« 2018年4月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2012年8月31日

「娘がいつも御世話になってます」

8月も今日で終わりの31日に、当院二階に嬉しいお客様をお迎えすることが出来ました。

それにしても人と人の出会いっていうのは摩訶不思議なモノで、全国の各地(熊本、広島、東京、etc・・・)から大学進学した大勢の学生さん達の中で、偶然にも娘と同じ学部・学科を選び、ひょんな事から言葉を交わし親しくなるなんて、考えようによっては奇跡のような確率に思えなくもありません。
その出会いの第一歩から歩調を合わせ、まったく生活圏が違っていた者同士が理解し合い、そして仲良くなる・・・。

・・・・で、迎えた娘達の夏休み終盤。

いわき市においては、震災後の「フラガール」の皆さんの活躍や高校生達の「フラガール甲子園」といったイベントにも触発されたんでしょう。その発祥元でもある「スパリゾート・ハワイアンズ」は結構有名だったりするんでしょうね。

娘が出会った学友達が、ありがたきことに遊びに来てくれました。(笑)

ただ、学生さんですから宿泊してお金を落とす・・・いわゆる地元に還元してくれる観光客という訳にもいかず、家内による送迎付きの「酒井歯科医院・御一泊ツアー」と相成ったようであります。(笑)
医院の診療終了時刻を見計らって泊まりに来てくれましたよ。

そこで・・・です。

こんな時には父親としてナンと言って良いのか迷うじゃありませんか。(笑)
で、表題の「皆さん、娘がいつも御世話になっております(笑)」というありきたりの御挨拶となってしまったってワケです。(恥)

想い出が溢れる空間

さすがに初対面の娘のお友達にレンズを向けてしまうほど無粋ではありませんから、写真は今朝の光景です。
昨日、自宅でだったら滅多にやることもないような「布団干し・風呂掃除・トイレ掃除・掃除機掛け」までして準備に余念はありませんでした。(笑)

思えばこの空間は、32歳で私が医院を開業した際に、サラリーマン家庭に育った私が分不相応な借り入れをして得た空間でした。
手前のテーブルは所帯を持った時の懐かしいモノ、奥は医院発足当初のスタッフ用のテーブルです。思い入れがあってなかなか捨てることは出来ませんし、この空間そのものが当時必死に頑張った自分の証でもあり、感慨深いです。

やっと歩けるようになったぐらいだった娘が、遠方から友人連れで「合宿」に来るっていうんですから、歳月の重みも感じざるを得ません。
来年になれば今度は息子がまた友人達を連れて合宿しに来ることでしょう。(笑)
子供達にとっては幼過ぎて住んで居た記憶すら曖昧かもしれませんが、この空間を長じた彼等が利用してくれるのは親としては無上の喜びでもあります。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ、明日の夜は、入れ替わるように「いわき自転車探検部」のメンバーがここで反省会という名の合宿を行います。前夜とのあまりのギャップの大きさに・・・

実は胸中複雑であります。(笑)

探検部の連中は・・・・

きっと汗臭いんだろうなぁ~(泣 → 笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月30日

プロの視点・着眼点を盗んでみる

今日もまた暑い一日となりました。(泣)
残暑お見舞い申し上げます。辛く寝苦しい夜を迎えておりますね。
医院休診日の今日、休みの日はナニをしているのかと言うと・・・

毎週遊んでばかりではありません。(笑)

事務処理、残務整理等、歯科医にやることは山積しているのです。
「籠もる」ほどの大袈裟なことではありませんが、ほぼ終日 医院で過ごしてしまいました。冷房ありネット環境ありですから意外と快適だったりもするのですが・・・。(笑)
そういった中で取り組むのは・・・・

パソコン・データの整理整頓。

昨夜、パソコントラブルに見舞われ就寝時刻が3時という辛い夜を経験したせいもあって、プライベートなPCのデータ整理も力が入ってしまいます。特に、昨今 写真撮影機会が増えていたこともあり、膨大な量になってしまっていた写真・・・・。

そこを重点的に整理。(笑)

で、先日、貝泊写真倶楽部の仲間のgamasanの活躍の模様をアップしましたが、その折にアクアマリンパークの周辺で撮ってみた写真を纏めてみました。
ちょうど貝泊写真倶楽部のリーダーでもあるプロのカメラマン、二階堂氏のテクニックを盗みながら、単なる風景や人物のスナップに止まらず、いろんな光景を様々な視点で捉えてみたんですよ。

視点・着眼点1

まずは敬意を表して横顔を・・・・(笑)

このレンズの向こうにはあるカップルが・・・

視点・着眼点3

このカップル。ちょうどイチゴとブルーハワイのかき氷を美味しそうに・・・

視点・着眼点2

私自身、謙遜とかではなく、いったいナニをどう撮れば良いのか・・・解ってないところも多いのです。それ故にまずは周囲を見渡し、二階堂氏のレンズの向きを真似るようになぞっていきます。(笑)

IMG_0790

きらきら光っていた楽器越しのオーディエンス。
もっと近付けて、広角で大勢を写せれば良かったようにも思います。

IMG_0804

ずっと ベッタリだったカップル・・・・・・
そこそこの年齢でした。決して若くはなかった。(笑)

IMG_1068

バンド演奏の目の前で やおら踊り出す年配者にすかさずレンズを向ける二階堂氏。

IMG_1005

夕日を直接撮るのも良いんでしょうけれど、間接的な表現もアリかなと・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、基本的に融通の利かないところがあるんでしょうか、どうもありきたりの写真が写真だと思っちゃってるところがありました。(泣)
それが、二階堂氏はじめ貝泊写真倶楽部の面々との交流を重ねることにより、オリジナルな視点・着眼点が養われ培われて来たように思えてなりません。

他者に良き刺激を受け、そして学ぶ。

若き友人にも多くのことを学びます。
私にもし良いところがあるとすれば、「最近の若いヤツらは・・・」などと下手なクダを巻かずに、どんどん交わって吸収していけるところではなかろうかと自己分析しています。
モチロン年長者からも多くを学び、自分自身を高める努力を怠りたくないのです。

まだまだ成長の途上にある51歳です。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月29日

盛んに IT化したは良いけれど

今夜は未だに帰れず、医院待機中であります。

たぶん、午前様になろうかとは思うのですが、院内の診療に用いるパソコン・ソフトのメインテナンスをして貰っている関係上、私だけ帰る訳にもいきません。(泣)

パソコンのソフトも困りモノで、一台で運営していた開業当初は良かったのですが、増えに増えて 自分でも冷静に数えないと台数の判断が付かないようになって来てからは いわゆるシステムトラブルも頻発するようになり、なおかつそれも年々重症化してるように思えてなりません。(泣)

シンプルな時代は良かったけど、複雑化すると困りモンなのかもしれませんよねぇ。

ネットワーク複雑化・・・これが当院のアキレス腱なのかもしれないと自覚しています。
私は何かををデフォルメしたり、デコレーションしたりするのがあまり好きではありません。クルマだって販売ディーラーのシールを貼るのすら苦手で、改造車なんてもってのほか・・・・何事もシンプルが好きな性格なんですが、ネットワークだけはどうもぐちゃぐちゃに近い感がありまして・・・(泣)

アクアマリンパーク周辺1

時代は移ろい、有線が無線に変わったり、ブラウン管も液晶に変わり、PCもiPadの様なタブレット型に変わりつつあります。
携帯がスマホに移行してるように、数年前のソフトやハードさえも陳腐化し、変更時期を迎えているんでしょう。
何処の医院にもあるんだろうかと思いますが、過渡期とでも言うべき時代を迎えつつある実感があります。

ここ暫くで、院内の「ネットワーク・シンプル化大作戦!」を実施し、ローカルエリアネットワーク(LAN)のすべてを吟味し取捨選択していかねば大変な事態に陥るのではないかという焦燥感に駆られます。

最終的には業者さん任せではなく自分でも理解してないと緊急時対応が出来ませんので関わるしかないのですが、パソコンが苦手な歯医者さん達はいったいどうなさってるんでしょうかねぇ?
そもそも苦手意識があれば十数台をコントロールしようとは思わないのかもしれませんが、好きだと どんどん導入したくなっちゃうしなぁ・・・・。

アクアマリンパーク周辺2

社会を見渡せば、かつての発展途上国の台頭やら極端なる円高のダメージで競争力を失ってしまった「SHARP」のような大会社が藻掻き足掻いてるようにすら思えます。
今からたかだか7~8年前にこの大企業に「?」マークが付くのでは・・・とは誰も予想しなかったんではないでしょうか。

その歳月は、「歯科」という小規模な事業体にも様々なる変化をもたらしましょう。
それをしっかり認識し、自己変革していかないとどんな業種・業態も淘汰されてしまうに違いありません。

ナンだか大変な世の中になっちゃったなぁ~(泣)

※ 残念ながらバイクもジェットスキーも私の所有物ではありませんです(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月28日

鬱々たる想いが伝わって来ます

私自身、まだまだ子供達は一人も社会人に達しておりませんし、小学生も居りますから「職を辞する」なんて考えたこともありません。
そりゃぁ~いつの日にかリタイアする日は来ましょうし、そうなったら「あれもしよう,これもしたい!」が目白押しなので楽しみに待ってますけど、その日はあくまでも自分の意思で決定することであって強制的に奪われるモノであってはならないし、そんなの我慢がなりません。

