« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2012年7月31日

我々が得て来たモノ、失ったモノ

たぶん私だけではないかとは思いますが、本来は貴重であるモノになかなか気が付かない時ってありませんでしょうか?
日曜日に訪れた「相馬野馬追」がまさにそれでありました。
本来だったら6号国道や常磐道を利用して北上さえすれば容易に行けたはずの原町・相馬地区。今はその間に原発という魔物が居座っているがために、大幅なる迂回を余儀なくされます。
そうであっても、辿り着きにくいが故に行きたくなるってありますよね。

その迂回路となる道程には、未だに一部帰宅困難箇所が含まれる飯舘村がありました。車中、放射線量を測定したら確かに桁が一桁は違うんですよね。(泣)

記憶に間違いがなければ飯舘村を通過したのは初めてでした。
ホントに勝手なモノで、風光明媚なそのエリアを通過しながら、ナンで震災前の問題の無い時に訪れなかったんだろう・・・と私にとって失われてしまったかのような後悔にも似た念を感じました。

でありながら、南相馬市(旧・原町市)は放射線量も低く、「日常的光景」が広がってましたよ。

相馬野馬追6

お祭りとかの時って、カメラマンが大勢居るモンだから上のような写真も訝しがられる事なく撮影できたりして嬉しく感じます。

相馬野馬追5

この方は、紙の兜を被って、野馬追イベント開始前からいい感じでした。(笑)

相馬野馬追4

同行の「我が良き友よ」です。(笑)

相馬野馬追7

見ず知らずの方ですが、白いレンズが特徴でもあるCanon党の方です。
この日、何度もお目にかかったのですが、アマではなく職業的なカメラマンのようにお見受けしました。
彼女の撮影時のアングルは、実に勉強になりましたよ。
私も同じようなレンズを使ってはいるのですが、当たり前のアングルでは傑作は撮れないと学ばせてもらった気もしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

震災後、訪れにくくなってしまった南相馬市原町区。

その不自由さは、まさに我々が原発被害に因って失ってしまったモノに他なりませんけれど、逆にその事がキッカケとなって「行ってみよう!」に思い至ったのも事実です。

失ってしまったかもしれないけれど、「相馬野馬追」も飯舘村の長閑なる景色も 私にとっては得ることができた、思い知らされることになったという点で貴重な経験でありました。

いつの日にか、線量など気にせずに従来と何ら変わりなく訪れる事ができる日が来ると良いですね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月30日

人が人を判ずることの難しさ

随分と昔の話で恐縮です。(笑)
小学校の卒業文集、しかも二歳上の姉のヤツにM君って方が書かれていた文面を今日は思い出します。
私にとって余程の衝撃だったのか、40年の時を経ても記憶に残ります。
文集ですから、一般的には修学旅行の思い出話とか将来の夢が描かれていたりしますよね。M君のページには・・・

「裁判官になりたい」と書かれておりました。

私自身は、後にも先にも人を裁いたり判ずることなど考えたこともありませんが、12歳にしてそういった事を考えてる少年も居たんですねぇ。
彼が長じてその夢を叶えたか否かは解りませんが、そんな希望に溢れた文面が長らく他者の記憶に刻まれ、鷲掴みというか捉えて放さないぐらいの意味合いがあったことだけは確かなようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オリンピック。白熱した競技が繰り広げられてますね。
時差(8時間ぐらい?)がありますから睡眠不足を余儀なくされてる方も多いのではないでしょうか。競技にはいろいろとあるけれど、例えば水泳のように順位付けに人の判断が入り込む余地が無い方が安心して見ていられます。
銅メダルに輝いたアーチェリー女子団体のように、ルールに則って点数が加算されていくシステム(初めて知りました)も納得が行き易いですよね。

ただ、柔道・体操のように第三者の判断に委ねられる競技はどうしても難しいですね。
審判三人のジャッジはいったい何だったんだろうか・・・・。
人間ですからそりゃぁ~ミスはしましょうけれど、そういったミスを防止する為の3人審判制です。あれでは命懸けでその競技に邁進されてきたアスリートに失礼な気がしてなりませんでした。

公平性が保たれないとなれば、その競技の根幹部分を揺るがしかねません。
ナンとかならないか・・・・人が人を裁いたり、判ずることの困難さを感じました。

相馬野馬追3

こういった写真は、カメラの連写機能と常に動体にピントを合わせ続けてくれる機能が無ければ素人には撮れません。それでもなかなか納得の行く写真にはならないモノなのですよ。(泣)

実は上の写真もそうなのですが、乾燥してたが故に砂塵が舞い上がりレンズを直撃です。そんな中での撮影・・・・一生懸命に撮影してるのが伝わっていると嬉しいです。

写真の良し悪し・・・

是非とも良い方に判じて下さいね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月29日

日本の伝統は受け継がれて行く

「伝統」・・・「伝」の字の意味は訓読みで理解できますけど、「統」の方の意味を良く知りませんでした。今し方調べてみたら・・・

代々受け継がれて一続きになっているモノ

だそうです。そんな福島県が誇って良い「伝統」の祭り「相馬野馬追」を見て参りました。国指定重要無形民俗文化財が執り行われる3日間のウチの中で、本日行われたのは

「お行列 「甲冑競馬」 「神旗争奪戦」

「恐ろしく」と言っても過言では無いような炎天下の本日、貝泊写真倶楽部の蛭田さん、コウシンさんが御一緒して下さって汗だくになりながらも堪能して参りました。(笑)
撮ってるだけでも大変なんですもの、甲冑を身に纏ったその姿は勇壮ではあるけれど 見てるだけでこちらが暑くなりそうな一日でした。(泣)

相馬野馬追1

あらゆる意味で古式ゆかしい戦国絵巻が蘇ります。

ここ数日、写真等をアップしてみるつもりです。(笑)
写真の甲冑競馬は被写体としても素敵でしたけど、ナニより一番感心したのは若い人達の伝統行事に対する「ひたむきさ」でありました。
大丈夫、こういった騎馬武者の勇猛果敢さが損なわれない限り、そして父から子へ、そして孫へと受け継がれていく限り、相馬野馬追いは見事に復活して行くことでしょう。

相馬野馬追2

こんなシーンをそこかしこに認めましたよ。

相馬・完全復活の日は近い・・・そう確信した一日でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月28日

異業種の名刺交換会が楽しみ!

本日の診療終了後、我々のお楽しみでもある「ソーシャルCafe at 木楽館」に参加。
西洋家具の木楽館社長の鈴木聖洋氏を慕う皆がおよそ二週間に一度、週末の夜に集う内輪の会であります。
各自の取り組みを競うでもなく、テーマが決まってる時もあれば 雑談に終始してしまうこともあるけれど、とにかく雰囲気の良い集まりで、楽しみでなりません。(笑)
私の場合、どうしても仕事の都合上、開始時刻には間に合いはしないのですが、だからと言って受け入れて貰えない訳ではまったくなく、開放的に受け入れて下さる皆さんの姿勢がありがたいです。

ソーシャルネットワークという単語が叫ばれるようになって久しいです。

それでも、その最たる「Facebook」ですら いわき市での登録者は3000人には満たないとか・・・。
その分、これからの展開が楽しみでもありますが、そんな中 9月14日(金)の夜に・・・

「いわきソーシャルメディア交流会主催・第一回名刺交換会」

が開催される運びとなりました。
モチロン、私やいつもの仲間達、そして貝泊写真倶楽部からも仲間達が大勢参加します。

この集まり、何もソーシャルネットワークが苦手な方であっても参加可能です。
もし、ご興味のお有りな方がいらっしゃいましたら、私宛に御連絡下さい。
しっかりとエスコートさせていただきますので、チャレンジされてはいかがでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私だって3年ほど前には「ちんぷんかんぷん」の集まりだったのですが、

参加したらもう今ではどっぷり。(笑)

新たな交流始め、この年齢になって多くの友達(親友)ができること請け合いです。

必要なのは少しの勇気とチョイとしたキッカケ。

集うのはサービス精神旺盛な方々ばかりです。
嬉しくなる出会いがありますからオススメいたします。(笑)

