« 2018年4月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2014年2月28日

そして今日も夜は更けいく(笑)

本来の開催予定日は二週間前の14日(金)でありました。
ちょうどその日は、あの関東甲信越地区が記録的な大雪に見舞われた日で、ここいわき市もその前週に引き続いての大雪の予報が出されていた・・・

そう、あの日でありました。

幸いに雪にはならず「激しい風雨」って感じで済みはしましたが、万が一の事態を考慮して主催者の方々の的確なる判断で直前に「延期」決定。二週間後の本日に改めての開催となりました。

今宵の集まりの場所は、「Bar Queen」さん。

仕切り直しの今宵は、さながら「音楽祭」の雰囲気でありました。(笑)
素敵な歌声にピアノの伴奏も入ったりしての楽しいひとときを過ごして参りました。

プチ交流会1

コンデジでの撮影。こういったシーンは高感度の一眼レフカメラに明るいレンズを装着してスローシャッターにしてホントは撮りたいんですよねぇ。

手の動きだけを軌跡のように残したかったんですが・・・。

そしてこの会のお約束の集合写真撮影。

プチ交流会2

大きな声では言いませんが、平均年齢は結構高めであります。(笑)
それでも、気持ちだけ(!?)は皆若く、和気藹々で楽しいひとときでありました。

また来月も、そして再来月も、こちらの皆さんとは御一緒できればと考えて居ります。

こんな時間を糧にしながら、さぁ明日も頑張って仕事に勇往邁進すると致します。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月27日

より良く人と人を繋げるために

2月の下旬、今月は日数が短いだけ月末には慌ただしさが感じられます。
昨夜は、あれこれと大学生の息子と語ってたらブログアップの機会を逸してしまいました。つい数年前まではあくまでも親子関係でしかなかったはずなのに、成長し対等な感覚で話し合えるって父親としてはとても嬉しいことでもあるんですね。
自分自身がその立場に立って初めて理解出来る心境でありました。

明けて今日、夜には3月8日に開催される第3回「フェイスブック交歓会」(いわきソーシャルメディア交流会主催)の最終ミーティングが当院二階でありました。

フェイスブック交歓会

皆さん、お忙しいでしょうに、駆け付けて下さり感謝です。
これもひとえにイベント当日に少しでも参加なさる皆さんに喜んでいただくために・・・であります。

フェイスブック交歓会の準備会1

第1回・第2回の反省点を踏まえ、皆で意見を出し合うんですよ。
これも皆、気持ち良く人と人を繋げていくために欠かせない作業なんですよね。

そもそもは私自身がこんな集まりにポジションを得られるなんて考えても居ませんでした。ただ、ナンとなく参加してみたら そこから多くの皆さんと繋がること繋がること。(笑)

この会は、ビジネスに関係するだとか そうじゃないとかに関わりなく、この地で生きて行く上で楽しい仲間を増やす近道に思えてならないのです。

フェイスブック交歓会の準備会2

それにしても、こうして改めて写真を見てみますと・・・・

濃い連中ばかりだなぁ~(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月25日

3月8日は「フェイスブック交歓会」

たった今、居間から廊下に出てみたら、いつもなら感じたはずの寒さを さほど感じませんでした。日中もそんな感じだったのかもしれませんが、

着実に春は近付いてるんでしょうねぇ。

考えてみたら週末には3月。卒業シーズンの始まりでもあります。
そんな3月の8日に、恒例の第3回「フェイスブック交歓会」(いわきソーシャルメディア交流会主催)が開催される事になりました。

フェイスブック交歓会

過去二回はこんな感じだったんですよ。

【第1回】いわきソーシャルメディア交流会主催、第1回「名刺交換会」

【第2回】いわきソーシャルメディア交流会主催、第2回「名刺交換会」

私はこの場に実行委員(!?)として参加させていただく事により実に多くの知己を得ました。今回からは新たに名刺とかをお持ちでない方でも こういったソーシャルメディアに興味のある方なら参加いただけるように配慮しましたので御興味のお有りな方は・・・・って感じであります。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その為の準備会が先週末に小名浜の新装なった「さすいち」さんで鍋を囲みながら開催されました。こういうのを手弁当って言うのは「?」かもしれませんが、実際の「交歓会」とはまったく別会計で我々は仲間内のお店や当院二階で何らかの準備に携わったりしてるのです。

ま、単に集まるのが好きな連中なんですけどね。(笑)

さすいちさんでの会合1

美味しく頂戴して参りました。(笑)

この「さすいち」さんは、震災時に津波の被害に遭われ、その後 昨夏に見事に同じ場所で復活されました。御苦労も多々あった様に伺ってますが、折に触れこんな機会を設けて応援する・・・。

震災復興は地元応援に他なりません。

ナンだかこんな「ひととき」は心地良く感じられます。(笑)
モチロン、舌鼓を打ってるだけではありません。喧喧諤諤タイムスケジュール等の詳細も練られたんですよ。イベント事は実施する前段階での準備がすべてですもんね。

皆で役割分担し、当日に臨みます。(笑)

さすいちさんでの打ち合わせ

お店の随所に季節の配慮がなされてまして、これは「雛祭り」の一環でしょうか。
食材が新鮮で美味しいのはモチロンのこと、スタッフの方々も感じ良くって安心してオススメできるお店なんですよ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月24日

大衆のスキー離れは深刻だと思う

どんなイベント事も始まる前に感じる期待感に高揚し、イベント中には興奮・熱狂し、そして終わりを告げる閉幕に寂寥感を感じるモノですよね。
聖火台の火が消え、各番組もハイライトの放映に終始するようになっちゃって・・・寝不足から解放されるのは良いことですけれど、ちょっとワクワク出来なくなっちゃって淋しい気がする今宵です。

躍動するアスリート、鍛え上げられた肉体が踊るように活躍したウィンタースポーツ。
考えてみたら、凡人にはスケートリンクに立つことすらやっとですし、スノーボードなんかに至ってはやったこともなく、とてもじゃありませんが空中で何回転も出来る訳がありません。(笑)
スキーで旗門を抜けていくぐらいは出来ますが、それでも桁違いの時間を要すること必至であります。

テレビで見るのと自分でトライするのとでは なかなかどうして大きな隔たりがありますが、若きアスリート達に負けないように・・・

私も昨日 雪面に立ってたんですよ。(笑)

おそらくは前夜の新雪があって、風が穏やか、程良い氷点下の気温で雪質が良好だったんでしょう。
キュッキュっていう雪を踏みしめる音があまりに心地良い、そしてサラサラ過ぎて雪玉も作れないほど良好な2月末のゲレンデコンディションでありました。

箕輪スキー場0223

ただし、上の写真の光景・・・・「箕輪スキー場」ってトコのゲレンデなのですが、トップシーズンの最高の条件下のお昼頃の初級者コースにも関わらず・・・

ガラガラでありました。(泣)

