« 2018年10月
2014年1月10日

「新しいことをひとつ、始めよう」

たぶん、モバイル端末が進化し続け どんな時代になったとしても「新聞」の意義・意味合いは廃れないように思うのですが如何でしょうか。
我が家の新聞は朝日新聞。その子供版として「朝日・小学生新聞」なるモノがあり、我が子に新聞に慣れ親しんで貰おうと購読しています。

私自身が子供の頃は、テレビ欄は見たとしても普通の記事なんかはロクに読みもしませんでしたし、だもの おそらくは我が子もそんな感じかもしれません。マンガで書かれた部分しか見てなかったとしても それでも身近に新聞のある生活はプラスになろうかと確信してるのです。

そんな小学生新聞。

結構 大人でも役に立つ文章が掲載されてるんですよ。

昨日のトップは御存知 聖路加国際病院名誉院長でもある日野原重明先生(102歳・1911年生まれ)の「いのちの授業」。

ナニが氏を駆り立てているのかは解りませんが、数年先まで講演依頼が殺到しているという超多忙さに頭が下がります。その氏が小学生に宛てたメッセージ。私には強く印象に残りましたよ。

「新しいことをひとつ、始めよう」

仰る通りですよね。夢や希望を自ら作り出し、生きる張り合いをそこに見出す生活の日々。より良く生きるための氏の提案は小学生相手のメッセージでありながら、日本中に暮らす実に多くの後輩連中へと向けたメッセージではないかと思えた次第です。

「目に見えないものの中に尊いものがあり得る」

そうも書かれておりました。学ぶべき点を多々感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、瀬戸内の海に朝がやって参りました。(笑)

瀬戸内に朝がやってくる2

穏やかな海に光り差し込む瞬間でした。

瀬戸内に朝がやってくる1

瀬戸内は造船が盛んなんですね。

無理もありませんでしょう。波静か、穏やかな海は造船に打って付けでありましょう。

瀬戸内に朝がやってくる3

ヨットハーバー。
仮に曇天であっても雨天であっても一日のスタートは一日のスタートですけど、晴れやかなる朝はもうそれだけで得した気分になるから不思議でもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私自身、幼少の頃から勉強だと思って新聞に目を通す生活を続けていれば今頃は・・・・・世事のあらゆる事に精通できていたのではないかと反省しきりです。
子供にはそのチャンスを与えはしますが、活かす活かさないは本人次第ではあります。(笑)

102歳の方のメッセージが我々だけでなく、これからの世代に浸透していくことを願って止みませんです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.sakai-dent.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/6194

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク酒井歯科医院 医院サイト
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩

Google +1