« 2018年7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2012年5月31日

時間は喜怒哀楽で長さが変わる

今年が今日で5ヶ月も過ぎてしまったという事実・・・瞬く間に過ぎてしまった感が拭えません。思えばついこの間にGWがあったばかりなのに、気が付けば月末を迎えてしまいました。

喜怒哀楽、人のその時々の感情によって時間の長短は変わってくるように思えてなりません。辛い時間、悲しい時間は流れるのがとても遅く感じられ、逆に嬉しいひととき・楽しい時間帯はアッと言う間に過ぎてしまう・・・。
同じ1秒、同じ1分、同じ1時間なのに、その本来の長さは一定であっても、こちらの受け手の人間の心境に応じてまったく違って感じられるのって不思議ですよね。

例えば入試の合格発表を待つ時。恐ろしいほどに長く感じたことは何方にもお有りでしょう。
終わってしまえばそうでもなく感じるけれど、渦中に居る時にはとてつもなく長い・・・。

逆に早朝の3時半に集合してただ単にほぼ同じ場所で撮影行を繰り広げてるだけなのに、6時間モノ長い時間がとても短く感じられる不思議さも感じました。

貝泊写真倶楽部の仲間と散策した戸草川渓谷。

いわゆる人気スポットではありませんが、我々にとっては時間の流れがとても短く感じられる「貴重な空間」であったことだけは間違いないようです。

戸草川渓谷7

戸草川渓谷8

萌える緑・・・まさにこのことなんでしょう。

楽しいことばかりだと、アッと言う間に年老いていってしまうという危惧もないではありませんが、どうせなら明るく・楽しく・元気よく日々を送って行きたいモノです。
愚痴ってばかり居てもナニも始まりゃしないんですから、あらゆるコトをポジティブに考えながらの毎日を送りたいモノですね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月30日

Googleカレンダーで失敗!(泣)

私自身は、仕事以外の時間帯に分刻みのスケジュールで動いてる訳ではありませんけど、それでも会合のアポイントとか覚えておかなくてはならない予定とかがあるので、Googleカレンダーをフル活用しています。
お使いの方は御存知かと思いますが、これは非常に便利なモノで、スマホとの同期も出来て パソコンからの入力時に時間を入れておけば10分前にはスマホに「お知らせ」が来るし、時間指定がなければ前日の23時50分に教えてくれます。

そりゃ直近のアポイントは覚えてられますが、数週間後や数ヶ月後の予定は無理。

ひとたび入力すれば、後はネット任せで居られるのですからこんな便利なモノはないと絶賛していたのですが、当たり前の話ですけど、

入力してないモノは反映されませんで・・・(泣)

戸草川渓谷5

当院の女性スタッフ。
モチロン、それぞれに誕生日を迎えられますよね。院長としてはささやかではあるけれど、誕生日プレゼント代わりの金一封をお渡ししています。何かの足しにでもして貰えれば嬉しいですもんね。
ただ、さすがに全員の誕生日を覚えておくって事ができなくって Googleカレンダーさんにお願いをしていたってワケです。

それがですね、記憶を遡ると昨年10月末のスタッフ誕生日の後、「そろそろ来年分を入力しなくっちゃ・・・」と思ったところまでは記憶にあったのです。

その後、入力を忘れちゃったんですねぇ。(泣)

入力しなければスマホで教えてくれるようなこともなく、気が付いたら2月・4月・5月に誕生日を迎えていたスタッフを忘れてしまってました。(泣)

普段からスタッフにも、「細心の注意を払って、より良き日々の診療業務に活かして行こう!」なんて言ってる院長が、うっかりで忘れちゃいまして・・・反省しきりの昨日でありました。ちょっと遅れちゃったんだけど、みんなにプレゼントして快く許していただきました。(笑)

戸草川渓谷6

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月29日

「架け橋」の様な存在になりたい

ここ数日、我々 貝泊写真倶楽部のイベントの模様をみんなでFacebookを含むネット上にアップしていたら、嬉しいことに「貝泊は元気ですねぇ~!」の様なコメントを頂戴しました。

我々の取り組みだけを見ればアグレッシブにも感じていただけようかとは思うし、確かにイベントを断片的に捉えればそう見えるかもしれませんが、

現実はまた違っているようにも感じます。

今まで、限界集落と言われて久しい いわき市南西部の田人の奥の「貝泊」、そこにUターンならぬIターンで移住されてた方の多くが震災後に原発被害による土壌汚染を不安に感じて貝泊の地を離れたようにも伺っています。
地元の貝泊コイコイ倶楽部の皆さんが長年掛けて取り組んでこられた移住希望者誘致とうい地道な努力は、残念ながら頓挫してしまったようにも感じます。

無理もありませんよね、
そもそもの出身がこの地であっても避難される方が大勢いらっしゃいます。だもの地縁血縁が無ければ被曝リスクを背負う意味は無いのかもしれません。

Iターンで移住されたお子さんのいらっしゃったような年代の方が逆に離れ移転なされば、必然的に住民の平均年齢は上がる一方。限界集落が現実味を帯びて感じられるに違いありません。(泣)

戸草川渓谷4

貝泊写真倶楽部のリーダー二階堂氏は、縁あって貝泊の古民家をお借りになり、そこを倶楽部の拠点とし、地域の方々との交流をとても大切になさっています。
御陰様で、我々も足繁く通う機会をいただき、今回もそうですが地元の方々と随分と交わることができました。今回の企画(コスモス畑に向けての種蒔き)も、二階堂氏発案による地域振興のシンボル作りと言っても過言では無いかもしれません。

良いトコなんだけど、今は目玉と呼べるようなモノが少ない貝泊。

それでは、地元の皆さんがどれだけ市街地の我々に「来て下さい!」とお声掛けをしても訪れる動機になりにくいのは事実でしょう。そこに、菜の花でもコスモスでも一面の綺麗な風景があれば、多くの方々にアピールすることも可能なんではないかという二階堂氏の想いに我々は共感しています。

時間は掛かるかもしれませんが、そんな風になったら是非に足を運んで貰って、貝泊の「豊かな自然」や素敵な皆さんと接していただきたいと願います。
普通はなかなか地元の皆さんとの接点なんかはないはずですから、そこはそれ我々が烏滸がましくはありますが「架け橋」のようになれたら良いのかもしれないと感じて居ます。

私自身、随分と通ったので・・・

ご案内もさせていただけます。(笑)

戸草川渓谷3

風景写真の撮影にももってこいかと思います。興味のお有りな方はお付き合いいたしますので、御一報いただければ・・・・です。(笑)

戸草川渓谷2

戸草川渓谷1

上の写真の場所は相当にマニアックな場所ですから難しいですけど、ここに限らず これからの時期は「貝泊」を訪れるには実に宜しいかと思いますよ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月28日

森林浴は早朝に限るのかもしれず

いやはや天気予報というモノは正確なんですねぇ。今朝ほどの目映いばかりの陽光を浴びてからは、午後の俄に掻き曇った後の集中的豪雨と雷に見舞われる姿を想像された方は少なかったんではあるまいかと思います。

天候急変。市街地ですら戸惑うのですから、山間部に出向いていらした方は対応が大変だったことでしょう。残念ながら尾瀬にて落雷に見舞われた方がお亡くなりになったと報道されてましたが、その方も朝の出立時にはおそらくは想像もしてなかったことでしょう。

そんな豪雨は、森の中では生命力の根源となるんでしょうね。
木々に潤いを持たせ、葉に瑞々しさを与える恵の雨にもなるやに思います。
昨日のいわき市南西部の貝泊(かいどまり)の森は、ちょうどそんな感じの「新たな緑」に溢れておりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現地到着午前3時30分頃。
当然自宅からはクルマで向かったのですが、勿来のインターを過ぎてから貝泊到着まで、一台も対向車にスレ違いませんでしたよ。

当たり前ですが、周囲は完全な闇でありました。

5月27日早朝1

写真は、貝泊の小中学校入り口でパチリ。(笑)

貝泊写真倶楽部の仲間と合流。夜が白んで来て準備に移ります。二人ともいわゆる胴長を着用して準備万端整えます。胴長・・・お二人がそうだって言うんではなくて、あくまでも長靴の長いヤツで胸まで覆えるヤツのことです。(笑)

5月27日早朝2

向かった先の戸草川渓谷の滝です。正直、シャッタースピードを遅くしないと水の流れを描写できないことは知ってはいたのですが、どんな風に表現すればベターなのかは良く解りませんでした。

