« 2018年8月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
2016年7月31日

ふるさとは遠きにありて思うもの

20160731.jpgちょうど先週の日曜日が「相馬野馬追」に出掛けた日でありました。

カメラを持って右往左往(!?)する私の姿が目立ってたんでしょうか、震災後から通院して下さってる双葉町の御婦人(現在はいわき市在住)が、偶然に撮影していた写真の「相馬流山踊り」の80名ほどの皆さんの輪の中から私を御覧になっていたそうで、有り難いことに後日 丁重なメールを下さいました。

案外そんなモノかと思いますが、双葉町の方であっても「南相馬まではいつでも行けるやと思って真面目に観戦したことは無かった」そうです。
いざ、こういった事態になり「近くで騎馬武者や開会式も見ることができ大変感慨深いものがあった」そうですよ。(涙)

こういった深い想いを抱いてらっしゃる方々に少しでもお役に立てるような我々でありたいですね。
結びにこんな風に記して下さいました・・・・私も多くの皆さんから学ばせていただいてる今日この頃であります。

『いわきの良さを学びつつ、今後も双葉町の行事にお手伝いしながら生活していこうと思っております』

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月30日

新たな縁を嬉しく思う

20160730.jpg7月も瞬く間に過ぎ去り、今日と明日を過ごせば・・・もう8月なんですねぇ。(汗)
今年のお盆のお休みは・・・・「山の日」でしたっけ、11日からの連休スタートになるのでそれを愉しみにしつつもうちょっと頑張ると致しましょう。

昨夜は縁あってこの秋の市議選候補者の方と膝を突き合わせて長い時間 懇談する機会を得ました。一生懸命に市政に取り組んでらっしゃる方とのお話し合いは実に有意義なひとときでありました。

今まで市政とかに興味も持てずに居てしまった自分・・・・この年齢になって改めて自分を恥じました。(恥)

ややもすると私達は「批判」にばかり終始してしまいがちかと思いますが、その前に状況を「理解」し自分なりの「分析」をし、そして市議(代表者)を通じて間接的ではあっても「協力」したり「参加」したり出来る事実を知った気が致します。

ナンだかまた「縁」も広がった気がして嬉しい夜でありました。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月29日

匿名投稿は苦手です・・・・

20160729.jpg昨日は仙台市内での渋滞を避けようとして5時ピッタリに家を出て北上したのですが、途中立ち寄ったコンビニのレジには既に北へ向かう原発作業従事者と思しき数名の方が並んでいらして我が認識の甘さを思い知らされました。

混雑とまでは行かなくともクルマの台数も多かったです。
平日だからでしょうけれど、そんな時間に既に「街は動いてる」んですねぇ。(^^)

社会を支えるそういった無名の市民の存在。
一方で障がい者を蔑視する例の容疑者の凶行に対し、ネット上で次々に賛意を示す多くの匿名の投稿・・・・・。

狂った社会の一端を垣間見た気が致しました。
改めて自分を出さずに隠れて発信・投稿する「匿名」が更に苦手(嫌い)になってしまいました。(泣)

※ 写真は仙台・定禅寺通り。雨は降っておらず・・・真っ赤な傘とかだと嬉しかったのですが。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月28日

束の間の写真散策はいい感じ

20160728.jpg早起きしてのドライブ。(^^)
仙台市は、曇天ですけど湿度が高く感じられます。

午後には院内微小工事の為に帰らねばならないんですけどね。束の間の写真散策はいい感じでありました。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月27日

曲げられない信念の片鱗がそこに凝縮

20160727.jpg社会の弱者を狙った犯行、事前予告までしていたようですから確信犯なんでしょう。その冷静さが・・・・逆に社会に蔓延る「闇」の恐ろしさを募らせますね。(泣)
今後の分析を注視せねばなりません。

さて、話題を変えて、また若い女性の写真をアップいたします。
目は伏せますが、キリリとして素敵な顔立ちの方でした。時折騎乗する馬に鞭を入れる仕草などに真剣に取り組む姿勢が感じられ見ていて清々しさが感じられたんですよ。

そんな中でも女性的に思えたのは・・・・ピアスの存在です。
彼女の曲げられない信念の片鱗がそこに凝縮されてるように感じられて私にはとても印象に残りました。

こんな若者も居てくれるんだから未来は明るいようにも思えた昨日でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月26日

幼児期の健全なる成長発育さえあれば・・・

早朝よりナニやら物騒なニュースが何度も繰り返されてますね。
相模原市緑区の障害者施設での刺傷事件・・・・。
事件背景はまったく解りませんが、26歳の元職員の想像を絶する深い憎悪・・・いったいナニがあったんでしょうか?

私も人間ですから人を恨んだり憎んだりしないワケではありませんが、瞬時そう思ってもアッと言う間に忘却の彼方へ押しやられます。皆さんも・・・きっとそんなモンですよね?(汗)
そんな容疑者にも、幼児期にこんな日はなかったんでしょうか?

写真のお子さん、本人はまったく「?」状態かとは思うし記憶にも残らない年齢かと思いますが、左右を大人の男性にしっかりと守られ地域の大勢の方々に見守られ役目を果たし満更でもない面持ちではないでしょうか。

こういった些細な体験がこの幼児の心身共に健全なる成長発育に寄与し、少々の事にはへこたれないような精神を育くんでくれるモノかと思いますが・・・・何処でどう間違っちゃったんでしょうか。(泣)

20160726-1.jpg 20160726-2.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院を示すQRcodeの謎

今どきですから多くの方が調べ物はスマホでなさいますでしょう。私なんかはどちらかって言うと一日中パソコンを起動状態にしておきますからPCを多用しちゃいますけど、そういった環境になければすぐに起動出来るスマホやタブレットを活用しちゃうのは当然でもありましょう。

そんなスマホ等を多用なさる皆さんに より良き情報提供をしたり、せっかく情報を集積した医院ホームページ(当院HP)を閲覧して貰うには、なるべく面倒な入力をせずにアクセスして貰うようにせねばなりません。