オモシロ自転車

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月27日

「情報」は確かに操作されている

常日頃から、ネットにしろテレビにしろ新聞・雑誌にしろ、マスメディアの報道に徒に踊らされないように・・・なんて思ってはいるのですが、そうもいかないようです。

女子サッカー「なでしこジャパン」の初戦の勝利。

これはこれでとても素晴らしいことだし、昨年のワールドカップも大興奮したモノです。
だけど、そんな彼女達も 4年前の北京五輪ではメダルに手が届かず、扱いは実に小さかったですよね・・・って言うか、ほとんど存在すら感じてなかったっていうのが偽らざる正直なところでした。

その時に脚光を浴びていたのは「ソフト女子」。

上野投手の奇跡のような三連投は記憶に新しいけれど、残念ながらロンドンからは五輪競技から外れてしまい、光は当たらなくなってしまいましたよね。(泣)

天声人語に書かれてましたけど、つい最近 カナダでソフトボールの世界選手権があって、日本は42年ぶりに優勝してたんだそうですよ。御存知でした?
哀しいことに、その世界選手権・大会前の結団・壮行会にはテレビカメラは一台も無かったそうです。(泣)

メディアの移り気・・・

我々は必ずしも公平にすべての事実を知らされてる訳ではないことに気が付きます。
視聴率が取れそうな話題に終始するテレビ番組。
今の女子ソフトボールはその評価に値しないと判断されたんでしょう。
それでも頑張ってる選手達にエールを送りたい気持ちになりました。
4年前にあれだけ感動を頂戴したんですから、それが礼儀ってモンですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

沖縄や岩国基地に配備されると言われてる輸送機オスプレイ。

報道を見る限り、私にはとても危険な乗り物とインプットされてしまってます。
確かにそうなのかもしれないけれど、すべてを信じてしまうのも恐いような気もします。
だって、単に「テレビや新聞がそう言ってるから・・・」が私の判断基準なんですもん。

たぶん、震災後の「福島県」に対しての多くの国民の評価もそうなんじゃないでしょうか。
私だって原発の真実がどうなのかなんて解っては居ませんが、少なくとも私の周囲では 日々写真を交えてお伝えするようにもう普段通りの生活しか見かけません。
でも、そういった報道だとメディアは視聴率が取れないから、情報操作し「煽る」ような報道がなされたりはしてないか・・・ちょっと心配しちゃいます。

オスプレイも、原発問題も、そして大阪市長の橋下氏の問題も・・・

否定するなんて気はサラサラ無いのですが、少なくとも各メディアにだけは踊らされぬように真実を見極める目は持っていたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今晩は、いわき歯科医師会の「仲良し4人組 with マドンナ」での暑気払い。

またもや栗崎御夫妻と一緒でありましたよ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月26日

暑い一日に高原を駆け下りる

炎天下にクルマを停車しておくと、戻った時の室外温度計が示す体温以上の温度に驚きます。

ホントに暑ぅ~い一日となりました。

確かに不幸にして熱中症で亡くなられた方がいらっしゃるのが理解できるような真夏日。子供の夏休みと私の休診日が重なったので、ちょっと郡山の「石筵ふれあい牧場」までドライブして来ました。

石筵ふれあい牧場

木陰は涼しい・・・ってもさすがに言いにくいような高原の暑さ。
家内と交互に漕いで(漕がされて?)遊んじゃいました。(笑)

実はここに行くには目的があったんですよ。

持って行った自転車での高原下り。(笑)

この牧場がある母成グリーンラインは通行者量は比較的に少ないですし、ずっと下りばっかり。
ここから磐梯熱海インター近くまで南下・・・駆け下りてみました。
この「石筵ふれあい牧場」には持ち込むことができませんでしたけど、ちゃんと家内のミニバンに私と息子の自転車は積んでいったのですよ。(笑)

ミニバンに積載可能

便利なツールがあるモノです。

しっかり固定され、安定していてまったく心配なし。
よく屋根上に固定してるケースも見かけますが、載せるのも容易ではないしガードとかをくぐるには不安があるし、こんな便利ツールを探してました。

実際に駆け下りてる時の写真は残念ながら撮れませんでした。
危険だから・・・ではなく、コンデジのバッテリーが無くなっちゃったんです。(泣)
一眼レフは驚くほど一回の充電で撮影できるのですが、コンデジはその点が宜しくないですね。枚数を撮るから仕方ないのですが、アッと言う間に無くなっちゃいます。

夕方からは医院に出向いて植栽に水遣りです。

植物だって喉は渇くでしょう(笑)

一日中陽射しを浴びてるワケではない人間だってこんなにも喉が渇くんですから、シンボルツリーの欅だって相当に乾いたことでしょう。
既に地中深く根を張ってる(20年近く経過)から大丈夫でしょうけれど、まさかシンボルが枯れる訳にはいきませんからねぇ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月25日

「KING of 趣味」、鉄道模型

その昔、ノーベル物理学賞を受賞なさった江崎玲於奈さんがお好きだったと伺いました。
加山雄三さんも「究極の趣味」と称してのめり込んでいらしたと何かの書籍で読んだ事があります。

男の子であれば誰しもが一度は憧れた事があるんではないでしょうか?

「鉄道模型趣味」

今晩のNHKの深夜の番組、爆笑問題さんの「探検バクモン」。テーマは・・・

「スーパー鉄道模型でGO!」

世界一とも言われる原信太郎さんの膨大なるコレクションの中から選りすぐりの鉄道模型を集めた「原鉄道模型博物館」の特集でありました。

『 今年、横浜にオープンした世界最大級の鉄道模型博物館を爆笑問題が探検!架線とパンタグラフによる集電システム、鉄のレールと鉄の車輪が生みだす迫力の"鉄音"、本物の鉄道さながらの走行メカニズム。圧倒的なその迫力と、驚くべき緻密さに酔いしれる。さらに、この唯一無二の鉄道模型を生みだした原信太郎氏の膨大なコレクションの数々を見ながら、鉄道模型に懸けた情熱、そして追い求めた壮大な理想を探っていく。』

んだそうです。

原鉄道模型博物館

私も男子である以上、とても強く憧れますねぇ。(笑)

どれだけ有り余るほどの時間があっても同じ事はできないに違いないけど、何か一つの趣味ににどっぷりと集中する人生・・・

憧れてしまいますねぇ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月24日

こんなに楽しい夜は記憶に無い

最近、お酒に酔うと理屈っぽくなることを自覚しています。(泣)
先週末、当院二階で開催されたSNSの交流イベント「利き酒会 in 当院二階」の時にも抽象的表現に拘る様なところがありまして・・・・ただ単に「楽しかった」だけの事なんですけどね。(笑)

思えば、一年前には存じ上げないメンバーもいらっしゃるんですよ。
たぶん、インターネット、とりわけFacebookなるモノが無ければ親しくお付き合いをすることは生涯無かったかもしれません。
通縁社会・・・・通信網に立脚する縁(えにし)の妙とでも申しましょうか、皆さんとはアッという間に10年来の知己のように感じられるから不思議です。(笑)

ネット上の出会いは、やがてそれを助走期間のようにしてリアルな交流に発展。
そもそも お互いにある程度を理解し合ってるところがあり、仕事へのスタンスやら熱中してらっしゃることを事前に把握してますから付き合いやすいですね。

今回の「利き酒会」も、お声掛けをしてすぐに賛同していただけたこと、感謝ですね。

利き酒会 in 当院二階1

そもそも、お酒の違いは良く解らないんです。(笑)

美味しいとか苦手な味とかは解りますが、その程度でしかありませんでした。でも、さすがに飲み比べですからすぐに解りましたよ。表現はできませんけど。(笑)

利き酒会 in 当院二階2

美味しい魚料理と実に良くマッチしてました。
ご準備いただいた小名浜の「まるとみ酒店」さん、「レストランさすいち」さん、改めましてありがとうございました。

利き酒会 in 当院二階3

素敵なお花の差し入れ。野郎(男)だけの時には考えられないことであります。(笑)

利き酒会 in 当院二階4

実は平均年齢は結構 高めであります。(笑)

