« 2018年6月
2018年2月28日

「知恵」や「教養」を深めたり高めたり

アッと言う間に2月の晦日・・・明日はもう3月なんですねぇ。
高校の卒業式かと思いますが、本日夜半からは雨の予報・・・早めに雨雲が通過してくれると良いですね。

さて、昨日の朝日新聞の「折々のことば」が印象に残りました。

●『深いつもりで 浅いのが知恵
 浅いつもりで 深いのが欲』

●『高いつもりで 低いのが教養
 低いつもりで 高いのが気位』

高校を卒業してからは随分の歳月が流れましたけど、今後も学習を怠らずに「知恵」や「教養」を深めたり高めたりしたいモノであります。(汗)

※ 菜の花って・・・・鳥もついばむぐらいですから美味しいんですよねぇ。

20180228.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月27日

自宅用の"卓上墓石"・・・宅墓の事情

先日クルマのラジオで聴いた話ですが、どうも「宅墓(たくぼ)」ってのが有るんですってね。
私は知りませんでしたけど、自宅用の"卓上墓石"・・・言われてみれば確かに便利なのかもしれません。

遺骨の扱いとして法的には問題ないようです。
庭に埋骨するのは認められないようですが、卓上だと問題ないんだとか・・・。

聴いてて「時代なんだナァ」と考えさせられたのは・・・・
1人用・2人用は理解出来たのですが、その2人用には「二人一緒」と「別々」のスタイルがあるってことでした。
どうも宅墓でさえ夫婦で別々のお墓に入りたがる依頼が多いから・・・なんだそうですよ。
気を付けなくてはなりません・・・(汗)

※ 写真は親子でしょうか。お子さんにカメラを預けて なんとも微笑ましい光景でありました。

20180227.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月26日

浜離宮庭園内はもうすっかり"春"

20180226.JPG昨夜は震度4・・・・だったんですね、気が付きませんでした。
ナンだか時期も時期なので大地の"不穏な動き"は不安を増大させてしまいますね。(汗)

さて、昨日は時間に余裕があったので近くの「浜離宮恩賜庭園」に初めて足を運んでみました。
歴史に疎くその意味が解っておりませんでしたが、『1654年に甲府藩主の徳川綱重がこの地を拝領し、海を埋め立てて別邸を建てた』んだそうです。私は存じませんでした。

かつての栄華に想いを馳せつつも、驚いたことに庭園内は写真の様に・・・・もうすっかり"春"でした。
今週後半は3月なんですから無理もないですね。

季節の変わり目です。体調留意で「弥生」を迎えると致しましょう!

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月25日

「デジタル歯科」の先の「ネット活用歯科」

上空を舞うヘリコプターの騒音が喧しいです。
そうなんです、今日は「東京マラソン」の開催日でありました。

いつものようにクルマで汐留まで来たのですが、念の為 交通規制が掛かってしまう時刻前に駐車場にインしたところであります。(^^)

本日のセミナー・テーマは次世代歯科のキーワードでもある「デジタル歯科」の更に先を行く「ネット活用」に関して・・・であります。
自院でも歯科技工物をマシーンで削り出すことは可能だけれど、進化著しいジルコニア・セラミックスに関しては現状では「データ発注」がbetterではないかというのが自分なりの判断。

その為には最新情報を常に仕入れておかないとなりませんので、今日もしっかりと学習して参ります。
もっとも・・・・嫌いな分野じゃないので、ワクワクしながらなんですけどね。(^^)

20180225.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月24日

高田明氏が語る事業承継のポイント

先日、ジャパネットたかたの高田明氏の事業承継のポイントに関する新聞記事に目が止まりました。
氏の見事なまでの"引き際"は存じてましたが、その決断に至る「ポイントは?」と問われ・・・・