森川養蜂園のハチミツ1

本日、御縁があって写真のような「はちみつ」を頂戴致しました。
賞味期限には、製造者の方の自負があったんでしょう、自筆で本物と刻まれておりました。

・・・・賞味期限300年との記載。

私自身は残念ながらその「はちみつ」の真の価値に気付けなかったのですが、家内が気が付いてくれました。

双葉郡富岡町製造・・・と書かれています。間違いなく貴重なモノですね。ありがたいです。

森川養蜂園のハチミツ2

例えば農作物を作るのに欠かせない畑の土は、一朝一夕に出来るモノではありません。こういった養蜂を営んでいらした方も 数十年の歳月を掛けて最適な環境を作り出して来たのではあるまいかと思ったら、その方の鬱々たる想いが私にまで伝わって来ました。(泣)

人は自身の「夢」を他者の思惑で打ち砕かれることになれば怒りを持ちましょう。
そのやるせなさは、安全なるエリアに震災前とほぼ同様の生活をしてる我々には到底 理解できないレベルではあるまいか・・・そう思えてなりません。

報道では、「原発ゼロ」の可否を報じています。
日本国の産業の更なる発展のために電力供給は欠かせないモノであることは十分に理解できますし、闇雲に反対意見ばかりを投じる気も無いのですが、それでもやはり故郷を奪われ、自分の半生を賭けた生業を砕かれ、しかもゆっくりと「職」の仕舞い仕度さえできなかった第一次産業の方々の苦悩を汲み取った上で お偉い方々は大所高所から見て発言すべきではないか・・・なんて思っちゃいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

製造販売者名、「森川養蜂園」

森川長二さん・・・大学同級生のお父さんです。

これだけの「はちみつ」採取にどれだけの苦労をなさったことでしょう。
あれこれとお辛いでしょうに 私にまで実に良くして下さってありがたい限りです。(涙)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月27日

高校生活最後の夏が過ぎ行く・・・

何処の高校も一緒なんだろうか・・・・高校の文化祭って毎年開催ではなく二年に一度ですよね。少なくとも息子の通う高校は二年に一度で、今年はその開催年でありました。
と同時に、このイベントを期に彼等・彼女達の高校三年の暑い夏は終わりを告げ、二学期の始まりと共に受験モードが日に日に色濃くなっていくんでしょうね。

端から見ていて、受験っていうモノは ちょっと気の毒なようにも思えなくはないのですが、多くの方々が通る道ですから致し方ないでしょう。
本人は自分を客観的には見られないだろうけれど、文化祭準備に尽力し、束の間 来春のことなんかを忘れて完全燃焼できたようであれば・・・なんて思ってたところです。

その文化祭(高月祭)に行って参りました。

私の母校でもあるワケですから、久し振りの訪問であれこれ懐かしくも感じます。中でもこの水道の蛇口とネットに入った石鹸は、久し振りに見て懐かしかったですね。いい感じでした。(笑)

磐城高校の文化祭・高月祭1

文化祭って、やってる本人達は一生懸命でしょうけれど・・・・

見所満載・・・ってほどでもなく。(笑)

あちこち、暑い校舎を巡りましたけど、私の在学当時と違って冷房が入ってる事に驚いたり、カラフルな仮装に現代風を感じた程度でしたでしょうか。

磐城高校の文化祭・高月祭2

体育館のバスケットのリング。どの角度で撮れば良いのか解らなくって真下からコンデジで撮ってみました。(笑)

思えば当時は写真部なんかその存在すら考えたこともありませんでした。
今は充実してるんでしょうね。
素敵な試みを発見し、自分には無い感性に羨ましさを覚えたりしてました。

下の写真・・・壁に貼ってありました。

磐城高校の文化祭・高月祭3

地球、日本、ユーラシア大陸、オーストラリア、そして手と手・・・。
細かい写真で構成されてて、見ていて嬉しさを感じましたね。

左下から・・・こんな細かい写真の集合体でした。

磐城高校の文化祭・高月祭4

右側から・・・素敵ですよね。

磐城高校の文化祭・高月祭5

若き感性に学ぶべき点を感じて参りました。
その一点だけでも暑い中、足を運んで良かったと思いましたよ。

磐城高校の文化祭・高月祭6

中庭。記憶が定かでなかったりもするのですが、この光景は変わってないはずです。
それにしても暑い一日でした。間違いなく「かき氷」日和でありましたよ。(笑)

磐城高校の文化祭・高月祭7

間もなく迎える九月。
秋の日は釣瓶落としですから、瞬く間に初冬を迎えるのかもしれません。

無事に終了を迎えた高校生のビッグイベント・文化祭。
来年、受験を控えた少年少女達の気持ちをリセットし、リスタートさせるキッカケになれば大成功ではなかったかと思います。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月26日

彼はその昔、不良だったのかも?

何事に対しても全力で取り組むという 彼のその姿勢が大好きです。

貝泊写真倶楽部の仲間のgamasan。

写真を初めて間もない彼は、「本気で趣味を」のブログタイトル通りに全力で取り組まれるが故に、上達がモノ凄く早い方でもあるんですよ。と同時にこうなってくるとライフワークなんでしょう、中学時代から組まれていたバンド仲間とのライブがあると聞いて伺って参りましたよ。

「第9回 全国ベンチャーズ エレキ合戦」

小名浜は「いわき・ら・ら・ミュウ」での開催です。
たぶん、私より上の世代でらして、中学時代からとなれば「不良」のレッテルを貼られていたのではあるまいか・・・と想像したりいたします。(笑)

会場で見かけた少年のTシャツの文字。

全国ベンチャーズ・エレキ合戦1

夢は努力により叶う・・・「ユメ」と無理矢理白く抜いたのが良いですね。(笑)

バンド名「SHARP 5」はトリを務めてらっしゃいましたよ。

全国ベンチャーズ・エレキ合戦2

5人とも昔からの仲間だそうです。(アレッ、ドラムの方を入れると6人?)

全国ベンチャーズ・エレキ合戦3

最前列に陣取って、貝泊写真倶楽部のリーダー二階堂氏と撮影。

全国ベンチャーズ・エレキ合戦4

真剣そのもので、素敵な演奏でありましたよ。

全国ベンチャーズ・エレキ合戦5

因みに、下の写真の方も目隠し無しです。
偶然なのですが、私の親戚なのでノープロブレムでしょう。(笑)

全国ベンチャーズ・エレキ合戦6

向こうに見えるのはアクアマリンですね。

何事もそうかと思いますが、年齢に関係なく一生懸命に打ち込んでいる姿は感動的で素敵だと思うし、それを上手に写真に収めたいけどなかなか難しい・・・(泣)

でも、せっかくのこういった機会。

「エレキ合戦」は来年も開催されるそうです。不良中年の皆さんが今後もバンド活動を継続して行かれる限り、私は追いかけさせていただくことにいたしましょう。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨夜は深夜・午前様までの飲み会。本日午前中は息子の高校の文化祭。お昼はかつてのスタッフさんとランチ。夕方からはこの写真撮影と慌ただしく時を過ごしてはしまいましたが、帰り際に二階堂氏と見た夕景が綺麗だったので ナニやらそんな一日の締めくくりに相応しくも思え、充足感に満たされて帰って参りました。(笑)

全国ベンチャーズ・エレキ合戦7

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月25日

「出会いのかけら」を磨いてみる

ここ2~3年、人と人の繋がりってモノにありがたさを感じています。
特に昨今ではソーシャルネットワークというネット好きにはたまらないツールもあって、大勢の方と繋がることが容易になりました。
そんな繋がりから親しくなった皆さんと本日は勉強会(!?)。
ま、単なる「飲み会」とも称しますが、楽しい時間を過ごさせていただきました。(笑)

8月25日の隠れ家(笑)

改めて言うまでもなく、「人」という文字は支え合って成り立ってますよね。
そんな感覚を新たにした夕べでもありました。

ひとりひとりは社会において微力な存在でしかないかもしれませんが、そんな大河の一滴もやがて繋がりを持って大きなうねりとなるのかもしれないと感じて居ます。御参加いただいた皆さんに心より感謝いたします。

ケツメイシの「出会いのかけら」ではありませんが、この出会いを磨いていくことが出来そうでとても嬉しいです。
さぁ、明日もまた旧交を温めたり、新たな出会いを求めたり、忙しい一日になりそうですがワクワクしながら楽しんでみることにいたします。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月24日

死して脚光を浴びても遅過ぎる

中東のシリア・・・・と言ったところで、実際の場所を御存知の方はどれだけいらっしゃるでしょうか?
西を東地中海に面し、周辺にはイスラエル、ヨルダン、レバノンを配するイスラムの軍事国家でしょう。
私は、基本的に地理は苦手なのですが、かつて落合信彦氏や船戸与一氏の小説で随分と鍛えられましたから、この周辺には結構 強いんです。

同じ地球上でありながら、戦闘に縁を持つ事なく平和に暮らす我々も居れば、今この瞬間にも内戦状態下での銃撃戦が繰り広げられてるエリアがあるなんて・・・俄には信じにくいですよね。

その銃撃戦に巻き込まれ、命を奪われた山本美香さん。

外国人ジャーナリストの殺害命令が出てたとか出てないとか、真相解明にはいま暫くの時間を有することになるんでしょうね。
私はモチロン、彼女を存じ上げなかったけど、随分と女性の優しい視点で「紛争地で生きる女性や子供」を取り上げられてたんですねぇ。当たり前だけど、内戦状態にあってもそこには人々の暮らしがあったんでしょう。

果敢に挑んで彼女が残そうとした戦場の真実。

残念ながら自らの死去を機に脚光を浴び始めるってのがやるせないですよねぇ。(泣)