そこで多用するのがQRコード。

バーコードの進化したアレ・・・・のことであります。
便利な時代になったモノで、例えば医院アドレス(http://www.sakai-dent.com/)を無料のQR作成ツールのソフトににコピペするだけでほぼ瞬時にオリジナルコードを作ってくれるって言うんだからありがたいです。そしてそのコードにスマホをかざして貰えればピピッと瞬時にHPアドレスを読み取ってくれるので、薬袋とか診察券等の医院グッズにもどしどし貼り付ける事が可能となります。

でも、弄っていて不思議に思う事があるのです。

複数の無料変換ソフトを用いて比較すると、まったく違うコードを吐き出してきます。以下の二つがそうでして、どちらも同じ「酒井歯科医院HP」のトップページを表現しています。

QR_Code1.jpg       QR_code2.jpg

パッと見は、どうしても別物を表してるようにしか見えないのですが、どういった仕組みでこうなるんでしょうねぇ。素人は知らなくても困りはしませんでしょうけれど、知りたいモノの一つでありました。

・・・ってなワケで、ピピッと読み取っていただくと「酒井歯科医院」のスマホページが出て参ります。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月25日

厳かで、そして華やかで良い感じ

おはようございます。
昨日の写真撮影のせいでしょうか、カメラを両肩に引っかけてたり望遠レンズを構えていた為か・・・両腕に心地良い疲労感が。(^^)

私には相馬野馬追って言うと「甲冑競馬」とか「神旗争奪戦」のイメージが強かったのですが、そういった神事に至る前に1000人からの「御行列」があるんですよね。

写真は、「雲雀ヶ原祭場地」に皆さんが入場されたばかりの光景・・・厳かで、そして華やかで良い感じでした。
時折パラつく雨に傘をさしながらだったりはしましたが、逆に色合いがしっとりと出せたような・・・・(超・負け惜しみモード!)

20160725-2.jpg 20160725.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

各種の歯科グッズをデジタルに紹介

digital-photo-frame.JPG院内で販売している歯科グッズ(歯ブラシ・歯磨き・歯間清掃用具等)を、デジタルフォトフレームを用いて紹介出来るようにこんな風にしてみました。
これは2台目(1台目は震災前に購入)なのですが、昨今ではタブレットPCでも同じようなスライドショーが出来る様になったからでしょうか、家電量販店にも置いてなかったりするんですよね。
7型サイズってのが微妙なのかもしれませんが、受付等に置くにはちょうどピッタリサイズで宜しかろうと考えました。

これは、画面サイズに合わせてjpeg画像を作っておけば良いだけで、後はSDカードにデータを載せて差し込んでおくだけの自動再生。それは簡単なのですが、どうしてなんでしょうか、以前は横・縦の比が「15:9」だったのに今度は「16:10」になってまして微妙に違うんです。(泣)
仕方なく合わせ治しをしましたが、それはさておき、やはり便利ではあります。

朝と夕の時間の指定をしておけば勝手に電源のON・OFFをしてくれるし、休診日の曜日を指定すれば再生されないし、「いやぁ~、便利になったもんだ!」と感心しつつ、「いや、待てよ。以前のはどうだったんだろう?」とチェックしてみたら・・・・・ナンと同じ機能がチャンと搭載されてました。(恥)

毎日、電源をON・OFFしちゃってましたが、そんなワケで改めて同じように時間設定をして活用することにした次第であります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月24日

相馬野馬追・・・雨に泣かされる

20160724.jpg皆さん、こんばんは。
天候にはチョイと恵まれませんでしたけど、早朝より「相馬野馬追」に出掛けて参りました。いやぁ~やっぱり凄かったです。(^^)

迫力満点、写真の女性も実に素敵でした。

これは大型動物である「馬」とまさに人馬一体になっての命懸けの真剣勝負・・・実際に落馬して救急車で搬送された方もいらっしゃいましたしね。大事に至らないことを願いつつ・・・でありました。(泣)

贅沢なんですが、涼し過ぎると「相馬野馬追」にはちょっぴりモノ足りないような・・・・来年のリベンジを誓います!(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月23日

他者に迷惑をかける様な行為だけは慎んでもらいたい

20160723.jpgおはようございます。
NHKのトップニュースも新聞の一面も「ポケモンGO旋風」の話題で持ち切りですね。昨日のFBタイムラインも随分と埋め尽くされてたように思います。

私自身はハマれば際限なく時間を取られてしまう「かっぱえびせん」的性格なのを自覚しているのでゲームは一切せず・・・でも、取り残された寂しさも感じるという実に中途半端な心境であります。(^^;)

仮想空間に浸るのは個人の自由ですから悪いことではないのですが、既に報道されてるような他者に迷惑をかける様な行為だけは慎んでもらいたいですね。

さて、明日はいよいよ「相馬野馬追」であります。
写真は4年前のとても暑い一日だったように記憶しています。
炎天下に古式ゆかしい甲冑を身に纏った地元の方々の姿は実に勇壮で感動すら覚えたモノです。明日もまたその勇姿に触れて参るといたしましょう。

・・・・・・・・撮影、頑張ります。(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月22日

信念を貫く生き方を目標にしたい

早朝5時からパソコンを弄ってるのですが、あれこれしているウチに時間切れ・・・・(汗)
「夜」と違って「朝」はタイムリミットがあるのが悩ましいですねぇ。

永六輔さんに続いて大橋巨泉さんが他界されました。(泣)
昭和を彩った文化人・・・紛れもなくそのお一人だったように感じて居ます。多趣味で博識だった氏には憧れを抱いておりました。
晩年は病魔との闘いの連続だったようですが、50代での早期のセミリタイアや悠々自適の生活は新たな生き方の提示のように感じられたモノです。

命には限りが有りますねぇ・・・(泣)
氏達のように信念を貫く生き方を目標にしたいと考えております。

まずは・・・・顔を洗って仕事に行かないと!(汗)

20160722.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月21日

「秘密の合い言葉」に悩まされる

ここ暫くで「本人確認」を目的とした「秘密の合い言葉」って増えましたよねぇ。
それはそれでセキュリティー向上の意味で宜しいのかとは思うのですが、困った質問ってのも・・・・ありますよね。(泣)

