« 2018年6月
2018年3月31日

人生は「自分が自分で決めた限界で決まる」

20150331.jpg様々な出来事が去来する年度の締め括りですね。御陰様でとても充実した一年間を過ごすことが出来ました。多くの皆さんに感謝申し上げます。

そんな折に、日頃から御指導いただいてるある方より小説家のアイン・ランド(Ayn Rand)って女史のこんな言葉をいただきました。

『誰もが自分の意志によって向上することができる。
 しかし、
 どこまで向上できるかは、
 「自分がどこまで行けると思うか」によって決まるのだ』

当たり前っちゃ当たり前なんですが、結局、自分の人生がどうなるか・どうするかは・・・・

●『自分が自分で決めた限界で決まる』

そう諭していただきました。
明日から始まる新たな平成31年度にも、そしてこれから10年の先までも"新たな目標"を設定して邁進すると致しましょう。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月30日

「Leader」が時に「Teacher」に変身する

20160330.jpgおそらく私だけではなく、この時期の医療機関は保険改定に伴う事務関連の変更で右往左往状態ではないでしょうか。
細部に渡っての変更点の理解はモチロン、それをスタッフに浸透させていかねば混乱を来しますので・・・結構 容易ではないのです。(泣)

普段はチームリーダーの役割を担う「院」の「長」。より良き方向に導く為に先頭に立って推進係を務めるのが私の職責です。

そのLeader(リーダー)と、似て非なるTeacher(ティーチャー)の違いについてレクチャーを受けた事があるのですが、前者のLeaderはチームを引っ張る存在で同じ方向を向く人、後者のTeacherは教えるために向き合う(対面)存在であると伺いました。

常日頃はLeaderポジションを務めますが、ここ暫くはTeacherとなり懇切丁寧に難解な保険制度解釈をスタッフに浸透させて行かねばなりません。(汗)

もっとも昨今は数週間もすると立場が逆になり、アッと言う間に「あれ? 先生こう仰ってましたよ ♫」って私の方がStudentになっちゃうんですけどね!

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月29日

「箸を左手で使ってみる」の後日談

20160329.jpgおはようございます。
どうでも良い話で恐縮ですが、元旦から始めている「箸を左手で使ってみる」の後日談です。(^^)

これがですね、3ヶ月経過し意識せずに持てるようにまでなり、仕事で多用するピンセットを左手で操りやすくなると言うメリットももたらしてくれたんですよ。

同時に考えさせられたのは、利き腕である右手の"意外な状況"でありました。

●『お茶碗が持ちにくい』
・・・左手を添えないと持ち上げる際に落としそうになります。

●『新聞が捲りにくい』
・・・御行儀が悪いのですが、朝食を摂りながら新聞を読んじゃってます。左手はお箸ですから右手で捲るのですが、意外と上手く行きません。(汗)

「万能選手の右手」かと思ってましたし、「左手に勝る右手」だとばかり思ってたのに意外とそうでもなかったという「どうでも良い話」で・・・・朝っぱらからスイマセン。<(_ _)>

今度は右手君(!?)にも試練を与えてみようかと考えている昨今であります。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月28日

我が国の「政」はすっかり停滞状態

20160328.jpg春らしい朝を迎えました。春眠暁を覚えず・・・の筈なのに目覚まし時計をかけたことがない昨今であります。(^^;)
今日は昨日よりも気温が上がるんだとか・・・室温管理が難しい季節の到来です。

昨日の予算委員会における佐川氏の証人喚問。
様々な憶測ばかりで私には是非もありませんし、こんなSNSで言及するつもりも毛頭ありませんが、彼の官僚としての矜持に対しナンだか集団で個人を虐めてるようで観ていてあまり気持ちの良いモノには映りませんでした。

そりゃぁ~忖度のし過ぎとか政治家の指示は有ったんでしょうけれど、「言いたいけど言えねぇ~んだよ!」って立場の気の毒さばかり感じました。
彼にも御家族がいらっしゃいましょうに、ああやって吊し上げないと国民は納得しないんでしょうねぇ・・・。

その間、我が国の「政(まつりごと)」はすっかり停滞状態。想像するに不利益は数千億から「兆」の単位になってるんじゃないでしょうか・・・?
国会議員さんのお仕事ってナンだったっけ・・・って不思議に思えちゃう年度末であります。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月27日