同じ滝なんですが、切り取り方を変えて撮ってみましたよ。

5月27日早朝3

5月27日早朝4

5月27日早朝5

水のせせらぎ・・・というよりかは轟音に近い感じもありました。
むせ返るような早朝の緑の息吹、微かに吹く風、木々の隙間から漏れ射す朝の陽光。

森の中に身を置くと、マイナスイオンがどうたらで・・・ではありませんが、心身共にリフレッシュが図れるような快適感が芽生えてくるモノですね。
森林浴をするならば、こういった朝のウチに限るのではないかと感じた次第です。

その空間に響き渡るシャッター音。(笑)

5月27日早朝6

我々3人ともCanonのEOS党。(笑)

ピントが合った事を知らせる電子音とシャッターを切る音が大好きですから、実はこの音こそが森林浴以上に我々を心地良くさせる響きだったのかもしれません。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月27日

世代を越えた、「我が良き友よ」

「我が良き友よ」って言ったって、下駄を鳴らしてくるワケで無し、腰に手拭いもぶら下がってはいませんけれど、この吉田拓郎さんの楽曲が本日の私のテーマでありました。

貝泊写真倶楽部という写真愛好家達の集まり。

そこで縁あって出会い繋がった「良き友」の皆さん。
そんな仲間による「コスモスの種蒔きお手伝いイベント」に参加し、その後のBBQにも参加し充実の一日を過ごすことが出来ました。(笑)
下の写真は、BBQ後に貝泊写真館内で寛ぐ皆さんです。(笑)

貝泊写真倶楽部BBQイベント1

そういったイベントに先だって、希望者は戸草川渓谷なるところに出向き、渓谷のところどころに見られる「いわき市内にこんな滝があったの?」の感を禁じ得ない風光明媚な滝と早朝の光(斜光)が織りなす新緑美を堪能。

カメラ片手に最良の一日でありました。(笑)

今朝は、まだまだ深夜の2時30分に起床。(泣)
いわき市南西部の貝泊地区への到着が3時半。
日の出と共に戸草川渓谷へ足を踏み入れました。

本日は睡眠不足による疲労困憊故に滝の写真は日を改めますが、そんなダイナミックな滝の写真もさることながら私には「新しい緑」、「新たな息吹」が実に魅力的に感じられました。

貝泊写真倶楽部BBQイベント

たぶん、この地区は、3月11日よりも4月11日の地震に因るダメージが大きかったんだと思います。壊滅的とは言いませんが、未だにクルマによる通行は回復しておりません。(震災前から落石等で通行不可だった)

そんな所にでも「春」は再び巡り来て、新しい緑で辺りを染めるっていうんですから「自然の回復力」の強さを感じた次第です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな戸草川渓谷に足を踏み入れた主たる目的はモチロン写真撮影。

「我が良き友」達は、いつも素晴らしい写真で私を慰めてくれますが、そんな写真はこんな苦労・努力の賜であることを紹介させて下さい。
ま、好きだからただ撮ってるだけ(笑)なんですけど、次の写真のように想像を超えた状況で撮影していたり、更に下の写真のようにそれなりの機材を用いて 少しでも「いい写真」を撮れるように我々は努力を惜しみません。

お名前は敢えて出しませんが、私の一回り以上年下の親友達であります。

貝泊写真倶楽部BBQイベント3

貝泊写真倶楽部BBQイベント4

そもそもこういったブログを書き綴ってなければ出会わなかったはずの貝泊写真倶楽部。
思い切って参加し仲間に入れて貰い、そしてそこで出会った素晴らしき仲間達。
この倶楽部が、今日の私の写真への取り組み方を大きく変えました。

一歩を踏み出し、明日を変えるか否かは本人次第。

最近、関係各方面から「酒井さんは楽しそう」って仰っていただけるのが、ちょっと誇らしくもあり まったくもってその通りと自分でも感じています。(笑)
今後も、末永く貝泊写真倶楽部の活動を見守り、「良き友」達とみんなで貝泊という限界集落の活性化に少しでも尽力できることを私は願っています。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月26日

「草木も眠る丑三つ時」にスタート

すべてのモノが静まりかえり、草木までもが眠るとされる丑三つ時。
お化けだの幽霊だのが出ると言われるその深夜の時刻って、私の場合には土曜日ともなればややもすると眠りにつく頃だったりするのですが、明日は逆であります。

写真撮影行の為に起きてみます。(笑)

明日27日は、我等が貝泊写真倶楽部の「コスモス畑整地 & 種蒔き & BBQ」イベントの日なのですが、開催される貝泊には戸草川渓谷っていう いわき市民にもあまり知られていない渓谷がありまして、そこに日の出前に新緑を撮影しましょうという企画が勃発(!?)してしまいました。

日の出時刻は4時20分だとか・・・。

考えてみたら我が家から貝泊まで1時間近くは要します。しかもその日の出前には撮影は完了。つまりは逆算すると「草木も眠る・・・」に起床しないとなりません。
発案は茨城から参加するこの方なのですが、賛同する会員が数名居たものだから、だったら私も行くしかないかと・・・(笑)。

基本的には個人行動の自由度の高さを好みます。自分のペースで動けますからね。
本来は団体行動って苦手なんですが、貝泊写真倶楽部は団体でありながら私のマイペース撮影行動を許容してくれてる(・・・させてる?)のでありがたいのです。

久し振りの超早起き・・・ここしばらく午前0時前に就寝したことがないので一抹の不安は感じますが、まぁナンとかなるでしょう。(笑)

文字通りの「楽しく長い一日」になりそうです。(笑)

新川土手沿い

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月25日

未だに成長途上、基本を学びます

どんなことでもそうかもしれませんが、慣れてくると独善的になってしまったり、いわゆる自己流・我流になってしまい、かつ そのことに自分自身で気が付かなくなることがあります。
独創的なことならいざ知らず、他者からの評価を少しでも得たかったり楽しませたいと思うんであれば、時に客観的に自分の力量を見つめ直しセルフチェックしていく必要はありますよね。

普段から、写真雑誌なるモノには好きで目を通しては居ますが、私の撮った写真に対してそれなりの「評価」を期待する為には、やはり押さえておかねばならない基本テクニックっていうのはあるんですよね。
同じ被写体、同じ撮影条件であっても、必ずしも表現はひとつではありません。
数ある表現技法の中で、どうせなら素材被写体の良さを存分に引き出したい、そう願って「基本」を学び直しています。

ある方が「枚数を撮ってるヤツには敵わない」と仰ってましたけど、まったくもってその通りかとは思いますが、それでもただ漫然とシャッターを切るだけでなく向上心を持って取り組んでいった方がきっと上達も早いことでしょう。

それなりの機材は揃ってます。(笑)

その機材(カメラ)のもつポテンシャルを最大限に引き出せる、そんな「腕」を身につけたいと思います。

道のりは果てしない・・・・

ゴールなんては無いんでしょうけれど、だからこそ楽しいんでしょうね。(笑)

新緑の白水阿弥陀堂1

写真の「新緑」のように・・・

私も未だに成長途上であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月24日

クロスバイク、実に魅力的な乗り物

かつて、歩ける範囲は別として、直樹少年(私)にとっての移動手段は自転車でありました。
いつからだったでしょう、大学に入ってからもしばらくは自転車だったのに そのうち楽をしようと原付スクーターに代わり、そしてクルマに乗り出すようになってからはチョイとした移動距離でも歩かなくなってしまいましたし、自転車とも縁遠い日々がありました。

基本的にウォーキングが基本であることを理解はしていても、時間的制約や移動距離の長短等を考慮すると、どうしても私的にはサイクリングがベターな気はします。(笑)
最近、仲間達と一緒に探検部等の活動を始めたのも背中を押してくれましたしね。

日曜日(20日)にクロスバイクを手にして・・・

初めての休診日、しかも晴天。(笑)

子供みたいに早朝5時半頃に目が覚めてしまい、ワクワクしながらお出掛けしてみました。

目的地は花菖蒲が綺麗な白水阿弥陀堂。

改修中で御堂の拝観等ができないことは知ってましたけど、ちょうど手頃な距離だったし、子供の頃に育ったエリアでもあったので出掛けてみました。
花菖蒲の見頃は過ぎていたかもしれませんが、十分に綺麗。

新緑の白水阿弥陀堂4

ナニより新緑が眩しかったように思います。

新緑の白水阿弥陀堂3

この自転車(クロスバイク)。

価格は定価で72000円。高いって言えば高いですけど、飲酒もたいしてせず、喫煙やゴルフもしない私ですからそのぐらいは・・・でしょうか。(笑)

今から40年ほど前、小学生の時にフラッシャー付きの自転車を買って貰った時の価格が36500円だったことを思えば価格優良商品かもしれないと考えます。

ゆっくりと3時間ぐらい掛けて26キロ弱の走行距離。
写真撮影は数えきれないほどの枚数・・・(笑)

走行距離

残念ながら、快適な汗をかいたのにも関わらず消費カロリーは・・・

消費カロリー

225キロカロリー。(泣)