今回のこのイベント、大成功は全員の認めるところのように思います。
それが証拠に皆さん、深夜まで腰を落ち着けてらっしゃいましたから。(笑)
私としても、それは望むところでありまして、こうやって人と人の強い繋がりをこの場(当院二階)で持てたことがとても嬉しく感じられました。
次回は貝泊写真倶楽部の仲間でもあるgamasanの「蕎麦打ち」をメインに据えた利き酒会を開催したいと考えて居ます。
日程調整に入りますので、今しばらくお待ちいただければと思います。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここに集う人々は、それぞれが各自の分野で頑張ってる社会人ばかりです。
お互いがお互いを認め合うことで、また尊敬し合うことでプラスの関係構築が容易になったように思えてなりません。

いわき市においては、まだまだ小さな輪でしかないのだけれど、こんなささやかな輪を核にしながら通縁の出会いをリアルな親交に繋げて行ければと願ってやみません。

・・・・・・・・・いかん、今晩も微酔い加減で書いてるが故に どうしても具体的事例でなく抽象的な書き方になっちゃうなぁ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月23日

ひとつひとつ想いを叶えて行く

ナンだカンだ言ってはみても、本日は7月も23日。
つい先日、お正月だった、3.11の当日だった、と言っていたのが嘘のように歳月は流れ、今日はもう23日。7月下旬であり、来たるべき8月も間近に迫って来ましたね。(笑)

8月半ばにはお盆休みがあり、当院も久し振りの5日間の連休を設定しています。
その折には、今まで具現化されなかった仕事上やオフタイム時の懸案事項をクリアして行こうと今から予定しちゃってます。こんな連休時には毎度の事ながらどうしてもあれもこれもやりたい課題が出て来るけど、例年、そうは思っては居ても気が付けば連休最終日ってパターンが多いような・・・(汗)

今年こそは、しっかり予定を立てて過ごし、今までのあ~したいこ~したいの願いを叶えて行ってみるつもりであります。できるか否かは未知数ですが、せっかくのチャンスなんですからどうにかして休日の有効活用をして行くつもりでいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の大和田自然農園さんでのイベント。
勝海舟の海援隊ならぬ農援隊と称して農園さんを応援するのが趣旨。
それに賛同してサポートする皆さんが大勢いらっしゃいました。

こちらではね、自家製の釜でピザも焼けちゃうんですよ。

ピザ釜1

ピザ釜2

火力が強いせいなんでしょう。焼き上がるには1分と掛からないとのこと。

ピザ切り分け

自分でトッピングしたピザを切り分ける・・・嬉しいでしょうね。(笑)

こういったピザ焼きもそうですけど、やってはみたくとも想ってるだけで実行に移さなければ、最初っから何も考えてない方と結果は一緒になってしまいます。
同じように構想し考えを認めているあれこれの懸案事項・・・・いっぺんに何でもかんでもは無理だけど、ひとつひとつ地道に具現化して行けると良いですよね。
何事にもトライする、チャレンジする精神が肝要ですよね。私もこの夏頑張ってみます。

間もなく巡り来るお盆の連休を前に・・・

ちょっとした決意表明であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月22日

大和田自然農園さんを応援する

昨夜は何時に寝たのかすら記憶に無いほどに痛飲してしまいました。(泣)
久方振りに腹の底から笑うことができ、最高の一夜でありました。
御参加いただいた皆さんには改めて感謝ですね。ありがとうございました。

さて、酔っ払ってはいても しっかりブラッシングだけはして医院二階にそのまま宿泊。目覚めて今度は好間の大和田自然農園さんに親子三人で出向いて参りました。
復興イベントの一環。貝泊写真倶楽部のメンバーも参加して下さって、実に楽しい時間を過ごして参りましたよ。

大和田自然農園さん

幸い雨は降りはしませんでしたけど、大和田自然農園さんは全天候型のスペースであります。

竹馬なんかも置いてありましてねぇ。昔とったナンとやらで挑戦する皆さん。

大和田自然農園さん、竹馬2

大和田自然農園さん、竹馬1

大和田自然農園さん、流しソーメン1

流しソーメンなんかもやってましてねぇ。確か、記憶に間違いがなければ私自身も生まれて初めてだったような気がします。
大人も童心に帰り、はしゃいでトライしてましたけど、子供は大喜び。無理もありませんねぇ、竹を割った雨樋状の所に大好きなソーメンが流れてくるのですから・・・(笑)

大和田自然農園さん、流しソーメン2

流しソーメンなんかもやってましてねぇ。確か、記憶に間違いがなければ私自身も生まれて初めてだったような気がします。
大人も童心に帰り、はしゃいでトライしてましたけど、子供は大喜び。無理もありませんねぇ、竹を割った雨樋状の所に大好きなソーメンが流れてくるのですから・・・(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月21日

助け合って僕たちは生きている

昨年の震災は我々にいったいナニをもたらしたんだろうか・・・そんな問いかけを何方も一度や二度は考えたりしたはずです。
正直、私は当初「マイナス要因」しか頭に浮かびませんでした。
地震の瞬間、その激震中に目の前で落下する数台のデスクトップパソコンを目の当たりにすれば、「おぉ~大変だぁ~、被害額はいったいいくらになるんだ?」ってどうしても考えちゃいました。

地震の後に襲い来る、原発問題やら断水問題。
避難で患者さんは居なくなるわ、水が無くて仕事が出来なくなるわ、そういった切実なる場面に遭遇し頭を抱え込んだのは私だけではないはずです。

ただ、そんな時に・・・

ガソリン事情が悪く、移動すらままならない我々市民相互を繋いだのは他ならぬインターネットでありました。辛い日々を励まし合い、めげる気持ちを鼓舞し合い、そして様々な事を分け合い助け合って復旧・復興に努めたあの日々。
気が付いたら、震災前には想像もしてなかったようなリアルな交流が出来上がり、人と人の繋がりというプラスの要素が数多くそこかしこに出来上がっていたことに 大袈裟だけど私は驚きを隠せません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3年ほど前の「いわきWebアワード」に、何の気なしに参加したあの日。
当初、「場違いなところに来て失敗しちゃった」と後悔。(笑)
あまりにその場に馴染めなかったことを懐かしく思い起こします。

それが、皆さんの心優しい配慮に触れて、気が付いたらそんな輪にどっぷりとはまり込んでしまってました。(笑)

楽しい時間(笑)

今日もその延長上での「飲み会開催 in 当院二階」。

楽しい時間は瞬く間に過ぎ行きました。
御面倒をお掛けしました「まるとみ酒店」さんの女将さん、来年もう一回小名浜の地でオープンを目指す「レストランさすいち」のよしこさん、美味しい「日本酒&魚料理」と「素敵な配慮」をありがとうございました。
参加して下さった愉快な皆さん、お楽しみいただけましたでしょうか。
皆さんの笑顔がすべての答え・・・・と勝手に解釈してますからね。(笑)

震災の前、そして震災後の今。

身内が亡くなったり、住居が甚大なる被害に見舞われなかったからそんな事が言えるんだと思いますが、私には総じてプラスの方が多かったように思えてなりません。
原発トラブルは相変わらず余談を許さないかとも思うけど、地震被害を補って余りあるプラスを享受する今日この頃であります。

まるとみさん、さすいちさん、また第2弾、第3弾を企画願いますよ。
当院二階はいつでも提供いたします。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月20日

医院二階を人が集う場所にしたい

歯科医院の仕事っていうのは、能動的に自分から働きかけて患者さんに来て貰う場ではなく、どちらかって言うと受動的に来てくれるのを待つ・・・そんな仕事であります。
人が集まって下さらないことには成立しない職種ですから、医院一階を「集う場にしたい」っていうのは当たり前の事なんですけどね。(笑)

ただ、医院の二階となれば性格を異にします。

そもそも診療所併用住宅だった医院から自宅を分けた時以来、医院二階のリビング等はほぼ広めのスタッフルームとしてしか使用してきてませんでした。
それが昨年の震災以降の断水時に改めて整理整頓してみたら様々な事に使えそうな気になっちゃったんですよねぇ。(笑)
そして今では、少人数ではあるけれど、SNSの仲間達、貝泊写真倶楽部の連中、そして友人&同級生等に来て貰える「男の隠れ家」的な使い方が出来るようになりました。