写真はクレジットカードの本人確認なのですが、「子供の頃憧れていた職業」のように複数の回答がある質問はいただけません。(泣)
「母親の旧姓?」とか「卒業した小学校?」、「初めて所有したクルマの車名?」のように正解がひとつしかないような質問の方が相応しいと思うのですが・・・・。

因みに、憧れていたのは「パイロット」だったか「建築設計士」さんだったか・・・・どちらも違ってたようなんですが、登録はナニにしたんだっけかなぁ~(汗)

20160721-2.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月20日

大正生まれの気骨稜稜に触れる

昭和の初めに中村草田男が詠んだとされる「降る雪や明治は遠くなりにけり」って俳句は記憶に残って居りますが、さすがに昨今は明治生まれの患者さんはいらっしゃらなくなりました。

今年が昭和換算で91年である事を考えると宜なるかなではありますが、思えば「大正」も遠くはなりましたよね。

昨日いらした大正10年生まれのSさん(女性)・・・・22年前からのお付き合いで、前回の御来院は1年半ほど前の事でありました。
95歳前後でさすがに歩行には支障が有りお孫さんのサポートを受けてらっしゃいましたが、会話はまったく問題なし。
そのお婆ちゃん曰く・・・・・

「先生は前の先生と一緒け?」・・・と。(爆)

どうも以前の私との大きな相違点をお感じだったようで、ナンだか複雑な気がしなくもなかったのですが、その後の笑顔やそんな会話で楽しめるのって嬉しいひとときでもあるんですよ。

簡単な義歯の調整だけで終了しましたが、また大正生まれの気骨稜稜に触れさせていただけることを願いつつ・・・でありました。(^^)

20160720.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

やがては苦しい型取りが無くなる?

歯の治療に際しては、直接 口腔内で修復物(詰め物や被せ物)を作ることが出来ないので、通常はドロドロのペーストを口腔内に入れてゴム状に固まるまで数分間保持する「型取り」を致します。
経験なさったことがお有りな方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

型取りをした後に、そこに石膏を流し込んで模型にし、更にその模型上で修復物を作るのが従来の方法。型取りの精度を高める為に企業も材料開発競争に余念が無かった筈なんです。

その型取りのことを「印象」と称するのですが、型取りの材料「印象材」の大手メーカーで異変が起きてるように伺いました。
新規の印象材開発部門が設けられなくなった・・・・って言うんです。(汗)

何故かと言えば、今後は必要性が無くなるから・・・つまりはセレックと呼ばれる機械等でスキャンする時代が到来したので開発の意味が無くなることを予知しての撤退のようです。

digital-impression.jpg確かに口腔内の歯を直接スキャナーで読み込んだ方が、型取り→石膏注ぎ→模型製作といった誤差工程を重ねるよりも精度は確実に高まりますし、管理もデジタルデータだけで済み、膨大な量の医療廃棄物もまったく生じません。

写真の様な直方体のブロックから削り出すだけで修復物が出来上がる時代です。
長いこと歯科医を生業にしておりますが、無類のパソコン好きとしてはナンだかワクワク感が抑えられませんです。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月19日

三谷幸喜さん独特の脚本の醍醐味

寝苦しい夜でした。二階なので窓を開けて寝ましたけど風が無かったかなぁ・・・・もっとも夏本番はこれからですから心してかからないとなりませんね。(泣)

土曜日の新聞に脚本家の三谷幸喜さんの連載コラムが掲載されていて、毎週楽しみにしてる「真田丸」の背景が書かれておりました。
歴史物は史実に忠実に・・・が原則でしょうけれど、氏独特の脚本の醍醐味が語られており興味深く拝読しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「関白・秀次の最期を思う」と題された文章は・・・・
『ドラマの設定の何処かに無理があると台詞が浮かんでこない。
頭の中で人物が動いてくれない。
精神を集中して当時に思いを馳せ、必死に秀次に自分を重ね合わせ心の中の彼に何故あなたは死ななくてはならなかったのか、と問い続けた結果、なによりも腑に落ちたのがこの解釈だった。
腑に落ちた瞬間、秀次が、秀吉が、そして真田信繁ら周囲の人々が僕の頭の中で生き生きと動き出した。』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歴史の解釈は様々なんだと思いますが、一昨夜の放送は秀次役の新納慎也さんの繊細な演技も相俟って存分に楽しめました。
(※ ハチがお嫌いな方、連日でスイマセン!)

20160719-1.jpg

20160719-3.jpg

20160719-2.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月18日

連休初日、充実した時を過ごす

暑中お見舞い申し上げます。<(_ _)>
今日は海の日・・・・暑い一日になりそうですねぇ。

昨日は「情報収集」の日、ドライブ中に睡魔が襲って来るヒマが無いほどにあれこれ詰め込んで参りました。心地良い疲労感に浸りつつも本日は「情報整理」の日とせねばなりません。(汗)

自分にとってプラスになることばかりなので苦にはなりませんが、ちょっと飽和状態だったりも致します。キチンと抽斗に整理整頓すると致しましょう。(^^)

さて、写真は昨日の早朝5時半頃であります。
東京・お台場に8時半には着きたかったのでこちらの白水阿弥陀堂に長時間の滞在が出来なかったのが悔やまれます。

ナンと申しましょうか、本来の目的であった「ハス」って言うよりも「ハチ」ばかり気になってしまいました。(^^)
なかなかピントが合わずに難儀致しましたけど、狙ってる時って意外と・・・・楽しいんですよ!