たかだかクッキー5枚分でしかないんですね。
モチロン、ダイエット目的ではないのでまったく構わないのですが、現実の厳しさも感じてしまいましたよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一年中で一番良き季節到来。
時間を見つけてはサイクリングに勤しんでみようかと考えて居ます。
ナニより、ストレス解消になりそうです。(笑)

この快適な自転車・・・・唯一の欠点は、今までの折り畳み式ミニサイクルと違って、前輪を外しても愛車プリウスに乗せられないことでしょうか。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月23日

サイクルパーツに興味津々(笑)

明日は、今週の日曜日に新しい自転車が手元に届いてから初めての休診日。
雑事に追われてどれだけ乗れるかは解りませんが、ちょっとワクワクしないでもありません。(笑)

サイクリングとインターネット。

リンクする点なんか無かろうと思っていたのですが、そうでもないようです。
そもそもネットで検索し、「いわき市」のサイトを覗いてみたらビックリ。
オススメのサイクリングコースなんて出てるんですねぇ。初級コースから中級・上級まであって、ナンだか嬉しくなりましたよ。

加えてサイクリングとiPhone。
関係なんて無いのかと思っていたら違うんですよねぇ。こんなサイクルパーツがあるようですよ。

サイクルパーツ2

そうです。ハンドルにiPhoneを固定するモノがあるんです。(笑)

サイクルパーツ1

モチロン、iPhoneの通常使用が目的なんではありません。iPhoneの持つGPS機能を使って、速度や走ったルートを記録に残す・・・つまりはナビゲーションのようなアプリを入れれば様々な楽しみがあるってことのようです。

GPS機能は消費電力が多いらしく見る間にバッテリーが無くなっていくというのが欠点のようですが、こういったツールって魅力的ですよねぇ。

ただ今、購入検討中であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月22日

「休日救急歯科診療所」のお務め

私自身がそうですが、お休みの時なんかは気が抜けるんでしょうか、風邪を引いたり具合が悪くなる事がたまぁ~にあります。小さな子供さんが居れば尚更かとは思いますが、そんな時に休日診療をしてくれてるお医者さんがあれば心強いし助かりますよね。

御存知でしたか?

実は、「いわき歯科医師会」でも休日救急診療ってやってるんですよ。(笑)

平成15年辺りからだったと記憶してますが、それまでは持ち回りって言うのか各医院に割り当てられ、先週は泉、今週は小名浜、来週は平・・・って感じだったのを内郷にある保健福祉センター内に「休日救急歯科診療所」を設置し、我々が交代でそこに出向いて務める事になりました。
場所が一定化した事により告知もしやすくなったと思います。

5月20日(日)は私の番でありました。

晴天がチョイと恨めしくも思われました(泣)けど、8時半前には到着。
既に顔見知りになってる受付の方や衛生士さんと打ち合わせをしてスタンバイ。
私ひとりではナニも出来ませんからスタッフの方に助けていただきながら夕方4時までを無事に努めて参りました。

当日は、ちょうど保健所で「介護フェア」なるモノも開催。
なかなか時間が取れず、午後まで覗きに行けなかったのが残念だったかナァ~と。

休日救急歯科診療所4

休日救急歯科診療所3

賑わいは午前中がピークだったようです。

休日救急歯科診療所の受付はこんなふう。

休日救急歯科診療所2

中も結構新しいんですよ。毎日使ってる訳ではないので当たり前なんですが。(笑)

休日救急歯科診療所5

休日救急歯科診療所1

年々、いわき市民の方や周辺地域の方々に少しずつ認知されてるんでしょうか、当番になる度ごとに患者さんの人数も増えて来てるように思われます。
この場所を利用なさるような状況に追い込まれないのが一番なんですけど、もしもトラブってしまった時には思い出していただければと思います。
ただし・・・・・

当分の間、私は居りませんけどね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月21日

日本人の心の拠り所、「太陽信仰」

金環日食・・・いわゆる太平洋ベルト地帯のような帯状の広い範囲で 天気にさえ恵まれれば見られるとなれば今朝のように大騒ぎするのも無理はないですよね。
皆既日食よりも、指輪(リング)のような輪(金環)が残るとなればロマンを感じた方も多かった事でしょう。
私はどちらかというと、太陽を見る事よりもその時間に辺り一帯が薄暗くなって来た事の方に興味を覚えました。現代人としては、金環日食の理屈はニュース等で解ってましたから不思議さも感じませんでしたけど、天動説が信じられていた頃以前の我々の祖先はどんな風に思ってたんでしょうかねぇ。ちょっとだけ想いを馳せました。

日本人にとっては、国旗そのものがそうであるように、またお正月には初日の出に手を合わせたりする事からも「太陽信仰」が心理の根底に存在する事が想像に難くありません。
それなのに、太陽が欠けてきたり、日中なのに辺り一帯が薄暗くなったとなれば先人達は随分とビビッただろうなぁ~と感じてました。
ちょうど昨年の地震直後に一天俄に掻き曇り、雪まで降ってきたあの時の感覚に似てるんではないでしょうか。現代を生きる我々でさえ後にも先にも「この世の終わり」って本気で思いましたからねぇ。

名前は忘れましたけど、ギリシャ神話とかには「太陽神」なんてのもあったように思うし、「天照大神」ナンかも太陽崇拝そのものの様にも思えます。
地球から1億5000万キロも離れていて、直径でも109倍、秒速30万キロもの陽光も 放たれてから地球に到達するまで8分20秒だか掛かると中学の理科で習った記憶がありますが、遙か彼方の存在に神々しさを感じる気持ちは解らないでもありませんよね。

青空&新緑

太陽の恵み・・・光が無ければ上のイロハモミジのような植物も光合成をする事もできません。
森山直太朗さんではありませんが、「生きとし生けるもの」全てに必要な太陽。
日本人に限らないでしょうけれど、森羅万象全てにとっての「拠り所」には違いありませんね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月20日

ライフスタイルを変えようと思う

自分自身が20歳の時、30歳の時、40歳の時。
その時々の節目に、将来のビジョンのようなモノが描けていたかどうかと問われれば、ちょっと自信はありません。(笑)
自分がやがて向かう、還暦以降の年代にどんな生活をしたいかといったライフ・デザインは残念ながら その年代では余裕が無くって見えては居なかったように思います。

そんな視点で改めて今の自分自身を鑑みた時に、職業人としてのこれからの展望だけで無く、やがて来たるリタイア後の人生にどんな日々を送りたいかと自問自答すると、できる事なら今の延長線上にある事を切に願ってる「自分」を感じたりもします。

今がそうであるように、充実した日々を末永く送れるような、そんな老後を希望しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今夕、新車・・・しかも外車をゲットです。(笑)

色はホワイト。こんなヤツです。

新車を購入!

今まで、楽しく愉快な仲間達に誘われてサイクリングに興じて来ましたが、私のその際の自転車は身長178センチの私にはチョイと不釣り合いな折り畳み式のミニサイクル。
考えてみるまでも無く、20~30キロのサイクリングを楽しむのには無理がありました。(笑)

平の街中にある「ユウキ自転車さん」で購入。
あれこれのアドバイスは、素人にとってはホントにありがたかったですね。

こいつで、季候も良くなったいわき市内を積極的に駆け巡ってみるつもりです。
クルマで通り過ぎてしまっては気が付かないようなささやかなな光景。
風の息吹を感じ、季節の花の香しい芳香を感じ取ってみるつもりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世間的にも、ポタリングと称して、自転車でぶらっと散策するのが流行のようでもあります。
背中には広角レンズを装着したコンデジを背負って、立ち止まってはパシャ、動き回ってはパシャを狙ってます。(笑)

どんな人にとっても一度っきりの人生です。

がむしゃらに頑張り、仕事に没頭する日々を否定する気は毛頭ありません。
ただ、これからの理想とするライフスタイルを、私はそんな感じに設定したくなってる昨今です。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月19日

この繋がりだけは大切にしたい

歯科医師会という団体に限った話ではないかと思いますけど、組織にはどうしても学閥なるモノが存在します。
無理もないですねぇ、同窓というだけで面識など無くとも親しみを感じるのですから、時空の隔たりがあったとしても同じ学舎で若き日々を送ったという潜在的な共有意識は繋がりとしては大なるモノがあるんでしょう。

私の出身校は、いわき市においては どちらかと言うと・・・いや完璧にマイナー。
弱小集団と言うほどではないとしても、卒業生が少ないです。どうしても歯科医師会内の学閥的繋がりは希薄ではあるのですが、それでも学閥とかを越えて大事にしたい繋がりもあるんですよ。