そんな「隠れ家」に人を呼べるのがとても嬉しい。

どうしても、家族の居る自宅であれば気兼ねをしてしまいましょう。
家内の準備だって大変になっちゃうだろうし、ちょっと・・・・ですからね。

「人が集う」場には、そこに集まる皆さんのワクワク感とかが凝縮されるような気がしてならないのです。人が人を呼んで、活況を呈する交流の場になることを嬉しく感じるし、またそういった場所に育てていきたいとも考えて居ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、明日の晩は週末の土曜日。

今まで何度か小名浜の「まるとみ酒店」さんで開催して好評だった「利き酒会」を、もう少し中央台近辺の方が参加しやすいようにという趣旨で 当院二階を「まるとみ中央台支店」に見立て、開催して下さる運びとなりました。

例により、「まるとみ酒店」さん提供の日本酒を楽しみながら 「小名浜さすいち」さんの魚料理を堪能するという実に贅沢な集まりであります。
私は場所を提供するだけで、ありがたいことに お二人にお任せとなりました。(笑)

どんな形でも良いと思うのです。

イベントの素人達が、行き届かない場所で、ナンとか仲間達を誘ってトライしてみる。
「失敗したら次回に活かそうね」的な好意的な仲間達ばかりです。アットホームな雰囲気で明日も楽しく参りたいと思っています。

そもそもの収容人員は10名だったのですが、希望者がちょいとオーバー。
急遽、隣室にお座敷を準備させていただきました。(笑)

アクアマリン・・・スターライトシアター

写真は、7月15日の小名浜アクアマリン。
スターライトシアターと称する屋外の巨大スクリーンに環境映像が映し出されました。
幻想的という単語がピッタリと来る・・・これまた贅沢な時間でありましたよ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月19日

共通項があっただけで嬉しい(笑)

私は毎晩、余程 痛飲してない限りは活字に目を通す行為(つまりは「読書」)なしに就寝することはないです。どちらかって言うと読む速度が遅いのと、複数の本を並行して読んでしまってる関係上、一冊を完読するのに少々時間がかかりますが、読書することが一日の終わりの儀式のような感じを子供の頃から抱いています。

先日お話ししたクルム伊達公子さんの「進化する強さ」もそうでして、少しずつ読み進んでやっと佳境に入って来たところであります。(笑)
その第8章「身体の声を聞く」の最初に書かれていたことがとても印象に残りました。

伊達公子のオフィシャルブログ「Always Smile」

彼女もずっと上のブログを書いてらっしゃるんだそうですね。
サブタイトルの「Always Smile」がまた素敵じゃないですか。
モチロン、知りませんでしたけど「自分を知る貴重なバロメーターの一つ」とこのブログを位置づけられてるようで共感を覚えました。昨夜私が書いた「セルフチェック」に相通じるところがあるように感じられてなりませんでした。

『毎日、何か一つでも続けること。
時間通り、予定通りのルーティンを作る。
習慣的に何かをやる。
同じことをやり続けるにも気持ちを強く持たないとできません。』

とあって、ナンだか解るナァ~と思いました。

『自分のリズムを作ること、
やるべきことをコツコツやること、
決めたことをきっちりやり抜くことが、
何か実を結ぶ時が来ます。
継続することはきついかもしれないけれど、
自分の状態を知る点検作業にもなります。』

よく「継続は力」と言うけれど、そんな感じなんでしょうかねぇ。
私の場合には、そんな立派な考え・根拠なんかはないですけど、続けていくことは楽しいし、その時々における心境の変化は確かに残すことが出来るので宜しいとは思ってるんですけどね。(笑)
伊達公子さんのような方と、ホンの僅かではあるけれど共通項があったという事実だけで嬉しく感じました。

ビーチバレー1

どと言いながら、iPhone購入以来、貝泊写真倶楽部の仲間でもある しゅうさん、ねもしゅうさんと競って続けて来た「My 365」っていう毎日一枚ずつiPhoneの写真をアップするってアプリは中途でドロップ(脱落)しちゃったんですけどね。(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月18日

他者を「鏡」に見立てセルフチェック

日々、こうしてブログを書いたり、Facebook&Twitterに勤しんだり・・・・インターネットに関わらない日はまず無い毎日を送っています。(笑)
そんな中で自分では正しいと思ってそうしてるけど、大局的見地から見て、歯科医師としての振る舞い上 コンテンツに問題が無いかどうかって自分自身を見つめる事ってなかなか難しいんですよねぇ。
自分で判断が付かない時には他者に意見を求めるのは間違っては居ないかとは思うけれど、出来れば歯科医業事情に精通してる方に評価して貰うっていうのがbetterではないかと考えています。

本日の診療終了後。それにうってつけの方(年齢は一回り以上下)が私を訪問して下さって、そんな話に終始し、長々と話し込んでしまいました。
彼の返答はまさに自分自身を写す鏡であり、話せば話すほどセルフチェックをしているようにも感じられ、密度の濃い会話を楽しめました。

ネット事情にお詳し方から見て、どう見えるんだろうと案じてたりもしてましたが、「最近の先生の行動は楽しそうでいい!」って仰っていただき、その台詞がまた私の問いかけにピタッと嵌まるような気もしたものです。ありがたいことです。

そう言われちゃぁ~ねぇ~。(笑)

何事にも通じる普遍の真理のようにも思いますが、苦難・困難に遭遇してもできるだけ楽しむこと、何事にもワクワクしながら臨むことって大事なんでしょうね。

ちょっと自信持っちゃいました。(笑)

憩いのひととき(笑)

なかなか自分自身を客観的に見られずに困ってしまう時には、良き理解者に正直に打ち明け、意見を求めるって事が大事なんでしょうね。

御陰様で自信を持って現在の状況を踏襲していく勇気をいただきました。
遅くまでお引き留めしてしまって申し訳なかったのですが、帰宅してもなお 気分が宜しかったです。

また明日も頑張ることが出来そうです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月17日

「出会いのかけら」を磨いてみる

今日もまた暑い一日だったようですねぇ。
申し訳ないのですが幸いにも我が職種は屋内仕事、室温をコントロールできる仕事なのでその点は体力を消耗せずに助かっています。

ただ、親しくしている仲間達は、クルマの修理工場の方もいらっしゃる、コンクリート屋さんもいらっしゃる、瓦屋さんもいらっしゃるし、クルマであちこちを回る営業マンもいらっしゃる・・・・。
当たり前ですが、夏の強烈な陽射しを恨めしく仰ぎ見る方々も大勢いらっしゃいましょう。

以前だとたいして感じなかった他者の大変さに想いを馳せることが最近富に多くなりました。
ありがたいことに様々な出会いの機会に恵まれ、リアルに交友を深め行けば深め行くほどに、「彼はこの暑さの中 どうしてっかナァ・・・」なんて思っちゃうんですよねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ケツメイシの4~5年前の曲に「出会いのかけら」があります。
ふとした時に、脳裏にメロディーが浮かんで来ることが多い私の大好きな歌です。
その歌詞の中に「出会いのかけらを "磨く"」とあるのですが、私にはそうやって仲間達を思いやる瞬間こそが「磨く」ことナンではないかと思えてならないのです。

『 出会いのかけら それを磨けば

これからも無数に 芽生える種が・・・♪ 』

先週の後半も、そして今日も、一緒に居ても遠く離れていても、それこそいっぱい「磨いた」ので、これからも無数に出会いが生まれて来そうで楽しみでなりません。(笑)

「人が生きる」と書く「人生」ってヤツに醍醐味があるとすれば、先は見えやしないけれど「磨く」ことによって新たな出会いが見えて来る事に他ならないのではないか・・・と感じたりする昨今です。
今週末にも土曜・日曜とそんな機会があるので、今からワクワクしております。(笑)

ビーチバレー2

不思議なんですけど、私にとってのケツメイシのイメージって・・・

何故か バレーボールなんですよねぇ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月16日

勿来海岸・海開き&ビーチバレー

確か群馬の館林では本日の最高気温は平熱以上の37度台、首都圏では熱帯夜が続く模様・・・とニュースにありました。

ホントに暑い一日でしたね、今日は。(泣)

そんな中、親しくさせていただいてるトライアートの三戸さんと泉から勿来までの片道13キロを自転車で往復してみましたよ。目的は勿来海岸の「海開き」とオープニング・イベントの「ビーチバレー」。
考えてみると、昨年は海水浴は有り得ない状況でしたし、今年も勿来(なこそ)海岸が県内で唯一の「海開き」と聞いてます。
いわき市民のみならず福島県民として感慨深いモノがありますよね。

