« 2018年10月
2012年2月23日

たぶん、この方は二度と戻れない

友人のお父さんであります。

大学時代の友人(歯科医・仙台在住)の御実家が原発から半径10キロ以内の富岡であることは知ってましたが、彼の御両親がその後 各地を転々となさって、今ではいわき市南部の仮設住宅に落ち着かれたと聞いたのは、3ヶ月ほど前に貰った彼からの電話でありました。

その後、同じいわき市内ではあっても、片道20キロもかけて息子の友人の歯科医院に通って下さる 実に義理堅い彼のお父さん。
いつも笑みを絶やさず、そのお顔付きから 送られてきた心豊かな半生を偲ばせる優しいお父さんであります。

治療時間という限られた時間ではありますが、様々なお話しを伺う機会がありました。こちらが好意を抱くのと同様に、私のことも高く評価して下さってありがたい限りです。

そのお父さんが、本日 新聞のコピーをお持ち下さいました。

御自身が取り上げられた新聞記事。

本来、新聞記事をそのままネットに貼り付けるのは宜しくないんでしょうけれど、わざわざ私に持って来て下さったのがとても嬉しかったし、内容的に本当の被災者の現状を伝えてくれてるように感じましたので、敢えて貼り付けてみます。

新聞記事

一生懸命生きて来られて、晩年をゆっくりと過ごすはずだった故郷には・・・おそらく一時帰宅さえ難しく、命あるうちに以前のようにその地で暮らしていくことはできないに違いありません。それが現実でありましょう。

当院も様々なところに亀裂が入り、半壊判定を受けてますから私もそりゃ被災者には違いありません。それでも復旧後は今までと同じ場所で、同じような生活を苦労せずに送ることが出来てますから幸せですよね。(泣)

東電も、行政も政治家も、同じ被災者であっても まずは森川さんの様な大勢の原発避難者を心から慰労しなくてはならないんではないでしょうか。
悲しみ・辛さは想像を超えますが、特に時間に限りのある方に対して せめて金銭的な意味も含めて手篤い救済措置が最優先になされるべきかと私は考えます。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.sakai-dent.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/5517

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク酒井歯科医院 医院サイト
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩

Google +1