることがほとんど無くなりましたね。親御さんに良く話をして成長を待つ・・・その間は悪化をさせないように食生活や生活習慣を見直して貰うってのがBetterな対応だと今は考えるに至りました。

大人だって嫌がるモノを、幼児・・・特に3歳以下のお子さんに施術するのは困難を極めます。モノ凄く大変です。
父親失格の誹りを受けるかもしれませんが、私なんかは家内の留守に我が子の機嫌をとるのだけでも四苦八苦してましたから、当然 親でもないマスクをし白衣を着用した見た事も無い男性歯科医が親御さんから幼児を離して麻酔をするってのは・・・・「無理な相談」としか思えなくなりました。(泣)

今回の不幸な事故・・・これを歯科医も幼児を抱える親御さんにも教訓にして行くべきだと思うのですが、「悪化させない知恵」を出し合って「そもそも口腔内を守る」意識に変えて行けると良かろうかと思った次第です。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月17日

時は流れ記憶から遠のいて行ってしまう

20160123.jpgおはようございます。
これからお天気は"下り坂"なんでしょうね、屋外に出ましたがどんよりと曇った空・・・それほどの寒さも感じませんでした。

朝刊のトップニュースは「相続 配偶者を優遇」でありました。
「阪神淡路大震災から23年」はその横に・・・・。
NHK朝7時のニュースも外交問題がトップ、第何弾になるんでしょう・・・?(泣)

歳月の隔たりを感じずには居られませんね。
「前を向く」ことの大切さと「風化させてはならぬ」の狭間で翻弄される方も多いんでしょうね。
私自身も「備えあれば・・・」とは思うモノの、あれだけの激震が襲ってくればナニも出来やしないことを7年前に身を持って経験しましたし・・・・(汗)

直後に生まれた長男の成長を思う時、やはり時は流れ記憶から遠のいて行ってしまうんでしょうか・・・。

現在12分、やっとニュースで慰霊式の模様等が話題に上がりました。
それが世間一般の反応ってヤツかと思った次第です・・・。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月16日

気が付けば睦月も後半戦へ・・・

20150116-2.jpg気が付けば今月も後半戦に入っちゃったんですよね。(汗)

昨日の新聞(天声人語)に「現代学生百人一首」が掲載されていて数点の作品が印象に残りました。

●『いとをかし平成女子はインスタにほうじ茶キャラメルフラペチーノ』

●『この時代生きた心地がしないのだ なにをするにも指先ひとつ』

●『機械化で消えてなくなる仕事知り将来の夢決められずにいる』

●『石川でひとり働く父の家部屋に溢れる家族の写真』・・・etc。

研ぎ澄まされたような若き感性って素敵ですね。しばし見入ってしまいました。
そんな感性に背中を押して貰って「睦み合う」ことが由来と言われる睦月後半戦も家族&スタッフと仲良く頑張ると致しましょう。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月15日

-人口減少日本でこれから起きること-

20160122.jpgあれこれ並行して読んでいたため時間が掛かりましたが、やっと河合雅司:著の下記の本を読み終えました。

●『未来の年表 ー人口減少日本でこれから起きることー』

すべてがその通りになるとは思いませんが、統計学に基づく数字からの予測でしょうから強ち的外れにはならないんでしょう。

事業をやってらっしゃる方であればヒシヒシと感じてるであろう少子高齢化の危機・・・・考えてみたら高校の定員だって私の時代に一学年480人だったのが280人になるんですもんね。
若き働き手の激減は既に深刻な問題になりました。
逆にお元気な「団塊の世代」&「団塊の世代ジュニア」が世に溢れんとするこれからの時代・・・・。
読了後に著者が「国難」と表現する意味が理解出来たようにも思います。

2025年問題とか2042年問題とか、予定ではそこまで存命なつもりですので気掛かりを覚えた次第です。(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月14日

今日は終日・・・ iPad弄りの日

毎朝の日課として、新聞の折り込みの「お悔やみ情報」に目を通します。不謹慎ながら80代半ば以降の御高齢の方ばかりだとホッとするところがあるのですが、私より年若い方を見かけると・・・ちょっと切ないですよね。(泣)

さて、それはさておき今日は終日『iPad弄りの日』となりそうです。(^^)

昨今の歯科医療の現場も例外なくタブレット全盛期となりました。口腔内の写真はモチロン、予約管理や説明ツールとしてももう欠かすことは出来ません。
今年になり導入した優れモノのソフトがあるのですが、実際に使って貰うスタッフは既に数十分で完璧にマスター。
それでもナニを説明をして貰うか指示するのは私なので、あとは院長がマスターすれば・・・・でありました。(汗)