昨今の人手不足は異様に深刻・・・

20180327.jpg新聞を取りに屋外に出てみました。「暖かい」・・・とまでは申しませんが、「寒い」ってこともなく実に「爽やか」な季節になってたんですねぇ。
そう言えば昨日は日中エアコンをOFFにしてたほど。来週が4月なんですから頷ける話ではあるんですけどね。(^^)

さて、昨今の人手不足・・・昨日のある方の投稿で、飲食店が数日に渡ってお休みせざるを得ないほどであることを知りました。
深刻なんですねぇ・・・。

我々の仕事もそうですが、"商"は「人」の助けなくして成り立ちません。トップがどれだけ頑張っても「手」は2本しか無いので限界がありますしね。(泣)

今後、夏前には大型のショッピングセンターが出来る「いわき市」。黒船が席巻するような悪影響(売り上げ減・人手不足)が益々多くの小売業の方に波及しちゃうことが懸念されます。

個人の努力だけではどうしようもない・・・戦々恐々とされてる方々の中に無力感が漂わないと宜しいのですが。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月26日

「デジタル」も「アナログ」も大事

「ペーパーレス」という言葉が叫ばれて久しいですけど、我々の業界で言うと加えて「模型レス」ってのと相俟って随分と日々の仕事内容が変わって来た感があります。

グニュッとした型取りをしない、つまりは石膏模型が存在しない、技工士さんへの指示もネット上のやり取りのみ・・・そんな時代にいつの間にやらなっちゃいました。(^^)

昨日は仙台でそんな「次世代デジタル歯科」の最先端チームの皆さんとの集まり。目から鱗の情報あり、最新の情報も多々ありで充実の時間を過ごして参りました。

今まで「つまらなかった・・・」とは申しませんが、いやぁ~日々の仕事が益々楽しくなって参りました。(^^)
デジタル化の最前線。今年は足繁く仙台に通うことになりそうです。

夕方には今度は中之作プロジェクト・清航館での総会に直行。
最近 忙しさにかまけて御無沙汰しちゃってましたけど、こっちはこっちで大事な集まり。美味しい(!?)時間を過ごして参りました。

さぁ~今週で3月は終了ですね。心して日々を過ごして参りましょう!

20180326-1.JPG 20180326-2.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月24日

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよくぞ言ったモノ

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよくぞ言ったモノで、一昨日の寒さが"底"だったんでしょうか、布団から抜け出る朝もそれほど辛さを感じなくなって来ましたよね。
春分の日を過ぎ日中時間が長くもなったせいでしょう、気が付けば昨夕も6時でもまだ暗闇にはなっておりませんでした。

いつにも増して合掌する機会が多かった今月。
彼岸には先祖に感謝し、その前後6日間には悟りの境地に達するに必要な徳目「六波羅蜜」を修めるとされるんだそうですが、掌を合わせるだけで・・・大丈夫だったんでしょうか。(汗)

秋川雅史さんのあの「千の風になって」ではありませんが、お墓に納骨はされども霊魂がそこに存在するといった感覚は私にもありません。
でも何故か・・・線香を焚き、掌を合わせることで落ち着いた心持ちになれるっていうんだから考えてみたら不思議ですよねぇ。

さぁ~明日は仙台に遠征して参ります!(^^)

20170324.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月23日

「彼岸」と逆のこちらの世界を「此岸」と称す

お彼岸の「明け」ってのは明日24日だそうですが、今日から普通の日々に戻ります。
折しも御世話になってた方の訃報なども届き、煩悩多き生活をしてる私なんぞは更に混迷を深めてしまいそうでもあります。

「彼岸」とは逆で欲や煩悩にまみれたこっちの世界を「此岸(しがん)」と称するんだそうですが・・・・これがですね、私の中ではなかなか定着しない単語のひとつでもあります。(汗)

思慮の足りない"此岸"の日々を送っておりますが、父が亡くなった5年前の3月に、自分のブログにこんな風に書いてあり改めて鼓舞されるような気が致しました。

『先祖に導かれ、此岸から彼岸への道程の軽やかなることを願いつつ、合わせた手と手に祈りを込めながら願う行為は、死者へのどうこうではなく現世の自分自身へにエールを送る瞬間でもあろうと常に感じます』

父の葬儀を終えてひと息ついたその折に、様々な事が一気に去来しナニやら畏敬の念に駆られたり敬虔な気持ちが湧いて来たんでしょうね。
毎年3月はそんなことを思い出します・・・・。