かつてのスキー場と言えばリフト待ち中に凍えそうになった事もありましたっけ。

それが日曜日というのに待ち時間ゼロ。

スキー場の運営に携わってる方々の苦悩を感じてしまった次第です。
思えば前週は、例の関東甲信越の大雪。前々週はこの付近を通る115号線(福島~会津)は自衛隊の出動要請を発した程の悪天候。
スキー場関係者の方もスキーどころではなかったはずですから やっと好条件の日曜日が来たって感じだったでしょうに・・・。

大衆のスキー離れは深刻とお見受け致しました。

モチロン、スノーボードを楽しむ方もいらっしゃるにはいらっしゃいましたが、写真のように人影まばらでは・・・賑わいは感じませんでした。

カメラは欠かせない(笑)

箕輪スキー場のてっぺんではないけれど、ゴンドラの最上部から初心者コースを家族で降りて来ましたけれど、ナンだか久し振りに膝が笑った気が致しました。

運動不足はいけませんね。普段からもっと鍛えねばなりません。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月23日

オフィシャルパートナーになる!

人の縁・・・なんでしょうか。

昨年、年末の当院二階でのイベント時に、親しくさせていただいてる仲間内のお一人から「酒井さんに御願いがある」と切り出され、ロクに内容も聞かないで「OK! 了解!」と返答したことがありました。

ちょうどその頃、来月の8日にアリオスで講演をして下さる中村文昭さんの講演CDだったか文書で読んだばかりだった・・・

「頼まれ事」は「試され事」である!

なるフレーズが妙に印象に残ってる時期で、人は頼まれたら快く応じるべきだ・・・と解釈していた私としては、「これのことだ!」とピンと来まして、二つ返事をしてしまったってワケであります。

依頼されたのは、本年から「いわき」の社会人サッカーチームである・・・

「バンディッツいわき・フットボールクラブ」

のオフィシャルパートナーになる事でありました。
正直、ワールドカップとかの時期には俄サッカーファンに変身は致しますが、それ以外は熱心なサポーターでもなんでもなかったのですが、今年からは折に触れてこのブログでも取り上げてみることに致します。(笑)

何故かって言うと・・・・

ユニフォームの背中に「酒井歯科医院」の文字が・・・(笑)

バンディッツいわきの応援1

バンディッツいわきの応援2

「歯医者なのにナンで・・・?」と問われれば私も答えは持ち合わせておりません。
人の縁、繋がりでこうなってしまったって感じであります。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今宵、今シーズンのスタートを告げるキックオフパーティーにお招きいただき、楽しく参加して参りました。

バンディッツいわきの応援3

微力な私なんかに何が出来るのかは解りませんが、仕事をしながら一生懸命にサッカーに打ち込んでる選手達の応援が出来ればと考えた次第です。

バンディッツいわきの応援4

地域貢献なんて言うと烏滸がましいですけど、私が出来得る小さな役割を果たしていきたいと考えて居ります。
楽しいパーティーで、ナンだかチームの一員になれたようでちょっと嬉しくもあったんですよ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月22日

医院内外のメンテナンス中(内編)

正直 老朽化という言葉は使いたくはないのですが、さすがに20年もやってれば医院外周も医院内部にも旧くなった設備やら機材は存在することになります。
それでも、根が嫌いじゃないので折りある毎にリファインをし続けては来ましたが、消費税アップを目前に控え、そのリファインに更に拍車が掛かる今日この頃であります。(笑)

一昨日には医院外周の工事の様子をアップしてみましたが、同じく休診日の木曜日に、同時に医院内に於いて口腔内を明るく照らしてくれる「口腔内ライト」の交換工事もやってみたんですよ。

口腔内ライトの交換工事

例えば自宅の照明器具だって、毎日見ていると大して何も感じませんけれど、新しいモノに交換してみると「驚き」ってありますよね。LEDライトにしてみあたら、従来の昼光色だの電球色なんかを意識することなく、調光コントロールが容易に出来ちゃうことに感動したこともありましたっけ。

口腔内を明るく照らしてくれるライトも今どきはLED。

確か消費電力が少なくなって 尚且つ 照度はアップしているという事実。

たかが照明、されど照明。

確実に進化している事実を知りました。

口腔内を照らすライト(New!)

使ってみて、従来の照明は拡散型、このLEDは集中型っていうのか一点豪華主義な感じのように思えたり致しました。最近あまり耳にしなくなりましたけど「ファジー」な感覚ではなく、よそよそしいような融通の利かないシャープさを感じましたよ。

色の系統が従来照明と異なるため、すべてを一斉に交換してみました。
その方が目が馴染みやすく正解だったように思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今宵は医院内部のメインテナンスと表題に記しましたけど、外部の北側の植栽の写真も一枚だけアップ致します。

落雪によりおれた医院北側の植栽

残念ながら落雪の直撃を受け随分と痛め付けられてしまいました。(泣)
元通りにはならないでしょうけれど、時間が掛かっても良いからある程度までの回復を願いたいモノです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月21日

笑顔、きっと彼女はもっと強くなる

東日本を襲った震災からまもなく3年ですから過ぎ去った歳月は振り返る時には瞬く間でしょう。その意味でオリンピックからオリンピックまでの4年間なんてアッと言う間なのかもしれませんね。
それでもこれからの4年となれば やはり途方もなく長い歳月には違いありませんでしょう。
ヨチヨチ歩きの幼子が幼稚園に通おうか・・・ってぐらいの長さなんですからね。

4年前のバンクーバー。銀メダルに終わった浅田真央さんは憔悴しきった泣き顔を見ていて気の毒にしか思えないほどでありました。
それが、今回のソチではメダルこそ手にすることは出来なかったけれど、日本中を魅了してやまないほどの感動を届けてくれましたよね。

演技終了後のこみ上げる涙、その後に浮かんだ笑顔。

インタビューでも彼女の紛うことなき4年間の成長を垣間見ることが出来、その爽やかさにも恥ずかしながらナンだか涙腺は緩みっぱなしでありました。(恥)

どれだけ才能があっても失敗することはありましょう。

私のような凡人だったら逃げ出しちゃったに違いありません。ただ、そこから逃げ出すことなく、自分自信に真っ向から挑んで結果を出した浅田真央選手に心震える想いが致しました。

我が娘ほどの年齢と伺いました。

そんな若きアスリート達に良き刺激を届けて貰える祭典も終盤を向かえておりますが、今しばらくウルウルを体感できるのではないかと思っております。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生きていれば「明」もあれば「暗」もありましょう。