これでPCは別にしても院内に11台のiPad完備となりました。
いずれ、カルテもこれに変えてみようと考えています。

どうしてでしょう?・・・・とても楽しい今日この頃であります。(爆)

20150106.jpg 20150113-1.jpg

Google +1
2018年1月13日

ビジョンがないと・・・何も見えない

風が無いから まだいいモノの、新聞を取りに屋外に出ましたが冷え込み厳しいセンター試験当日を迎えました。

私が自分で習慣化してることのひとつに、就寝前とかの読書中であっても優れたセンテンスに出会った際には枕元のスマホで写真を撮り、数日後に反芻とでも言うのか「再読」するってのがあります。

勉強と一緒で繰り返すと定着するんではないかという淡い期待に因るのですが、下記の一文もそのひとつであります。
ただ、記載されていたのはナンの本だったかは記憶がぁ・・・(汗)

●『目は見えてもビジョンがないなら何も見えない』
●『耳が聞こえても世界の囁きに耳を澄ませることが出来なければ何も聞こえない』
●『味覚があっても心に余裕がなければ食べ物を味わえない』

静かに、そして心穏やかに週末を迎えたいと思います。

あぁ~それなのに・・・・や、ヤバイ、急がないと遅刻しちゃう!(爆)

20170107.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月12日

せめて天候は穏やかであれと願う・・・

20180112.jpg毎年、大学入試センター試験の週末が近付くと冷え込みが厳しくなるイメージがあります。今朝も寒い朝となりました。

結果的には受験するには至らなかったのですが、数年前に我が子が後期日程対策として北海道の大学を受験する可能性が生じた際に、試験「前日」では無く「前々日」の北海道入りを勧められ驚いたことがありました。(泣)
試験の会場に辿り着けなくなる恐れがあるから・・・ですね。

しかもキャンセルの可能性があったために、飛行機のチケットもほぼ定価(!?)購入だったように記憶しています。

北国のハンデ・・・かもしれませんね。
考えてみたら足が濡れて指先が冷たくなっただけで、ラストチャンスに挑む"18歳"は大いに動揺も致しましょう。(泣)

季節は巡り来て、今年もまたその時期がやって参りました。
多くの若者が今週末から2月~3月に各自が持つ最大のエネルギーを発揮出来ると宜しいですね。

せめて天候は穏やかであってくれれば・・・・と願います。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月11日

人並みに真面目に生きていかねば・・・

20150108.jpgニュースに映る「長崎」の雪模様・・・イメージが無かったのでちょっとビックリです。
そもそも九州ではスタッドレス・タイヤ装着の車両は少ないんじゃないでしょうか?
雪慣れしてないと・・・交通障害は大変ですよね。(汗)

カヌー選手の不祥事。
"被害者"の方はホントに気の毒でしたけど、やったことの是非は逃れようが無いとしても"加害者"の気持ちも理解出来なくはありませんでした。人間の業・・・人を貶めようとする想いは何方にもありましょう。

実行に移してしまってはダメなので加害者本人への非難は免れようがないとしても、そこに追いやってしまった彼の境遇は・・・どうだったんでしょうか?
御一家で地元の名士だったようですが、御家族・一族がこれから背負っていくレッテルを鑑みた時に、品行方正は難しいですけれど平凡を貫き 人並みに真面目に生きていかねばならぬと思った次第です。

奥様やいらっしゃったとしたら小さなお子さんが気の毒かなぁ・・・っと。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月10日

品格高いスター中のスターである所以

先週末、印象に残った新聞記事を紹介します。

お生まれは終戦の年の東京大空襲(3月10日)の三日後だそうです。それ故になんでしょうか、核廃絶・原発ゼロ・平和に対してのメディアでの発言も散見されますね。

御存知、吉永小百合さん。
彼女が輝き続けるためになさってる努力を紙上で拝見して・・・驚きました。(汗)
過酷な撮影に備えて30kgのおもりを背負って歩いたり、週に3回の水泳を心掛けたり、エアロバイクをこいだり、ストレッチにダンベル使用・・・・腹筋も毎日100回、そんなエクササイズを30分は続けてらっしゃるんだそうです。

数多くの「実績」を残されたスター中のスター。
その座に君臨するためには、やはり弛まぬ努力をなさってるんですねぇ。
人間としての「品格」の高さが滲み出てるように常々思っておりましたが・・・・立派な先達のお一人かと思った次第です。