写真は明後日向かうことになる仙台での一枚でした。

20150323.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月22日

チームリーダーの決断はとても大事

20160322.jpg昨日・今日と荒れ模様の日本列島ですね。昨日の郡山往復・・・帰路は予報通りの霙模様。スタッドレス装着車じゃないとリスキーでありました。

さて、本日も当院はお休み(木曜休診日)です。
以前は祝日が入る週には半日診療してたりしましたが、それだとスタッフのメリット(お休み)が無くなっちゃうんですよね。院長としては配慮が足りませんでした。(汗)

患者さんサイドからの利便性を考えるとマイナスなんですが、だからと言ってスタッフに負担ばかりを掛ければ良質なサービス提供は覚束なくもなりましょう。日々の笑顔のためにはbetterな選択かと考えます。

折しも昨日の「奥多摩 13人の山岳遭難事故」を鑑みると、これだけメディアが喧しく悪天候を教えてくれていたのですからリーダーの方の判断・決断は・・・なんて思っちゃいます。(泣)
私自身がチームリーダーなので、今後も迷いなく・・・をモットーにせねばなりません。

そんなワケ(!?)で、今朝はお母さんに全幅の信頼を寄せるお子さんの写真に致しました。(^^;)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月21日

各種のサポート・ツールを充実させる

hunai-m.JPG月に一度 お出でいただくこの方(船井総研さんの担当のM氏)を囲んで、皆で知恵を出し合い意見交換しながら写真手前のような配布物を仕上げるひとときを過ごしました。

日進月歩の歯科医療界・・・取り分け"素材"の進化は目を瞠るモノがあります。
それらを皆さんに情報提供するには「百聞は一見に如かず」ですから写真が載ってる解説用紙を持ち帰っていただき、かつ医院サイトの同じ解説ページに目を通していただくのが一番でありましょう。

お役立ていただけるようなこういった文書類の充実を今年は目指します。
既にこんな文書類は揃えてお渡ししておりますが、多岐に渡るサポート・ツールを今後も充実させて行きたいと考えて居ります。御期待下さいませ!

診療を休んでのチーム・ミーティング時の"ひとコマ"でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

「診療報酬改定」に備えての集団指導に参加

関東北部では季節外れ(!?)の降雪の予報なんだとか・・・それが午後には福島県にも押し寄せてくるんでしょうか?

本日「春分の日」、朝のウチに墓参を済ませ、お昼には郡山に向かいます。4月からの「診療報酬改定」に備えてのいわゆる集団指導ってヤツに参加せねばなりません。(泣)

実際には「降雪」より「降水」予報の確率なのかもしれませんが、午後からは80%なんだとか・・・阿武隈山系の峠越えは平地との違いもありましょう。
心配なので、こんな日は冬タイヤの四駆で出掛けてみると致します。(^^)

写真の横顔・・・・齢を重ね亡父に似て来てしまってる我が身ですけど、そんなことも墓前で報告して参ると致しましょう。

20180321.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月20日

まだまだ知らない言葉ばかりなり

20180320.jpg私はたぶん今まで目にし耳にした事が無かったと思うのですが、ある書面で「おだつ」という表現に接しました。

解らない事はすぐにGoogle先生に教えて貰うのが我が家のモットー。どうやら方言のようですが、漢字だと「尾立つ」とか「煽つ」と書くのが有力なようです。

意味合いとしては『おだつ=ふざける・はしゃぐ・調子に乗る』のようですが、ってことは使用法としては「おだってんじゃねぇ~ゾ!」って感じなんでしょうか?(^^;)

世の中には知らないことばかり・・・知らない方が良いことも多々あろうかとは思いますが、皆さんは「おだつ」を御存知でしたでしょうか?(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月19日

枕草子でいう「春は曙」からスタート

調べてみたら平安時代中期って書いてありましたから西暦1000年前後に活躍・・・ってことになるんでしょうか。
学校教育の賜かと思いますが、清少納言と聞けば「枕草子」ってぐらいの知識は古典が苦手だった私ですら出て来ます。(^^;)

興味は無くとも、多くの方にとって次の一節は脳裏に刻まれて生涯消えることはないんじゃないでしょうか。

●『春は曙、やうやう白くなり行く、山ぎわ少しあかりて、
紫だちたる雲の細くたなびきたる・・・』

幼少時の教育というモノはホントにありがたいモノですねぇ。
ただ、このあとに続く『夏は夜・・・』、『秋は夕暮れ・・・』、『冬はつとめて・・・』ってのが私は調べないと出て来ませんでした。(泣)

覚えなかったのがチョイと悔やまれますが、「曙」に目を覚ますサマータイム(!?)に移行しようかと思案中の今日この頃であります。(^^)