20160718.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

最新のセレックについて学ぶ午後

cerec-2.jpgデンタルショーなるモノで良き刺激を受けた後には、ついでと言ってはナンですけど銀座に移動して最新の「デジタル・デンティストリー」について・・・・そうセレックに関して学んで参りました。

「学ぶ」ことを楽しいと思える幸せな時間を過ごして参りました。
残念ながら我々臨床医が望むレベルにソフトが付いて来てないというジレンマも覚えつつ、新たな知見を吸収して参りました。

歯科界が向かう方向はこの「デジタル化」を避けて通ることは出来ませんでしょう。
地域においてその分野をリードしていけるように学んで自分のモノにして行かねばなりません。
大好きな分野故にワクワク感が止まりませんです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月17日

デンタルショーに出向いた夏の日

dental-show.jpg最新の機器や製品に触れるってのはとても大切なことであります。
特にここ数年のまさに日進月歩と呼ぶに相応しい歯科界の凄まじいほどのデジタル化(進化)に際しては、そこに付いて行くには常なる向学心は欠かせないと認識して居ります。

17日の日曜日、行って参りました「日本デンタル・ショー」。
とても良き刺激を受けて帰って参りました。

旧態依然とした製品を扱ってるようなブースはスルーもしちゃいましたけど、あちこちのブースに顔を出してみること3時間ほど。
最新機器はやはり目覚ましい発展を遂げておりました。手に取ることで更に知識が深まりました。

何事に対しても好奇心を持ち続けることは大切なんですねぇ。
パソコンスキルは好きであるが故に自然と身に付いては来ましたが、自由に操作出来なければ「デジタルデンティストリー」なる最新のトレンドに付いても行けない現状があるようです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

結構の移動距離の一日でした。

おはようございます。
ハスの撮影は、やっぱり‥‥‥朝のウチですよねぇ〜(爆)

20160717-1.jpg

最新歯科医療機器の情報収集完了!(笑)
欲しい製品ばっかり!(汗)

20170717-2.jpg

さて、今度は最新の歯科学のデジタル・デンティストリーを学ぶひととき。
ワクワクして参りました!(^^)

20170717-3.jpg 20170717-4.jpg

そして、鉄道模型趣味の「聖地」へ!(^^)

20170717-5.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月16日

嫌いな表現ではない「道半ば」

朝からモタモタしておりました。あれこれやり始めると時間を忘れてしまうのは、私の「マズい習癖」のひとつであります。(汗)

さて、昨日の新聞コラムで「道半ば」なるフレーズが取り上げられておりました。ちょっとだけ揶揄するような視点での表現でしたけど・・・

『アベノミクスは失敗していない。でも"道半ば"です』

のように安倍首相の街頭演説時の巧みな言葉遣いの代表例として挙げられておりました。

首相のその言い回しの是非は置いときますが、この「道半ば」・・・私はどちらかって言うと嫌いな表現ではありません。考えてみたら50代も半ばになりましたが、私自身、公私どちらにしてもそんな感じを強く抱くからであります。すべてにおいて「達成」してしまったら向上心も湧かなくなるような気がしてなりませんし・・・。

私もまだまだ若造(!?)でありましょうか・・・本日も頑張ります。(^^)

20160716.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

意識されにくい「ドライマウス」

日々の診療時にも、口腔内を拝見しただけではすぐにはその症状に気が付きにくいことがあります。一般的にドライアイなる単語はポピュラーですけど、実は唾液が少なくなることで口腔乾燥症・・・ドライマウスなる症状に悩まされてる方が多くいらっしゃいます。

下記の点、気になる方はいらっしゃいませんでしょうか?

● 最近、口臭が気になる
● 朝、お口の中がネバネバする
● 乾いた食品が食べづらくなった
● 何故か舌がヒリヒリする
● 以前に比べて入れ歯が擦れて痛い

この様な症状は、薬や病気などが原因になって起こるドライマウスの症状です。唾液が減りドライマウスになると、食べにくい、話しにくい、口の中が痛く感じられ、同時に唾液が減ることによって唾液による免疫機能が失われ虫歯が増えたりし易くなります。
原因は様々・・・・

● 薬による副作用
● 口呼吸
● 噛む回数が少ない
● 心理的要因
● 放射線治療

それらに対しての対策はなかなか難しいと言わざるを得ないのが現状ではないでしょうか。下記の点が挙げられますでしょうか?

● 水分補給を心掛ける
● よく噛む
● 適度に硬いモノも摂取する
● 唾液腺をマッサージしてみる
● 薬の副作用を意識してみる

drymouse.jpg私自身が薬の副作用でドライマウスになった経験があります。
痛くて説明時に会話することすら辛かった記憶があります。
実際に高齢の方で、夜間に口腔内が乾燥しすぎて痛みを覚え目を覚ましてしまうと仰る方もいらっしゃるほどなんです。

よく噛み、しっかり口腔を使うって大事な事なんですよね。
そうそう、ハミガキすると唾液が溢れてくるってのは何方も経験がお有りですよね?
ドライマウスを防ぎ、口腔内の湿潤状態を適度に保つという観点からしてもブラッシングは大事なように思えます。
ドライマウス・・・是非意識なさってみて下さい。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月15日

浄土庭園に咲き乱れる古代ハス

20160715.jpg行って参りました、国宝「白水阿弥陀堂」。

皆さんの写真にあるような浄土庭園に咲き乱れる古代ハス・・・をイメージして行ってみたのですが、「ハスは早朝より咲き始め、昼ごろには花を閉じてしまう」んですってね。(汗)
そんな事も知らずに夕方行っちゃうんだもの・・・己の無知を恥じ入ります。(泣)

子供の頃、近所に住んでいた時にはこんな立派な浄土庭園は無かったけれど、今は市民の憩いの場になりました。ナニよりです。(^^)

せっかくなので ついでに近隣の懐かしい佇まいに触れて来ましたけど、小学校の校庭やその周辺・・・子供の頃はナンであんなに大きく感じられたんでしょうねぇ。
私自身は6年生で163cmぐらいはあったので自分のサイズが小さく視点が低かったからではないように思うのですが・・・・。

さて、7月も半ば・・・昨日もある専門家(37歳)に2時間以上ものレクチャーを受けました。目から鱗なことばかりでした。
良き刺激を受け、日々の生活に活かして行きたいと考えた次第です。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月14日

矢野顕子さんのファミリーヒストリー

今までお名前を存じては居ても矢野顕子さんって方を良くは知りませんでした。
そんな彼女を取り上げたNHKの「ファミリーヒストリー」・・・昨夜、再放送を遅くに見ちゃいました。(^^)

