« 2018年7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2016年4月30日

知っていて「損」はないと思うのです

子供さんのお口の中の健康(むし歯予防)を願わない親御さんはいらっしゃらないか・・・と思います。ひとたびトラブルに発展させてしまえば、痛い思いをさせるだけでなく大人の方だって基本的には歓迎しないであろう歯科治療を幼少期より経験させねばならぬ事態に追い込まれもしましょう。(泣)

我々だって泣かせることを願ってる訳ではありません。

それでも意志の疎通が難しい2~3歳児には、恐怖心を抱かせないことの方が困難と言わざるを得ません。(泣)

なかなか口には出来やしませんが、「こうなる前にナンとか防ぐ事は出来なかっただろうか・・・」と考えちゃうことはしばしばあります。(泣)

お子さんが寝しなに摂取することもあろう飲み物・・・・ダメとは申しませんが、必ず飲んだ後に中性の「水」や「お茶」を最後に口にさせると良いようですよ。

モチロン、我々大人も一緒であります。


飲み物による酸蝕歯②.jpg


上の画像は、我々歯科医や待合室を訪れる機会のある患者さんが手に取り目にするような歯科系の雑誌でして、クイッテッセンス出版社様の「歯が溶ける !? 酸蝕歯って知っていますか?」という雑誌からの引用です。
  (※ クリックすると拡大します)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

4月29日は永遠に「天皇誕生日」かと

連日 好天に恵まれナニよりです。昨日の日中は思わずクルマでエアコンを入れてしまうほどの「暑さ」を感じたほどでしたよねぇ。
季節は初夏・・・・・。
GW中、ずっと気持ちの良い日が続くと良いのですが。

昨日は「みどりの日」かと思っていたら「昭和の日」って呼称に変更になっていたんですね!
平成19年からそうだったようなんですが、昨日 我が子に指摘されるまで私はまったく気が付いて居りませんでした。
皆さんは当然の様に・・・・御存知でしたでしょうね。(汗)

「あれ? んじゃ~みどりの日って何処に行ったの?」って訊いてみましたら5月4日に変更になっていたようで・・・・(汗)
正直言うと、29日はいつまで経っても「天皇誕生日」ってのが抜けないですけど、確かに「昭和の日」ってのは言い得て妙ですね。

今日はお仕事の日です。
澄み渡る青空を恨めしく眺めながら頑張りたいと思います!(笑)

20160430.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月29日

私はそもそも炭酸飲料が苦手でして

私自身、まったく口にしない訳ではないのですが、子供の頃からどちらかって言うと炭酸飲料なるモノは苦手でありました。
そう言えば我が子も苦手だったように記憶しています。
子供の嗜好っていうのは親の嗜好に似てくるモノなのかもしれませんね。

モノは考え様・・・それが幸いしたのかもしれません。

下記の画像は、我々歯科医や待合室を訪れる機会のある患者さんが手に取り目にするような歯科系の雑誌でして、クイッテッセンス出版社様の「歯が溶ける !? 酸蝕歯って知っていますか?」という雑誌からの引用です。
  (※ クリックすると拡大します)

飲み物による酸蝕症①.jpg


飲み物が歯を溶かすと言われて久しいのですが、我々の啓蒙活動が足りないんでしょうか、まだまだ御存知ない方が大勢いらっしゃるので参考になさってみて下さいね。 

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

クラウドの活用(データ&写真&その他編)

20160429.jpg「目から鱗」という言葉がありますが、昨夜は文字通りそんな感じにパラパラ剥がれて来て・・・・もう痒くて痒くて目を擦ってばかりの夜となりました。(笑)

親しくさせていただいてる今さんに講師をお願いしてのセミナー第3弾・・・・『クラウドの活用(データ&写真&その他編)』を医院二階の「Art Gallery - 彩 -」にて開催。
知らなかった便利な機能のオンパレードを御伝授いただき、大袈裟に言うとカルチャーショックを受けてしまいました。(汗)

言葉が正しいのかどうか不明ですが、「無知の知」が大切なんですねぇ。今後も今さんに御願いして、第4弾・第5弾とセミナーを継続して行きたいと強く願った夜でもありました。
あまりの衝撃に・・・・私としたことが恒例の集合写真を撮り忘れるというお粗末さ。(泣)
今朝は今月初めに撮っていた写真を整理がてらアップしてみる事に致します。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月28日

スタッフにとって「お休み」は大事!

GWが近付いて参りました。
以前だったらこんな祝日が絡む週は、本来の休診日である木曜日に診療することもあったのですが、最近は「年末年始・お盆・お正月」を除いてほぼ完全に木曜日は休むことに致しました。

本来なら患者さんの利便性を考慮すれば診療するに越したことはないのですが、その診療という我々が従事するお仕事はスタッフの皆が居てくれて初めて成り立つモノでもあります。
そのスタッフに喜んで貰える診療体系確立が私の使命でもある事を考えるに至り、昨今はお休みを取らせていただくことにした次第です。

私自身も休診日に鋭気を養い、日々の診療に意欲的に臨む事が出来る様になっています。
なかなか大企業のように10連休とはいきませんが、今後もONとOFFの使い分けを意識しての医院運営をして行きたいと考えております。(笑)

10_R.jpg

写真はセレックによるセラミック・ブロックの削り出し途中の状況です。
ありがたいことに機械(パソコン&ミリングマシーン)が勝手に作ってくれる時代になりました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

御家族もいらっしゃったでしょうに・・・

私だけではなかろうかと思うのですが、芸能人の方の存在って・・・下手するとお隣に住んでらっしゃる方より身近に感じられたりしませんでしょうか?

一昨日に虚血性心不全で亡くなった前田健さん・・・・あややのモノマネで有名な方でしたけど44歳だったそうです。(涙)
縁あって何度もその上映を拝見する機会があった「ふるさとがえり」というタイトルの映画で熱演なさってたのが印象に残っています。

テレビに写ってる方達・・・先方は私を知る由も無かろうかと思うのですが、彼は風貌的にも親しみを感じられ、同時にナンだか明日を模索し藻掻いてるようにも感じられてましたっけ。御家族もいらっしゃったでしょうに・・・気の毒でなりません。(涙)

さて、写真をアップします。
誘っていただきあるお茶会に参加致しました。古い茶室が見事でして素敵な彩りを添えて下さった御着物麗しい女性もいらっしゃったんですよ。来年は男性陣も着物で・・・ですね!

20160428.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月27日

クエン酸サプリにご注意下さい!