20180319.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月18日

桜前線が山々を染めて行くこの季節に

今日は彼岸の入りですね。青空が広がる好日となりました。

写真はたぶん"梅"ですけど、"桜"の開花のニュースが届くようになりましたよね。
南から北へ・・・前線が時間を掛けて山々を染めて行くこの季節に、以前 天声人語に書かれていて記憶に残った四字熟語があります。

●『柳暗花明』(りゅうあんかめい)

そもそもは春の美しい景観の形容に用いられたようですが、転じて・・・

●『行き詰まったかと思った途端、新しい展開が開ける』

意味でも使うんだそうです。ナンか良くないですか?(^^)

これを英訳すると「beautiful scenery of spring」だそうですが、英語の表現より日本語の奥深さを垣間見るようで私にとっては変な優越感(!?)に浸れる瞬間でもあるのです。(^^)

20180318.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月17日

「Spring has come」と「Spring came」の違い

季節故にナンとなく浮かんで来たのだが・・・

 『 Spring has come. 』・・・①

そう、「春が来た」んですよね。同時に子供の頃からの疑念が湧いて参りました。面倒臭いことを言うようですけど、昔からどうして・・・

 『 Spring came. 』・・・②

じゃないんだろうってずっと不思議に思ってました。(^^;)

インターネットってのはありがたいモンですねぇ、調べてみたら「過去形と現在完了形」の相違を学んでしまいました。

②だと「過去に春が来た」という現在とは切り離された昔の出来事として語っている感じがし、①だと空気が暖かくなり花が咲き始め、まさに「今、春がここに来ている」という状態を感じることが出来る・・・って表現の相違だったようです。(汗)

「春が来た」のは、過去の出来事ではなく春の訪れを喜ぶ「今の感じ」を伝えるための"現在完了形"ってヤツだったんですね!・・・って解ったような解らないような。(^^;)

この辺からだったっけかなぁ・・・英語に苦手意識を抱き始めたのは・・・・(泣)

20180317.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月16日

子供叱るな来た道じゃ、年寄り笑うな行く道じゃ

20180316.jpg今日は雨後にグッと冷え込むんだとか・・・予報では10度ぐらい下がるようです。昨日はクルマでエアコン入れるほどでしたけど、ここ数日の気温のアップダウンは激しいモノがあり容易で無いですねぇ。(汗)

さて、最近意識するのは下記の文言です。

●『子供叱るな来た道じゃ、年寄り笑うな行く道じゃ』

「子」を見ればそれは「来た道」であり、「親」を見ればこれから辿る「往く道」なんですよねぇ・・・。
成長期・円熟期・衰退期とでも表現すれば良いんでしょうか、時間は止まらないので"生物"としてはそれから逃れることが出来やしないんでしょうね。

なかなか「お手本」になどなれやしませんが、子にとってやがて辿る道に微かな希望の火を点せるような存在でありたいものです。(汗)

5年前に他界した亡父の誕生日にナンとなくそんなことを考える朝であります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月15日

コミュニケーション能力を磨く

古いブログ等を整理していたら、我が子がまだ幼稚園に通ってた頃の写真に目が止まりました。

せがまれて当時の戦隊ヒーローものを雑誌から模写(手書き)し、そこに本人が色付けしたお面・・・・との記載。
結構 私自身も忙しい日々を送って居たようには記憶してるんですが、そこそこ父親業も頑張ってたことを懐かしく思い起こしました。(^^)

こんなささやかなコミュニケーションが、幼児にプラスになっていたかどうかは「?」なところもありますが、私が自己啓発に利用してる「SMIプログラム」の創始者Paul J. Meyerが下記の様な事を仰ってたと目にし改めて自分の来し方を振り返る事が出来ました。

『コミュニケーションとは、
 生きることであり、
 働くことであり、
 分かち合うことであり、
 そして成長することである。』

彼の成長に役立ってくれてると宜しいのですが・・・・(汗)

20180315-1.JPG 20180315-2.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

コミュニケーション能力を磨く

古いブログ等を整理していたら、我が子がまだ幼稚園に通ってた頃の写真に目が止まりました。

せがまれて当時の戦隊ヒーローものを雑誌から模写(手書き)し、そこに本人が色付けしたお面・・・・との記載。
結構 私自身も忙しい日々を送って居たようには記憶してるんですが、そこそこ父親業も頑張ってたことを懐かしく思い起こしました。(^^)

こんなささやかなコミュニケーションが、幼児にプラスになっていたかどうかは「?」なところもありますが、私が自己啓発に利用してる「SMIプログラム」の創始者Paul J. Meyerが下記の様な事を仰ってたと目にし改めて自分の来し方を振り返る事が出来ました。

『コミュニケーションとは、
 生きることであり、
 働くことであり、
 分かち合うことであり、
 そして成長することである。』

彼の成長に役立ってくれてると宜しいのですが・・・・(汗)

20180315-1.JPG 20180315-2.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月14日

最新の「電子辞書」は素晴らしい!