「素敵な女性」であり、実に「素敵な家族」でありました。
十数年前に他界されたお母様、昨年亡くなったお父様・・・この親にしてこの子あり、だったんですね。

子の成長を願う時に、期待をかけ過ぎるのは親の常かもしれませんが、まずは自分自身が成長せねばならないことを学んだ夜となりました。(汗)

彼女のお父さんは、ずっと歌手・矢野顕子さんの「最大のファンであり、最大のサポーター」だったそうです。
私も子供に対してその姿勢を貫きたく思います・・・いや、出来る範囲で頑張らせていただきます。(^^)

20160714.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月13日

「かかりつけ歯科医院」の必要事項

歯科医療従事者が読むような雑誌に、患者さんへの聞き取り調査に基づく【かかりつけの歯科医師、歯科医院に必要だと思うこと】が纏められておりました。
こういったモノに目を通すことで自院のセルフチェックに繋がります。

凡人故に、日々の診療に従事する際にややもすると自分本位に考えがちになります。(汗)
基本姿勢に反省を加える意味でもこういった資料は実にありがたいモノであります。「言うは易行うは難し」ではありますが、活かしていけるようにしたいモノであります。

抜粋致します。


  • ● 分かりやすく治療や病態の説明をしている

  • ● 診療室や待合室が清潔である

  • ● 診療台や診療用いすが清潔に保たれている

  • ● スタッフの身だしなみが清潔である

  • ● スタッフの言葉遣いや態度がていねい

  • ● 自分の歯をできるだけ残すような処置を実施している

  • ● 患者の治療に対する希望を聞いている

  • ● 歯や口に関する相談をしやすい

  • ● これまでの治療経験を把握し、対応している

  • ● スタッフの技術が高い(教育が行き届いている) etc・・・・

self-check.JPG

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

晩節を汚すことに・・・なりませんか?

早朝からチョイと慌ただしいことをしちゃってまして・・・・既に数千文字を打ち込んだって感じであります。(^^)

さて、参議院選挙が終わり、次は都知事選が喧しくなってきましたね。昨日は野党統一候補としての鳥越俊太郎氏の名前が急浮上。
才能豊かなのは十分に理解しますけど、76歳という年齢的なモノや健康面での懸念は如何なモンでしょうか・・・・。

新しい「東京」のスタートとして、40代とまではいかなくともせめて50代の候補者・・・なんて思っちゃいますが、最年少の小池百合子さんだって63歳ですもんねぇ。

諸般の事情があるんでしょうけれど、「刷新」に相応しいのは・・・・どうなんでしょうか?(汗)

20160713.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月12日

輝きを失わない「上を向いて歩こう」

誰しもが一度は耳にしたであろう「上を向いて歩こう」・・・・私が産まれた1961年に世に出たこの歌は、作曲の中村八大さん、歌唱が坂本九さん、そして作詞は永六輔さんでありました。この3人の「六」・「八」・「九」でナンと称したのかが思い出せないのがもどかしく思えます。

昨日、そんな永さんの訃報が報じられておりました。(合掌)

私はどちらかって言うと作詞家よりも岩波新書の『大往生』(1994年)とか『職人』(1996年)といった著作あたりからでしたけど、ラジオから流れる氏の軽妙洒脱なトークが耳に心地良かったように記憶しています。

この永さんと私の母は昭和8年のまったく同じ日が誕生日でありました。母のみならず、多くの同世代の方の喪失感は想像に難くありませんね。(泣)

先日、アリオスのコンサートでラストに披露された名曲「見上げてごらん夜の星を」も氏の作詞。偶然に動画で記録しておりました。

https://youtu.be/chl6Iv0DVGk

永六輔さん、体制に物申す方でしたから現在の日本をさぞかし憂えていらしたことでしょうね。(泣)

(※ 写真は3年前の北海道・女満別です)

20170712.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

受付の予約簿をペーパーレスに!

以前、こんな風に書いていた歯科医院Web予約システムの導入、まだまだフル活用とは参りませんがスタッフ一同で取り組み着々と移行作業は進捗しております。

uketuke-iPad.JPG最大のターニングポイントは、従来の書き込んでいた紙の予約簿をいつデジタルへ移行するか、完全に脱却するか・・・・だったのですが、受付スタッフが頑張ってくれました。

モチロン、オンラインのパソコンでの管理画面が「主」となるのですが、写真のように何処に居てもすぐに受付管理が出来るようにiPadでの操作も可能にし完全移行、運用が始まりました。(汗)

紙媒体の便利さを否定なんかはしないのですが、デジタルデータ化することで得られるメリットは計り知れないモノがありましょう。
フル活用するにはまだまだハードルを越えねばなりませんが、従来の紙の予約簿が無くなって受付のデスクも広く感じられる様になりましたし、実にスッキリしました。
これからは間違いなくこういった便利ツールの時代へと変わって行くんでしょうね。

デジタル化最前線・・・・嫌いな分野じゃないので皆で取り組みマスターして参ります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月11日

選挙戦も終わってしまえばノーサイド

ヤケに薄っぺらい朝刊が、逆に昨夜の新聞社の喧噪を物語っているようにも感じられますね。関わった疲労困憊の方々が大勢居いらっしゃったことでありましょう。どなた様もお疲れ様でございました。

選挙戦も終わってしまえばノーサイド。
相手方を詰ってもどうなるモノではありません。「投票率」云々とか「理解されなかった」とかではなく、これが民意と捉えるのが妥当かと私は思います。

これからのこの国はどの方向に向かって行くんでしょうか。描かれたシナリオはどんなナンでしょう?
一票を投じた有権者としては、「これから・・・」を注視していきたいと思います。

写真は、我が家のキッチンに置かれた小さな丸いガラスの一輪挿しです。上下逆さまに映っていてトライ(撮影)しましたけど、意外に難しい被写体でした。(汗)

