« 2019年1月
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
2016年10月17日

親知らずの抜歯には意味があります

そりゃぁ~歯を抜くなんて言われて心穏やかに居られる方はそうはいらっしゃいませんでしょう。多くの方にとって嫌がられる話かとは思うのですが、それでも我々歯科医は勧めなくてはならなかったり致します。(泣)

考えるのは常に「最終的に残る歯を一本でも多く確保する!」ことに尽きるからであります。

日頃皆さんに接していると、例えば「親知らずを抜く」と言われれば「よくよくになって我慢出来なくなったら抜けばイイや」とお考えの方は多い様に感じるのですが、実際の問題としてはそうなってからでは大概は遅いのです。何故なら手前の歯に迷惑を掛けてしまうことがあるからなのです。(泣)

下の写真を御覧下さい。

trouble.jpg

下顎の横倒しになってる親知らずはそう珍しいモノではありません。私自身が両方ともそうでしたし、むしろまったく異常ないほどに直立してる方のほうが珍しいのが現状でもあります。
この方の親知らずの右隣、つまりは手前の歯の矢印指示部を御覧下さい。ナンだか凹みがあるようにお感じになりませんでしょうか?
もしこの方が、早期に適切に歯科医のアドバイスに従って抜歯(摘出)をなさっていたら手前の歯は無傷で居られたはずです。それがこうなってしまえば手前の歯まで救いようは無くなってしまうのです。(泣)

逆に私のように歯学部在学中に先輩歯科医の助言通りに思い切って抜歯をした方は、その後何十年経っても手前の歯は異常なし。どうせ横倒しの親知らずはナンの役にも立っていなかったので結果的には咬合は維持され今に至ることが出来るようになるのです。

この方も、前医ではレントゲンは見せられたけど詳しい説明は無かったと仰ってました。いずれ親知らずと手前の歯は両方とも抜歯を余儀なくされることになろうかと思います。(泣)
その事がこの方に及ぼす生涯に渡る大きなダメージ(咬合崩壊の第一歩)を思う時、やはり嫌がられても親知らずの抜歯を勧めなくてはならないと考えたり致します。

FacebookのFBページってところにアップしてみましたら反響が大きかったので、こちらにもアップしてみた次第です。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.sakai-dent.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/748

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク酒井歯科医院 医院サイト
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩

Google +1