私からすれば10歳年上の「いわき歯科医師会」の先輩先生に可愛がられ、彼を慕って仲良くなった4人組。出身大学は全員異なりますが、ウマが合うと言うのか気が合うと言うのか、時々集い相当に酔っ払いますが、実に心地良い連中であります。
(因みに私が最年少)

昨日、本当は仲良しのまるとみ酒店さんでもイベントがあり 後ろ髪は引かれましたけど、それをお断りしてでも優先したかった飲み会。例により・・・

楽しい時間は瞬く間に過ぎていきました。

同業者の親しき者達1

私は強くないのでたいして呑めませんが、何本呑んだんでしょう?(笑)

同業者の親しき者達2

鴨肉のナンたら・・・って仰ってましたけど、実に美味。

同業者の親しき者達3

右手前の御婦人は、我々4人が御世話になった先生の奥様。毎回ではないけど、お呼びしてます。

残念ながら、4年前にその先生は50代半ばで亡くなってしまわれたけれど、こうして可愛がって貰った我々が最愛の奥様を囲んで昔の懐かしい話に興じています。
願わくば、御本人にもこの場に居て欲しかったのですが、こうして学閥に囚われる事なく我々がいつまでも同業者レベルとかをはるかに超えた強い絆でずっと繋がってる事が なによりのご供養になるんではないか・・・なんて勝手に解釈しています。

人は 長かろうが短かろうが生命を全うした後にナニを残せるのか。
去る者は日々に疎しではあるけれど、私自身もこの世を去った後に繋がりのある若手諸君に長く慕って貰えるようなそんな存在でありたいと願います。
まぁ、そんな事を言ってる人ほど長生きしたりはしますけどね。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ、明日はその先生が御尽力なさった内郷の保健福祉センター内「休日救急歯科診療所」にて、私が休日当番の役割を担います。

つつがなく任務を全うして参ります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月18日

学ぶこと、学び続けることが大切

今更ながらですけど、学校を卒業してからというモノの「学ぶ機会」、「教わる機会」が激減した事に驚きます。それまでの義務教育や高校・大学というのはありがたいモノで、通いさえすれば秩序立てて先生が勝手に(!?)教えて下さった・・・・。
それが社会人となっては、こちらがら能動的に働きかけていかない限り 黙って居ては学ぶ機会は無くなってしまいますよね。

自分自身に良き刺激が得られなくなる事を恐れて 我々歯科医も足繁く講習会等に遠方まで通ったりしますが、時間を費やすだけでなく学ぶ費用も馬鹿にはなりません。
今になって初めて、もっと勉強しておけば良かったと後悔しますが、それでも思い立ったらナンとやらで意欲があるうちはナンとかなります。
一冊の本からでも何処かの名誉教授の知識をお裾分けていただくことは可能だし、積極的にその姿勢は持っていたいモノだと常々考えて居ます。

当院スタッフ。
考えてみれば高校卒業後、または衛生士学校卒業後に、ご本人が積極的に働きかけない限り学ぶ機会はなかなかありませんよね。
特に、私自身もそうですけど、自分に興味のある事は知りたい・覚えたいと思うけれど、苦手なモノには働きかけにくいに違いありません。

それを補ってあげられる力量が私に備わっていればナンの問題もないのですが、

悲しいかな、そんなワケもなく・・・(泣)

そんな時には迷わず専門家の助けを借りる・・・それが当院のモットーであります。(笑)
1~2ヶ月に一度の頻度で、日中の診療時間を削って院内勉強会を開催するようになってしばらく経ちます。
こちらからスタッフ一同で出向くのは大変なことなので、講師の方に毎回来ていただく事にしています。

院内研修会(by オフィスウェーブ)1

モチロン、せっかくですから私も受講。
この中で私が最年長なんですが、それでも「目から鱗」の事ばかり・・・(汗)

院内研修会(by オフィスウェーブ)2

この方ご本人からスタッフ一同、エッセンスを学びます。
ややもすると自分達の独善的な世界に浸ってしまう傾向が強いように思う歯科業界。
時に第三者的視点から様々なアドバイスを得る事が、私だけではなく若きスタッフにも良き影響を及ぼしてくれるに違いないと確信しています。

院内研修会(by オフィスウェーブ)3

常に笑顔が絶える事のない講師の澤泉先生(オフィスウェーブ代表)。
その笑顔ひとつとっても真似できなくって難儀する今日この頃であります。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月17日

実現したいと願う気持ちが大切

本日は、久方振りの人間ドック。朝から様々な検査を受け、チェック・チェック。(笑)
その合間に持参した新書本を読んでいたのですが、これがなかなかの良著でしたよ。
確か、数ヶ月前にタイトルに惹かれ購入したのを「積ん読」状態にしちゃっていた様なのですが、もっと早めに読んでおけば良かったと少々悔やまれたほどでした。

震災後、原発問題には様々な方が様々な視点から言及されてますが、何となくそうじゃないかナァ~と思っていた事を専門家のお立場から明確に語っていただいていたので、すんなりと入って来ました。
自分達の判断は間違っていないという「お墨付き」の様にも思えましたし、未だに不安に感じてらっしゃる方にはオススメの本ですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、午後からは当院の懸案事項の解決を図りました。
かねてより思うように行ってなかった当院1階・2階両方のFreeSpot化。
上下階を隔てている防音用の鉄板が邪魔して1階の無線LAN電波が2階まで届いてくれない事を先日も書きましたが、配線工事の業者さんにお願いして有線を通し、2階の自称「男の隠れ家」(実は普段はスタッフルーム)でもWi-Fi環境を具現化する事ができました。(笑)
(※ 診療時間中のみ接続を開放)

そりゃぁ端から見ていても工事は簡単には見えませんでしたけど、上下階にそれぞれ無線LANルータを設置する事により2階でもPC・iPhone・iPadが使えるようになるメリットは計り知れません。

モチロン、FreeSpotの基本的趣旨に則り、面倒なパスワード等はかけませんでした。
スマホを御利用の方でしたら、「設定」画面からWi-Fiを拾う(!?)状況にしていただいて下記の様に「SAKAI-DENT」を選んでいただければ大丈夫なようです。
2階はまた若干異なりますが、そちらは使用法としてはパブリックではなくプライベートになりますので、お出でいただいた際にでもお教えできようかと思います。

Wi-Fi環境、設定完了!

何事もそうですが、「無理に違いない」、「こんな事はできないだろう」と諦めずに、自分でできる事はできる限りやって、できない事は専門家にお願いしてクリアしていく前向きな姿勢が大切と感じた次第です。
ちょうど、2階にはネット好きの方にお集まりいただく事が多いので、重宝しそうです。(笑)

ナニより自分の為なんですけどね!(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月16日

こんな光景が素敵だと思う

初めて一眼レフのカメラ(オリンパスのOMシステム)を手にしたのは、学生の頃だったと思います。モチロン当時はフィルムカメラ。メカニックなモノへの憧れだけで、ナニを撮りたいとかっていう具体的な目標は無かったように記憶しています。
仕事をするようになってから、ちょうどCanonからEOSの初期のシステムがデビュー。
それに釣られ、ダブルズームセットとかの購入で望遠まで手に入れ、そいつを新婚旅行から産まれた子供の記録にまで使いましたけど、それでも普通の方の撮影スタイルの域は越えてなかったように思います。

相前後して地元のアマチュア写真倶楽部に加入し、それでも当たり前な写真しか撮ってはいなかったのですが、いつ頃からでしょう? 単なるスナップ写真を越えて本当の「趣味の写真」の領域に足を踏み入れたのは・・・。

以後、デジタル化も相俟って、コンデジ時代も含め様々なモノを被写体にするようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

撮っていて、一番楽しいのは人の表情かもしれません。

風景もそうではありますが、二度と同じ表情や瞬間は撮る事ができません。
そこが「写真」の醍醐味のように感じて居ます。

本来、人物の撮影は、ご本人の了解を得るべきではないか・・・と思います。
いくらモザイクを掛けようが、個人を特定できるような写真は宜しくないのではないかと感じながら、それでも先週末の息子の運動会からのラストショットはこれにしようと考えてました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の大好きなアマチュア写真家の徳田さん、ここしばらく親しくお付き合いさせていただいてます。

彼の信条は、「写真は写心」。

私なんかはまだまだそんな域に達する事はできませんが、日頃 写真を愛好する立場としてはその姿勢に共感しています。

大勢の児童の中にはハンデをお持ちのお子さんもいらっしゃいます。
100メートル走、息子の同級生のこのお嬢ちゃんも一生懸命に走りました。

スタート位置を随分と前の方にしては貰っていたけれど、それでも結果は皆に抜かされてしまい最後でした。それでも最後まで頑張ったのは偉かったし、上級生の女の子がもう一度ゴールのテープを張って待っていてくれたし、拍手で迎えてくれたし、なによりナンだかご本人が嬉しそうだったのがファインダー越しに広がってたのが印象的でした。