10年ほど前、当時の高校生の必需品の中に「電子辞書」ってのがあったと思うんです。それが昨今はスマホの台頭で廃れちゃっただろうなぁ~なんて思ってたら・・・違うんですね。(^^;)

昨夜 受験期に入る我が子にどうだろうかと思ってチェックしてみたら凄まじく進化して居て ちょっとビックリでした!
ここまで来れば完璧にミニPCだと思います。

●最新の高校生向け『電子辞書』

これ一台マスターしたら、つまりは辞書だの百科事典だの何百冊も覚えたら・・・・もう恐いモノ無しかと。(^^)
我が家はゲームとかに興じないので知識が無いのですが、そっちの方面もさぞかし凄い事になってるんでしょうねぇ。

これらすべて関係各位の御努力・御尽力の賜かと思いますが、更なる10年・20年後には人工知能(AI)隆盛期という「驚愕の時代」を迎える事になるんでしょうか。それを見極めることを楽しみにしたいと思った昨夜でありました。

※ 結局 今年は一度もスキーには行けませんでした。(泣)

20150225.jpg 20150226.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月13日

高齢者・毒蝮 三太夫さんの至言

子供の頃に夢中になって観ていた「ウルトラマン」・「ウルトラセブン」の両方に出演なさっていた毒蝮 三太夫さん。

氏は毒舌で有名ですよね。時に物議を醸すような発言もあるようで・・・それでいて実は眼差しが優しい方でもあります。御本人も結構の御高齢かと思っていたら・・・やはりそうでした。今月で82歳になられるようです。

●『俺、20年ぐらい前から2ヶ月に一回ぐらい妻に手紙を書いている。ちゃんとポストに入れて、家に着くワケね。
素直な年寄りになるってことは、「お前が大事だよ」とか、「お前が居ないと困るよ」ということを口でいう事が大事。
反っくり返ってるジジイ・ババアは今、ウケない。』

・・・・だそうです。

●『若い時に友達をたくさん作っておくこと、趣味を持つこと、何事も好奇心を持つこと、これが大事だよ。』

まさに至言で、患者さんで奥様に先立たれた男性高齢者の方は総じて元気がありません。逆は・・・そうでもないようですが。(^^)

他人事ではありません。来たるその世代に備えての日々を送ろうと思う今日この頃であります。(汗)

20180313-1.jpg 20180313-2.JPG

あれ? 記事が横になっちゃいました。拡大すると普通のようです。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月12日

人生の収支決算を「+」に終わらせたい

様々な想いが交錯した「節目」の日は過ぎました。今日は一週間の始まりであると同時に、また新たな一年の始まり・・・ですね。

週末の新聞にほぼ出生年が一緒の「皆川おさむ」さんの記事が掲載されておりました。そう、あの「黒ネコのタンゴ」の・・・です。

氏は芸能界に興味はなく声変わりを機に歌から卒業、工業デザイナーをなさり、同時に自らを世に送り出した合唱団を伯母さんの跡を継いで今では運営者をなさってるんだそうです。

若き日にスポットライトを浴びてしまったが故に数奇な運命を辿った時期もあったようですけど、人生の収支決算ってそんな感じ・・・ってイメージが私にはあります。

なかなか「+++」とは行かず、「+-+-」でトータルはほぼゼロ。「+」への振り幅が大きければ「-」の反動も大きい・・・。
少しでも「+」を多く残すためには功徳を積むことが求められ・・・ってことなのかと。

震災で大きな「-」を被ってしまった方にはこれから「+」がもたらされることを願います。
ちょっとそんなことを思わせてくれる氏の記事でありました。

20180312.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月11日

「マイナス」ではなく「プラス」だった7年間

20160311.jpgおはようございます。
雲ひとつ無い空に春の柔らかな陽射しが注ぐ朝です。
ここ数日、メディアであれこれ取り上げられてましたけど、明日になったらまた静かになることでしょう。
・・・それで良いんだと思うんですけどね。(^^;)

私自身は穏やかな心持ちで「7年前」と同じ忙しさ・慌ただしさでいられることがナニよりもありがたいです。
変わらぬ日常が送れる毎日に感謝すると致しましょう。

思えばまだ40代だったんだなぁ・・・・。
ウチの家族各自も成長に合わせてステップアップして行けた7年間でしたけど、皆さんにとってはどんな日々だったでしょうか?