前日には冬季五輪を応援していた多くの日本人を「暗」色に染めてしまった当の本人が、一夜にしてそれを払拭し「明」色に変えてしまった不思議な24時間でありました。
多くの方を勇気づけ、逃げ出さずに努力する事の意味を教えてくれた若きアスリートに感謝ですね。

7I2A2905_R

7I2A2941_R

新たに差し込んだ「光」が泣き顔を笑顔に変えてくれ、彼女のこれからの人生はもっともっと力強くなっていくんでしょうね。

「あぁ~日本人で良かった!」

心よりそう思えた2月21日未明の出来事でした。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月20日

医院内外のメンテナンス中(外編)

今朝ほど目が覚めてテレビの電源をONにしてみたところ、画面隅のフリップには「予想外の展開」って記されておりました。その文字列だけで浅田真央選手の孤独と苦悩を感じ取った気が致しました。

考えてみたら私達は、前回のバンクーバーからずっと応援していてオリンピック直前になったらそっとしておいた訳ではないですもんね。
事実はまるで逆で、ずっと彼女達が頑張ってた姿なんか見てもいなかったのに、五輪直前になると俄フィギュアスケートファンとなり、無責任に「メダル! メダル!」と大騒ぎをする・・・・。

メディアもそうなんでしょうね。

人気種目のアスリート達をどれだけ追い込んでいるかを再認識する必要性を感じたのは私だけではなかったんじゃないでしょうか。

これ以上できないほどの努力をなさってきた方に、もうこれ以上「頑張れ!」のエールは必要ないのかも・・・なんて考えちゃいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨夜のニュースで、長年スケート選手を写真に収め続ける洞察力鋭い外国人カメラマンへのインタビューが印象的でした。
「浅田真央選手をどう思うか?」の質問に対して、「シリアスでナーバスな選手。もっと楽しめば・・・」のように返答されてました。

今宵は「フリー」。浅田真央選手のオリンピック最終戦。

結果なんか気にせずに、容易なことではないでしょうけれど精神的にタフに笑顔で滑り終えることだけを願いたいですね。そしてどんな順位であっても労ってあげられる度量が求められるように思います。

彼女は弱冠23歳と伺ってます。必死に闘ってるだけでも立派じゃないですか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて本日。消費税アップを前にして敢行する医院内外のメインテナンス工事。(笑)
本日アップは外構編であります。

駐車場の拡幅工事。既にシンボルツリーの欅の根切りは済ませてあって、本日はブロックの撤去でした。

医院外構工事1

開業時より大事にしてきた植栽(サツキツツジ)ですが、それは既に移動済み。

医院外構工事2

僅かですけど、拡幅をしてみました。(笑)

医院外構工事3

夕方には綺麗にこんな感じでした。
モチロン、崩すだけではありませんよ。来月初旬には旧アスファルトも撤去。白線も綺麗に引き直します。

目下のところ、工事現場って感じですね。(笑)

植木屋さんにも御願いを・・・

ありがたいことに植木屋さんも来て下さって、先日の大雪後の落雪で傷めつけられた樹木の折れた枝等をチェックしていって下さいました。

私は、こういった当院のサポーターの皆さんに守っていただいてます。(感謝!)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月19日

リタイア後のシニア世代の生き方

私自身は家族を養う立場に居りますから リタイアとかシニアといった言葉にはまだまだ無縁な世代であります。それでも早けりゃ10年後、そして15年後には確実に意識せざるを得ない世代に入って行くことでしょう。
モチロン、終生 仕事をして行くことを否定はしませんし そうできることは理想的・・・と思わなくはありませんが、願わくば余生って言うのかシニアライフを充実した日々にして行きたいとは考えて居ます。

当たり前ですけど人生は二度ありはしません。

一度きりの人生を「やりたいことを満喫する」ようでありたいとは思うのですが、そのやりたいことを見出しにくい方が大半だというデータも目にした事があります。
気力がなければ第一歩を記すことも出来ませんでしょうし、それなりに行動できる健康状態とか経済的な裏付けがなければチャレンジしにくい現実もありましょうしね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日の朝刊に「人生充実 Reライフ EXTRA」なる別紙が入っていて、そこにシニア世代を生きる各界達人の「極意」が紹介されており、ナンだか良かったんですよ。

人生充実Reライフ

大好きな漫画家の弘兼憲史さんが写ってたからナンですけどね。(笑)
読んでみて引き込まれました。

氏曰く、「あなたの挑戦は必ず次の世代のお手本になる」んだそうです。
リタイア後の私の背中を見て、子供達が自分の将来をダブらせて「こんな風にはなりたくない」と思われないよう、逆に羨ましがられるぐらいの日々を送れるようでありたいモノです。その為の「頑張り」が今の年代(50代)に求められてるようにも思えなくはありません。

「オヤジも毎日楽しそうだなぁ」って思われるようでありたいモノです。

雪の朝1

雪の朝2

(※ 写真は8~9日の大雪の際の白水阿弥陀堂)

日々いろんな方と交流していたり仕事中に患者さんと接していても、リタイアして楽しそうな60~70代の方もいらっしゃれば、残念ながらそうは思えないような方もいらっしゃいます。
私自身のリタイア後には、前者の皆さんのような笑顔で過ごせるようでありたいです。

まだまだ先の話なんですが、意外にアッと言う間に来そうにも思います。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月18日

感動秘話ばかりで涙腺が緩む

斜めの見方をすれば、そんなメディアの策略にまんまと乗せられてるだけなのかもしれませんが、ここ数日のソチ五輪のメダリスト達のソチに至る今日までの足跡を辿る報道には涙を誘われますよね。

スキージャンプの団体、銅メダル獲得。

メンバーから漏れた不遇の清水選手、難病と闘う竹内選手、怪我で辛そうだった伊東選手、そして16年前の長野五輪では代表メンバー4人にすら選ばれなかった葛西選手。

感涙極まるのも無理もないでしょう。

我々の想像を絶するほどの努力をし、自分自身を追い込んできた彼等や彼女達は立派でありましたねぇ。
中でも葛西選手は「伝説(LEGEND)」と呼ばれるに相応しい人柄なんでしょうね。度重なる失意や苦境を越えての団体銅メダル。個人ラージヒルで銀メダルの時には涙を見せなかったのに、団体では同僚3選手の苦労を間近に見ていたことが思わぬ涙に繋がったんでしょう。

爽やかで、実に素敵な涙でありました。

残雪

今日の朝日新聞・天声人語も良かったなぁ。

『どの競技者も自分を極限まで追い込んでやまない。
長い鍛練の末の、宝石にも似た歓喜のお裾分けにあずかる、
テレビの前の私たちだ』

『メダリストは4年に一度の輝きを放ち、力を尽くした敗者もまた美しい。
鮮烈にして良質なドラマの数々はいよいよ終盤へと向かっていく。』

と。簡潔にして要点をしっかり押さえた筆致に見事と言う他ありません。

雛人形&吊し雛

(写真は、2日に中之作「清航館」にて撮影)

