« 2018年10月
2018年6月22日

認知症の進行防止と咬合の関係

当たり前のことではあるのですが、「歯」もまた全身の一部であります。なくなったら結構 大変なことになります。(汗)
例えが変ですが、仮に足の小指が無かったら・・・踏ん張りが利かないと耳にした事がありますが、それと一緒なんですよね。

その全身に影響を与える「歯」・・・考えもしませんでしょうけれど、認知症との相関関係がよく言われるようになりました。
「朝日新聞DIGITAL」こんな記事が掲載されておりましたので紹介致します。

『上下の歯の咬み合わせが残っているほうが、少ない人と比べて認知症の進行が遅くなる。もちろん、自分の歯がそろっていて咬み合わせができることが理想ですが、たとえ自分の歯でなくとも、入れ歯やブリッジ、インプラントなど、咬み合わせを回復することで効果が出る』(本文から抜粋)

たぶん、一番宜しくないのは「放置」だと思います。
無くならないように予防していくのがBestだとして、万が一歯を喪失してしまったら・・・・建物の柱が無くなったら必ず「つっかえ棒」が必要なように、補う必要性をお考え下さいませ。

20180622-2.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

常識のオフサイド・ラインを変える

20180622.jpgおはようございます。
ちょっと風はありますが快晴の朝、気が付けば夏至も過ぎ少しずつ夜を迎えるのが早くなることでしょう。(^^)

ちょうどサッカーW杯開催中だからって訳ではないのですが、ナニを見てなんでしょう、記憶に無いのですが備忘録的にメモっていた一文を今朝は紹介致します。

●『常識のオフサイド・ラインを変える』

自分で自分の限界ラインを操ろうってことなんでしょう、最近 自分で考えて居ることと重なって取りあえずメモっていた次第です。
「昨日より今日、今日より明日!」って感じで歩みを進めて行きたいモノであります。(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク酒井歯科医院 医院サイト
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩

Google +1