●『事業承継には継ぐ人の覚悟も必要だが、継がせる人が決断と覚悟を持たないと』

●『期待が不安を超えていたら任せたらいい』

そう考えられずに事業承継時に親子の関係がギクシャクするケースって・・・枚挙に暇が無いですよね。
縛る気もサラサラ無いのですが、まずは我が子が承継したいと願うほど弊院に魅力があるかどうか・・・そこが大いに問題であります。(汗)

だからってワケじゃ無いんですが、こんなカラフルなモノを受付でお配りすることに致しました。(^^)

20180224.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。


Google +1
2018年2月23日

束の間 従姉と二人で"苦笑い"

20180223.jpg昨日、従姉のお姑さんの告別式があり焼香に伺って参りました。従姉と顔を合わせるのも数年ぶり、少しだけ言葉を交わすことが出来ました。

従姉曰く・・・・
『直樹くんは叔父さんにソックリになって来たわねぇ・・・』

認めたくない部分も多分にありはしますが、こればかりはもう血縁ならではの会話でありましょう。

『〇〇ちゃんだって、伯母さんに似てきたような・・・』と私が返し束の間二人で"苦笑い"って感じでした。(^^)

仲の良かった伯母と父でしたから、あの世にてクシャミでもしてたんじゃないかと思ったひとときでありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月22日

スマホからのアクセスが大多数!

歯科医院のホームページを運営してる関係上、時折の分析・解析は必須と考えて居ります。
Googleってのは便利なモノで、無料で「Google Analytics(アナリティックス)」なる解析ソフトを準備ししてくれていてデータを集計してくれるってんだから驚きます。

特に昨今ではスマートフォンからのアクセスが随分と多くなったんですよ。7割以上・・・即ち3人にお二人以上はスマホ経由だってことをデータが物語っております。
利便性をアップさせていくのは当然のことながら我々歯科医院サイトも一緒です。スタッフのアドバイスなども取り入れながら更に進化させて行きたいと考えております。

smartphone access.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

「漣(さざなみ)」とは寄せては返すもの

20170222.JPG上の子がまだ小さかった頃に、その当時の5人組の戦隊モノはモチロンのこと、更に過去に遡って「ナンとかマン」だの「ナンとかレンジャー」といったビデオを随分と見た(見せられた?)記憶があります。

怪人・怪獣に交ざってチョイ役の悪の手先(!?)を演じていたのは、今となれば考え難いけど遠藤憲一さんであり・・・・そして売れる前の大杉漣さんでありました。

そんな売れない日々からチャンスを掴み這い上がって来たイメージが私には強くあります。晩年の活躍が期待されていたのに・・・残念ですねぇ。(泣)

芸名の「漣(れん)」は、訓読みで「さざなみ」・・・だそうです。
御本人の弁が今となっては涙を誘いますね。

●『"さざなみ"とも読むんですが、波とは寄せては返すものです。人生も失敗があって少し成長する、その繰り返し。それをお見せするのが、僕らの仕事だと思います』

これからだったろうに、66歳じゃ無念だったろうなぁ・・・・(涙)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月21日

家訓を守り続けるダンディ坂野さん

気が付いていなかったのですが、今度の日曜日(25日)って「東京マラソン」開催日だったんですね。
当日参加予定のセミナー開催が「汐留」なんですが、調べてみたら交通規制対象エリア・・・どうなるのかなぁ。(汗)

さて、過日の新聞のコラム。
50歳になられたダンディ坂野さんの「おやじの背中」での"家訓"に関わる文章が印象に残りました。

●『「世間様に迷惑さえかけなければいい」・・・そんな父の言葉が今も自分の中で生きています。
私は自虐ネタのスベリ笑いだけど、人をなるべく傷つけないように心掛けて来ました。』

●『「ゲッツの彼、最近見ないけど頑張ってるみたいね」って言われた方がいい。家訓があったからこそ今があると思っています。』

お笑い芸人さんの日頃は見えない内に秘めた信念・・・・ナンだか応援したくなって来ちゃいました。(^^)