一瞬の一枚・・・そこに様々な事を凝縮するのは簡単ではないけれど、少しだけ徳田さんの領域に近付けた気がしたので、アップしてみます。

みんな一緒が嬉しい

折しも、厚労省から昨日発表された障害者の就職者数は過去最高を更新したとか。
政治家のように、人と人がいがみ合い足を引っ張り合う社会ではなく、互いに認め合って協力し合える社会になると良いですね。
そう願わずには居られませんでした。

息子の通う小学校が、こんな雰囲気の学校でホントに良かったと思います。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月15日

こんな先生方は実にありがたい

八神純子さん・・・という名にご記憶のある方は私と世代が近いかもしれません。(笑)
「みずいろの雨」だの「パープル・タウン」は三十数年前の大ヒット。そんな彼女が、四半世紀も前にアメリカ合衆国に移住なさっていた事すら知りませんでした。
今夕のクルマのラジオで、彼女の久し振りのトーク&歌唱に触れましたけど、今でも健在である「伸びのある歌声」は魅力的でありましたよ。

そんな楽曲が巷に流れていた時代には まだ「J-POP」なんて言葉も無くて、フォークからニューミュージックに移行してた頃ではなかったでしょうか?
その懐かしき時代と、先日足を運んでみた小学校(運動会)での光景が何処かでリンクしたような・・・そんな気がしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私には幼稚園の頃の記憶なんてはほとんどありませんが、小学校・中学校・高校となれば鮮明に残る記憶もあります。先日、息子の通う小学校の運動会に行ってみて、「あぁ、俺もこんな先生方だったら楽しかっただろうな・・・」なんて想った瞬間がありました。
当時、私自身に非があった事は間違いはないんでしょうけれど、昔の男の先生の体罰は容赦なかったですからねぇ。幼き直樹少年にとっては、あまり良いイメージばかりではありませんでした。(笑)

一瞬しか見ずして全てを見極めるなんて事はできませんが、運動会で児童と先生方が一緒に取り組む競技は何度見ても気持ちが良くなります。
中でも、一生懸命に取り組んで下さる男性の先生方・・・確か一昨年にも同じ先生方がこうやって頑張ってて下さった様な記憶がありますが、頭が下がります。

先生と一緒の競技3

先生と一緒の競技2

先生と一緒の競技1

いわゆるパン食い競争の様なモンでしょうけれど、詳細は把握しておりません。
私は、単にシャッターチャンス狙いばかりで、競技内容にはあまり興味がありませんでしたので。(笑)

こういった瞬間が、子供さん達の未来への豊かな記憶に定着する事を願いたいですね。
このお二人の先生方は、最初っから帽子を反対になさっていて、やる気満々だったのが微笑ましかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実のところ、この運動会で一番に気になっていたのは・・・・

実はこの方の腕章でした。

これさえあれば、ベストポジションからの撮影が可能だったんだけどなぁ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月14日

いわき市の小学生達に笑顔溢れる

実のところ最近はどうなのかは良く解りませんが、「いわき市」を客観的に御覧になった場合に 危険なエリアと認識されてた方も多くいらっしゃったんじゃないでしょうか?
確かにそんな時期もあったかとは思いますが、問題になるレベルか否かは専門家の間でも意見が分かれるぐらいですから私が解ったような事を言うのは憚られますけど、今となっては全員とは言わないまでもみんなもう普通の生活をなさってると思います。

私はそれで良いと信じて疑いません。

モチロン、避難なさってる方はお考えがあってそうなさっていて まったく問題ないですが、私の場合には避難したら家族がその後に路頭に迷う仕事をしていたがために選択肢も無く、かつ これからも「いわき市」にずっと居住を続けると思います。
人それぞれに価値観は異なりますので、いろんな意見があって然るべきとも思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、先週末の土曜日。息子が通う小学校で二年ぶりの運動会が開催され、午前中の仕事を休みにして例によりカメラ片手に行って参りました。
いや実は手だけではなく首にももう一台ぶら下がってました。(笑)

少し風が強かったけれど、昨年出来なかった運動会は好天に恵まれました。
ま、校庭の片隅に以前無かったのに設置されてたモノもありまして少しは気になりましたけど・・・

いわき市の小学校の運動会1

0.159マイクロSv/hとの表示。

例年から比べると、学校の先生方の児童や父兄に対しての配慮なんでしょうね、競技内容も割愛されていたり、なるべく地面に触れる競技を減らしていたようにも感じました。
時期が時期ですから適切な配慮だったように思います。

いわき市の小学校の運動会2

その代わりなんでしょうか、上の子の分も含めると10回以上足を運んでいる私の目には、かつて無いほどに応援合戦が盛んになっていたように思えましたよ。

いわき市の小学校の運動会3

一年生が頑張って走る・・・・。

いわき市の小学校の運動会4

ちょっと流し撮りにトライさせて貰った女の子は高学年でしょうね。

いわき市の小学校の運動会5

私自身もこんな小さな椅子に腰掛けていたんだろうか・・・と懐かしく感じさせる光景。

応援の声があちこちに響き、子供達の元気な声に接する事が出来たのは実に良かったように思います。大変な時もありましたけど、いわき市はもう至って普通の生活に戻る事が出来ました。
まだまだ原発に近い方の北部の小学校ではこうはいかないのかもしれませんが、少なくとも私が居住するエリアでは・・・

子供達の顔には、曇ることのない素敵な笑顔がたくさん溢れておりました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月13日

自転車探検部という面白い仲間達

日々、何か新たなこと新しいことを始めたいとは願いつつも、時間を理由にしてみたり体調(年齢や肉体疲労)を言い訳にしてみたりとトライしないことが私には多々あります。(泣)

良くないとは思いつつも、実際にキッカケが無いと新しいことってなかなかスタートは出来ませんよね。そんな中、縁あって自転車でいわき市内の旧き良き街並みを探検しながら散策するというグループ(自転車探検部)に交ぜて貰うことになりました。(笑)

「ぶらチャリ」・・・世間では「ポタリング」といった新語で言われるようですが、どちらも同じ意味で、言うなれば自転車による手軽な散策って感じでしょうか。
中之作プロジェクトの豊田氏が好んで「ぶらチャリ」という単語を使われていて、私も常々羨ましく感じて居た自転車部のその活動。
私の場合、いわき市に住んでいながら残念なことに知らないことばかり・・・。
クルマで通り過ぎたことは何度もありながら、歴史的建造物にしても注視しなければその意義すら見えて来ません。ささやかなる事でしかないかもしれませんが、そこに物事の価値の原点もあるように思え、実際に「ぶらチャリ」してみると様々な歴史が見えて来るって事に大袈裟に言うと感動を覚えます。

探検部の目的・・・イベントの折に市民の方に「ぶらチャリ」の楽しさを広めていく為には事前にルートの調査・探検をしておかないとなりません。自分達の足で身をもってその楽しさをチェック。

その事前調査・・・これが楽しいんです。(笑)

そんな連中達と週末、当院二階にて日頃の反省会と称しながらの飲み会を開催。そちらもまた楽しい時間を共有する事が出来ました。(笑)

自転車探検部1

取りあえず、購入した「FUJIFILM」の「X10」というデジカメの描写性能チェック。

自転車探検部2

操作性だけではなく、ピント・発色・色合い等、慣れる為のチェックをあれこれ。
ホワイトバランスも弄って、カメラの特徴をひとつひとつ確認です。(笑)

自転車探検部3

みんなと楽しい時間を共有できました。(笑)
紅一点の女性は部員ではないのですが、ネットワークならではでしょうね、私の
Facebook上の数時間前の発信を御覧になってわざわざ会合の帰りにお寄り下さいました。(笑)

で、一夜明けての本日、私も本格的に「ぶらちゃり」仲間に入れて貰う為に早速に豊田さんにお付き合いをいただき、今までのミニサイクルではない本格的な相棒を決めて参りました。(笑)

ユウキ自転車屋さん(笑)

お願いしたのはクロスバイク。

多分、カメラ(相棒の「X10」)を肩掛けのショルダーに入れてぶらチャリするにはベストなチョイスと思われます。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月12日

新たな相棒を手に入れてみました

この春、子供が進学で家を離れた際に、今まで愛用していたコンパクトなデジカメを譲ってしまって以降、ちょっと嵩張る一眼レフを持ち歩くほどではないけれど、iPhoneのカメラ機能では納得できないジレンマを感じておりました。(笑)
やはり バックの隅っこにコンパクトなカメラは常に持ち歩いていたい・・・そう考えて、ちょっとだけ悩んでFUJIFILM製のコンデジ「X10」をゲットしてみました。