20160711.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

「いい歯医者」に掲載されることはない

日々、仕事に一生懸命取り組んでる以上、それなりの評価を受けたいと願うのは何方も一緒かと思います。
恥ずかしながら私も「いい歯医者」とか「日本の歯科百選」といった雑誌に・・・なんて考えなくはないですけど、これに載ることは有りえないのです。

matiaishitu.jpg実はこういった本に当院を載せることは意外と簡単です。
何故なら両方の雑誌社から「掲載しませんか?」の案内が来るからであります。つまりは「選ばれる」のではなく「掲載を希望」すればすぐに載っちゃうのです。
おそらく同様の案内はすべての歯科医院に行ってるかと思います。それなのに何故載らない(載せない?)かと申しますと・・・・

異様に掲載料が高いのです。(泣)

昨日も届いていたのは「あなたの街の"いい歯医者さん"2017年版(仮)」、最低掲載料はナンと30万円・・・・・(泣)
もっとも前述の「いい歯医者」なるものがカラー2ページで180万円だった事を思えばまだ良いのかもしれませんが。(泣)

歯科の紹介雑誌などはそんなモンです。

私も、地元の「福島メディア」さん等に年に一度のお付き合い掲載をさせていただくのですが、そもそもの長いお付き合いがあります。高校の吹奏楽部さんとかの冊子にも協力をお断りしたことはありません。
そういった地元の方々への貢献に繋がるモノは大賛成なのですが、クルマが購入出来るほどの費用はどうあっても論外でありましょう。

実は本屋さんで手にとって拝見したこともないのですが、どんな歯医者が掲載されてるのか、換言すればどんな歯医者が費用を払ったのかを今度見てみようかと思っております。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月10日

これが最後となりましょう・・・50回忌

清々しい夏の朝を迎えました。暑い一日になりそうですねぇ・・・「盛夏」の文字が過ぎります。

半世紀前もそんなだったんでしょうか。
幼稚園時代ですから記憶が定かではありませんが、今日は「酒井」の祖父の50回忌。
八十路を迎える「子」達、そこに「孫」を代表しての私が加わるだけの小さな法事ですけど、墓前で掌を合わせて参ると致しましょう。

思えば父や叔父・伯母達は絆深く助け合う兄弟でしたけど、それも宜なるかな・・・30歳前後で彼等は父親を亡くしていたという事実に改めて想いを馳せます。(涙)

父亡き今、「酒井」の長男に嫁いだ母が「今日」を段取りしてくれましたけど、おそらくはこれが最後のケジメとなりましょうか・・・・そのまた長男としてはしっかりサポートし私なりの役割を果たすと致します。

・・・って言ったって、アッシー君(死語?)をする程度なんですが。(爆)

20160710.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月 9日

東京都民の皆さんが下す判断は?

梅雨らしい朝を迎えました。和歌山県では記録的豪雨に見舞われたようですが、最近 アメダスだかの降雨量データが「真っ赤」に染まるのをよく見掛けるようになりました。
土曜の朝で救われた方もいらっしゃいましょうけれど、豪雨下では移動も危険を伴い困難を来しましょう。(泣)

さて、昨日の報道で石田純一さんの意欲を目にしました。
知名度を活かしての出馬・・・それはそれで強かで良いと思うし、彼はそもそも相当にcleverなので政治経験等がなくともクリア出来そうな感さえしちゃいます。
東京都民の皆さんがどういった判断を下すのか・・・・見守りたいですね。

20160709.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。


Google +1

医院のPR・・・地元のポータルサイト

4月にこの医院サイトをリニューアルして以降、それまでも登録だけはしてあった地元のポータルサイト「ぐるっといわき」さんも活用させていただく事に致しました。

gurutto-iwaki.jpg

恥ずかしながらこれだけ有益な情報に満ちたポータルサイトであったことを存じておりませんでした。(恥)
反応も上々・・・・見ていただけることが励みにもなるので、今後も活用したいと考えて居ります。

当院はここで紹介されております。御覧願えれば幸いです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月 8日

「鳥が飛ばなくなる?」・・・そうな。

今朝のNHKの朝のニュース・・・・フランス発のニュースでしたけど、タイトルは「鳥が飛ばなくなる?」でありました。

どうやら進化なのか退化なのか、エサが地上に溢れている為に飛ばなくて済むようになってるんだとか。
また別の観点から温暖化の影響で季節毎の長距離の移動が必要なくなったからのようなのですが、羽根からだんだん「力強さ」が損なわれてる・・・んだとか。

環境の激変時代・・・・進化も退化も一般的には長期に渡る筈の変化が短期間に起こる時代なようです。

省みて、人類的に起こる変化には抗えませんが、個人的なそれには抵抗を示したいモノです。
実は昨日、チョイとした健康診断を受けた際に身長が5~6ミリ減ってまして・・・・逆に腹囲は増してましたから注意が必要かと。(汗)

全身から可能な限り「力強さ」だけは漲らせておきたいと考えて居ります。(^^)

20160708.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月 7日

短冊に願いを込めて・・・七夕の夜

今日は七夕・・・子供が成長してしまうと短冊に願い事を書くような風習もしなくなりますけど、せめて何らかの「願い」や「祈り」だけは持ち合わせていたいモノですね。

「願い」・・・自問しても明確な自答は得られないですけど、昨日あるメルマガで目にしたフレーズだけは肝に銘じたいです。

『人間は自分がなりたいようにしかならない。
これぐらいでいいやと思ったり、諦めた時点で試合終了!』

上を見続ける向上心だけは無くさないようでありたいモノですね。
「さぁ~今日もファイティングポーズだ!」と思ったら・・・・・休診日でした。(^^)

20160707.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月 6日

『デザイナーベビー』・・・・・御存知でしたか?

20160706.jpg「涼しい」を通り越して「寒い」ほどの朝を迎えております。この時期はやはり「暑い」ぐらいがしっくりと来るように思うのですが・・・・。

高校時代に、当時の共通1次試験(後のセンター試験)に有利という理由で社会の科目に「倫理社会」を選択していたことが懐かしいです。
その時に初めて「倫理」という単語が私自身に定着したように思うのですが、最近ある文字列を目にし唐突にその単語が浮かんで参りました。

『デザイナーベビー』・・・・・御存知でしたか?