おそらく何方にとってもそうかと思うのですが、「躰に良かれ!」と願ってサプリメントなどを摂取なさるはずです。
まさかそれが身体的に不可逆的なマイナスをもたらすなんて考えもしませんよね。(泣)

クエン酸サプリ・・・・梅に最も多く含まれる有機酸はクエン酸ですが、その梅のエキスが凝縮されていると聞けばナンだか躰にはとても良いようにお感じになりませんか?
確かに疲労回復等、メリットも計り知れなかろうかとは思うのですが、実は歯にとってはマイナス効果しかもたらしません。ちょっとビックリするほど歯を溶かしてしまうからです。
(酸蝕歯・・・このページに纏めてあります)

商品名こそ出しませんが、こんなサプリなんですが・・・・

クエン酸サプリ.jpg

次の写真を御覧下さい。まったくの無傷でこそありませんが、比較的良好な歯の状態の方だったように思います。

2014.01.28_R.jpg

この撮影から約1年半後に再来院なさった時、主訴は「最近歯がしみるようになった」でありました。
口腔内を覗いてみると・・・・・

2015.09.05_R.jpg

ちょっとビックリするほどに歯が溶けてらっしゃったのです。(泣)

「ナニかここ暫くで食生活を変えられましたか?」に始まりあれこれ伺ってみたら、「健康に良いと雑誌に書いてあったから」という理由でこのクエン酸サプリを摂取し始めたとのことでありました。

もっともその服用だけではなかなかこうなるとも思えず、あれこれ詳しく伺ってみたら、ほぼ100%左側で・・・・しかも歯と頬の間に挟めるように舐めていた事が判明しました。

外側だけ異様に溶けて、右の歯には全くトラブルが無かったことに合点が行った次第です。
サプリメントを否定はしないのですが、原則 錠剤と同様に飲み込んでしまうのが正解のように思います。摂取の仕方に十分にお気を付け下さい。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

脱灰・再石灰化のバランスが大事!

ちょいとピンと来にくいことではありますが、歯の表面を顕微鏡的に微細な目で見てみると、食事をしプラークが付着するとその中の細菌が酸を生成しその酸によりミネラル分が溶け出してしまいます。

● これを「脱灰(だっかい)」と言います。

当然そのままではダメなのですが、ありがたいことにここで唾液が大活躍
洗い流してくれるだけでなく唾液中のカルシウムやリンの成分が歯牙表面に取り込まれ勝手に修復してくれます。

● これを「再石灰化」と言います。

口腔内ではこれが順調に繰り返されてるのですが、生活習慣が乱れダラダラと食べ続けていれば修復の時間が短くなってしまいバランスが崩れます。

● そうさせないことが大事かと思われます。

我々歯科医は、口腔内の状況が当然の様に宜しいのですが、それはしっかりとブラッシングをしているから・・・だけではなく、一切の間食をしない点が有利に働いているからでもあるんですよ。
加えて患者さんに説明する為に喋ってばかりいれば唾液の分泌も潤沢となりますし・・・・(笑)

朝・昼・晩の食事はしっかりと摂る、だけど間食はしない・・・。
これがむし歯を生じさせない口腔内管理には必須なんではないでしょうか?

脱灰と再石灰化.png

   (歯科材料メーカーの株式会社GC社のデータから引用。クリックで拡大します)

患者さんには、メリハリのしっかりした食事、飴とか口腔内に長期滞在するモノの回避・・・・そんな事をアドバイスしています。より良き食生活習慣構築の参考になさってみてはいかがでしょうか。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

セレックで白い歯にチェンジ!(笑)

日々の仕事に従事していて、患者さんが喜んで下さるのはこちらとしても とても嬉しいことであります。
「噛める喜び」もモチロンの事ながら、審美的な回復という「見た目の良さ」は特に女性の患者さんに喜んでいただけたりします。(笑)

セレック術前.jpg

この患者さんは、術前に金属色が目立つ事をとても気になさってました。そこで、セレックにて審美修復。数回の処置で次のようになりました。

セレック術後.jpg

今まで大きな口を開けて笑うことを憚っていらした方が、これで口元を隠さずに笑えるようになったと喜んでいただけました。

歯科に於けるトレンドでもある最新の機器「セレック」に関しては、こちらのページで詳述しております。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月26日

若き日々に夢中になって子育てを

20160426.jpg昨日、NHK「鶴瓶の家族に乾杯!」を見てましたところ小さなお子さん3人を連れて御主人が単身赴任なさってるタイに引っ越しをなさる御家族が取り上げられておりました。

それを見ながら私が「3人もお子さんが居るのに大変だなぁ~」と漏らしたところ、すかさず家内が「あら、ウチも子供は3人だったけど・・・♫」とひと言。
・・・・・そうでありました、家内にも随分と苦労を掛けていた事実を今更ながらに想い出してしまいました。(汗)

ちょうど先頃のお茶会イベントの折に、仲間内のN御夫妻の愛児K君がお父さんの手で空中に舞う姿を撮ったばかり。
父親に全幅の信頼を寄せてる幼子の笑顔、その時のお父さんの表情も・・・・想像出来ますでしょ?(笑)

私にもかつてこんな頃がありましたけど、今となってはもうこんな事が出来なくなりました。
肩車ですら覚束ないほどに成長してしまいましたからねぇ。嬉しいけれどちょっと寂しさも脳裏を過ぎったように感じました。

若き日々に夢中になって子育て・・・・。
掛け替えのない貴重な時間であった事を改めて想い出しました。
(※ 可愛らしい顔出しの写真は、御両親に了解を得ております)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

習慣的摂取でなければ宜しいかと・・・

グラクソ・スミスクラインって会社を御存知でしたでしょうか。
おそらく医療業界では知らぬ者は居ないはずですが、歯科関連の商品名で言いますと知覚過敏対策用歯磨き「シュミテクト」はあまりにも有名ではなかったでしょうか。

そのグラクソ・スミスクラインさんが、酸蝕症予防のための見易い大きなサイズのカードを準備していて下さって・・・・これがとても活用し易いんです。

通常摂取量であれば何らの支障も来しませんが、過剰なる摂取を避けた方が宜しい食材の目安になろうかと思われます。御覧になってみて下さい。
   (画像クリックで拡大します)

001.jpg

合わせて飲み物方らの糖質の制限も考慮すべき事ですよね。
   (画像クリックで拡大します)

002.jpg

参考になさってみて下さいね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月25日

こんな飲み物にご注意を!