悲しいことに流れ弾が当たったといった偶発事故ではなく、背骨・脊椎の損傷が激しいことから背後からの一斉掃射が疑われるとのこと。武器を持たない民間人に対して 防弾チョッキを貫通するほどの凄まじい銃撃だったって事に御しがたい怒りを覚えます。

それでもただ・・・
不謹慎ですけど、彼女の訃報や最後の映像を持ち帰った男性(佐藤和孝氏)が 公私ともにパートナーだったって報道に触れ、彼女御本人の戦場での幸福を垣間見たようで ちょっとホッとしました。
射殺される直前までパートナーと行動を共にしていた事実に少しだけ安堵します。

サイクリング・・・ちょっとひと息(笑)

尖閣諸島・竹島問題と、隣国との領土問題にきな臭さが増す昨今、ナンだか国家・国力の衰退傾向ってこういった事態に繋がるという危機意識を国民全体が共有しないと、益々舐められてしまって「こてんぱん」にやられそうな危惧を抱きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とても素敵な女性であった山本美香さんが、死をもって我々に伝えたかったであろう真実。そこに想いを馳せて報道画像を冷静に受け入れていかないと、彼女が浮かばれないようで気の毒になっちゃいます。(泣)

改めて、中東で起こってる「現在」やアジアの諸外国とのパワーバランスを注視し、我々国民がしっかりと見極める姿勢を持ちたい・・・

そんな想いが深まる晩夏の候でしょうか。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月23日

夏井川沿いの爽やかな風になる

たぶん、この仲間達に出会わなければ生涯 こういったチャレンジはしなかったと思います。好奇心が旺盛で居た自分を褒めてあげたい(!?)ぐらいですが、思い切って「いわき自転車探検部」なる集団に参加させて貰って本当に良かったです。
ま、参加って言ったって・・・

「ま~ぜぇ~て!」って言っただけですけど。(笑)

本日、小野新町手前の夏井駅に集合。そこからいわき駅を目標にひたすら下り続ける探検サイクリングに参加して参りました。
従来の私だったら、「怪我でもしたら・・・」とか、「ナニもこの真夏に・・・」とか、「熱中症になったら・・・」とかそれこそ枚挙に暇がないほどの否定的理由を探して一歩を踏み出すことはしなかったに違いありません。
それが彼等と知り合ってからはワクワクって言うのか、楽しくてならないって言うんだから自分でも不思議です。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夏井駅までは、家内のクルマに自転車を積んで行きました。
便利な小道具がありまして、前輪の外せる自転車なら二台までは平気で積めます。
(パーツを増やせば、ミニバンなら3人&3台まで積載可能なよう!)

夏井川下りのサイクリング1

豊田部長と最年少の池田君は、それぞれ小名浜・泉から自力で登って来たっていうんだから素晴らしいでしょ?

それだけで50~60kmあります。(驚)

二人は集合までで相当にエネルギーは消耗していたはずですが、「クルマで集合」組は当たり前ですけど結構 元気!(笑)

夏井川下りのサイクリング2

炎天下の日中。あまりの眩しさに目が開けてられず。(笑)

今回、秘密兵器も準備しておりまして・・・・・。
ハンドルにカメラをしっかり固定できるパーツをゲット。動画等の撮影に役立ちました。

夏井川下りのサイクリング3

こんな風に撮る事ができました。
爽やかな風のようじゃありませんか。(笑)

夏井川下りのサイクリング4

トータルの走行距離は45㎞ほど。ルートはこんな感じでした。

自分的には100kmぐらいは走ったような錯覚を覚えるほどの距離だったんですが、実際には半分にも満たなかったようであります。(泣)
疲労困憊ではあるのですが、実に有意義な一日を過ごすことが出来ました。
年齢的には私だけが突出しているのにも関わらず、とても仲良くして貰ってます。(笑)

下記写真の仲間達に心から感謝ですね。(笑)

夏井川下りのサイクリング5

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月22日

懐かしい顔に会えた嬉しい午後

今でこそ 当院のスタッフは「娘」のような存在になってしまいましたが、以前は確実に「妹」だったんですよ。(笑)
さすがに娘と同い年であったり娘と数歳しか違わなければ「妹」と呼べはしませんが、そんな妹のような存在だった元スタッフが5歳のお嬢さんを連れて医院に来てくれました。

あれから8~9年が過ぎたんでしょうか。

宮城県の南部・岩沼に嫁がれて その後はお目にかかる機会も途絶えてしまってましたが、本日 数年ぶりの再会。しっかりとしたお母さんになられていて不思議な感覚にも襲われました。

思えば、すべてのスタッフにそう思えるほど私自身が立派では無いのですが、初めて「家族のようだ」と思えた方でありました。長い時間・・・それこそ家内以上に一緒に居る時間は長いのですから無理はありません。
近々、当時のスタッフにも声掛けをして、プチ同窓会を企画したいと思います。
本日、彼女に「スポンサーは院長に任せなさい!」って伝えておきましたし、やはり同様に家族のようだったスタッフに早速声を掛けておきましたので是非とも具現化したいと思います。(笑)

2004年の事でした

8年前、送別会のスナップ。
あれ? この時も場所は「シェ栗崎」のようですね。(笑)

笑顔が少ないのは、みんなで「しんみり」してたせいでしょうか・・・。
彼女は私なんか以上に苦労なり辛酸を経験なさってます。
トラブルとかの意味ではなく、ある事情から様々な苦難を乗り越えてのこの日であったことを私は今でも忘れることが出来ません。

加えて・・・
昨年の震災の折には、津波被害で御主人を亡くされています。(泣)
私なんかに出来ることはタカが知れては居ますが、これからもずっと応援してあげたいと心底思った晩夏でありながら陽射しがとても強い盛夏の午後でありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ、明日は休診日!

「いわき自転車探検部」の4人の友人達と、夏井千本桜で有名な磐越東線の「夏井駅」から一気に・・・と言ってもきっとあちこち寄り道しながら・・・「いわき駅」まで下って来ます。(笑)

自宅まで、まっすぐ帰ってもおよそ43km。

走行距離のメーター表示はおそらく50kmを超えることになると思いますが、真夏の陽射しの中、元気に駆け抜けたいと思います。

さて、爽やかな風・・・になれるでしょうか。(笑))

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月21日

セルフ・ブランディングを考える

ブランド物・・・誰しもが一時期興味を抱き、所有することを願った経験があるんではないかと思います。身に纏うモノであれ、装飾品の類であっても、やはりそれなりに良いモノは良いんですから必ずしもブランド志向は間違ってるとは思いません。
財布にしてもバックにしても、一度使ってみると本質的な良さが解ったりしますよね。

昨今、その「ブランド」から派生したんでしょうか、パーソナル・ブランディングとかセルフ・ブランディングといった単語を良く耳にし、目にするようになりました。
前者は、所属組織のイメージアップを主たる目的とするのに対して、後者は個人(自分自身)の自己紹介とかアピールを指し、認知度アップを獲得することに比重が置かれるようです。

この個人のセルフ・ブランディング。

Facebookをはじめ、実名でアピールできるソーシャルメディアとの相性が宜しくって、最近ではだんだんとその状況が活況を呈してきたというか、良い意味で喧しくも感じられる様になって来ましたよね。

私は、自分をアピールすることを肯定しますし、大歓迎でもあります。
だって、これだけインターネットが普及してきたら、黙って居たんでは存在感が薄らいでしまうのは避けられませんし、場合によってはリアルな存在すら認知されなくもなりかねません。

ただし、問題点も多いんではないでしょうか。

どうも、自己のブランドを高めようとするが故に、人間の悲しさでしょうか、どうしても良く見せよう、良く思われようという意識が強く働きかねないような危惧も感じます。
表現としては、「背伸びする」、「大きく見せる」って感じでしょうか。

そりゃぁ私だって、他者から良く思っては貰いたいし、高い評価は得たいと考えては居ます。ただ、あるがままの自分で日々情報発信をしていないと辛くなると言うか、持続性・一貫性に欠ける偏った自己主張に陥ってしまう様に思えてならないのです。そうなってしまうと・・・・・

端から見たら「痛い」ですよね。(泣)

そうならないように、地道に自分の想い・考えを正直に吐露し、継続的に情報発信をして行くことが望まれるに違いないと確信します。

等身大の自分、肩に力が入らない自分

常にそのありのままの姿で勝負するには、そもそも日頃から向上心を持って自分自身を高めておけば良いって事になるんですが、それが容易に出来るようだったら誰も苦労はしない訳でして・・・・(汗)

日々是勉強・・・・今後も頑張ります。(笑)