残念ながら ソチの開催場所エリアでは雨が降ったり人工降雪機のフル回転だとか。
春の陽射し(最高気温15度だとのこと)を考えると 「今年の冬なら東京の方がはるかに冬らしいか?」の揶揄は強ち笑い話ではありませんでしょう。

関東甲信越を襲った大雪。それを思うと俄に現実味を帯びてきますよね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月17日

週末の話題はこの三つでしょうか

新聞・・・当たり前のように毎朝 届けていただいてますけど、その御苦労たるや大変なんですねぇ。昨日の新聞遅配っていうか欠配は我が家だけではありませんでしたでしょう。
思えば何十年も購読していながらも「新聞システム」の仕組みが理解出来てるとは言い難く、改めてその大変さを知ってしまった気がしました・・・。

深夜の出来事が翌朝の朝刊には掲載される事は無く、おおよそ22時半ぐらいまでの出来事が反映されていることから輪転機で印刷されそこから各地に配送してるのであろう事を想像は出来てました。その後 明け方には各地の新聞販売店に届けられそこから宅配されてるんでしょうね。

物流というモノの5大機能は「輸送・保管・荷役・包装・流通加工」なんだそうですが、その筆頭でもある輸送が大雪による交通機関の大混雑の余波を受け大幅に遅れ、昨日は珍しく届くべきモノが届かないという事態となりました。
その欠配分も本日届けていただきゆっくり眺めましたが読み応え十分であった気がします。

その話題は「金・銀・大雪」の三つに尽きましょうか。(笑)

週末の話題

羽生選手の「金」、葛西選手の「銀」、そして混乱の原因でもあった「大雪」。
いわき市内でも山間部の方は大変だったようでお見舞い申し上げたくなるほどでした。

中通りでは、物流の根幹をなす新幹線・鉄道・高速道路が断たれ、その枝葉となる山脈横断道路も寸断され、輸送トラックは身動きが取れなかったようです。(泣)

少しは雪でも降れば雪不足に悩むスキー場にも朗報だろうに・・・なんて思う事もしばしばありましたが、あまりにも浅はかな考えでもあったんですね。

「雪」は「雨」以上に厄介なモノ・・・。

除雪しようにもその雪の置き場が無い話も漏れ聞きました。私も駐車場の雪掻き時に置き場に困り駐車スペースを2台分潰して置き場にしましたが、流通の大動脈がそのようでは大変だったことでしょう。
先週末の降雨でその駐車場の雪もだいぶ溶けましたが、それでも溶けきらない「雪の山」はそこかしこに残ってますから、豪雪災害に見舞われた各地でも暫くは日常を取り戻すことは難しいんでしょうね。

吊し雛

この写真は2月2日の撮影。
思えば この頃はその後の大雪なんて想像もしておりませんでした。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月16日

2月も下旬・・・暦の上ではもう春

記録的な大雪・・・集落の孤立とかクルマの立ち往生のニュースに接しましたね。
おそらく今この瞬間にも解決が図れていない、渋滞に巻き込まれて帰宅できてない方々も大勢らっしゃろうかと思います。
本当にお気の毒な話で、これはもう豪雨被害に匹敵するような豪雪被害・豪雪災害ではありませんか。

幸いにいわき市では昨日は暴風には晒されましたけど雪ではなく雨模様。
その御陰で前週の残雪が一気に溶けてくれたりもし助かりましたが、同じ福島県でも自衛隊の出動を要請した地区もあったり大渋滞に見舞われたり、関東圏でも見たことも無いような大雪被害に見舞われたりしたんですよね。(泣)

考えてみたら、とうとう本日は新聞が届きませんでした。
コンビニに出向いた方も食材が少なかったように仰ってたし、それだけ流通の大動脈が破綻してたことを意識もさせられました。

2月も下旬。暦の上ではもう春なんですから・・・

そろそろ春の便りが待ち遠しいですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、そんな今日は青空が見えてたのではないでしょうか。

実はずっと屋内に居たので定かでは無いのですが、低気圧の通過後って感じだったように思ってました。
屋内・・・いわき市の「芸術文化交流館アリオス」の中劇場に居りました。
縁あってドニー坂本さんの「第5回ワールドドニー ダンス&健康フェスティバル」の写真撮影班として参加させていただく僥倖を得ました。

まぁ~ビックリしました。

躍動する皆さんに圧倒されながらの一日でありました。

アリオス中劇場3

アリオス中劇場2

小さな小学生のお子さんからシニアの方々まで

スポットライトを浴びてのダンス。

初めて拝見したのですが 皆さん素敵でありました。と同時に写真撮影の楽しさを満喫させていただく事ができありがたかったですねぇ。
良き機会を与えて下さったドニー坂本さん御夫妻に感謝であります。
ただ、7時間ほど一眼レフに望遠レンズを付けて撮影してたので、最後の方は恥ずかしながら疲労で腕が震えました。何kgあるのか計ったこともありませんが、たぶん2.5kgぐらいでしょうか。

支える左手が辛かったような・・・(泣)

首からはもう一台のサブ機をぶら下げてましたからしんどかったです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月15日

刹那の差で金・銀が決まる世界

確か仏教用語だったかと記憶してますが、ごくごく短い時間の事を「刹那(せつな)」と表現したかと思いますが、今宵の男子スピードスケート1500mのメダル争いを見ていてその単語が頭に浮かんできました。

選手の名前もタイムも覚えることが出来ませんでしたけど、ポーランドの選手の記録を追うオランダの最終走者の選手が100分の1秒レベルでは同タイムで、微妙な判定は1000分の1秒レベルの判定に委ねられました。

金・銀を分けたのは僅か1000分の3秒の差。

その昔、光の速度は秒速30万kmと習いました。すなわち1秒間に地球(一周4万km)を7回転半もする事が出来るのに1000分の3秒となれば僅かに900kmしか進めません。
いわき市からだと九州ぐらいまででしたか、1500mも必死で滑って最後はそんな僅かの差で勝負が決する・・・。なんともはや凄まじく非情な世界と感じました。
以前のように100分の1秒計測の時代だったら同タイムの金メダル2個だったんでしょうにねぇ。

7I2A3099_R

この写真に写し撮ったクロス模様の太陽。

こんな風に太陽を表現するには一眼レフ・カメラの「絞り」ってヤツを狭めます。そう、光が入ってくる穴を意図的に小さくするのです。その入って来る光量が少ない分、光が入ってくる時間は長く取らないとならないので、「シャッタースピード」ってヤツはゆっくりにして この場合は60分の1秒でシャッターを切っています。

カメラが「カシャ!」っていう時間の事です。(笑)