20180221.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月20日

「誰かを次の五輪へと駆り立てたい」

極寒のオリンピックの開会式、上半身裸でトンガの旗手を務めた選手が話題になりましたよね。
どうしても「色モノ?」的な目で見てしまってましたが・・・違うんですってね。

彼には自国の恵まれない子供達に対して「出場権を得ることでポリネシアの子に新たな扉を開きたかった。誰かを次の五輪へと駆り立てたい」との強い想いがあるんだそうです。民族衣装での登場はその意気込みの現れでもあったんだとか。

「それぞれの内に秘めたオリンピックで、ベストを尽くそう」という熱いメッセージが込められていたと聞くと、冷めた視線で見ていたこちらが恥ずかしくなるような想いがしました。

彼が雪を初めて見たのが2年ほど前だとか・・・それでも出場した「クロスカントリー」では見事に完走なさったそうですよ。
最後まで諦めない姿は多くの少年少女の目に焼き付いたことでしょうね。

20170220.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月19日

「誤差」・「刹那」のような0.39秒の違い

20180219.jpgおそらくは殆どの方にとって「誤差」の範囲であり「刹那」でしかない0.39秒の違い・・・それが勝敗を分けるんですねぇ。

小平奈緒さん・・・とかく批判されがちな韓国人の銀メダリスト李相花選手との戦い終わっての抱擁が良かったですよね。
「ライバルが居たからこの場に立てた」と語る彼女は韓国の"氷速女帝"。五輪3連覇を賭けて挑んだ自国開催・・・彼女も怪我からの復帰と聴けば流す涙は悔しさだけではなかったことでしょう。

お互いをリスペクトしてる存在だと語る彼女達、拝見していてとても心地良い戦いの一コマでありました。

さぁ~2月も終盤戦に向かいます。一週間、頑張って参りましょう!

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月18日

「求道者」ならぬ「究道者」に拍手を

20170218.JPG昨日のフィギュアスケート、仕事中ではあったのですが、思わず手を止め患者さんの了解を得て一緒に画面に見入ってしまいました。(^^)

我が子と同世代の方の偉業・・・どうしても見守り続けたであろう親御さんや御健在であれば案じ続けたであろう祖父母の眼差しを感じずには居られませんでした。
ファンのみならず国民の大きな期待を背負って戦っていた"子"であり"お孫さん"です。祈りが通じて さぞかし安堵なさったことでしょうね、ナニよりでありました。

彼等を見るにつけ、「求道者」ならぬ「究道者」という単語が浮かんで来てなりません。道を究めて結実させていく若者にエールを送りたいモノですね。

さて、本日は「口腔癌健診支援システム」の導入に向けて学んで参ります。天気は大丈夫そうなので気持ちの良いドライブって感じでしょうか。行って参ります!

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月17日

遠慮の要らない関係はありがたい

20180217.JPG「笑う門には福来たる」と申しますが、昨夜は気心知れた地元の歯科医師達との飲み会。そのメンバーを結び付けてくれた歯科医(故人)の奥様を交えて縁の場所で大いに笑って参りました。(^^)

日頃から様々な集まりに身を置きますが、遠慮の要らない関係ってのはありがたいですね。
各人、出身大学も違い趣味・性格も異なるってのが更に宜しくて、「笑う」ことで存分に鋭気を養って参りました。
気持ち良く仕事が出来そうな気概が漲る"土曜日の朝"であります!

それにしてもフィギュアスケートの羽生結弦選手は凄いなぁ~、今日のフリーが楽しみになりましたね。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月16日

嫌がおうにも受け継いでしまう所作・仕草

普段のナニ気ない仕草・所作の中で、ふと親からの遺伝って言うか「似てるな・同じ事をしてるな・・・」って思う瞬間など有りませんでしょうか。

子供の頃、電気工事業に従事していた父の手伝いなどさせられれば見様見真似にある程度の事は覚えてしまいます・・・よね。
先日の連休中、院内のコンセントを変更する為に電気配線処理と木工ドリルでチョイとした穴開けをしてた際にほぼ無意識に父と同じ事をしていて気付いた瞬間に思わず苦笑してしまいました。(^^;)