愛車in勿来海岸

海開きの式典・・・初めて拝見しましたが、ちょっと残念だったのは・・・・あまりにもお偉いさんの御挨拶が長かったように思います。神主さんのお祓い等は理解できるのですが、肩書きある方の立て続けのスピーチが長いこと長いこと。(代わる代わる一時間半は続いた)
それこそ高齢の方なんかは熱中症になりかねませんから、今後はお一人かお二人ぐらいに絞って手短にされると良いのにナァ~なんて感じましたよ。

ビーチバレー3

式典後のビーチバレーのイベント。
お二人ともプロの方と伺いました。躍動感は素晴らしかったデス。(笑)
残念ながらサイクリング故にコンデジしか持参してませんでしたから思ったような写真は撮れなかったのです。

でもね、貝泊写真倶楽部の仲間でもある佐藤さんが走行途中のあるポイントで我々二人を待っていて下さって写真に収めて下さいましたよ。
二人とも年齢は50代なんですが・・・

いかがでしょう? 少年の様に見えません?(笑)

三戸さん

自分自身

そりゃぁ真夏の炎天下ですから 身体的にはしんどかったですけど、実に心地良い汗をかくことができました。
驚くほどの健脚ぶりであった三戸さんとは、今後も更に仲間を増やしながら仲良くサイクリングしちゃおうと目論んでおります。(笑)


※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月15日

一年前には存じ上げない方ばかり

いわき市って、私が物心着く前には既に平だの小名浜だの湯本とかの各市が合併して、当時には珍しい平仮名の全国で最大の市になってました。
今では市町村合併の影響もあって全国で四位ぐらいの大きさらしいですけどね。
私自身はどちらかというと現在の「いわき駅(旧・平駅)」に近いエリアに居住してるモノですから、どうしてもお酒を飲みに行くとかの機会は「平駅」の周辺が多くなります。

そんな中、Facebookで知り合い親しくなった小名浜周辺に居住されてる皆さんと久し振りに小名浜の「酒蔵 鮭」さんに行って参りましたよ。実に美味しく戴いて参りました。(笑)

集まる連絡が入ったのは午後になってから。

電話等は一切使わずに、「呑みましょう!」の【緊急告知】に始まって時間・集合場所が決まって、あっと言う間に十数名。現代ならではの集まり方と言えましょうか。
中心になって動いて下さった小川さんは、思えば知り合ってからもまだ数ヶ月。
その後に随分と深く(!?)付き合ってますので、今では十年来の知己のようです。(笑)

音頭を取っていただき ありがとうございました。

ホントに人の出会いは不思議でなりません。

全員ではないのですが、半分以上は一年前には存じ上げない方ばかりです。
それでいて、お互いの行動や個性は下手をすると家族以上に把握してるって言うんだからネットの繋がりというモノは実に濃密です。(笑)

それを逆手にとって悪事を働く輩も横行し始めてるんでしょうけれど、経験上リアルな世界と一緒で自然と淘汰されて行くように思えてなりません。
キッカケがバーチャルなネット上であっても こんな風に実際にお目にかかってワイワイやってみると、更に親交が深まって宜しいことでしょう。

さぁ、明日は連休の最終日。

私は写真左下隅の方と、泉~勿来周辺をサイクリングして来ます。
見かけたらお声掛け下さいね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月14日

学ぶ事は幾つになっても楽しい

人はいったいいつまで学び続けるんでしょうか。

例えばニュースを見れば日々新たな事件・事故は止まることを知りません。
それと同じようにおそらくは学ぶべき事柄も生涯潰えることはないんでしょうね。

考えてみたら、私が歯学部の学生だった頃には「インプラント」の授業なんて一切受けてません。それがこんなに臨床に関わって来るなんて・・・・日々 学んでなければ付いて行くことなんかできやしません。
「ホワイトニング」も然り。
本日も「白くなった、満足です!」と喜んで下さった方がいらっしゃいましたが、これだって学生時代には概念さえ無かったんではないかと思えるほど最近のモノであります。

時代は変遷し、歯科医に求められるモノも大きな変貌を遂げてる昨今。
進化しない輩は淘汰される時代に入ってますから、くれぐれも淘汰されないように研鑽を忘れぬよう気を付けねばなりませんです。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モチロン、仕事のことばかりで無く、ソーシャルに関しても同様です。
面倒だ、時間が無い、個人情報漏洩の危険性・・・否定する言葉をあげればそれこそ自分に都合の良い「言い訳」は枚挙に暇が無いでしょう。それこそ山のように出て来るに違いありません。
でも、一歩を踏み出し、最新のWeb事情を求め学び続けることで新たな世界が見えて来ます。

淡い紫

私なんかもそうですけど、最近 メールの使用頻度が激減しちゃってます。
Facebookのメッセージ機能の方が便利なために自然とそうなっちゃってるのですが、これは私だけではないでしょう。
世の中には、私と同世代の方であってもメールに対しても苦手意識をお持ちの方もいらっしゃいましょう。ただ、時代の趨勢に付いていかないと、メールを卒業し更にステップをあげる連中との較差が更に広がってしまうことを忘れてはなりませんね。

モチロン、そういった所作も勝手に身に付くモノではありません。
仲間内の雰囲気の良い勉強会での学習を私は欠かしません。
終日仕事に没頭すれば、人間ですから診療終了後にはモチロン疲れもあります。
それで居ながらも 学び続けることは人生を豊かにしてくれると確信してますし、ナニより「好きこそモノの上手なれ」ですから勉強会への参加も楽しくてなりません。

限られた時間の制約の中で、あらゆる分野のすべてを習得することは不可能ですが、先輩諸氏や仲間が発してくれるエッセンスを存分に吸収させていただける「勉強会」は実に有り難い存在でもあります。

「継続」がやがて大きな力に変わりましょう。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月13日

多くの皆さんに支えていただく

ありがたいことに多くの方々から「お祝い」のメッセージを頂戴致しました。
自分でもビックリですけど、ソーシャルネットワークの威力ってホントに凄いんですね。
メッセージを下さった方には返信したいけれど、今夜は時間が取れません。
ちょうど「海の日」の連休が来ますのでゆっくりとお返事させていただく事に致しましょう。

実は、昨夜は大事な事を書き忘れました。
ケーキの写真、作って下さったのは「ラトリエ グランブルー」の眞柄社長さんでした。
自分の為のケーキなんて初めてでした。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

嬉しい時間は過ぎ行くのも速かったですけど、ちょっと写真で振り返ってみますね。(笑)

誕生会1

「シェ栗崎」さんの玄関口に張られておりました。ありがたいです。(笑)

誕生会2

すっかり馴染んだ店内。皆さんが集まりだして下さいました。

誕生会3

美味しくワインも頂戴しました。

誕生会4

このサプライズには驚きました。(笑)

そもそも「いわき百景」さんは、この為だけに茨城県南部から来て下さいました。
それだけでもビックリなのに加えてギターを持ち出してきてのオン・ステージ。(笑)

歌いたくて仕方なかったようです。(笑)

誕生会5

まるとみ酒店の女将さん。多才な方ですねぇ~、ピアノを弾いて下さいました。(笑)

誕生会6

カメラマンの二階堂氏。
この方との出会いから私の世界は変わりました。

こちらの彼のブログにもあれこれ紹介いただきましたよ。(笑)

誕生会7

徳永さんが素敵な歌を披露して下さってる中、主役が誰であるかを勘違いされてる女性が・・・(笑)

誕生会8

実に素敵で豪華な女性陣でありました。(笑)

・・・いわき市の美女軍団?