その瞬間の更に5分の1の刹那の差で勝負が決まりました。

残念ながら銀メダルに終わったオランダの選手・・・・必死の形相、歯を剥き出しにして全力を出し切って滑っていたのですが、もしかすると風を孕まないように口を閉じて滑っていたらそのぐらいの差を覆せたのではないかと思っちゃいました。(泣)

7I2A3087_R

各地で大雪の被害が報じられた今日、いわき市では強風には悩まされはしましたが雪は降りませんで助かりました。上の写真は先週の大雪の時のモノであります。

7I2A3048_R

心なしか、鴨も寒そうに見えたんですよ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月14日

期待を自らの力に変えていく・・・

世界ナンバーワンの呼び声がどれほど高くとも、緊張で足が震えたそうですね。
そりゃ無理もありませんでしょう。注目度の高いフィギュアスケート種目で完璧な結果を出すなんて・・・・羽生結弦さん19歳、彼はいったいどうやって逃げ出したくなるほどの緊張感とかを克服なさってるんでしょうかねぇ。
凡人には想像も出来ないほどの期待という名の視線や重圧に晒され、それでいてキチンと結果を出す・・・。

しかも初の100点越えにも「日本人として結果を誇りたい」との優等生の返答。
国を背負って戦う彼にとっては、多くの同胞の期待を「自らの力」に変えて行けるようなそんな特異な能力が備わってるんではないかと思えるような本日未明の演技結果でありました。

そして明日朝にはフリーで勝負が決するんでしょうけれど、ナンだか彼ならクリアできそうな力強さを感じますよね。

期待しつつ朝を迎えることに致しましょう。

また、ラージヒルの葛西選手。
新聞記事で読んだに過ぎませんが、彼もスケートの高橋大輔選手も我々の想像を絶するようなモノを背負って晴れの舞台に臨んでいることを知りました。
俄ファンで大変に申し訳ないのですが、彼等の想いや切なる願いが通じることを祈りたいですね。もっとも諸外国の選手達も皆が多くのモノを抱えて闘ってるワケですから容易ではないとは思いますが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、幸いに「いわき市」は予想したほどの降雪には見舞われませんでした。
首都圏では信じ難いほどの光景が展開されてるようです。(泣)
明日朝には、こちらも暴風雪に晒される予想のようですが、防寒対策だの長靴だのスキー用手袋だのの除雪対策をしっかり装備して 心して出勤したいと思います。

うっかり自宅に帰って来ちゃいましたけど、大雪になる事を考えると医院二階に泊まっても良かったのかもしれないと今になって思って居るところであります。(汗)

何故か入場できなかった・・・(泣)

雪景色

写真は先日の日曜日。
明日の朝にもこんな感じが再現されるんでしょうか。

風が次第に強まって来た感があります。

今宵はおとなしく早めの就寝を心掛けるとしましょうか。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月13日

この経験は得難く貴重なモノかと

俄には信じ難いし信じたくはないのですが、どうも天気予報では今週末も関東圏にまで降雪の可能性が取り沙汰されているようです。
SNSの書き込みとかを拝見すると、その再度の大雪の備えとしてどうも雪掻きツール(雪掻きやスコップ等)の売れ行き好調らしく、なかなか入手も出来なくなってるようですねぇ。

ニュースでも「長靴」の売れ行きが好調だとか。

無理も無いですよね。あれだけ降ったら長靴に勝るモノは有りませんでしょう。
その長靴にも底にスパイクピンまで付いてるのがあるんだそうですね。
舗道の凍結時にも間違いの無い威力を発揮してくれる事でしょう。
そう言えば、月曜日の朝、ガッチガチに道路も舗道も凍結していた時に、ヒールを履いた女性を見かけましたが、大いなる違和感を覚えました。長靴でも歩きにくかったのに転倒などなさらずに通勤できたんだろうかと案じちゃいました。

さて、今回の大雪。

誰よりも喜んだのは子供達だったに違いありません。

大人だって経験が無いほどの大雪、ちょっとワクワクしたんですから子供達は尚更でしょう。我が家も同様で4年生の息子がこんな雪だるまを作ったんですよ。(笑)

我が家の雪だるま

転倒や車両・車庫等の損壊に見舞われた方には申し訳ないですけど、いわきでは常なる冬には なかなか見ることの出来ない真っ白な雪だるま。

少量の降雪では泥だらけが常でしたからねぇ。

雪は見ただけではその冷たさが解りません。掬ってみなければ重さも硬さも解りはしません。丸めて そして重ねてみて意味が理解出来ましょう。その意味でも多くの子供達、そして大人達にとってもなかなか得難い経験だったのかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな10歳の息子とここしばらく嵌まってるのがオセロ。

父親が・・・「黒」であります(泣)

因みに父親の私が「黒」でして、手加減せずに本気出してるのですが・・・・

恥ずかしながら 3連敗中であります。(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月12日

若きチャレンジャー達に拍手!

チョイと時差の問題があってLIVEでソチ・オリンピックを見ることが出来ません。
それでも活躍なさってる選手達、ちょっと残念な結果に終わってしまったアスリート達の「緊張と躍動」はこちらにまで伝わって来ますね。

20代・30代の選手達。モーグルの上村選手のように望んだメダルを得られなかった悔しさもありましょうけれど・・・

世界で4位ですもん、立派なモノですよね。

そして我が子より年下のティーンエイジの少年少女達。
男子ハーフパイプなんて、3回転だのコークスクリューだのと言いますが、私だったらスノーボードで立ってることすらままならないような状況でしょうに、しかも弱冠15歳だの18歳で立派でしたよね。
はにかむ彼等の笑顔はこれからの益々の飛躍に繋がるるモノを感じました。

ジャンプの高梨沙羅さんだって頑張りましたよね。

メダルを逃した瞬間にも勝った選手を称える仕草、これまた私だったら出来ない表現だったように思います。
怪我から復帰したばかりのアメリカのサラ・ヘンドリクソン選手が高梨選手を評して、「4位でも彼女が偉大な選手であることに違いはない」との談話。(涙)

ナンだか俄ウィンタースポーツ・ファンとしては、結果云々よりも報じられる人間心理・人間模様にばかりに目が行ってしまい、集い競い合うすべての選手達に拍手を送りたくなってる・・・そんな心境であります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今日ぐらいから いわき市民もやっと平素日常を取り戻すことが出来たんではないでしょうか。当院でも植栽の枝折れやフェンスの破損はありましたけど、それ以外は普通に戻りましたよ。それらの修繕は周辺の雪が溶けないことには如何ともしがたいんですけどね。(笑)

下の写真の光景も、今シーズンだけで無く来季以降ももう2度と見られないかもしれないのは残念ですが、取り敢えずはフットワーク軽く訪れてみて良かったように感じては居ます。

陽射しはありがたい!(笑)

結氷・白水阿弥陀堂

いわき地方を襲った大雪・・・98年ぶりとか伺いましたが、それでも雪を被った樹木はおそらくはこの日の午前中のウチには薄白く見えるぐらいに戻っていたはずです。

早朝のこの時間ならではの光景にしばしウットリでありました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月11日

落雪の威力&破壊力、恐るべし!