鎮魂・慰霊の日ですから不謹慎の誹りを免れないかもしれませんが、被害少なかった私にとってはあの日からの「水も出なかった一ヶ月」は自分を試されたような とても良き経験でありました。

災いは無いに越したことはないですが、どう受け止めるかで随分と変わりもしましょう。
私としては、人の温もりも存分に感じ取れたし、今となってはマイナスではなくプラスとしか思えないほどであります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月10日

ジェネレーション・ギャップを感じる瞬間?

20160310.jpg昨日の悪天候、風雨の強さから思わず長靴で通勤してしまいました。(^^)
そう言えば最近のお子さんはカッコ悪いからでしょうか、長靴を履きませんよね?
少々の雨なら傘さえ差さないとも聞きますが、確かに御近所の中学校に通学するお子さん達とスレ違う時に濡れるに任せてる子も居たりします。ちょっと不思議な感覚を抱いておりました。

さて、話変わりますが今朝の写真は2年前にスタッフと一緒に学んだ「Disneyアカデミー」の時の撮影でした。
私自身スタッフと共に学ぶのは嫌いじゃないのですが、移動に要する時間と全員の交通費等を考えると講師の方を医院にお招きしちゃった方が実際には安上がり・・・なんですよねぇ。(汗)

もっとも・・・スタッフ的には「ミラコスタ」での「Disney研修」を選ぶかとは思うのですが。(^^;)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 9日

今朝の雨は「春雨」には思えない・・・

おはようございます。
まだ学校サイドから連絡は無いようですが、今日は・・・休校でもおかしくないんじゃないでしょうか?
低学年の小学生なんか飛ばされちゃいそうな荒れ模様であります。(泣)

「春に三日の晴れ無し」だの、「春北風に冬南いつも東は常降りの雨」だのって春先の雨に因んだ諺がありますが、「春」の「雨」と書く「はるさめ」は半透明の糸のような形をしていて春に"しとしと"降る雨に似ているのが語源の筈です。

・・・ってことは今日の雨は「春雨」ではなく「暴風春雨」となりましょうか。(^^;)
どなた様もくれぐれも足元にお気を付け下さいね!

20180309.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 8日

歳月を経てやっと理解する親心

20180308.jpg今日8日は福島県の県立高校の入試ですね。該当する子が居りませんので他所事ですけど、家庭における大きなイベントには違いありませんので親御さんも落ち着かない一日を過ごすことになりましょう。

40年以上も前の話で恐縮ですが、私自身の高校入試の受験番号は48番でありました。ひとつズレて「49番にならなくて良かった!」と強烈に意識したことで未だに記憶しております。(^^;)

今となれば笑い話ですが、当時冷えるとお腹に来る事が多かった私を案じて母がストッキングを私に穿かせて送り出してくれたことを覚えています。
後にも先にもストッキング経験はそれだけですけど・・・(爆)

私は息子にストッキングを穿かせやしませんけど、そんな親心も自分がその立場になって初めて理解出来るモノですね。(^^;)
そんなエピソードを昨夕の診療終了後に披露してみました・・・・

『いやぁ~受験の時にオフクロに"パンスト"穿かせられちゃって・・・』

それに対して20代のスタッフ達の反応は・・・

『"パンスト"ってナンですか???』

でありました。「パンスト」って死語だったんですね。「ストッキング」じゃないと通じませんでした。(^^;)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

歳月を経てやっと理解する親心

20180308.jpg今日8日は福島県の県立高校の入試ですね。該当する子が居りませんので他所事ですけど、家庭における大きなイベントには違いありませんので親御さんも落ち着かない一日を過ごすことになりましょう。

40年以上も前の話で恐縮ですが、私自身の高校入試の受験番号は48番でありました。ひとつズレて「49番にならなくて良かった!」と強烈に意識したことで未だに記憶しております。(^^;)

今となれば笑い話ですが、当時冷えるとお腹に来る事が多かった私を案じて母がストッキングを私に穿かせて送り出してくれたことを覚えています。
後にも先にもストッキング経験はそれだけですけど・・・(爆)