カラフル

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月20日

中之作にて「土塗り壁・左官教室」

そう言えば 最近 泥んこなんて触ったこともありません。子供の頃だったら夢中で遊べたモノな筈なのに、「汚す」・「汚される」ことを嫌うようになってしまったのはいつ頃からだったでしょうか。 で、お盆を過ぎても夏真っ盛りの昨日、関わってる中之作プロジェクトの清航館で開催されたイベント「土塗り壁・左官教室」に親子三人で参加して参りました。 壁に土を塗るんであって決して泥んこ遊びではないのですが、プロの方や東京方面からのボランティア参加者の方もいらっしゃって、残念ながらお昼前に到着した時には・・・ 塗り壁作業は終わってました。(泣) 中之作・清航館「土塗り壁&左官教室」2 お昼の美味しい御握りだけをいただきに伺ったようになってしまい、記念撮影にもちゃっかり写ってしまったような・・・(笑) 毎度の事ながら申し訳なかったです。 今回、前日にトライアートさん作製の看板が設置されたことも解ってましたので、それもチェック。 中之作・清航館「土塗り壁&左官教室」1 古民家だけにネーミングが嬉しいじゃないですか! 「中之作 直してみんかプロジェクト」 築200年の古民家は大勢の方々の協力で着実に補修が進められています。 その補修は壁ひとつ取っても 津波被害にも耐えた古き遺産に失礼のないようにと配慮されて進められているようです。 建築のことは良くは存じませんが、手っ取り早く石膏ボードやサイディングとかで壁を補修すれば手間も少なく簡単・・・に違いありません。 この男のプライドがそれを許さないんでしょう。 私が高校生になった頃に小学校に入ったであろう友人の設計士・豊田善幸。 この男に、良い意味で私は驚かされてばかりです。御本人がこの文章を読んでる恐れがあるのであまり持ち上げはしませんが、少なくともその点に関しては尊敬に値する好人物であります。(笑) (ホントはその他もとても立派な男です・・・・(笑)) 中之作・清航館「土塗り壁&左官教室」4 奥様も含めて、準備だけでも相当な御苦労をなさっている筈で頭が下がります。 せめてこんな風に、微力ながらブログ等では紹介を続けていきたいと考えて居ます。 ウチの子ではないのですが、参加なさっていたお子さんのスイカの食べっぷりが良かったです。(笑) 中之作・清航館「土塗り壁&左官教室」3 お口の周りは ぐちゃぐちゃでしたよ。(笑) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ この清航館に向かう時にはクルマに自転車を積んでいったのですが、帰りは炎天下ではあったけれど私ひとりで自宅までサイクリングをしてみました。 苦あれば確実に楽あり・・・ 山越えの坂道は辛いけれど、そこで頑張った分の位置エネルギーアップは、エネルギー保存の法則でしたっけ、ちゃんと下り坂の運動エネルギーになってくれましたよ。 2時ちょうどにスタート。下記のルートで自宅まで11.6km。45分かかりました。 感じたのはマラソン選手の偉さです。 オリンピックとかを見ていると、「もうちょっと頑張れないか・・・」などと勝手な声援を送っちゃってましたけど、私のサイクリングよりもはるかに速いスピードで4倍近い距離を走っていらしたんですね。 驚いちゃいました。自転車より速いです。(笑) ※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。
Google +1
2012年8月19日

切磋琢磨、いや試行錯誤が正確?

ナンでもそうですけど、どれだけ頑張っても自分ひとりで得られる情報なんてタカが知れてますよね。
とりわけ、インターネット絡みは激走に近いほどの日進月歩の進化速度です。

付いていくだけでもやっとの感があります。(泣)

嫌いな分野ではないのですが、やはり教えて下さる先生が居て、共に学ぶ学友が居てくれた方が楽しかったりしませんでしょうか。(笑)

ソーシャルネットワーク(以下、SNS)という単語は随分と浸透して来ましたよね。
御存知の方も多かろうかと思いますが、中でもTwitterだのFacebookなどは震災時にも脚光を浴びインターネットの更なる進化形のようにも思えます。
ネットの世界が革新的な広がりをみせてる・・・大袈裟に言うとそんな風に感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いわき市にも、SNSの利用者は多くなって来てるようですが、その中の有志が集い、平の木楽館・鈴木聖洋さんをリーダーと仰ぎ、ソーシャルCafeと称して隔週末に集い様々な活用法を伝授していただいてます。

本来の目的は ネットシステムの商用利用にあることはあるのですが、その範囲に止まる事なく、楽しく学べる得難い集まりであります。

ソーシャルCafeの面々3

ソーシャルCafeの面々2

パソコンは実践が大事ですもんね。
PCやらスマホ、モバイル端末など各自持参での勉強会です。

第三者の方から見れば「何やってるんだろう?」の世界ではあるのですが、同好の方々全員が少しずつ確実にスキルアップしていけるのはありがたいですよね。その場は・・・

切磋琢磨の場であり、そして試行錯誤の場

でもあります。
こういったリアルな交流をベースに、ネット上でも意見交換出来る関係を私は大事にしたいです。間近に頑張ってる皆さんの姿を見ることができ、良き刺激にもなりますしね。

日本酒ゼリーの試作品

先日も取り上げた内郷・小名浜・平窪に店舗展開をなさってるグランブルーさん。

日本酒ベースの美味しいゼリーを試作品として提供して下さいました。日本酒が苦手な方であっても美味しく頂戴できる美味しさでしたよ。製品化が待たれます。(笑)

そうそう、久し振りに参加された朋友・三戸さん、私も御世話になってるトライアートの社長さんです。私のサイクリング仲間でもあるのですが、女性に囲まれるベストなポジションに陣取って嬉しそうな笑顔が素敵でしたよ。(笑)

ソーシャルCafeの面々1

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月18日

夏休みも残り少なくなってくる

8月もお盆休みを過ぎると、子供達の夏休みも完全に峠を越えて 残り少なくなってきます。不思議ですねぇ、同じ長さの時間の筈なのに 夏休みが始まった7月の一週間と、まもなく終わろうとする8月の一週間では同じ一週間に感じられません。後者の方が「速い」スピードで過ぎて行ってしまうように思われませんか?

例えば実際の山越えもそうですよね。
登る時には時間が掛かるけれど、下る時にはすーすらすーと。(笑)

一年も然り。3月・4月までは まだゆっくりしてる気がするけれど、11月・12月となればアッと言う間に年末を迎えてしまうイメージが私には有ります。
たぶん、朝活がもて囃される背景には、朝のウチの1~2時間と就寝前の1~2時間の時間的充実感の違いも有りはすまいか・・・。

そうそう、一生という時間軸の中でも10~20代の10年間と、50~60代の10年間とは同じ長さに思えないのと一緒でしょうね。(泣)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分自身がそんな年齢になって、しかも夏休み(お盆休み)も終わろうとしてる頃に、「横浜」から「いわき」に来てくれた旧友と慌ただしい中にも時間を作って、同じく高校の同級生でもあり互いに良く知る「シェ栗崎」さんにてランチタイム。
30年を超える時の隔たりを感じさせない、かと言って刻まれた皺や頭髪が物語るように、見た目は変貌(!?)を遂げながらシェフも交えて3人でいい時間を過ごしてみました。(笑)

我が良き友よ(笑)

気が付いたら三者三様の職業であり、家庭・家族の状況も異なります。
かつて同じ学生服(詰め襟)を着て、同じ学舎で過ごし、同じようなスタートラインに立っていたのに、そこからの上り坂のルートは違っていたのですね。

時を経て、別々の下り坂に差し掛かりながら、その下り坂に繋がってる着地点がまだまだ確認出来ず、少なからぬ「老い」を身に染みて感じながら、希望と不安が交錯してならない心中をお互いに吐露出来る・・・。
ルートは違えどもお互いに声を掛け合えるような・・・

今後もそんな関係でありたいですね。

浪江町出身の彼にとっては、震災は下り坂途中で雷雨に見舞われているようかもしれません。ルートが違うので手を差し伸べることは難しいけれど、エールだけはこれからもずっと送り続けたいと考えて居ます。

Google +1
2012年8月17日

タイムカプセルに10年前を見る

お盆の休診期間も終わりを告げようとしています。
さぁ~、明日からはいよいよ後半戦に突入であります。(笑)
気持ちも新たに、年末に向けてまた頑張って行くといたしましょう!

それにしても暑い一日でしたねぇ。(泣)
猛々しいと表現(猛暑)したり、炎のようだと表現(炎暑)する気持ちが理解出来るような夏の日。お盆休みの終了に合わせるかのように大学生の我が子も無事に自分のフィールドに戻って行きました。

不思議ですねぇ。
つい半年前には我が家が「ホーム(本拠地)」であって帰る場所だったはずなのに、今では泊まりに来る場所に変わってしまいました。
モチロン、正常なる進化ですからまったく問題は無いのですが、「巣立つ」ということの意義を噛み締めざるを得ない気もします。

よく「寂しくなりますねぇ・・・」とかって言われますが、私も家内も鈍感なんでしょうか、まったくそんな事は無いですね。
生活の拠点は異なれど、今どきは双方向のテレビ電話だって手軽に出来ますし・・・そりゃぁ~無事息災を祈りはしますけど、良く耳にする「悲しくて涙が・・・」なんて事は一切無いです。

花と蝶(笑)

このお盆に、我が子達が卒業した小学校からタイムカプセルに入った11年前の「過去」が届きました。本当は10年後の昨年に開ける予定だったのが震災で1年延期になったようです。
その中には小学校低学年の本人達の残したモノだけではなく、当時の私から10年後の彼女と彼に宛てた手紙も入ってまして・・・(笑)

文章の内容どうこうよりも、一生懸命だったであろう自分がナンだか妙に懐かしく思えた次第です。

「お父さんとお母さんは、ずっと味方ですよ」

と書いていたのは、今でも間違っては居りませんです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月16日

思うように撮れないから楽しい

お盆のお休みも残すところ今日一日であります。

ちょっと切ないです。(泣)

ちょうど日曜日の夕刻、サザエさんを見る頃に翌日の月曜日を思って憂鬱になる方がいらっしゃる・・・そんな感覚と一緒ですね。
これは休日の長さに比例もしましょう。我々の職種は週休二日ではあっても土曜・日曜の連休ではありませんから そういった「サザエさん症候群」というほどの憂鬱さや倦怠感は覚えません。
お正月・GW・お盆の休暇ぐらいですね、辛いのは・・・。