親と子であっても別の個体ですけど、嫌がおうにも連綿と受け継がれてしまう仕草・所作があるんですよね。
齢を重ね、風貌まで似てくる昨今・・・そんな感じが増して来ましょうか。

子は親を越えていくモノと常々思ってますけど、ベースには案外 共通項は多いモノですね。(^^)

20180216.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月15日

「アンガーマネージメント」を教えて貰う

おはようございます。
常日頃 若きスタッフ達から良き刺激を受けてる身、それに加えてオリンピックのアスリート達を見ていると「最近の若いヤツは・・・」なんて絶対に言えませんよね。とてつもなくハイレベルでの戦いはもう立派としか言えませんです。

「地域一番」だって大変なのに、「県」で一番、「東北」で一番、「日本」で一番、「世界」で・・・・なんて考えたらどれほど長き道のりだったんだろうって想像しちゃいました。そう指導されてる部分もあるのかもしれませんが、インタビュー時に一様に「感謝」の言葉を口になさってたのが私には印象に残りました。

「木下グループ」・「北野建設」・「相沢病院」・「日体大助手」・・・これらは昨日のメダリストの皆さんの所属先であります。
間違ってるかもしれませんが、決して恵まれ潤沢なるサポート体制には思えませんよね。
そんな中で彼等アスリート達は世界で闘ってるのかと思うと・・・・不平だの不満ばかりの我が身を省みて反省しきりであります。(汗)

そんな中、昨日は医院二階に伊藤 ゆきえさんをお招きして「アンガーマネージメント」の勉強をさせていただきました。
「アンガー=怒り」ですね。とても勉強になりました。仕事でも家庭でも今日からすぐに公私に渡っての活用が出来そうであります。
まずはそんな基本的なところから・・・・・が、頑張ってみます。(汗)

20180214-1.JPG 20180214-2.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月14日

今年の目標は「左手で箸を使えるように」

20150121-1.jpg今年の元旦に「年間目標」として掲げたのが「左手で箸を使えるようになること」・・・仕事上も有益なので心掛けてそうしてました。

結構、この年齢からでも行けるモンですねぇ。(^^;)
最近ではあまり意識せずに左手が出るようになりましたし、御飯粒はモチロン、胡麻とかまで掴めるようになりました。
それにしても今まで全く意識は無かったけど、右手(利き手)って素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれてたんですね。

さすがに字まで書けるようにはなりませんでしょうけれど、ピンセットで細かいモノを掴めるようになると仕事柄 非常に楽なんです。(^^)

さぁ~今宵は医院二階で「アンガーマネージメント・セミナー」開催であります。
心身共に鍛えて初めて"精進"・・・・「怒り」のコントロール、しっかり教わると致しましょう。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月13日

女性二人のメダル獲得はナニよりでした!

20150213.JPG娘を案じる父親のような気持ちで見てましたけど、幼い頃から注目を浴びていた女性のメダル獲得はナニよりでしたね。(^^)
彼女達は数多くの挫折も味わって来たことでしょう。結果が出て安堵なさった方も大勢いらっしゃったに違いありません。

さぁ~連休終わってまた「いつもの日常」に戻ると致しましょう。私は「世界」という名の壁に挑む訳ではないので大丈夫ですけど、また多くの皆さんに助けて貰いながら頑張ると致します。(^^)

山積していた「事務処理」という名の課題は、少しだけ低くなりました。予定では平地(更地?)に出来るはずだったんですが、なかなか難敵でして。
それでもリストに上げた項目数は着実に減って来ましたのでこの調子で・・・・行けると宜しいのですが、ややもするとまた更に積み上げたがる性格なモンですから・・・・(^^;)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月12日