私は息子にストッキングを穿かせやしませんけど、そんな親心も自分がその立場になって初めて理解出来るモノですね。(^^;)
そんなエピソードを昨夕の診療終了後に披露してみました・・・・

『いやぁ~受験の時にオフクロに"パンスト"穿かせられちゃって・・・』

それに対して20代のスタッフ達の反応は・・・

『"パンスト"ってナンですか???』

でありました。「パンスト」って死語だったんですね。「ストッキング」じゃないと通じませんでした。(^^;)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 7日

「三寒四温」・・・気温差激しい今日この頃

20170307.jpg本来は冬季に用いるのが正解な様ですが、「三寒四温」ってのはやはり春先のこの時期にピッタリな表現・・・ですよね。気温差激しい今日この頃であります。
加えて昨夕の強風はちょっと浴びただけでも・・・・花粉症炸裂でありました。(泣)

さてこのFacebookは過去の投稿等がアップして来て"懐旧の情"ってのが芽生えて来て良いですよね。昨年同日の私の投稿はっていうと、セミナーで「目的と信念を持つ」ことの重要性を示唆されたあとだったんでしょうか・・・・

『慌ただしい最中にも、自分の座標軸の原点はナンだったんだろうかとセルフチェックする姿勢は常に維持せねばならないんでしょうね。原点がブレると全部が曖昧模糊となってしまう危惧を抱きます。
・・・・・早いとこ原点を落ち着かせねばなりません!』

と記載されておりました。
残念ながら一年経過しても・・・・まだまだであります。(^^;)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 6日

原寮の最新作が長き沈黙を破って刊行

デビュー作「そして夜は甦る」、第102回直木賞受賞作「私が殺した少女」と聞いてピンと来る方は随分と少ないんじゃないでしょうか。

ミステリ界の"生ける伝説"とまで揶揄され、14年ぶりの新作っていうんだから・・・・まぁ~寡作な作家さんですよね。
そんな原寮(はらりょう)さんの最新作が長き沈黙を破って刊行されるんだそうです。
それまでの明日」・・・ファンとしては読まずには居られないのですが、まずは過去の作品を思い出さねばなりません。(汗)

生まれた子が中学生になるぐらいの歳月ですからねぇ。
主人公が「沢崎」ってのは記憶していてワクワクしながら読んだ秀作だったのは間違いないのですが、ん~ん・・・・詳細は思い出せません。(泣)

でも、間違いなく楽しみがひとつ増えました。(^^)

20180306.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 5日

「ひだまりの詩」の大ヒットは1997年

異様に温かな一日だった昨日、明けて今日はお天気下り坂・・・午後は雨になりましょうか。

朝日新聞の土曜版だったかと思うのですが、そこに「ル・クプル」のボーカルの女性が取り上げられてました。
「ひだまりの詩」の大ヒットは1997年だったんだとか・・・。

存じませんでしたけど、その後 御夫婦は離婚なさってたんですねぇ。フランス語でカップルや夫婦を意味するお二人にナニがあったのかは解りませんが、果たして紅白出場にまでなったあの大ヒットは彼等にとって良かったのかどうか・・・。

週末に見た ちょっと残念な記事でありました。

20160305.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 4日

医院の組織としての基本を強固にする

ある歯科系の雑誌に、歯科医院において「求人者が集まりたくなるような組織としての土台がキチンと成り立ってるかどうか」というワンポイントアドバイスが掲載されておりました。

医院内の雰囲気が良くて各々が感謝の気持ちを持ちながら仕事をして居れば自ずと笑顔も出て参りましょう。そうありたいと願います。下記に記載されていた6項目を列記してみますね。

● 医院の理念が明確に掲げられ、スタッフに浸透している

● 理念に基づく規定やルールが存在し、適切に遵守されている

● スタッフ同士が単なる仲良しではなく、存在を認め合える関係である

● 経営者も含め、全員が感謝の気持ちを持っている

● スタッフ一人ひとりが、発言や提案できる雰囲気がある

● 成長の機会が平等に与えられている

どれも欠くことの出来ない大切な考え方です。大いに参考になった次第です。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院も「スマホファースト」を目指す

最近、とかく目にするようになったのが「スマホファースト」なる単語です。
モチロン、造語でしょうけれど「スマホ第一主義」とでも考えれば宜しいんでしょうか。

歯科医院の運営者・・・HPに関していえば「酒井歯科医院の管理者」としてはHP訪問者の方々の動向は当然ながら分析をして居ります。
って言うか、「アクセス解析」なる報告書が送られてきますので目を通す様にしてるってだけなんですけどね。