さて、それでも濃密なる「夏休み」を送れば充実感には浸れます。
我が家には受験生も居るので 満喫とは参りませんが、カメラ片手に撮影三昧の時間を送れただけでも満足といたしましょう。

貝泊写真倶楽部の夏休み合宿・・・。

野(の)の趣(おもむき)と書く「野趣」。自然溢れる田舎らしい素朴な味わいの表現でしょうか。そんな野趣に存分に触れて来ましたよ。(笑)

野趣溢れる貝泊1

貝泊写真倶楽部のリーダー二階堂氏は、貝泊写真館前の休耕田をお借りして そこにコスモスの種を蒔きました。ちょうど5月の末だったようです。
写真のように良い感じになってきました。(笑)

野趣溢れる貝泊2

実は、上の写真のようにキバナコスモスとアゲハチョウ、そして背景の緑に写真好きとしては憧れます。しかも停止中の姿ではなく舞い上がる、または舞い降りる瞬間を捉えたくって仕方ないんです。(笑)
その為に上部の空間をわざと大きく取って備えてるんです。

その瞬間を捉えるのは異様に難しい。(泣)

モチロン、カメラは1秒に8枚ぐらいシャッターが切れる高速連写モードに設定。
シャッタースピードを1/500秒ぐらいにし、かつ背景のボケを出せる絞り具合でその瞬間を待つんです。

ん~ん、結局 納得行くようには撮る事はできず・・・

野趣溢れる貝泊4

野趣溢れる貝泊5

野趣溢れる貝泊6

野趣溢れる貝泊7

どうしてもドンピシャリとは行きません。(泣)

もっとも思うように撮れないからこそ楽しいんであって、これからの季節に足繁く通い、叶うことなら二匹のランデブーを狙いたいと考えて居ます。
「二匹」と書きましたが、正式には「二頭」ですね。イメ-ジが湧きにくいのですが、ウサギを「羽」と数えるように蝶々は「頭」で数えるんでしたよね。馴染めない気がしますから「匹」にしましたが、由来はナンなんでしょうかねぇ。不思議です。

貝泊・・・自然の宝庫であることは まごう事なき事実なのですが、と言うことは下の写真のようなシーンにも遭遇するって事です。

野趣溢れる貝泊3

貝泊写真館の夜の網戸です。
屋内から停車中のクルマを撮ってみましたが、あたかも内側にへばり付いてるように見えて実は外側に居るんです。

街中の住まう我々にとっての網戸のイメージと違うように感じませんでしょうか。(笑)
これも含めて野趣溢れる貝泊であります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年8月15日

仲間と過ごす「貝泊での夏休み」

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

その地の標高を調べてみたら500メートルにも満たないのにも関わらず、随分と涼しく感じた夜でした。そう言えば中学で習いましたけど100メートル高くなる毎に0.6度気温は下降する・・・その原則を当てはめれば3度は低かったって事でしょうけれど、体感的にはもっと涼しかったような・・・。

貝泊写真倶楽部の夏休み企画「合宿」。(笑)

昨夕から一泊で参加して参りました。

貝泊での夏休み1


































夏の風物詩・「ひまわり」はそこかしこに・・・

いわき市の南西部、田人の奥となればいわき市民でも訪れたことの無い方が大勢いらっしゃるはずです。そこに貝泊写真倶楽部の言わば象徴として存在する貝泊写真館
実際の写真館なワケでは無く、貝泊写真倶楽部のリーダー二階堂氏が借りてらっしゃる古民家であります。

そこに仲間と4人で一泊の合宿。

気温が低いせいか、こんな事をしても熱さは気になりませんでしたよ。

貝泊での夏休み2






























二階堂氏にはお酒をはじめとして様々なモノを振る舞っていただきました。

日頃、御世話になりっ放しで感謝ですね。

ただ、いつもの合宿とは異なった点がありまして・・・
最近、「温泉ソムリエ」記事よりも「パスタ屋シシベーノ」としての活躍が多い貝員さんが台所で美味しいモノを作って下さいましたよ。(笑)

貝泊での夏休み3






























手際良く、実に器用な男であります。(笑)

で また出来上がりも秀作!

貝泊での夏休み4






























二階堂氏や大幹部の方も取りあえずは写真撮影。(笑)
この模様は下記のブログに・・・

新米温泉ソムリエのお出かけ日記帳・・・「夏合宿に参加してきました。」

そうかも・・・とはうすうす感じては居りましたが、予想通り一等賞で撃沈し、寝姿まで写されてしまいました。(泣)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういった時間は、お盆休みとかでないと なかなか共有 出来やしません。
こういった時間を糧にして、明後日からの本年後半戦に鋭気を養って行くつもりです。

参加された、館長さんころすけさん赤鼻さん、実に楽しい時間でしたね。
ありがとうございました。(感謝!)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2012年8月14日

今夜、テレビから離れてみる生活

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

早朝ですけれど、それでも傍らに鎮座している我が家のテレビジョン。

オリンピックの興奮とかがまさにそうでしたけど、テレビの映像無くして 体操の内村選手の美技をどう理解することが出来たでしょうか。
アスリート達の躍動する姿に我々は感動を覚え、時にもらい泣きしたりしたじゃないですか。テレビは単なる結果の告知媒体ではなく、LIVEで臨場感を味わえるというその意味で 新聞とかとは異なる映像の威力を発揮しますよね。
気が付いたら テレビ報道に振り回されてるという意味で嫌悪感を抱く瞬間もありはします。その点、リアルタイムのスポーツ映像だけは容易に誤魔化しが利かないので、情報操作の入り込む余地が少ないんではないでしょうか。

そんなテレビから今晩は離れてみます。

貝泊写真倶楽部恒例の「夏合宿」であります。(笑)
いわき市内としては比較的に標高も高く、阿武隈山系に近いせいもあるんでしょう、真冬には寒さ厳しくお泊まりはちょっと難しいです。逆に夏は爽やかな朝を迎えることが出来、非常に快適であります。

蕎麦の花に・・・





























いわき市南西部の限界集落・貝泊(かいどまり)での一夜は、不自由な点が多々あります。
言わば、私が幼少時に育った環境に近いモノ・・・を感じます。

でも、不思議とそれが良いんです。(笑)

我々現代人は、気が付くと それはそれは多くのモノを得て来たかもしれないけれど、同時に多くのモノも失って来たに違いないと気付かされます。
インターネットは人と人の距離を短くはしたけれど、逆にそばに居ても各自がスマホ画面とニラメッコというコミュニケーション障害なるモノを引き起こしてる事実もありましょう。

私は、残念ながらその地に居住も出来なし、仕事も成立はしないです。
こういった合宿の時やイベント時以外には通うことはないけれど、今宵 そこに身を置いて、テレビやネットから離れて貝泊写真倶楽部のリーダー二階堂氏や幹部連中と熱く語らいたいと思います。
もっとも お酒が入ると・・・

リーダーの撃沈は恐ろしく早いです。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2012年8月13日

猪苗代湖・湖南に出掛けてみる

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

NHKのオリンピック総集編を見ちゃいました。
競技ですから結果もモチロン大切ではありますが、そこまでに到り、辿り着くまでの努力の凄まじさがとても素晴らしく、思わず落涙しそうになっちゃいました。

子供の手前、グッと堪えはしましたが。(笑)

さて、今日もまた大方の天気予報とは異なり、暑い一日になりましたね。
で、大変に申し訳ない話になりますけど、普段は空調の効いた室内での仕事をしている私にとっては慣れない日中屋外炎天・・・・なんですよね。
朝の8時前から夜の8時過ぎ頃まで医院に居続けて屋外に出ない生活をしている関係上、猛暑であってもその暑さを痛烈に感じる事は正直 少ないです。

本日、所用で中通りに出向き、そこから足を伸ばし猪苗代湖の湖南エリア、布引高原をクルマで回ってみたのですが・・・・

いや日中は暑いんですねぇ・・・(泣)

炎天下の暑さはモチロンのこと、クルマの乗り降りによる温度差も結構しんどい・・・。
浜通りより「夏暑くて冬寒い」中通りですから尚更だったんでしょう。

自分の労働環境のありがたみを再認識です。

「涼」を感じる湖面















湖南では、キャンプやらジェットスキーを楽しむ方が大勢いらっしゃいましたね。
何方にとっても束の間の休日なんだろうと想像しますけど、家族で満喫されてる姿は微笑ましく映りました。因みに我が家は受験生も居り、写真のようなわけにはいきません。(泣)
もっとも10年近く前は、御多分に漏れず家族旅行なんかをしてました。
家族の歴史ってのはそんな年代的変化がありますもんね。

湖南エリアに向かった目的は下見です。
9月の初旬に猪苗代湖一周(61km)のサイクリングを予定しています。(笑)



今より少しは涼しくなってはいるでしょうけれど、体調十分で臨もうと思います。
無事完走できた折にはまた御報告いたしましょう。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の8月12日は、「御巣鷹の日」だったんですね。
新聞。メディア等にあまり触れない休日を送って居たせいでしょうか。失念してました。

27年が過ぎたそうです。

原爆の記憶もそうですが、日航ジャンボ機墜落事故に関わる我々の記憶が次第に遠のいて行くのに合わせて、遺族の方々の深い悲しみも少しでも薄らいで行ってるんでしょうか・・・・。

そう願いたいですね。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2012年8月12日

ケーキは幾つになっても嬉しい!