日曜日の雪掻き、そして昨日の屋根からの落雪除去。
筋肉痛に苛まれてるのは私だけではありませんでしょう。SNSなどを見ると大勢の方がダメージを被ったことが散見され、ナンとな~くの安心感も抱きました。

本来ならそれで終わりと思っていた今日、明日以降のために医院の残雪を僅かにでも少なくしようと考えて医院に出向いてみたところ・・・・

困った落雪1

ちゃんと除雪したはずなのに・・・・また元通り。(泣)

困った落雪2

見上げてみたら屋根からせせり出てる雪の塊が・・・(泣)

それでも気温の上がらない状況ではすぐにはこの塊も落ちては来ないだろうと高を括っていたら・・・当院東側の隣家との境界付近。私の到着時には下の写真のように通路が確保できていたのにも関わらず・・・

困った落雪3

院長室で事務仕事をしていたらモノ凄い音がし、恐る恐る外を覗いてみたら・・・

困った落雪4

落雪の威力で境界のフェンスまで壊されてました。(泣)

幸いに、隣家のお車を傷つけもしなかったし、お詫びした隣家の御夫婦も「先生、お互い様よぉ~」って仰って下さり事無きは得たのですが、

もしも真下に人が居たりしたら・・・

怪我などしても可笑しくないほどの威力だったように思います。
今回の降雪&落雪の重みで医院外周の常緑樹は大きな被害を被りました。それは勿論のことマイナスではあるのですが、それでも本日が休みだったことで落石の人的被害も無く救われた気がしました。

ナニ事も「モノは考え様」でプラスに解釈します。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

白水阿弥陀堂の写真もアップ致します。

水墨画の世界!

足跡(笑)

足跡は・・・・私のモノだけでありました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月10日

見た途端、泣きたくなりました(笑)

本日のいわき市、路面凍結で大混乱&大渋滞の朝だったようです。
無理もありませんね。そもそも雪国にお住まいの皆さんと違って我々は「大雪」とか「凍結」に慣れてないんですよね。クルマ同士の「接触事故」とか舗道も凍ってましたから「転倒事故」なんてのもあちこちであったんじゃないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、話を昨日に戻します。
医院に出向いた時のファーストショットがこれでした。

雪掻き前

当院の駐車場・・・・・綺麗なんですけどね。(汗)

20cmあまりの積雪、正直どうしようかと思いました。(泣)
放っておけばいずれ溶けることは解っているのに、まさかこのままにも出来なかろうと雪掻きを頑張っちゃいました。
その昔、大沢誉志幸さんがカップヌードルのCMで「そして僕は途方に暮れる」って歌ってらっしゃったけど まさにそんな心境でした。

それでも何でも経験はしてみるモノです。雪国の皆さんの御苦労を改めて垣間見、同時に購入したりはしませんが除雪機の必要性がやっと解りました。

頑張った結果がこれであります。

雪掻き後

散髪で言えば「トラ刈り」状態ではありますが、山のように積み上げる気力は・・・・湧いて来ませんでした。(泣)
しかも、頑張って駐車場だけでなく写真に写らない北側とかの通路も除雪したのですが、今朝到着してみたら大量の雪の塊が・・・・・(泣)

初め意味が解らず、「何故だ、どうしてだ!」状態だったのですが、屋根からの落下だったようです。これまた慣れてないからしばし考えてしまいました。
モノは考え様で、良い経験ではありましたけど暫くは御辞退申し上げたい気分でした。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

綺麗な写真も一枚。(笑)

白水阿弥陀堂です。順光の光も好きなんですが逆光も恰も水墨画のような雰囲気になってくれるので私は好きです。

逆光写真が好き

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月 9日

「降った」なんてモンじゃなかった

私の記憶に間違いが無ければ、物心ついてからは一番の降雪量ではなかったかと思います。学生時代に仙台で経験したり、時折出向くスキー場で経験したレベルの降雪量だった気がします。

本来なら今日は「いわきサンシャインマラソン」の当日。

残念ながら「中止決定」となってはしまいましたが、間違いなくそれで正解だったように思います。絶対に走れる状況ではありませんでした。(泣)

昨夜は雷混じりの降雪。

私は深夜二時頃まで起きていたのですが、その時点でも外を見てみると「吹雪」のイメージでありました。それが何故だか6時半頃には目が覚めまして・・・・

せっかくですから「白水阿弥陀堂」の雪景色を・・・なんて閃いてしまったって訳でありました。(笑)
朝のウチは、道路事情も宜しくはなかったのですが、平日だったら仕事で行く事が出来ないし、地球温暖化が叫ばれて久しい中、もしかするとこれだけの大雪は生涯無いかもしれないとも考えてのチャレンジでした。

大変ではありましたけど、行って良かったです。

がっちりとスキーウェアを着込んでの撮影。早朝7時頃の到着。
そりゃぁ寒かったですけど、そこから二時間あまり何枚もシャッターを切ることができ楽しかったです。

白水阿弥陀堂の雪景色1

白水阿弥陀堂の雪景色2

9時半頃には帰宅。しばし息子と雪遊びなどして陽射しも暖かく感じられてきましたから「そろそろ解けたかなぁ~」などと医院へ雪掻きへ。

・・・・トンでもない話でした。(泣)

その後、昼食も摂らずに3時間半あまり雪掻きをやりましたけど それでもクリアは出来ず。
スタッフや患者さんには迷惑を掛けてはしまうのですが、「もういいんじゃないか?」の悪魔のささやきに途中で屈してしまいました。(泣)

それでも間違いなく日曜日で助かりました。

平日だったら絶対に雪掻き出来ない降雪量でありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、疲労困憊。写真は後日またアップ致します。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月 8日

今夜は暴風雪波浪を経験中です

東京では45年ぶりに27センチを記録したとか。

私のイメージでは雪は「しんしん」と降り積もるモノのように思ってましたけど、今日の雪は違いますねぇ。暴風雪波浪って単語が連想できそうな程に外は荒れてます。先程までは雷も凄まじかったです。
いわき市では明日 サンシャインマラソンが予定されてますが、ここまで酷いと想定外の事故も懸念されましょう。残念ながら中止になってしまうんではないでしょうか。

そもそも各地から「いわき入り」して参加なさろうとしてた皆さんも、交通事情(鉄道&バス)が悪く辿り着くことすらままならなかったんじゃないでしょうか。(泣)
よりによってタイミングが悪すぎますが、相手が自然ですから憤りのぶつけようがありませんね。