先日も酸蝕歯と言って飲み物によって「歯が溶けてしまう」事例を紹介いたしました。
私自身もこの歯科医師という職に就く前には考えもしなかったことですが、最近 歯科業界では喧しく警鐘が鳴らされてるこの歯が溶けるトラブル・・・・御注意願えればと思います。

中学生の時でしたか、pH(ペーハー)なるモノを理科の時間に習ったかと記憶しております。
このpH・・・・酸性・アルカリ性の指標で真ん中の「7」は中性で、「7」より小さいそれ以下が酸性、数字が大きければアルカリ性となります。

歯の表面のエナメル質ってやつは、おおよそ5.5以下の酸性の飲食物に触れることで軟化し溶けてしまうことを皆さんは御存知でしたでしょうか?(泣)

飲み物による酸蝕.jpg

モチロン、触れる時間が短時間で有り常識的な範囲であれば歯の表面は勝手に唾液が修復してくれはしますが、バランスが崩れ過剰に摂取すれば口腔内でも容易に歯の表面は溶けてしまうのです。

【 酸蝕歯の可能性の高い飲食物の例 】

炭酸飲料類、柑橘類、ドレッシング類、酢漬けの食品等、梅酒などが挙げられましょうか。
強い酸性の飲料を毎日のように頻繁に摂取する習慣がある方は、酸と歯が接触する時間が長くなり酸蝕のリスクが高まります。この事を意識されトラブルを回避なさってみてはいかがでしょうか。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

地域の皆さんと一緒に楽しむひととき

4月23日には「ポーセラーツサロン Ko Olina 〜コオリナ〜」さんにお願いして「ビアグラス作製」を開催してみました。
これまた各人の個性が光る作品ばかり・・・・オリジナル作製の醍醐味を味わっていただけた2時間はアッと言う間に過ぎちゃいました。(笑)

今後は日頃御世話になってばかりの御近所の方にも御声掛け(参加のお誘い)をしていこうかと考えております。Facebookの皆さんとはモチロンの事ながら、地域の皆さんと楽しい時間共有が出来たら嬉しい限りであります。

20160425.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

中之作にて本当の「お茶会」を体験

随分と齢を重ねては来ましたが、知らない世界ってのはまだまだあるモノでして・・・・昨日は中之作「安寿庵」さんにて本当の「お茶会」を体験。
中之作プロジェクト・清航館にて昨年自分で作った抹茶碗で飲んでみるってイベントに参加して参りました。

今までほとんど知りませんでしたけど、恥ずかしながら「茶道」というように「道」が付く意味をやっと理解した次第です。

wikiを紐解けば・・・・
「主客の一体感を旨とし、茶碗に始まる茶道具や茶室の床の間にかける禅語などの掛け物は個々の美術品である以上に全体を構成する要素として一体となり、茶事として進行するその時間自体が総合芸術とされる」んだそうです。
・・・・まさにそんな感じでありました。(汗)

清航館・陶芸部の皆さんと御一緒出来たのが嬉しかったかなぁ。
皆さんでチャレンジするって企画って楽しいモノですね。(笑)

20160425-1.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月24日

我々もランキングに晒されてます(泣)

インターネットの御陰で便利な時代になってることはありがたいことだし否定なんぞはしませんが、ランキングサイトってヤツは不安な部分も感じます。

自分がナニかを検索する場合には多用するのにも関わらず、いざ自分自身(自院)が評価される側に回るとなると心中穏やかでは居られないというのが正直なところでありましょうか・・・・(汗)

● 歯科医院のランキングサイト「デンターネット

御陰様で当院は上位に表示されて居りますが、これは他所の方が差ほど興味を示さなかった相当以前から自院オリジナルサイトを構築してネット上に「いわき市の酒井歯科医院」が存在していたからに他なりません。

正当評価としてこのポジションに居られるように今後も勉強の時間を惜しまず研鑽を積んで精進せねば・・・・などと考える日々でもあります。

匿名投稿ってヤツは、時として「負」の御意見・御批判をいただくことも有り得ましょう。
それらもまた自院成長の糧にしながら進化して行ければ・・・などと思う今日この頃でもあります。(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

「Google先生」からお手本をいただく

4月22日開催の「書道教室(金曜日チーム)」の皆さんであります。
個性豊かな作品群がとても素敵でありました。

最近はホント便利でして、いわゆる「Google先生」に例えば「筆文字 彩」とかって入力するとサンプル文字がたくさん出て来てくれるんです。
各人そうやってお手本を選び、好きな字体を更にカスタマイズして行くことで写真のような文字に仕上がったんですよ。

5月の後半(21~29日?)と伺ってますが、今回講師を務めて下さった中西先生は小名浜の「ららミュー」にて主宰なさってる「穏心書道教室」の作品展を開催なさいます。
そこに我々の作品も作品加工して一緒に飾っていただけるそうです。楽しみがまたひとつ増えちゃいました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

写真撮影時のチョイとした工夫

最近、この角度から写真を撮る機会が増えました。(笑)

写真下の方に私の爪先が写っておりますが、椅子の上に乗って更に三脚の先に付けた一眼レフ(広角レンズ装着)のセルフタイマー機能活用で・・・・・かつ二の腕をプルプルさせながら撮影しております。
あまり人に見せられた姿ではないのですが、見て貰わないと皆さんの目線がいただけないのでナンとも・・・・って感じでしょうか。

実際にはファインダーを覗かない「ノーファインダー」で撮ってますので、数枚撮らないと全員を入れることすら難儀するんですよ。あれこれ苦労しながら楽しませていただく日々であります。(笑)

20160424-1.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月23日

三菱自動車の「過去」を想い「未来」を憂う

かれこれ半世紀も前の話になりますけど、父が三菱自動車の「コルト1000」ってクルマに乗っておりました。
中古車でしたけれど頑丈そうに見えたそのフォルムは安心感に包まれていたように少年の目には映ったモノです。

クルマっていつの時代にも「家族の夢」を乗せて走ってくれる存在じゃないですか。それを考える時に度重なる偽装問題等はその夢を踏みにじる行為にも思え・・・ちょっと残念です。(泣)

経営陣によるガバナンス(企業統治)が全く機能してなかったんでしょうねぇ。後の学生時代に、「ギャランGTO」とか「シグマ(Σ)」、「ラムダ(Λ)」といった車種に憧れを抱いていた事なども考え合わせると寂しい想いがいたします。

一生懸命に頑張って居た販売店さんとかが気の毒だなぁ。(泣)
今後、三菱自動車は先々に写真の様な一縷の希望・光明を見出せるんでしょうか・・・・。

20160423.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

保険の「白い歯」・・・CAD/CAM冠!