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

誕生日・・・考えてみたら子供が出来てからというモノの、日にちが近かったせいもあり当然のように子供中心の御祝いとなりました。それが自分の為にケーキを準備されたとしたら やはり幾つになっても嬉しいことではないでしょうか。(笑)

金曜日の「名刺交換会・打ち合わせ」では、8月生まれの参加者お二人にサプライズで美味しいケーキがプレゼントされました。

名刺交換会の打ち合わせ4






























お二人合わせるとちょうど90歳の誕生日。(笑)
喜んでいただけたでしょうか。

名刺交換会の打ち合わせ5

















写真アップの了解を得てませんでしたので、申し訳ない程度に目隠しをしてみました。(笑)
背後から吹き消そうとなさってる女性は・・・・・・・・・・です。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美味しいケーキを準備して下さったのは、洋菓子の「ラトリエ グランブルー小名浜店 & パティスリーグランブルー内郷店 & 欧風創作菓子 ふたば茶亭いわき平窪店」の代表・眞柄さんであります。

いわきのケーキ屋グランブルー シェフ@眞柄の朝ぶろ 


彼と親しくさせていただく様になったのは、今年に入ってから・・・。
もっともその前からグランブルーさんの美味しい洋菓子は随分と頂戴しておりました。(笑)

眞柄さんと私にはおそらく共通した部分があります。

お互いに自営業者に分類されますが、何方もそうでしょうね、30代に起業し、その事業をしっかりと軌道に乗せるが為に大袈裟に言うと一心不乱に精進してた時期がありましょう。家と職場の往復中心の生活だったんではないでしょうか。
それがスタッフさんにも恵まれ、安定してきた頃に木楽館・鈴木聖洋氏との出会いがありました。

根がネット大好きな我々です。(笑)

趣味と実益を兼ねてのネット三昧だけでなく、その後のリアルな交流の楽しさに触れ、もうになってしまったってっワケです。(笑)
新たな楽しみを見出せたという意味では、お互いにとても幸運でもありました。
これからもブロガーとしても互いに切磋琢磨をし、末永いお付き合いをお願いしたいと考えています。

その美味しいケーキ。

貝泊写真倶楽部の新人でもある小川氏がこんな風に撮影してましたよ。

名刺交換会の打ち合わせ6


































こうやって食する前の写真撮影は、貝泊写真倶楽部の「お約束」でもあるんです。(笑)

名刺交換会の打ち合わせ7



















皆さんから差し入れていただいた各種のアルコール。
ホントにありがとうございます。美味しく頂戴致しました。

それにしても出会いは不思議ですねぇ。

一年前にはほとんどの方を存じ上げなかったというのが嘘みたいです。
今後もこういった気持ち和む時間を共有させていただく事が、私の心の平衡を取る意味でも不可欠に思えてなりません。

Google +1
2012年8月11日

みんなで力を合わせて成功させる

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

今朝ほど、目が覚めて・・・「ん? ここは何処だ?」でありました。(笑)

昨晩、9月に開催予定の「いわきソーシャルメディア交流会」主催の名刺交換会の打ち合わせが当院二階でありまして、ちょっと飲み過ぎちゃって帰宅せずに就寝。
そもそも以前には我が家族で住んで居たスペースではあるのですが、目覚めて瞬時、状況把握が出来ませんでした。それでも職業柄、ダウンする前にブラッシングだけは欠かさなかった事だけは記憶しておりますが。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多くの方々に参加頂く名刺交換会です。せっかくのイベントを成功裏に収めるためには入念なる準備は欠かせないんですよね。
当日のスタッフとして、少しでも喜んで貰えるように全面的な協力は惜しみません。

名刺交換会の打ち合わせ1

















iPadだ、スマホだ、PCが並んでます。(笑)

一階の医院だけで無く、このスペースにもWi-Fi環境を設定してますので、3Gではなくネット接続が可能です。リアルタイムでの情報発信が可能でもあるんです。

いろんな意見が飛び交いました。

皆、力を合わせて・・・の感じがこの集まりの持ち味でしょう。
あれこれを決めた後は恒例の・・・

名刺交換会の打ち合わせ2

















多くの食材や飲み物類が持ち寄られまして、ありがたいことであります。

名刺交換会の打ち合わせ3

















上の写真だけは、意図的にプレミアルモルツを強調するために弄ってみました。
まるとみ酒店の女将さんに音頭を取って頂いて乾杯です。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思えば、ソーシャルネットワークという媒体がなければ繋がり得ない面々です。
集まって頂いててナンですけど、異業種の方々が旧来の知己のように空間を共有してるって言うんだから不思議でもあります。

名刺交換会というイベント

あるイベントを、集団が力を合わせて取り組んでいく中で、更なる一体感・結束感を成長させるに違いないと確信しています。
それぞれが仕事を持ちながらの手弁当での企画&計画。忙しい中で、知恵を出し合い、話し合い、汗をかいて成功させる・・・。
名刺交換会後の反省会という名の飲み会が今から楽しみでなりません。(笑)
その時にも・・・・

「ん? ここは何処だ?」

になりそうであります。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2012年8月10日

素敵な一夜が一冊のアルバムに

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

時間が過ぎるのはホントに速いですね。
楽しかった私の誕生会から間もなく1ヶ月が過ぎようとしています。

「シェ栗崎」さんでのBirthday Party  

その折に参加して下さった貝泊写真倶楽部のリーダー二階堂氏が撮って下さった写真が一冊のアルバムになりました。(笑)

誕生会のアルバム(笑)

















御参加いただきました皆さんにはデータとしてお渡ししますし、このアルバムは「お店」メインで構成していただきましたので、私の写真はホンのちょっと・・・。
よって本日 「シェ栗崎」さんに寄贈して参りました。(笑)

とても素敵な写真集に仕上がってます。

食事に行かれた折にでも 手にとって御笑覧いただければと思います。(笑)
恥ずかしいけれども「嬉しくってたまらないような顔」でしっかり写っております。(恥)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2012年8月 9日

忘れられない「失言」を思い出す

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

原爆を作った科学者達は、広島で「ウラン型」の実験をし、長崎で「プルトニウム型」の核分裂エネルギーの威力を試したんだそうですね。
実験は大成功、多くの日本人が切なく息絶えたその日に件の科学者達は 設計通りに爆発したことを祝うパーティーまで開いていたとか。

人間は、時として恐ろしいものですね。(泣)

悪魔にもなれるし、その一点においては「鬼畜」と称したのも強ち的外れではなかったのかもしれません。モチロン、日本人の大東亜共栄圏における所業にも類似した点はあっただろうかとは思いますが・・・。

朝日新聞「天声人語」に因れば・・・

● 開発陣(科学者達)は、原爆の破壊力のうち、衝撃波に重きを置いたとされる。だから放射線と熱線の殺傷力を知って驚いた。
「起きたことは私達の想像をはるかに超えていた」と。


ナンだか、福島第一原発のその後に似通ったモノが感じられてなりません。
制御できるとうそぶいていたのに、いざ一大事を迎えたら右往左往するばかりで何も出来なかった事に相通じまいか・・・と思っちゃいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎年、8月9日を迎える度に、今となっては懐かしい失言を思い出します。
昨年も同じ事をこのブログに書いていたのですが、特に震災後は何故か明瞭に思い出されてなりません。

そりゃぁ失言なんかしょっちゅうしています。(汗)

ただ、その場の空気が変わるほどの事が無ければやり過ごしてしまうでしょうけれど、普段 穏やかな方がキッとなって「いいえ、私は広島ではなく長崎です」と仰れば、自分が吐いてしまった軽率な文言を長く悔やむことになりましょう。

私が現役を退かない限りは、毎年ずっと思い出されるのかもしれませんね。

親子でサイクリング






























夏の陽射しが傾き、涼しさを増す夕暮れ時に、息子とサイクリングです。(笑)

この瞬間に頭上から恐ろしき災難が降りかかるとは まったく考えてはおりませんが、今後も現実を見極めることが出来ない愚かな科学者や政治家・経営陣の手で実験を模したような再稼働なる「悲劇」がもたらされない事を切に願うばかりであります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハンドル中央のスピードメーターは、時速9.9kmを示しています。
その下に小さく見えるのは消費カロリー数。

10km弱の走行距離でも御飯茶碗一杯分ぐらいしか消費できないなんて・・・・
どうにかなんないモンでしょうか?(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2012年8月 8日

血は争えない・・・父は嬉しく思う

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

先日もお伝えしましたが、9月にいわき市のソーシャルネットワークのオフ会(名刺交換会)が「パレスいわや」さんで開催されます。

バーチャルな出会いからリアルな交流へ。

そんな一夜を素敵に演出するために、「木楽館」さんの社長・鈴木聖洋氏を中心に準備委員会(!?)が発足して、そのメンバー達が今週10日に当院二階に集まり、会合が開かれます。
モチロン、打ち合わせが主たる目的ではあるのですが・・・

また、楽しい時間が過ごせそうです。(笑)

人と人が出会い、気の合う連中同士で温めるひとときの時間。
ここ一年近く 毎月のように集まりを持ち、異業種の関係ではあるけれど お互いに良き刺激を受け合って来た仲間達です。
ネット好きの個人がやがて数人の集まりとなり、気が付いたら10名以上の集団に変わり、その輪を更に拡大していかんとす・・・。
嬉しいことに、その中心となるの中に入れて貰えたことが嬉しくてなりません。