誕生会9

「いいね!」はFacebookの合い言葉でお馴染みです。
英語版で言うところの「Like!」です。

誕生会10

出席して下さった皆さんが皆さん、何らかで関わって盛り上げて下さってのイベントでありました。
改めまして感謝申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「灯台もと暗し」というフレーズがありますよね。

例えば素敵な風景は観光地として名高い裏磐梯だの奥会津に行かないと見られないと疑わなかったけれど、ナンのことはない、足元を見渡してみれば海も山もある「いわき市」のナンと風光明媚なことか・・・。
見えなかっただけ、気が付かなかっただけなんですよね。
それと同じに、素敵な人達は決して大都会とか本や各メディアの中にのみ居る訳では無く、すぐ隣に居てくれるんだと言うことを実感する今日この頃です。

特にいわき市のネット好きな方は魅力的な方のオンパレード。(笑)

多くの方々に支えていただくばかりで、お返しすることがなかなか出来ない事をもどかしく感じます。
けれど、扉を叩いてドアを開けてみるだけで新たな世界を体感できるって事を広く遍くこうやってお伝えすることだけは私にも出来ますね。

いわき市のソーシャルの世界・・・実に熱いです。

ちょっと抵抗を感じたり躊躇なさってる方がいらっしゃったら、一歩を踏み出すだけで私と同様に素敵な世界が体感できると思いますよ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月12日

少しは近づく事が出来ただろうか

あれから何年経ったんだろうか・・・・。

40歳を過ぎた頃から、ある先輩歯科医に連れて行ってもらってから 同級生のよしみで高校在学時代以上に親しくなったフレンチのレストラン「シェ栗崎」。
シェフと懇意だったその先輩歯科医が中心となって開かれた様々なパーティー。
私も随分とお手伝いさせていただきました。

あの頃の楽しき日々が鮮明に蘇ります。

そんな中心に居てくれる先輩歯科医を私は眩しく思っていましたし、大勢の異業種の方々との交流を羨ましくも感じられていました。
自分ではそんなパーティーなんかは開催できるなんて思ってもみなかったし、ましてや自分がそんなセンターポジション(!?)に居られる日が来るなんて考えもしませんでした。

もう間もなくで私の51歳の誕生日。

その前日である今夜、貝泊写真倶楽部やSNSで親しくなった多くの仲間達がありがたいことに私の誕生日を祝ってくれました。

場所はモチロン・・・・「シェ栗崎」。

嬉しくてならなかったんだけど、と同時に切なさもこみ上げて来ました。
私だけではないでしょう、オーナーシェフの栗崎氏、ソムリエールの奥様、数年前の当時の楽しくもせつない日々を知る我々三人には今夜は特別に胸に去来するモノがあったように思います。(泣)

その先輩歯科医が多くの仲間達に惜しまれながらも他界される半年ほど前の事だったか、彼が書いた歯科系書籍の出版記念パーティー。末期の癌に冒されている事実を参加者全員が知ってましたから、少しだけ皆の喜びの笑顔も曇っていたことを記憶しています。

時は流れ、「酒井君、歯医者バカにならないように異業種の方ともっと幅広く付き合え!」って言われ続けていた私は、ネットの時流に乗り、様々な異業種の皆さんと知り合うことが出来ました。
そして皆さんの御厚意で開催していただけた本日のイベント。
少しは、いやホントに少しだけその先輩歯科医に近付けただろうか・・・と感じましたよ。

嬉しすぎる誕生日会(涙)

人には歴史があって、栗崎シェフと私にはそんな共通の過去があります。
それが故に、今夜の楽しいひとときは掛け替えのない想い出となりました。

皆さんに感謝いたします。お返しなんかは出来やしませんが、我が貝泊写真倶楽部のリーダーでもある親愛なる二階堂氏が今回のイベントに際しても写真を撮って下さってます。
いずれ皆さんにも写真データをお渡しいたしますので、楽しみになさっていて下さい。

改めまして心より感謝申し上げます。本日はどうもありがとうございました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月11日

クルム伊達公子、「進化する強さ」

明眸皓歯(めいぼうこうし)・・・・美しく澄んだ瞳と白く整った歯のことで、昔から美人の例えとして表現される四字熟語であります。
その明眸皓歯、私のイメージは以前から「伊達公子さん」であります。

今はクルム伊達公子さんになられましたけど、カムバックなさって以降の40歳を越えての大活躍は良く知られてますよね。そんな彼女の著書「進化する強さ」・・・最近読んでるのですが、秀作であります。

「進化する強さ」序章に書かれていた文章に感激しました。

「"自分"をあきらめさえしなければ、人はいくつになっても成長し続けるものなのです。
不安や怖さはつきもの。
覚悟を決めてまずは動き出してみる。
すると、思わぬ可能性の扉が開く。
まさかという能力がどんどん花開く。
もうダメじゃない。
まだまだ行ける・・・・。」

ぐんぐん引き込まれるように読んでるところですが、机上の空論ではない、実際を伴ってる方の主張は説得力があります。

彼女のチャレンジがいつまで続くのかは解りませんが、「進化」を続ける女性の逞しさ・強さには大きな魅力を感じます。読み終えたら是非とも当院のスタッフにも読んでもらいたい・・・久し振りにそう思える著作に出会ってます。

御一読をオススメ致します。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月10日

淋しくて、嬉しくて、ちょっと残念

日々の診療に携わっていれば、人を相手にする職種故に喜怒哀楽に関わる実に様々な事に遭遇します。

私は基本的に楽観的なんですかねぇ。

記憶に残ることと言えば「良いこと」ばかりでして、マイナスなことは忘却の彼方へ飛び去って行ってしまってます。
日々 多くの出会いがあり、そんな皆さんに支えられての今日があります。

ここしばらく通院いただいていたTさん御夫妻、60代の方で平成9年初診と記載されてましたから以来15年のお付き合いでありました。
長きに渡るお付き合いをさせていただいておりましたが、8月にはお子さんの住まう埼玉県の方へ移転されるとのこと・・・ちょっと淋しい話でありました。
とても御丁寧で律儀な方で、「歯に関してナニひとつ心配なく過ごせました。御世話になりました」と菓子折まで頂戴してしまいました。
スタッフ一同とても有り難く感じました。

昨今では、ネットの発達でボーダーレスの距離感、御主人もPCが身近な存在であると伺って「今後もメールのやり取り等でお役に立てれば幸いです」とお伝えしましたところ非常に喜んでいただけました。
ナンだかこちらまで嬉しくなってしまいましたよ。

ただひとつ残念だったのは・・・・

「先生のアドレスは?」と訊かれてしまったことでしょうか。(泣)
診察券や配布物にまでHPアドレスやらTwitter&Facebookのアカウントまで記載はしてあっても、まだまだアピールが足りませんでしたねぇ。
多くの方にサイトやこのブログを認知していただいて、情報発信の窓口として御利用いただけるように精進せねばならないなぁと再認識でありました。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、一昨日の話になりますが、いわき市の芸術文化交流館アリオスにて「パークフェス」なるイベントが開催され、私も友人と一緒に顔を出して参りました。
ネット仲間の何方かには必ずお目にかかるイベントです。ぐるっと一周で10名近くの知己に遭遇致しました。

そのイベントには、こんな車両も置かれていたんですよ。

消防車

白バイ

子供さんもモチロン喜んでおりましたが、どうも親御さんの方が楽しそうにも見えましたよ。(笑)
両車ともなるべくなら普段の生活では御世話になりたくはない二台ですけど、こんなイベント時には引っ張りだこの「人気者!」だって言うんだから不思議ですねぇ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月 9日

自分自身の発案レベルを超える

自分では思考回路に柔軟性を有してるつもりであっても、知らず知らずのうちに頭が固くなると言うのか 斬新なる発想・発案が出来なくなってきてるのかも・・・そう思います。

「猪苗代湖一周」だの、「夏井川下り」だの・・・(笑)

自転車探検部での反省会(ミーティング)では、おそらくは自分だけでは考えもしなかろう案がポンポン出て来て驚きの連続です。
「猪苗代湖一周」って言ったって実際にはクルマで自転車を運んで一周60キロとかをサイクリングするに過ぎません。
「夏井川下り」って言ったって、実際には行きは何方かに自転車を夏井駅近くまで運んでいただき、後はそこからいわきまで夏井川に沿って下って来る(走行距離は40キロ?)に過ぎません。

でも、自分一人だったらおそらくそんな事は思いもよらなかっただろうし、考えても具現化するには絶対に至らなかっただろうと想像します。

いわき自転車探検部・次回のルート

自転車探検部のメンバー達。

週末、彼等は当院二階ではいわき市の地図を広げ、ルート選択に余念がありませんでした。
我々(敢えて私自身も含む)はいずれは一般の方々も募ってサイクリングをしようと目論んでいるのです。ただ、その為には事前の入念なる下調べは必須でしょう。

