« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2018年6月25日

肺炎は日本人の死因の第5位に後退

日本歯科医師会から送られてくる会員宛のメールに、表題の「日本人の死因」ってのが掲載されておりました。
どうもデータ元は厚労省発表の「人口動態統計」のようで、ここには下記の5項目が公表されているようです。

出生・死亡・婚姻・離婚・死産

その中で、2番目の「死亡」、2017年の死亡者数は134万人で、更にその前年の2016年の
131万人より増加したようです。

気になるその死因はと言うと・・・

第1位は「悪性新生物(腫瘍)」
第2位は「心疾患(高血圧性を除く)」
第3位は「脳血管疾患」
第4位は「老衰」
第5位は「肺炎」

の順だそうです。悪性新生物・・・即ち癌による死亡者は全死亡者に占める割合が27.8%だったんだそうです。このことで日本人は4人に1人強の割合で癌で亡くなってるってことが解るってことになるんですね。(汗)

因みに、我々の口腔内分野との関わりが深い誤嚥性肺炎を含む「肺炎」は2016年には3位だったのに、2017年では5位に後退していたようです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

エキテンで当院を紹介してます!

住宅地にある当院は、未だに御近所の方でも「何処に有るんでしょうか?」と電話を下さいます。無理もありません、電柱看板等を出しておりませんので非常に解りにくいんですよねぇ。(汗)
その代わり・・・と言ってはナンなのですが、費用が少額で済むネット広告のようなモノには露出を増やす昨今です。
昨日も下記のセミナーで躍進著しい「エキテン」さんとのお付き合いが始まりました。

20180625-2.JPG

今後、写真等のコンテンツを増やして参ります。嬉しいことにスタッフが協力してくれるので、楽しみながら充実させることが出来そうであります。(^^)
今後の展開に御期待下さいませ。



※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

最近はメモやノートもすべてPC

庭の紫陽花が満開(!?)の時期を迎えております。
そこで一句・・・・いやいや、俵万智さんの句であります。(^^)

『紫陽花の花言葉何と知らねども「待つ」という語を想う六月』

一応確認しましたところ、紫陽花の花言葉には複数あって、プラスの意味では「元気な女性」・「辛抱強い愛情」・「一家団欒、家族の結びつき」なんだとか・・・・。
マイナスなのもあって、「移り気」・「浮気」・「変節」・「冷淡」・「高慢」・「無情」・etc・・・・。

この花言葉は"色"によっても異なるようですから・・・ややこしいことだけは理解いたしました。(^^)

20180625-1.jpg

昨日のセミナー時の写真・・・最近はメモやノートもすべてPCであります。
疑問点やスタッフへの指示内容は、忘れちゃうので即座にchatworkなるLINEの業務用版みたいなヤツに書き込んでクリアもしてるんですよ。

さぁ~今週もそれら諸課題を医院に落とし込んでいくと致しましょう!

20180625-2.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1