昨夜は仲間内の飲み会があり、私は当院二階にそのまま宿泊。
目が覚めてビックリ、天気予報は見ては居りましたけど、ホントに銀世界に変わっておりました。朝と昼には雪掻きに必死で写真を撮ってるどころではなかったのですが、凍ってしまうと後々厄介なので診療終了後にも雪掻きをした頃にはちょっと余裕が・・・・

こんな感じでしたね。

記録的な大雪2

記録的な大雪1

経験上、いつもそうなのですが こんなにも足元が悪くても、ありがたいことに患者さんは来て下さるんですよ。
人員に余裕が無いので出来はしませんでしたけど、せめて医院外周だけでも30分おきにでも雪を除けておくべきだったかな・・・なんて反省もしました。
ただ、その場合には女性スタッフにやって貰うことになっちゃうので、それはそれで気の毒にもなりますし、私がやる訳にもいきませんし・・・・ん~ん、どうしたモノかと。

幸いに明日は日曜日の休診。

気温さえ上がってくれればそこそこ融けてくれますけど、日陰だけはそうはいかないでしょうねぇ。
先週は随分と穏やかな気候だったんですけどねぇ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月 6日

「根深い」という形容がピッタリ!

開業以来20年、住宅地故に駐車場スペースの狭さは当院のネックでもありました。思えば開業時には住居併用だったこともあり建物の周囲に植栽をあしらったり開業前から夢みていたシンボルツリー(欅)を据えたりと駐車スペースを減らしてしまうような要求も随分と高かったんですよね。

それでも流石にスタッフ数が増え、良くして下さる御近所の皆さんに路上駐車等で御迷惑をお掛けしないようにするためには駐車場スペースの拡大・拡張が求められ、本日より来月に掛けて外構を改変する工事を進める運びとなりました。
本日が初日でして・・・

まずは植栽(サツキツツジ)を撤去する事からスタート。

いつも御世話になってる植木屋さんに入っていただいたのですが、いやぁ~大変な作業となりました。
低木のサツキツツジですら20年間の根の張り様はビックリする程。
加えて樹高10メートルほどの欅の根と来たら・・・・直径10~15センチ程の太い根が地中深くまで張っていて駐車場拡張の邪魔をする程でありました。

その凄い根っこを植木屋さんがチェーンソーでカット。

作業の邪魔は出来ませんから写真は撮りませんでした(撮りたかったけど)が、明日の朝にでも記録に残そうかと思う程でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、本日も終日 凍えるような寒さでしたね。
昨夜見たインターネットの週間天気予報。これはホントだろうかと思っちゃいましたよ。

本当だろうか・・・(泣)

最低気温が氷点下5度以下って・・・・イメージでは盛岡市並の寒さが予想されてるようです。(泣)

つい4日前には「春のような陽気」って言うと大袈裟ですけど穏やかな感じだったんですけどねぇ。そこで見た「お雛様&吊し雛」は春の象徴のように思えたモノでした。

ヘンな角度からの撮影

紅い毛氈は、どうしてか暗がりが似合いますよね。(笑)

吊し雛

アングルが難しかったです。(泣)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

植栽を撤去し、その分広くして枠組みとなるブロック基礎を設定、その後は一気に舗装工事を予定して居ます。その間、御不便をお掛けすることもあろうかとは思いますが、結果的に良くなるように改変して参ります。

・・・消費税アップ前を狙ってみました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月 5日

「ソチ」は亜熱帯性気候なんだとか

今日は寒い一日でした。日中もなかなか気温が上がらず・・・それでも当院は日当たり良好なのでエアコンの力も借りて25度前後は維持できますが、北側の窓だけだったりしたら温度維持も難しい程ではなかったでしょうか。
どうやら日中の外気温も0度もしくは氷点下だったとか。
帰宅時の車の温度計もマイナス3度を示してましたから そんな感じだったんでしょう。

まもなく開幕するソチ・オリンピック。

ソチがロシアなのは存じておりましたが、このソチって黒海沿いに位置し亜熱帯性気候なんだそうですね。それ故に2月の最高気温の平均は10度ぐらいだとか。

これって・・・いわきより暖かくありません?

モチロン、都市部と山岳部では標高差があり降雪量は大丈夫なんでしょうけれど、どれだけ人工降雪機をフル稼働って言ったって・・・限度がありますもんね。
クロスカントリーの選手なんかは汗だくで調子が狂っちゃうんじゃなかろうかと案じてしまいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、先日の2日に訪れた中之作の清航館。
吊し雛以外にも それはそれは豪華な雛人形の競演でもあったんですよ。

お雛様1

二階へ通じる階段・・・昔の階段は狭く急なモノでありました。そこを上手く利用なさって・・・

階段のお雛様

豪華なモノも素敵ではありますが、二階建ての家であればこんなひと工夫(毛氈を敷くだけ)で手軽に楽しめるモノなのかもしれませんね。

アイデアの勝利じゃないでしょうか。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本来なら雛祭りは3月。オリンピックは開催期間が16日間とか・・・だったでしょうか。
本来の雛人形が活躍する頃には、次なるパラリンピックで超人的な技に驚かされてる頃でしょうか。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月 4日

凍えるような一日、初雪が降る

今日は「立春」だったんですね。暦の上では「春」とは言うモノの、昨日のような日和なら納得も行きますが今日のような凍える一日ではイメージが湧きませんでしたね。

そんな今日、今シーズン初めての降雪の便りが「いわき」に舞い降りたんですよ。

もっとも写真に写るこの程度でしたけど。(笑)

幸い帰宅に困るとか足元が・・・なんて事はなかったので良かったんですけどね。

初雪

いわゆる北国にお住まいの方には笑われそうですが、この程度で済んでくれたので明朝の雪掻きは免れそうです。ただ、明日も凍える一日だそうで、早朝の路面凍結の心配はありますが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今宵の報道でも東京都知事選の各候補者が「東京オリンピック」開催に対しての基本姿勢を語っておられました。緊縮もあれば大盤振る舞いもあり、それすなわち諸外国からの観光客の皆さんの16日間に渡る「競技観戦」時の東京のイメージが決する事になるんでしょうね。

異国の皆さんから、日本という国はどう映るのか。

年末に宮島を訪れた際にも、外国人の方は大勢らっしゃいました。
この宮島や広島の地が彼等にどういった感慨をもたらすのか・・・語学が堪能であれば伺ってみたいところなんですが。(汗)

次なる写真は豊臣秀吉公縁(ゆかり)の「千畳閣」。

そう、天井とか壁が未完成だった建造物であります。

千畳閣4

こういった御家族が多くいらっしゃったんですよ。

千畳閣6

この少年達に、この地が、日本の歴史がどのように映ったのかは解りませんが、それでなくとも珍しい日本の光景に加え、ここは400年以上も前のスタイルですから想像も出来ないかもしれませんね。