・・・・・見習えますでしょうか?(汗)

20170110.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月 9日

地縁血縁があれば出来ない行為・・・

20180109.jpg気温こそ低くはありませんが陽射しがまったく見られません。夜が明けてくれないような感覚・・・連休明けにシャキっとし難いですね。

さて、横浜のトラブルだったかと思うのですが、レンタル晴れ着業者さんの経営不振なんでしょうか、新成人の女性が「晴れ着」を着られずに混乱・・・って報道がありました。

また大阪大学の昨年の入試でも、30人ほどの学生さんが謝って不合格にされたとの報道。こちらは出題教授が直後に頑なに認めなかった事によるトラブルだったようです。

翻弄されるという言葉がありますが、ググってみると「相手をもてあそぶこと。なぶりものにすること」などとの記載があります。
上記の様な18歳~20歳の前途ある方々の出鼻を挫いて翻弄する行為。地縁血縁のある御近所の業者さんとかだったら絶対にそんな事はなさらないでしょうけれど、お互いに顔が見えない関係であるが故にそんな卑劣な事が出来たんでしょうね。

・・・・気の毒でありました。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月 8日

「なおき達磨」も残念ながら そろそろ終了

昨夜は娘と一緒に食事をして、深夜に無事に帰宅致しました。

東京での生活は彼女に任せてますし案じるようなことは全くありませんけど、父親の心境ってのは不思議なモノですねぇ・・・心身共に健康そうに見えても『寂しかないか、お金はあるか・・・♫』って"さだまさし"さんの「案山子」の心境のようになってしまいました。(^^;)

息子には・・・・そんなでもないんですけどね!(爆)

さて、今日は松が明けて8日。
お正月の小物や、スタッフが手作り(フェルト地?)で作ってくれた「なおき達磨」も残念ながら そろそろ終了でしょうか。
縁起が良さそうなので、院内の何処かに飾っておきたいほどなんですけど・・・・(^^;)

20180108-1.JPG 20180108-2.JPG

Google +1
2018年1月 7日

今年も更なる精進を誓う朝

20180107.jpg本年第1回目の銀座通いであります。(^^)
早朝の並木通りは閑散としておりました。

様々な事を学びながらの医院改革・最終章が近付いて参りました。諸先生方の御指導の御陰で随分と成長・・・出来たかなぁ~(汗)
学ぶ事に終わりはないので、今後も自分自身にノルマを課すつもりでは居りますがぁ・・・。

御陰様で環境にもスタッフにも恵まれました。
あとは本人次第・・・この青空が若干恨めしくはありますが、今年も更なる精進を誓う朝でありました。

夕方まで頑張ったら娘と合流。明日がお休みなのでチョット気は楽であります。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月 6日

新年早々、"苦難"の幕開け?(泣)

休暇明けってのにはトラブルが付き物で・・・・数日間 作動させて居なかったってだけで機械モノは"不機嫌"になったりするんですよね。(泣)

昨朝はタイマーの御陰で医院到着時には室温22度、日射しはありましたが寒い朝でしたからホッとしたのですが、8時半頃から足元が冷たく感じられ、何故か室温が18度ぐらいに下がっており・・・・(汗)
確認してみたら、業務用エアコンと歯科医院の生命線であるコンプレッサーを動かす三相・200V電源の「動力」系が突如まったく動かず・・・古い機器ではなかったのですが、何故にかブレーカーが落ちちゃってました。

当然、ブレーカーを確認するのですが、一般の御家庭と違って屋内・屋外に複数あり・・・・最終的にはいつも御世話になってる方にもお出でいただいて復旧出来るまで、スタッフが数名の方に謝りの連絡を取る事態に・・・・(泣)

新年早々、"苦難"の幕開けとなってしまいました。(^^;)

もっともモノは考え様で、すぐに来て下さった業者さんや機転が利くスタッフへの「感謝」の朝にもなったんですけどね!

※ 写真は年末に訪れた宮城蔵王の旅館です。

20180106-1.JPG 20180106-2.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月 5日

「左手で箸を使う」ことにチャレンジ

「始まり」があれば必ず「終わり」があるモノで、昨夕は日曜日でもないのに「サザエさん症候群」に罹患しちゃっておりました。
同じ症状だった方も多かったんじゃなかろうかと想像致します。(^^;)

さて、新年からチャレンジしてることがひとつあります。

●『 左手で箸を使う 』

です。モチロン 右手に問題がある訳ではなく、単に右脳への刺激増進を考えたのと、仕事柄 左手で右手と同じ細かい作業が出来ると助かることがあるから・・・なんですけどね。

取りあえず4日まで来ました。(^^)
ややもするとうっかり右手を使っちゃうのですが、そこはそれ家族に指摘して貰ってなんとか継続したいと考えて居ります。

御飯粒の一粒一粒まで右手と同様に残すことなくクリアしてますけど、メリットとしては、自ずと"ゆっくり食す"ようになることで量が控えられ、"食べ過ぎなくて済む"ことでしょうか。

ダイエットになるような気が・・・・「お試しあれ!」です。(^^)

20180105.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月 4日

自利利他に相通じる意識・・・でしょうか?