皆さんは御存知でしたか?
部位によるのですが、保険でも銀歯ではなく「白い歯」が入れられることを・・・。

この「保険で白い歯を!」は多くの方々の願いじゃなかったでしょうか。
考えてみたら、年間に健康保険(社保&国保)料とかって相当金額収めてらっしゃると思うんです。だとしたら活用出来ないのは可笑しい話でもありましょう。
 
2014年4月より、小臼歯(糸切り歯の1本後ろと2本後ろ)にCAD/CAM冠(キャドカム冠)と言って、パソコンで歯を設計し機械でセラミックブロックの人工の歯を削り「白い歯」を入れられる時代になっています。
小臼歯は御存知のように開口しニコッと笑うだけでも見えてしまう部位ですから、銀歯よりも白い歯の方が自然な感じですよね。
 
またこの春からは、金属アレルギーの方限定ではありますが、大臼歯(奥歯)にも保険が適応されることになりました。
いま現在 銀歯が入っていてもCAD/CAM冠交換することは容易なんですよ。気になってる方はご検討下さいね。

※ これらにはセレックと呼ばれる「スキャナー&削り出し機」を用います。

キャドカム冠.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月22日

「ToDoリスト」に書き込んでは消していく日々

20170422.jpg週末であり月末が近付いて参りました。GWも間近になって来るとナンだか嬉しくなって来ますよね。
特別な予定がある訳では無いのですが、「アレもしよう、これもクリア出来そう」なんて考えてるだけでワクワク感が芽生えて参ります。

もっとも、結局はナニもせずに過ぎちゃうんですけどね。(苦笑)
に書き込んでクリアした課題から消してはいってますが、やりたいことが多いんでしょうか、減らそうとしても増える一方・・・・。

暇を持て余すような生活よりは宜しいかとは思いつつ もうちょっと余裕があっても良いようにも感じますし・・・・胸中複雑って言ったところでしょうか。(笑)
走り続けることの意義は大きなモノがありますが、ふと歩みを止め立ち止まることも必要なのかもしれませんね。

ゆっくりと本でも読んでみたくなってる昨今であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

新興住宅地ならではの歯科検診模様

本日(21日)は休診日を利用して学校歯科医を務めている中央台南小学校に歯科衛生士さんと出向き、歯科検診をして参りました。

私が受け持つこの小学校は地元の方はよく御存知の「いわきニュータウン」の中心部にあります。
「ニュー」故に新興住宅地なのですが、こういった団地にはある種の傾向があるように思えます。

ほぼ家庭環境が似通った御夫婦が30代に土地や家を取得する・・・・乳幼児だったお子さんもやがては近所の小中学校に一斉に通学し始めます。いわゆるマンモス学校の様相を呈してくるんですよね。
それなのに、一定の歳月が経過すればこの新興住宅地に於ける「団塊の世代」は成長し高校進学、はてまた地元を離れ進学ってケースになって参ります。

つまりは一時期は学級が増え過ぎてプレハブ教室まで増設したのに、その嵐のような時期が過ぎると逆に教室は余ってしまい空き教室が生じてしまうんですよね。(泣)

南小もその通りでして、一時期は1100人近く居た全校児童数も次第に減り始め、今日の児童数は215名前後・・・・すなわちは5分の1となってしまいました。

以前、ある方が「街は生きてる」と仰ってましたが、けだし名言でしたね。まったく持ってその通りでありました。

実際には児童数が少ない方が検診する側からすればラクなんですが、小中学生が激減状態となってしまうと、表現こそ宜しくありませんがその街は「老人の街」と化す恐れもあります。
次世代の方々が御実家に戻られ、お子さんが成長するとまたかつての勢いが街を活性化させるんでしょうか。待ち遠しい想いがいたします。

もっともその頃には当院(私自身)も世代交代だったりするのかもしれませんが。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月21日

チェンジなさる方が増えてます(笑)

大袈裟に言うと、ほぼ毎日のように交換される方がいらっしゃいます。
従来だったら写真・左の金属冠が保険治療の主流でした。
それが今では・・・・一昨年から保険適用になって以降、週刊誌等で取り上げられたからでしょうか、情報を得られた多くの患者さんが希望なさるようになりました。

ハイブリッド・セラミックスという素材の「CAD/CAM冠
これは金属を一切使用しません。

残念ながら現時点では小臼歯限定ではあるのですが、この4月(平成28年)からは金属アレルギーの方限定で大臼歯にも認められるようになりました。

一歯あたり、型取りから装着までで窓口負担金的に8500円前後の費用は掛かりますが、金属冠でも6000円チョイはしたはずなので、やはり朗報ではないでしょうか?

残念ながら大きな虫歯になってしまった方、または今まで金属が見えるのを嫌って口元を抑える事が多かった方、これからは自信を持ってニコッとなさって下さいね。(笑)


小臼歯に適用.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

当たり前で居られることのありがたさ

20160421.jpg我が家は家族5人。全員でお出掛けする機会も最近は少なくなりましたけど、皆でクルマに乗り込めば相当に窮屈です。
移動目的だけでも大変なのにそこに宿泊する事になっちゃったら・・・(泣)

被災地ではエコノミークラス症候群で亡くなった方がいらっしゃいましたね。リスクは解っては居たんでしょうけれど・・・・でも、気持ちは解るなぁ。(泣)
私は震災時にも幸いに避難所生活には至りませんでしたけど、それを余儀なくされたら・・・躊躇なくクルマでの避難生活を選んじゃった気がします。

各メディアが盛んに「躰を動かす」ことを推奨してます。
避難なさってる方がどれだけ報道を目に出来るかが「?」ではありましょうけれど、不幸をひとつでも減らすことが出来る・・・そんな一助になれば良いですね。

写真は一週間前の「三春・滝桜」周辺です。
黄色やピンクの彩りは春らしくて心和む気が致しました。こういった日常の光景って・・・・ありがたいモノですねぇ。改めてそんな風に感じました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月20日

日本の土木建築技術の高い安全性

20160420.jpg5年前の震災時(震度6弱)に妙に印象に残ったのは、日本の土木建築技術の高い安全性・安全基準でありました。橋梁の袂の地盤が何十㎝も沈下こそすれ橋そのモノはビクともしない印象が私にそう思わせたんだと思います。

それが熊本の地震では・・・・。
直下型の恐さは「家屋の倒壊」を見れば明らかですが、加えて「阿蘇大橋」って言ったか、おそらく彼の地では自慢の橋だったかと想像しますけどそれが完全に落下していたのには驚きました。
「揺れのモノ凄さ」と「復興への長い道のり」を象徴し物語ってるように感じました。(泣)

さて、写真は10日に平周辺を自転車仲間達と巡った際の一枚です。
そこそこ近くの高校に通っていたのに、また勤務歯科医時代にはモノ凄く近くに御世話になっていたのに、震災後までこの「丹後沢公園」の存在を私は知りませんでした。(汗)