危険度・疲労感・最良ルート探索、etc・・・・。

それを多角的に検証しながら、少しでも一般の方々に喜んでいただけるルート案を出すことをみんなが真剣に考えてくれてます。
最近のパソコンはありがたいモノで、最終的にルート案が煮詰まってきたら高低差のハッキリと解る断面像もすぐに解るようで、三次元的な検証も可能なようです。

もしかすると、「自分自身での想像」のみならず「体力の限界」なんかも越えてしまってるのかもしれませんけど、年齢を言い訳にすることなく若き連中に付いて行ってみたいです。(笑)

庭の紫陽花

写真は庭の紫陽花。
こんな淡い紫が 私は好きであります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月 8日

その瞬間、気分は高校生です(笑)

実際の年齢はさておき、ある瞬間にタイムスリップと言うのか、その当時の感覚に戻ってしまったような気がすることはお有りになりませんか?
昨夜の「いわき自転車探検部」の反省会にて、それこそ高校を卒業して数年も経過してないような友との語らいで気分的に引き戻してもらった・・・・そんな感じになっていたんでしょうか。
本日、高校時代の同級生K君と二人で田人&貝泊へチョイとドライブしてみたのですが、ナンだか気持ちは当時のそのままに戻った感がありましたよ。(笑)

二人とも"見てくれ"は どう見てもオッサンでしたけど・・・

その瞬間、我々は紛れもなく高校生でした。(笑)

一昨日・昨日の悪天候がウソのように爽やかな涼風が吹く日曜日の今日。
こんな日は、「海」も良いけど「山」も心地良かったですよ。
アリオスのパークフェス・イベントを覗いた後に昼食を摂るために向かったのは田人のお食事処「ながせ」さん。

K君と田人・貝泊を訪ね行く3

K君と田人・貝泊を訪ね行く1

貝泊写真倶楽部のリーダー二階堂氏も絶賛のお店であります。

ナンつーか、私はここの「ソースカツ丼」を彼に食べさせたかったのですよ。(笑)
ナンとはなしの懐かしさを感じるお店であり、美味しい食事でしたよ。

K君と田人・貝泊を訪ね行く2

私が足繁く通い、このブログにもアップしてることから彼も興味を抱いてくれてたのでしょう。
貝泊写真館にも案内してみました。

K君と田人・貝泊を訪ね行く4

K君と田人・貝泊を訪ね行く5

この貝泊には、市街地では失われてしまった様に思える「過去」が懐かしいほどに残っていて、我々が三十数余年の間に得たモノと失ったモノを明確化してくれたようにも感じます。
どっちが良いとか悪いとかではなく、時間軸に刻みつけてきた各々の「歴史」を明らかにしてくれたようなそんな感慨に浸ることが出来た休日でした。

今度は、紅葉が綺麗な頃にまた二人で再訪したいと考えてます。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月 7日

20代、30代、40代、そして50代

インターネットを始めて、様々な方に出会うことが出来たのはとても嬉しいことです。
一番の朗報は、年齢差をまったく感じなくなったことかと思います。
まさか、我が子とたいして年齢が変わらない連中と親しくなるとは・・・想像もしておりませんでした。(笑)

本日は、「いわき自転車探検部」の反省会。

ナンだって事は無いのですが、まぁ集まって「あ~でもない、こ~でもない」って言い合ってるだけなんですけどね。(笑)

いわき自転車探検部2

当院の二階での開催であります。
設計士の豊田さんの差し入れ・・・・・「八海山」。
ナンだか嬉しいことがあったそうですよ。努力してることが報われるってのは友人として嬉しい限りです。ご相伴にあずかっております。
御陰様で当院二階はWi-Fi環境下なので、呑みながらの投稿失礼いたします。(笑)

いわき自転車探検部1

かつて私が通り過ぎて来た20代、30代、40代。
自分自身のその年代と照らし合わせながら、最年長者でありながら一番の新入りであることが可笑しくてならないし、その中で楽しめる自分が嬉しくてなりません。

長く付き合って行きたい仲間であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月 6日

身近に感じる「天声人語」の文章

文章を書き記すことの大変さは理解しています。
思えば小学校の読書感想文に始まり、入試の小論文的なモノから こうして日々綴るブログに至るまで、ナニか他愛のない数行を書く際であってもそれなりに構えない訳ではありません。
考えてみると、「読み・書き・ソロバン」のウチの前二者でもある国語関連のひとつでもある訳ですから そりゃぁ~「書く」のが大変なのも無理はないでしょう。

私は、子供の頃から朝日新聞の「天声人語」に触れて成長してきました。
今思えば、欠かさずそのコラムを購読していれば どれほど「書く」というスキルが上がっただろうかと思いますが、残念ながら既に「後の祭り」って感じです。(泣)
その入試にまで出題される天声人語の文章を実際に「読む」だけに止めずに「書き写す」事までしていたら・・・・

今頃はそりゃぁ~もう・・・・でありましょう。(笑)

そういった感覚は私だけではないんでしょうね。昨今では、「天声人語書き写しノート」なるモノがあって、高校の現代社会等の科目で使われるらしいです。
何ごともそうですが「上」を目指す際の最短距離は、優れた文章なら文章に触れ、それをどんどん模倣することかと思います。
写真もそう・・・写真雑誌等でキラリと光る写真を多く見て、それらを模倣することが上達の第一歩な気がします。
もっともっと真似しておけば良かったと悔やまれてなりません。(泣)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の天声人語。
筆者の方が、そういった世の動きに対する感謝の念と大衆へのエールが綴られておりました。

「天声人語」の字数は603字だそうです。

そこに秀逸なる文章をキチンと収めることたるや、至難の業でしょうに・・・。
この数字って「写経」で出て来る「般若心経」のそれの倍だそうですよ。(驚!)

庭の紫陽花

我が子が小学生の高学年の頃からか、読みやすそうな文章をピックアップして読むことを勧めたりもしてました。
自身自身の反省を踏まえてそうしてましたけど、600字余りをずっと欠かさずに模倣していたら、私の我が子も随分と優れた文章を書けただろうにと悔やまれてなりません。

今からでも遅くはないのですが・・・・(汗)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月 5日

確かに「物理」は苦手でした(笑)

万物に重さ(質量)を与えるとされ、「神の粒子」とも言われるんだそうです・・・。

その名も「ヒッグス粒子」。

単なる「物理学」だって良く理解してないんですもの、「素粒子物理学」なんて言われたらもう諸手を挙げての降参状態、お手上げであります。(笑)
報道によれば凄いことらしいけれど、何度 聞いても あれこれ読んでも理解できないモノは理解できません。
そもそも目に見えないほどの微少体をぶつける為に、ナンであんな大掛かりな装置が必要になるのかが まず凡人には理解できませんです。(笑)

物理を専攻する科学者達にとっては「歴史的瞬間」ナンでしょうね。
その発見までに費やした労力はさぞかし大変だった事でしょう。
願わくば、数年・数十年後に教科書に載る頃にはもっと簡便に理解しやすいレベルまで噛み砕いて下さることを願いたいモノです。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

物理学の進歩は、現代文明の底上げへの「貢献」は計り知れないでしょう。
「原子力発電」分野の基礎も「物理学」に属するのではないかと想像します。
門外漢が間違ったことを言うと笑われそうですが、陽子線・中性子線・素粒子といったモノが 平和的に安全に人類に貢献してくれることを願うばかりです。少なくとも武器・兵器の類いには応用されて欲しくないですね。

報道を見る限りは、「ヒッグス粒子」はそういった意味合いのモノではないようですけどね。
物理学者達の「世紀の発見」に喜び 夢みるような「笑顔」が、いつまでも曇ることのないように願います。

初夏のシンボルツリー欅

医院における被写体って、撮り尽くしてしまって案外無いのです。(汗)
休診日、医院のシンボルツリー欅の前で撮ってみました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月 4日

Facebookの達人に出会う夜

どんな業界にも分野にも達人の域に達してらっしゃる方っていらっしゃるんですよねぇ。4日夜には新潟から横田秀珠氏という方をお呼びしてのFacebookセミナー。
いつものSNSの仲間達と一緒に受講して参りました。