私は明日からなのですが、多くの方が「日常」に帰って行く4日。また一年、しっかりと歩んで行くその「第一歩」ですね。
2018年の年末に、自身の進化を実感出来るようなそんな日々にして参りましょう。

元旦。近所の神社に初詣に行って参りました。
皆さんは今年の年頭にナニを願われましたでしょうか?
私は、子供が出来た頃からでしょうか、「すべての"厄災"は家族にではなく自分に集中させて下さい」といつも通りに合掌致しました。

「家内安全」ってのと相通じる意識でありましょうか。
私自身は経験豊富な大人となりましたので厄災を受け止めるcapacityが備わって来てようかと思いますが、夢や希望に溢れる若人には意義ある「困難」・「苦悩」程度であって欲しいと毎年願っちゃいます。

そう言いつつ・・・・
子供達は仕事・学業・部活へ、私はゆったりとコーヒーなどをいただいております。(^^;)

※ 写真は数年前の宮島・嚴島神社。かつての我が家族を見てるかの想いがしたモノでした。

20151229.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月 3日

次第に「日常」を取り戻す休暇の後半

ここ数日、久し振りに家族が揃って食卓を囲み、様々な話が出来たのが良かったでしょうか。
イメージする いわゆる卓袱台(ちゃぶだい)よりは随分と大きなテーブルではありますが、飛び交う話題は多岐に渡り我が子の成長も感じ取れました。

そんな昨日、久し振りに揃った家族5人で近くに住む姉のところへ新年の挨拶に行って参りました。我々を見て目を細めた姉曰く・・・

『直樹のところも"いい家族"になったわねぇ~♫』

ナニ気ないひと言なんですけどね、妙に嬉しく感じた次第でありました。(^^)

今日は3日・・・帰省してた我が子も明日からの仕事・勉学スタートの為に「北」へ「南」へ戻ります。そんな御家庭もたくさんありますことでしょう。
そんな風な事を繰り返して次第に「日常」を取り戻す休暇の後半、寂しくもあり少しずつスイッチが入るようでもあり・・・・(^^;)

20180103.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月 2日

「欅坂46」と「乃木坂46」の区別がぁ・・・

年末の紅白・・・どれほどの準備をなさっていたのかは存じませんが、総合司会のウッチャンはスゴかったですねぇ。
抜群の安定感。さぞかし関係各方面からの評価も高かったことでしょう。

その紅白だけでなく、ここ暫くで普段はあまり見ない音楽番組を家族で観ていて、どうも子供達と話が合わないと思った事がありまして・・・・

『欅坂46』と『乃木坂46』の区別がまったく付いてなかった事を改めて認識致しました。

これって・・・・結構、重症(!?)でしたでしょうか?(汗)

さすがにグループ名を聴いたことはありましたけど、興味が無いって事はそういうことなんですねぇ。亡き父の30年前とまったく同じ状態だったってのが笑えました。(^^;)

アイドルに夢中になったら変ですけど、社会常識全般に疎くならぬようにせねばならないと誓った"一年の計"であります。

20180102.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月 1日

一夜にして"禊ぎ"にも似た気持ちの刷新が

穏やかな朝を迎えました。
例年思うのは一緒でして、普段と変わらず「夜が更け」て当たり前に「日が昇る」だけなのに"禊ぎ"にも似た気持ちの刷新が出来ちゃうって・・・日本人特有の不思議な感覚なんでしょうねぇ。

慌ただしかった「師走」の空気感が一夜でガラッと変わるその瞬間・・・明けた平成30年を心穏やかに迎えられて嬉しく感じられました。(^^)

昨夜は母を囲んでのひとときを、そして今日は義父母と共に初詣を・・・であります。
私なりの年末年始の"儀"でありましょうか、あと何度繰り返せるかは解らないんですけどね。

皆さん、新年明けましておめでとうございます。
旧年中はあれこれ御世話になりました。ありがとうございました。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。<(_ _)>

20180101.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1