駐車場がなくクルマでは行けない場所なので・・・・だったからなのですが、こういった発見こそが自転車で動くようになって得られた最大のメリットかと感じております。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月19日

穏やかな朝の光景に無事のありがたみを想う

20160419.jpg穏やかな朝の陽射しが心地良いですねぇ。
そんな同じ空を見上げながら「地鎮」を祈り続けている方が大勢いらっしゃることでしょう。(泣)

4月・・・被災なさった方々の中には新入学や新生活を始めたばかりの方も大勢いらっしゃったに違いありません。
光溢れる中を、新しい学生服にカバンを背負いその光に包まれるようにして玄関を出て行く我が子を見送り、我が身の平穏無事のありがたみを感じられてなりませんでした。

写真は今月3日の撮影です。
自然界の「春の彩り」は着々と変化して行くのに、思うに任せない日常にもどかしさを感じてらっしゃる方が大勢存在するという現実・・・。
ナンだか切ないですねぇ。(涙)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月18日

糖分の含有量・・・ちょっと御覧下さい

歯もまた財産のひとつ・・・・損なわれてしまうともう完全回復はありません。(泣)

我々もついぞ「治しましょう!」と言ってしまうのが良くないんでしょう。実際には歯を元通りにしてる訳ではなく人工物(金属や樹脂・セラミック)で「補っている」に過ぎません。

歯科医学の進歩に伴って、やがての歯科医療は本当に元通りにする事が可能になるのかもしれませんが、ただ それが具現化されるようになるのは歯学部4年の私の長男が私くらいになった頃に・・・・そんな感じじゃないでしょうか。

と言うことは、今はひたすらに自前の歯を大事にするのがベストでありましょう。
その為にはちゃんとした情報を得て、それで対策を講じていくことに尽きませんでしょうか?

こういうのを見ちゃうと・・・・・摂取するのをちょっと躊躇なさいませんか?

糖分1.jpg

特にお子さんには注意が必要ですよね。
むし歯予防的にも「飲み物だから大丈夫だろう・・・」なんて安心しちゃってませんでしょうか?

糖分2.jpg

特に自浄作用・殺菌作用を有する唾液の分泌量が減少してしまう就寝前の摂取には くれぐれもご注意下さいね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

出逢いにょり自分を客観視出来るようになる

20160418.jpg気が付けば4月も後半の週のスタートですね。もうしばらくすれば祝日が続くゴールデンウィーク。
ウチは暦通りとなりますが、羨ましいことに上手く行けば10連休なんて方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

嬉しいことに中味の濃い充実した週末を送っておりました。
新たな出逢いに、共通の知人の名前も飛び出して来て世間の狭さも再認識したんですよ。(笑)
人と出逢ったり、更なる親交を深める時間は巡り巡って自分自身を客観視出来るようになりフィードバックにも似た感覚を得ることが出来ますね。良い時間を過ごせました。

それによって微修正し、また今月の後半も頑張っちゃおうかと考えています。
皆さん、どうぞヨロシクお付き合い下さいね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月17日

震災後の治療を振り返り思い出すこと

皆さん御存知のように火の国九州・熊本が未曾有の激震に見舞われています。
多くの犠牲者の方はモチロン、今後 住居を失い長期に渡る避難生活を余儀なくされる方々が大勢いらっしゃいましょうねぇ。(泣)

私が住まう福島県の浜通りでは、5年前の震災に見舞われた折に原発からの避難者の方々を大勢受け入れた実績が有り、当然当院にもそういった方々がお出でになりました。
その際に、一歯科医として「あぁ~、これは切ないなぁ」と感じたことも多々ありました。

ナンてったって御自宅に義歯(入れ歯、しかも多数歯の大型のやつ)の置き忘れをしてしまった方が実に大勢いらっしゃいました。(泣)

今回も度重なる震度6以上の激震は夜間に集中しているようですもんね。
就寝中に義歯をお外しだった方は、家屋の倒壊を恐れて慌てて屋外に逃げ出す際は そのまま着の身着のままだった事でしょう。
気が付けば口腔内は寂しい状況になってる方が今回も大勢いらっしゃるはずです。(泣)

メガネなら他所の方から借りることも可能ですが、義歯はそうはいきません。
せっかく避難所で食糧の配給を受けても、「義歯が無かったから噛めなかった」と仰った方が大勢いらっしゃいました。

中には各地を転々とする避難生活中、14歯中13歯欠損のまま7ヶ月を過ごされた方もいらっしゃったんですよ。(泣)
本来ならお粥しか食せなかろうその方は・・・ナニをいただいてらしたんでしょうねぇ。(泣)

災害避難時には、義歯をお忘れになると酷い目に遭うという事実と、それなら義歯の生活にならない様に普段から心掛ける事を意識願えればと感じた次第です。

備えあれば憂い無しの方々はモチロン、問題は無かったんですけどね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

人の叡智が地球の営みに翻弄されるかの如く

20160417.jpg「震災」の文字が紙面に躍ってますが、もうこれは「大震災」ですねぇ。人の叡智が地球の営みに翻弄されてるかの如くの印象を受けます。(泣)

5年前に我が家は被害ゼロ、医院は壁面のタイルに亀裂が入ったり剥がれたりはしましたが住むには何ら支障も無く今日に至ります。
それが今回の熊本の映像を見ると・・・・被害は甚大ですよねぇ。
倒壊せずとももう居住不可能な家屋が随分と有りそうで頭を抱えちゃいますよね。

必須となる「衣食住」がズタズタにされた皆さんは心身共に疲弊なさってることでしょう。なんだか気の毒でなりません。(泣)

本日の東日本の天候は荒れ模様・・・。
本来、今日は仙台での講習会受講を予定していたのですが、チョイとパス。(汗)
ここ連日の夜のイベント続きの疲労は大したことは無いのですが、昨日急に娘が帰省して来まして・・・・躊躇なく仙台行きは取りやめとなった次第であります。(笑)

そんな笑える日常が、九州各地の皆さんにも早期に戻ると良いんですが・・・・

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月16日

多くの真摯な祈りが通じてくれることを願う

20160416.jpg昔から「地震・雷・火事・親父」と申しますが、その筆頭の恐ろしさには文字通りに震え上がる気が致します。

テレビ画面には「震度7」とか「震度6強」とかが踊りますが、私が5年前に経験した「震度6弱」ですら「あぁ・・・この世の終わりだ」と思ったほどなんですから住民の恐怖は如何ばかりかと思っちゃいます。
しかも昨夜は深夜の真っ暗闇で・・・ですもんね。(泣)