ちょうど医院の二階というフリースペースが存在してくれた幸運。
そこは人と人のリアルな出会いの場であり、交流の場になりつつあるようでありがたいです。

海上保安庁の巡視艇1















このフリースペースは、高校生の息子にとっても部活仲間との合宿の場ともなりました。いま現在、受験生となってはそうも行かず今年一年は「封印」を余儀なくされてますけど、来春にはまた活用してくれることでしょう。(笑)

嬉しいことに、大学に進学した娘も数名の友人を誘って宿泊しに来ます。
娘にとっても また彼女の友人達にとっても、我が家に泊まるとなればハードルが高いでしょうけれど、無料の合宿所(!?)ならばたいして気兼ねもいらないでしょう。

季節的にも雑魚寝で問題は無いでしょうから、父親としては布団を干して、アイロンこそ掛けませんがシーツを洗って、お風呂掃除もして準備をしておいてあげるつもりです。(笑)
私の年齢になっても集う喜びがあるんだもの、子供達の年代では楽しさも一入に違いありません。

「血は争えない」ことを感じる昨今です。(笑)

海上保安庁の巡視艇2















日曜日にアクアマリン周辺で開催された海遊祭。
普段は乗船できない海上保安庁の巡視艇に乗り込むことが出来ました。船内は当然の様に撮影禁止でしたけどデッキ等はOK。了解を得て撮ってみましたよ。

船内のドアにも例の邦画の大ヒット「海猿」のポスターが貼られていたのが印象的でした。屋外ではあれこれの展示もあり、そこにも伊藤英明さんとかの出演者の写真が貼られてまして・・・。(笑)

海上保安庁の巡視艇3















にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2012年8月 7日

弛まぬ努力は賞賛に値します

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

開け放した窓から吹き込む風が、「涼しい」を通り越して「寒い」ぐらいの七夕の夜。
気温の変動が身体に与える負荷・・・・・応えますねぇ。加えての睡眠不足。

連日連夜のオリンピック三昧。(笑)

ふと気が付けば「プロ野球もやってたんだ!」なんて驚いたりもしています。
立秋になり、残暑が厳しさを増す中、高校野球も明日 開幕。
マスコミが取り上げないとそんな盛夏の風物詩さえ意識しなくなるっていうのは・・・ちょっと不思議な感覚ですね。

盛夏の風物詩


































さあ~、今晩 この後は卓球女子の決勝戦。
相手が中国となれば困難を極めましょうけれど、銀メダルは確定してるんですから平野早矢香さん・福原愛さん・石川佳純さんには臆することなく存分に力を出し切って欲しいですよね。

メダルを取ろうが取るまいが、そこに至るまでの彼等・彼女等の弛まぬ努力は賞賛に値します。解っては居るのですが、それでもなお 首からぶら下げる輝けるものを期待してしまうっていうのは贅沢ってもんでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビでは、背泳の入江選手や平泳ぎ女子の鈴木聡美選手、そして北島康介選手が帰国後のインタビューに応じています。闘いに苦しんだであろうに、練習は厳しく辛かったであろうに、実に爽やかに優等生的な受け答えをしてましたよ。
願わくば、柔道男子はじめ良い結果が出なかった選手達も胸を張って帰国し拍手喝采される・・・そんな光景を望みたいモノです。

人はどうしても「結果」を期待してしまうけど、「過程」もまた評価されるようであって欲しいと願います。そうじゃないと誰も頑張らなくなっちゃいますもんね。
スポーツに限りません。我が家にも受験生がおりますが、結果ばかりを気にせずに過程を評価してあげたいです。頑張ってるんですから・・・。

頑張るアスリートにしても、努力する受験生にしても、いつの時代にも繰り返される姿かもしれませんが、今どきの若者達もまた素晴らしいですよね。そう思います。

速報で「女子バレーが中国に勝利!」

こりゃまた睡眠不足が加速しそうです。(笑)
Google +1
2012年8月 6日

「原爆の日」、隔世の感を禁じ得ず

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

それは必然なのかもしれません。

考えてみたら あれから67も経ってるんですもんね。
新聞社のスタッフだってほぼ全員が戦後生まれ。仮に80歳の方であっても終戦の年には13歳。広島にいらした方ならいざ知らず、その年齢では朧気な記憶でしかないでしょう。

歳月人を待たず、去る者日々に疎し。

今朝の朝日新聞。一面の見出しは「北島先輩と結束の銀」となっておりました。
オリンピック競泳陣の写真がトップを飾り、「広島」の文字は見当たりませんでした。
社会面の下の方に微かに取り上げられていたのが私には印象的でした。
それでも「天声人語」だけはその事に触れており、新聞社としての矜持が僅かに感じられた程度でした。

無理もありませんね。忘れて良いとかどうとかではなく、良いとか悪いとかでもなく、それが「歳月の偉大さ」なんでしょう。
我々だって、特に東日本に住んでいては常に「広島・長崎の原爆」を憂えて生活してる訳ではありませんしね。亡くなった方、犠牲になられた方々には大変に申し訳ないのですが、ある意味それで良いのかもしれないと思う所もあった「8月6日」、涼しくって幾分か凌ぎやすい一日でありました。

真夏の遊戯1















昨日は、中之作・清航館の帰路に、小名浜の海遊祭に立ち寄りました。
「ら・ら・ミュウ」と美食ホテルのところは、そこもアクアマリンパークと呼ぶのか定かではないのですが、子供向けの上の写真のようなモノが置かれてましたよ。

たぶん、大きな球の中は相当に暑いんではあるまいか。(笑)

真夏の遊戯2




























子供が戯れ、それを見守る大人であり太陽だったり・・・。

撮影時にはナニも考えずに撮ってましたけど、まさに平和の象徴のようなシーンです。
67年を経て新聞さえ取り上げなくなりつつある原爆の悲劇。
17年前の阪神淡路大震災や昨年の震災にしても、おそらく忘却の彼方へと消し去られていくんでしょうね。それが人間の逞しさと考えれば強ち悪いことではないように思えてなりませんでした。

でも、きっと・・・・
67年前は、暑くって、恐ろしく熱かったんでしょうね。(泣)

やはり、繰り返してはなりません。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2012年8月 5日

拘ることを大切にされてました

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

日々の生活の中で、「こだわり」って大事なんでしょうね。
一つのことに対して、「凝る」事であったり 「思い入れ」を強くする事かと思いますが、表題のように漢字で表現すると何となく負のイメージも浮かばないではありませんが、今では積極的に良いイメージで使用されることが多くなったんではないでしょうか。

拘りのラーメン・・・なんてそれですよね。

8月5日、真夏の暑い一日にそんな拘りに触れて来ましたよ。

私が関わってる中之作漁港前の「清航館」。

友人の豊田御夫妻が津波被害を受けながらも残った古民家の再生に尽力されてます。
そこでは築200年の建築物に新たな「命」を吹き込むに際して、以前そうであったような建築方法に拘っての再現が行われています。

壁を作る・・・一般的には太い柱の間にを間柱を入れ、そこに断熱材を打ち付け、モルタルで外壁を仕上げたり、場合によってはサイディング材を貼り付けたりする感じかと想像します。

ただ、清航館は違ってまして・・・

昔ながらの割いた竹を芯になるように入れ、それを藁から作った紐状の縄で固定し、更に自分達で準備した藁入りの土壁で仕上げようと心掛けているようなんです。

過去の建物への敬意・・・ナンでしょうか。

忠実に再現しようと拘ってる姿に惹かれます。

土壁下地作りワークショップ1


































写真は、豊田氏が長い竹をナタで丁寧に整えている姿です。(笑)
最初ぎこちなかったナタさばきがアッと言う間に手慣れたようになるから不思議です。
建築家の彼だって、こんな経験はそうそうなさったことはないでしょう。
因みに、小学校三年生のウチの息子が竹を3メートルぐらいの長さに切りそろえるお手伝い(!?)をさせて貰いました。鋸を使うなんて彼にとっては初めてに近い経験だったと思います。

土壁下地作りワークショップ2















壁を真下から見上げるように撮ってみました。こうやって壁の芯を作って行くんですよ。
ちょっと気の遠くなるような手作業です。

拘りがなければできることではありませんね。

もう一つの拘り、先日も大和田自然農園さんで御世話になった流しソーメンのセットです。考えてみたら雨樋状のモノ(レール)はプラスチックでもできましょうけれど、本物の竹に拘ってるんですよ。

竹小舞あみ教室1

















ここにて我が家の昼食でした。(笑)

何故か流しソーメン1
































なかなかこんな経験はできませんよ。(笑)

光的には本当は樋の反対側に陣取って欲しかったのです(泣)が、流れてくるモノを右利きの彼がキャッチすることを考えるとどうしても太陽を背にするしかなく、必然的に逆光でしたのでフラッシュを日中シンクロさせて息子の姿が真っ黒になってしまうことを防いでみました。
・・・って言うと、難しいテクニックのように思えるかもしれませんが、簡単に言うと「カメラ任せ」とも呼ばれます。(笑)

何故か流しソーメン2






























管理の大変さもありましょう、壁にしても樋にしても現代風アレンジは簡単かもしれません。ただ、拘ることを忘れないのも大切な事と感じ学んだ真夏の海岸沿いのイベントでありました。

次回は、19日(日)に土壁の仕上げが行われるようですよ。
それにも参加してみるつもりです。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2012年8月 4日

若きアスリート達の「けだし名言」

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

いわき市の復興の象徴って考えた時に、そりゃぁ第一次産業が従前と変わらない状況になることかもしれませんが、イベント的にはやはり小名浜の花火大会ではないでしょうか。
本日夕、高らかに火薬音を遠方まで轟かせながら二年ぶりの完全復活を遂げたようでありました。

