« 2018年9月
2018年9月16日

歯科衛生士学校の実習生のお二人

確か7月からだったと思うのですが、一昨日まで歯科衛生士学校の学生実習のお二人が当院にいらしてました。最終日にスタッフから記念品とお花をお渡しし恒例の記念撮影と相成りました。(^^)

御家庭や学校の先生の御指導の賜なんでしょうか、礼儀正しくキチンとした学生さんでとても好感が持てました。初々しいその姿にかつての自分自身が重なったりしつつ、御陰様でこちらもスタッフ一同良き刺激を得る事が出来たように思います。

ただ、驚くことがありまして・・・・
私的にはスタッフの皆は「妹」的な存在だったはずなんですが、お二人とも・・・いやスタッフの半数以上はウチの「娘」よりも随分と年下でして・・・ビックリであります。いまや平成生まれは当たり前、まもなく平成の二桁生まれもザラになることでありましょう。(汗)

そのうち、「孫」の世代と一緒に仕事をするようになるのか近いのかもしれませんね!
院内ミーティングや院内写真撮影会にも参加していただきましたので、口腔内業務のみならず広範な業務を垣間見る事が出来たのではないかと考えて居ります。
楽しい職業と思って貰えたようであれば幸いであります。

内緒ですが、院内写真撮影会では・・・・モデル患者さんまで務めていただきました!(^^)

20180916-1.JPG 20180916-2.JPG 20180916-3.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年1月14日

【おもてなし規格認証 2018】に登録完了

registercard20180113.jpg自院を客観的な視点に立って評価するって事はなかなか出来やしませんが、表題のregistercard_PDF20180113.pdfなるモノに登録してチェックをしてみました。
いま気が付いたのですが、経産相の企画だったんですね。(汗)

「下記の様な事に気を付けてる事業所ですよ!」って自己申告制の宣誓みたいなモノですが、実際に気を付けるに越したことがないようなチェックだったので意義は有ろうかと感じ昨年から参加登録してみてます。

 --------------------------------------------
 ■ チェックリスト
 --------------------------------------------

●インターネットを活用した情報発信・問い合わせ対応
●初めてサービスを利用するお客さまに対して、わかりやすく案内・説明などを行うツールの整備(例:パンフレット・ウェブサイト・メニューブック など)
●従業員同士や地域とのコミュニケーション・情報共有
●情報発信(例:チラシ、ウェブサイト、SNS※ など)の工夫※FacebookやTwitterなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス
●ICチップ内蔵クレジットカードに対応した決済端末の導入
●安定したサービスなどを提供できるようなマニュアルの整備
●お客さまや従業員の健康や働き方に配慮した取組(例:分煙もしくは禁煙対応や定期健康診断、テレワークなど)
●定期的な5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の取組
●お客さまや従業員の安全対策についての定期的な点検や、必要に応じた設備の見直し・投資
●ITを用いた適切な会計処理と、売上集計・仕入(原価)などの効率的な管理
●バックオフィス業務(会計・税務、総務や倉庫管理など)を効率化する施策(もしくは効率化に向けた定期的な検討)
●接客レベル・サービスレベルについて定量的に把握し、改善に向けて検討・実施する仕組みづくり
●サービス品質向上に向けた定期的な取組(従業員教育など)
●顧客満足度や地域への貢献を高めるためのPDCA(Plan・Do・Check・Actionという事業活動の「計画」「実施」「評価」「改善」サイクル)の仕組みの整備と、その運用
●従業員の意見を把握し、意見を反映させる仕組みづくりと、その運用(従業員アンケートなど)
●ITなどを活用した、より接客に集中できるような仕組みづくりと、その仕組みに基づくきめ細やかなサービスを行える取組(例:接客用タブレット、顧客情報管理システムの導入など)
●経営理念の策定、及び自社の強み・弱みを見極めた上での、想定する顧客(地域コミュニティ含む)に対する戦略づくり(知的資産経営)
●お客さまや地域コミュニティの声を汲み取り、分析する仕組みづくり(例:アンケート実施や平時におけるコミュニケーションなど)
●自社の顧客戦略や顧客ニーズ分析結果などを従業員に共有する仕組みづくりと、その運用
●「心のバリアフリー」※に関する接客方針を整備し、従業員に浸透させる定期的な取組(指導・教育)※施設整備だけではなく、高齢者、障がい者などの困難を自らの問題として認識することで心のバリアを取り除き、その社会参加に積極的に協力すること

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年10月 8日

ソニッケアー、スタッフ全員使用中!