5年前、瓦は落ちたけど倒壊したような家屋は少なくとも私の周囲には有りませんでした。その震度だって立っては居られないほどだったし机の下に潜り込むような余裕すら無かったんですよ。
それが守りの要となったであろうお城の城壁まで・・・ああですもんねぇ。

裂けるほどの揺れが大地を襲う・・・。
鎮まってくれと願う多くの真摯な祈りが通じてくれることを願いましょう。(涙)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月15日

17世紀のオランダの黄金時代

急地震速報が何度も繰り返されるテレビ画面、暗闇で余震に怯えたあの日のことが蘇る想いがしちゃいました。
明るくなって被害の全容が詳らかになりつつありますが、日常を切り裂かれた九州・熊本の皆さんに早期の平穏が訪れることを願わずには居られませんね。(涙)

さて昨日の休診日。福島県立美術館(福島市)で開催中の「フェルメールとレンブラント」展に出掛けて参りました。
17世紀のオランダの黄金時代とやらに触れて参りました。
写真にある「水差しを持つ女」・・・・光の描写がとても素敵でしたよ。
私は恥ずかしながらこういった美術芸術への造詣は恐ろしく浅いのですが、それでもやはり「実物」は圧倒される気が致しました。
平日にも関わらず賑わいを見せていた美術館・・・。
この分だと連休中等は混雑するかもしれませんが、なかなか無い貴重な機会でありましょう、お時間ある方はお出掛けになってはいかがでしょうか?

20160415.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月14日

「ひたむきさ」を忘れてはなりませんね

20160414.jpg人より秀でていることで随分とチヤホヤされたんでしょうか。
バドミントンの桃田選手・・・・我が家の長男と同い年です。
五輪代表選出時には立派に見えていた彼が、トラブル発覚後、私にはオドオドした情けない青年にしか見えませんでした。

若気の至りなんでしょうけれど、ハレンチ写真まで出て来てしまっては・・・・「東京オリンピック」も難しいでしょうねぇ。(泣)
どうなんでしょう? 地元でちょっとだけ有名な「バドミントンが上手なカッコいいお兄ちゃん」程度だったら良かったんでしょうか。そうであればここまでの社会的制裁は受けなかったでしょうし・・・・。
秀で過ぎて突出し際だったりすることは諸刃の剣なんだと思った次第です。(泣)

写真は身体能力に優れている少年・・・なんでしょうねぇ。
場所は夕暮れ時の仙台でしたけど、チョイとしたひと気の無い広場で黙々と練習なさってたんですよ。ひたむきさが感じられてとても好感を持てました。
ハナから否定しては良くないけど、40年前の私であっても「絶対に出来ない!」かと思われます。
今となっては何をか言わんや・・・でございます。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

新聞の折り込みチラシに・・・「セレック」

近々、新聞の折り込みチラシに縁あって当院の下記の広告が出ることになりました。(クリックで拡大します)

セレックの広告.jpg

歯科の治療法の広告っていうのは難しいモノがあり、何をPRしたモノやら・・・・だったのですが、せっかくなので次世代歯科診療とも言うべき「Digital Dentistry」の中心をなすであろう「CEREC(セレック)」を取り上げてみました。

審美的に優れるだけでなく、驚くほどの適合の良さや金属アレルギーが無いこともメリットとなりましょう。
限局的ではありますが、保険適用部位もあります。詳しくはお尋ねいただければお答えが可能であります。

医院ホームページではここに纏めてあります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月13日

輝きにも似た独特のオーラを放つ

20160413.jpgお天気は下り坂でしょうか? 雨が来れば桜も散ってしまいましょうねぇ。潔く見事な桜の散り際に・・・・私なんぞは未練タラタラだったり致しますが。(笑)

写真は今月3日の撮影・・・・こういった女性にすれ違うと、「艶(あで)やか」って言うのか「煌(きら)びやか」って言うのか、はてまた「艶(つや)やか」とでも申しましょうか、ちょっと得した気分になれますよね。
御着物を召されるのは大変なのかもしれませんが、そぞろ歩く人混みの中に輝きにも似た独特のオーラを放っておられました。その場の空気だけが違っていたような感じでしたよ。
この目黒川ではすべて散ってしまったことでしょう。
来年は私も着物でも着て・・・・ってな事してたら写真散策もままならなくなっちゃうので止しておくと致しましょう。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

歯科医師会の新たな試み!(笑)

改めてパソコンで何かを調べるのは面倒ですしハードルが高かったりしますけど、スマホで手軽にQRコードを読み取るだけで情報にアクセスが出来るなら良いかもしれませんよね。

私も所属している日本歯科医師会では、例えば診察時の待合室での待ち時間にも手軽に閲覧が可能な動画情報を準備して貰えたようであります。

日本歯科医師会.jpg

(※ 画層をクリックすると拡大します)

そういった動画は自分で作成するには荷が重過ぎるのでとてもありがたいですねぇ。

幸いに当院では待合室におけるWi-Fi環境(パスワードとか無し)が整っておりますので、無線を拾っていただければ動画であっても気にせずに閲覧が可能でありましょう。

実際に気軽に御利用いただけるように、近々待合室にもこのポスターを貼ろうかと考えております。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月12日

神域と俗界を隔てる結界・・・「鳥居」

20160412.jpg昨日の強風・・・・ちょっと恨めしかったですねぇ。おそらくは各地で桜吹雪が舞ってしまったことでしょう。(泣)

写真は一昨日の北白土の「三島八幡神社」です。
久し振りに三脚立てて撮ってみたのですが、桜は風でブレるという当たり前のことに気が付いたのは帰宅して大きなPC画面で見てからでありました。現場でカメラの背面モニターで確認した時にはまったく意識してなくて・・・でした。(汗)

「鳥居」という門は、神域と人間が住む俗界を隔てる結界であり神域への入口を示すものだそうですね・・・なんか惹かれるモノを感じます。

因みに数え方は・・・「1基、2基」なんだそうです。
恥ずかしながら初めて知りました。(恥)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

歯ぐきの黒ずみ、気になりませんか?