その解析結果を見ると、確かにスマホファーストの実態は理解が出来るようになります。
驚くことに、閲覧して下さる方の4人に3人はスマホの方です。
ってことは、パソコンのHPだけでなくスマホに最適化されたHPをキチンと確立してないと歯科医院としては相手にされないことにもなりましょうか。

モチロン、当院のスマホサイトにおける最適化は常日頃より心掛けておりますが、凄い時代になったモノですねぇ。(汗)

access_analysis.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

加賀百万石前田家に語り継がれる「文武二道」

昨夜はチョイとした集まりで遅めの帰宅。写真はドングリを食べて育ったという「イベリコ豚」・・・美味しく頂戴致しました。

自宅でメールチェック等をし、入浴後に半分ウトウトしながらTVを観て居りましたところ、何の番組かは記憶に残ってないのですが加賀百万石前田家に語り継がれる「文武二道」が取り上げられておりました。

中でも・・・『"文"は橘 "武"は桜』

「"桜"はさっと散ってしまうけれど、"橘"はすぐには散らず息長く人々に実をもたらす」意だそうです。橘って小高木にはそんな特徴が有ったんですね。

夢現の中で、妙にそこだけ記憶に残りました・・・ただ、前後は全く覚えておりませんです。(^^;)

20180304.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 3日

最先端の歯科に精通した同時通訳者

日曜日の汐留のイベントホールでのセミナー、講師を務めて下さったのは日本人だけではなくオーストラリアやドイツの方もいらっしゃいました。
ドイツの方は現地時間・早朝8時って仰ってましたがインターネットを使ったLIVEのWebセミナー・・・そんな時代なんでしょうね、TV電話同様に違和感はまったく無かったです。

そんな時の必需品になるのがモバイルPCの手前の同時通訳用のレシーバー。これを耳に装着しての受講です。正直これが無ければ・・・ナニをしに行ったか解りませんです。(汗)

会場片隅に設置された同時通訳のブース内、お二人の女性が交互に務めて下さいました。講演内容は専門用語も含む通訳故に最先端の歯科の事情に存分に精通してないと・・・・まぁ~無理なはず。(汗)

どういった方なのか私は存じませんが、近い将来は「同時通訳ソフト&アプリ」なんかにそのポジションを奪われる職種になっちゃうんでしょうか。
そんなことを案じながらのひとときでありました。(^^;)

20180303-1.JPG 20180303-2.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 2日

逆境を乗り越えたアスリート達に学ぶ

20180302.jpg春の嵐が過ぎ去って、昨日はナンだか変な天気でしたね。花粉症は発症しちゃうし「悩ましい春」の始まりでもありました。

一昨夜、深夜にNHKスペシャルの「金メダルへの道-逆境を乗り越えて」は見応え十分でした。
華やかなる"表"の姿だけでなく選手たちの知られざる心の葛藤を丁寧に描いていて目が離せなくなりました。

四年前のソチ五輪で結果を出せなかった高梨沙羅さんがこんな風に仰ってたんですよ。

『仲間の存在が無ければどうにかなってしまいそうでした』

4年に一回しか応援しないのは申し訳ないような気にさせられました。スケートの高木美帆さんなんてもう既に次の大会に向けて出国なさったんだとか・・・考えてみたら彼女にとってはオリンピックだってひとつの大会に過ぎないのかもしれませんしね。

オンシーズンですもん、ゆっくり休んでる場合じゃないんでしょう。私達も頑張りましょう!(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年3月 1日

春の嵐が通り過ぎ「1歳6カ月児歯科健診」

本日、内郷の「いわき市総合保健福祉センター」にて 1歳6カ月児歯科健診の当番を務めて参りました。

久し振りに聴く元気な乳幼児の泣き声・・・無理もありませんよね、マスクにメガネ&拡大鏡の見慣れぬ中年男性が目の前に居るんですもの。
それでも数名は泣かなかったりしたかなぁ。もっとも一様に口は開けて貰えませんでしたけどね。(^^)

今日の午前中は「春の嵐」のような天候。めでたく卒業式を迎えた皆さん・親御さんは大丈夫だった(間に合った?)んでしょうか。

午後からは低気圧の通過に伴い汗ばむ陽気・・・18~19度までは上がったんじゃないでしょうか?
時折吹く風も相俟って、花粉前線も来てしまったようです。
クシャミだの目の痒みだの・・・暫く辛い日々の始まりですね!


20180301.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1