私の場合、昨今 流行のミラーレスってヤツにはあまり興味を覚えません。
そりゃ素敵で魅力的かとは思うのですが、交換レンズを検討するぐらいなら 既にレンズ資産(!?)を構築してきたCanonのEOSシステムで事足りたので食指は動きませんでした。

日進月歩のコンデジ業界を考えると、正直あまりに高価なモノも購入しにくいし、少し値段が安定したような発売時期のモノにしてみました。
御存知の方も多かろうかと思いますが、発売直後の価格より2~3万も下がったり、半値レベル以下のケースまで見かけたりします。確かに後発の新しい製品は良いんでしょうけれど・・・

今回の相棒はこれにしてみました。(笑)

実は、貝泊写真倶楽部のリーダー二階堂氏の普段持ち歩いている機種と同一です。
レベル的に少しでも近付きたい一心で、真似してみたってワケであります。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ~明日は息子(8歳)の息子の運動会。
昨年は出来なかった運動会ですから、今年は仕事を半日休んで見に行ってきます。

「X10」のデビューであります。今から取説読まないとなりません。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月11日

頑丈な造りの建物にもマイナスが

子供の頃から、建物は頑丈なのが一番良いと信じて疑いませんでした。
安全・安心、居住空間に求められる必須な条件だと思っていたのですが・・・・。

当院の建物。
いわゆる総二階という形の長方形(屋根以外は直方体の形)をしています。
開業当初は、一階が歯科医院スペース、二階が自宅でありました。地震を想定していた訳ではありませんが、「頑丈!」を目指して重量鉄骨造りにしてみたのです。

当院は、8本の鉄骨の柱で成り立ってます。

その8本でしっかりと支え、壁や内部の木の柱には負荷が掛かっていません。
開業時には我が子も小さかったこともあり、二階で跳ね回る音が下に響かないようにとの配慮から 上下階の間に鉄板を敷き、コンクリートを流して遮蔽・遮音したようでした。

ってなワケで重くてモノ凄く頑丈なんですが・・・

昨年3月の震災。震度6弱でもビクともしなかった・・・と言いたいのですが、結果は逆。想定外の揺れだったせいか、揺れないことを前提にして施工していた外壁のタイルは至る所で剥がれ落ち、建物そのものに「しなり」が無かったせいでしょう、御近所の木造家屋よりもはるかにダメージが大きく、建物内の落下物も比較にならないほどに多かったようではありました。(泣)

水滴のアップ、シャープニングを使ってみました。

本日、その頑丈さが裏目に出てしまったもう一つの欠陥を見つけちゃいました。

ここ暫くの目覚ましいWi-Fi環境の普及、当院も随分と前にフリースポット環境を導入し、iPadやスマホ等の使用時のより良き環境を患者さんに提供していたのですが、二階にその無線LANの電波が遮られて上手く届かないのです。(泣)
二階の自称「男の隠れ家」には、ネット好きが大勢訪れてくれるのでどうにかしたいのですが、頑丈な鉄板で阻まれるようで無線が上手く届かないのです。(泣)
本日もルーターの位置を変えたりと、あれこれ試みましたが結果はダメ。

曇天なりの工夫(笑)

それでも、これからは二階でもインターネット環境を存分に楽しめるようにと目標を定め、ここ暫くで有線敷設工事を試み、ネット環境的に「使いやすい空間」へと変えて行くつもりです。

多くの方々にストレスフリーな空間を提供出来るようにしたいと考えてます。

いま暫くの時間を頂戴したいです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月10日

ボキャブラリーを増やしていきたい

私は、こうして文章を書いたりするのは嫌いではないのですが、どうも表現能力に稚拙なところがあるのが否めません。(泣)
昔から、それなりに膨大な冊数の本には接しては来たのですが、国語の教科書に出て来るような「為になる、勉強になるような文章」に触れて来なかったのが少々悔やまれます。

天声人語も欠かさずに読んでるのですが、今ひとつ「語彙・読解力」は育ちません。(泣)
来月に、「平成24年度第一回 語彙・読解力検定」ってのが開催されるようですが、本日の朝刊に「語彙・読解力は学力のみならずコミュニケーション力アップにも繋がる」と仰る 明治大学文学部教授の斎藤孝さんが言葉を寄せてました。

黄色とピンク2

斎藤先生曰く、確かにコミュニケーションに言語は必須で、しかも豊かな表現力があれば相互理解も深まるに違いありませんよね。
習得のポイントは下記の様らしいです。

【 語彙 】・・・増やす為には、新聞等で好きな記事を選び、ノートに貼り、要点やその記事を選んだ理由、感想等を紙に書き込むこと。それによって習得できる。

【 読解力 】・・・「名作」と呼ばれる書籍に積極的に触れることで得られる。その際に、3色ボールペンなどで重要な語句は赤、面白い言葉は緑、大事な筋は青のように色分けする。

こんな風に日々取り組むことでマスターが出来る・・・んだそうです。
それが簡単にできるようだったら・・・

誰も苦労はしないんですけどね。(笑)

私も、斎藤先生の真似をしようと数年前に3色ボールペンを購入はしてみたんですが、本に書き込むっていうのに馴染めなくて継続できなかった記憶があります。(泣)

黄色とピンク1

あの頃から継続してたら、今頃は・・・・?(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月 9日

五月初旬、今年もはや中盤戦に・・・

一年を大きく三分割すると、GWまでの前半戦、そこからお盆までの中盤戦、お盆以降の後半戦となりますでしょうか。気が付けば、2012年も中盤戦がスタートしたっていうんですから ちょっと慌てます。(笑)

さて、ここしばらくでの雑記であります。(笑)

まず、この春、我が家のブロードバンド事情が変わりました。
進学した娘のアパートに室内無線LANを設定する為に下記のブロードバンドルータを購入。日進月歩のインターネット事情です。良い機会と考えて、自宅や医院の無線LANも全て一緒の機械に改めてみました。

ブロードバンドルータ

PC、プリンター、HDD、iPhone、iPad、etc・・・・・・。

そりゃぁ有線で繋ぐモノも無い訳ではありませんが、便利なモノは活用せねばなりませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう一つは昨今のコンデジ事情。

当たり前ではありますが、コンデジの手軽さは一眼レフをはるかに凌ぎます。
iPhone付属のカメラでは物足りず、かと言って一眼レフでは嵩張っちゃって・・・なんて時にコンデジは威力を発揮してくれます。
同じく小型のミラーレス一眼にも魅力は感じますけど、価格的にはコンデジより高価。交換レンズ部分等を考えると手軽にバックに入る大きさではありませんし、私のニーズでは無いように思います。

しかもCanon党の私としては、Canonからミラーレス一眼は発売されてませんから そもそも選択肢に入っておりません。(笑)

常に最新のツールに触れていたいと願いますが、この春 Canonから発売された最強コンデジ「G1X」(実質PowerShot G12の後継機)には疑問を感じちゃいました。

実に悩ましい・・・

写真の右側が従来の愛機「G12」なんですが、左の新機種「G1X」は更に大きくなってしまいました。確かにスペック的には進化はしてるのですが、こうなるとコンパクトの域を逸脱してるようにも感じます。
手軽にバックに携行・・・じゃなくなっちゃう気もするのですが、どんなモンかなぁ~と。

私にとって「写真」は、唯一と言って良いような趣味でもあり、常にカメラを身近なところに置いておきたいと願うのですが、従来の愛機「G12」を子供にでも譲って新機種移行をすべきかどうか悩む今日この頃であります。

マクロの世界

お盆までの中盤戦。
また様々な地元のイベントに積極的に参加しながら楽しく過ごして行きたいと考えています。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月 8日

華やかさの陰に秘められた儚さ

不思議なことに「桜前線」北上中・・・ってだけでトップニュースにもなりますけど、同じように綺麗な花を咲かせるハクモクレンだのハナミズキだのナツツバキと言った樹木には「前線」は使われませんよね。
ましてや、チューリップ前線だの、ひまわり前線なんては言わない・・・日本人にとっての特別な存在である桜だけは待遇が違うように思えます。

その辺りを記載したあれこれの書物・文章に目を通してみると、「なるほど」と頷けるような記載もありましたよ。

パッと咲いてパッと散る、潔く儚いその姿・・・

それを武士道と重ね合わせたり、戦争や軍隊に結び付けたりするんだそうです。
考えてみると「貴様と俺とは同期の桜~♪」なんて言う軍歌があるんですから、強ち突飛な結び付けでもないのでしょう。
過去から近世に至るまで、桜は脈々と受け継がれてきた日本人の根幹をなす精神に深く関わってきたんでしょうね。やはりその存在は、美しさだけではない特別なモノなんでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我々はとかく華やかな「桜」の姿に目を奪われがちになりますが、散った花びらにも意味・意図があるんではないかという視点で数枚の写真を撮ってみました。