メラニン色素・・・なんて単語を耳にした事がお有りだろうかと思います。
皮膚の色を作り出している色素のことで、有害な紫外線を遮ってくれるモノではありますが異常発生すると残念ながらシミになります。

歯ぐきの場合も同様で、次の写真の様に喫煙・食物の刺激によりだんだんと濃くなります。

レーザー使用前 .jpg

そもそもがメラニン色素の多い方や肌の色が黒い人に頻発し、そこに更に遺伝的要因や後天的な生活習慣が加わることでメラニン色素沈着が徐々に増えて行くようです。(泣)

治療法としては、お薬で漂白する方法とレーザーを用いて除去する方法と2種類があります。
ここでは後者のレーザーで蒸散させる方法を紹介してみますね。

レーザー使用後.jpg

残念ながら治療後にも喫煙習慣等が変わらなければ再発はしてしまいますが、レーザーを用いればたいして痛まずに除去は可能となりました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月11日

「酢」の過剰摂取にご注意を。(泣)

おそらく「歯が溶ける」と言われても多くの皆さんがピンとは来なかろうかと思います。
ただ、いわゆる「むし歯」と呼ばれるモノは「むし歯菌の出す酸が歯を溶かす」ことに他なりませんし、何方の口腔内でも起こり得ることに違いはありません。

そんな風に酸によって歯が破壊された状況をちょっと難しい表現になりますが「酸蝕歯(さんしょくし)」と言います。
困ったことに歯は「酸」で溶けてしまうのです。(泣)

と言うことは・・・・むし歯菌がなくても日々食卓等で口にしている「酸」の食べ物や飲み物が歯を溶かしてしまうということは意識をすべきかと思います。
最近では「躰に良い」というイメージ重視でサプリメント等の摂取があろうかと思いますが、ナニ事も「過ぎたるは及ばざるが如し」となることを意識なさってはいかがでしょうか。

酸蝕歯.jpg

上の写真の方は60代男性。
歯が丈夫な方で今まで「むし歯」原因で歯を削ったことは無い方でした。
ただ、酸性の代名詞のような「酢」がお好きなんだそうで毎回の食事の際には「御飯に酢をかけて召し上がる」ことをなさっていたそうです。(泣)

「酸蝕歯」の知識があれば防げたかもしれません。

むし歯とは異なり「細菌」が関与はしませんが、酸の影響を過剰に受けることにより酸が歯の表層のエナメル質を溶かし、すり減ったり、薄くなったり、穴があいたりしてしまうのです。
健康意識レベルの高い方ほどそうなってしまう確率が高い印象が私にはあります。

現在は酸性である清涼飲料の消費量の増大など食生活の変化により、大人子供を問わず、誰もが程度の差こそあれこうなってしまう可能性がありましょう。

酸蝕歯・・・そんなトラブルに見舞われないように日頃からご注意下さいね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

時間差で桜満開の時期が来てくれる

いわき市内・・・ちょうど昨日が桜の満開だったんじゃないでしょうか。午後からは急激に気温が下がり「あれ?」ってな状態でしたけど午前中は初夏を思わせるようなまずまずの天気に恵まれました。

そんな中、小名浜の「酒のまるとみ(福島県いわき市)」さんの女将さんを慕う連中で毎年恒例の「お花見サイクリング」を実施。
ここ暫くの様々な想いが各人にも去来しながら平地区を巡る数時間のライドを愉しんで参りました。(笑)

一緒に走ったメンバーは30代~40代。
50代の私に皆 優しく(!?)して下さってねぇ・・・・ありがたかったです。
来年も再来年もずっと続くことを願いますが、御迷惑をかけない様に私自身が体力作りに励まないとならぬ事を意識もしました。(汗)

いわきの桜は今度の休診日までは大半が散ってしまうことでしょう。
それでも今月後半には夏井千本桜が見頃を迎えてくれます。
遠くに赴くことはなかなか叶いませんが、各地に時間差で満開の時期が来てくれるのはありがたいですね。(笑)

20160411.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月10日

若き日々にタイムスリップし堪能

今から44年前の1972年の事だったそうです。九州・博多からその年に上京したバンド(TULIP)のリーダー財津和夫氏の脳裏には今の姿は想像も出来なかったに違いありません。
応援するファンにしてもまた然り・・・自分の40年も先の姿は思い描くことは難しかったでしょうしねぇ。

昨夜はそんなTULIPの財津さん(68歳)と姫野さん(64歳)のお二人のコンサートがアリオスであり、家内と二人で行って参りました。

声量や声の伸びは確かに衰えました。白髪は随分と増えたけど体型は維持なさっていて・・・・やっぱり素敵だったなぁ。(笑)

会場を見渡せば随分と平均年齢は高かったですけど、彼等二人の損なわれることの無い「輝き」に感化されたように笑顔が増してたんじゃないでしょうか。若き日々にタイムスリップし堪能・・・良い夜を過ごすことが出来ました。

「青春の影」の時には感激のあまり思わず家内の手でも握ろうかと思いましたけど・・・・・思い止まりました!(爆)

20160410.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月 9日

常に「トライする姿勢」を持ち続けていたい

ナンにでも「トライしてみる」ことはモチロンですけど、常に「トライする姿勢」を持ち続けていたいと切に願います。

昨夜も水曜日とは異なるメンバーと『書を楽しむコース!』を御一緒してみました。いやぁ~とても楽しい時間でした。

筆文字を書く・・・・大袈裟な言い方だけど、キッカケが無かったら生涯やらなかったかもしれません。若き日々であったらもしかするとこういったイベントは苦痛に感じる作業だったのかもしれません。(汗)

それがどうしてこんなに楽しいのか自分でも不思議なのですが、人生の円熟期に差し掛かった今だからこその「愉しみ」なんでしょうかねぇ~・・・・・今後も多くの皆さんにこういった場を提供出来るようでありたいと願います。

さぁ~週末、お天気に恵まれると良いですね!

※ 写真のアングル・・・「どうやって撮ったの?」ってお感じになりませんか? チョイと工夫してみたんですよ。(笑)

20160409.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月 8日

体調を整え楽しく乗り切る春に

20160408.jpg春眠暁を覚えず・・・ですねぇ。(笑)
調べてみたらこれには根拠があるようで、気のせいって訳ではなく・・・

『春になると皮膚の表面血流量が増え、交感神経系が活発になり、日中の活動量が増えるという生理現象が起きやすくなる。
その結果、疲労感やだるさが出やすく、夜はもちろん、昼間も強い眠気に襲われることが増える』

・・・からだそうです。
そろそろ季節も良くなり朝方にシフトしようかとは思ってるのですが、なかなかコントロールが出来ない今日この頃であります。(汗)

週末もオフタイムに予定が入っているので「しっかり熟睡」でと思っております。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月 7日

ナニかを楽しく作れる喜びに浸る

20160407.jpg本日の天候は下り坂・・・・花散らしの雨となってしまうのでしょうか?(泣)

さて、今夜10時頃にでもアナウンス致しますが、Art Gallery 「彩」にて下記のイベントを企画いたします。
御興味がお有りな方は御期待下さいませ。

● 4月30日(土)・・・プリザーブドフラワー編
 『母の日に・・・いかがでしょうか?』

● 5月21日(土)・・・ポーセラーツ編
 『一緒にペアのカップ&ソーサーはいかがでしょうか?』

昨夜もそうでしたけどナニかを作るって刺激的で良いですよね。ありがたいことに素敵な女性講師の方々にお願いして教えて頂けます。(笑)
ナンだか忘れていた図工の時間を思い出すようで良い感じなんですよ。どうぞ宜しくお願いいたします。<(_ _)>

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月 6日

「糊口を凌ぐ」の意味を知る

ラジオ(テレビ?)体操の女性がメンバーチェンジなさってちょっと新鮮な感じの朝となりました。(笑)

さて、新聞を読んでいたら久し振りに「糊口を凌ぐ」という表現を見つけました。ナンとなく「貧しい生活を送る」って意味合いだけは解ってましたけど、「糊(のり)」と「口」の連関性は・・・・・?