9月に院内講習会を開催してみて、音波ブラシ「ソニッケアー」の優位性はスタッフ一同で理解できました。今後は酒井歯科医院としてこれを患者さんにもお勧めし「むし歯予防・歯周病予防」にお役立ていただきたいのですが、その為には我々も製品を熟知しておかねばなりません。

熟知するには取説を一生懸命覚えるよりも実際に使ってみるのが一番でしょう。

sonicare01.JPG幸いにソニッケアーの製品は、トライアルとしてスタッフや院長向けに比較的安価に製品を提供して下さるので、私からスタッフ全員にプレゼントしてみることに致しました。

日頃、彼女達なくして医院運営は有り得ないほど頑張ってくれてるので、細やかだけど たまにはそんな事もないと・・・ナンです。(汗)
・・・ってなワケで、「ソニッケアー」の音波ブラシに関しては実際に使ってる当院スタッフにどしどしお尋ね下さいませ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年9月30日

スタッフとの院内研修会もまた楽し

私達の歯科医院では器具・道具・薬品・薬剤、実に様々な製品を用いて日々の診療にあたっています。私も含めたスタッフ一同がすべてに精通するのはやはり大変な事でして、その意味でも時折の勉強会(院内研修会)は欠かすことが出来ません

診療時間を潰して、遠方よりメーカーさんやメーカー専属の歯科衛生士さんに来ていただき、時には医院二階のギャラリースペースのモニターで学び、ブラッシングの実習時には台所を用いたりします。皆で学んだことをキチンと患者さんにフィードバック出来るようでありたいと考えます。

今週水曜日の夕方には、まずはソニッケアーの音波ブラシを実際に全員で体験。その後にはフッ素に関しての勉強会、双方とも楽しく受講致しました。
毎週となるとチト厳しいモノがありますが、数週間に一度はこうやって「学びの時間」を得るのはとても良いことと感じております。全員で何処かに足を運ぶのは交通費も大変ですし多大なる時間&労力を費やすことになってしまいますが、講師の方にお出で願えれば最小単位の時間で済みますしね。

アウェイではなくホームでの受講ですから気分的にも楽です。当院では今後もスタッフと共にこういった時間共有をして行こうと考えております。

sonicare.JPG fluorine.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年6月15日

医院を彩る「お花」製作にチャレンジ

横文字で書くとpreserved flower、カタカナ表記ですとプリザーブドフラワー。これは生花の風合いを残しながら長期間保存出来るように専用の溶液を使用して加工されたお花のことであります。

水遣りが要らず無臭・・・ナニより長期安定性が抜群ですので医院等には最適かと思われます。

従来も医院各所に置いてたのですが、そろそろ色褪せも目立って来てしまったのでチェンジのタイミング。せっかくですから講師の先生をお招きしてスタッフと一緒に作ってみることに致しました。

プリザーブドフラワー作り.JPG

診療を早めに切り上げて夕方の2時間ほどの時間を掛け各自同じモノを2個ずつ製作。ひとつは待合室に、もう一つは自宅へと持ち帰る趣向での開催でした。

こういった時間は良いですね。
自分で作った作品が置いてあれば医院への愛着も増しますでしょう。時折こんな時間を設けて定期的に開催してみようかと考えた6月半ばの休診日前夜でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年5月19日

「今度こそは!」の予約システム導入

今まで何度か挫折をしておりました。(泣)
便利なのは重々承知をしては居るのですが、なかなか踏み切れず・・・・恥ずかしながら過去に二度ほど断念をした経緯がありました。
一度目はシステムトラブルで、二度目はナニが理由だったでしょうか、些細なことで断念してしまっていたのが悔やまれます。

昨夕、スタッフと一緒に担当者の方に東京からお出でいただき再度の研修会を実施致しました。
紙ベースの予約簿とは異なるネット上での予約管理システム・・・。

これなんですけどね。 → → → → 【ビスカ Mr.WEB予約】

【ビスカ Mr.WEB予約】

パソコン好きを自認していながらも なかなかフル活用出来なかったこの【ビスカ Mr.WEB予約】のシステム。
今度こそは当院の20代のスタッフが中心となって活用してくれることでしょう。

今後、こちらでも紹介して参りますので御利用願えれば幸いです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年5月 4日

TDRの「ディズニーアカデミー研修」

3月の話に遡ります。
医院スタッフと一緒に東京ディズニーリゾート(TDR)の「ゲスト・サービス・スタイル」を学ぶ「ディズニーアカデミー」なるモノに参加して参りました。

御存知のように、今日のTDRの大成功はナニに起因するのか、また規模の違いこそあれ同じようなゲストサービスを展開する我々の業種にナニを活かせるのかをスタッフ全員と学んで来たんですよ。

TDR-1.JPG

とても印象に残ったのは「ディズニーランドは永遠に完成しない」というひと言。常に「キャストも含めて成長過程にある」という話に妙に頷けるモノを感じた次第です。

ゲストに「ハピネス(幸福感)」を提供するためにキャストと言う名のスタッフが常に心掛けてることは下記の「4つの鍵(SCSE)」なんだそうです。

Safety ・・・・・・・・・・・ 安全
Courtesy ・・・・・・・・ 礼儀正しさ
Show ・・・・・・・・・・・・ ショー
Efficiency ・・・・・・・・ 効率

中でも2番目の礼儀正しさは「挨拶・笑顔・言葉遣い・アイコンタクト」だそうですが、これは歯科医院にも相通じるモノを感じました。

今後の当院に活かしていきたいナァ~と考えて居ります。(笑)

TDR-2.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1