Wikipediaによれば「遺伝子を選択して目や髪の色といった特定の身体的特徴を持つ子供の生まれる確率を上げる技術的アイデア」だそうです。
身長や知能など親の「パーフェクトベビー願望」を叶えるんだそうですが、癌予防等の身体的リスク回避が目的なら理解は出来ますけど親がその子供の特徴をデザインするってのは倫理的に問題にはならないんでしょうか?

ちょっとドキッとする話であります。
出産前から「子供を設計する」・・・私は考えたこともありませんでした。(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

歯が無いと引きこもる可能性が高い?

今朝の朝刊に母校・東北大歯学部の調査チームの話題が掲載されておりました。こういった掲載はナンだか嬉しいモノですねぇ。(写真をクリックしていただくと拡大します)

東北大歯学部の調査.JPG

唐突な例えですけど、野山を駆け回り獲物のハンターとなるトラとかライオンをイメージした場合に、彼等には強固な歯と恐ろしいまでの牙が付き物かと思うのです。
逆に考え、仮に一本も歯が無い猛獣は木陰で寝そべり獲物が目の前を通過しても立ち上がれずに遣り過ごすしかなく、悲しいことに日に日に衰えていくようなイメージが浮かんで参りませんでしょうか?

我々人間も同様です。
人間である前に動物なんですから、歯が欠損したままであれば「引きこもってしまう」確率が高いのも強ち間違っては居ないように思えてなりませんです。

そうならない為には、平素より予防対策をし、残念ながら欠損が生じてしまっても積極的に補う姿勢がとても大事に思えます。科学的な裏付け(エビデンス)も新聞記事のようにあるようですから注意し豊かな老後となるように心掛けたいモノですね。

かつて、医院ホームページのコラムのページにもこんな風に纏めたことがありました。御一読いただければ幸いです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月 5日

未来学者が鳴らす現代への警鐘

20160705.jpg不勉強で良くは存じ上げなかったのですが、昨日の天声人語に名前だけしか聞いたことがなかった未来学者アルビン・トフラー氏が取り上げられておりました。

氏の1980年刊の「第三の波」には下記の様に記載されていたそうです。

『神経網のような情報システムを基盤にした産業社会を予想、通信だけで繋がる友人が可能になる』・・・・と。

現代がまさにそれ・・・ですよね。
自宅に居ながらにして、しかもパジャマ姿のまま多くのお目に掛かったこともないようなFB友と繋がる朝です。(^^)

氏は別の書籍で下記の様にも予測なさっていたそうです。現代への警鐘と捉えておきたいと思う重い言葉でありましょうか。

『我々が技術を支配しなければ、技術が我々を支配するであろう・・・』

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

「歯科界叩き」は続くようです・・・(泣)

週刊誌が販売部数を伸ばす為にキャッチコピーに刺激的な文言を盛り込むのは常なる方法ですから笑って遣り過ごせばいいのかもしれませんけれど、SNSを通じて多くの同業者達の嘆きも漏れ聞こえますから穏やかな心境では居にくいところが私にはあります。

先日もこんな風に書き込んでみましたが、週刊ポストに二週続いて同様の掲載がなされました。

週刊ポストの記事.JPG

私も写真の箇条書きにあるように希望なさる方にはインプラントを勧めたり致します。何故勧めるのかって言うとその答えは簡単なんです・・・・「喜んで貰えるから」であります。

我々もそう表現するのは宜しくないかとは思うのですが、ブリッジを入れる、入れ歯で咬合を回復するということを「治す」と表現しちゃいます。これは明らかに間違いで、何十年もむし歯にもならなかった丈夫な歯を大きく削り(ブリッジの場合)、違和感・異物感だらけの「入れ歯」で御本人に大いなる苦痛を強いることがベストな治療法だとは思えないのです。
入れ歯は特にそうですが、場合によってはお使いいただけないほどに苦痛に満ちた選択肢となります。なかなか喜んではいただけない現状があるのです。(泣)

その点、インプラントは「ナンでも噛めて嬉しい」とか「違和感がまったく無い」とか言っていただけて現状考え得る最良の選択肢と思うのですが、高額治療故にバッシングに遭うってのは残念でなりません。

インプラント施術時には一般の患者さんの予約を入れずに医院をクローズドにして臨みます。それがベストと考えられ推奨されるのでそう致しますが、貫いているのは咬合回復という「最良の結果」を得られるからに他なりません。
各治療法のメリット or デメリットをキチンと話して理解を得て御本人に選択を委ねていればナニも問題にはならないんでしょうけどねぇ。

私と同じ道を歩む長男も歯学部の4年生になりました。
その彼等が世に出て活躍する頃には、ネガティブではない正反対の嬉しくなるような見出しが掲載されるような日が来ると良い・・・そう切に願います。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月 4日

歯科技工士さんの激減時代を憂う

今でもモチロン使われる用語なんだとは思いますが、かつて「3K」という表現が頻用されてました。
「キツい・危険・汚い」の3点だったように記憶してますが、そこに更に「給料が安い・休暇が少ない・カッコ悪い」が加わって「6K」とまで言われる様な時代になってるとか・・・・そんな事を耳にいたします。

我々歯科医師の仕事をサポートして下さるのはスタッフのみに非ず、どれだけデジタル化されても歯科技工士さんの存在は欠かすことが出来ません。
その歯科技工士さんの職種も上記の「3K」に該当するように思われてるんでしょうか、歯科技工士学校への入学者数は過去最低を更新中で、平成28年度の入学者数は1,032人だったそうです。
(歯科関係者が読むような新聞に記載されてました)

そこに、「3K」故にか7割にも及ぶとされる離職率を考え合わせると恐ろしい将来が見えて来るように思えてなりません。(泣)

ウチではそんな事は致しませんが、だいぶ以前から技工物の海外発注&製作が行われる様になっては居ります。私の勝手な憶測ですが、保険診療で決められている指定金属に余計な金属を混ぜて水増しなんかされたりはしないのか・・・・そんな事を何とはなしに危惧したりいたします。
口の中に入る技工物ですもの・・・・しかも24時間入りっぱなしの歯冠修復物、やがては日本の歯科技工物を従来のようには賄えなくなる日が来る事を歯科の仕事に携わる立場として憂えます。(泣)