キーワードは「雨に散る」って感じでしょうか。

桜と日本人1

桜と日本人3

桜と日本人2

最後の写真は、ある石碑に刻まれた大勢の方々のお名前に偶然張り付いていた花びらを写してみました。モチロン、風間さんて方を存じ上げてる訳ではないのですが、「風」という文字にナニか素敵な繋がりを感じて撮ってみました。

写真全体のトーンは沈み込み地味ではありますが、そこに薄桃色の花びらが添えられることで、また違った命を吹き込まれてるように思えた「雨に散る」でありました。

・・・・・・撮影日は 5月3日であります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月 7日

「人生の扉」に深く聴き入る数日

早朝、ここ数日の悪天候を取り戻すかのような快晴に恵まれ、「半袖だろうか?」などとも思ったGW最終日。午後からの悪天候はナンとも凄まじかったですねぇ。
つくば市で竜巻の被害に遭われた方々はホントにお気の毒でなりませんが、ちょうどそのそばに娘が居るだけに気が揉めました。
幸い被害は無かったようで安堵しましたが・・・。

さて本日は午前中から貝泊写真倶楽部のシニアグループ3人で、ある方の個展に出向いてみました。詳細は主催者様ご本人の意向もあり載せませんけど、私には新鮮な芸術との遭遇でありましたよ。

個展観賞!現代アート

そこから程近い公園。いつの間にか木々の新緑が眩しいほどに・・・。
お昼前には四倉まで出向き、「和」さんで美味しい海鮮丼を仲良く食しました。(笑)

公園散策昼食!

この連休中、今年最後になるであろう「桜」に触れたこともあり、竹内まりやさんの「人生の扉」が聴きたくなりクルマで何度か再生しちゃいました。

満開の桜や 色づく山の紅葉を
この先 いったい何度見ることになるだろう・・・

今まで考えたこともなかったですけど、ちょっとドキッとするフレーズなんですよね。
そりゃ何十回も見る(!?)つもりではあるのですが、「限りがある」、「終わりがある」ということを常に意識しながら生活せねば・・・などと桜に因んで考えてしまった黄金週間でもありました。

桜がはらり・・・

いつもより、サザエさんを見た後の寂しさは募らなくもありませんが、明日の朝からはアイドリング状態から一気にトップスピードまでギアチェンジするつもりであります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月 6日

ひとりの消費者としての賢い選択

考えてみると、私も家内も地元が「いわき市」なので、年末年始やお盆・GWとかの帰省ラッシュや渋滞なるモノを経験したことがありません。学生時代には電車やクルマで仙台から帰って来た事もありましたが、御存知のように常磐線やら6号国道は混雑とは程遠かった状況でありましたし・・・。

そんな私が帰省ラッシュ・ピークの昨日、午後から所用で茨城県南部まで常磐道をロングドライブして来ました。幸いに首都圏までは足を踏み入れませんでしたから軽度でしかありませんでしたけど、それでも水戸を過ぎた頃からは数キロの渋滞に巻き込まれはしました。
その程度はニュースに流れるような殺人的な大渋滞では無いんでしょうけれど、こんな時には到着時間に制約のある職業的ドライバーの方々(トラックとかバスの方)は大変でしょうねぇ。(泣)
先入観なんでしょうか、連休前半の痛ましいバス事故の影響を受けて 心なしか全ドライバーがしっかりとハンドルを握ってるようにも感じましたよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、一切眠気を感じる状況ではなかったのですが、例えばバスの運転手さんなんかは、ラジオを聴いたり、ボリュームを上げて音楽を聴いたりすることも出来ず、また同乗者との会話を楽しむでもなく、しかも夜間の走行であったりすれば随分と過酷であり 大変な気がしました。
どうも件のバス・ドライバーは、様々な不正の問題もあるようですが、睡魔の襲って来やすい条件が全て揃っていたんでしょうね。
「職業」であろうがナンであろうが私と同じ人間ですから、眠くならないはずは無いと思っちゃいました。

雨の下と書いて「雫(しずく)」(笑)

社会の仕組みは、様々な規制緩和を受けて どうも消費者優遇、ドライバー受難の方向に流れて行ってるような気がしてなりません。価格競争の弊害とも言えませんでしょうか。
過ぎ去りし過去の制度が良いのかどうかは私には解りませんが、中長期的な視点での制度検証をした場合には、「格安」や「激安」下での安全運行体制の是非は再考を要するんではないでしょうか。

少なくとも激安のバスは敬遠したくなりました。

飛行機も然りでしょう。コストダウンの煽りが安全運行を脅かすレベルに至ってしまっては本末転倒ではないかと思えてなりません。

消費者としては、今後はちょっと賢く選択しないとなりませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ、この後はギャラリー界隈にある方の個展を見に行きますよ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月 5日

新装なった「まるとみ酒店」をPR

今でこそ、私もこんな風にネット上で多くの方に認知(!?)していただけるようになりましたが、つい3年ほど前はまったく違ってたんですよ。
そりゃぁブログそのものは書いては居ましたが、ナンつーか「縦糸」は有ったのですが「横糸」が無かった気がします。垣根が無いと思っていたはずのネット上で孤軍奮闘宜しく一人で藻掻くように頑張っては居たけれど、「横の繋がり」が広がらないジレンマを常に感じて居ました。

そんな頃のこの方との出会いが、私を変えてくれたように思えてなりません。

御存知の方も多かろうかとは思いますが、小名浜の「まるとみ酒店」の女将さんがその人です。女将さんの御陰で世界がグーンと広がりました。
不思議なオーラとでも言うんでしょうか、女将さんの周りでは常に笑顔が絶えず、また女将さんのネットでの取り組み方は非常に勉強にもなりました。

そんな小名浜の「まるとみ酒店」さんが新しくなりました。(笑)

この度 向かい側に移転なさって新装開店。とってもオシャレになりましたので紹介しますね。

表向きはちょっと居酒屋風。店長さんの手作り感がそこかしこに滲んでます。(笑)

看板は、私もお付き合いのある「トライアート」さんの手によるモノです。

「母の日」のプレゼントは、これまた私もお付き合いのある*Mint Green*さんとのコラボレーション。

木の温もり感を活かした棚に並ぶ お酒達。
落下防止用の横棒は竹でしょうか。
思えば昨年の震災では こういった酒類を扱うお店での被害は我々以上に大変だったことでしょう。(泣)

円形のモノは、酒樽でしたでしょうか。
以前、女将さんのブログで拝見してたのに記憶がハッキリしません。(汗)

またまた私もお付き合いのあるFacebook仲間の小川さんと偶然に遭遇。(笑)
お店の片隅でお茶なんぞいただきました。ありがとうございました。

女将さんを慕う大勢の方々との交流の機会もたくさんいただきました。
人が集まる、人が惹き付けられるというのを「人徳」と呼ぶんだと私は理解しています。お目にかかる度に、そんなお人柄がしばしば感じられてなりません。

いわき市が特別な街なんだ・・・なんてはモチロン申しませんが、御主人である店長さんや女将さんの様な素敵な方が「いわき市」のこの市井には大勢いらっしゃいます。
そんなネットを通じての仲間達の「結束力」が、やがて震災後の復興に向けての大きなうねりに変わる日が来るんではないかと思えてなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、お店の宣伝もしておきますね。
上の看板の写真にもありますけど・・・・

「酒のまるとみ」で一発検索です。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月 4日

大人の秘密基地で憩いのひととき

今日になって知ったのですが、昨日はこの時期には珍しいほどの豪雨だったんですねぇ。ナンとはなしに「雨中の写真撮影」なんぞに勤しんでおりましたが、三和から勿来までの高速道路が通行止めになったり、国道49号線が雨量増大の為 迂回させられたりと大変だったようです。
幸いに、我々はカメラ表面が雨に濡れた程度(水滴が付く程度)で被害と呼べるモノは無かったように思います。

巡った福島県内の阿武隈山系南部。

桜は既に葉桜に変わってしまった所も多かったですけど、あれこれ「語り合う」、目標を「探す」、あちこち「巡る」、そして「撮影する」という行動は楽しかったですねぇ。

そして午後も3時頃になり、最終目的地でもあった貝泊写真倶楽部の聖地「貝泊写真館」へと向かってみました。

貝泊写真館の休日1

悪天候の中、館長さんは前日から待って居て下さり、そこにねもしゅうさん、コウシンさん、子トラさんとメンバーが三々五々に集結。

共に過ごす、久し振りの「楽しい時間」・・・

そんな憩いのひとときを みんなで共有して参りました。

貝泊写真館の休日2

そう言えば、時折、激しい雨がトタン屋根に打ち付けたりしてましたっけ。

貝泊写真館の休日3

貝泊写真館の象徴的レトロ・・・・東芝製ですから「キドカラー」とか「トリニトロンカラー」ではないでしょうし、「ナニカラー」でしたでしょうか?(笑)
ズバコンさえ無い、チャンネルをガチャガチャ回す時代の家具調テレビです。
因みに映りません、ただ置いてあるだけです。(笑)