城山三郎氏の遺作「そうか、もう君はいないのか」

連休2日目、今日もまた穏やかな日和となりましょうか。

昨今では「デジタル遺産」なる言葉が取り上げられることが増えましたよね。考えてみたらあれこれの登録があったり こういった投稿なんかもずっと残って行く事など考えると常日頃からの「整理・断捨離」は必須かと考えたり致します。

夜更かし出来る連休は格好のタイミングかと考え以前のブログ等を纏めたりしていたら・・・・2009年の本日の投稿に辿り着きました。

今でも記憶に残る城山三郎氏の遺作『そうか、もう君はいないのか』の話題・・・。
 http://www.sakai-dent.com/diaryblog/2009/02/20090212.html

奥様への鎮魂の想いが綴られていて感動したことを懐かしく思い出しました。下記に児玉清さんの書評がありますが、読書家だった氏の姿が甦るようであります。その彼も城山氏の四年後に鬼籍へ・・・。
 http://www.shinchosha.co.jp/book/310817/

私自身は伴侶を失うような世代ではありませんが、いつ何時そんな事があるやもしれず・・・・。
「そうか、もう君はいないのか」と独り言ちる日が来ないことを願うばかりであります。(涙)

20180212.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月11日

恐怖心の克服は弛まぬ練習の賜

20180211.jpg空を見上げればまさに「サンシャインいわき」・・・今日のマラソン大会は最高のコンディションに恵まれてナニよりでした。
今年は当院のスタッフも参加してますが、たぶんオデコに「必勝! 酒井歯科医院」と書かれた鉢巻きをしてるに違いありません!(爆)

テレビでは「スノーボード・スロープスタイル」の決勝が放映。
信じられないような"技"の数々に圧倒されます。
恥ずかしながら・・・私なんてボードで雪面に立つことさえままならないんじゃないでしょうか。
なのに空中高く飛び出て縦にも横にも何回転もして着地・・・ん~ん、同じ人間の成す"技"とは思えませんです。(汗)

恐怖心の克服は弛まぬ練習の賜なんでしょうけれど、それでもメダルには容易に届かない厳しい競技の世界。
目指さなくてホントに良かった・・・って言うか、ティーンエイジャーの頃にはスノーボードなんて無かったような・・・(爆)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月10日

「動かし」、「育て」、「実らす」ために

昨夜の五輪開会式を何とはなしに拝見し、「国威発揚」なる四字熟語が浮かんで参りました。放映権等の諸事情あるんでしょうけれど日本にとってはゴールデンタイムの放送になるんでしょうか。

さて、久し振りに山本五十六連合艦隊司令長官の下記の名言を目にしました。ちょうど「リーダー論」に関わるCDを拝聴してたところでもあり改めて考えさせられました。小さな組織の"長"として私も下記の様にありたいモノだと感じた次第です。

『やってみせ、言って聞かせて、させてみて、
 ほめてやらねば、人は動かじ』

『話し合い、耳を傾け、承認し、
 任せてやらねば、人は育たず』

『やっている、姿を感謝で、見守って、
 信頼せねば、人は実らず』

果てしない道のりですが、とにかく前進あるのみ・・・でしょうか。(汗)

※ 写真は昨年の昨日のモノです。

20170210.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 9日

17日間の熱き戦い・・・平昌五輪開幕

今日から平昌五輪開幕。17日間の熱き戦い・・・俄ウィンタースポーツ・ファンになりそうですね。(^^)
そんな中、一昨夜の深夜番組のNHK「アスリートの魂」は見応え十分でありました。

私の年齢からすれば少年(!?)のようにも思えるソチ五輪・ハーフパイプ競技の銀メダリスト・平野歩夢選手。
若干15歳での偉業達成始め、とかく華やかな一面しか我々は見やしませんが、彼が昨年3月に左足の大怪我(膝靱帯損傷)を負い「平野のオリンピックは終わった」と囁かれてたことなど全く知りませんでした。