たぶん、「3K」ではあっても追加分の3点が「給料が高い・休暇が多い・カッコ良い」だったら希望者も殺到しますでしょう。
国策でナンとかしていかないと不幸な時代が到来しかねないように感じた次第です。

受付周辺.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。


Google +1

「無念」の文字が浮かんで参ります

一週間の始まり・・・梅雨らしい朝を迎えております。早朝より庭先で写真撮影などして居りましたが、朝日は残念ながら一瞬しか差し込みませんでした。

私は「バングラデシュ」の場所を「あの辺」であることは解ってはいても恥ずかしながら地球儀で一発で指し示すことが出来ません。
そんな異国の地には一千人前後の邦人が居住なさっていて、日本企業は増加傾向にあり日本人学校もあったそうですね。存じませんでした。

犠牲に遭われた邦人は7人・・・・各人各様の強い「志」がお有りだったでしょうに「無念」の文字が浮かんで参ります。(泣)

話が通じない連中には「危うきに近寄らず」しか得策はないんでしょうか。自爆を「是」とする輩に対しては説得は通じないでしょうしね。(泣)

さぁ~7月も本格的にスタートです。
夏本番に充実した日々を送れるようにあれこれ画策して参りましょう!(^^)

20160704.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月 3日

テロップに「〇内まりや」さんと・・・・

おはようございます。
子供の頃、当時のアイドルに父が疎かったのが不思議でならなかったのですが、私自身もそんな状況になりつつあるようで・・・・(汗)

昨日の午後からの日テレ系「THE MUSIC DAY」・・・11時間の長丁場、仕事をしながらではありましたが、スタッフがその番組を選局したこともあり見るとはなしに見ておりました。(^^)

「超」がつく豪華なゲスト陣。
おそらくは意識の底に「大物が出演する番組なんだ!」があったからだとは思うのですが、ふと見た際に後ろ姿のcuteな女性ダンス・ユニットが映っていてテロップに「〇内まりや」さんと・・・・

『あら、最近は「竹内まりや」さんもこんなになっちゃって・・・』

って思っていたら振り返った女性はまったくの別人。
・・・・・「西内まりや」さんでした。存じ上げなかったのでてっきり若作りの「竹内まりや」さんの後ろ姿かと思っちゃうところが完璧に"オヤジ"なんでしょうねぇ。(苦笑)

考えてみたらさすがに「竹内まりや」さんがちょっぴりミニのスカート姿で踊るはずもなく・・・・忍び寄る「老い」を痛切に感じた瞬間でありました。(爆)

20160703.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月 2日

「身土不二」を感じた陶芸教室

20160702.jpg昨夜は陶芸家の秤屋苑子さんをお招きしての「陶芸教室」開催。
土いじりって・・・楽しいんですねぇ。(^^)
よく、リタイアする年齢になって御自宅の家庭菜園に嵌まってしまう話を耳にしますが、おそらく感覚的には同じなんでしょうか。

自分でたいして意識は無いけれど、生まれ持ってプログラミングされてる悠久の「土への意識」のスイッチがひょんな事で入るのかもしれませんね。

我が家にはその秤屋さんの個展でチョイスした写真の一輪挿しがあるのですが、庭の紫陽花を挿してみてちょうどマッチ。(^^)

形を作る、釉薬(ゆうやく)でしたっけ、うわぐすりを塗って窯で焼く・・・・得も言われぬ発色が楽しめることでしょう。
そのレベルにはなかなか至れませんが、小物でも良いからやがてはそんな世界を垣間見 堪能してみたいモノだと考えています。

https://www.facebook.com/Art.Gallery.SAI/

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年7月 1日

歯の色を教えてくれる便利な機械

今までどれだけの白い歯を被せたり詰めてきたか・・・・数えきれる本数ではありませんが、「色合わせ」にまごつき悩まされることもしばしばありました。

歯の色の多様さ.JPG実は、歯の「色合い」は日中と夕方では色は異なって見えますし、湿潤状態と感想歯面でも異なって感じられます。自信を持ってチョイスした色が完成時には思ったようではなく、作り直しを余儀なくされた苦い経験も何度もありました。(泣)

我々は、従来は右の写真の様な16種類の「色」を歯にあてがうようにして色合わせをしてました。
これが赤だの白だの黒、青や黄色だったら識別は容易ですが、似たり寄ったりの16種類の中から選ぶのは容易ではありません。

decided_color.jpgそんな中、こんな便利な機械が出て来て実に重宝しております。
右の写真の様に歯にあてがうだけで色を16種類の中から選んでくれるという優れモノであります。
かれこれ3年近くは使ってますが、ありがたいことにハズレがないです。

シェード判定.jpg1番重宝するのがホワイトニングの時でしょうか。
術前・術後での色の比較は困難を極めることが想像に難くないですよね。それをこの機械で右の写真のように一歯ごとに識別しデータとして記録しておけば後々の比較が容易になります。
客観性を保つ為にも欠くべからざる機械となりました。

詳細はこのページにも記載しております。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

「顔」はその人の内面を表す

早起きしてみて現時点までそんな気配は感じないですけど、今日は昨日までと打って変わり暑くなるんだとか・・・・体調留意に心掛けなくてはなりませんね。(汗)

さて、選挙の時期が近付いて来て日毎に喧しさを増す今日この頃でありますが、昨日の新聞に「政治家の方の顔を見て判断しよう」といったコラムが掲載されていてナンとなく頷けるモノがありました。
その中で紹介されていた写真家・藤原新也氏の一文が目に止まりました。

『顔っていうのは残酷なまでにその人の内面を表す。写真家ならシャッタースピードの2分の1秒もあれば判断できるかな』と。

東京都知事がそうでしたモンね。顔貌が変わると書いて変貌・・・同時に彼を切り捨てた方々の人相も変わっていたことに言及されていて記憶に残りました。(泣)
顔をよく見て判断するって大事かもしれませんね。

省みて自分の顔はどうだろうか・・・・と。(大汗)
申し訳ありませんが御批判は・・・御容赦願います。(^^)

20160701.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1