貝泊写真館の休日4

夕闇迫る前から 呑んでも大丈夫な方はビールを美味しくいただきました。

貝泊写真館の休日5

彼は若手ナンバーワンの活躍をなさってる植物好きのメンバー。
Facebookのアイコン写真の表情が硬い・・・ということでそれ用の写真撮影。

ん~ん、やっぱり表情が・・・(笑)

そこで、場所を代えて撮影。良い写真が撮れたようですよ。(笑)
Facebookで繋がってる方々は、近日中に新しくなりますから乞うご期待でしょうか。

貝泊写真館の休日6

貝員さんの写真を飾る壁面の格子。

貝泊写真館の休日8

所有者である館長さんはどう思ってらっしゃるか存じませんが、この「貝泊写真館」はちょっとヘンな言い方ではありますけど大人男子達の秘密基地みたいな感覚であります。
モチロン、女人禁制ではありませんが、ネットにも繋がれない、不自由なんだけど楽しくさせてくれる空間であります。
この空間を快く開放して下さる館長さんに皆で感謝せねばなりませんね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月 3日

雨ニモ負ケズ、最後の桜を楽しむ

知らなかったのですが、本日は記録的な大雨だったそうですね。
天候不良は事前に解ってはいたのですが、今年 最後になるであろう「桜撮影」の為に田村市・小野町に向けて、早朝六時より福島県の桜をこよなく愛する「いわき百景」のしゅうさんと二人で出掛けて参りました。

私自身も「雨天は写真撮影には向かず」という固定観念の呪縛からなかなか逃れることが出来なかったのですが、誘われて出向いてみたらどうしてどうして・・・
まったくそんな事は無いんですよね。
想像していた以上に思い通りの写真を撮る事ができましたよ。

運転を彼に任せて・・・

久し振りに長靴なんぞを履いて準備万端OK!(笑)

自分自身が濡れるのはかまわないのですが、さすがにカメラを濡らすのはNGでしょう。傘を肩に載せるようにしながらの雨中の撮影行。

雨の桜撮影1

状況が良いとは思いませんけれど、緑の色が深く、影も出来ず、光の乱反射も無く・・・・思ってた以上に悪い条件ではなかったですね。

風雨・・・っていうぐらいですから風もモチロンありました。
よって、細かい撮影には難儀はしたのですが、こんな感じの写真も撮る事ができましたよ。

雨の桜撮影2

教訓として、頭で否定せずに「ナンにでもトライすべき!」ということを痛感しました。
とかく、「無理だ」、「有り得ない」という言葉を用いて、自分の行動を制限し、可能性の芽を摘み取ることが多かったのですが、本日はそういった観念がひっくり返りました。(笑)
むしろ、雨なら雨を如何に活かして写真撮影を楽しめるかということを工夫すべきでありました。反省しきりであります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

残念ながら今年の福島県における「桜」はほぼ終了でしょう。
「桜」に限ることは無いのですが、来年・再来年と様々な天候を楽しめるように写真スキルを上げておきたいと思います。

充実のGWの連休初日を過ごせて、大満足でありました。
しゅうさんにはあれこれ面倒をみていただきました。感謝いたします。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月 2日

「中之作プロジェクト」、会員の証

私の友人でもある豊田御夫妻が主宰してる「中之作プロジェクト」。
彼等は、いわき市の沿岸部、中之作の漁港で津波の被害にも遭ってしまった築二百年の古民家を「清航館」と名付けて保存を試みています。
そこを地域復興の核に据えながら、仲間を募りながら様々な取り組みをしてるプロジェクトです。

恥ずかしながら私自身ではプロジェクトなどナニも出来はしないけれど、一生懸命に取り組んでる連中を全面的に応援することなら厭いません。
微力ではあるけれど、昨年の設立期より応援しています。

その「中之作プロジェクト」から会員の証となる会員証とステッカーをいただきました。こんなヤツです。(笑)

「中之作プロジェクト」の会員証1

こういった特別な会員証って、幾つになっても嬉しいモノですねぇ。
ちょっと誇らしい気になります。(笑)
会員となってからは、更に力を入れて応援して行かねばなりますまい。(笑)

もう一つの特典ステッカー。
どこぞのパクリのような気もしなくはありませんが、どうしたモンでしょう?

「中之作プロジェクト」の会員証2「中之作プロジェクト」の会員証3

(左がそのもの、右は画像処理で反転させてみました)

思い切って歯科医院の玄関にでも貼ろうモノならら おそらく永久なる名誉顧問の称号もいただけることでしょう。

・・・でも、さすがにナァ。(笑)

私は、基本的にクルマにシール等を貼るのが好きではなく、今まではナニひとつ貼ってはいないのですが思い切ってリアのガラスにでも貼ってみよか・・・・と。
もしお見かけいただく機会があったら ニヤッとしていただけると嬉しく思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近では、ブレることなく真摯に取り組んで来た事が評価されたんでしょう。
彼等の「中之作プロジェクト」の取り組みはテレビやラジオにまで取り上げられていて、私はその事が嬉しくてなりません。
全てが思うように行ってる訳ではないかと推察しますけど、これからもいろんなイベント企画に積極的に参加することで末永く応援していきたいと考えて居ます。

因みに、5月21日には、金環日食の鑑賞会を行うようですよ。

さすがに月曜日ではナァ~。(笑)

でもね、この金環日食。前回は明治16年(1883年)の事だったようですが、築二百年の清航館の建物はしっかりと経験していたようです。

既にその時点で十分に古民家だったようですが。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2012年5月 1日

端午の節句が近づくこの季節

長く寒い冬が過ぎ去り、4月下旬あたりからは急速に気温も上がり、本来の春らしい過ごし易い日々が続いてます。

こんなにも幸福感に浸れる季節なのに、痛ましい事故が跡を絶ちませんね。
高速バスの事故・・・・当初ラジオで聴いた「バスが裂ける」の意味が皆目解りませんでしたけど、テレビニュースの映像で物体の運動エネルギーが速度の二乗に比例するという厳然たる事実を思い出すに至りました。
申し訳ないけど、左側前の座席にいらした方々が生存してるとは考えられないほどの凄まじい衝撃を映像は物語っておりました。(泣)

ディズニーランドでの楽しい休日を夢見ていて、非情にも命まで奪われた方々の無念さは如何ばかりでしょう。(泣)
大勢の方々の未来を奪った全ての責任はバスを操っていたドライバーにあり・・・・
それに異論は挟めませんね。

ただ、運転手さんの勤務体系の過酷さを耳にすればするほど気の毒の感も否めません。年齢的には御家庭もお有りだったでしょう。
勝手なる想像ですけど、私もそうですが「扶養家族の為に父ちゃんが頑張っか・・・」の気負いがあったんではないかという考えが頭から離れません。
モチロン、悪いのは彼の居眠りに違いはないですし、報道では素行云々が取り沙汰もされてますけど、性悪な方が事故直後に車体に挟まれながらも社長に連絡して謝った・・・というのも腑に落ちない気もしてます。

事実が今後明らかにされて 教訓として今後の交通行政指導に活かされて欲しいですね。
消費者としては「安い」のはありがたいことだけれど、行き過ぎたコストダウンの結果としての「安過ぎる」のはやはり漠たる不安を感じずには居られません。

悲劇が繰り返されないことを願いたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、昨日の夏井千本桜へ出向いたその帰り道。
下三坂を走行中に実に「端午の節句」らしい「武者絵のぼり」を見つけました。

県道から少し入った小径。

存じ上げない立派なお宅の前に飾られてまして、そりゃぁ見事でした。

武者絵のぼり1

まずは県道から中望遠レンズでパチリ。
その後にせっかくですから歩いて近付いてみました。(笑)
失礼のないように配慮しながら・・・・はモチロンのことです。

武者絵のぼり2

ナンと見事ではありませんか?(笑)

私は恥ずかしながら 一枚一枚絵柄が違うということを知りませんでした。
もっとも同じだったら何本も揚げないでしょうけれど。(笑)

せっかくなので、更に近付き、今度は広角レンズにしてみましたよ。

武者絵のぼり3

3枚とも同じ被写体を撮ってるんですけど、表現は三枚三様。
歩いて大事な視点を探すって大切ですね。
「動き回る」ことによりベストポジションを探る楽しさは格別でありました。

これが写真の醍醐味だろうナァ~と妙に納得して帰って来た次第です。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1