せっかくなので調べてみました。(笑)
「糊」は「粥(かゆ)」のことだそうで、つまりは「粥を口にしながら凌ぐ」の意味だったんですね。少ない御飯の量を増量させて節約するほどの食生活を送る・・・それで「糊口を凌ぐ」。朝から合点が行きました。(笑)

写真は素敵なカメラ女子の方。(3日・目黒川)
そう言えばこういった一眼レフ・カメラを携えて散策する女性が随分と多くなりましたよね。裾野が広がったのはデジタル化の最大の恩恵でしょうか。実に喜ばしいことであります。(笑)

20160406.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月 5日

すべては日頃の心掛け次第・・・

新年度になってテレビに映るスタジオの背景や顔ぶれ、新聞の紙面等が微妙に変わりましたよね。若干の違和感を覚えつつも数日で馴染む・・・何方にも経験がありますでしょう。
そんな新聞の先週の土曜版。表紙を飾ったのは元宝塚・星組トップスター柚希礼音(ゆすきれおん)さん。
彼女を称える文面の中で、ある演出家の方の弁が印象に残りました。

『彼女の最大の強みは素直さ。
ひとの言葉をストレートに受け入れ、伸びて行く。
結果として、周囲が彼女のために仕事していく』
と・・・・。

弛まぬ努力を続ける彼女の信念は「技術を超えて心を伝える」なんだそうです。そんな裏付けが最大の魅力なんでしょうね。
すべては日頃の心掛け次第って事なんでしょう。新聞ってこんな事がさり気なく書いてあるから止められません。(笑)

さて、写真は一昨日の目黒川。
何処から遡上なさって来たのかは解りませんが、その爆音にちょっとビックリしちゃいました・・・・・(汗)

20160405.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月 4日

悲喜こもごもだったであろう3月・4月

長い一日・・・でした。(笑)
桜が見頃を迎えている期間はとても短く、だからこその日本を代表する国花なんだろうかとは思うのですが、その「満開ピーク」と私の「お休み」と「天候」はなかなか合致しないんですよねぇ。(泣)

昨日は今年からチョイと縁が出来た東京に出掛けて参りました。
訪れたのは「目黒川の桜」・・・・ここに限りませんが、「東京って桜がこんなに随所にあるんだ」って事を初めて知りました。
と同時に花見客の人の数も凄かったかなぁ・・・。

来年も出向くとしたら早朝がベストだろうと感じた日曜日でありました。
多くの御家庭で悲喜こもごもだったであろう3月・4月もこれで一段落だったでしょうか。
希望に満ち溢れた若人の姿・・・それがとても眩しく感じられ私自身も新たな年度のスタートを切れそうに思えた天候だけが今ひとつの「春爛漫」でした。(笑)

さぁ~今週も頑張って参りましょう!

20170331.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月 3日

「小川の諏訪神社」と「目黒川の桜」

早朝6時より枝垂れ桜で有名な小川の諏訪神社に行って参りました。

残念ながらの曇天模様。
帰ってきた辺りから晴れ間が覗いたりして・・・・
く、悔しくなんてないですよ・・・・な、泣いてなんか居ませんからね。(号泣)

諏訪神社はちょうど満開直前、見頃でした。
日中はさぞかし賑わうことでありましょう。

さて、この後は・・・
オフコースの「君住む街へ」など聴きながらちょっと「目黒川の桜」でも見てこようかと思っております。(笑)

20160403.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月 2日

モバイル端末に触れない日はない

私自身、パソコンだけでなくiPadやiPhoneといったモバイル端末に触れない日はありません。iTunesも駆使しなくはないのですが今ひとつフル活用出来てないもどかしさを抱いてました。

便利な機器は身の周りに溢れている現代・・・・ただ、残念ながら使いこなせていないジレンマを私は常に感じてたんです。(泣)

そこで・・・・不明点はやっぱり教えて貰うに限りますよね。(笑)
お仕事柄そういった機器にお詳しい今さんに御願いして昨夜 講習会を開催してみました。話は伺ってみるモノですねぇ~、頭の中の霧が晴れた気が致しました。(笑)

企画者としての反省点もあったんですよ。
私自身はこの場にパス無しのWi-Fi環境を提供出来てる気になっていたのですが、15~16人の参加者が一斉に持参なさったノートPCやiPhone&iPadを接続しようとすれば・・・・繋がらない、繋がりにくいという事実を知りました。(反省!)

今後はパソコン教室等も企画したいので、次回までには皆がサクサク動かせるようなWi-Fi環境に改善しておくことに致します。(笑)

20160402.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2016年4月 1日

「未来の自分」に宛てた手紙とその返信

新たな年度の始まりの日を迎えました。今年度も宜しくお願いいたします。

唐突ですけど、アンジェラ・アキさんの「手紙~拝啓 十五の君へ~」の歌詞が印象に残っています。
迷い多き「十五の僕」が「未来の自分」に宛てた手紙でありその返信・・・。

考えてみると、現実にはそのシチュエーションは有り得ませんよね。
でも、昨日 長男に運転を委ねて仙台に向かいながらナンだかデジャブ(既視感)にも似た感覚を抱きました。
ナンだか父親の私が彼にとっての「未来の自分」にでもなったかのような感覚が自然と湧いて来て・・・とても不思議でした。

自分が若き日に抱いていたあれこれの心配事は、過ぎてしまえば実は迷うには値しないような些細なことばかり・・・・それが数年後・数十年後の「未来の自分」を知らぬ者にはなかなか理解が出来ないモノでしょう。
そんな時には「自分の声を信じ歩けばいい♫」って感じで語り伝えることが出来て有意義な片道二時間でありました。(笑)

もっとも・・・・

今の彼は「負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそう・・・♫」なのとは全く異なる屈託のない現代青年なんですけどね!(爆)

20160401.jpg

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1