番組では不屈の闘志でまさに"這い上がった"彼のこの一年を特集。
恐怖を越えて「人が辿り着けないことを自分の夢に出来れば・・・」と静かに語るその逞しさに感嘆致しました。

対する絶対的王者ショーン・ホワイト選手。
彼も昨年10月に顔面を62針も縫う大怪我から復活してると聴けば・・・そんな背景を知っちゃうともう目が離せませんね。
彼等に限らず、どの選手にもドラマがあるに違いありません。極限レベルの競技に魅了されると致しましょう。

20180208.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 7日

知識とは知っていること、 能力とはそれができること

北陸地方の豪雪。市街地でもアッと言う間に腰高まで積もる雪の映像を見ていると、「街中での遭難」も強ち誇張ではないなと思った次第です。「雨」も・・・ですけど「雪」は更に厄介ですよね。(泣)

さて、今朝も自戒の念を込めて、私を叱咤激励して下さる方が送って下さった下記の一文をコピペ致します。

『知識とは、「知っている」こと。
能力とは、それが「できる」こと。
知識を広めるのも大事ですが、能力を高めることの方がもっと重要です。
両者の間には大きな違いがあります。
野球の「ルールを知っている」ことと、実際に「プレーができる」ことは、全く別の事柄です。』

まずは実行したり体現したりするべきなんですよね。
「決心」して歩を進めて参ろうかと思う週の半ばの水曜日であります。(^^)

20170207.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 6日

捨て難いけど実際は必要が無かった書籍類

20180206.jpg間もなく開催される「平昌オリンピック」・・・しばらくは画面に釘付けの日々となりましょうか。

その開会式会場って・・・随分と寒いんですってねぇ。(泣)
氷点下15度にも達することがあるそうで、そもそもがスケトウダラを干す施設があった場所で風が強い・・・・しかも屋外会場だそうですからウィンタースポーツの選手であってもさぞかし寒かろうかと。

考えてみたら鍛え抜かれたアスリートの躰ですもの、体脂肪も少ないでしょうしねぇ。画面からは「寒さ」は解りにくいけれど、彼等が"過酷な地"で闘ってることを意識して拝見したいと思います。

さて、ここしばらくで過去の写真やブログへの投稿等の整理をしてるのですが、3年ぐらい前に処分した本棚の写真が出て参りました。
「保管しておけば良かったなぁ・・・」と悔やんだことが一度も無かったので断捨離は間違いではなかったんでしょう。
捨て難いけど実際は必要の無い物、身の周りに・・・・たくさんありそうですね。(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 5日

冬来りなば春遠からじ・・・・

「冬来りなば春遠からじ」・・・立春を過ぎた今週も寒さ厳しいようです。花粉症問題は置いておくとして、それでも春の訪れが待たれますねぇ。

さて、この「冬来りなば・・・」には「辛い時期を耐え抜けば、幸せな時期は必ず来る」という本意が込められてようかと思います。

「心構えがすべてだ!」と叱咤激励されながらのここ一年間の研鑽、「辛い」とか「苦しい」ってことはなくむしろ楽しくって仕方が無かったのですが、終わりは来るモノで昨日で一区切り・・・。

師と仰げる方々にも、そして良き学友達にも出会えたのは、これからの日々にとっての大きな収穫でもありました。

さぁ~これからはその学びを、さながら春の到来時のように次々に開花させていくと致しましょう。
今週も宜しくお付き合い下さい。<(_ _)>

20180205.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 4日

「歯科学」や「人体」を究めることはとても困難

この一年で日曜日を何度潰して「東京通い」をしましたでしょうか。
本日でいったん終止符を打つ毎月の定例セミナーだけで12回・・・それに付随する講習を加えれば この「吉野塾」だけでも20回弱は通ったように思います。加えてそれ以外のセミナーや仙台にも度々通いましたので、まぁ~我ながら自分の勤勉さ(!?)を褒めてあげようかと思っちゃったじゃありませんか。(^^)