私自身は仕事の都合上 伺うことはできませんでしたし、ナニより混雑する人混みがどちらかって言うと苦手でありまして実は出向いたこともないのですが・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなワケで、自宅でオリンピックのサッカー観戦。
88年ぶりとかって言われるベスト4進出は快挙なんでしょうね。中でも本日の試合でも活躍されていて その後のスポーツ番組で取り上げられていた清武選手の過去の談話が秀逸でありました。
彼が幼少の砌より父親から繰り返し諭されていた言葉だそうですが・・・

『才能を持った人より、努力した人の方が強い』

彼はそう言われ、そう信じて 苦しい練習もモノともせずに邁進してきたそうですよ。

アクアワールド大洗水族館3















また、「泣き虫スイマー」と言われたこともある背泳の入江選手。

銀メダル確定後のインタビューで、競泳は27人の選手全員が一つのチームとして闘ってることを強調なさってました。北島選手の首にメダルを掛けるためにメドレーリレーにかける意気込みを語っていて・・・

『最後の男子のメドレーリレーで選手がタッチ

するまで(日本競泳人の)リレーは終わらない』


けだし名言ではありませんか。(泣)

アクアワールド大洗水族館4





















若きアスリート達の後世に伝えられそうな名言に、中年のおんちゃんとしては涙腺が緩くなって困っちゃいます。(笑)
Google +1
2012年8月 3日

携帯・スマホ、マナーは大事です

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

先日、ある方から「酒井歯科医院ではWi-Fi環境が整ってるようですけど、スマホとか使って医療機器等に悪影響はないんですか?」と訊かれました。
当然のことモチロンOK!でして、その利便性向上の為のWi-Fi化なんですからノープロブレムであります。
歯科の特性上、どうしても診療室内でもお待ちいただく時間が生じますから、その間に「暇つぶし」をしていただいてた方が私も気がラクではあるんです。

私だって、医療機関受診の折には雑誌だの本だの、問題が無ければ3G環境下のスマホで時間を潰しますから、それは一向に構わないというか大歓迎であります。

ただ、どんな時にもマナーは必須でしょう。

やはり、診療中は控えていただきたいですね。
多くの方にとっては「エッ、信じられない!」話でしょうけれど、世の中には私の手指が口腔内に入ってる時、すなわちは診療中にもメールのチェック等をなさる方がいらっしゃいます。
着信音が鳴ってしまうだけなら気にもなりませんが、さすがに治療中には・・・(泣)

大人げないかとは思ったのですが、「ご遠慮いただけませんか?」とお伝えしてみました。
大概の方はそこで気が付いて下さるのですが、本日の方は一旦手を下げはしてくれたモノの、私の視線が外れたその隙にまたずっとメールチェック・・・・。

ナンだか哀しくなってしまいました。(泣)

確かに世知辛い世の中ではありますが、せめて治療中ぐらいは・・・なんて思ってしまいます。
我々も、できる限りのベストパフォーマンスをすべく治療に集中したいと願っています。ただ、その気を殺ぐような行為はやはりご遠慮願いたいですね。

アクアワールド大洗水族館1













やはりこれも多くの方が理解すらできないかとは思いますが、受付で次回の予約等を受付スタッフと決めてる最中にも携帯で通話中・・・という女性もいらっしゃいます。
通話しながらですから会話には当然ならず、指先で「ここ!」って指し示すだけなんですよ。

ちょっと信じられないでしょう?(笑)

時代は確実に変わりました。
個人がポケットに入れられるようなハンディータイプの通信機器を我々21世紀の民は手にしましたけど、その代わりに損なわれてしまった基本的なマナーは枚挙に暇がないんでしょうね。

哀しい時代となってしまいましたね。

因みに、通話しながら予約の二十歳前後のお姉ちゃん、やはり私が「通話は後にしたらどうです?」って言ったモノだから、怒ってしまい二度と来院はされませんでした。

アクアワールド大洗水族館2
































本来、こういった多くの方が目にするブログ等に愚痴をこぼすのは私の本意ではないのですが、医療人(医師・歯科医師・看護士・歯科衛生士)にベストな治療をさせるには、やはり気分良くさせた方が良いみたいということをお伝えしたく・・・

マナー遵守で良き治療が受けられますよ。(笑)

他の医療機関では こんな時 どうしてるのかなぁ~???

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2012年8月 2日

朝日新聞、「いじめられてる君へ」

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

暑い一日でした。暑中お見舞い申し上げます。
まだまだ暑い日は続きそうですが、もう数日で立秋を迎えれば「残暑見舞い」に変わるって言うんだから不思議です。
そもそも俳句とかの季語と、現実の季節感って若干の違いが有りますよね。
少なくとも8月いっぱいは「暑い最中」だと思うのですが、二十四節気との兼ね合いで・・・ナンでしょうね。

そんな本日、いわきを離れ大洗にある「アクアワールド(大洗水族館)」に出掛けて参りました。リニューアルされてからは初めてだったように記憶してますが、随分と立派になってて楽しめましたよ。
モチロン、写真も撮っては来たのですが、写真整理が滞ってるので それは後日にアップするつもりです。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表題の「いじめられてる君へ」。

朝日新聞に各界の著名人がこのタイトルで投稿しています。
大津市のいじめ自殺事件に端を発したここ暫くの過熱気味の報道。加害者に対してはモチロン、関係者への過剰なる攻撃に眉をひそめる向きも多かろうかととちょっと複雑な心境です。
そんな中での識者の意見。新聞投稿。

本日は、タレント「はるな愛」さん・・・本名・大西賢示さん。
ニューハーフの方ですね。
読み進めてみて経験者故の筆致・説得力に圧倒されました。

人にはそれぞれに歴史が有って、誇れるモノも有れば隠したい闇の部分も有りましょう。そんな弱みを詳らかにし、世に問えるだけの表現力はたいしたモノと感じました。

先日も、我々が得て来たモノと失ったモノに関して書いてみましたけど、戦後、いやもしかすると戦前から我々日本人が失ってきた社会の歪みの象徴がこういった苛め問題に如実に出て来てるように思えてなりません。
どう考えても加害者少年が悪いに違いはないのですが、そういった少年を生んでしまった疲弊した社会体制に問題は無かったか・・・・そこを顧みずして苛めだけを排斥していくことは難しいんでしょうね。

相馬野馬追のラスト


































上の写真・・・あまりの暑さにダウン寸前の女性、そこにかき氷を差し出す男性。
いい雰囲気だなぁ~と微笑ましく眺めながら、その彼等の後ろに戦国時代さながらの騎馬が通過するのを待ってみました。
もう少だけ背景を暈かせば良かったと反省しきりです。(泣)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2012年8月 1日

アスリートに勝るとも劣らない

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

連日のオリンピック。
4年に一度の平和の祭典に 若き日本のアスリート達の情熱がほとばしっています。考えてみたら、海外に出掛けるってだけで舞い上がりかねない若年齢。
そこで実力を出し切って活躍できるって言うんだから もうそれだけでメダリストな気もします。

女子柔道の松本薫選手が見せた鬼気迫る形相と終了後の、そして満面の笑み
そこに至るまでの懸命な努力を垣間見、こっちにまで彼女が歩んだ努力の過程が伝わって来て、スポーツによってもたらされる「感動」を享受出来ましたよね。

そんな夜が続いています。

残念ながら結果を出せなかった選手もいらっしゃるでしょう。
負けることやメダルを逃すことは、当たり前ですけど恥ずかしいことではなく、残念かもしれないけれど胸を張って居て欲しいですね、必死に頑張ったんですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何事も一生懸命であることの美しさは、スポーツに限った話ではありません。
先日の相馬野馬追もそう、多くの方の汗やその仕草が復興に向けた決意のようなモノとして、大勢のギャラリーにもひしひしと伝わって来ましたよ。

初めに感じたイメージは、「戦国自衛隊」。(笑)

相馬野馬追8


















だって、町の中心部を馬がパッカパッカと来るんですよ。
「戦国自衛隊」の映画は見たことがないのですが、しばしのタイムスリップの始まりでした。

ちょうど我々が陣取ったエリアが、観客特別席(来賓席?)に近かったせいでしょう、解説の方のアナウンスが程良く聞こえて来て、御陰でよ~く理解ができました。(笑)
震災後に、テレビ等でお見かけしたこの方の口上も間近で聴いてたのですが、実に立派でありました。

相馬野馬追9


































南相馬市・市長の桜井勝延氏です。

現在の彼の評価は存じませんが、震災時に必死に、誠実に対処されたのだけは何方も認めざるを得ないでしょう。この時にも氏の情熱が伝わって参りましたよ。

相馬野馬追10















私が驚いたのは、多くの若人の情熱や気迫溢れるその眼差しでした。
私は、例えば小中学校のみんなでやる行事なんかだって、恥ずかしながら手を抜いて半ば適当にやっていた記憶があるのですが、老若男女を問わずみな一生懸命だったことに大いに感動しました。

だって、この方なんてどう見ても戦国時代の方です。
あまりにカッコ良かったので目隠しはいたしません。(笑)

相馬野馬追11


































紛れもなく本物の武将みたいではありませんか。

真夏の炎天下・・・・イヤになるほど暑かったんですけど、今年の写真撮影を振り返って反省するところを反省し、また来年もトライしたくなってます。それぐらい魅力的な被写体に溢れておりました。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1