御存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、Facebookというのはソーシャルネットワークの最新版。原則実名登録で微に入り細に渡り実に上手く出来ている交流サイトであります。
ネット上のやり取りでありながら、実はリアルなお付き合いに勝るとも劣らないような、パソコンにそこそこ習熟されてるであろう多くの方々にとっても魅力的な最新のシステムです。
パソコン好き、ネット好きには堪らない魅力を孕んだそのFacebookを、リアルな交流、例えばそれぞれの事業にどう落とし込んでいくかというのがセミナーの主題だったように思います。

Facebookセミナーのひとコマ

まずは、影絵でひと遊び。(笑)
スタート前で、思わずやっちゃった光景でした。

最新のネットワークシステムとは言え、そこはそれ「達人」には「達人」なりの活用法がお有りなようでして、凡人には想像もつかないような活用法に「目から鱗」の2時間でありました。
結論としては、バーチャルであってもFacebookはリアルな出会いと何ら変わらないので、リアルでちゃんとしてる方は素晴らしい活用法がネット上でも構築できるってことかと理解いたしましたよ。

あらゆる点で、「日々是精進」を痛感致しました。

セミナー後の懇親会。
実はこれが楽しみだったりいたします。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我々いわき市の「SNS交流会」の面々に提示された課題のようなモノがたくさんあったように思います。(泣)
一人一人に課されたその荷は少々重たくもありますが、せっかくの仲間達の集まりです、今後もお互いに励まし合ってクリアして行けると嬉しいですね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月 3日

火曜日はちょっと苦手である(笑)

一週間ってナンで「7日間」なんだろう・・・恥ずかしながら太陽暦も太陰暦もしっかりとは理解してはおりませんので、日曜日から土曜日に居たる「一週間」の流れを不思議に感じる時がありますね。
昨日も、今日も、そして明日も同じ「一日」の筈なのに、曜日によってはまったく違った側面を持ってるようにすら感じます。
私における曜日感覚は、週半ばの木曜日の休診日の存在に大きく左右されます。
一番中途半端な火曜日・・・・そう、今日のことですが、一番「苦手」に思ってます。

職業によっても異なりましょうね。

土・日の週休二日制の方や就学年齢の子供達の場合は、自分自身の過去を振り返るに木曜日辺りが一番の「苦手」曜日となりましょうか。
サービス業の方となれば、また曜日感覚は全く異なることでしょう。

【 私の一週間 】

日曜日 ・・・・ 欠かせません。
月曜日 ・・・・ 今週も頑張ろうのスタート時。
火曜日 ・・・・ ちょっと中途半端かなぁ。
水曜日 ・・・・ 明日はお休みなので頑張れる。
木曜日 ・・・・ これも今の私には欠かせません。
金曜日 ・・・・ 週末は何故か嬉しい。
土曜日 ・・・・ 仕事しながらもホッとします。水曜日とはちょっと違う感覚。

もっとも人間は勝手なモノで、火曜日には面白いテレビ番組が無いってだけの事でもあるんですけどね。(笑)

夜はちょっとご勘弁願いたい1

夜はちょっとご勘弁願いたい2

二枚の写真は、先日の泉周辺の「ぶらチャリ」時に収めました。
同行者の弁に拠れば、手彫りのトンネルだとか・・・。

気分的に快適な木曜日のイベントでありました。
仲間のみんながありがたくて、私のスケジュールに合わせてくれてます。(感謝!)

ここに写ってるトンネル。

地域の方々の日常には欠かせないトンネルなんだろうけれど、私としては ちょっと夜間はご勘弁願いたいかと感じましたよ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月 2日

ちょっとだけ・・・恐い気がします

社会心理学では、社会の構成員でもある集団が合理的に是非を判断しないまま、特定の時流に流されることを指して・・・

群集心理、集団心理と称するそうです。

その流れに抗う者は時に排除されるという過激性を持つ反面、興奮が冷め冷静にさえなれば反省することも多いようです。
こういった群衆の中に生まれる特殊な心理状態ってどうなんでしょうか。
徒に、判断力が低下し、興奮性が強くなり、時には無責任な言動までとってしまう心理。
「個」に戻れば案外 穏やかな性格だったりもするのに、「群衆」に属した瞬間から超過激モードに変身しちゃうなんて・・・。
ここ数日の報道等に接してみて私は・・・

ちょっとだけ・・・恐い気もします。(泣)

関西電力大飯原発の3号機。稼働に反対するのはモチロン私も一緒です。
そうであっても電力供給不足では、国家の経済が成立しないこともまた理解できます。
代替エネルギーへの転換は、理想的ではあっても即座には現実的ではないんでしょう。転換の方向性は正しいでしょうけれど、目の前の「電力不足」は避けねばならないという大前提も存在しましょう。
それでもなお、避難されて仮設住宅にお住まいの患者さんとかの日々の苦しみを伺う機会があると、「稼働再開」には複雑な想いが芽生えてなりません。

「まだ福島原発の事故処理が終わってねぇ~べよ!」的な感覚がある私にとってでも、案外 群衆の中には地元の方が少ないと言われる今回の扇情的とも言える反対行動に対し、ちょっと解せないところはありました。

冷静になる必要性を感じます。

興奮しちゃうと逆に「相手の思う壺・・・」なんて事もありますしね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、そんな中、我が家の休日は実に平和な光景に包まれておりました。(笑)

親子三人の足(笑)

昨日訪問させていただいたEさんのお宅は御近所でしたから・・・

親子三人で仲良くサイクリング。(笑)

ナニより嬉しかったのは、Eさんの御主人と 私が慕う貝泊写真倶楽部のリーダー・二階堂氏が息子をかまってくれて飽きさせなかったことでしょうか。ありがたいことでありましたよ。
大人の会話の中には小学生はなかなか交ざれませんけれど、こんなコトされたら青色大好きの男の子は大喜びでしょう。

青が大好きな息子(笑)

ナンと申しましょうか、二階堂氏とは精神年齢がたいして変わらないのかもしれませんね。(笑)

仲良し!(笑)

息子にもカメラを預けて、貝泊写真倶楽部・貝(会)員にしちゃおうかしらん。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年7月 1日

夫婦単位でのお付き合いが嬉しい

自分自身がやがてリタイアした時のこと・・・・その姿はまだ想像することが出来ません。
そりゃぁ悠々自適であることを願いたくはありますが、十数年後にどう居られるかは誰にも解りゃしませんよね。出来得ることなら自分で好きな事を存分に出来る境遇でありたいとは思いますが・・・。

そんな漠然とした願い(希望)を抱きつつ生活する日々の中で、例えば自宅の庭に時間を掛けてBBQハウスなんかを自作された方がいらっしゃったら実に羨ましくも感じます。

「アート集団」でとても御世話になってるEさん御夫妻。
そのEさんのお宅には御主人が自ら造られたBBQハウスがあって、そこに本日、貝泊写真倶楽部のリーダー御夫妻と一緒に我が家の親子三人もお招きいただき、お邪魔してきました。

Eさん宅でBBQ1

広過ぎず、狭過ぎず、ナンだか素敵な空間にチョイとビックリ。
私自身の感覚にはない「手造り感」が とても魅力的に感じられました。

すべてを準備して下さっていたEさん御夫妻には感謝いたします。
ちょっと好き嫌いのある我が子も、食材を美味しく頂戴できたのはナニよりでした。

Eさん宅でBBQ2

流石に家内と息子(8歳)は夕方には辞去しましたけど、居心地が宜しかったので私は遠慮なく暗くなるまで居させていただきましたよ。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

順番は今ひとつ「あやふや」ではありますが、人生には「青年期」だの「壮年期」、「老年期」といった各ステージがありましょう。そのステージ毎に人は一生懸命に生きて行くもんだと思いますが、いわゆる晩年に待っていてくれる姿は・・・・こうありたいと私には思えました。

ふた組の御夫婦・・・我が夫婦よりは年長の皆さんの仲睦まじい(!?)やり取りに、学ぶべき点が多々ありました。どうしても子供が小さいウチには夫婦単位で動くことが出来ませんでしたけど、今後も是非にお邪魔したいと思える日曜の午後でありました。

Eさん宅でBBQ3

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1