千畳閣5

明日は、浜通りはそこまでではないようですが中通り&会津地方は 天気予報では終日氷点下の気温が予想されてるようです。

真冬日・・・って言うんですよね。

各地で事故の無い一日であって欲しいと願います。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月 3日

恵方巻・・・実は方角も知らず(笑)

何年前の事だったでしょう、節分のこの時期に 小中学校の同級生でコンビニにお勤めされてた女性が治療に来てくれた時に「直樹クン、これね」って渡して下さったモノがありました。
パッと見、「おにぎり」ではなく「のり巻き」で、「あぁ、ありがとう」とは言ったモノの

意味がまったく解っておりませんでした。(汗)

その後に「恵方巻」なるモノであることを知るに至ったのですが、今思えばコンビニから火が付いた商品ですから先駆けだったんでしょうね。

そもそもは大阪を中心に残る風習だとか。

平成10年にセブンイレブンが全国展開開始。その際にそれまで「巻き寿司」、「丸かぶり寿司」と称されていたモノを如何にも縁起が良さそうな「恵方巻」として販売。瞬く間に定着した感がありますよね。

7種の具材が入る「のり巻き」が定番でしょう。

昨今では、形状的に似てるロールケーキとか円柱状の食べ物も出回ってるとかで、便乗商法の商魂の逞しさも感じますよね。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、当院でも・・・・って便乗商法ではありませんが、小名浜「さすいち」さんに去年に引き続き御願いしてみましたよ。

「さすいち」さんの恵方巻き1

人間の記憶なんて曖昧なモノで・・・

サイズを覚えてなかったんですよね。(汗)

直径5センチ、長さ9センチなんて書かれていたモノだから「何だ! 小さいじゃん」と思ってしまってスタッフやスタッフの御家族にも「一人2本」なんて考えて30本以上も頼んではみたモノの・・・・

結構ボリューム満点。大笑いでした。(笑)

「さすいち」さんの恵方巻き2

具材はこんな感じ。美味しく頂戴しましたが、ナニが入ってたんでしょう?(笑)

本来、「縁を切る」に繋がるので包丁は入れないようですけど、でも写真的にはスパッと切った断面の方が宜しいかと考えトライ。こんな感じだったんですよ。

「さすいち」さんの恵方巻き3

今年の「恵方」がどの向きだったのかは存じませんが、本来は恵方に向かって無言で願い事を思い浮かべながら食べるのがベターだそうです。
「目を閉じて」だの「笑いながら」って説もあるようですけど、美味しく頂ければ十分であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月 2日

築二百年、古民家を彩る「吊し雛」

思えば震災前から開催されてたはずなのに、興味を感じてなかった・・・んでしょうねぇ。
いわきの中之作漁港を舞台に毎年2月に開催される「吊し雛祭り」。

昨日・今日・明日 と開催され、本日行って参りました。

一昨年、昨年、今年 と回を重ねる毎に大勢の市民の認知度が高まったからなんでしょうか、今年はビックリする程(駐車場整備のボランティアスタッフまで居た)の賑わいを見せてましたよ。

今年の舞台は、息子共々あれこれと御世話になってる「清航館」。
そこに、地元の方々の「吊し雛」が飾られ、それはそれは異空間のような見事さでありました。

中之作・吊し雛祭り(清航館)2

吊し雛だけではないんですよ。
何段飾りかは存じませんが、写真のようないわゆるイメージ通りの雛飾りも鎮座してまして、軒下の吊し雛に加え、圧倒的な存在感を醸し出してました。

中之作・吊し雛祭り(清航館)1

私に詳しいことは解りはしないのですが、ひとつひとつに気持ちが籠もってるんでしょうね。
多くの老若男女を魅了して止まないモノにはそれなりの意味がある事でしょう。

開催は明日までと伺っています。

本日 設営されていた露店って言うか販売関連のブースは明日は平日故に無いようですが、お時間のある方は築二百年の古民家を彩る「吊し雛」を御覧になっては如何でしょうか。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2014年2月 1日

「積み重ねて来た日々を信じて」

気が付けば今日から2月です。一年の12分の1が終了したってんだから時の流れは速いモノです。
さて、月末の昨夜のことでしたが、先日の「プチ交流会」で御一緒した男女数名とシェフが同級生でもある「シェ栗崎」にて楽しい時間を過ごして参りました。
金曜日の夜ということで運転代行さんがお忙しかったのと、些か調子に乗り過ぎて帰ったのは午前様。
シェフ御夫妻にも途中から参加して貰って実りある情報交換会となりました。(笑)

皆さん いわき市内で御活躍中の方ばかりで良い意味での刺激をいただいては来たのは良かったのですが、さすがに帰宅後に余力なく、パソコンに向かう気力は湧いて参りませんでした。(笑)

シェ栗崎で情報交換会
さて、本日のタイトル「積み重ねてきた日々を信じて」。

今晩9時からのNHKスペシャル

金メダルへの挑戦「小さな大ジャンパー 高梨沙羅17歳」

でのひと言でありました。弱冠17歳・・・あどけなさが残る年代でしょうに、彼女が語った言葉は人格者に相応しいような台詞だったんですよ。
今回のソチ・オリンピックから正式種目になる「スキージャンプ女子」。
今回は初代女王の座をかけて二人のサラ(高梨沙羅選手とアメリカのサラ・ヘンドリクソン選手)の熱い戦いに期待が高まりますね。

アメリカのサラ選手は、11月だかに靱帯損傷、それでも彼女自身の問題なだけでなく かつて注目を浴びることが無かった時代の先輩選手への畏敬の念、正式種目に認められるところまで尽力なさった周辺の関係者の皆さんへの感謝の念を口にしていて、かつリハビリに集中しオリンピックに間に合わせようという不屈の精神力には脱帽でした。
そりゃぁ同胞の日本人に金メダル・・・なんて思わなくはありませんが、アメリカのサラ選手にも頑張って欲しいと思っちゃいましたよ。

高梨沙羅選手も同様。我が子よりも数歳下であるのにも関わらず、応援してくれ携わって下さった方への配慮が語られ感心してしまいました。

「オリンピックは自分だけの夢じゃない」

多くの方々の熱い想いを乗せて勝負する二人のサラに注目していきたいです。

千畳閣1

千畳閣2

写真は年末に訪れた宮島の豊国神社・千畳閣。

壁も天井も無い広ぉ~い入母屋造りで、ヤケに歴史の重みを感じられた空間でした。ここにも16世紀末からの「積み重ねて来た日々」を感じずには居られませんでしたよ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1