よく「働かざる者食うべからず」などと申しますが、「学ばざる者 歯科医業をするべからず」も真理なのかもしれません。
そのあまりの奥の深さは日本海溝レベル・・・時にミクロの世界ではありますが果てしないその深さに圧倒されます。(泣)

冗談じゃ無く生涯かけても「歯科学」や「人体」を究めることは困難なのかとは思いますが、そちらに向けての歩みを止めることはプロとしては許されはしませんでしょう。
自分なりに精一杯頑張ろうと誓う「立春」の朝であります。

今日も銀座にて終日のお勉強。その前に・・・・なんて親バカなんでしょう、家内の手作り御総菜を娘に配達するという重要ミッションをこなして参ります。(爆)

20180204.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 3日

明日は「立春」となり暦の上では「春」・・・

今日が季節を分ける日、ってことは明日は二十四節気の「立春」となり暦の上では「春」・・・。
来週は更にまた冷え込みが厳しくなるようには伺ってますが、着実に春の足音が・・・なんでしょうか。

そんな季節の変わり目には、風物詩となる恒例の「恵方巻き」でありました。(^^)
待合室にフェルト地で「福」だの「鬼」を飾ってくれたスタッフは、「恵方巻き」を手に帰宅の途に・・・。

御家族の分もお渡ししたので、小名浜の株式会社サスイチ小野水産さんの海鮮巻物をささやかながらも堪能していただけたことでしょう。
加えてラトリエ グランブルー 小名浜店さんの「恵方巻きロール」は食後のデザートになりましたでしょうか。(^^)

若いってスゴいですよねぇ。食欲旺盛なのは元気な証拠でもありましょう。その元気を仕事で発揮していただければ・・・私の狙い通り(!?)であります!(爆)

20180203-1.JPG 20180203-3.JPG 20180203-2.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 2日

さっぱり解らない「仮想通貨」・・・

なるべく世の中の事情に疎くならないように・・・と日々心掛けはしますが、「仮想通貨」なるモノはさっぱり解りません。

「コインチェック」と「ビットコイン」の違いさえ「?」状態なんですが、更に「5分間で580億円流出」と来たら・・・思わず目が点になり、加えて「460億円を自社資金で返金」と聞いたらもうワケが解りません。(汗)

半世紀前の3億円事件も確かに誰にも危害を加えなかったお見事(!?)な犯罪でしたけど、今回はもしかすると指先ひとつで・・・だったりするんでしょうねぇ。(^^;)

ん~ん、現代では「汗水垂らして食い扶持を得る」ことが"是"ではないんでしょうねぇ。
4桁ほど下げた金額であってもドキドキしてるようでは「仮想通貨」には馴染めないかナァ~・・・・と思った次第です。

さぁ~頑張って雪掻きでもするとしますか!

20180202.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2018年2月 1日

「エンディングノート」は大事な必需品

タレントの秋川リサさん。世代によっては「誰?」って感じもあろうかとは思いますが、昨日の新聞に「母親の介護経験」談が掲載されてました。

認知症の母親の介護、その苦悩、今後の秋川さん御自身の有り様・・・「親」が居て「子」が居る限り、避け得ない「未来の姿」を垣間見た気にさせられました。(泣)

言葉は悪いですが、私自身が将来「壊れてしまう」というイメージを想像することはなかなか出来やしません。
モチロンなりたくはないですけど、もしそうなった場合にも「まともな自分」の記録・希望は残しておくに越したことはないのかも・・・などと考えさせられる講座企画を昨夜 開催してみました。

日頃から御世話になってる飯田 教郎さんをお招きしての「エンディングノート講座」・・・御参加下さった皆さんからも様々な実例が紹介され有意義なひとときとなりました。

親を送り、いつの日にかは私自身も送られる立場になりましょう。壊れてしまう前の終活・身辺整理の重要性を痛感させられました。

その折の集合写真を添付致します。さすがに今回は・・・・平均年齢が高かったです。(^^;)

20180201.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1